Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あかり「あかりっていらない子なのかなぁ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 16:15:11.27 ID:gnECnpAH0
京子「結衣ー!うりゃー!」

結衣「ちょっ…待っ…やめろ!」

ちなつ「結衣先輩結衣先輩…」クチュクチュ

あかり「」ぽつねん

あかり「…生徒会室に遊びに行こうかなぁ」

みたいな感じで誰か書いてください。ひまさくでお願いします




8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 16:36:06.65 ID:I9fygNGR0
あかり「だれかいるかなぁー」 ガチャ

────────生徒会室 内

向日葵「こ、こらっ!櫻子!!や、やめなさいな!」

櫻子「やだぁ!もうがまんできないもん!!!」

向日葵「帰ったらって言ったでしょう!?もう少し我慢しなさいよ!」

櫻子「だって向日葵、こんなにいい匂いさせてるんだよ!?我慢できるわけないじゃん!!」

向日葵「朝と言っていること違うじゃない!…ぁ」

櫻子「ぺろ、うん、おいしい」

向日葵「だ、だめですって…ば、くぅっ」

櫻子「ちゅ、ちゅぅ、向日葵おいしいよ。すごくおいしい」



バタン
あかり「…よーし!今日は散歩して帰ろう!うん!」


おわれ


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 16:42:13.28 ID:daG/nKJQO
がんばれ


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 16:47:46.68 ID:dR8GJJTD0
甘ったるい京あかお願い


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 16:48:54.49 ID:gnECnpAH0
京あかでもいいです


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 16:53:18.93 ID:gnECnpAH0
はよ


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 17:00:45.62 ID:I9fygNGR0
京子「あれー?あかりじゃーん!どしたのこんなところで?」

あかり「あれ、京子ちゃん?ごらく部にいたんじゃ……」

京子「あぁ、用事あるから先に出てきたんだ」

あかり「そうなんだぁ」

京子「…そ、そういえば…さ」

あかり「なに?京子ちゃん」

京子「この前の、…返事…なんだけど…さ」

あかり「この前…?」

京子「わ、わたし!別にあかりのこと好きだけど!…それは、その友達としてっていう…か」

あかり「(一体何のことだろう)」

京子「はっきりいうと!私、好きな人いるから!!あかりとは…その、付き合えない!!ごめん!!!」

あかり「(えぇー!?あかり告白もしてないのにいきなり振られちゃったよぉー!!)」

京子「……その、さ、埋め合わせ…じゃないけど……思い出作りぐらい……なら、別に…いいよ?」

あかり「え?え?」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 17:03:11.77 ID:I9fygNGR0
京子「そ、その……今日!!!」

あかり「え?なに!?」

京子「今日……っ、あかりの家、泊まりにいってもいい………か?」

あかり「う、うん。別にいいけど……」

京子「ほ、ほんとごめんな!!じゃ!!!!」

あかり「あ、ばいばーい……あれ?なんかおかしな方向に話が行っている様な」


あかり「気のせいだよね!」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 17:07:28.75 ID:I9fygNGR0
ぴんぽーん

あかり「はーい!…いらっしゃい京子ちゃん」

京子「お、おう!……」

あかり「?…早く入りなよ、寒かったでしょ?」

京子「う、うん」 ソワソワ

京子「あ、あかりの家に泊まるのも久しぶりだよなぁ!!」

あかり「そういえばそうだったね」


京子「今日、家族の人は?」

あかり「お父さんとお母さんは、今日お泊り。お姉ちゃんは、お友達と旅行だって」

京子「…ふーん……」

あかり「あかり一人だったからちょっと寂しかったんだぁ。京子ちゃん来てくれてありがとね」

京子「う、うん!」 ドキドキ

あかり「あ、先に部屋に行ってて。お茶とお菓子もっていくから」

京子「…う、うん」 ドキドキドキドキ


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 17:08:44.66 ID:gx/OL8Vx0
京子ちゃんマジ勘違い


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 17:14:24.89 ID:I9fygNGR0
あかりの部屋
京子「(やっべー!なに緊張してんだよ!!なんで緊張してんだよ!!!)」

