Powered By 画RSS


楓「トリックオアトリート」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 22:01:10.21 ID:vV5ofmI30
お菓子をくれなきゃいたずらするぞ、だったかな

それはさておき

「楓さん」

「はい、何でしょう?」

にこり、と

それはもう満面の笑みで

これ以上ないくらいの笑顔で

俺の膝の上で返事をする

魔女の衣装を着た楓さん




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 22:06:54.12 ID:vV5ofmI30
「そろそろ降りてくれませんか?」

「無理です」

即答ですか

「何故ですか?」

「降りたくないからです」

うん。実に分かりやすいですね

花丸をあげましょう


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 22:14:27.33 ID:vV5ofmI30
「ですが、これでは仕事ができません」

「明日にしましょう、仕事は」

簡単に言わないでください……

「明日の仕事はわーくわく、ですね」

全然わくわくできませんからね!?

むしろ、ちひろさんに怒られるビジョンしか思い浮かびませんよ……

「今日できることは今日やりたいんですよ」

きょとんとしていらっしゃる

鳩が豆鉄砲くらったみたいな顔だ


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 22:27:39.78 ID:vV5ofmI30
「もぅ、ノリが悪いですね」

ぷくっと頬を膨らませて抗議された

子供みたいな仕草だが

この人がすると、不思議とそんな感じがしない

「貴女を膝を乗せている時点でノリも何もないでしょう……」

散々お願いをされて、こちらが折れてしまった訳なんだが

わーい! なんて飛び跳ねて喜ばれたら、流石に悪い気はしない


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 22:38:57.22 ID:vV5ofmI30

……だが、断言しよう

これはまずい

俺が色々とまずい

楓さんの体温、柔らかさ

そして、この良い匂い

変態みたいな言葉ではあるが、こんな言葉しか出てこない

軽いパニック状態だ

たまに、身じろぎするのだが

太ももに伝わる柔らかさにびくりとしてしまう


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 22:46:01.92 ID:vV5ofmI30
年少組のアイドルたちにお願いされて、膝に乗せる時はあるが

考えが甘かったようだ

大人と子供でこうも変わってしまうとは……

しかし、現在進行形な今

どうにかして乗り切らなくてはいけない

ちらりと元凶でもある楓さんを見てみると

「~♪」

こちらの考えなんてお構いなしに御機嫌だ


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 22:52:12.58 ID:vV5ofmI30
「どうしたんですか?」

こちらの視線に楓さんが気づく

どうしたものか

何か会話の糸口を見つけて、気持ちを切り替えなくては

「いえ。そういえば、その衣装はどうしたんです?」

目を凝らして衣装を見てみる

生地や裁縫がしっかりしていて、安物ではない事が一目でわかる




9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 22:59:39.62 ID:vV5ofmI30
「凛ちゃんたちが奈緒ちゃんに用意したみたいなんです」

ほうほう

「でも、奈緒ちゃんが逃げちゃったらしくて」

あいつ恥ずかしがり屋だもんな

容易にイメージが想像できる

「で、それを譲り受けたと?」

よく逃げ切ったな、奈緒

「正解です」

ウィンクも頂きました、ありがとうございます


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 23:05:00.45 ID:vV5ofmI30
「でも、私には少し大きいみたいなんです」

ぴらり

指で胸のあたりを開けてみせる

「ほら」

瞬間的に顔を背ける

「はは、そうなんですか」

狙ってやってるのか無自覚でやってるのか

この人は無自覚なんだろうなぁ……


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 23:12:30.50 ID:vV5ofmI30
「丈は短いんですよ」

ぴらり

今度はスカートの裾を摘まむ

また顔を背ける

これは精神攻撃か何かですか?

男としての性とプロデューサーとしての理性

まだプロデューサーとしての理性が勝ってくれている

よし、まだまだ耐えられる






13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 23:17:49.95 ID:vV5ofmI30
「あら? どうしたんですかプロデューサーさん」

にこにこと笑って顔を覗きこんでくる

貴女、分かっててやってますよね?

「あの、そういうのは自重してくれますか」

おずおずと切り返す

……何で俺がお願いする立場になっているんだ

「ふふっ」
 
俺の言葉を聞いてから、笑顔の質が変わった





14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 23:22:48.91 ID:vV5ofmI30
アイドルの高垣楓としてではなく

女としての高垣楓

ファンを魅了するのではなく

男と虜にする笑み

「私、嬉しいんです」

嬉しい?

