Powered By 画RSS


さやか「おはよーまどか」 まどか「ぱよぱよちーん」

1 : ◆HU7XfvOYA2 2015/11/08(日) 22:02:44.68 ID:9odSwpPW0
特定の団体や特定の思想には全く関係がありません。
日常系のほんわか話を遅筆ですが書かせていただきます。


2 : ◆HU7XfvOYA2 2015/11/08(日) 22:03:39.38 ID:9odSwpPW0
まどか「…」カリカリ

まどか「…終わった」

まどか「宿題やっと終わったぁ~」

まどか(寝る前にネットでもしようかな)

まどか(いつも行くまとめサイトへ…)

まどか(ふんふん…なんだろこれ)

まどか(ぱよぱよちーん…?)




3 : ◆HU7XfvOYA2 2015/11/08(日) 22:04:40.16 ID:9odSwpPW0


さやか「おはよーまどか」

杏子「おはよー」

まどか「おはよー…あ、そうだ!」

さやか「?」

まどか「さやかちゃん、杏子ちゃん、ぱよぱよちーん」

さやか「え?」

杏子「へ?」

まどか「ぱよぱよちーん」

さやか「ぱ…ぱよぱよ、ちん?」

杏子「なんだよそれ」

まどか「なんかね、ネットで流行してるみたいなんだよ」

杏子「聞いたことねーぞ」

さやか「へえ、挨拶なの?」

まどか「そうみたい。本当はね、さやかちんぱよぱよちーんって使うのかな」

さやか「ちん?」

杏子「さやか、ちん…ぶふっ」


5 : ◆HU7XfvOYA2 2015/11/08(日) 22:06:43.58 ID:9odSwpPW0
杏子「さやかちん…あはははは」

さやか「そんなに笑うな~」

杏子「あはは、ごめんごめん…ってかそんなのどこのガキが言ってんの?」

まどか「んーっと、おじさんだったよ。おじいさん、かも」

さやか「ええーっ?それどんなシチュエーションで言ってるの?」

まどか「毎日の挨拶だったような…女の人に送ってたのかな」

杏子「やばいヤツっぽいな…」

さやか「うわっ鳥肌たってきたわ」

まどか「えー面白いと思うんだけどな」

杏子「まあブームになったら、その光景が面白いよな」

まどか「うん!だから2人も使ってね!」


7 : ◆HU7XfvOYA2 2015/11/08(日) 22:11:02.43 ID:9odSwpPW0
教室

まどか「あ、仁美ちんぱよぱよちーん!」

仁美「あらまどかさん、おはようございます。変わった挨拶ですのね」

さやか「ぱよぱよちん、仁美」

杏子「ぱよぱよちーん」

仁美「あら、さやかさんに佐倉さんまで…」

杏子「これ流行ってるんだって。あんたも使わないとみんなからハブられるぜ~?」

仁美「ええ!?そうなんですの?」

杏子「そうそう…上条にも嫌われるぞ~?」

さやか「ちょ、ちょっと杏子っ」

仁美「そんな…!それならその挨拶を使いこなしてみせますわ~」ダーッ

まどか「あ、仁美ちゃん行っちゃった」

さやか「きょおこ~あんたね~」


9 : ◆HU7XfvOYA2 2015/11/08(日) 22:27:56.07 ID:9odSwpPW0
まどか「あ、ほむらちんぱよぱよちーん」

ほむら「…」

さやか(げっ!ほむら!)

まどか「ほむらちん?」

ほむら「…」

杏子(こいつが固まってるの初めて見るな…)

ほむら「まどか…貴女は自分の人生が貴いと思う?家族や友達を大切にしてる ?」

まどか「う、うん大事だよ」

ほむら「なら、あまりその言葉を使わない方がいいわ…これは忠告よ」スタスタ

まどか「え、あ…ほむらちゃんの気に触るようなこと言ったのかな…」

さやか「まーあいつは何考えてるか分かんないから。気にしない気にしない」

まどか「…うん」

杏子(あの反応、何かあるんだろうな)