京子「うん、落ち着け。私落ち着け。大丈夫、すぐに済む、大丈夫。すぐに済む」

ガチャ
あかり「なにがすぐに済むの?」

京子「わぁああああああああああああああああ」

あかり「ひゃぁ!な、なに京子ちゃん!こ、怖いことしないでよぉ!
    あかり、そういうのダメなの知ってるでしょぉ???」

京子「あ、いや、なんでも……いきなりだったからびっくりしただけ…」

あかり「あ、そうなんだぁ。何もいなくてよかったよぉ。…あ」

京子「ん?ちょ、ちょちょちょあかりなに!?なに!?顔近っ///」

あかり「ふふ、糸くず。ついてたよ?」

京子「う、うん…っ!…ゴクリ」 ドキドキドキドキドキドキドキドキドキ

あかり「あ、お茶どうぞ」 ズズズズ

京子「う、うん…」 ズズ


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 17:24:08.82 ID:I9fygNGR0
京子「熱っ! ひ、ひは、ひゃへひょひひゃ」

あかり「あ、ごめんね。熱かった?…舌大丈夫?ふーふーしたげようか?」

京子「んぐぅっ!!…ゴホゴホゴホゴホゴホゴホッ」

あかり「京子ちゃん大丈夫?背中さすってあげる」 スリスリスリ

京子「あ、あぅん、ありがと……(意識しすぎだ京子意識しすぎだ京子意識しすぎだ京子)」

京子「(無意識になれ無の境地だ!そうだ!無になるのだ!!)」

あかり「あ、そうだ!先にご飯にする?それともお風呂?」

京子「んんー!!!!!!!!!!!!!」 ドッキンドッキンドッキンドッキンドッキン

京子「(くっそあかりめ!天然にしろなんて攻撃力だ!普通の人間ならすでにやられるレベル!)」

京子「(しかしさすが私!あかりのそんな攻撃なんてまるで効かな

あかり「あ!昔みたいにお風呂一緒にはいろっか?」

京子「ぐぉおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」

あかり「ひぅ!!京子ちゃんどうしたの!?ほんとに大丈夫????」

京子「あ、あぁ大丈夫だ。こ、今夜のためにも…慣れておかないとな」


あかり「…そのことなんだけど」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 17:31:43.65 ID:I9fygNGR0
京子「(つ、ついにきたか…)ゴクリ」

京子「あ、で、でもー…いや、私もさすがに先にお風呂に入りたいっていうか…」

あかり「? あ、京子ちゃん先にお風呂入る?」

京子「へ?あ、うん、そ、そのほうがありがたいかなぁーって」

あかり「じゃあ、ちょっと準備してくるね」

京子「あ、うん」


あかり「ふんふふーん♪お泊りなんて久しぶりだからわくわくしちゃうよぉ」

あかり「夜はなにして遊ぼうかな。DVD?ゲーム?秘密のお話なんかしちゃったり?」

あかり「楽しみだなぁー」


京子「やっぱり、あかり、不安なのかな…そりゃそうだよね。」

京子「1回だけだけど、あかりにとっては……うん、やさしくしてあげよう!」


あかり「京子ちゃん、準備できたよぉー。」

京子「あ、わかった!」

あかり「今夜、楽しみだね♪」  京子「(期待されてるー!????)」


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 17:41:05.53 ID:I9fygNGR0
お風呂
京子「私もそんな経験あるわけじゃないし…」

京子「だからといって、あかりの気持ちを受け止められない以上、せめてこれぐらいは…」

京子「……ぅぅ、いつもは逆の立場だからなぁー…苦手だ」

コンコン
あかり「京子ちゃん?ちょっといい?」

京子「うげぇ!?あかり!?え?え?なに???(まさかここで!?あかりはここがいいの!?)」

ガチャ
あかり「うん。確かボディソープが少なくなってきたから…はい、詰め替えた奴」

京子「あ、うん!(そ、そうだよな。まさか最初からこんなところでは…)」

あかり「」

京子「……な、なに?」

あかり「ううん、京子ちゃん、体きれいだなぁーと思って…あかりこんなのだから羨ましいなぁ」

京子「そ、そそそそそそんなことないよ???私だってそんなんだし、あかりだってすぐに」

あかり「そうかなぁー、あ、あとで京子ちゃんの見せてね」

京子「…んぐ、う、うん///」 バタン

あかり「京子ちゃんの下着かわいいなぁー、後で見せてもらお」


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 17:50:08.93 ID:I9fygNGR0
あかりの部屋
京子「お風呂も入った。ごはんも食べた…あとは」

