Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男「腕が組みたい」後輩「えっ、突然何ですか先輩?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 20:10:14.50 ID:xomZkENK0
男「僕は腕が組みたいんだよ!」

後輩「わ、私とですか?」

男「もちろん」

後輩「いや・・・辞めときます」

男「頼むよ!」

後輩「そんな駄々こねられても・・・・」

男「下心はないんだ!」

後輩「ありますよね」

男「下心はちょっぴりしか無いんだ!」

後輩「あるんじゃないんですか・・・・」




8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 20:13:09.69 ID:xomZkENK0
男「僕が何で腕を組みたいか分かるか?」

後輩「分かんないです、分かりたくないです」

男「教えてあげよう」

後輩「私の話・・・聞いてます?」

男「僕は恋人気分を味わいたいんだよ!」

後輩「聞いてませんね・・・・」

男「聞いてるか?後輩?」

後輩「それなりに」

男「よーし、じゃあ腕を組んでくれ」

後輩「嫌です」

男「何でだよぉ・・・・」

後輩「いや・・・・だって私が許可する理由がないじゃないですか」

男「後輩のよしみで」

後輩「じゃあ後輩辞めます」

男「そこまでするの!?」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 20:16:54.57 ID:xomZkENK0
後輩「嘘ですけど」

男「良かった・・・・」

後輩「で、腕ですか?」

男「うん、腕だよ」

後輩「・・・何でまた」

男「ううん・・・これには深ーい、深ーい訳があってね」

後輩「ふむふむ」

男「昨日街に出かけたんだ」
______________________________

男『ふんふんふーん~今日はゲームの発売日~』

カップル『きゃっきゃうふふ』

男『くそっ・・・なんで僕はフォ○カノなんか買いに行こうとしてるんだ・・・・ッ!?畜生!』

_______________________________

男「ってことがあって」

後輩「滅茶苦茶浅い理由じゃないですか!」

男「因みにフォト○ノは買ったよ?」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 20:20:26.89 ID:xomZkENK0
後輩「知りませんけど」

男「んまあとにかく、僕は打ちひしがれたわけ。『僕も腕くんで街を歩きたい・・・!』ってね」

後輩「いちいちポーズ決めなくていいです」

男「あ、そう?」

後輩「はぁ・・・ここまで馬鹿だったなんて・・・」

男「何言ってるんだ後輩。僕はいつでもこうだ」

後輩「そうでしたね、いつでも馬鹿です」

男「ふっふーん、やっと気づいたか」

後輩「気取って言うことじゃないですから!」

男「一回はこういうふうに言ってみたいもんじゃん!」

後輩「馬鹿で気取るってもう終わってますから・・・・」

男「まあ話を戻して。さ、後輩。腕を」

後輩「組みません」

男「なんで!?」

後輩「今までの話に懐柔の余地が一寸たりとも無いですから・・・」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 20:25:03.19 ID:xomZkENK0
男「そっか・・・僕はもう家に帰ってフ○トカノをするしか無いのか・・・」

後輩「いいじゃないですか、やること有るなら」

男「違うでしょ!そこで『やめて!私が腕を組めばいいんでしょ!』って泣きながら駆け寄るところでしょ!」

後輩「知らないですよ!」

男「困った後輩だ」

後輩「困ってるのは私です!」

男「取り敢えず腕を組めばいいんじゃないかな」

後輩「理不尽だー!」

男「じゃああれだ、手をつなぐ・・・っていうので譲歩してあげようかな」

後輩「なんで先輩が譲歩する立場になってるんですか」

男「えっ?違うの?」

後輩「逆ですよ!逆!」

男「あ、じゃあ後輩言ってよ『恋人つなぎで譲歩です』って」

後輩「要求しないでください」

男「あれ?此れもダメなの?」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 20:27:45.81 ID:xomZkENK0
後輩「だいたい恋人つなぎって何ですか?」

男「あれだよ、指を一本一本絡めてつなぐ奴」

後輩「は、はぁ」

男「まあ百聞は一見に如かず!やってみるのが早いね!」

後輩「えっ、ちょっと先輩!」

男「まぁまぁ」

後輩「まぁまぁじゃなくって!」

男「みぃみぃ」

後輩「そういうイミじゃないです!」

男「めぇめぇ?」

後輩「聞かれても困るんですけど」

男「いいじゃん、手をつなぐくらい」

後輩「えぇー・・・」

男「ほらほらぁ」

後輩「少しだけですよ・・・」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 20:32:17.51 ID:xomZkENK0
男「ほっ・・・ほっ・・・ほっ・・・っと」

