Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

澪「アイスクリームなあいつ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 00:03:11.85 ID:dZTWkqr30
冷たくて甘いアイスクリーム

食べてるみたい あいつと居ると

側に居たくて 寄り添ってみるけど

そっけなく離れてしまう

アイスクリームも甘いだけならいいのに

冷たいから少し食べ辛い

あいつみたいに 近寄り難いの




2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 00:05:36.90 ID:dZTWkqr30
溢れ出す思いが溶け出して

あいつに届いたら 少しは近くに来てくれるかな?

甘い甘い2人の世界を作り出したいから

少し頑張ってみるの スプーンひとさじの勇気で


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 00:09:53.24 ID:dZTWkqr30
冷たくて甘いアイスクリーム

2人で食べれば 温まる気がする

アイスクリームは冷たくて甘いからきっと

すぐにあいつを思い出す

不思議な位に 溶け出していく


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 00:13:34.10 ID:dZTWkqr30
溢れ出す思いは溶ける前に

溶ける意味を無くしてた 原因はあいつなの!

甘い甘い2人の世界は作れないけど

思い出の中で固めたい 大きなカップに詰め込んで


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 00:16:11.59 ID:dZTWkqr30
アイスクリームは溶けてなくなった

元には戻らないけど

甘い風味が残るように

私の胸に刻み込まれてる

あいつの面影


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 00:20:25.55 ID:dZTWkqr30
溢れ出す思いは溶け出すわ

どこまでもどこまでも 例えあいつが居なくても

甘い甘い2人の世界はきっとまた作り出せる

だから私は上を向く コーンに乗せたアイスクリームのように


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 00:24:15.13 ID:dZTWkqr30
澪「詩を書いてみたんだ」

律「アイスクリームなあいつ?」

澪「今度、ムギに曲を付けてもらわなきゃな」

律(うわー…またかわいい詞ですこと…)

澪「?何かおかしなとこでもあるのか?」

律「なにもありましぇーん」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 00:28:09.11 ID:dZTWkqr30
ーーーーーー

ーーー

ーー

唯「ん~!アイスが食べたくなるね!」

梓「そういうと思いました」

紬「張り切って、曲作るわね!」フンス

澪「う、うん」///

律(照れてる照れてる)

律「よーし!アイス食べに行こう!」

梓「えっ?れ、練習は…?」

律「明日集中的にやろう!」キリッ

梓(昨日もそんなこと言ってたような…)


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 00:31:27.91 ID:dZTWkqr30
律「なんだー、中野はアイス食べたくないのかよー」

梓「食べたくないと言ったら嘘になりますけど…」

紬「はい!私も食べたいです!」

梓「ムギ先輩まで…」

澪「私も何だか食べたくなってきた…」

梓「澪先輩にそう言われたら、賛成するしかないじゃないですか!」

唯「よしよし!あずにゃんや」スリスリ

梓「にゃっ!?や、やめてください!突然!」

唯「皆で食べに行こう!」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 00:34:22.21 ID:dZTWkqr30
ーーーー

ーーー

ーー

唯「やっぱりアイスは二段だよ!」

澪「わ、私は一段で…」

唯「ぇえ~!もったいないよぉ!今お安いのにぃ!」

澪(…また増えたの忘れてたんだ!)

紬「澪ちゃん…わかるわ…」

律「私はお金がないから一段だ!」

梓「そこ、別に威張るとこじゃないです」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 00:39:49.95 ID:dZTWkqr30
唯「美味し~!」

律「うまー」

澪「唯!バランス崩れてる!」

唯「や、やばいよ!だ、誰か助けてー!」

紬「す、スプーンで支えられないかしら!」

梓「や、私取って来ます!」

律「だから、一段でいいと言ったのに…」

澪「お金足りなくて、一段でも私にお金を借りたくせに…」

律「…それは言わない約束でちゅよーみおちゅわん」

澪「ったく…ちゃんと返せよ」

律「出世払いでいい?」ウィンク

澪「殴るぞ?」ゴチン


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 00:43:13.93 ID:dZTWkqr30
律「って言いながら殴るなよ!」サスサス

紬「も、もう落ちそう!」アタフタ

澪「そもそも、何で二段でバランス崩すんだ?!」

梓「お、お待たせしました!」ハァハァ

唯「あ、あずにゃんナイス!」グッ

梓・紬・澪・律「あ」

ベチャ

唯「あ~!!」ガーン


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 00:46:10.69 ID:dZTWkqr30
律「だからさ、程々がいいんだよ、程々」

唯「…」グスン

澪「唯は本当にベタだな~」

紬「唯ちゃん…」

梓「唯先輩…私の食べていいですから、そんなに落ち込まないでください」

唯「いいの?!」バッ

律「そして元気になる唯…」

澪「本当にベタだなぁ…」

紬「唯ちゃん、可愛い」ホワホワ


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 00:48:56.17 ID:dZTWkqr30
唯「…い、いらないよ!」

梓「えっ?いいんですか…?」

唯「う、うん…こ、これはその…みからでたたねだよ!」

澪「身から出た錆…な?」

唯「そう!それ!」ビシッ

律「受験生がそんなんで大丈夫かぁ?」

澪「…律も咄嗟には出てこなかったくせに…」

律「み、澪が早すぎるんだ!」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 00:52:05.71 ID:dZTWkqr30
紬「また皆で食べにきましょうね!」

唯「そうだね!」

澪「つ、次は夏にしよう!うん!それがいい!」

律「夏って言ったら、まだ先じゃんかー」

紬「!」(澪ちゃん…)

澪「!」(ムギはわかってくれた!)

律「なんで手を握りあってんだ…?」

梓「わかってあげましょうよ…」

唯「あ~ずにゃん!」ダキッ

梓「にゃっ!?」

唯「くれようとしたご褒美だよ~」スリスリ

梓「こ、こんなご褒美、いりません!」

律「相変わらずだな~」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 00:57:34.62 ID:dZTWkqr30
澪「アイスクリームなあいつ…」

律「ん?」

澪「なんか、唯に合うなって思って…」

律「あの歌詞が?」

澪「歌詞というかアイスクリーム…が?」

律「プフッ…!確かにな」

澪「だろ?」アハハ


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 01:00:17.86 ID:dZTWkqr30
ーーーー

ーーー

ーー

唯「ただいま~うい~」

憂「おかえり!お姉ちゃん!」

唯「うい~…」

憂「…めっ!」

唯「えっ?!なにも言ってないよ!?」

憂「アイスクリームでしょ?だめだよーご飯もうすぐなんだから!」

唯「ういはエスパーだね…」

憂(お姉ちゃんのことなら、何でもわかるよ!)

fin


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 01:01:55.76 ID:tylF/XJLO

よかったよ


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 01:03:38.07 ID:jEJWXwqj0

出だしがちょっとイタタって感じだったけど読んでみたら結構面白かった


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/09(月) 01:06:17.39 ID:4Zg3WxDt0

アイス食べたくなった


映画「けいおん!」劇中歌アルバム放課後ティータイム in MOVIE
映画「けいおん!」劇中歌アルバム放課後ティータイム in MOVIE

けいおん!! 1000ピース 放課後のMemories 31-372
けいおん!! 1000ピース 放課後のMemories 31-372




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「けいおん!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