Powered By 画RSS


スライム娘「あの…あまり触らないでもらえます?」男「え?」

6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 08:25:42.88 ID:3SQtIl4R0



男「…釣れないな…」

男「きょうもボウズかな、まぁ暇つぶしだから良いんだけどさ」

男「でも釣れないのに魚つりってアレだよね、余計に暇になってるよね」

男「…ん?あっちの茂みになんか落ちてる?」

プルプル

男「なんだこれ…人型のオナホ…?」ツンツン

スライム娘「…あの…あまり触らないで貰えますか?」

男「え?しゃべった…?」




7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 08:28:47.42 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「それは喋りますよ」

男「いや…そうだね、喋るんだ…」

男「最近のオナホは進化してんなぁ…」プニプニ

スライム娘「だから、あまり触らないでもらえます?」

男「そうだな、ばっちいもんな」

スライム「失礼ですね…ばっちくなんかないです!」

男「でもオナホでしょ…?しかも誰かに捨てられた…」

8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 08:31:48.35 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「オナホ?」

男「違うの?」

スライム娘「なんですか、それ?」

男「言わせんな恥ずかしい」

スライム娘「所でここはどこでしょうか?」

男「いや、普通に池だけど」

スライム娘「それは見ればわかります」

10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 08:35:04.24 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「ここは何村ですか?あなたもみた事無い種族ですけど」

男「いくらここが田舎でも村は無いだろ…それにオレは人間だよ」

スライム娘「え…人間?私人間界にきちゃった…」

男「電波なオナホとか誰に需要あんだよ…」

スライム娘「だからオナホってなんですか?」

12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 08:39:08.00 ID:3SQtIl4R0

男「それは置いといてさ」

スライム娘「気になります」

男「これは夢だよね、うん夢だ。帰ろう」

スライム娘「置いて行くんですか?」

男「うんばっちいからね」

スライム娘「だからばっちくないです!」

男「そうだね、綺麗キレイ」

スライム「なんでそんななげやりなんですか…」

14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 08:43:12.60 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「えと…私どうやら、自分の世界からこっちに迷い込んでしまったみたいなんです」

男「うわぁ…自分語りはじめたよ…」

スライム娘「そんなに聴きたくないですか!?」

男「うん」

スライム娘「とにかく、今のままでは行く場所が無いんです」

男「いい人に拾われろよ」

スライム娘「ってことで、しばらく居候させて下さい」

男「大丈夫世の中には良い人も沢山いるさ」

スライム娘「……」

男「……」

19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 08:47:34.57 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「目の前でスライムが困ってるんですよ?」

男「オレも反応に困ってるんだ」

スライム娘「そんなの、わーとかおーとか言ってれば良いじゃないですか」

男「……」スタスタ

スライム「だから帰らないでください」グイ

男「ばっちいから服を掴むな!」

21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 08:49:38.78 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「だって、直に肌を掴むと火傷しちゃうから…」

男「それってオナ…いやなんでもない」

スライム娘「……」

男「あー、わかったよ!少しだけだからな!?」

スライム娘「ありがとうございます!」

23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 08:52:57.84 ID:3SQtIl4R0

帰宅

男「なんとか誰にも見られないで帰ってこれた…」

スライム娘「そうですね、悪い人に見つかったら大変ですもんね」

男「いや、特大オナホをもって歩いてる所を友人に見られてみろ?それはもう…悲惨な事に…」

スライム娘「だからオナホってなんですか?」

男「それよりもお前はなんなんだ?」

スライム娘「説明する前にお水もらっても良いですか?たくさん」

25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 08:54:59.46 ID:3SQtIl4R0

男「会話する気無いだろ?」

スライム娘「あなたに言われたく無いです」

男「あたりまえだ、まとも会話してたらオレの精神が病む」

スライム娘「とにかくお水を沢山ください」

男「シャワー使うか?」

スライム娘「シャワー?」

26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 08:57:12.94 ID:3SQtIl4R0

男「知らないのか?」

スライム娘「知らないです」

男「こうな、蛇口をひねると」

スライム娘「ひねると」

男「水とかお湯が沢山出てくるんだ」

スライム娘「なにそれ怖い」

男「そういうもんなんだよ」

30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 09:00:48.35 ID:3SQtIl4R0

お風呂

男「まぁこれ捻ると水でるから、こっちはお湯ね」

スライム娘「わ…わかりました」

男「じゃあオレは部屋にいるから、終わったら帰って良いよ」

スライム娘「なんでですか!?かえりませんよ!?」

男「はいはい…はぁ」


スライム娘「蛇口を捻ると…わぁ~ホントに水が出てきた」

スライム娘「こっちを捻るとお湯が…」

スライム娘「これはどうなってるんでしょう?」

33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 09:04:04.75 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「とりあえず、いっぱい飲んでいっぱい出さないと」

スライム娘「体の中に変なもの取り込んで気持ち悪い」

スライム娘「んぐっ…んぐっ…ぷはぁ~」

スライム娘「あぁ~生き返ります」

35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 09:07:32.02 ID:3SQtIl4R0

部屋

スライム娘「お水ありがとうございました」

男「夢じゃなかった…ってかお前びちゃびちゃのままでてくんな!」

男「びちゃびちゃってかなんかヌルヌルしてる!これだからオナホは…」

スライム娘「ごめんなさい…でも拭いたりすると縮んじゃうから…」

男「やっぱりお前かえれよ!」

38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 09:09:19.53 ID:3SQtIl4R0

男「仕方ないからブルーシートを敷く事にした」

スライム娘「ごめんなさい…」

男「とりあえず話しをしてもらおうか」

スライム娘「はい」

40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 09:14:02.18 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「私は多分、別のセカイから来たんです」

スライム娘「わたしの世界に人間は物語の中にしかいませんから」

男「人間はいない?」

スライム娘「はい、ケンタウロスとかハーピーとかがいます」

男「おおぅ…ファンタジィ…」

スライム娘「そこから迷い込んでしまったのかと」

男「どうやって?」

スライム娘「さあ…?お花を積んでいて気づいたらココにいたので」

男「よくわからん…」

スライム娘「私もです」

42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 09:16:56.53 ID:3SQtIl4R0

男「でも、来れたんだから帰れるんだよね?」

スライム娘「多分方法はあると思いますけど、わからないです」

男「それじゃやっぱり初めにいたばしょで手がかりを探したほうが良いんじゃ無い?」

スライム娘「そうなんですけど…」

男「けど?」

スライム娘「あそこらへんはきたないから近づきたくないです」

44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 09:19:41.97 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「私達の体は少々水っぽいので、汚い所にいると不純物を取り込んじゃうんですよ」

男「だったらどうやって帰る手がかりを探すんだよ…」

スライム娘「…」ジー

男「オレはいやだぞ…」

スライム娘「だったらどうやって…」

男「自分でさがせよ!汚いとかしらないよ!」

46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 09:22:56.68 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「あまり沢山不純物を取り込むと病気になってしまうので…」

男「奇遇だな、オレもだ」

スライム娘「え?」

スライム娘「でも人間は知恵が高くてどんな場所にも適応する種族だって聞いています」

男「あぁ~うんあながち間違ってない」

スライム娘「だったら…」

男「正直言うとめんどくさい」

50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 09:27:21.39 ID:3SQtIl4R0

男「だってさぁ~正直信じられないし~そんなに簡単に見つかったらべつにファンタジーじゃないし~」

スライム娘「なんですかその理由 」

男「だって信じられないって」

男「じゃあ逆に聞くけど、オレがお前らの世界には迷い込んで、帰り道を探してっていったらどうする?」

スライム娘「……無理です」

男「だろ?それを人に押し付けるのは…」

スライム娘「(´・ω・` )」

男「まぁ気長にさがせよ、じゃあな」

スライム娘「なにどさくさに紛れて置いだそうとしてるんですか!」

52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 09:30:56.05 ID:3SQtIl4R0

男「はぁ…取り敢えず風呂はいって頭冷やしてくる」

スライム娘「わかりました…」

男「そこから動くなよ?お前が歩いた後はヌメヌメするんだから」

スライム娘「…はい」

男「じゃ」

スライム娘「人間もお水を取り込むんでしょうか?」

53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 09:33:40.68 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「だとしたら、人間は意外とスライムに近い生き物なのかもしれません!」

スライム娘「これは大発見ですよ!?」

スライム娘「……」

スライム娘「……」

スライム娘「……」ウズウズ

スライム娘「暇です…でも動くなって言われたし」

スライム娘「見るだけなら良いですよね」

54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 09:36:33.46 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「なんか四角い箱が沢山あります」

スライム娘「好きなんでしょうか?」

スライム娘「中見てみても良いですかね?」

スライム娘「…そー」

男「なにやってんの?」

64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 09:55:45.76 ID:3SQtIl4R0

飯食ったら眠い

スライム娘「いえ…なんか箱が沢山あったので中には何があるのかなぁ~って」

男「動くなって言ったよね…」

スライム娘「ゴメンなさい…」

男「それはテレビ、こっちはパソコンでそっちはコンポ」

スライム娘「てれ…パソ…こん?え?」

男「わからないなら良いよ…」

スライム娘「それよりどうしたんですか?」

男「なにが?」

67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 09:59:50.78 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「からだから湯気が出てますよ?」

男「そりゃ風呂上がりだからな」

スライム娘「え?」

男「人間はお湯を浴びるんだよ」

スライム娘「なにそれこわい…火傷しないんですか?」

男「人肌ぐらいの温度だし…」

スライム娘「人間は不思議な生き物です…」

69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 10:03:09.23 ID:3SQtIl4R0

男「カルチャーショックだな…お前もなんか飲むか?」

スライム娘「なんか?」

男「いや、ジュースとか。オレは牛乳屋飲むけど」

スライム娘「の…飲んでみます」

男「無理はしなくていいぞ?」

スライム娘「のみたいです!」

男「じゃ、はい」

スライム娘「白い…水?」

71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 10:07:24.13 ID:3SQtIl4R0

男「飲まないのか?」

スライム娘「の、飲みます!」

スライム娘「ゴクッ…ゴク」

男「体が白く濁ってく…気持ち悪い」

スライム娘「…美味しいですね」

男「な、なぁ。それ大丈夫なの?体」

スライム娘「え?白いものを飲んだら白くなるのは普通ですよ?」

男「え?」

スライム娘「あ、スライムは普通です」

男「いや、そういう事ではなくて」

72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 10:12:33.26 ID:3SQtIl4R0

男「具合悪くなったりとかしないの?」

スライム娘「吸収すればもとに戻りますし」

男「……??」

スライム娘「そういうものなんです」

男「な、なるほどな。突っ込んだら負けって事か」

男「食事とかってどうなんの?」

スライム娘「基本的に水だけです、一日に体の水分を半分くらい新しい水と交換します」

男「食費はそんなにかからないんだな」

スライム娘「でもあのお水はいやです」

男「なんで?」

スライム娘「なんかクスリ臭いです」

74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 10:16:17.67 ID:3SQtIl4R0

男「そうかな?」

スライム娘「はい」

男「我慢しなさい」

スライム娘「え?」

男「居候なんだからわがまま言うな」

スライム娘「え~病気になりますよ~」

男「薬臭いんだろ?ならだいじょうぶだ、薬は病気にならないための物だからな」

スライム娘「不純物は身体に良くないんですよ~」

77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 10:19:37.92 ID:3SQtIl4R0

男「うるさい、嫌なら池に帰れよ…」

スライム娘「それも嫌です」

男「わがままだな…」

スライム娘「だって心細いじゃないですか~。それにあそこ水汚いし」

男「いや、綺麗な方だと思うが…」

スライム娘「あんな所にずっといたら毒性をもっちゃいます」

男「バブルスライムか…」

78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 10:23:12.04 ID:3SQtIl4R0

男「仕方ないから今日は泊めてやるよ…」

スライム娘「今日から!」

男「今日「は」な、どうするかは明日考える」

スライム娘「寝ちゃうんですか?」

男「お前のせいで色々疲れたんだよ」

スライム娘「苦労してますねぇ」

男「あ、そうだ」

スライム娘「なんですか?」

男「お前寝相は良いのか?」

79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 10:24:05.98 ID:SAw1eb0TO

ミネラルウォーター
純水
どっちなの

80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 10:29:58.88 ID:3SQtIl4R0

>>79
普段は綺麗な湖とかにいそうだからミネラルウォーターかな


スライム娘「え、まさか…そんな…まだ早いです」

男「良いから答えろ」

スライム娘「悪いです」

男「じゃあお前風呂場な」

スライム娘「え?」

男「寝てる時にぬちゃぬちゃ動き回られたら迷惑だ、掃除が」

スライム娘「い、嫌です!」

男「じゃぁゴミ袋と風呂場どっちか選べ」

スライム娘「どんな袋かわからないですけど、すごい屈辱的なのはわかりました」

84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 10:35:24.71 ID:3SQtIl4R0

男「こんな感じの袋なんだが」

スライム娘「持って来なくて良いです!」

男「なんなら黒いの買ってくるけど…」

スライム娘「良いですってば!」

男「じゃぁ風呂場な」

スライム娘「…いやです」

男「じゃあどこで寝るんだよ!」

スライム娘「此処で寝ます」

男「やっぱりゴミ袋に詰めて捨ててこよう」

87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 10:38:25.45 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「そんな私といるの…嫌ですか?」

男「言わせんな恥ずかしい」

男「いやに決まってんだろ」

スライム娘「(´・ω・`)」

男「そんな顔してもだめ」

スライム娘「わかりましたよ、お風呂で寝れば良いんでしょ!」

男「わかれば良いんだけどな」

男「じゃあオレはもう寝るから早く風呂場に行け」

スライム娘「はい…」

89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 10:41:12.07 ID:3SQtIl4R0

翌日

男「ふぁ~…おはよ。誰もいないけど」

男「きっと、アレは夢だったんだよな。あんなファンシーな生き物いるはず無いもんな」

お風呂場ガチャっ

男「きっとオレはまだ寝てるんだよな」

スライム娘「すー…すー…」

男「………」

91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 10:44:52.72 ID:3SQtIl4R0

キュッキュッ
ジャー

男「おぉ~吸い込む吸い込む」

男「……お湯出したらどうなるんだろ」

男「少しずつ暖かくして…」

男「…なんか金魚を水槽に移す時見たいだな、中と外の温度差を段々少なくする見たいな」

スライム娘「…うぅ…」

スライム娘「…なにしてるんですか?」

95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 10:52:08.16 ID:3SQtIl4R0

男「いや…遊んでた」

スライム娘「ひとの体で遊ばないでください」

男「ってか身体大丈夫?すごいプヨプヨしてるけど」

スライム娘「ホントだ…どんだけ水足したんですか…」

男「下っ腹から膨れるのな」

スライム娘「私の場合ここに非常用の水袋があるので、余計な水分は全部ここに」

男「それってどうするの?」

スライム娘「抜く気になれば抜けるから大丈夫ですよ」

98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 10:55:11.64 ID:3SQtIl4R0

男「あ、後さ結構お湯足しちゃったんだけど…大丈夫?」

スライム娘「え?うそ!?ホントだ温かい」

男「…大丈夫?」

スライム娘「心配になるならやらないで下さいよ!…でも平気そうですね」

男「じょじょに温める分には問題無いのか」

スライム娘「私も始めてしりました」

101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 10:58:32.80 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「少し手、出してもらって良いですか?」

