Powered By 画RSS


ココア「みんなは俺さんとどんなセ○クスしてるのかな?」チノ「えっ」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/25(日) 15:59:29.629 ID:zj98giMt0.net
チノ「ココアさん、俺さんとセックスしてるんですか……」

ココア「えっ?チノちゃんセックスしてないの?」

チノ「わたしは俺さんがココアさんやリゼさんに欲情しないよう毎日手コキで射精させてるんですけど……」

~~~

チノ「私、これからやることがあるんでさっさと射精してください」シコシコ

俺「あっ あっ あっ でりゅぅ!」ドピュッ ドピュッ ドピュッ

チノ「どうせ捨てちゃうのに、いっぱい出ましたね……情けなくないんですか?」

俺「うぅ……面目ない……」

チノ「まぁ、これだけ出せばココアさんやリゼさんに欲情して手を出すこともないでしょう。私はバケツを洗ってくるので、もう帰っていいですよ」

俺「は、はい……」

~~~

ココア「あはは……私、俺さんとほぼ毎日セックスしてるんだけどな~」

チノ「だまされていたというわけですか……後できついお仕置きが必要ですね……」

チノ「そ、それで……ココアさんは俺さんとどんなセックスを……?」

ココア「おっ?チノちゃん興味ある?」




5 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/25(日) 16:01:03.619 ID:KPwIW65GM.net
親が見たらなんて思うか


10 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/25(日) 16:03:55.050 ID:zj98giMt0.net
ココア「えへへ……私の場合はね~」

~~~

ココア「あはは~ 年下の女の子に騎乗位で搾りとられるのってどんな気持ち?」

俺「こ、ココアさんやめて!中に出ちゃう!」

ココア「年下の女の子に責められて出しちゃうんだ?いいよ出しても?その代わり責任とってね♪」

俺「あ、あ、で、出る!出ちゃうぅぅ~!」ドピュッドピュッ!

ココア「えへへ……中で出ちゃったね……責任とってお婿さんになって、うちのパン屋ついでもらうからね♪」

~~~

チノ「ココアさん!生中出しはダメですよ!」

ココア「え~大丈夫だよ~ちゃんと安全日だし~」

チノ(なのに責任とらせようとしてたんですか……)

ココア「それに、お母さんになるのも悪くないけど、そうしたらここで働くこともできなくなっちゃうしね~」

チノ「ココアさん……」


11 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/25(日) 16:06:30.715 ID:zj98giMt0.net
リゼ「おっ、今日は二人とも早いな」

ココア「リゼちゃん!いまね、俺さんとのセックスの話してたんだ」

リゼ「せっ!? こ、こんな時間に二人とも何の話してるんだ!」

チノ「リゼさんも、俺さんとセックスしてるんですか?」

リゼ「うっ……そ、その……まぁ……」

ココア「聞きたい!聞きたい!聞かせて!」

リゼ「な、なんだその食いつきは!?」

チノ「……私も聞きたいです」

リゼ「チノまで……わかったよしょうがないな」


16 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/25(日) 16:10:51.282 ID:zj98giMt0.net
~~~

リゼ「今日はありがとうな。水着を選ぶのに付き合ってくれて」

俺「あ、あの……リゼさん……」

リゼ「ん?……!!ば、馬鹿!何考えてるんだこんなところで!」

俺「うぅ……ご、ごめんなさい……リゼさんの水着姿を見ていたらつい……」

リゼ「わ、私を見て……?……そ、そうか……それじゃあ仕方ないな……」グイイ

俺「わ、り、リゼさん?」

リゼ「そんな膨らませてたら、帰れないだろ?そうなったのは私にも責任があるわけだし……ひ、人に見られる前に手早く済ませろよ!」

俺「は、はい!ありがとうございます!」グイッ ニュプゥ

リゼ(! う、後ろから突かれるのって、なんだか犯されてるみたいで、変な気分に……)

リゼ「って、こ、こら!私は気持ち良くさせなくていいから!聞いてるのかおい!バカー!」

~~~

ココア「リゼちゃん、俺くんとデート行ったの!?」

リゼ「う、い、いや水着を選ぶのを手伝ってもらっただけで……」


17 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/25(日) 16:11:15.772 ID:8zOD8aT90.net
どんな顔して書いてんだこれ


19 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/25(日) 16:14:15.975 ID:zj98giMt0.net
ココア「いいなーいいなー!私も俺くんと一緒にデート行きたいな~!」

リゼ「わー!だ、だから別にデートと言えるようなもんじゃないって!」

チノ「俺さんとデート……」

ココア「? チノちゃん何か言った?」

チノ「い、いえ別に……」

カランカラーン

シャロ「た、助けて~!ウサギに追われてるの!かくまって~!」

ココア「シャロちゃん!いいところに来たね!シャロちゃんは俺くんとどんなセックスしてるの?」

シャロ「え?えぇぇっ!?い、いきなり何!?」カァァァァ

チノ「シャロさんも俺さんとセックスしてるんですか!?」

シャロ「い、いつからここは変態喫茶になったのよ~……」

リゼ「なんだか私も気になるな……」

シャロ「う……せ、先輩が言うなら……」


21 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/25(日) 16:17:33.528 ID:zj98giMt0.net
~~~

シャロ「正常位って……なんだか上から襲われてる感じがして怖い……」

俺「そう?じゃあ、バックを試してみようか?あっちむいて、お尻をこっちむけて」

シャロ「う、うん…………ってこれって余計に襲われてるみたいで怖い上に恥ずかしいじゃない~!」

俺「ご、ごめんごめん。冗談だってば!それなら、この対面座位ってのはどう?」

シャロ「たいめんざい?」

……

俺「ど、どうかな?これなら怖くないでしょ?」

シャロ「う、うん……で、でもなんか……」

俺「なんか?」

シャロ(か、顔が近くて恥ずかしい~~~!)

俺「この体位ってお互いにぎゅっとできるのがいいよね」

シャロ「! わ、わたしも……ぎゅっとするの好き……」

俺「それじゃ、いっしょにぎゅってしよっか?」

シャロ「う、うん……」


27 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/25(日) 16:21:19.439 ID:zj98giMt0.net
シャロ(あ、なんだろうこの感じ……あったかくて、ぎゅってして、ぎゅってされて……きもちよくって……)

シャロ「しあわせぇ……」トロン