あかり「あ!そっか!京子ちゃん、(下着を)見せてもらっていい?なんかかわいくて」

京子脳内 あかり「京子ちゃん…かわいい。京子ちゃんの大切な部分、見・せ・て」

京子「あああああのののののの」

あかり「あ、でも普通恥ずかしいよね///」

京子「そそそそそそうだけどどどどど、まままままままぁ、みみみみみせてもももも」

あかり「あ、いいの?じゃあ、」

京子「う、うん///」

あかり「はれ?(えぇえぇぇえぇぇ!???京子ちゃん、突然パジャマ脱いでどうしたのぉ!???)」

あかり「???(私見せてとはいったけど別に履いてるのじゃなくてもいいんだよ!????)」

あかり「?????(しかも下じゃなくてもいいんだよ?????)」

京子「……こ、ここから先は、…自分じゃ…恥ずかしい///」

あかり「???????(先?先ってなに???まさか私が脱がして見てもいいよってこと!??)」

あかり「???????(それはさすがに大胆すぎるんじゃないのかな????)」

京子「……(は、恥ずかしいっ!!!)はやく」   あかり「え、あ、う、うん!」


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 17:58:25.45 ID:I9fygNGR0
あかり「(うんって言っちゃったけど…いいの、かなぁ?)」

あかり「じゃ、じゃあ……」 スル

京子「…っ」

あかり「(友達で同性とはいえ、恥ずかしいよぉ!)」 スルスル

京子「(やばい、恥ずかしすぎて涙でてきそう…)ぅ」

あかり「(えぇ!?京子ちゃんなんで泣いてるのぉ!????あかりどうしよ??どうすればいいのぉ???)」 ピタッ

京子「(あれ?え?…もしかして、あかりって脱ぎかけがいいの??そうなの!?)」

あかり「(どうしよどうしよどうしよどうしよ…ここからどうすれば…)」

京子「あかり、ごめん(いつのまにか私いつもみたいに受け手になってた…今日は私が先導しなくちゃ)」

あかり「…うん?」

京子「ごめんね」

あかり「(ってなに?なに?京子ちゃんなんで私のパジャマ脱がしてるの!??)」

あかり「(え?ごめんねってこういうこと!?えぇ!???)」

あかり「(そういえば、前にちなつちゃんに襲われたときの目に…似てる)」

あかり「そ、そういうのあかり困るよ!!!」


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 18:08:41.95 ID:I9fygNGR0
京子「へ?(え、やっぱりあかりが先導するほうがいいのかな?)」

京子「あかり、こっちのほうは性格と逆で積極的…なんだね」

あかり「そ、そりゃあそうだよぉ!やられるのがいい人なんていないよぉ!」

京子「そ、そう?私なんかは…」

あかり「え?京子ちゃんはやられてもいいの??」

京子「…どっちかというとそのほうが///」

あかり「(どうしよぉー!あかり、京子ちゃんがこんなんだって知らなかったよぉー!)」

京子「じゃ、じゃあ……あかり、あかりの気の済むようにして…いいから」

あかり「ふぇええぇえぇぇ???(あかりにどうしろっていうのぉー???)」

あかり「…そ、そうだ、DVD!DVD見よう!!ね?京子ちゃん!」

京子「え?あかり、持ってるの?(AVで雰囲気を盛り上げるのが好きなのか?)」

あかり「うん!どういうのがいい?京子ちゃん」

京子「どういうの?(そんなに種類持ってるのか!?)」

あかり「なんか、バンバン打ち合うのとか(ガンアクション)、
     すっごい早いのとか(カーアクション)、
     あ、ロマンチックなものもあるよ(ラブロマンス)」


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 18:18:14.94 ID:I9fygNGR0
京子「い、いろんなもの持ってるんだね…」