男「?はい」

スライム娘「」ペタペタ

スライム娘「あ、大丈夫みたい…」

男「温度差が少ないからかな?」

スライム娘「どうなんでしょう?取り敢えず、火傷はしません」

男「人肌で火傷ってカブトムシみたいだな」

スライム娘「カブトムシ?」

男「気にしなくて良いよ」

102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 11:04:27.56 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「そのカブトムシっていうのは私達みたいなものなんですか?」

男「男のロマンと化け物を一緒にするな」

スライム娘「化け物…ひどいです…」

男「良いから、その下っ腹の水分どうにかしてさっさとこい」

スライム娘「人間はワガママです…」

男「知ってる」

104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 11:07:06.74 ID:3SQtIl4R0

部屋

スライム娘「お待たせしました」

男「おぅ、元に戻ってるな」

スライム娘「体も冷たくなっちゃいました」

男「よし、作戦会議をはじめるぞ」

スライム娘「作戦会議?なんのですか?」

男「熱湯の中にはぶち込んでいいか?」

スライム娘「い、嫌ですよ!それこそしんじゃいます!」

106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 11:10:56.59 ID:3SQtIl4R0

男「お前がどうやったら元の世界に帰れるかに決まってんだろ!」

スライム娘「えぇ~べつに戻れなくてもいいかなぁ~って」

男「いいわけあるか、こっちが迷惑だ」

スライム娘「でも当てはあるんですか?」

男「それは…ないけど」

112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 11:20:59.00 ID:3SQtIl4R0

男「とりあえずお前がこっちの世界に来た時の状況を聞こう」

スライム娘「えっとですね」

スライム娘「私はもともと綺麗な湖に住んでいたんです」

男「うむ」

スライム娘「ある日近くにあるお花畑にまでお花を積みに行ったんですよ、湖に浮かべてそこの水を取り込むと良い匂いになるので、そのために」

男「香水みたいなもんか」

スライム娘「それでお花を積んでいて、気づいたらあそこで倒れていました」

男「……終わり?」

スライム娘「はい」

113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 11:25:29.71 ID:3SQtIl4R0

男「お前帰る気ある?」

スライム娘「正直そこまで無いです」

男「土に帰れよ!」

スライム娘「どっちかって言うと水ですかね?」

男「…はぁ…」

男「とりあえず、お前とあった場所で手がかりをを探すか…」

スライム娘「わーいお出かけー」

男「お前は留守番だ」

スライム娘「え?なんで?」

男「人に見られたらまずいからな」

114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 11:28:30.18 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「一人だけズルいです」

男「どっかに連れてかれてバラバラにされても良いなら」

スライム娘「それは嫌ですけど…」

男「ほら、テレビでも見てろ」ピッ

スライム娘「箱の中にひとが…」

男「それは使い古されたネタだから良いよ…とりあえずあんまり動き回るなよ」

スライム娘「はぁーい…」

116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 11:32:50.58 ID:6guLUehy0

スライムだけど触れても溶けるわけじゃないのか
人肌まで暖めればチンコつっこめるじゃん!

117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 11:37:36.01 ID:3SQtIl4R0

>>116
とりあえずオレの中の設定ではそうだな
こういう亜人系はそこらへんも自由に解釈できるのが良い




男「と言っても何をしたら良いものか…」

男「昨日いたのがここら辺の筈だからまずはここからか…」

二時間後

男「なんもみつかんねぇよ!エロ本が二冊落ちてるだけだったよ…」

男「……釣りでもするか」

118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 11:39:42.98 ID:3SQtIl4R0



男「ただいま」

スライム娘「おかえりなさぁい、なんか見つかりました?」

男「いっぱい釣れた」

スライム娘「釣れた?」

男「うん」

スライム娘「え?何しに行ったんですか?」

男「……釣り?」

スライム娘「べつに良いですけど」

120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 11:47:59.50 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「それよりなんか気づきません?」

男「…なに?」

スライム娘「体をあっためて置きましたこれでお触りおーけーです!」

男「いや。触らないけどね」

スライム娘「え!?ってきり触りたいのかと」

男「まぁ突つくぐらいならしてみたいけど」

男「ヌルヌルが移るからなぁ~」

スライム娘「そんなぁ~ねぇー触ってよ~せっかく温めたんだから触れよ~」

男「はいはい、少しだけな」ホッペプニ

男「あっつ!?熱い!!バカじゃ無いの!?熱い、火傷するわ!!」

122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 11:50:22.36 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「え?昨日男さんがやったみたいに段々暖かくしてったのに」

男「それ何度まで上げた?」

スライム娘「70?」

男「普通の人間はそんな温度のお湯は浴びない!」

スライム娘「ワガママ…」

男「そういう問題じゃねぇから!」

123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 11:54:23.48 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「じゃあ何度なら良いんですか?」

男「そうだな…大体40度前後かな…」

スライム娘「…気をつけます」

男「いいからお前は体を冷やしてこい!」

スライム娘「はぁーい」

男「ちょっとゼリー買ってくるか…」

124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 11:57:46.57 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「冷してきました」

男「……」プニ

スライム娘「…なにやってるんですか?」

男「ゼリーを突ついてる」

スライム娘「ぜりー?」

男「うん」

スライム娘「なんか私に似てますね、色とか…ぷにぷに具合とか」

男「指直しだ」

スライム娘「私の事突けば良いのに…」

男「めんどくさいから嫌だ」

127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 12:01:46.69 ID:3SQtIl4R0

男「ってか、お前はまたビショビショのまま出てくんな!せめて表面ぐらい拭いてこい!」

スライム娘「だから縮みますって」

男「凍らせてやろうか…」

スライム娘「勘弁してください…」

129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 12:05:22.38 ID:3SQtIl4R0

男「明日は図書館いって調べ物してくる」

スライム娘「図書館?」

男「あぁ、本がいっぱいあるんだ。そこならこの街で似たような事が無かったか調べられるだろ」

スライム娘「へぇー、うん。頑張って下さい」

男「帰る気ないだろ!?」

スライム娘「少しはありますよ~」プニプニ

男「オレのゼリーを突つくな!食えなくなるだろ!!」

スライム娘「自分だって突ついてたくせに」

男「オレはいいの!」

128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 12:03:22.84 ID:KTeI4KUF0

スライムってコア的なものがあるのかな?

130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 12:08:12.06 ID:3SQtIl4R0

>>128
ある方がオレは好きだな


男「もう食べる気無くしたからお前が食べろ」

スライム娘「食べても大丈夫ですかね?」

男「知らないけど…似たようなもんだし大丈夫だろ」

スライム娘「喉に詰まったら…助けてくださいね?」

男「知らん」

スライム娘「ではいただきます!」

131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 12:11:02.13 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「ん、美味しいです!」

スライム娘「なんかパワーアップした気がします!」

男「共食い…」

スライム娘「違います!」

男「でも、固体でも柔らかければいけるのかな?」

スライム娘「体がグラデーションになってきました…」

男「少しずつ溶けてる…のか?」

132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 12:11:11.98 ID:jG6d59f70

パソコンがあるのに図書館ってこれ時代設定何時?

136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 12:14:53.94 ID:3SQtIl4R0

>>132
現代だけど。地区の伝承とか昔話調べるなら図書館の方が楽だからさ

138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 12:17:55.83 ID:3SQtIl4R0

男「さて、今日はもう寝るか」

スライム娘「はーい」

男「ちょっと待て、ふつうに布団に入ろうとすんなよ」

スライム娘「えー」

男「ふざけんな、ヌメヌメするだろ!」

スライム娘「しません!」

男「してるからね!?塩かけるぞ」

スライム娘「とける~」

140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 12:20:39.99 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「結局お風呂場に押し込まれてしまいました…」

スライム娘「そんなにヌメヌメするかな?」

スライム娘「もう良いです、寝ます…」

スライム娘「なんで私はここにいるんでしょうか…」

スライム娘「帰りたいわけではないですけど」

142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 12:25:09.89 ID:3SQtIl4R0

翌朝

スライム娘「ん…んぅ…」

スライム娘「またなにやってるんですか?」

男「いや、刺したらどうなるのかなって」

スライム娘「ホントになにしてんですか!?」

男「大丈夫大丈夫フォークで突ついてただけだから」

スライム娘「……本当は?」

男「結構深くまで刺しても大丈夫だから面白くなってた」

148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 12:28:59.27 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「むぅ…」

男「ごめんごめん、謝るから」

スライム娘「もし、刺してダメだったらどうする気だったんですか?」

男「いないはずの静物が消えてもそこまで問題ないかなぁって」

スライム娘「人でなし…」

男「いや、反省はしてるよ?明日からはちゃんと起きないようにやるし」

スライム娘「それは反省してるって言わないです」

155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 12:34:06.27 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「…ゼリー」

男「はいはい、買ってくるよ」

スライム娘「じゃあ許します」

男「オレはもう行くけど、お前は?」

スライム娘「一緒にいく」

男「そうじゃ無くて、まだ寝てんの?テレビつけとく?」

スライム娘「起きます、テレビは…あんまり面白く無かったです」

男「ハードディスクな映画垂れ流しにしておくから、昨日よりは面白いと思う…よ?」

スライム娘「わかりました」

男「怒ってる?」

スライム娘「…怒ってないです!」

159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 12:37:55.85 ID:3SQtIl4R0

図書館

男「…まぁそりゃ怒るよなぁ」

男「朝起きたら刺されてるんだもんな」

男「いや…人間だったら目覚めない可能性もあるな」

男「どっちにしろ気をつけるか…」





男「河童とかの話しは結構のこってるな…関係あるのかな?」

男「聞いてみるか…」

162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 12:39:21.46 ID:3SQtIl4R0

テレビでもハードディスクに録画できるしそっちって事で
誤字は…ごめんなさい、ノリで書くから見なおしして無い

163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 12:39:52.12 ID:0z0MrEA2O

エウレカたんスレかと

170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 12:44:00.91 ID:3SQtIl4R0

>>163
それスクラブ娘じゃね?


帰宅

男「ただいまぁ…」

スライム娘「お、お帰りなさい…っ」

男「どうした?なんかふるえてない?」

スライム娘「こっちの世界のユウレイっていう生き物は怖いです…」

スライム娘「それに残酷だし…」

男「あ、あぁ~。こわいの苦手か?」

スライム娘「好きな人なんているんですか!?」

男「結構いるぞ?オレも好きだし」

173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 12:47:58.87 ID:3SQtIl4R0

男(あれはフィクションだというのは伝えないでおこう)

男「それよりゼリー食べるか?」

スライム娘「…食べる」

食事中

男「そういえばさ」

スライム娘「…なんれふか?」

男「口にゼリー入ってるまま喋るな。お前らの世界に河童とかっている?」

スライム娘「河童?」

179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 12:54:06.33 ID:3SQtIl4R0

男「こうな、緑色で甲羅を背負って頭に皿が乗っかってる生き物だ」

スライム娘「なにその気持ち悪い生き物…」

男「そっか。そっちの世界の生き物じゃないのか」

スライム娘「たぶん違いますね~聞いた事無いです」

男「うーん…なにもヒントはなしと…」

スライム娘「別にもういいじゃないですか、私は気にしませんよ?」

男「俺は気にするの」

183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 13:01:50.19 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「居心地良いし」

男「オレは居心地が悪い」

スライム娘「引っ越しします?」

男「違う!そういう問題じゃ無い!!」

スライム娘「ならなんですかぁ…」

男「そうだな、お前がオナホじゃないのはわかった」

スライム娘「だからオナホってなんです」

男「だからこそ突っ込ませてもらう、その格好はどうにかならないのか?」

スライム娘「かっこう?」

男「だって裸じゃん…目のやり場に困るんだよ」

スライム娘「私はそんなの気にしませんってば」

男「オレは気になるんだよ…」

208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 13:37:13.44 ID:3SQtIl4R0

男「俺たちの世界では普通裸では生活しないんだ」

スライム娘「私達には服っていう文化が無いに等しいですからねぇ」

男「あっちの世界の男はみんな賢者なのか…」

スライム娘「賢者?」

男「目の前に裸で転がってたらこっちの世界では襲われても仕方ない」

スライム娘「襲う?食べるってことですか?」

男「まぁ…ある意味食べるんだけど少し意味が違うかな?」

210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 13:43:01.06 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「意味が違う?」

男「あぁ~気にするな気にするな」

スライム娘「気になりますよ~」

男「そうだ、もう一個質問良いか?」

スライム娘「えぇ~。良いですよ?」

男「その、子供とかってどうなんの?」

スライム娘「子供?子供はコウノトリが、運んで来ますよ」

男「コウノトリが?」

スライム娘「はい、私達は基本的に死なないので、増える必要が無いんです」

スライム娘「でも死んでしまったら…その分何処からか運ばれて来ます」

スライム娘「何処から来るかはわかりませんけど」

211:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 13:46:19.25 ID:3SQtIl4R0

男「コウノトリねぇ…そこらへんにヒントとかあったりしないかな?」

スライム娘「こっちの世界もコウノトリが運んでくれるんですか?」

男「いやちがうんだけどさ、そう言う御伽話しがあるから」

男「もしかしたら…なんか関係あるのかなぁって」

スライム娘「御伽話?それじゃ本当はどうやって作るんですか?」

男「聞くな」

スライム娘「また教えてくれないんですか…」

218:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 13:54:57.85 ID:3SQtIl4R0

男「…そっちの世界は平和なんだな」

スライム娘「そうですねぇ、平和過ぎるくらいでしたねぇ」

男「それは良いな」

スライム娘「こっちの世界では日夜ユウレイと闘わなくてはいけませんからね…」

男「あぁ~そうだな」

220:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 13:56:00.77 ID:hfxYG13p0