10 : ◆HU7XfvOYA2 2015/11/08(日) 23:16:50.06 ID:9odSwpPW0
昼休み

まどか「あ、マミさーん!ぱよぱよちーん」

マミ「あら鹿目さん…?」

杏子「なに不思議な呪文唱えてんだって顔だなー」

さやか「マミさん、これ今超ハヤってるんですよー」

マミ「ぱよ、ぱよちん?…そ、そうなの?」

まどか「はい!ネットで…」

杏子「アイドルなんかもテレビで使ってるらしいぜーこれ知らないってどこの南北朝時代の人間ですかって」

マミ「…あ、ああ思いだしたわ、あの言葉ね!ええ、ももも勿論知ってるわ!懐かしいくらいよ」

さやか「ちょっ!マ…」

杏子「さっすがマミだぜー知らないとなぎさにも嫌われるしな~」

マミ「そ、そうよね!しら知らないなんててありえないわ!毎日それで近所の人にも挨拶してるぐらいよ!」

杏子「おおーっじゃあこれからも使い続けるんだよな?」

マミ「ええ!あたりまえじゃない!」

杏子(計画通り)ニヤリ

まどか「ええー…」

さやか「杏子ーあんた性格悪すぎーってかマミさんチョロすぎ…」


12 : ◆HU7XfvOYA2 2015/11/10(火) 00:36:16.98 ID:BXYgTdsO0
次の日

恭介「さやか、ぱよぱよちーん」

さやか「えっ!?きょ、恭介!?」

恭介「ん?どうしたんだい?」

さやか「う、ううん…ぱよぱよちん、恭介」

仁美「皆さん、ぱよぱよちーんですわー」

まどか「仁美ちんぱよぱよちーん」

男子生徒「ぱよぱよちーん」

女子生徒「ぱよぱよちーん」

杏子「…」

さやか「…」

杏子「おい…」

さやか「うん…」

杏子「面白いな。ウザイけど」

さやか「ぜんぜん面白くないよ!!」


13 : ◆HU7XfvOYA2 2015/11/10(火) 00:37:48.77 ID:BXYgTdsO0
一周間後

ぱよぱよちんぱよぱよちーんあっかりーんぱよぱよちーん

さやか「ああ…最近夢でうなされるんだけど」

杏子「正直うざくなってきたな」

まどか「まさか学校内だけじゃなくて、街中に広まるなんて思いもしなかったよ…」

杏子「普通3日で飽きるだろ…」

さやか「でもさ、こんだけ流行ってるのに、全然テレビでやらないね」

まどか「そうだよね」

杏子「ネットでも流行語大賞にって言ってんのになー」

さやか「正直それは勘弁…」


男「…」ギリッ


14 : ◆HU7XfvOYA2 2015/11/10(火) 00:42:18.62 ID:BXYgTdsO0
ある日の放課後

さやか「今日はあのお店に寄ってみる?」

まどか「うん!」

杏子「へいへい」

男「やあ、ちょっといいかな?」

さやか「…え、何ですか?」ビクッ

男「あやしいものじゃないさ。僕はこういう者です」スッ

まどか「えっ…テレビ関係の人!?」

男「今、取材してるから協力してくれないかな?」

まどか「わぁ、すごーい」

さやか「テレビ…あたし達も映るのかなっ?」


15 : ◆HU7XfvOYA2 2015/11/10(火) 00:42:46.96 ID:BXYgTdsO0
男「君達は見たところ見滝原中学校の生徒みたいだけど、この辺りで最近流行ってる言葉について知ってるかな?」

杏子「ああ、知ってるよ」

さやか「知りすぎてるくらいにねー」

男「色んな生徒に話を聞いてみたら、どうやら、「鹿目まどか」という女の子がその発信源らしいんだけど、君がもしかしてその「まどか」ちゃんなのかな?」

まどか「え、そそんなのじゃないですよ」

さやか「まどかもこれで有名人ですなー」ヒヒ

杏子「…?」

男「やっぱりそうなんだね!そこに中継車が停まってるからこっちに来て取材を受けてくれるかな?」

さやか「はーい」

杏子「おい待て!」

まどか「え?きょ、杏子ちゃん…?」


16 : ◆HU7XfvOYA2 2015/11/30(月) 00:31:51.77 ID:MbPUjI560
男「…」

杏子「あたしも色んな悪いやつ見てきたけどよ」

さやか「ちょっと、杏子…」

杏子「てめーは臭えんだよ。ゲロ以下の匂いがぷんぷんするぜ」チャキッ

まどか「きょ、杏子ちゃん!槍はまずいよ!」

さやか「ちょっと、相手は普通の人間だよ!」

杏子「普通?じゃねーよな…あんたらは」

まどか「え…」

男「…ふん、ここまで鋭いとは思ってなかった」ガッ

まどか「きゃあっ!」

さやか「まどか!」

男「おっと、動くなよ魔法少女。お前らより速くこのクソガキのクビを切り裂くぞ」スッ

杏子「!…てめえ」

男「さて、どつき隊の皆さん出てきてくれ」ザッザッ

さやか「な、なんなのこれ…?」


17 : ◆HU7XfvOYA2 2015/11/30(月) 00:34:25.50 ID:MbPUjI560
里予間「田久保、ずいぶん手こずってんじゃねーの?」ザッ

