Powered By 画RSS


モバP「だりやすかれんとポッキーゲーム」

1 : ◆5F5enKB7wjS6 2015/11/11(水) 23:13:20.09 ID:PLYoCqCvO

―――事務所


李衣菜「…………」ジリッ

泰葉「…………」ジリジリ

加蓮「…………」ジリジリジリ…


P「ちひろさん大変です」

ちひろ「どうしましたプロデューサーさん?」

P「愛しのアイドルたちが細い棒状の物を咥えながらにじり寄ってきます」

ちひろ「なんと」




2 : ◆5F5enKB7wjS6 2015/11/11(水) 23:15:13.63 ID:PLYoCqCvO
李衣菜「…………」ススス

泰葉「…………」スス…

加蓮「…………」ススッ


P「よく見たらポッキーでした」

ちひろ「でしょうね」

P「なんのつもりでしょう?」

ちひろ「そりゃまぁ、プロデューサーさんとポッキーゲームしたいんじゃないかと」

P「ポッキーゲームですか」

ちひろ「今日は11月11日ですしね」

P「なるほど」


3 : ◆5F5enKB7wjS6 2015/11/11(水) 23:17:28.73 ID:PLYoCqCvO
ちひろ「してあげたらどうです? ポッキーゲーム」

P「えー。それはちょっと……」

ちひろ「あら、嫌なんですか?」


「「「!?」」」


P「だって最終的にキスすることになりますよね?」

ちひろ「ですね」

P「そんなことしなくても愛してますもん」


李衣菜「っ♪」トテテ

泰葉「……♪」トテトテ

加蓮「♡」テテテッ


P「くっ、こっちに来るスピードが上がっただと……!?」


4 : ◆5F5enKB7wjS6 2015/11/11(水) 23:19:24.31 ID:PLYoCqCvO
李衣菜「…………」ササッ

泰葉「…………」サササ

加蓮「…………」ササ…


P「俺を中心に回りながら近づいてくる……」

ちひろ「まるで獲物を狙う肉食獣のようです……!」

P「え、俺って獲物なんです?」


加蓮「がおーっ」

李衣菜「がおー」

泰葉「が、がおー」


P「かわいい」


5 : ◆5F5enKB7wjS6 2015/11/11(水) 23:21:11.06 ID:PLYoCqCvO
加蓮「――Pさん、んっ!」

P「ついに包囲された……。や、しないからな?」

泰葉「愛を確かめましょう、Pさん?」

李衣菜「ガッとやってチュッとしましょう!」

P「よく喋れるなポッキー咥えてて――あれ、ポッキーじゃない!?」

李衣菜「これトッポですよ」

泰葉「私、フラン担当です」

加蓮「私は普通にポッキーだけどね」

P「なんてことだ……!」


7 : ◆5F5enKB7wjS6 2015/11/11(水) 23:22:25.21 ID:PLYoCqCvO
ちひろ「ふふっ。観念したらいかがですか?」

P「まぁ俺、プリッツ派なんですけどね。サラダ味が好きで」

李衣菜「なっ……!」

泰葉「そ、そんな……」

加蓮「どうしよう、持ってないよっ」


ちひろ「あ、私持ってますよ?」

「「「さすがちひろさんっ!」」」

P「ちひろさん!?」


8 : ◆5F5enKB7wjS6 2015/11/11(水) 23:24:10.15 ID:PLYoCqCvO
李衣菜「んー、んー」ツンツン

泰葉「んんー……」ツンツン

加蓮「んぅー」ツンツン

P「あははくすぐったい、咥えたプリッツで突っつくなって」

ちひろ「うふふ、ヒナ鳥みたいですね♪」

P「親鳥をつつくヒナがどこに――ちょ、いい加減痛いってのっ」


ぽきっぱきぺきっ


「「「あっ」」」

P「あ、折れた」


9 : ◆5F5enKB7wjS6 2015/11/11(水) 23:25:44.45 ID:PLYoCqCvO
ちひろ「おっとと、もったいないっ」パパパッ

加蓮「わっ、ちひろさんすごっ!」

泰葉「落ちる前に全部拾っちゃった……」

P「どんな反射神経してんですかあなたは」

ちひろ「ふっふーん、たとえ小銭を落としても、地面に落ちる前にキャッチ出来ますから♪」ドヤァ

李衣菜「と、特技……なんですか、それ?」


10 : ◆5F5enKB7wjS6 2015/11/11(水) 23:27:20.43 ID:PLYoCqCvO
P「がめついなぁ……っとそんなことより。はいはい、折れたんだからおしまい! レッスン行ってこいっ」