向こうの世界にゴースト系のモンスターはいないんだろうか

225:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 14:00:51.18 ID:3SQtIl4R0

>>220
サキュバスとか吸血鬼みたいなのはいるけど
日本の幽霊って感じのはいない設定で


男「明日はお前も一緒に探しに行くか」

スライム娘「良いんですか?」

男「あぁ雨合羽と長靴買ってきた」

スライム娘「服はビチャビチャになるから嫌です…」

男「大丈夫、ならない服だから(外側は)」

スライム娘「へぇ、それなら大丈夫そうですね!」

男「だいじょぶだいじょぶ」

230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 14:12:36.72 ID:3SQtIl4R0

男「それじゃ、今日は早めに寝るぞ。出来る限り人に見られないようにはしたいし」

スライム娘「はい」ゴソゴソ

男「普通に布団に入ろうとすんなよ!」

スライム娘「だって…その…」

男「なんだよ…」

スライム娘「怖くて」

男「あぁ~…」

236:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 14:20:24.89 ID:3SQtIl4R0

男「あのな、お前の事をみたらお化けも逃げ出すと思うから安心しろ?」

スライム娘「どういう意味ですか!」

男「お化けだって生き物だからな、自分が知らないものをみたら、そりゃ驚くだろ」

スライム娘「そうかもしれないですけど…でも怖いものは怖いです!」

男「灯りつけたままでいいから風呂場にいけな?おまえが布団にきたらビチャビチャになるんだ」

スライム娘「私よりも布団の方が大事ですか…」

男「そりゃぁ…なぁ?」

237:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 14:23:15.29 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「じゃあ、あなたがお風呂場で寝てください!そしたら私もお風呂場で寝ますから」

男「おことわる」

スライム娘「なんでですかぁ~」

男「そりゃぁ、まぁなぁ…」

スライム娘「それじゃぁせめて目の届く所にいてください」

男「よし、目だけ置いてけ」

スライム娘「ふざけないでください!」

男「はいはい、今日だけな」

239:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 14:27:41.67 ID:3SQtIl4R0

お風呂場

スライム娘「絶対にいなくならないで下さいよ?」

男「はいはい(寝たらベットに戻ろう)」

スライム娘「あと変な事しないでくださいよ?」

男「変な事?」

スライム娘「フォークで刺してみたり、塩まいたり」

男「あぁ、しないしない」

スライム娘「……男さんもこっち来ます?」

男「…いかない」

スライム娘「手を握っててくれると嬉しいんですが」

男「…ばっちいからやだ」

241:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 14:33:12.48 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「なら勝手に掴んでるから良いです」

男「火傷するんじゃないのか?」

スライム娘「ちょっとお湯足しますね」

男「しなくて良いから…」

スライム娘「嫌です、足します。そして手を握ってます」

男「はいはい」

スライム娘「~♪」コポコポ

男「妊婦みたいになってんぞ」

スライム娘「ニンフ?」

242:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 14:36:05.55 ID:3SQtIl4R0

男「そっか、おまえの世界にはいないのか」

スライム娘「ニンフならいますよ?」

男「ニンフじゃなくて妊婦な」

スライム娘「ん~わかんないです。はい温かくなりましたよ!」

男「…ん」

スライム娘「やった」ギュッ

男「はぁ…今日はちょうど良いな」

スライム娘「よかったです」

244:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 14:40:09.27 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「ムニャムニャ…」

男「なかなか離さないな」

男「ってか、段々冷めてきたんだけど…」

男「ヌメヌメするし…」

スライム娘「ん~♪」

男「まぁ良いか…」

247:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 14:43:44.83 ID:3SQtIl4R0



男「おい、朝だ起きろ」

スライム娘「ん…あぁ~」

スライム娘「おはようございます」

男「ほれ、早く着替えろいくぞ」

スライム娘「はい!」

スライム娘「ちゃんといてくれたんですね」

男「…お前がなかなか手を離さなかったからな」

256:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 14:47:47.31 ID:3SQtIl4R0

お着替え

スライム娘「………」ムスッ

男「なんだよ」

スライム娘「内側がビチャビチャです、気持ち悪いです」

男「なら、ビチャビチャを辞めろ」

スライム娘「無理に決まってるじゃないですか!」

男「なら諦めろ、ホラフードも被って」

スライム娘「騙されました…」

男「ん、これなら遠目なら…なんとかなるかな?」

スライム娘「うぅ~気持ち悪い…」

257:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 14:50:42.21 ID:3SQtIl4R0

男「いくぞ」

スライム娘「はい…」

男「これが長靴な」

スライム娘「これ履かなきゃだめですか?」

男「この世界じゃふつうは裸足ではあるかないからなぁ、我慢しろ」

スライム娘「意地悪だ」

259:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 14:53:51.06 ID:3SQtIl4R0

男「雨降ってるな、ちょうど良い」

スライム娘「……」

男「それならそのかっこうでも怪しまれないだろ」

スライム娘「そういうもんですか…」

男「あぁ、」スタスタ

スライム娘「…」ガッポガッポ

男「そんなにその格好いやか?」テコテコ

スライム娘「はい」ガッポガッポ

男「…ガッポガッポいってんな」

スライム娘「靴の中が気持ち悪いです」

260:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 14:58:03.42 ID:3SQtIl4R0

男「一生懸命可愛いの選んだんだけどな」

スライム娘「でも嫌なもの嫌です」ガッポガッポ

男「恥ずかしかったのにな…」

スライム娘「私は今恥ずかしいです」ガッポガッポ

男「おまえの為だろ…」

スライム娘「私は帰れなくても良いのに」

男「オレは嫌なの!」

スライム娘「はぁ…手」

男「だから火傷…まぁ大丈夫か、雨のせいで冷たいし」

スライム娘「ん、冷たい」ガッポガッポ

265:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 15:06:18.05 ID:3SQtIl4R0



男「手の感覚が無い…だと?」

スライム娘「手があったかくなった」

男「返せ!オレの体温返せ!」

スライム娘「これ脱いで良い?」

男「良いわけ無いだろ…あんま人来ないけど全く来ないわけじゃ無いんだから…」

スライム娘「えぇ~ケチ…」

男「それよりもお前もなんか探せ、ヒントになるような物とか」

スライム娘「もう無いんじゃない?」

男「それならそれでなんか思い出せ」

スライム娘「面倒だからや!」

266:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 15:11:35.57 ID:3SQtIl4R0

数時間後

男「なんか見つかったか?」

スライム娘「みつかんない」

男「真面目にさがせよ…」

スライム娘「自分だって釣りしてた癖に…」

男「オレはこの前探したから良いんだよ」

スライム娘「この前も釣りして帰ってきたじゃん」

男「探してたから良いの!」

スライム娘「私も探した~良いからもう帰ろうよ~」

男「…はぁ…」

269:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 15:18:35.54 ID:3SQtIl4R0

男「なんでそんなに帰る気が無いわけ?」

スライム娘「なんでだろうね」

男「いや、オレが聞いてるんだけどさ…」

スライム娘「居心地いいから?」

男「そうかぁ~」

スライム娘「あなたと話してるの楽しいし」

男「…ちょっと嬉しいから困る」

スライム娘「良いじゃん、ゼリー買って帰ろうよ~」

男「勝手に予定にゼリーを組み込むな」

270:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 15:21:58.59 ID:3SQtIl4R0

帰宅

男「はぁ…結局何もわからなかったな…」

スライム娘「ゼリー♪」

男「そんなに好きか?」

スライム娘「うん!」

男「まぁスーパーとかなら安いから良いけどさ」

スライム娘「ありがと♪」

男「はいはい、一回で全部食うなよ」

スライム娘「え?」

男「当たり前だ、三袋もいっぺんに食う奴がどこにいるんだよ」

スライム娘「ここに…いや何でもないです」

272:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 15:25:48.48 ID:3SQtIl4R0

男「体が冷えたな…お風呂入ってくる」

スライム娘「いっへらっはい」

男「口に入れたまま喋るな」

スライム娘「ふぁーい」

男「だぁから…」

274:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 15:28:57.50 ID:3SQtIl4R0

お風呂

男「ふぅ…あったけぇ…」

男「冷え切った体にお湯が少しずついたいけど…」

男「ちっと水足すかな…」キュッキュッ

ニュー

男「ニュー?」

ズポン

男「え?え?」

278:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 15:33:25.59 ID:3SQtIl4R0

スライム女「あら…人間の男?ここにいるはずなのに…」

男「え…あ…」パクパク

スライム女「こんにちは、人間の男。ここら辺に私と似たようなのいない?」

男「でたーーーっ!!!」

スライム女「そんなに大声出さなくてもいいじゃない…そんなビックリした?」

男「あ…あたりまえだろ!蛇口捻ったらいきなり…」

スライム娘「どうしたの!?」

スライム娘「あ…」

スライム女「見つけた♪」

285:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 15:38:27.47 ID:3SQtIl4R0

部屋

男「…それで?」

スライム女「スライム娘を迎えに来たの」

男「そうか早く釣れて帰れ」

スライム女「怒ってるの?」

男「どんな反応したら良いのかわかんないんだよ!大体なにあれ!?なんで蛇口からでてくるの!?」

スライム女「私くらい高位のスライムになると、水のある所なら何処でもいけるのよ」

スライム女「それこそ…人間界と亜人界でもね」

男「亜人?お前らの世界か?」

スライム女「えぇ、だから私はこっちの世界にも詳しいわよ」

291:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 15:44:09.70 ID:3SQtIl4R0

スライム女「特にね…人間の男の性には興味津々よ?」

スライム娘「あのね、この人はその…お姉ちゃん…なの」

スライム娘「正確には家族っていう概念は無いんだけど…住んでいる所の中で4~5人くらいにまたグループわけされて、同じくグループなの…」

スライム女「まぁ、ある程度細かいグループにした方かわ監視しやすいからね」

スライム女「人間界の軍隊と同じよ」

男「はぁ…」

スライム女「わかってないでしょ?」

男「全然わからないです」

295:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 15:51:59.55 ID:3SQtIl4R0

スライム女「そりゃいきなり言われても混乱するわよね」

スライム女「でも大丈夫そこまで知らなくても良い事だから」

スライム娘「それでなにをしに来たんですか?」

スライム女「もちろん貴女を連れ帰りに来たのよ」

スライム娘「いやです…私は帰りたく無いです」

スライム女「わがまま言っちゃダメよ…ね?」

男「えと、質問良いですか?」

スライム女「あら、スライムの中の具合でも確かめたいの?」

男「いやちがくて…世界を渡れるのは高位のスライムだけ、なんですよね?」

299:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 15:56:50.05 ID:3SQtIl4R0

スライム女「そうよ」

男「ってことはこいつもその高位のスライムってことですか?」

スライム女「そう見える?」

男「全然」

スライム女「えぇ、この子は私が渡る時に勝手に一緒について来て飛ばされちゃったのよ」

スライム娘「……ゴメンなさい」

スライム女「このこ昔から人間界に興味あったから、こっちに来て良いのは高位の物だけ。こっちだと精霊とか呼ばれるものだけなのに」

男「はぁ…なんとなくわかりました」

303:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 16:04:37.07 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「……」

男「よかったな、帰れるぞ」

スライム娘「嫌です、帰りたくないです」

スライム女「なんでそんなに帰りたくないの?」

スライム娘「こっちの世界にはあっちには無いものが色々あるから、…この人もいるし」

男「良いから帰れよ」

スライム娘「私がいないとこの人さみしがるし」

男「別にだいじょうぶだから」

スライム女「…あなたあれなの?EDなの?よくそこまで冷たく出来るわね」

男「いや、そういうわけじゃ…」

304:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 16:05:12.03 ID:3tmDpjNj0

┏おとこ━┓
┃H  30 ┃
┃M  10 ┃
┃L  3  ┃
┗━━━━┛




               /ヽ、
              _;'  `、
            _,.‐'"    `‐、.
          γ  (・) (・)   ~ヽ
          ヽ ヽ_‐----‐_ク  ノ
           `‐、., __________,,.‐'´

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃*「あらスライムの中の具合でも確かめたいの?」▼  .┃
┃                                  ┃
┃                                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

691:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 02:28:29.42 ID:LZoKXedNO

今更だけど>>304でテリーのワンダーランドのメダルの扉思い出した

306:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 16:06:15.44 ID:++8LqFKK0

知ってるか?ドラクエのスライムも理論上人形になれるんだぜ

307:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 16:06:53.79 ID:01+j4G2P0

ただし顔はそのまま

308:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 16:06:57.31 ID:5nL5pHt+0

どこ情報だよ

310:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 16:09:48.75 ID:3SQtIl4R0

男「現実味が無さすぎて、手を出しにくいっていうか、手を出してしたらもう終わりな気がして」

スライム女「まぁ。そうねぇ…いっかい私達としちゃったら、もう人間なんて抱けないわよね」

男「さいですか」

男「それにこっちの世界じゃ、異種族と結ばれて幸せになった話しなんてあんまり聞かないし、人魚姫とかさ」

スライム女「えぇ、保証するわ、絶対幸せにはなれない。おたがい嫌なことばっかりよ」

スライム娘「そんな事ないです!」

スライム女「まぁ、あなたにはわからないわよね」

311:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 16:10:53.76 ID:3LZp//Bc0

               /ヽ、
              _;'  `、
            _,.‐'"    `‐、.
          γ  (・) (・)   ~ヽ
          ヽ ヽ_‐----‐_ク  ノ
           `‐、., __________,,.‐'´
                |
              ---|----
               /\
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃*「あらスライムの中の具合でも確かめたいの?」▼  .┃
┃                                  ┃
┃                                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

313:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 16:12:44.95 ID:ScbFSASS0

>>311
やめいw

315:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 16:14:52.16 ID:3SQtIl4R0

>>304
ワロタ


スライム女「まぁ、良いわ少しだけ考える時間をあげる、それまでに考えておきなさい」ヨイショ

スライム娘「帰らないもん…」

男「ん?お前は帰るのか?また蛇口から…それとも排水口か…?」

スライム女「じゃ、おやすみなさい」

男「おまえもか!なんでスライムはみんな普通に人の布団に入るの!?」

男「ビチャビチャになるから…あれ?サラサラのままだ」

スライム女「私ぐらいになるのそれ位コントロールできるのよ」

男「便利だな…」チラ

スライム娘「ごめんなさい」

320:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 16:19:02.74 ID:3SQtIl4R0

