Powered By 画RSS


春香「ティッシュはやよいにあげました」

1 : ◆umzEz7Cl.I 2015/10/04(日) 19:16:43.57 ID:kNnEOODK0
春香「うーん、まだ秋なのに…昼間でも結構冷えてきたなあ…ねえ千早ちゃん?」

千早「そうね…あら?何かしらこれ」

春香「なになに?何か拾ったの?」

千早「福引券って書いてあるわね、えっと…『一等:箱根温泉旅行ペア御招待』?」

春香「温泉かぁ、あったまりそうでいいよねぇ」

千早「じゃあこれで当てて行きましょう、箱根」

春香「え?あ、うん(千早ちゃんってこういうキャラだっけ…寒いから仕方ないか…)」ブルル




2 : ◆umzEz7Cl.I 2015/10/04(日) 19:19:47.09 ID:kNnEOODK0
カラカラカラカラカラ……コロン
おばちゃん「残念賞だね、ハイ参加賞のポケットティッシュだよ」

千早「」

春香「(まあそんなに簡単には当たらないよね…)」


3 : ◆umzEz7Cl.I 2015/10/04(日) 19:22:19.61 ID:kNnEOODK0
千早「(もう落ちてないかしら福引券…)」

春香「千早ちゃーん?前見ないと危ないよー」

…アレ?千早ト春香ジャナイカ?オーーーーーイ


4 : ◆umzEz7Cl.I 2015/10/04(日) 19:25:19.02 ID:kNnEOODK0
バ  ン ッ !