「プロデューサーさんが私を意識してくれて」

こんな状況で意識しない奴なんていないでしょうに

そんな奴がいたら是非見た見たいものだ


15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 23:33:25.17 ID:vV5ofmI30
「貴女の周りには可愛い子がたくさんいます」

みんな俺がスカウトしてきた子たちですからね

自信を持ってプロデュースしていますし

どこに出しても恥ずかしくはないです

「そんな子たちが少なからず貴方に好意を持っています」

年上の異性への憧れを勘違いしてるだけじゃないですかね?

こんな男を好きになっても無駄だと思います



16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 23:47:10.59 ID:vV5ofmI30
男なんて腐るほどいるし

あれだ。恋に恋するお年頃って奴だ

うん、きっとそうに違いない

「皆、それぞれアピールしています」

身に覚えがあるでしょう? と聞かれた時

まったく無いとは言えないが

そこまで言うほどのものかと思うと疑問が残る

弁当や差し入れなんて、感謝の気持ちなのではないだろうか



17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/02(月) 23:54:48.83 ID:vV5ofmI30
「ある時、私の中で変化があったんです」

淡々と楓さんが語る

自分の気持ちを、俺に対する感情を

「変化ですか?」

変化

変わること、変わってしまうこと

あるいは、変わらなければならなかったこと


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 00:00:17.18 ID:hpm/xeHh0
「私は皆を見てるだけで楽しかったんです」

いつもの楓さんは優しい笑顔で

年少組からは良いお姉さんとして

同年代からは良きライバルとして

良い関係を築いていると思っていた

楓さんの変化にまったく気づく事ができないとは

いつも近くにいた自分が情けなく思える


19 : >>1です 2015/11/03(火) 00:05:22.08 ID:hpm/xeHh0
「人間関係の悩みですか? 俺に何かできることはありませんか?」

プロデュースするだけが仕事ではない

色々なケアも仕事のうちだ

彼女たちは売り物ではなく人間なのだから

「いつも優しいですね、プロデューサーさんは」

力なく笑う

さっきまでの楓さんが嘘みたいだ

「でも」

顔を上げて彼女は言う


20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 00:12:34.27 ID:hpm/xeHh0
「私は変わろうと思います」

力を込めた声で彼女は宣言する

「私も負けていられないんです」

楓さん……

貴女がそこまで考えていたなんて

「プロデューサーさんのお膝に乗せて、なんて言うの勇気が必要だったんですよ?」

えっ?



21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 00:20:28.85 ID:hpm/xeHh0
「楓さん、ちょっと待ってください」

「はい、待ちますよ」

にこりと笑う楓さんの瞳は妖しい光をしていた

「整理してみましょう。楓さんはどうして俺の膝の上に?」

問い1

「私からアピールしようと思ったからです」

問い1の答え

「貴女が変わろうとしたのは?」

問い2

「皆にプロデューサーさんを取られたくなかったからです」

問い2の答え




22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 00:26:58.35 ID:hpm/xeHh0
……頭が痛くなってきた

この25歳児はやることが斜め上だ

「楓さん、貴女って人は……」

まったく、こんな事しなくても他にやりようがあるでしょうに

自分を安売りなんてしては駄目だ

「ふふっ、プロデューサーさん」

猫撫で声で楓さんが言う

「私を膝の上に乗せてくれたのは、少しでも期待があったからじゃないですか」


23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 00:30:16.81 ID:hpm/xeHh0
「なっ……」

言葉に詰まる

「ほら、やっぱり」

攻守逆転

ここぞとばかり攻めてくる

「私はもう子供じゃありません、大人の女性ですよ」

顔が近付いてくる

お互いの瞳の中に自分を確認できる距離

吐息が感じられる距離


24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 00:34:42.48 ID:hpm/xeHh0
くすくす

楓さんが笑う

「スタイルには自信があるんですよ」

彼女の瞳に見つめられ

まるで金縛りにあったかのように動けなくなる

駄目だ

「もっと私を感じてみたくないですか?」

やめてくれ

「悪戯しちゃいますよ? それとも悪戯したいですか?」




25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 00:42:00.35 ID:hpm/xeHh0
「どちらが良いですか?」

貴女はそんなことをしてはいけない

「ふふっ」

俺の胸に楓さんの指が這う

それが皮肉にも俺の反撃の狼煙になった

「やめるんだ楓さん!」

腹の底から声を出す

びくりと楓さんが硬直する


26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 00:48:37.66 ID:hpm/xeHh0
「これ以上は怒りますよ」

意思を込めて楓さんを見る

これ以上この人にこんな事をさせてはいけない

俺の大事な人にこんなことは……

「……」

驚きと悲しみだろうか、詳しく読み取る事はできなかったけれど

がくり、と

糸が切れた操り人形のように楓さんが頭を垂れる



27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 00:52:22.27 ID:hpm/xeHh0
「……うぅ」