男「まぁどっちにしろ退かすけどな」

スライム女「あらあら、仕方ないわね…それじゃ娘ちゃん寝ましょうか、いっつも何処で寝てるの?」

スライム娘「お風呂場です」

スライム女「……さすがにひどくない?」

男「他に寝かす所無いんだよ、こいつヌルヌルするし」

スライム娘「ひとをナメクジみたいに言わないでください!」

男「似たようなもんだ」

スライム女「あなたはもう少し女心を学んだ方が良いわね…」

326:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 16:24:45.26 ID:3SQtIl4R0

男「ほっとけ、良いからお前らは風呂場だ風呂場」

スライム女「まぁ、仕方ないわね。いくわよ娘ちゃん」

スライム娘「…はい」トボトボ

男「ったく…なんで居候のために…」

男「もう、寝よう…」

330:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 16:30:26.47 ID:3SQtIl4R0

男「………」

男「……」
ゴソ

男「あいつは寝たの?」

スライム女「あら、起きてたの?せっかく夜這いをしようかと思ったのに」

男「なんか話しがあるんじゃないの?」

スライム女「まぁ、それも少し」

男「それじゃ夜這いが本題みたいじゃん」

スライム女「間違ってないから大丈夫よ」

336:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 16:35:09.91 ID:3SQtIl4R0

pixivの遅刻魔ってひと、この人なスライムは抜ける。おれもお世話になってる


男「で話しって…」

スライム女「その前に…よっと」ゴソゴソ

男「潜り込んでくんな」

スライム女「なんでそんなに冷静なの?」

男「草食系の童貞なめんな」

スライム女「舐めても良いのよ?」

男「話ししたら考えとく」

スライム女「きっぱり断れないのも何処でだから?」

339:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 16:41:07.39 ID:3SQtIl4R0

スライム女「あの子、早くこっちの世界に帰って来ないと死んじゃうの」

男「え?」

スライム女「こっちの世界は汚すぎる」

スライム女「綺麗に見えても、それは見せかけだけだし」

男「綺麗な水なんて蛇口捻ればでてくるだろ…」

スライム女「飲める水と綺麗な水は別物よ」

スライム女「それ以前にこの世界の空気で生きていけるほどあの頃は成長してない」

スライム女「あっちの世界でいうこっちの酸素みたいな物がこっちの世界には殆ど無いのよ」

男「あぁ…そりゃ死ぬな…」

342:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 16:45:47.88 ID:3SQtIl4R0

スライム女「あの子の体、だんだん不純物が混じって来てる」

男「それはこの空気のせいなのか?」

スライム女「水道水のせいかな、水道水の中の薬をあの子の体がまだ分解できないの」

男「説得しろってことか」

スライム女「私はこんなんだけど、一応家族みたいに思ってるからね」

男「そっか…」

スライム女「さて、そろそろ良いかしら?」

男「……」

スライム女「大丈夫優しくするから」

348: 忍法帖【Lv=1,xxxP】 :2011/04/03(日) 16:53:38.30 ID:3c8rZkfi0

>>342
カルキ抜き食わせろよ

350:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 16:55:54.17 ID:NBhAelBbO

>>348ゼリーが不純物なんじゃ…?

351:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 16:58:16.76 ID:J7Mp1lvH0

>>350
おいばかやめろ
気付いてもオチバレすんな

344:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 16:50:19.25 ID:3SQtIl4R0

男「……」ドキドキ

スライム女「うふふ…」

男「……」ドキドキ

スライム娘「ダメーーー!!!」

男「!?」ビクッ

スライム女「あら…起きてたの?」

男「……」ブクブク

スライム女「この子ビックリしすぎて泡吹いちゃったわよ?」

スライム娘「でもダメ!!絶対だめです!!」

スライム女「……どこから聞いてたの?」

スライム娘「……全部」

スライム女「そう…」

349:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 16:55:27.15 ID:3SQtIl4R0

翌朝

男「…っは!?オレは一体何を…」

男「ものすごいチャンスを逃した気がする…」

スライム女「おはよう♪」

男「あ…おはよう」

スライム女「美味しくいただきました」

男「何を!?」

スライム女「うふふ♪」

男「お前なんか濁ってるけどそれは牛乳だよね!?そうだよね!?」

スライム女「えぇ、とても新鮮だったわ」

男「オレは何故あそこで気絶してしまったんだ!?…っは…そういえばあいつが…」

男「あいつは何処いった!塩ふりかけてやる!!」

352:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 16:59:40.90 ID:3SQtIl4R0

スライム女「帰ったわよ」

男「帰った!?」

スライム女「全部聞かれちゃったみたい」

男「そっか…」

男「残念だな」

スライム女「あなたあの子の事どう思ってたの?」

男「どうって…別に」

スライム女「別に?」

男「どうも思ってねぇよ」

スライム女「そう…」

357:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 17:03:12.81 ID:3SQtIl4R0

>>350
そのオチが使えなくなったか…良いし!変えるし!


スライム女「だ、そうよ?」

スライム娘「……」

男「え?帰ったんじゃ…」

スライム女「そんな事いったかしら?」

男「今さっき言ってたよ!」

スライム女「どっちにしろ帰る事には違いないから良いのよ」

スライム娘「わ…私諦めませんから!」

男「意味わかんねぇよ!」

359:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 17:07:46.68 ID:3SQtIl4R0

男「それに帰るんだったらもう会うことは無いだろ…」

スライム女「なんで?」

男「え?」

スライム女「私がたまに連れてくれば良いじゃない」

男「そんな事できんの?」

スライム女「私を誰だと思ってるのよ、あなた頭が硬いってよく言われるでしょ」

男「…ほっとけ」

スライム娘「だから、私が成長して自分で渡れるようになるまではお姉さんに連れて来てもらう事にしました」

スライム女「そういうこと♪」

362:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 17:13:16.10 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「だから、今は無理でも。絶対に男さんの事私の物にしますから!」

男「そっか…」

スライム娘「そして、ハッピーエンドの物語を私が作ります!人魚姫とかしりません。ないなら私が作ればいいんです」

スライム女「あら、なかなか罪作りね」

男「しらん、ほっとけ」

スライム女「とか良いながら顔が真っ赤よ?」

男「うるさい、もう良いから帰れよ!…そしてまた来いよ」ボソ

スライム娘「はいっ!!」

FIN

スライム女「あ、そうだ。なかなか美味しかったわよ、また頂戴ね♪」

男「なにが!?やっぱりお前…オレの!?」

FIN?

364:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 17:14:58.57 ID:xWDNMNoZ0



366:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 17:15:25.17 ID:7W9vAMJG0

終わりかいww




370:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 17:16:33.84 ID:wzHzQH/80

乙でした
最後ちょっとアッサリ過ぎないかー?とも思うけど、半日楽しませて頂きました
ありがとう

372:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 17:16:59.02 ID:3SQtIl4R0

ってことで、終わりです。
エロは各々脳内補完でお願いします
だってスライムとやった事とかねぇもん!

ちなみにみんな気づいてる戸思うが、これはスライム娘の布教用に描いたSSです
同士が増えてくれたら嬉しい
いつかオナホ妖精も書けたらいいなとおもってます

377:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 17:19:32.86 ID:3SQtIl4R0

>>370
ここであんまり濃くしてしまうと、この後スライム娘で自主トレをするであろう人達の邪魔をしてしまうかなぁ?
とおもって、って言う大義名分です
ちゃんと終わらせるだけの文章力がないとかじゃないんだからね!

379:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 17:20:42.89 ID:24QxQQNL0


とりあえず、スライム娘フォルダをつくろうと思う

410:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 17:46:51.02 ID:1+WuMI/j0

お、終ってたか
乙乙
悲しいエンドじゃなくて良かったよ

428:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 18:28:39.59 ID:3SQtIl4R0

時間あるスレ残ってるからなんか書こうかな

430:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 18:34:03.77 ID:Y6vlNFyv0

待って!今>>1が重要なこと言った!

436:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 18:42:18.17 ID:3SQtIl4R0

男「さて…質問良いかな?」

スライム女「なにかしら?」

男「なんでオレはお前に馬乗りにされてるんだろうな…」

スライム女「……それを聞くの?」

男「質問したいっていったじゃん!?」

スライム女「少し楽しもうなぁ~って思って」

男「なんで!?お前この前帰ったじゃん!?」

438:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 18:43:17.65 ID:xYwZmABW0

続きキター!!

441:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 18:49:49.00 ID:3SQtIl4R0

スライム女「それは娘ちゃんでしょ?私は自分で行き来できるもの」

男「でもさぁ…なんかいい感じで帰ったじゃん…」

スライム女「えぇすこし恥ずかしかったわ」

男「なんで、それが翌日にオレの部屋にいるの?」

スライム女「正しくはあなたの上に…ね」

男「うるさいよ!どうでもいいよ!」

447:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 18:57:31.35 ID:3SQtIl4R0

男「それでさ、ホントになんでいるの?」

スライム女「娘ちゃんに浮気しないか監視しといてって頼まれたのよ」

男「浮気って…まだ付き合ってすらいないのに…」

スライム女「そうねぇ、ちょっと気が流行りすぎよね」

男「そしてお前もさ…浮気の監視しようとして襲おうとしてたら意味ないよね!?」

スライム女「襲おうとした…うんそうね、襲おうとした、よ」

男「…いまの間はなに?」

スライム女「気にするとハゲるわよ?」

男「はげねぇよ!」

453:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 19:08:10.12 ID:3SQtIl4R0

スライム女「まぁバレなきゃ良いのよバレなきゃ」

男「それって監視役としてはまったく意味を果たしてないよね…」

スライム女「なに童貞みたいなこと言ってんのよ」

男「え?」

スライム女「あ、何でも無いわ」

男「もう遅いからね!?全部言っちゃってるからね!!」

男「あの…冗談だよね?」

スライム女「も、もちろんじゃない」フッ

男「ちゃんと目を見て言えよ!」

スライム女「大丈夫!あなたはまごうことなき童貞よ!」ジッ

男「心が痛い…」

456:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 19:14:13.49 ID:3SQtIl4R0

男「で、もう満足した?」

男「浮気なんかする相手いないから安心してよ…」

スライム女「それはわからないわよ?」

男「ならどうすれば気が済むの?」

スライム女「少なくとも24時間は監視するように言われてるのよ…」

男「あいつに?」

スライム女「えぇ…生まれて初めて恐怖を感じたわ…」

男「お前も苦労してんだな…」

457:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 19:17:17.97 ID:3SQtIl4R0

男「でもなぁ…特にでかける用事も無いし一日中家にいるだけだぞ?」

スライム女「ならそれでも良いわ、そっちの方が監視も楽だし」

男「そうか」

スライム女「…」

男「……」

スライム女「……」

男(うわぁ…気まずい…)

459:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 19:20:32.05 ID:3SQtIl4R0

男「あの映画とか…見る?」

スライム女「映画?良いわね、一度見て見たかったのよ」

男「見た事ないの?」

スライム女「そうねぇ、知識としては知ってるんだけどこんな姿じゃ身にいく事もできないし」

男「あぁ~そう言えばそうだよな」

男「じゃあどんな映画が良い?」

スライム女「そうねぇ…よくわからないし任せるわ」

468:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 19:30:39.16 ID:3SQtIl4R0

男「お前が好きそうな映画があるんだけどどう?」

スライム女「あら、どんな映画なの?」

男「パイパニックっていうパロディ映画なんだけど…」

スライム女「…」ススッ

男「無言で距離を取られると本きで凹むからやめてくれるかな…」

472:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 19:36:05.31 ID:3SQtIl4R0

スライム女「えぇ…まぁいいわ、見ましょうか」

男「別に無理しなくても良いんだぞ?」

スライム女「いいえ、嫌いじゃないわよ?でも童貞(仮)がその発言した事に引いてしまったの…ゴメンなさい」

男「(仮)って何!?そしてお願いだから謝らないで…」

スライム女「良いから早く見ましょうか」

男「見る前から心が俺そうだよ…」

474:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 19:40:20.11 ID:3SQtIl4R0

映画終わり

スライム女「これは…興奮すればいいの?それとも笑えばいいの?泣けばいいの?」

男「笑えば良いと思います…」

スライム女「なんていうかあれね…全てにおいて中途半端だし、設定がまったく活かせてないわね」

男「…ゴメンなさい」

スライム女「いえ、別にあなたが撮ったものじゃないんだから気にしなくて良いのよ」

男「はぁ…」

475:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 19:45:05.56 ID:3SQtIl4R0

スライム女「それよりも次、何かないの?」

男「…ん~、どういうのが良いんだろう」

スライム女「決断力の無い男は嫌われるわよ?」

男「それが無いから童貞なわけですが」

スライム女「正しくは童貞(仮)ね」

男「だから(仮)って何!?」

男「そうだなぁ…ホラー系とか大丈夫?」

スライム女「ホラー系?怖いってことかしら?それなら大丈夫よ貴女達からしたら私もホラーみたいなもんでしょ?」

男「どっちかっていうとファンタジーかな…じゃホラー系で」

478:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 19:48:32.06 ID:3SQtIl4R0

映画終わり

スライム女「………」ガタガタガタガタ

男「あの…大丈夫?」

スライム女「だだだだだ大丈夫よ!私がこれ位で怖がるとでも!?」

男(あっちの世界はみんなホラーがだめなんだろうか)

スライム女「ま、まぁ…中々面白かったんじゃない?」

男「腰が抜けてるよ…」

スライム女「私達にもともとそんな物ないわ!」

男「はいはい…」

505:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 20:56:24.29 ID:3SQtIl4R0

スライム女「ささささぁ、次行くわよ!もう一回ホラーいっとく…?」

男「次は別ジャンルにしようか?」

スライム女「わ、私は別に怖く無いんだけどね、あなたがそう言うなら…」ホッ

男「そんなにみたいなら、ホラーにしようか」

スライム女「……そうね、別に怖くはないけどね…」ギュッ

男(なんか楽しいな)

507:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 21:07:29.67 ID:3SQtIl4R0

終わり

スライム女「……」ピクピク

男「あの…大丈夫?」

スライム女「……へ、平気だ」

男「涙目になってるよ?」

スライム女「なってない!」

男「ふーん」ニヤニヤ

スライム女「童貞(仮)のくせに生意気だ…」

男「はいはい…じゃオレは風呂はいってくるから」

スライム女「い…いっちゃうのか…?」

男「もう一本ホラー流しとく?」

508:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 21:09:03.79 ID:WO8vgFFg0

かわいい

509:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 21:11:20.77 ID:01+j4G2P0

口調変わってるwww

510:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 21:13:03.06 ID:3tmDpjNj0

チビって素に戻ってんよ~

511:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 21:14:08.03 ID:3SQtIl4R0