春香「?!」

P「イッ……テーーーーーー!」ハナヂボター

春香「だ、大丈夫ですか?!……ってプロデューサーさん!な、何で鼻血垂らしてるんですか…?」

P「いや…外に二人が見え…声かけようと……自動ドアかと思っt……」ボタボタ

千早「無理に喋らない方が…ティッシュ使いますか?」


5 : ◆umzEz7Cl.I 2015/10/04(日) 19:30:12.32 ID:kNnEOODK0
P「…で?落し物でもしたのか?」

春香「え?」

P「いや何か下向いて歩いてたみたいだからさ」

千早「あぁ、春香と温泉に行こうかと思いまして」

P「…この辺掘っても温泉はないんじゃないかなぁ」

春香「あはは…」

P「まぁいいか…あっそうだこれ映画のチケット、貰い物で期限今日までなんだけどさ……俺まだ仕事あるから行けないし、ちょうどいいからやるよ」

春香「わぁありがとうございます」

P「んじゃ俺、貴音探さなきゃいけないからもう行くわ、また事務所でな」


6 : ◆umzEz7Cl.I 2015/10/04(日) 19:33:48.88 ID:kNnEOODK0
春香「いやーすごいもの見ちゃったねー」

千早「人ってあんなに鼻血が出るものなのね…」

??「んっふっふ→大人一枚!」

千早「あら?あそこにいるのって…」


7 : ◆umzEz7Cl.I 2015/10/04(日) 19:39:44.37 ID:kNnEOODK0
春香「おーい真美ー」

真美「ん?あぁはるるんに千早お姉ちゃん…二人もこれ見に来たの?」

千早「いいえ、よかったらこれ、チケット」ピラッ

真美「チケット?何で?」

春香「さっきプロデューサーさんに貰ったんだけど、一枚しかないから…」

真美「そなの?じゃあもらっとこっかな、亜美は竜宮の仕事だし暇してたんだよね」

真美「…!そうだ、蓋開けちゃった後だけどこれ上げるよ、チケットのお礼!」

春香「劇場に持ち込めないからって…」

真美「バレた?まあまあもらってよ、そんじゃね→」

真美「(なんでこのチケット赤黒い染みついてんだろ…)」


8 : ◆umzEz7Cl.I 2015/10/04(日) 19:43:51.03 ID:kNnEOODK0
春香「今日はよく人に会うねえ」

??「ふぅっいい汗かいた」

千早「…言ったそばからまた会ったわね」


9 : ◆umzEz7Cl.I 2015/10/04(日) 19:49:46.92 ID:kNnEOODK0
春香「今日もトレーニング?お疲れ様、真」

真「やあ二人ともお出かけ?あ、ごめんそのお茶少しもらってもいいかな?喉渇いちゃってさ…」

千早「ええいいわよ」

真「ありがと、それじゃいただきます」ゴクゴクゴク

真「っぷはー、生き返った!…で?どこか行くところ?」

千早「いえ、春香と散歩してただけなの…ただ」

春香「カクカクシカジカ、ってことでさ」

真「へぇわらしべ長者か、面白いことやってるね」


10 : ◆umzEz7Cl.I 2015/10/04(日) 19:56:29.66 ID:kNnEOODK0
春香「それでね、そのお茶がさっき真美にもらったやつなんだ」

真「あ、そうなの?ならボクも何かあげないとね、んーっと…」ガサゴソ

春香「べつに無理に探さなくてもいいよ?ただの遊びだs「春香」…どしたの?千早ちゃん」

千早「それはいけないわ春香、途中で放棄するなんてルールに反するもの」

春香「ルールってもしかしてわらしべの?」

千早「もちろんそうよ」

春香「そ、そういうのあるんだね…」

真「うーんごめん…荷物は最小限にしてたから携帯食料くらいしかないや、これでもいい?」

千早「ええ十分よ、ありがとう真」

真「それじゃボクはトレーニングに戻るから!頑張ってね!」


11 : ◆umzEz7Cl.I 2015/10/04(日) 20:01:03.00 ID:kNnEOODK0
春香「食べ物かあ、こうなると次は…」

千早「行き倒れた四条さんかしら」フフッ

春香「いくら貴音さんでもそれはないy…」


??「………」グター


春香 千早「………」


12 : ◆umzEz7Cl.I 2015/10/04(日) 20:05:40.50 ID:kNnEOODK0
千早「さぁ次は誰に会えるのかしら」

春香「っえ?あ…た、楽しみだね!」

ガシッ キャァッ

貴音「…何故避けるのです二人共…」

千早「ご、ごめんなさい…あからさま過ぎて何かの罠かと」

春香「…こんなところで何してるんですか貴音さん?」

貴音「お恥ずかしい話なのですが、実は…」


13 : ◆umzEz7Cl.I 2015/10/04(日) 20:09:50.38 ID:kNnEOODK0
春香 千早「断食っ!?」

貴音「えぇ、今日の収録が楽しみなあまり…ついっ軽い気持ちでっ…」グスン

春香「な、泣かないでくださいよ…だめですよご飯はちゃんと食べなくちゃ」

千早「これ食べますか?お腹の足しになるかわからないけれど」

貴音「あぁなんと慈悲深い…ありがたくいただきます…」モグモグ


14 : ◆umzEz7Cl.I 2015/10/04(日) 20:13:34.49 ID:kNnEOODK0
貴音「……ふぅ、やはり朝ごはんは欠かすべきではありませんね、大変身にしみました」

春香「え?…あの貴音さん、断食って…いつからしてるんですか?」

貴音「はて?今朝ですが…」

春香 千早「………」

貴音「…?」キョトン

貴音「あっと、早く行かねばプロデューサーを待たせてしまいますね」

千早「そういえばさっき商店街で探してたわね」

貴音「真ですか、ではそちらへ赴いてみることにいたしましょう」

貴音「あぁ、あと二人にはこれを」

千早「これは…」

貴音「命を救っていただいたほんのお礼です、どうぞ受け取ってください、それでは…」


15 : ◆umzEz7Cl.I 2015/10/04(日) 20:17:02.96 ID:kNnEOODK0
春香「命って…オーバーだなぁ、ところで何もらったの千早ちゃん?」