後輩「編み物みたいに絡めないで下さい」

男「それにしても細いなぁ・・・後輩の指」

後輩「そうですかね」

男「白山の手みたい!」

後輩「誰ですかそれ!」

男「なんだったっけ?」

後輩「白魚みたい・・・じゃないんですか?」

男「そうそう、そんなん」

後輩「なんで自分で訂正してるんでしょう・・・」

男「僕が馬鹿だからじゃないの?」

後輩「言わないでいいですから!」

男「いわないでか!」

後輩「語尾がおかしいです、先輩」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 20:36:06.70 ID:xomZkENK0
男「あー、暖かいなぁ・・・」

後輩「先輩の指、意外と太いですね。男っぽいです」

男「今頃気づいた?」

後輩「日頃から頼りないですから・・・」

男「そうかな?」

後輩「そうです」

男「後輩の指はぷにぷにしてるよ?」

後輩「そ、そうですか・・・」

男「太ってるとかじゃないからね?」

後輩「いわないでか!」

男「パクった!?」

後輩「言わなくてもいいことを・・・・」

男「ご、ごめん・・・・」

後輩「後でハンバーガー1個奢って下さい」

男「太るよ?あ、ご、ごめん!そんな怖い目で見ないで!」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 20:39:12.93 ID:xomZkENK0
後輩「さて、そろそろ・・・」

男「そろそろ街へ行こう!」

後輩「えっ?いや恥ずかし」

男「行かないと意味無いじゃん!」

後輩「ちょっとだけって言ったじゃないですか!」

男「まぁまぁ」

後輩「もー!」

男「さー、いっくぞー」

後輩「こ、恋人つなぎって離し難い・・・・っ」

男「さあ諦めて大人しくついてこーい!」

後輩「わーん!」

男「恋人気分~」

後輩「逮捕された気分~・・・・」

男「テンション上げてこ~!」

後輩「のー!」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 20:44:26.28 ID:xomZkENK0
__________________________________

男「着いたぞー!」

後輩「せ、先輩歩くの早い・・・」

男「どこ行こっか?」

後輩「決めてなかったんですか?」

男「別に?」

後輩「なんて適当な・・・」

男「あ!そうだ、お薦めのゲームがあるんだった!」

後輩「あ、ちょっと引っ張らないでくださいよ先輩!」

男「ゲーム屋へGO!」

後輩「まだ手つないどくんですね・・・」

男「人ごみに紛れて迷子になると困るし」

後輩「そ、そうですか」

男「それに恋人気分まだ味わいたいし!」

後輩「それが本音ですか・・・」


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 21:29:30.80 ID:xomZkENK0
男「ふぅ、着いた着いた」

後輩「いつものゲーム屋さんですね」

男「ここはなんだかんだで品ぞろえいいから好きなんだよ僕」

後輩「へぇー」

男「さて、オススメのゲームのとこにいこうか!」

後輩「は、はい」

男「えーっと・・・どこだったっけなぁ・・・」

後輩「覚えてないんですか?」

男「いや、大体覚えてる」

後輩「大体って・・・・」

男「確か右斜め前!」

後輩「何処から見てですか!」

男「わかんない」

後輩「わかんないんですか・・・」


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 21:33:19.41 ID:xomZkENK0
男「あ!あったあった!これだよこれ!」

後輩「何々・・・・あれ、ずいぶん古いゲームですね?」

男「古いのがいいんだ」

後輩「よく有りましたね」

男「だから言っただろ?品揃えがいいんだよ!」

後輩「なんていうゲームなんです?」

男「マ○ーのアトリエ!」

後輩「は、はぁ・・・」

男「錬金術がすごいんだよ!」

後輩「へ、へぇ・・・」

男「まぁ、ほら買ってあげるから」

後輩「えっ、ちょっと!私PSは持ってないんです・・・」

男「じゃあ僕の家でやろうよ!」

後輩「・・・・・・」

男「な、なに?そんなにじーっと見られると照れるんだけど」


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 21:37:29.42 ID:xomZkENK0
後輩「それは素で言ってるんでしょーか?」