しばらくして聞こえてきた泣き声

「なんでですか……」

ゆっくりと顔を上げた楓さんの瞳は、涙で濡れていた

「なんで拒絶するんですか……」

ゆっくりと言葉を紡ぐ

「私の事が嫌い……なんですか?」


28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 00:56:55.16 ID:hpm/xeHh0
「何か言ってくださいよ……ねぇ」

とん、と

彼女の手が俺の胸と叩く

弱弱しく、痛みなんて感じない力で

「何で、何でなんですかっ……」

そこからはもう泣き声だけだった

付き合いが短いわけではないが、泣き顔を見たのはこれが初めてだ



29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 01:03:23.80 ID:hpm/xeHh0
楓さんは泣き続ける

彼女の綺麗な瞳から涙が止めどなく溢れ

俺のスーツに染みを作っていく

こんな時に気の利いた台詞を言える奴がモテルんだろうなぁ

なんて、間抜けな事を考えていた時だった

「どうせ私なんて……」

楓さんの弱弱しい言葉を耳が拾う


30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 01:13:25.61 ID:hpm/xeHh0
「こんな女に魅力なんて感じないですよね……」

魅力を感じない?

「皆に嫉妬して、みっともないですよね」

人間、嫉妬の一つや二つあるんじゃないですか?

「もう、どうしたらいいのか……」

……

「私、私……プロデューサーさんに嫌われたくないんですよぉ!」

それは力無き叫びだった

でも、俺の中でその言葉は、どんどんと大きくなる




31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 01:19:24.67 ID:hpm/xeHh0
「楓さん」

言葉と同時に体が動いていた

両腕で楓さんを優しく抱きしめる

「落ち着いてください、楓さん」

俺の心音を聞かせるかのように

壊れ物を扱うように胸に優しく抱きとめる

「プロデューサーさん……」


32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 01:24:28.71 ID:hpm/xeHh0
「暖かいです」

「ええ、暖かいですね」

楓さんがおそるおそる腕を背中に回してきた

大切な人の暖かさ

大切な人の匂い

大切な人の柔らかさ

全てが愛おしく感じる


33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 01:29:36.43 ID:hpm/xeHh0
「すみません、プロデューサーさん」

ようやく泣きやんでくれた

「良いんですよ。気にしないでください」

このくらい容易いもんさ

「もう少しだけこのままでいいですか?」

おずおずとしたお願い

「ええ。貴女が望むまで」


34 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 01:35:01.90 ID:hpm/xeHh0
「ありがとうございます。ねぇ、プロデューサーさん」

「何ですか?」

「私、嫌われてないですか?」

「嫌いな人にこんな事しませんよ」

抱きしめる力を少し強くした

「……ふふっ、そうですか」

嬉しそうな言葉が返ってきた


35 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 01:41:29.99 ID:hpm/xeHh0
「それに貴女はとても魅力的です」

こうしてる間にも胸の鼓動が速くなっている

「嫉妬だってしてもいいじゃないですか」

俺だってほかプロデューサーにしたりするし

「楓さんは楓さんですから」

人は人、他人は他人です

「プロデューサーさんに言われると納得しちゃいます」

「ええ。存分に納得してください」


36 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 01:50:37.50 ID:hpm/xeHh0
「変なプロデューサーさん」

顔を上げた楓さんには笑顔が戻っていた

くだらないジョークを言って

皆と喜びを分かち合う、あの笑顔が

「これが俺ですから」

俺なりの不器用なやり方

スマートじゃないけれど、これしか知らない


37 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 02:00:44.31 ID:hpm/xeHh0
五分かそれとも一時間か

どれだけの時間が経ったのかはわからない

「ありがとうございます。もう大丈夫です」

微笑んだ後にするりと俺の膝から降りる楓さん

そして彼女は深呼吸をする

すぅ、はぁ

「私、高垣楓は誓います」

俺のアイドルが高らかに宣言する


38 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 02:12:37.49 ID:hpm/xeHh0
事務所がステージに変わる

限られた者にしかない輝き

きらきらとした美しさ

そう、貴女はこうあるべきだ

「高垣楓は、貴方の一番になります」

美しい魔女の声が綺麗な夜空に響いた







おしまい


39 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 02:14:24.50 ID:hpm/xeHh0
読んでくれた人に感謝を
コスプレした楓さんが見たかった、ただそれだけなのです


42 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 10:44:15.32 ID:Anl7wwZqo
おっつおつ
良かった


43 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/03(火) 13:38:30.15 ID:Q7WQZ/Seo

引き込まれた


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1446469270/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