千早「クーポン券ね」

春香「クーポン?」

千早「ええ、食料品80%オフ、まさに四条さんの命に相当するものだわ」

春香「お、おおぅ…それじゃ次はスーパーにでも行ってみよっかー」


??「おーい!二人ともー!」


16 : ◆umzEz7Cl.I 2015/10/04(日) 20:21:42.34 ID:kNnEOODK0
千早「あら我那覇さん、お買い物?」

響「うん、仕事で少し家空けるからいぬ美たちの餌も買わなくちゃなんだ」

春香「家族多いと食費も大変だね」

響「まあな、最近は仕事も増えてきたけど…もっと頑張らなくっちゃな」

千早「そういうことなら、これ使う?」

響「ん?こっこれ、月にたった一枚しか発行されないクーポン券じゃないかっ」

千早「それほどまでに…やはり四条さんの命そのものっ…」

春香「千早ちゃーん帰ってきてーおーい」

響「い、いいの!?自分、これ使ってもいいのか!?」

春香「いいよいいよー、たんとお買い物しといでよ」

響「ありがと二人とも!あっちょっと待っててよ」

春香「?」


17 : ◆umzEz7Cl.I 2015/10/04(日) 20:25:57.60 ID:kNnEOODK0
響「お待たせっ」

春香「うわあ、いっぱい買い込んだねえ」

響「へへっあ、そうそうこれ!クーポンのお礼!」

春香「………え」


響「それじゃまたなー!ホントにありがとなー!」

春香「何でドッグフ「春香」…あ、戻ってきてたんだね千早ちゃん」

千早「春香」

春香「これも…ルール?」

千早「ふふっそうよ、人の気持ちはありがたく受け取らなきゃ」


18 : ◆umzEz7Cl.I 2015/10/04(日) 20:31:08.76 ID:kNnEOODK0
春香「でもなあドッグフードを急いで必要としてる人っているのかな」

千早「何が起こるかはわからないものよ」



??「ひーん、誰か助けてー」

春香「あれ?この声って…」

千早「…あっちかしら………っ!?」


19 : ◆umzEz7Cl.I 2015/10/04(日) 20:35:48.11 ID:kNnEOODK0
春香「?!ちょ、ちょっと雪歩!なんで木の上に登ってるの!?」

雪歩「は、春香ちゃん?!それが…犬に追いかけられて…気づいたら登っちゃってて…」

春香「で、降りられなくなったと…」

雪歩「う、うん…」

春香「どうしよっか…何か踏み台になるものないかな……あれ?そういえば千早ちゃんどこ行ったんだろ」

千早「春香ーちょっとこっちにきてくれないかしら」

春香「ん、向こうかな?ちょっと待っててね雪歩」

雪歩「ごめんねぇ…」


20 : ◆umzEz7Cl.I 2015/10/04(日) 20:40:35.79 ID:kNnEOODK0
春香「どうしたの千早ちゃーん…ってあれ?その犬どうしたの?」