~~~

シャロ「って、感じなんだけど……」

ココア「は、はわわわ……」プシュー

リゼ「ちょ、ちょっと妬けちゃうな……あまあますぎて……」

シャロ「えっ!?普通こういう感じじゃないの!?」

ココア(頼んだら私にもやってくれるかな……?)

リゼ(私には野外お手軽セックスばっかりなくせに……)

チノ「……」///

カランカラーン

千夜「あら?みんな集まってるわね」

シャロ「ち、千夜!千夜も俺さんとエッチしてるよね!?」

千夜「え?えぇまぁしてるけど……きゅ、急にどうしたの?」


31 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/25(日) 16:25:09.265 ID:zj98giMt0.net
~~~
千夜「どう?全裸で縛られて、年下の女の子に足でちんちんゴシゴシされる気分は?」

俺「き、気持ちいいです……」

千夜「クスクス……なさけないね。ココアちゃんたちが見たらどう思うかしら?」コシコシ

俺「……!」ビクンビクーン

千夜「あら?ココアちゃんの名前を出したら硬くなったわね?」

俺「ち、違います……その……和服の裾から伸びる足が……い、色っぽくて……!」

千夜「…………///」

千夜「きゅ、きゅうに変なこと言わないでください!」ゴリュッ

俺「オゥフッ!?」

千夜「あぁ!?ご、ごめんなさい!」

俺「い、いえ……全然、へっちゃらですよ……はは……」


35 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/25(日) 16:28:33.439 ID:zj98giMt0.net
千夜「そ、その……お詫びと言ってはなんだけど……今日は本番までさせてあげようかなって」

俺「えぇ!?ほ、本当ですかぁ!?」

千夜「それで……体位なんだけど……これ、やってみたいなって思うの」

『松葉崩し』

俺「…………」

千夜「よくわからないんだけど、とっても気持ちいいんですって!」

俺「この人……自分が気持ちよくなりたいだけじゃあ……」

~~~

千夜「って感じね」

チノ「あの人、どれだけ精子溜めこんでるんですか……」

ココア「私ともほぼ毎日エッチしてるのにね~」

カランカラーン

青山「みんな、俺さんとのエッチの話してるの~?」

リゼ「あ、青山さん!?聞いてたんですか?」

青山「私の場合はね~……」


36 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/25(日) 16:34:04.809 ID:zj98giMt0.net
~~~
青山「今日は『ブルーマウンテン』にちなんで~……ブルマ姿で来ちゃいました~!」ドーン

俺「…………」

青山「あ、あれ?受けなかった?……や、やっぱり若い子のほうがいいんだ~……」

俺「い、いや、そういうわけではないんですけど……その……今俺の部屋エアコンが壊れていてですね……」

青山「え……え~!寒い中我慢して来たのに~……ひどい……」

青山「あっ そうだ!それなら一緒に温めあいましょ!」

俺「あたためあうって……わっ!」

青山「ねっ?こうして抱き合っておふとんに入れば、もう全然寒くないもの」

俺「あ、青山さん……!胸とか太ももがあたって……」

青山「あっ、そういえば今ブルマだったわね……うふふ……なんだかいけないことしてるみたい……」

青山「ねっ?このままえっちしよっか?寒いから、お布団の外には出ないように……ね?」

俺「あ、青山さん!」ガバッ

青山「あっ、こら!お布団はだけちゃう!」

~~~

青山「って感じね!」


43 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/25(日) 16:37:42.273 ID:zj98giMt0.net
リゼ「み、みんな結構凄いエッチしてるんだな?」

シャロ「そういえば私、先輩やココアのエッチ聞かせてもらってないわ」

千夜「聞きたい聞きたい!どんなエッチしてるの?」

青山「私も興味あるわ~……」

チノ「…………」スッ……

シャロ「あれ?チノちゃんは?」

…………

俺「ふぃ~……面白い本見つけてついつい図書館に長いしちまったい……」ガチャッ

チノ「……」ムスッ

俺「あ、あれ?チノちゃん?なんで俺の部屋に?」

チノ「聞きましたよ……せっかく私がいっぱい射精させたのに、色んな女の子とエッチばっかりして……」

俺「そ、それはその……!な、なんだ……!」

ギュッ

チノ「ずるいです……私にも……本当のえっち……してください……」


終わり


44 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/25(日) 16:37:58.519 ID:zj98giMt0.net
no title


こんな顔して書いた
両親はすでに死んでいる
ハロワに行く気はない

このスレを立てたこと、砂漠の砂一粒ほども後悔していないし
こんな自分を誇りに思っている


47 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/25(日) 16:39:19.934 ID:fGtmZ3d70.net
よくやったお疲れ


49 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/10/25(日) 16:40:57.447 ID:Pr5C63EPd.net
楽しく生きろよそれが一番だ


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1445756369/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ごちうさ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