風呂場

男「にしても…さっきの女は正直グッときたな…」

男「スライムはホラーが苦手、これってトリビアになりませんか?」

パチ

男「あれ?停電」

男「あいつの悪戯かな?意外と子供っぽいとこ…」

ガタガタガタガタ

男「地震!?結構でかいぞ」

512:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 21:14:35.82 ID:yyFM/Xl10

         __ ____
      //   ̄  \\
     //--.--  -─\\
   //  (● ●) ((●(●) \            地震とかどこの田舎だよ
 .| |.|    ( . ((_人_人__)    | _ _== =
     \\    ⌒ ` /,/ | |    ̄ ̄ ̄  ̄| ||
    ノ         \\| | | |           ||
  /´                 | |          | |
 |    l                | |          |||
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________| |
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  | = =

516:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 21:16:14.08 ID:SESR5qYT0

>>512
早すぎワロタwww

517:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 21:16:56.62 ID:73C1L74bi

>>512
20秒掛かってないだと••••

518:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 21:18:57.30 ID:3SQtIl4R0

男「まずい、風呂はいってる場合じゃないだろこれ…早くでないと…」

ガチャ...ガチャガチャッ

男「あれ?開かない!?なんで…」

男「おーい!!風呂の扉が開かないんだけど!?女?女ー!?」

ピチャ

男「ひぃっ…なんだ今の、なんか冷やっとしたものが…」

ブンッ

男「あ…あれ…電気がついた…」

男「うわっ!??なんだこれ…風呂場が真っ赤…?」

522:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 21:24:11.27 ID:3SQtIl4R0

男「な…なんだよこれ…女!女!開けてくれ!女!!」

ゴポ

男「…ゴポ?……振り返っちゃいけない気がする…いやだめだ…でもっ」

ゴポゴポゴポ

男「大丈夫…大丈夫…振り返ったら何も無いに決まってる…」

男「でも一応剃刀咥えておこうかな…メリーさんもそれで撃退できるらしいしな…うん」

男「1...2...3!」

男「……なんとも…ない…あれ?さっきは確かに真っ赤に…」

ゾクッ
男「あれ…後ろにいる?…そそそそそんな馬鹿な事…」バッ

525:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 21:28:54.14 ID:3SQtIl4R0

男「……?やっぱりなんとも無い…」

ボタ…

男「ひぃっ…なんか降ってきた!?」

ボトン

男「なんか大きいものが…背中に…乗って……」ガクン

男「こ…腰が抜けた…ヤバイ逃げないとヤバイのに…」

スライム女「……馬鹿」ギュッ

男「……」ファー(魂的なものが抜ける音)

スライム女「怖かったんだから…ってあれ?」

528:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 21:32:38.03 ID:3SQtIl4R0

男「…ん…んぅ」

スライム女「やっと目をさましたか」

男「あれ?お化けは…」

スライム女「ゴメン、あれやったの私なの」

男「……そうか…良かった」

スライム女「怒らないの?」

男「それよりも生きてて良かった…」

スライム女「でも私を怖がらせた男も悪いのよ?」

男「うん、オレもお前の事ただの半透明な変態だと思ってなめてた」

532:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 21:39:16.98 ID:3SQtIl4R0

スライム女「これでもいくとこに行けば水の精霊とってチヤホヤされるからな」

男「……暫くホラーは良いや…」

スライム女「わたしもやり過ぎたわ」ピト

男「あ、手冷たくて気持ちいい…」

スライム女「膝枕も水枕みたいで気持ちいいでしょ?」

男「あ…うん…」

スライム女「スライムの下乳のを見上げた感想は?」

男「まだ頭クラクラするしコシが抜けてるからそれどころじゃない…」

スライム女「あら、残念♪」

男「……はぁ…」

スライム女「そんなに怖かった?」

男「人間にはできない演出だからな…」

535:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 21:45:07.64 ID:3SQtIl4R0

男「案外幽霊とかってお前らの悪戯なのかもな…」

スライム女「そうかも知れないわね」

男「こっちにもお前らの世界の奴って結構いるのか?」

スライム女「どうかしら?自由に行き来できるのは結構多いから、意外といるかも知れないわね」

男「……そうなのか」

スライム女「怖い?」

男「少し」

スライム女「そう…でも悪戯したくなる気持ちもわかるわね…なかなか楽しかったわ」

男「そうかよ…」

536:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 21:49:18.05 ID:3SQtIl4R0

スライム女「よっと…」ドスン

男「いてぇ…」

スライム女「私はそろそろ帰るわ」

男「監視は良いの?」

スライム女「それよりも先にやる事が出来たから」

男「え?」

スライム女「娘ちゃんに宣戦布告してこないと」

男「?」

スライム女「私も貴方のこと狙っちゃおうかって思って」

男「……え?」

537:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 21:53:07.97 ID:3SQtIl4R0

スライム女「なんか私まで貴方を見てるとドキドキしてきちゃった」

男「吊り橋効果ってわかる?」

スライム女「しらないけど関係者ないわ、要は欲しいものは手に入れれば良いんだもの」

スライム女「モテる男は辛いわね」

男「俺のモテ期はスライム専用か…」

スライム女「嫌?」

男「嫌じゃないかな…寧ろ嬉しい位だ」

スライム女「それじゃ私は一旦かえるわ」

男「あぁ、あいつにもよろしくな」

スライム女「わかってるわよ」

539:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 21:56:27.26 ID:3SQtIl4R0

翌日

男「だからさ…なんでお前は…」

スライム女「今日は襲ってないわよ?」

男「昨日、別れたじゃん!なんで今日もいるの!?」

スライム娘「わ、私もいます!…布団がヌルヌルになってしまうので添い寝はできませんでしたが…」

スライム女「モテる男は辛いわね♪」

男「嬉しいけどなんか嬉しくない…」

FIN

540:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 21:58:07.78 ID:3SQtIl4R0

って事でスライム女を活躍させるために書いてみた

正直スライム娘である必要はあまりなかった気がするのは内緒のはなしです

542:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 21:58:28.13 ID:OSU9AzTZP

最後の一行が見えない

544:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 21:59:36.47 ID:tsYn3Spo0

ん?FIN?FINってなんの略なのかおじさんよくわからないなぁ

546:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 22:00:36.71 ID:yyFM/Xl10



さあ早く続きを考える作業に戻るんだ

551:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 22:04:04.37 ID:3SQtIl4R0

ここでエロとかエンドを付けてしまったらお前らは何を妄想すれば良いんだ!?
終わっちゃったらそこまでだろ?
中途半端だからこそ、そこからスライム娘について調べたり自分で解釈をいれたり出来るんじゃないのかよ!
これはあくまでも布教用なんだから、そこを奪っちゃだめだろ!?
お前らが妄想することを破棄するっていうなら
その幻想をぶち殺す!

ってことで以下妄想

555: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 :2011/04/03(日) 22:09:01.34 ID:3SQtIl4R0

>>1
スライム娘の素晴らしが心に染み渡るほどわかったから
これから俺達はお前の為にスライム娘のエロ妄想を書くことにするよ

557:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 22:11:25.50 ID:hfxYG13p0

>>555

558:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 22:12:35.06 ID:N/MD+7Rt0

>>555

560:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 22:13:18.24 ID:kFp1mslY0

>>555
わかったから自演だけはやめてくれ

561:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 22:14:35.30 ID:3SQtIl4R0

>>560
書いてくれって事だよ!いわせんな恥ずかしい
本気で自演するならIDくらいかえる

566:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 22:20:14.40 ID:B56qHbjz0

最後の最後で>>555で爆笑してしまったwww
でもスライム娘に目覚めたぜ
>>1乙!

581:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 22:47:23.49 ID:9cZTee8q0

男「ちょっと耳掃除頼んでいい?」

スライム女「いいよー」

男「おおおヒンヤリ」

スライム女「おおおゴッソリ」

5minute later...

スライム女「男ー?•••寝たか•••フフフ」



くんずほぐれつみたいな



ごめん

582:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 22:48:51.29 ID:q1YcMVg80

>>581
やはりここは>>1の温度差の概念は盛り込みたい
通常だと人肌で火傷しそうなくらい熱く感じるって
結構ポイント高い

587:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 22:50:14.81 ID:3SQtIl4R0

>>581
いや、良い
ただあれだな、エロを入れたいなら
ベロで掃除するとか、男が少し嬉しいのに嫌がってるみたいな描写があると
もっとエロさが増すな

598:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 23:26:13.51 ID:3SQtIl4R0

>>581でちょっと書くエロは無いけどな

男「ん~…」

スライム女「どうしたの?」

男「なんか耳が気持ち悪い、最近掃除してなかったからな…」

スライム娘「耳を掃除するんですか…?それは…その外れたりとか…」

男「…え?」

スライム娘「しないですよねぇ」

男「人間に取り外し可能なパーツはないんだよ…」

スライム女「私が掃除してあげよっか?」

601:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 23:31:55.94 ID:3SQtIl4R0

>>581はそのまま放置するには勿体無い素材だとおもうんだ

男「え?ホント?…でもなんか恥ずかしいな…」

スライム女「良いから良いから、ほら横になって」

男「いや、その前に綿棒を…」

スライム女「いらないいらない、ほら横になりなさい」

男「え?う、うん」ゴロン

スライム娘「お姉さんはベットの上に上がったり普通に触ったりズルいです…」

スライム女「悔しかったらあんたも修行するんだね」フフフ

スライム女「それじゃお邪魔します」ギュッ

男 スライム娘「え?」

男「あ…」ゾクッ

605:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 23:37:21.06 ID:3SQtIl4R0

スライム女「ろう?ひもひいい?」

男「ちょっとまって!なんか変っ!」ゾクゾク

スライム女「ふふっ…やめへあへなひ」

男「なんか耳の中が…すごい…」

スライム娘「…なんか嬉しそうです…」

男「違う!いや、ちがく無いんだけど、ひゃっ…冷たいのに熱いっ」

スライム娘「むぅ…」

スライム女「はぁ…はぁ…いっぱい取れたよ?」

611:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 23:42:21.93 ID:3SQtIl4R0

スライム女「ちょっと洗ってくるね」チラッ

スライム娘「」グッ

スライム娘「男さん…もう片方は私が…やってあげます!」

男「いや…良いから、もう良い。自分でやる!」

スライム娘「許しません!」ギュッ

スライム娘「男さんの体…すごく熱い…」

男「火傷するから早く離れろって!」

スライム娘「いやです!…じゃ、じゃぁ行きますね…」

男「だからダメだって…あっ…」

スライム娘「わたひも…おねえはんにはまへません…」ピチャペチャ

スライム娘「ひたがふごくあつひれす…ん。」

613:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 23:47:15.59 ID:3SQtIl4R0

スライム娘「やはどひひゃう…」

男「ばか…離れろ!これ以上はっ」ズクン

スライム娘「ひもひいれふか?」

男「痛いわボケー」ドン

スライム娘「いったぁ…」

男「痛いのはオレもだ!あんなに不覚やられたら痛いに決まってんだろ!」

スライム娘「……うぅ…」

男「…良いから早くあらってこい、あんまり変なもの取り込んじゃダメなんだろ?」

スライム娘「…はぁい」

男「……でも、な。嫌いじゃなかった…ぞ」

スライム女「あらあら、やっぱりマゾだったのね」

男「違う!」

SSS終わり

618:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/03(日) 23:54:07.94 ID:Eo0VpiZi0

>>613
乙です
二人とも可愛いな
男もいい感じにデレてきたw

624:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 00:09:42.84 ID:x4JJv4qw0

おい日付が変わってしまったぞ(;・∀・)
>>1が自演をしても分からなくなってしまったぁ

626:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 00:12:34.95 ID:GyCH9Vlk0

>>624
フリか?なら仕方ない…

>>1乙、俺達もスライム娘のすばらしさにうんぬんかんぬん

627:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 00:13:46.43 ID:fjCW8ZtJ0

>>626
オレもオレも

>>1
スライム娘の素晴らしが心に染み渡るほどわかったから
これから俺達はお前の為にスライム娘のエロ妄想を書くことにするよ

629:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 00:18:19.10 ID:SaHUwGYH0

逃がさんぜ、>>1よ。


スライム女「男さん」

男「どうしたアクワンスライム」

スライム女「せめてウンディーネあたりで! いや、そうじゃない。そうじゃないのよ」

男「言いたいことがあるなら早くしろよ。モムノフと合体させんぞ」

スライム女「……貴方、もしかしなくても私のことナメてるでしょう?」

男「舐めてはいないぞ。水飴みたいで美味そうだ、とは思うけど」

スライム女「やっぱりナメてるのね」

男「舐めてないっつってんだろ、この不定形生物が。溶鉱炉に沈んでろ」

スライム女「……へえ。言ってくれるものね。童貞(仮)のクセに」

男「だから、その(仮)ってのはなんだよ!」

スライム女「ふふ……。知りたい?」

631:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 00:20:43.26 ID:SaHUwGYH0

 どん。
 男は、胸部に軽い衝撃を感じた。その直後、男の目前にあったのはスライム女の顔。
 突き飛ばされた男の上に、スライム女が馬乗りになっていたのである。


男「……ってーな。何すんだよ」

スライム女「随分と気にかけてる様子だったから、教えてあげようと思って」


 男の口内に、ひやりとした何かが侵入する。
 糊のような粘性を持ったそれは、硬直した男の舌をちょんと突くと、絡みつき始めた。


スライム女「ん……ちゅ、ぱ」

男「んむ!?」


 男の視界が、水中で目を開けた時のように半透明な何かで覆われている。
 男が自身は口付けを交わしているのだと気付くのに、そう時を要さなかった。
 相手は勿論、スライム女。

639:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 00:35:56.93 ID:SaHUwGYH0

スライム女「ふふ……ん、むう」


 くぐもった声で笑いながら、なおもスライム女は男の口中を味わう。
 歯も舌も、ぬちゅぬちゅと滑る舌によって悉く征服されてゆく。
 人間と接吻を行ったことのない男にも、はっきりと分かる。
 俺は今、世の男共とは一線を画す体験をしているのだ、と。

 やがて、スライム女の口が離れる。


スライム女「どう? おいしかった?」

男「……気味悪い」


 その言葉が虚勢に過ぎないことは、誰よりも男自身が理解していた。
 ズボンの中が窮屈でならないとばかりに、男のモノがパンパンに膨れ上がっていたから。

644:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 00:49:34.16 ID:SaHUwGYH0