加蓮「ええー!」

李衣菜「そんなぁ! まだたくさんあるのに!」

泰葉「い、一回だけでもっ……!」

P「あー、そういえば今日はマストレさん、予定空いてるって聞いたなー。電話してみよっかなぁ?」


「「「い、行ってきまーすっ!!」」」ピューッ


P「よし」

ちひろ「もう、悪い人ですね」クスッ


11 : ◆5F5enKB7wjS6 2015/11/11(水) 23:28:45.17 ID:PLYoCqCvO
P「超えちゃいけない一線ってのがありますから」

ちひろ「ちょこっとやって、途中で折っちゃえばいいじゃないですか」

P「……俺が我慢できるかどうかはまた別問題です」プイ

ちひろ「ふふ♪」

P「と、とにかく。アイドルな以上、迂闊なマネはさせませんし、しませんよ」

ちひろ「アイドルでなくなったなら、どうします?」

P「それは……あの子たちが望まないでしょう。少なくとも、今は」


12 : ◆5F5enKB7wjS6 2015/11/11(水) 23:30:27.15 ID:PLYoCqCvO
ちひろ「ですね。失礼しました」ペコリ

P「いえ。……さっきの折れたプリッツ、くれますか?」

ちひろ「? はい、どうぞ」

P「気持ちだけはもらっとかないと。ぽりぽり」

ちひろ「うふふ……愛してるのは本当なんですね」

P「当然です。やっぱ美味いな」ポリポリ

ちひろ「ああ、そうそう。預かり物があったんです」ゴソ…

P「へ? 預かり物って――」


13 : ◆5F5enKB7wjS6 2015/11/11(水) 23:31:48.75 ID:PLYoCqCvO


―――レッスンスタジオ、更衣室


李衣菜「――ね、Pさん受け取ってくれたかな?」

加蓮「ふふっ、ちひろさんに預けたんだし大丈夫だよ」

泰葉「ポッキーゲームは失敗だったけど……あっちなら、きっと」

加蓮「うん、あれなら実用性あるよね♪」

李衣菜「私たちもお揃いだしね!」

泰葉「そうね、今日も頑張れる気がするっ」

李衣菜「へへ、一心同体ってやつ? ――よし、行こうっ!」タッ

加蓮「うんっ!」

泰葉「ええ!」


―――


14 : ◆5F5enKB7wjS6 2015/11/11(水) 23:33:27.07 ID:PLYoCqCvO


―――


P「――靴下、ですか?」

ちひろ「お揃いみたいですよ? ふふっ、こっちが本命だったのかもしれませんね」

P「真正面から渡してくれればいいのに……」

ちひろ「恥ずかしかったんですよ、きっと♪」

P「ポッキーゲームのほうがよっぽど恥ずかしいと思うんだけどなぁ……ふふ、まぁいいや――」


P「こうなったら、穴が空くまで履いてやりますよ!」



おわり


15 : ◆5F5enKB7wjS6 2015/11/11(水) 23:35:53.83 ID:PLYoCqCvO
というお話だったのさ
ポッキーかと思った?靴下ちゃんでした!ってことでひとつ

今日は靴下の日でもあるらしいよ


16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/11(水) 23:36:06.77 ID:hjIAVEAbO
おつ
やはりだりやすかれんとの距離感はいいものだ


17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/11(水) 23:38:00.92 ID:xo77iuvU0
こう、いつでもほっこりできるのがいいよなぁ…
いつもありがとう。乙ー


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1447251200/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2015/11/12(木) 21:25:30

    プリッツでつつく絵面を想像したら笑えた


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