千早「ドッグフード見るなり飛びついてきて困ってたのよ…野良じゃない、わよね…」

??「大変失礼致しました、そちらはわたくしどもの犬にございます」

千早「あら、あなたは…」

春香「伊織のとこの新堂さんじゃないですか、ってことはこの子伊織の…」

新堂「これはこれは天海様に如月様、いつもお嬢様がお世話になっております…おや、これに反応したんですね」

春香「普段からいいもの食べさせてもらってそうなのに…普通のペットフードにも反応しちゃうものなんですね」

新堂「いえいえ、これは非常に良質のものですよ、お値段もそれなりには」

千早「それで我那覇さんも自信満々でくれたのね」

新堂「しかし助かりました、突然逃げたのでどうしたものかと困っていたのです…よろしければ何かお礼を」

春香「そう言われても…あっそうだ、なら友達を木から降ろすの手伝ってもらえませんかね?」

新堂「かしこまりました」


21 : ◆umzEz7Cl.I 2015/10/04(日) 20:45:09.61 ID:kNnEOODK0
春香「いやー降りられてよかったね雪歩」

雪歩「う、うん…でも大掛かりすぎてちょっと恥ずかしかった…かな?」

千早「見物客まででてたものね」

春香「でもわらしべ終わっちゃったね…餌は新堂さんにあげちゃったし」

千早「まあ…仕方ないわね」

雪歩「あ、もしかして私のせい…?ど、どうしよう…おにぎりならあるけどこれは美希ちゃんを動かすためのだし、もう事務所寄る時間ないし…ごめんね二人とも」

春香「いいよいいよ、そういえば今日は美希と一緒の仕事なんだっけ」

千早「これだけ天気がいいと公園で昼寝してそうねあの子…」

雪歩「あはは、流石にそれは…」


22 : ◆umzEz7Cl.I 2015/10/04(日) 20:47:25.10 ID:kNnEOODK0
??「…zzz」

春香「うん、そんな気はしてた」

雪歩「み、美希ちゃん!?何でこんなところにいるの!?お仕事だよっ」


23 : ◆umzEz7Cl.I 2015/10/04(日) 20:52:41.97 ID:kNnEOODK0
美希「んん…あとちょっと…zzz」

雪歩「だ、駄目だよぉ…ほらおにぎりあげr「いただきますなの!」…から……お、おはよう美希ちゃん」

美希「…あれ?雪歩なんでこんなところにいるの?今からお仕事だよ?」モグモグ

雪歩「え、えぇ」

美希「ほらほらもう時間ないよ!急がなきゃ…っと」

美希「春香に千早さんいいところにいたの、これやよいに渡しといて欲しいの!事務所にいると思うからさ、それじゃ!」ダッ

雪歩「待ってよぉ美希ちゃ~ん」

春香「…雪歩も大変だねぇ」


24 : ◆umzEz7Cl.I 2015/10/04(日) 20:57:58.26 ID:kNnEOODK0
春香「おはようございまーっす」

千早「おはようございます」

やよい「あれ?お二人今日はお休みじゃありませんでしたっけ」

春香「そうなんだけどね…ハイこれ、美希から預かってたんだ」

やよい「あ、ありがとうございますっ」

千早「いいのよ高槻さん」

やよい「でもせっかくのお休みなのにわざわざ…そうだ、何かお礼させてください!」

千早「いいのよ高槻さん!礼には及ばn「千早ちゃん?」…う」

春香「千早ちゃん……ルール、なんでしょ?」

千早「そ、それはそのっ…くっ、そうね…」

やよい「でも私にできることなんて…あっこれなんかいかがでしょうっ」


25 : ◆umzEz7Cl.I 2015/10/04(日) 21:02:53.45 ID:kNnEOODK0
春香「………」

やよい「事務所のお掃除してたら小鳥さんがくれたんです、この福引券!」

千早「………」

やよい「…?どうかしましたか?」

春香「それお昼にやったんだよ、そしたら参加賞のティッシュもらってプロデューサーさんに会って…、…、って」

千早「………」

やよい「へー何だかわらしべ長者みたいですっ」

春香「また福引券に戻っちゃったけどね…」アハハ

千早「……もしかしてこれ…箱根温泉旅行が当たる券なんじゃないかしら…」

三人「………っ!」


26 : ◆umzEz7Cl.I 2015/10/04(日) 21:09:00.32 ID:kNnEOODK0
カラカラカラカラカラ………コロン

おばちゃん「あら!大当……等、箱……プレゼン…!…


……ッ!


27 : ◆umzEz7Cl.I 2015/10/04(日) 21:12:22.77 ID:kNnEOODK0
春香「ただいま戻りましたー」


亜美「あーっはるるんと千早お姉ちゃんやっと帰ってきた!」

伊織「ちょっと遅かったじゃない!早く続き聞かせなさいよね」

春香「んー?あ、そっか途中で仕事の時間きちゃったんだったね」

春香「で、どこまで話したっけ?」

あずさ「やよいちゃんにもらった券でもう一度引いたっていうところよ、クライマックスね」ワクワク



春香 千早「あぁ」


28 : ◆umzEz7Cl.I 2015/10/04(日) 21:15:50.64 ID:kNnEOODK0
春香「6等箱ティッシュが大当たり」

千早「(また鼻血出したプロデューサーに出会わないかしら…)」


おしまい


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1443953803/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