スライム女「そりゃ残念。でも、こう思わない?」

男「なんだよ」

スライム女「男さんばっかり味見するのはズルいって、ね。まぁ、私はもう男さんの味を知ってるんだけど」


 するり。スライム女の手によって、男の下半身が外気に晒された。
 天を突く怒張は、脈動する度にびたりびたりとスライム女の臀部を打つ。


男「いや、いやいやいや。ちょっとそれはおかしいだろ! よし、分かった。冷静になろう。そうだな、ホラー映画の話なんてどうだ?」

スライム女「あらら。急に弱気になっちゃって。かわいいなあ」


 スライム女は僅かに腰を上げて、そして落とした。
 瞬間、男の性器は冷たくも心地良い質感に包まれる。
 人間で言うならば性器に相当するであろうそこに、男のそれが挿入されたのであった。


男「うお! ちょ、ちょっと! それはマジで洒落にならない!」

スライム女「ん、はぁあ……。一回も、二回も、んっ、変わらないでしょ? あふ。今回は意識があるんだから、楽しんでねぇ」

645:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 00:52:13.89 ID:GyCH9Vlk0

保守がわりに


男「女ー、携帯の充電器さしてくんない?」

スライム娘「女さんは今おふろなので私がやります!」

男「あ、ばっかお前は触ん…」

スライム娘「へ?」バチッ

スライム娘「きゃっ!」

スライム女「あーあ、あんたはまだヌメってるんだから気をつけなよ」

スライム娘「停電しちゃいましたね」

スライム女「それより男は大丈夫?」

男「暗いよ怖いよ暗いよ怖いよ…」

スライム娘「…なんか怯えてます」

648:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 00:56:04.63 ID:GyCH9Vlk0

スライム女「あぁ~、やっぱり…適当に慰めてあげて」

スライム娘「なんかトラウマになるような事でもあったんですか?」

スライム女「いえ?もともと苦手みたい」

スライム娘「男さん、大丈夫ですか?」ポン

バチッ

男「いってぇ~!」

スライム娘「え?どうかしましたか?」

男「どうかしましたかじゃ…」

スライム娘「じゃ?」

男「なんてわ光ってんの?」

スライム娘「光ってる…あ、本当だ…」

650:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 00:58:01.41 ID:GyCH9Vlk0

って事でオレは自重して、見る側に回るか

654:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 01:08:17.20 ID:SaHUwGYH0

 ぐちゅ。ねちょ。
 粘着質な音を立てながら、スライム女の胎内が男のペニスに絡み付く。


スライム女「あはぁ……気持ちいいでしょ? 私のおまんこ、男さんのおちんちんの形になっちゃったよ?」

男「気持ち良くないからどいてくれ!」

スライム女「やぁーだ。だって、私はすっごく気持ちいいんだもん。あ、あん。おちんちんが私を犯してるの、見えるでしょ?」


 男がスライム女の下腹へと視線を向けると、うねうねと形を変える膣(?)に蹂躙され、悦んでいる男根。
 それが、半透明なスライム女の素肌を通しておぼろげながらに見えていた。


男「うわあ」

スライム女「ねぇ、どう? 男さぁん。こんなの、初めてでしょ?」

男「ぐぬぬ……」

スライム女「我慢しないで。ねぇ、この前と同じじゃ、私つまんない。男さんが好きなように、私の中に」


 限界だった。
 スライム女が言い終わる前に、男は体制を逆転させる。
 そして、スライム女を下に敷き、めちゃくちゃに腰を振りたくり始めた。

662:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 01:24:11.57 ID:SaHUwGYH0

スライム女「う、んあ! い、いいよお、男さん! もっと、もっとお!」


 腰を前後させて、スライム女を貫く度に、男の思考に快感のノイズが混じる。
 輪郭が曖昧になった意識で考える。オナホだって? とんでもない。この快感に比べたら、あんなものは空気に突っ込んでいるのと大差ない。
 根っからのオナホ愛好家であった男の価値観を改革してしまうほどに、スライム女の具合は常軌を逸していた。


スライム女「男さぁん! ここ、ここぉ!!」


 嬌声と共にスライム女が指したのは、己の胎内に存在する紅い塊。
 その行動の意を汲んだ男は、一際深くスライム女を突き上げる。
 男根の先端が、スライム女の核にこつんと当たった。


スライム女「――――――!!」


 全身を弓のようにしならせて、声にならぬ叫びを上げたスライム女。
 ただの一撃で、軽く達したようだ。
 その反応に、男は逆転の機を見た。

666:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 01:40:19.41 ID:SaHUwGYH0

 ずん! ずん!

 スライム女の弱点と見えるそこに、男は容赦なく追撃を加えた。


スライム女「ひゃあああううあ!!?」

男「オラオラオラオラァ!!」


 運動を加速させる。更に膨張した一物は、微かに震える紅球を打ち、その度にスライム女は悲鳴にも似た声と共に痙攣する。


スライム女「ダメ! やめふぇ! こわれ、ひゃ、うぅんッッ!!」

男「ざま見ろ! ふん! ふん! ……あ、ヤベ」

669:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 01:46:06.25 ID:SaHUwGYH0

 調子に乗った男は、大切なことを忘れていた。
 つい先ほどまで、童貞(仮)であった身の男が、この魔性の快楽を前にそう長く堪え続けることなど出来よう筈もないのである。


男「……ぐッ」


 このままでは非常にまずいと、怒張を引き抜かんとする男。
 しかし、その行動を、スライム女の両脚が阻止した。
 男の臀部を挟み込み、がちりと固定したのだ。


スライム女「やだぁッ! ここ、ここに出しへえぇッッ!!」


 そして、男は果てた。
 男根がびゅるびゅると大量の精液を放出すると、それは核に届き、美しい赤色を白で汚す。
 そこでスライム女もまた達した。


スライム女「あ、あああ!! あああああああああッッ!!!!」


 これまでで最も強い絶頂。
 焦点の定まらぬ眼で男の顔を見つめながら切なげに叫ぶと、くたり、と身体から力を抜いた。

670:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 01:48:05.87 ID:SaHUwGYH0

終わりだ
俺は読み手に戻るとしよう

687:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 02:22:16.83 ID:g50ia7ce0

男「~♪」

スライム娘「どうしてテレビの前で腕振ってるんですか?」

男「ん?ああ、お前は知らないのか。wiiだよwii」

スライム娘「うぃー?」

男「そう、Wii。CMじゃあ馬鹿らしいと思ってたが案外楽しいもんだ」

スライム娘「ちょっと私にもやらせてくださいよ!」

男「ダメ。お前が触ったらあらゆる電子機器壊れるからな」

スライム娘「・・いいですもん。隣でまねしますもん」ブンッ


ご自由に続きお書きください
保守

696:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 02:40:28.30 ID:SaHUwGYH0

>>687

男「ギガスラッシュ!!」ブン

スライム娘「ぎ、ぎがすらっしゅ!!」ブン、ビチャ

スライム娘「あ」

男「……ほお」ヌルヌル

スライム娘「ひ、ひいい」



スライム女「あら、楽しそうなことやってるじゃない」


続き希望保守

697:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 02:48:14.45 ID:GyCH9Vlk0

>>696
なんだ、このリレーSS


男「こいつもう連れて帰れよ…」

スライム女「え?なんで?」

男「ヌルヌルしてるから嫌だ」

スライム娘「わ、私だって頑張ってるんですよ!」

男「ほう?例えば」

スライム娘「その…あまりヌルヌルしない様に体をコントロールしたりとか…」

男「だったらそれを身につけてからこっちこいよ!」

スライム娘「そんなぁ…」

男「大体なんでいっつもいるの?」

スライム女「あなたに会いたいから…じゃダメかしら?」

男「ダメ」

707:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 04:56:28.27 ID:t8iSq8zK0

男「……何やってんのお前」

スライム女「あ、らーりん、おはひょう」レロ

男「誰がダーリンか。うっ」

スライム女「ここがイイんだ?ホレホレ♪」ジュプジュプ

男「あっ、ちょっ、止めてほんと止めて!」

スライム女「可愛い声出しちゃって。たぎるワァ…」ジュプ

男「寝込みを襲うのはやめろと言ったろう!」

スライム女「えー!じゃあ行き場のない精子さんはどこに行けば良いってのよ?」レロレロ

男「ちょ、だから止めろって…」

スライム女「こんな時だからこそ協力しあって生きてがなきゃいけないんでしょうがー」じゅっぽじゅっぽ

709:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 05:11:04.87 ID:t8iSq8zK0

男「わけわかんないこと言ってないで、手を止めてくれ」

スライム女「ふふふ、嫌よ。朝絞った一番濃いミルクを毎日摂取しなきゃスライムは死んじゃうのよ」

男「あ、頭湧いてんのか?うっ、あっあっ」

スライム女「ダーリンと同じくらいは頭の中ピンク色よ、ふふふ」

スライム女「あ、ビクビクしてきたね。口にそのまま出してね?」ジュプジュプジュプ

男「マジで出るって!あっ!あっ!」



スライム女「ああ…濃い精子を出されて自分の中を侵食されてくこの感じ…たまらないワァ♪」

男「侵食されてんのはこっちだ、自粛しろ」

飽きた\(^o^)/

710:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 05:12:34.61 ID:l99y2bJy0

>>709
はお前なにいってんのちょっとこらコロ助

712:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 05:39:13.92 ID:t8iSq8zK0

スライム女「あらその割には大人しく膝枕されてるのは誰なのかなーっ」

男「……」

スライム女「黙秘権の行使には1キスが必要です」ちゅっ

男「うわああっ気安く性を放出させるなちくしょう!」

スライム女「キスくらい性なんて大したもんでもないでしょうに…」

スライム女「性なるキスってのはねー…ちゅ…ちゅぱ…ん、ちゅう~」っぽん

スライム女「せめてこのくらいはやんないと」

713:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 05:41:21.24 ID:t8iSq8zK0

男「…!またそうやって馬鹿にして…」

スライム女「あら?またおっきくなってるよダーリン?」

男「………なってn」

スライム女「黙秘権の行使には1フェラが必要です」ちゅぱっ

男「うっ、今答えようとしただろーが!ていうかさりげに対価上げんな!」

スライム女「…じゃあほんとに止めていいの?」

男「……」

スライム女「交渉成立、と」ちゅっ


めでたしめでたし

718:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 08:04:37.08 ID:U5S08G6S0

>>1のためにも保守しませう

724:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 09:14:22.42 ID:g50ia7ce0

まさか残ってるとは

740:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 11:11:29.11 ID:GyCH9Vlk0

よし、なんか書く
エロ以外になるがどんなのが良い?

743:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 11:21:00.98 ID:CWON/rpI0

>>740
娘の方とイチャイチャ系

742:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 11:20:07.04 ID:4/qsEXVYO

>>1に質問があるんだけどまだ居る??

744: 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 :2011/04/04(月) 11:22:09.10 ID:GyCH9Vlk0

>>742
信じるかはわからないがオレが>>1

753: 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 :2011/04/04(月) 12:37:12.59 ID:GyCH9Vlk0

スライム娘「~♪」ペタペタ

男「…ウザいから顔ペタペタしないでくれる?」

スライム娘「嫌です!せっかくヌメヌメしなくなったんですよ?」

男「確かにヌメヌメはしてないけどさ…」

男「まだビチャビチャしてるのわかってる?」

スライム娘「わかってますけど…成長したんだから褒めて下さい!」

スライム女「そうよ~、女の子は褒められてキレイになるのよ?」

男「オレにそんなもの求めるな!そしてなんでお前らは今日もいるの!?」

男「昨日も来てたよね!?って言うかここ3日いつも来てるよね!?」

スライム娘「まぁまぁ、落ち着いて下さい」

男「お前はこっちの世界が体に悪いからって戻ったんじゃないの?」

スライム娘「頑張ってます!」

男「頑張る方向間違ってるから!」

756: 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 :2011/04/04(月) 12:42:36.79 ID:GyCH9Vlk0

飲み物系のネタも面白そうだが
オレの中では濁る感じだからそれは出来ないかな…


スライム女「そうそう、その事で今日は来たのよ」

男「あ?」

スライム女「やっぱりこっちの世界は体によろしく無いのよね…」

スライム女「って事で間をとって、男さんを連れていってしまおうかなぁ…と」

男「何処の間を取ったの!?」

スライム女「私と娘ちゃんの間かしら」

男「そこにオレを入れてくれよ!ヤダよファンタジーの世界なんていきたくねぇよぉ」

スライム女「意外と楽しいところよ?何もないけど」

スライム娘「みんな優しいですよ!何も無いけど」

758: 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 :2011/04/04(月) 12:46:23.09 ID:GyCH9Vlk0

男「なんで何も無いところにわざわざ行かなきゃいけないんだよ…」

スライム娘「ダメ…ですか?」

男「う…だ、ダメだ!」

スライム女「それじゃぁ、とっておきの事を教えて上げるわ…」

男「とっておき?」

スライム女「えぇ…あっちの世界は基本的にみんな裸よ」

男「……」

スライム女「行きたくなった?」

男「余計いきたく無くなったよ!っていうかわかってたよ、お前らの格好見ればだいたい…」

スライム娘「…残念です」

759: 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 :2011/04/04(月) 12:51:23.46 ID:GyCH9Vlk0

スライム娘「本当は合意のうえで連れて行きたかったんですけど…」

男「…え?無理矢理連れていく気なの?」

スライム娘「愛ゆえに!」

男「それ別に何しても良いって免罪符じゃないからね?」

スライム女「まぁまぁ騙されたと思って少し目を閉じて?」

男「近い近い…」

スライム女「良いから閉じなさい、目を開けたままの方が好きって言うならそれでも良いけど…」

スライム女「悪い様にはしないから…ね?」

男「わ…わかったよ」パチリ

スライム女「この子ホントは頭悪いんじゃないかしら…」

男「え?……」

760: 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 :2011/04/04(月) 12:58:10.37 ID:GyCH9Vlk0

男「……はっ…ここは何処だ」

男「………ふぅ…」

男「異常事態かと思ったらただゲームのセカイに入り込んだだけだったぜ」

男「………あれ?異常事態じゃね?」

アタフタアタフタ

男「そうだ、あの変態スライムども」

男「スライム女~、スライム娘~~!何処だ?」

男「か、隠れてるだけなんだろ?」

男「なぁ…おい!」

男「まさか…はぐれた?」

763: 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 :2011/04/04(月) 13:09:04.83 ID:GyCH9Vlk0

「どうした青年困りごとか?」

男「あ、実は道にまよ…って…」

ケイローン「ん?青年はまさか人間か?」

男「え…とあの…間違えましたー!」

トウソウチュー

男「なんだあれ…上は人間だったけど脚が…馬?」

ケイローン「まぁ、そういう一族だからな」

男「なんだよあれ…手足が六本って昆虫かよってはなしですよね…」

ケイローン「青年が私を馬鹿にしていることはわかった」

男「……え?」

766:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 13:11:57.73 ID:L2tQkoUG0