板本「こんなクズガキどもは全員ぶっ頃してブタの餌にしてやるぜ」ザッ

さやか「なに、こいつ…ら。こんな大勢…」

杏子「釘バット持って体中にもんもんいれたヤバイ奴ら…ヤクザ…いやチンピラか」

田久保「チンピラとは失敬な」

有由「我々は平和を愛し、争いを憎む者…故にネトウヨは全員ぶち頃す」

榊原「どつき隊は差別主義者を許さない。お前ら風俗嬢以下のゴミ女には処罰を与える」

杏子「…こいつら」

さやか「本気で頭おかしい」


18 : ◆HU7XfvOYA2 2015/11/30(月) 00:36:14.65 ID:MbPUjI560
田久保「なんとでも言うがいい。しかし、おまえ達が少しでも魔法を使うそぶりを見せたなら…」グッ

まどか「ひぃ…」

さやか「まどか…っ」

杏子「なんで魔法少女のことを知ってやがる!」

田久保「私の会社はセキュリティを扱う会社でね。今までの実績が評価され、人脈が功を奏し、防衛省やそ

のほか国の重要機密を守る仕事を任されたわけだ」

さやか「それを盗んだ…」

田久保「言葉は選びたまえ。少々拝借したのだ。最初は驚いたよ…だって、魔法少女だろ?眼を疑ったさ」

杏子「…」

田久保「研究させてもらった。おまえ達の能力は危険だからね」

杏子「てめえの方が危険だぜ」

田久保「この見滝原には少なくとも3人の魔法少女が居る。しかも強力だ。そんなところに…」グリッ

まどか「うっく…」

さやか「まどかっ!」


19 : ◆HU7XfvOYA2 2015/11/30(月) 01:11:33.73 ID:MbPUjI560
田久保「「ぱよぱよちーん」という言葉が流行していると聞いてね。これは一大事と思ったわけだ」

有由「魔法少女がネトウヨになる。それは我々が一番恐れること」

杏子「ネトウヨ…?なんだそれ…」

里予間「その大元を断たないとなーぶっ頃す」ブンブン

さやか「く…」

まどか「うぅ…」

田久保「でもね、私も鬼ではないからね」ニコッ

まどか「…」

田久保「おまえ達が罪を心の底から悔い改め、真に懺悔して真人間に生まれ変わるなら許してあげなくもない」

まどか「え…」

杏子「…」

田久保「そうでないのなら、私たちはおまえ達を粛清しなければならない」ニコッ

まどか「ひいっ」

杏子「…どうすればいいんだよ」

田久保「この本だ」スッ

まどか「…?きょうさんとう、せんげん…?」


20 : ◆HU7XfvOYA2 2015/11/30(月) 01:29:58.09 ID:MbPUjI560
田久保「この本に土下座して頭を地面にこすりつけコミュニストになると誓え。この国に共産主義革命をもたらす尖兵となると誓え。さすれば万に一つの可能性で、おまえ達を許してやらなくもない」