あかり「うん!あ、あれ?それがいやならおもちゃで遊ぶ??」

京子「お、おもちゃ!???(ってろ、ローターとか???まさか、ディルド…とか?///)」

あかり「うん!ど、どうする?京子ちゃん」

京子「で、できれば…えっと私は普通のプレイ…が」

あかり「(プレイ?ゲームかな?)じゃ、じゃあ……いっぱい人でてくるのとか」

京子「(乱交!???)ちょ、ちょちょちょまって!!あかりまって!!!」

あかり「え?」

京子「わ、私はあかりと二人きりがいいの!!他の人はいや!!」

京子「あかり、あかりの気持ちに応えられなかったのは悪かったと思ってる……
    だから代わりに1回だけならいいかなって…思ってる…けど
    で、でもさすがにそういうのは私嫌だよ!」

あかり「(京子ちゃんは一体なにを言っているんだろう?)」

京子「だから、普通に、ね、寝る…のがいいな。私は」

あかり「あ、なーんだ。京子ちゃん、早く寝たかったんだね。気づかなくてごめんね」

京子「お?あ、うん…」


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 18:24:56.75 ID:PWmXz6jB0
あかりちゃんマジ天使


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 18:28:32.27 ID:I9fygNGR0
あかり「じゃあ、電気消すよ?」

京子「うん…(布団別…?)」


京子「……うん?」 ムクリ

京子「な、なぁあかり…。あかり?」 ユッサユッサ

あかり「…京子ちゃん好きだよぉムニャムニャ」

京子「あ、うん、だから、ごめんな。私にはもう別に好きな」

あかり「…結衣ちゃんも…また、いっしょに…」

京子「ちょ、な、なんでここで結衣の名前が出てくるんだよ!!おいあかり!!」

京子「もしかして結衣の奴…いつのまにあかりと!!」

あかり「また…一緒に…」

京子「……」 プチッ

京子「あいつがやったっていうなら私もやってやる!!!」 ガバァッ


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 18:37:54.47 ID:I9fygNGR0
京子「あかり!!……んっ!」 ちゅっ、ちゅぱっちゅぷっぬちゅぱぁ

あかり「はむっ…ぷはぁっはふぅ…ふぅ…」

京子「ふふ、あかりの胸、ちっちゃくてかわいいな…誰かとは違って!」 ちゅぱっ!ちゅっぷちゅっ!

あかり「ふぐぅ、んふ、ふっ、ふぁ、んふっ!」

京子「はぁはぁ……あかり、どう?気持ちいい?」 レロレロペロペロ

あかり「はぁぅんっ、んはっ、きゅぅ」

京子「あかり、おへそかわいい、あかり全部かわいい…全部かわいい」

京子「……あいつとは全っ然違うしね!!あぁむかついてきた!」

京子「あかり、そろそろこっちも気持ちよくしてあげる」 スルスル

あかり「ふぅ…んふっ・・・…すぅ…すぅ」 くちゅ

京子「…あかり、ツルッツルだなぁ…すべすべてすごいさわり心地いいよ…」 くちゅっ

あかり「ふあぁっ」

京子「…あかりの…ポイントは…どこ、かなぁ」 ぷちゅ…ちゅく

あかり「ぁぁぅん!!く、くぅっ…んっ」


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 18:46:01.89 ID:I9fygNGR0
京子「ふふ、いい感じみたいだねぇあかり…そろそろ」 スルッ

京子「私も、いい…かな?」

あかり「…んん…ん?」

あかり「…んぁれぇ?きょうこ…ちゃん?」

あかり「おなか…ひえるよぉ?」

京子「…ふふ……んんっ!」 ぷちゅぅ

あかり「ふぁっ…な、なにぃ?」

京子「んんっ!んんっ!!んんっ!」 ちゅぷっちゅぷっぬちゅっちゅにゅっ

あかり「ふぁっ!ふぁぁっ!ふぁんっ!ぁぅんっ!!な、なに??」

京子「あかり、私、も、もう…」

あかり「なに?京子ちゃん、どうしたの??」

京子「あいつが、悪いんだ…あいつが悪いから…んぐぅっ!!もう」 ちゅぅズリッチュスリィッにゅぷっちゅぅっ

あかり「なになになになに????あ、熱いよぉ…ふあぁ」

京子「あかりぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!」 ビクンッビクンッ!

あかり「ふぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!」 ビクンッビクンッ!