ケイローン(Χε?ρων, Cheiron)は、ギリシア神話に登場する、半人半馬の怪物であるケンタウロス族の賢者である。
ラテン語ではキロン(Chiron)という。日本語では長母音を省略してケイロンとも表記される

賢いケンタウロス

768: 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 :2011/04/04(月) 13:13:50.03 ID:GyCH9Vlk0

ケイローン「草原の賢者とよばれる私が今一度聞く」

ケイローン「青年は人間か?」

男「あぁ…オレは死ぬかもしれない…」

ケイローン「………」

男「はい…人間です」

ケイローン「なぜこちら側に人間が?」

男「その…道に迷って」

ケイローン「それは有り得ない、案内者は誰だ?」

男「……」

ケイローン「言わなければ案内することも道を教える事も出来ない」

ケイローン「心配するな。教えたからどうこうなる事も青年が人間だから殺すような事も無い」

男「スライム女…」

770: 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 :2011/04/04(月) 13:19:53.02 ID:GyCH9Vlk0

ケイローン「なるほど…あいつならやりかねないな…」

ケイローン「とりあえずだ青年、わたしの村に来ると良い」

ケイローン「折角の客人なのだから、それなりのもてなしはしよう、必要ならば案内もだそう」

男「え…あ、ありがとございます」

ケイローン「まぁそこまで畏る事でも無い」

男「昆虫とか言ってごめんなさい」

ケイローン「…敵として迎える入れてもいいんだが?」

男「ホントすみませんでした!」

773: 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 :2011/04/04(月) 13:27:24.43 ID:GyCH9Vlk0

ケイローンの村

ケイローン「客人を連れてきたぞ」

ケンタウロスA「あれ人間じゃね?」
ケンタウロスB「え?マジマジ?めっちゃ受けるんだけど」
ケンタウロスC「うわwwwwwマジ弱そうwwwwww」
ケンタウロスA「わかるわぁー後ろ脚で蹴ったら一発だべ」

男「なんだこのDQNは…」

ケイローン「その…すまん、ウチの村の若い男共は血の気が多くてな…」

男(ケイローンは仲間をよんだ、ケンタウロスABCが現れたって感じだな…)

ケイローン「立ち話もなんだ、私のウチに来るといい。すこし話も聞きたいしな」

774: 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 :2011/04/04(月) 13:40:50.89 ID:GyCH9Vlk0

ハウス

ケイローン「……それで気付いたらここに居たと」

男「はい」

ケイローン「まぁ一度に二人も連れて世界を渡ればそうなるだろうな」

男「その、スライム娘達が住んでる所ってどっちの方なんですか?」

ケイローン「それなら、私達も用事があるからな。そいつらに案内させよう」

男「あ、ありがとうございます」

ケイローン「出発は明日になってしまうけどいいかな?」

男「あ、はい」

ケイローン「ならばそれまで村を見てみると良い、半人半獣の物が集まる村だから、人間の君は少し怖いかも知らないが」

778: 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 :2011/04/04(月) 13:51:41.47 ID:GyCH9Vlk0

ケンタウロスA「お、出てきた。お前マジ人間なの?」

男「あ、あぁそうだけど」

ケンタウロスB「まじうけるしーちっと話聞かせろよー」

ケンタウロスC「やっべwwwww人間となwwwwwなにも出来なそうwwwwww」

ケンタウロスA「おめー笑ってんなよww
w」

男「なんだこいつら…」

ケンタウロス娘「はいはい、あんたらあんまり囲まない!怖がってんだろうが」

ケンタウロスA「だって人間とか珍しくね?色々話ししてぇじゃん」

ケンタウロス娘「まぁ、気持ちはわかるけどよぉ」

781: 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 :2011/04/04(月) 13:59:43.07 ID:GyCH9Vlk0

男「ごめん、ちょっと一人にさせて貰えるかな?色々有りすぎて頭痛い」

ケンタウロス娘「あ、うん。そうだね、後で話し聞かせてくれよ」

男「あぁ、後でなら」

787: 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 :2011/04/04(月) 14:05:36.02 ID:GyCH9Vlk0

村の外

男「そっか。やっぱり人間は珍しいんだもんな、囲まれるわそりゃ…」

男「あの変態スライム共もやっぱり人前に出したらあぁなんのかな」

男「……無理矢理追い出さなくてよかったな、面倒な奴らだけどあんな目に会うのは流石にな」

ケイローン「やはり居心地が悪いか?」

男「そうですねぇ…なんか珍獣の気持ちがすごいわかりました」

ケイローン「青年の世界に行けば私達の方が珍獣になるのだけどな」

男「珍獣っていうか、化け物扱いですね…」

ケイローン「まぁそうだろうな」

792: 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 :2011/04/04(月) 14:14:07.73 ID:GyCH9Vlk0

ケイローン「実を言うと過去にも何度か人間がきた事は有るんだ」

男「そうなんですか…」

ケイローン「みんな三日ももたず発狂して、1週間も経たずにしんでいったよ」

男「え?なんで?」

ケイローン「周りはみんな好奇の目を向けてくる、自分とは違う生き物、逃げ出しても食糧を自力で取ることも出来ない」

男「あぁ…そりゃ死ぬわ」

ケイローン「空気も青年の世界とは違うからな、こちらの空気を吸い続けると思考能力も落ちて行くらしい」

男「……」

ケイローン「疑心暗鬼の末に…って事になった人間もいたな」

男「怖がらせたいんですか?」

797: 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 :2011/04/04(月) 14:20:13.33 ID:GyCH9Vlk0

ケイローン「そうなるな」

男「…なんでですか」

ケイローン「風の噂でな、最近スライムの女共が人間の男に御執心だと聞いてな」

男「こっちの世界にも噂ってあるんですね…」

ケイローン「知能があって喋れれば噂話しくらいするさ」

801: 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 :2011/04/04(月) 14:27:47.44 ID:GyCH9Vlk0

ケイローン「悪いことは言わない、スライム共の事は諦めた方が良い」

男「別にオレが御執心なわけじゃないし」

ケイローン「すこし好奇の目を向けられただけで青年は心を病み始めている」

ケイローン「それがこの先ずっと続くとしても…耐えられるかい?」

男「……」

ケイローン「あちらの世界はスライム共に悪いのは聞いてるんだろ?」

男「…うん」

ケイローン「ならわかるだろう?両方が一緒に生きられる世界はどちらにも無いんだよ」

男「はぁ」

ケイローン「少し考えてみると良い」

804: 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 :2011/04/04(月) 14:34:55.77 ID:GyCH9Vlk0

男「…それでも」

ケイローン「ん?」

男「あいつは言ったんですよ」

男「ハッピーエンドが無いなら、私がそれを作る。って」

ケイローン「うむ…」

男「だからそれを少し信じてみても良いかなって思います」

ケイローン「人間とは存外ロマンチストなのか?」

男「無いなら作れば良いで成長したのが人間ですから」

男「だから、無理ならそれを作りますよ。別にずっと一緒にいるだけが恋愛じゃ無いですし」

806: 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 :2011/04/04(月) 14:40:21.21 ID:GyCH9Vlk0

ケイローン「だ、そうだ」

男「ん?」

スライム娘「…///」

スライム女「な…なかなか恥ずかしいことをサラッというじゃない…」

男「なんでお前らが!?」

スライム女「馬鹿じゃないんだから、何処らへんで落し物したかくらいわかるわよ」

男「っていうかお前!オレは行かないっていったよね!?なんで無理矢理連れてきたの!?」

スライム女「あら?だから騙されたとおもってって言ったじゃない」

男「それはそういう使い方する言葉じゃないから!ホントに騙してどうすんだよ!」

スライム女「おかげで面白い事が聞けたわ…」

807: 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 :2011/04/04(月) 14:45:52.08 ID:GyCH9Vlk0

スライム娘「あれはプロポーズで良いんですか!?」

スライム女「あら?あれは私へのよね?」

男「どっちも違う!あれは例え話しであってだな…その…」

男「始める前から諦めるのはいかがなものかと思って言っただけで…」

スライム女「なに赤くなってんのよ童貞(仮)のくせに」

男「だぁ~かぁ~らぁ…」

スライム娘「男さん…私頑張りますね!」

男「なっ……まぁ、うん」

男「そうだな…」

スライム娘「だから暫くは通い妻で頑張ります!」

スライム女「一人じゃ行けないくせになにいってんのよ」

808: 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 :2011/04/04(月) 14:49:35.74 ID:GyCH9Vlk0

スライム娘「が、頑張るから大丈夫です!」

男「話が纏まったところで…そろそろ帰りたいんだが…」

スライム女「あら…なんで?来たばかりじゃない」

ケンタウロスABC娘「じーーー……」

男「あの視線が滅茶苦茶気になるんだ…」

スライム女「でもダメ、今日一日ぐらい頑張りなさい」

男「なんでだよ…」

スライム娘「見せたいものがあるんです」

男「見せたいもの?」

811:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 15:03:47.30 ID:GyCH9Vlk0

スライム達の湖

スライム女「ここが私達の村よ」

男「キレイな湖だな…」

ケンタウロスABC娘「あぁ、そうだな」

男「なんでお前らまだいんの!?」

ケンタウロスABC娘「だってまだ話し聞いてないし」

男「もいやだ…こいつら…」

スライム娘「こっちに来て下さい男さん」

男「え?こっちって…そこ湖の上なんだけど」

スライム女「良いから行って来なさい!」ドン

男「うわっ」バーチャン

スライム娘「行きますよ男さん」

フワフワー

男「水が、シャボン玉みたいに…」

814:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 15:12:30.02 ID:GyCH9Vlk0

スライム娘「水をいっぱいとりこんで体を伸ばしてるだけなんですけどね」

男「なるほどな…水の精霊とかいわれるようになるわけだ…」

スライム娘「私はまだまだですけどね」

男「これでもまだまだなのか…」

スライム娘「私、この景色を見せたかったんです」

男「あぁ…きれいだ」

スライム娘「コレが私の住んでいる世界です」

スライム娘「なにも無いところですけど、やっぱり男さんには私の事も私の世界の事も知って欲しかったから」

スライム娘「いっぱい練習しました」

男「ん」

スライム娘「だから…今度は私が男さんの事を教えてもらう番です!」ギュ

816:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 15:17:07.64 ID:GyCH9Vlk0

男「だが断る」

スライム娘「そう言うと思ってました」

スライム娘「だから、男さんに、教えて貰うんじゃなくてわたしが探すんです」

男「……」

スライム娘「そのために来れからも…覚悟しといてくださいね?」

男「そうだな…」


スライム女「なーんか、なっとく行かないけどね。私の方が接触多いのに私の負けみたいな雰囲気」

ケンタウロスA「ババァだからじゃね?」
ケンタウロスB「わかるーマジうけんだけど」
ケンタウロスB「若さにしっとwwwww」
ケンタウロス娘「あんたらはちょっと黙ってな!」

817:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 15:22:28.61 ID:GyCH9Vlk0

翌日男の家

男「………だからさ」

スライム女「ん?」

スライム娘「なんですか?」

男「なんで今日もいんだよ!?」

男「空気が悪いからもどったんでしょ!?なんでふつうに今日もいるわけ!?」

スライム娘「気にしたら負けです」

スライム女「男に会いたくて」クネクネ

男「たまにはオレのプライベートが欲しい…」

818:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 15:26:21.42 ID:GyCH9Vlk0

スライム女「でも私、今日はすぐ帰るから」

男「そうなのか?」

スライム女「えぇ、敵に塩を送る事になるけどね」

男「?」

スライム娘「今日は私だけです!だから…覚悟しておいてくださいね?」

スライム女「娘ちゃんもとうとう大人になる日が来たのね…」ホロリ

男「ホロリじゃえねぇよ!襲わせないよ!?」

スライム娘「男さん…」

男「ん?」

スライム娘「大好きです」ニコ

男「…はぁ。ありがと…」

FIN

826:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 15:35:22.81 ID:GyCH9Vlk0

エロなんか知らん
そして書きダメ無しで行ったら滅茶苦茶gdった誠に遺憾である

827:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 15:35:25.80 ID:592LpWA80



さあ残り150ちょい
ラストスパートがんばれ

828:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 15:35:42.14 ID:tOJ15Efz0

>>1
やっぱスライムはいいな

829:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 15:36:31.22 ID:iwhzLFin0

おまえらどんだけ>>1シバくつもりだよwwww

832:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 15:46:17.66 ID:x4JJv4qw0

>>1

お前らちゃんと下げとけよ
続編の分がなくなっちまう

857:1:2011/04/04(月) 16:56:21.03 ID:vzOwId6A0

まぁそのうち他の亜人達も書くかもしれないので
見つけたらよろしくお願いします

サキュバスとか人魚とか触手はもう書かれてるみたいだから
それ以外の亜人になると思いますが
少なくもオナホ妖精は書きたい

863:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 17:31:15.70 ID:LmBYvPTK0

まだ残ってたのかよこのスレwww

873:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 18:29:17.15 ID:5c7MuQpb0

お前らどんだけ>>1のHP削れば気がすむんだよw




とりあえず、保守しておきますね

875:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 18:39:29.55 ID:tnaxHajI0

お前ら鬼過ぎんだろ…
こっからどんな話しかかせる気だよwww

保守

883:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 20:24:50.62 ID:vzOwId6A0

男「……質問いいか?」

スライム女「またその始まり方なの?」

男「お前らが今日いる事には何も突っ込まないでおく」

男「でもな…これは突っ込ませくれ…」

ケイローン「なんだね青年」

男「なんでオレのうえにこいつが乗ってんの?マジで重いんだけど!!」

ケイローン「さすがのわたしもそれは傷つく…」

男「だからどけよ!!」

ケイローン「いや、青年はこうやって起こされるのが好きだと聞いたからな」

男「もう起きたよ!ってかお前のった瞬間に起きたよ!」

ケイローン「カエルが潰れるような声だったな」

884:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 20:32:30.08 ID:vzOwId6A0

男「おっさん…自分の体重を考えて行動しよう?な?」

ケイローン「考えた結果喜ぶと思ってたのだが…」

男「だから人の上でのんびり喋んな!」

ケイローン「わがままだな…青年」ヨッコイショ

スライム女「大丈夫?」

男「あぁ多分…」

ケイローン「人間とは意外と脆いのだね…」

男「お前が言うとすごいムカつく…」

スライム娘「私の事を布団にいれてくれないからです」

男「首謀者はお前か…」

886:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 20:36:12.96 ID:HOcM5NNh0