男「う、うん?一緒にゲームやるのイヤかな?」

後輩「嫌じゃないですけど・・・その、なんていうか、男に人の家に行くのって・・・」

男「あ、今日は親もいないし大丈夫だよ?」

後輩「もっと不安になりました・・・」

男「え?えっ?」

後輩「いいですよ!行きます!」

男「う、うん?よかったー」

後輩「はぁ・・・これだから先輩は」

男「ふんふんふーん~」

後輩「あの・・・ところでそろそろ手をつなぐの辞めません?」

男「やだ」

後輩「子供ですか!」

男「もうちょっと幸せ気分味あわせてよ!」

後輩「子供でした・・・」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 21:42:47.94 ID:xomZkENK0
男「ゲームも買ったことだし、僕の家に行こっか?」

後輩「そうですね」

男「なんだか後輩固くない?大丈夫?」

後輩「べ、べつにそんなこと無いです」

男「そう?ならいいけどさ」

後輩「・・・・・・・・・・・・」

男「・・・・・・・・・・・」

後輩「な、なんか喋ってくださいよ!」

男「ご、ごめん!脳内プレイしてたよ!」

後輩「ぷ、プレイ!?」

男「う、うん・・・後輩とやる前におさらいしとこうと思ってさ」

後輩「や、やるって!?何を考えてるんですか先輩は!!」

男「え、ええっ?マ○ーのアトリエだけど!?」

後輩「そ、そ、そうですか・・・・」

男「う、うん。後輩、大丈夫・・・?」


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 21:48:22.64 ID:xomZkENK0
後輩「たいしたことないんで忘れて下さい!」

男「う、うん、わかったよ!」

後輩「・・・・・・・・・・・・」

男「え、えーっと・・・もう少しでつくから?」

後輩「なんで疑問形なんですか」

男「ご、御免・・・」

後輩「謝んないでくださいよ・・・」

男「有難う!」

後輩「感謝する意味がわかんないです」

男「僕と手を繋いでくれて?」

後輩「こ、ここで感謝しないで下さいよ!」

男「言える時にいっとこうと思って?」

後輩「全く・・・」

男「あれ?怒っちゃったかな・・・」

後輩「別に怒ってないですー」


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 21:55:11.24 ID:xomZkENK0
男「あ、着いたよ。ここここ」

後輩「でっかい・・・」

男「そうかな」

後輩「はい・・・結構・・・」

男「まぁ入ってよ?ね?」

後輩「わぁ・・・お庭の花が綺麗・・・」

男「欲しいなら持ってっていいよ?お母さんが趣味でやっててさ、いつでも欲しい人に上げてって言われてるんだ」

後輩「そうなんですか」

男「・・・っていっても欲しいなんて言うのは後輩が初めてなんだけどね?はい、これ」

後輩「これは黄菖蒲・・・ですか?」

男「お母さんが『私は花言葉を重視して選ぶのよ』なんて言ってたから色んなのが植えてあるんだよね・・・。他のがいいなら他のにするけど?」

後輩「いや、いいです。此れが良いです」

男「そっか、ならいいけど」

後輩「花言葉を重視・・・ですか。なるほどです」

男「じゃ、とりあえず上がろうか!」


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 22:00:16.46 ID:xomZkENK0
後輩「ど、どこに先輩の部屋があるんでしょうか・・・」

男「ん?僕の部屋は三階」

後輩「三階!?」

男「えっ?どうしたの?!」

後輩「い、いや純粋に驚いただけです・・・」

男「なんか驚いてばっかりだね?」

後輩「先輩の家全てが驚きなんですよ・・・」

男「そうかなぁ・・・」

後輩「こんなお屋敷そうそう無いですから・・・・」

男「へへへ」

後輩「先輩は褒めてません」

男「うぬぬ・・・」

後輩「さ、先輩の部屋に連れてって下さいよ」

男「なんでそんな覚悟を決めたような顔をしてるんだい?」

後輩「気分です」


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 22:07:04.93 ID:xomZkENK0
男「どうぞ」

後輩「・・・エレベーター着いてるとか」

男「どうかした?」

後輩「なんでもないです!入りますよ!」

男「後輩がなんだかおかしい」

後輩「気のせいです」

男「じゃあ切り替えて!やろうか!」

後輩「そうですね」

男「ふんふんふーん」

後輩「手はまだ離さないんですか・・・」

男「だ、だって・・・もう一生繋いでくれなさそうじゃん・・・」

後輩「あー」

男「心当たりあるんだ・・・」

後輩「だ、大丈夫です。きっと先輩とまた手をつなぎます・・・!」

男「あさっての方向見ながら言わないでよ!」


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 22:10:40.80 ID:xomZkENK0
男「PSを押入れから出して・・・」