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 18:52:22.01 ID:I9fygNGR0
…チュンチュン
京子「ふあぁ~~~ぁ。…あれ?いつまに私…いい匂い~」

リビング
あかり「あ、京子ちゃんおはよう!」

京子「あっ!おいしそう!食べていい??」

あかり「その前に顔洗ってきたら?寝癖もひどいよ?」

京子「…あかり、昨日の覚えてるのかな…ずいぶんと荒くしちゃったからな」

京子「そうだよ!元はといえばあいつが…っ!」

ぴんぽーん
あかり「はーい!あ、結衣ちゃん!」

京子「!!!」

結衣「昨日、京子が泊まりに来たんだって?」

あかり「そうだよぉ~。あ、ちょうど今朝ごはんつくったところなんだぁ。
    結衣ちゃんもいっしょに食べよ?」

結衣「そうだな、じゃあ…」

あかり「いいよいいよ~、結衣ちゃんほどうまくないけど…えへへ」


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 18:59:46.66 ID:I9fygNGR0
結衣「京子、おはよう」

京子「ふんっ」

結衣「ん?…なぁ、あかり。なんで京子怒ってるんだ?」

あかり「え?そうなの?京子ちゃん?」

京子「……それはっ二人がっ!!」

あかり「あ、そういえば昨日ね、三人でピクニックに行く夢みたんだよ?」

結衣「それは楽しそうだな」

京子「…夢?三人?」

あかり「途中から、京子ちゃんが私に抱きつく夢に代わったんだけどね」

結衣「おい、京子~。夢の中まであかりに抱きつくのやめろよなぁ~」

京子「夢の中まで責任とれねーよ!……って夢?

京子「あ、あかり昨日の夜……ほ、他に何か覚えてないのか?」

あかり「え?べ、別に…ちょ、ちょっとお漏らししそうになったっていうか・・・
    あ!おもらしはしてないよ!ほんとだよ!!ほんとだからね!結衣ちゃん!!」

結衣「わかってるよ。」

京子「…つまり昨日の言葉も、寝言……!///」 かぁ~


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 19:08:16.06 ID:I9fygNGR0
京子「(私、もしかして勘違いで…っ!な、ど、どうしよう…勘違いであかり襲っちゃった///)」

結衣「どうした?京子?」

あかり「どうしたの?京子ちゃん?」

京子「(ん?でもまてよ?あかりは昨日の全部が夢だと思ってる……ギリセーフ?)」

京子「あ、うん!なんでもない!なんでもない!!
   そ、そうだ!それより今日ピクニック行かないか?久しぶりにさ!!」

あかり「あ!それ楽しそう!」

結衣「そうだな。ちなつちゃんも呼んでみんなで行こうか。」

京子「(ふぅ、これで昨日のことはごまかせたな…あかりがいつもどおりで助かったよ)」

あかり「くちゅっ」

結衣「なんだあかり、くしゃみか?ほら、ティッシュ。」

あかり「ありがと、結衣ちゃん…えへへ誰かうわさでもしてるのかなぁ?」

京子「うん、それはないな。           あかり「えぇーひどいよ京子ちゃんー」
    それより、ピクニックはどこに行く?」

……後日
京子「え?ラブレターの差出人ってあかりじゃないの!?……ま、いっか。あかりだし」

あかり「くちゅんっ!また誰かがうわさしてるよ~えへへあかり人気者だなぁ~」 おわり


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 19:16:32.84 ID:gnECnpAH0
おつあかりん


92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 19:20:35.40 ID:YYcverXw0
オッツリ~ン


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 19:24:20.15 ID:/9ZtElQO0
なかなかの京あかであった


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/03(火) 19:33:19.41 ID:M+2+pEyWO
乙だよぉ


ゆるゆりvol.6(すぺしゃるさうんどCD&ごらく部&生徒会思い出アルバム)【初回限定仕様】 [Blu-ray]
ゆるゆりvol.6(すぺしゃるさうんどCD&ごらく部&生徒会思い出アルバム)【初回限定仕様】 [Blu-ray]

TVアニメ「ゆるゆり」ライブイベント『七森中♪りさいたる』Blu-ray【初回特典版】
TVアニメ「ゆるゆり」ライブイベント『七森中♪りさいたる』Blu-ray【初回特典版】




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ゆるゆり」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。