板本「ついでに日章旗を踏んで慰安婦に土下座してこい」

里予間「田久保が許さなかった時は俺が責任持って立派な売春婦にしてやんよ」

まどか「なに…それ」

さやか「どっちにしても酷い…」

杏子「てめえら…このド外道が~」

田久保「さあ、早く土下座したまえ」ニヤニヤ

まどか「…」

杏子「…ちっ」

さやか「…しかた、ないか…」

まどか「…さやかちゃん杏子ちゃん!やめて!」


21 : ◆HU7XfvOYA2 2015/11/30(月) 01:31:06.88 ID:MbPUjI560
さやか「…まどか?」

杏子「…」

まどか「わたしのことはいいから!2人は逃げて」

さやか「バカっ!そんなこと…!」

まどか「お願いっ」

田久保「んー麗しい自己犠牲の精神ですか…反吐が出る」ペッ

まどか「…っ」ガリッ

田久保「ぐうっ!?」

まどか「さやかちゃん杏子ちゃん!早くっ!」ダッ

田久保「逃がすか!どつき隊!やれぇっ!」

杏子「マミ!今だ!」


22 : ◆HU7XfvOYA2 2015/11/30(月) 01:36:25.43 ID:MbPUjI560
どつき隊「な…うわぁぁっ!」

漢組「うぐうっ」

28ALDs「ロープが足に!?うぎゃぁぁぁ…」

田久保「な、なんだこれは!?」

板本「地面から幾本もの黄色い紐が…あああぁーっ」

杏子「でかした!てりゃあっ」ドカッ

さやか「峰打ちで勘弁してあげる!」ガッバキッ

まどか「マミさん…!」

マミ「よくも大事な後輩を…あなたたち、許さないわ!」タッ

田久保「もう1人の魔法少女か?しかし何故…」オロオロ

さやか「あんたが知る必要はないよっ!」

杏子「形勢逆転だな!」

田久保「うわはぁっ?ど、どつき隊!おまえらぜんいん盾になれ!」ドンッ

どつき隊「うがっ」ドカッ

田久保「ひ!ひいぃっー!」ダッ

杏子「あ!逃げるなこの野郎!」


23 : ◆HU7XfvOYA2 2015/11/30(月) 01:40:33.08 ID:MbPUjI560
路地裏

田久保「ぜえーぜえー」ゼエゼエ

板本「ここまで逃げれば…」ハアハア

岩田「…もう追ってこないだろ…」ゼエハア

榊原「どつき隊は全滅か…」ハアーハアー

ほむら「お疲れ様。魔法少女から逃げ切るだなんて、逃げ足はとても速いのね」パチパチ

田久保「…っ!?」ビクッ

岩田「ど、どこから現れた?」

板本「まさか、魔法少女…」

田久保「馬鹿な!魔法少女は見滝原で3人だけのはず…」

ほむら「ええ、その通りよ。私は魔法少女ではないわ」

田久保「…」ホッ

ほむら「もっと、性質が悪いものよ」


24 : ◆HU7XfvOYA2 2015/11/30(月) 01:59:45.52 ID:MbPUjI560
板本「お嬢ちゃん、冗談はやめな。頭を割って首を落とすぜ」ズイッ

ほむら「あら、冗談なんかじゃないわ。ほら…」

岩田「お、おい!板本、お前!」

板本「え?」

榊原「両腕が、有りえない方向に、曲がってる…」

板本「え?あれ?全然痛くない…?」

田久保「ひ!ひいぃっ!」

岩田「な、なんだお前は…」

ほむら「あら、言ったじゃない。魔法少女よりも性質が悪いものだって」クスクス


25 : ◆HU7XfvOYA2 2015/11/30(月) 02:00:53.62 ID:MbPUjI560
榊原「なな何の恨みがあって…っ!」

ほむら「うらみ?そんなの言わなくては分からないの?」

岩田「…」ゴクッ

ほむら「あなた達が鹿目まどかに危害を加えようとした。それだけよ」

田久保「…」

ほむら「それだけで万死に値する」

ほむら「とりあえず、あなた達全員の職場・家族親戚恋人友人知人近所の人関係者全部に先ほどの一部始終録画したものと今までの活動の詳細を送りつけておいたわ」プルルルプルルル