キテター

887:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 20:39:47.15 ID:vzOwId6A0

スライム女「なんかあなたに頼みごとがあるらしいから連れて来たのよ」

男「頼みごと?オレに?」

ケイローン「そうなのだよ…少し席を外して貰えるかな?」

スライム娘「いやです」

スライム女「断るわ」

ケイローン「……」

男「いいからあっち行ってろ…」

スライム女娘「…むぅ」

ケイローン「すまない…」

890:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 20:48:58.63 ID:vzOwId6A0

男「それで頼みって?オレなんか何も出来ないと思けど…」

ケイローン「いや…そんなに難しい事では無い」

ケイローン「この卵を温めて、孵して欲しいんだ」ハイ

男「卵を?結構でかいな…」

ケイローン「まぁ詳しい事を説明すると長いんだが…簡単にいってしまえば、あちらの世界は生まれたての者には刺激が強いので、こちらの世界で卵を孵してあちらの世界に持って行くんだ」

ケイローン「普通ならば人目のつかない所で我々がやるのだが…」

ケイローン「キミに任せるのも面白いかもと思ってな」

男「なるほど…それであっちの世界ではコウノトリが子供を運んでくるのか」

ケイローン「卵はいつの間にか生命の木の根元に置かれていて、それを見つけたらこちらの世界に持ってくる」

ケイローン「これは彼方の世界でも一部しか知らないことだがね」

893:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 20:53:17.66 ID:ME3kXDSK0

このケイローンも蛇口から出てきたのかとか思っちまった

894:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 20:54:40.68 ID:vzOwId6A0

ケイローン「それで…だな」

男「暫くあいつらにこっちくんなって言っておけば良いんですね」

ケイローン「すまん、怖くて」

男「いや…わかりますよ…」

男「取り合えずしばらく卵は押入れの中に隠しておくか」

ケイローン「何が出てくるかは、生まれてからのお楽しみだ」

男「そっか…何時の間にかあるんだもんな」

ケイローン「獰猛な者じゃ無いといいな」

男「…獰猛な生き物だとどうなるの?」

ケイローン「………」

男「どうなるの?」

ケイローン「いや…楽しみだな。恐らくあと1週間もすれば彼方の世界で引き取れると思うからよろしくたのんだよ!」

男「え?おい!?」

898:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 20:58:19.38 ID:vzOwId6A0

>>893
ケイローンも自分で渡れるって設定です、書いてないけど


男「行っちまったよ…もういいぞ」

スライム娘「あれ?ケイローンさんは?」

男「逃げ…帰ったよ」

スライム女「ふーん?それでどんな話しだったの?」

男「秘密だ、だから言えない」

スライム女「まさか…確かにケイローンにも穴は有るけど…」

スライム娘「え!?うそ!!?」

男「違うからね!?」

901:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 21:03:47.39 ID:vzOwId6A0

男「それと、お前ら暫くは出入り禁止な」

スライム娘「なんでですか!」

男「暫く実家に帰るからな、来ても意味無いだろ」

スライム女「ふ~ん?ホント?」

男「どっちにしろ出入りは禁止だ。もし来たら一生口聞かないからな!」

スライム女「子供…?」

男「暫くやる事があるのは本当だからな」

スライム娘「隠し事はよく無いです…」

男「…う、そうなんだけどさ…でも言っちゃダメな事もあるだろ…?」

スライム娘「男さんのばか…」

男「用事が済んだら相手してやるから…だから今日はもう帰れな?お願いだから」

900:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 21:03:01.07 ID:vnG3+epE0

ケイローンの性別は♂でいいんだよな

902:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 21:09:45.67 ID:vzOwId6A0

>>900
おっさんです


男「さてと…あいつらも帰ったし」

ドスン

男「…駝鳥の卵より一回り位大きいな…」

男「さてとあいつが置いていった石板を…石板とかマジ邪魔なんだが…」

男「何々…卵を孵すにあたって…愛情をもって温める、時には優しい言葉も」

男「人間と似たようなもんだな」

男「温めるって人肌で良いのかな?」

905:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 21:13:50.12 ID:vzOwId6A0

男「でもあいつらが文明の利器とかを使うと思えないし多分人肌だよな」

男「早く生まれてこいよ~」ピタッ

男「ピタッ?……まさかな…」グイグイ

男「離れねぇ…マジでかこれ!?」

男「え?何これ!?オレこれからこの卵抱えて生活するの?」

男「食糧の買い置きとか殆どないんだけど……」

男「……さっさと生まれてこいよ…」

909:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 21:27:11.82 ID:vzOwId6A0

温め生活一日目

片手が使えないのでパンを食べたジャムを塗るのにも苦労した

生まれて来るまでまだまだかかりそう


温め生活二日目

今日もパン、もうパンはない
米が食べたい

時々中で動いているみたい生まれて来るまでもう少しかな?

温め生活三日目

面倒だから何も食べない、タマゴにかける言葉が出て来なくなってきた、自分の語彙量が、悲しくなった

中で動いている、もうすぐ生まれそう

温め生活四日目
気づいたら生まれていた…

917:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 21:39:14.74 ID:vzOwId6A0

男「なんだこれ…」

フィギュア?「……」

男「フィギュア?石で出来た女の子像?」

ケイローン「これは…ガーゴイル?」

男「いつの間にいたの!?」

ケイローン「いや…生まれるころかな?と思って来てみたんだが…倒れていたから放置して置いた」

ケイローン「それよりも、これはガーゴイルで良いのかな?」

男「オレに聞かないでもらえますか…」

ケイローン「私はこんな容姿をしたガーゴイルを見たことがない」

男「オレはガーゴイルとか言うのをみた事が無いです」

922:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 21:46:11.22 ID:vzOwId6A0

ケイローン「普通、ガーゴイルと言うのは蝙蝠やドラゴンのような格好をしているんだが…」

男「ドラゴンの翼と尻尾の生えた女の子ですね…」

ケイローン「……君は何を考えながら卵を温めていたんだ…」

男「関係なく無いですか?」

ケイローン「いや、卵は少なからず温めた者の影響を受けるからね。その為に繋がるわけだし」

男「…?」

ケイローン「こちらの世界なら優秀な雄がその能力をついだ子供を作るだろう?それと一緒で優秀なもの、まぁ私のような」

男「…?はい」

ケイローン「が、力を与えながら卵を孵化する事でより優秀な卵をを孵すのだよ」

男「…なんとなくわかったようなわからないような…」

924:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 21:54:28.30 ID:vzOwId6A0

ケイローン「そこでもう一回聞く、何を考えて卵を暖めていたらこうなるんだ?」

男「……女の子?」

ケイローン「なるほど…だから君は童貞(仮)なのか…」

男「おい!?それ誰から聞いた!いや、わかるけど!想像つくけど!!」

ケイローン「あまり大きな声を出すな…この子が泣いちゃうだろう」

ガーゴイル「………」

男「滅茶苦茶無表情でなにも喋らないんですけど…」

ケイローン「まぁ…ガーゴイルだからねぇ…」

男「何すれば良いんですか?」

ケイローン「三時間置きにご飯をあげてれば良いんじゃないかな?それと時々喋りかけてあげて」

ケイローン「一応三日はお願いするよ、そうじゃないとあっちに行ってから体がモタ無いからね」

男「ご飯って?」

ケイローン「生肉…かな?」

927:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 21:57:56.89 ID:vzOwId6A0

男「それじゃちょっと買い物に行って来るので、少しだけみていてください」

ケイローン「うむ、わかった」

ガチャバタン

ケイローン「…わたしがケイローンだ」

ガーゴイル「……」

ケイローン「ガン無視はつらいな」

ケイローン「おじちゃんと遊ぼうか?」

ガーゴイル「……」フルフル

ケイローン「拒否された…」

930:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 22:04:30.92 ID:vzOwId6A0

男「ただいま、肉って牛肉でいいかな?ちょっと奮発してみたんだけど」

ケイローン「……いいんじゃないか?」

男「なんでそんなに凹んでんの?」

ケイローン「いやな…ずっと無視されてたから…青年はなんでそんなに元気なんだ」

男「何だかんだいっても、やっぱり嬉しかったからかな、オレが孵したんだーって」

ケイローン「……いつまで持つかな…」

男「とりあえず一口大に切って…こんなもんか…」

男「ほら、ご飯だぞ」

ガーゴイル「……」ピク

ガーゴイル「……」ハムハム

男「……可愛いな…無表情だけど」

ガーゴイル「……」ジー

男「あ、はいはい次ね。ハイ」

ガーゴイル「……」モキュモキュ

ケイローン「……食い気…か」

929:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 21:59:02.32 ID:hQh2re3C0

ぷよぷよのドラコみたいなかんじか

932:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 22:09:11.57 ID:vzOwId6A0

>>929
三十センチ位のドラコでいいと思う


男「もっと食べる?」

ガーゴイル「…ゲプ」フルフル

男「それじゃあ、ご馳走さまだね」

ガーゴイル「…ごちそう…さま?」

男「そうだよ、食べ終わったらご馳走さまって言うんだよ」

ガーゴイル「…ごちそうさま」

男「うん、エライエライ」

ケイローン「……私だってご馳走様くらい…」

男「気持ち悪いから端っこで凹むのやめてくれるか?」

ケイローン「…くそ…女の子の事しか考えていなかったくせに…」

男「いや、あれは…何考えたらこうなるのかな?って思った事を言っただけで…」

935:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 22:16:10.00 ID:vzOwId6A0

スレの節約の為に一レスを長くしたらみにくいな…


ケイローン「…」スッ

ケイローン「帰る、三日後に迎えに来るから…」

男「まだ凹んでんの?」

ケイローン「凹んでないやい!」バタン

男「…あの叔父ちゃんはね、意外とデリケートみたい」

ガーゴイル「デリケート?」

男「だから優しくしてあげてね?」

ガーゴイル「…でもね、あの叔父ちゃん少しウルサイの…」

男「ガーゴイルちゃんと仲良くなりたくて頑張ってたんだよ」

ガーゴイル「…でもニコッってすると凄く怖い」

男「それは本人には言わないで置こうね…」

ケイローン「聞こえてるけどね…」

男「まだいたの!?」

ケイローン「ちなみに人間でいう五歳くらいまでの知識はもう教えてあるから、その子に話す気があれば、ある程度の会話わ出来るはずだ」

940:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 22:21:49.85 ID:vzOwId6A0

男「そんな事出来るの?」

ケイローン「いちおうこれでも草原の賢者だから…子供に相手もされないのに賢者…笑っちゃうよね」

男「その…ゴメンな?」

ケイローン「謝られるともっと辛い…」バタン

男「今度こそ行ったか?」

ガーゴイル「いったか?」

ケイローン「行ってない」ヌッ

ガーゴイル「……」キラキラ

ケイローン「喜んでくれてる!」

男「嬉しそうだな…」

ガーゴイル「叔父ちゃんうごきがへん!」

ケイローン「……」ズーン

男「また凹んだよ…」

946:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 22:28:31.15 ID:vzOwId6A0

三日後

男「ガーゴイルちゃんとも今日でお別れか」

ガーゴイル「…お別れ?」

男「あぁ、ガーゴイルちゃんは今日本当の世界に帰るんだよ」

ガーゴイル「…?」

男「あの叔父ちゃんのいる世界に行くんだ」

ガーゴイル「……や」フルフル

ケイローン「準備は出来たか?」

男「寂しいけどオレはな」

ケイローン「さっきも説明したが、あっちに戻ったらこの子は記憶を消すことになる、その後ガーゴイルの村に運ばれ」

男「あぁわかってるさ」

ガーゴイル「……や、もっと一緒にいる」

男「大丈夫だよ、絶対遊びに行くから」

ガーゴイル「…忘れない?」

男「あぁ、忘れない」

950:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 22:33:49.60 ID:vzOwId6A0

ガーゴイル「じゃあ、ガーゴイルも忘れない…」

男「ありがと」

ガーゴイル「だから、またね?」

ケイローン「……この子が人の形になった理由なんとなくわかった気がする」

男「え?」

ケイローン「お前が人間だからなんだろうな」

男「そんな理由?」

ケイローン「人間は不思議生き物だな」

男「お前らに言われたくねぇよ…」

ケイローン「では…行くぞ」

ガーゴイル「……またね、パパ」バイバイ

男「あぁ、またな」

949:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 22:32:14.16 ID:U5S08G6S0

ガーゴイルって水を出す彫刻だよな

955:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 22:40:36.15 ID:vzOwId6A0

>>949
元々は神様の使いとか異教の邪神の使い
それが魔除けの像になった、口から水を出すのは水は魔を寄せつけやすいからその最前線で追っ払うためだとか


男「はぁ…やっぱり寂しいな…」

スライム女「あら…私達がいない間になにがあったの?」

スライム娘「なんか哀愁が漂ってます…」

男「大人になったって事かな…」

スライム娘「え!?なななな」

スライム女「やっぱりそういう理由だったの!?」

男「いや…多分お前らの想像とは違うが…」

スライム娘「そんなの許しません!!」

男「お前も少しは大人になれよ…」

スライム娘「そ、そんな…オトナにしてやるだなんて////」

男「いってねぇよ!!」

FIN

958:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 22:44:03.47 ID:vzOwId6A0

なんか急いで終わらせたから落ちがいつも以上に微妙だった…
普通の亜人だけで無く擬人からの亜人ってのも良いよねって言うのを伝えたかったから
それが伝われば嬉しい…けどこの長さじゃ無理があるか…


パー速とかはね…そこまで行く気力が、ないのでゴメンなさい…

963:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 22:47:04.13 ID:L2tQkoUG0

乙かれさま、面白かった
今度はまた違うシチュエーションで亜人物が見たいな

965:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 22:49:04.83 ID:vzOwId6A0

多分近いうちにまた亜人系のスレタイでスレを立てると思うんで見つけたら見てやってくださるとありがたいです

みんな~保守とか支援とか有難うです!

968:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 22:52:50.07 ID:g50ia7ce0

乙かれ
守備範囲いろいろ広がったわ

969:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 22:53:07.18 ID:egFNLeB30

>>1乙!
スライム娘好きになった

995:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/04(月) 23:25:04.44 ID:gLcOUFzX0

ゆっくり休んでまた良い作品書いてくれ。


1000: 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2011/04/04(月) 23:26:19.34 ID:S/32mKXr0

もう一度

立ち上がれ

そう不死鳥のように




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