Powered By 画RSS


シズカ「男装というものをしてみたいです」スミレ「どうしたの?」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 23:28:08.03 ID:2PlibG0u0
シズカ「殿方のように凛々しくなりまして、確かめたい事があるのです」

スミレ「そっか。そういう事ならアタシに任せて!バッチリかっこよくしたげるから!」

シズカ「ありがとうございます」



スミレ「できたよ!ポニーテールがクールだね!」

シズカ「まぁ、これが私でしょうか……これほど凛々しくなりますと、惚れてしまいそうです」

スミレ「喜んでくれてよかったよ!それにしても、確かめたい事ってなに?」



シズカ「スイさんのパンチがどれほどの力かを確かめたいのです」

スミレ「イミワカ」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 23:30:35.64 ID:2PlibG0u0
シズカ「街中に出ましたわ」

スミレ「ねぇ、ホントにするの?」

シズカ「勿論です。スイさんの力がどれほどの物か、『なんぱ』をして確かめるのです!」

スミレ「どうなっても知らないよ……」

シズカ「スイさんは私がお守りしますわ!」

スミレ「シズカがだよ」



スミレ「あ、スイ来たよ」

シズカ「行ってまいります!」


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 23:34:15.66 ID:2PlibG0u0
スイ「もう駅~まで~♪」

シズカ「そこのお嬢さん」

スイ「?」クルッ

シズカ「俺と一緒に遊びませんか?」

スミレ(無駄に紳士なんだけど)

スイ「え、ボ、ボクはちょっと……」

シズカ「まぁまぁ、遠慮なさらずに」グイッ

スイ「!!」ビクッ

スイ「いやぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーー!!!!!!!!!」ベキン!!

スミレ「シズカぁ!」



シズカ「」ガシッ



スイ「!?」

スミレ「!?」


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 23:37:47.94 ID:2PlibG0u0
シズカ「この程度ですか……」ギリギリ

スイ「ひっ……!」ガタガタ

スミレ「ちょっ、もうやめたげて!」

スイ「えっ、スミレ!?」

スミレ「ほら!」

シズカ「そうですね……大変失礼致しました」

スイ「え、え、どういうこと?」

シズカ「」シュルルッ

スイ「……ええええええええええ!?シズカあああああ!?」

スミレ「スイ、ホントごめんね……お昼奢ってあげるから……」

シズカ「わびしい気持ちで、お詫びしい……おわびしい……」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 23:45:16.95 ID:2PlibG0u0
スイ「ボクの握力?」

スミレ「シズカが気になったんだって」

シズカ「やはりこの身で確かめるのが一番かと思いまして」

スイ「それで男の人の格好したんだ……もー!心臓に悪いよ!」

スミレ「正直、自画自賛したくなっちゃったよ……」

シズカ「私も……」

スイ「それで、ボクの握力ってどうだったの?」

スミレ「支配人を一撃で倒せるから強いと思ってたけど」



シズカ「……まだ、足りません」

スイ「うっ」

シズカ「このままでは、本当に怖い殿方を倒すことは叶いません」

スイ「そんな!」

スミレ「じゃぁ、支配人は非力って事?」

シズカ「それもあります」

スミレ「あるんだ」


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 23:48:11.63 ID:2PlibG0u0
シズカ「スイさん……強くなりましょう」

スイ「シズカ!」

シズカ「強くなって、自信をもって、皆さんの前に立てるようになりましょう!」

スイ「うん!わかった!」

スミレ「スイが明るくなったかな、よかったよかっ……」



スミレ「あれ?そもそもこれ何が目的だっけ?」

スイ「よーし!頑張るぞー!」

スミレ「ちょっとスイー?聞いてるー?」

シズカ「スイさんが強くなって、推参……スイさん……うふふ」

スミレ「ダメだ、ほっとけない」


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/22(日) 23:58:33.68 ID:2PlibG0u0
スミレ「それから、シズカによるスイのイミワカなトレーニングは続いた」



シズカ「まだです!腕のしなりが足りません!」

スイ「こうかな!?」シュン

シズカ「そうです!そのコツを覚えて!」



シズカ「足も瞬時に使えるように!相手の動きは常に予想を上回る物と思ってください!」

スイ「わかった!」ヒュッ

シズカ「まだまだ!それでは避けられてしまいますわ!」



シズカ「身体が柔らかければ相手の攻撃を避けられます!」

スイ「ほっ!」ぐにょーん

シズカ「まだです!『まとりっくす』みが足りません!」



シズカ「本日は特別講師をお呼びしております!」

スイ「よろしくお願いします!」

シャオ「アチョー!お願いするアル!」

スミレ(シャオなら安心かな)