後輩「あれ?PS2とか3でも出来るんじゃないんですか?」

男「ふっふっふ・・・甘いね」

後輩「甘かったですか」

男「うん、PSのゲームはPSでやるもんなんだよ!」

後輩「よくわかりません」

男「わかってよ!」

後輩「まぁとりあえずやりましょうよ」

男「そだね」

後輩「スイッチオン・・・・っと」

男「ブィィン・・・」

後輩「よく見たらちっちゃくて可愛いじゃないですか、PS」

男「ゲームフェチ?!」

後輩「違いますよ!・・・もう、先輩は変な所で反応する・・・」

男「ご、ごめん・・・」


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 22:15:43.21 ID:xomZkENK0
_________________________________

男「ここ、そうそう調合して」

後輩「こ、こうですか?」

男「ああっ!違うよ!それ混ぜたら・・・!」

後輩「・・・なんか凄いの出来上がりました」

男「それゴミだよ・・・」

__________________________________

男「ほら、やっぱ落第を回避するために・・・」

後輩「先輩と一緒ですね」

男「僕は落第しそうじゃないよ!」

後輩「人生を」

男「人生を落第!?どういうこと!?」

後輩「自分で考えたほうがいいですよ?」

男「そんな風に言われると怖いんだけど・・・」

____________________________


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 22:19:17.28 ID:xomZkENK0
後輩「はぁ・・・疲れてきちゃいました」

男「そう?じゃあそろそろ休憩しようか」

後輩「・・・待って下さいよ、先輩」

男「何?どうしたの?」

後輩「左手を腰に当てて下さい」

男「立って?」

後輩「座ったままで」

男「こ、こうかな」

後輩「そうです」

男「で?」

後輩「私が右手を先輩の腕に絡めます」

男「こ、後輩?!」

後輩「・・・・・・ちょっとだけ、なんですからね?」

男「う、うん。ありがとう」

後輩「えへへ、どういたしまして」          
                           


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 22:21:34.63 ID:xomZkENK0
男「・・・・・・・・・・」

後輩「・・・・・・・・・・・」

男「後輩の心臓の音が聞こえるんだけど」

後輩「私もですよ」

男「・・・・・・・・・・・」

後輩「・・・・・・・・・・」

男「そ、そんな見ないでくれよ」

後輩「せ、先輩だって見ないで下さいよ・・・」

男「・・・・・・・・・」

後輩「・・・・・・・・・・・」

男「目、瞑ってよ」

後輩「せ、先輩こそ瞑るべきです」

男「・・・・・・・・・・」

後輩「・・・・・・・・・・・・」


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 22:24:31.33 ID:xomZkENK0
男「こっち、ちゃんと向いてよ」

後輩「っ・・・は、はい・・・」

男「目、瞑ってくれるかな?」

後輩「仕方ないですね・・・っ、一度だけですよ?」

男「一度で十分だよ」


後輩「っ」


男「ど、どうかな?」

後輩「キスの後に・・・そんなこと言うのは格好悪いですよ?」

男「ご、ごめん・・・」

後輩「先輩、なにか言うことないですか?」

男「・・・・付き合って下さい」


後輩「わかりました」


後輩「――――― 一度だけですよ?」     ~fin~


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 22:25:07.56 ID:3RfHhwyu0



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 22:26:52.46 ID:xomZkENK0
ここまでお付き合いいただき有難う御座いました。

http://blog.livedoor.jp/sumokutizu/


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 22:42:21.01 ID:Y6EIo+Vs0


こういう口説き方は好きだな


92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/04(水) 22:44:36.72 ID:0WinjCMM0


こんな高校生活送りたかった


マリーのアトリエプラス ザールブルグの錬金術士
マリーのアトリエプラス ザールブルグの錬金術士

フォトカノ 特典 初回特典:「ねんどろいどぷち 果音」&大谷桃子お風呂ポスター付き
フォトカノ 特典 初回特典:「ねんどろいどぷち 果音」&大谷桃子お風呂ポスター付き




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「男女」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。