サヲリ「呼ばれちゃいました!」

スミレ(アカン)


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 00:06:52.37 ID:CXImrXWM0
スミレ「それから1ヶ月が過ぎた」



支配人「……え、お寿司?」

シズカ「はい、SiSHの皆様と支配人さんで行きたくなりましたので」

スイ「わー!食べたい!」

スミレ「でもいいの?アタシ達だけで」

シズカ「皆様と同時に食べられるほど大きなお店ではありませんので、順番に入ろうと思っております」

支配人「そっかぁ」

シズカ「差しあたって銀行に寄ってお金を引き出したいのですが、よろしいですか?」

スイ「いいよー!」

シズカ「ありがとうございます。では行きましょう」



スミレ「お寿司かぁ……シスのスシ、なんて」



シズカ「銀行(バンク)の後で晩食う……バンクう……うふふふ」

スミレ「勝てない」


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 00:12:27.99 ID:CXImrXWM0
シズカ「『えいていえむ』の操作を致しますので、今しばらくお待ちを……」



???「動くな!」ジャキッ



全員「!?」

強盗「お前ら!全員動くな!金を出せ!」

スミレ「ちょっ、強盗!?」

スイ「ひゃぁ、グループだぁ!」

強盗「おいオマエ!こっち来い!」グイッ

スイ「!!」ビクッ



スイ「いやああああああああああああ!」グシャッ

強盗「がふっ」

スイ「あ……」

スミレ「強くなってるぅー」


10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 00:16:31.85 ID:CXImrXWM0
強盗「へっへへへ」ガシッ

強盗「クッククク」ガシッ

スイ「!!」

シズカ「なっ!」

スミレ「両腕を塞がれた!?」

強盗「お前ら動くなよ!動いたらコイツの命はないぜ!?」

スイ「ひっ……いやっ!」

シズカ「スイさん!」

スイ「!」

スイ(そうだ……脚を使うんだ!)

スイ「でやあああっ!」ビュン

強盗「オラァ!」グシャッ

スイ「あああああああああああああああ!!」ズキッ

スミレ「スイ!!!」

強盗「ギャッハハハハハハ!人質は大人しくしてろってんだよ!」

スイ「……っ!」


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 00:19:51.51 ID:CXImrXWM0
強盗「ん……?コイツどっかで見た事あるな?」

強盗「あん?」

強盗「ギャッハハハハハハ!どっかで見た事あると思ったら、コイツ神城スイだ!」

スイ「!?」

強盗「神城スイ!?こいつぁ面白れぇ!現役アイドルじゃん!」

強盗「こんなカワイ子ちゃんとこんな所で会えるなんて思いもしなかったぜ!」

スイ「や、やめろぉ!」

強盗「ッヒャッヒャッヒャッヒャ!アイドルの命が惜しいか?惜しいよなぁ!だったらさっさと金出せやァ!」

スミレ「どうしよう……このままじゃ……」

シズカ「……」グッ

スミレ「シズカ……?」


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 00:22:42.01 ID:CXImrXWM0
シズカ「」ヒュッ

スミレ「!?」



強盗「ぐはっ!?」バキッ

強盗「んなっ!?」ドカッ

スイ「わわっ!?」ドサッ

シズカ「スイさん!大丈夫ですか!?」

スイ「う、うん、ボクはなんとか……」

スミレ「ちょっとシズカ!なにしてんの!」

シズカ「私は大丈夫です!スイさんを……」



強盗「……や、やりやがったなアバズレェェェェ!!!」ビュン

シズカ「!!!」

???「……」ヒュン

強盗「ゴバァッ!!」ドシン

全員「!?!?」


13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 00:28:01.19 ID:CXImrXWM0
支配人「ふぅ、なんとか間に合ったか」

スミレ「支配人!?!?!?!?!?!?!?」

スイ「な、なんで!?」

支配人「説明してるヒマはない!スミレ!通報するんだ!」

スミレ「う、うん!わかった!」

強盗「キッサマァァァァァァァァ!!」

支配人「むんっ!」グッ

強盗「あががががががががっ!」バタッ

スイ「」ポカーン



<ピーポーピーポー



スミレ「スイ、脚怪我したでしょ」

スイ「これくらいなんとも……つつっ!」

支配人「ああ、病院行かなきゃ!」

スイ「でも、このままじゃお寿司が食べられ……いつつ!」

シズカ「スイさん……」

スイ「ごめんね、シズカ」

シズカ「いえ、そうではなく」



シズカ「今晩は、宅配寿司にしませんか?」


14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 00:31:50.71 ID:CXImrXWM0
スミレ「……で」



スイ「ホントに、男の人って予想だにしない事するんだね……」

シズカ「まだまだ改善の余地がありますわ!怪我が治りましたらまた修行致しましょう!」

スイ「はい!よろしくお願いします!」

シズカ「改善の余地はでかいぜー!んー!?」

スイ「でかいぜー!んー!」

支配人「はは、まぁ近いうちに治りそうでよかったよ」

スミレ「ねぇ、とりあえずさ」

シズカ「はい」



スミレ「支配人がそんなに強かったなんて聞いてないんだけど」

支配人「……?」

シズカ「……?」

スイ「????」

スミレ「なんでそんな不思議そうなの!?アタシがおかしいの!?」


16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 00:38:09.08 ID:CXImrXWM0
支配人「黙ってるつもりはなかったんだけどな……」

シズカ「実は私のトレーニングをスイさんよりもずっと前から受けていたのですよ」

スミレ「そうだったの!?」

スイ「ボクの拳を受けきれるくらい強くなりたいんだって!」

スミレ「支配人……どうして言ってくれなかったの!?」

支配人「だってカッコ悪いじゃん」

シズカ「ふふ、それもまたカッコよさなのですよ」

スイ「そうだよ!支配人はカッコいいよ!」

スミレ「ま、まぁ、カッコ悪くはない、かな?」

支配人「みんなぁ……!ありがとう!そんなみんなが大好きだ!」



がしっ



スイ「ひっ!」

スミレ「あ」

シズカ「あら」

スイ「いやあああああああああああああああ!」

支配人「ごはぁ!」ベキッ



スミレ「……あれだけ強いのに、なんで避けないの?」

シズカ「さぁ、なぜでしょう」


17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 00:43:45.49 ID:CXImrXWM0
シズカ「スイさん、あーん」

スイ「手は怪我してないってば~!」

シズカ「遠慮せずとも、ええんりょ~」

スイ「ひえ~ん!」

スミレ「シズカ……」

支配人「ま、一件落着かな」

スミレ「……」



スミレ(そっか……この中で、アタシだけ弱いままなんだよね)

スミレ(……)

スミレ(なんだか、置いてけぼりになった気分)

スミレ(ま、仕方ないけどさ)



支配人「あ、そうだ。スミレ、明日の朝8時にナナスタに来てくれるか?」

スミレ「え、アタシ?いいけど、なんで?」

支配人「いいから!」

スミレ「はぁ……イミワカなんですけど」


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 00:46:55.70 ID:CXImrXWM0
~翌日~



支配人「お待たせ!さ、行こうか」

スミレ「行くって、どこへ!?」

支配人「行けばわかるさ!」



スミレ「……ここって」

支配人「そう」



シズカ「ようこそおいでなさいました」

スイ「やっほー!スミレー!」



スミレ「みんなが修行してた所!?」

支配人「そのとおりだ!」

スミレ「なんでアタシがこんな所来るのさ!」

支配人「なんでって言われても……」



支配人「昨日、スミレが寂しそうな目をしてたからさ……」



スミレ「あ……」

シズカ「うふふ」ニコニコ

スイ「えへへ」ニコニコ

スミレ「……そっか」



スミレ「ホント、イミワカなんだから」


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 00:48:45.39 ID:CXImrXWM0
支配人「さぁ、スミレ!僕達みんなで修行しよう!」

シズカ「仲間外れなんて、絶対にさせませんわ」

スイ「ボクは見学だけど、腕だけでも鍛えるからね!」



スミレ「おっけー!アタシをビシバシ、鍛えてよね!」



おわり


20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 00:49:27.61 ID:CXImrXWM0




シズカ「カラダを鍛えるのは、1からだ……1カラダ……うふふふふ」

スミレ「やっぱやめようかな」





ほんとにおわり


21 : ◆qjxqBnFJ.k 2015/11/23(月) 00:51:14.65 ID:CXImrXWM0
あー、シズカのセリフ考えるの楽しい。

HTML化依頼を出してきます


22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:11:37.07 ID:UkISGq4Do
イミワカ(る)乙


23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 12:02:45.67 ID:OmK8GRwBO
乙!


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1448202487/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ナナシス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