田久保「え…?あ、電話…職場から…」

榊原「あ、俺も…」

ほむら「出るといいわ。まあ用件は分かっているけどでしょう、けど」フフッ

田久保「あ、悪魔か…きさま…」ガクッ

ほむら「あら、あなたは本当の悪魔を知っているはずよ」


26 : ◆HU7XfvOYA2 2015/11/30(月) 02:02:16.45 ID:MbPUjI560
田久保「な、んだと…」

ほむら「ふふ…こんな所業はかわいいものということよ。本当の悪魔に比べたら…」

田久保「…」

ほむら「いいわ。革命の闘士であるあなたに」ギュイーン

田久保「な…っ身体が…!」

ほむら「プレゼントをあげるわ…」

田久保「うわ、うわぁぁぁ…」



田久保「…」

田久保「…はっ」

田久保「ここは…?」


27 : ◆HU7XfvOYA2 2015/11/30(月) 02:07:03.13 ID:MbPUjI560
田久保「このレンガの床は…俺はいったい」

田久保「…」キョロキョロ

田久保「…誰か来る?」カツーンカツーン

軍人A「Кто такой Такаши?」

軍人B「Всем появлением это походит на Восточное」

田久保「…なに、語だ」

軍人A「Быть здесь」

軍人B「Давайте возьмем Вас」グイッ

田久保「え?ちょ、ちょっと…」

軍人B「Не действуйте яростно」

田久保「や、やめ…」ズルズル


28 : ◆HU7XfvOYA2 2015/11/30(月) 02:07:51.52 ID:MbPUjI560
軍人「Я прибыл. Вступить」

田久保「あ、ちょっと…あ!」

男「…」ギロッ

田久保「あの顔は…まさかヨシフ・スターリン!?」

男「…」

田久保「間違いない!スターリンだ!これは夢か?幻か!?」

男「…Убийство」

田久保「夢でもいい!あの偉人に会えるなん…て」ドンドンドンドン

田久保「え?え?」

男「Убейте всех участников」ドンッドンッドンッ

田久保(周りに居る大勢の人間が簡単に殺されていく…)

田久保(一面血の海で…)

田久保(そこら中に無残な死体が転がっている)

男「Умереть」バン

田久保「あ…」


29 : ◆HU7XfvOYA2 2015/11/30(月) 02:20:58.70 ID:MbPUjI560
田久保「…」

田久保「ここは…」

田久保「さっきのは夢だったのか…」

田久保「どこなんだ…?この荒れ果てた町は…」フラフラ

田久保「う…そこら中に死体の山が…」

田久保「…女子供までこんな残酷な…腹を全部割かれてやがる」

田久保「向こうから人が…あの旗は五星紅旗?」

田久保「やった人民解放軍だ!助けてくれ!俺は日本の共産主義者で…」

軍人「日本人吗?」

軍人「杀」

田久保「え、ちょっ…」

バン


30 : ◆HU7XfvOYA2 2015/11/30(月) 02:22:06.80 ID:MbPUjI560
田久保「…」

田久保「…う…」

田久保「また…夢だったのか…?」

田久保「あれは…あの旗は…」

ほむら「夢ではないわ。あそこに見えるのはクメール・ルージュの旗よ」

田久保「お、おおお前!」

ほむら「ふふ…夢なんていう都合のいいものではないわ。全部本物。本当におこったこと」

ほむら「最初は1937年のソヴィエトよ。独裁者の強権によって恐ろしい数の人間が虐殺されたわ」

ほむら「次は毛沢東…文化大革命の頃かしらね。スターリンが行った悪鬼の所業をはるかに凌ぐ人間が殺されたわ」

ほむら「赤化したアジアで多くの人が犠牲になったの。さて、ここはご存知の通りカンボジア」

ほむら「ほら、血に塗れたクメールルージュがやってくるわよ」

田久保「こ、こんなことが…」ブルブル

ほむら「あら、あなたが長年夢見ていた革命の歴史的瞬間に、理想郷の実現に、立ち会えるのに。もっと喜んでいいのよ?」

田久保「だ、だって…これはっ」

ほむら「だって…何?」

田久保「…」アウアウ


31 : ◆HU7XfvOYA2 2015/11/30(月) 02:23:40.08 ID:MbPUjI560
ほむら「平和な日本で革命ゴッコをしてるだけではつまらないでしょ?だから私からのプレゼントなの」

ほむら「これから貴方は死ねないで…正確に言えば死ぬたびに時代を跳んで生き返るの」

ほむら「すべて共産主義革命の起こっている時代、そしてその土地に」

ほむら「未来永劫、無限にその移動は続くわ」

ほむら「運がよければその世界で生き延びるかもしれないし、何百回何千回と生き返る度にコツをつかめば逆にコミュンテルンを乗っ取ることも出来るかもしれない」

ほむら「でも、その世界は貴方が元居た世界とも違う。全く別の世界線」

ほむら「常に平和を乱し混乱を求め、自分達だけに都合の良い理想郷の建設を目指した貴方には最も相応しい「贈り物」」

ほむら「反応がないわね…聞いてるの?」

田久保「…」

ほむら「あら、もう頃されてたのね、可哀想に。次はどこに跳んだのかしら…」

ほむら「でもこれで分かったでしょ?」

ほむら「本当の悪魔は、人間の中に居るってこと…」


33 : ◆HU7XfvOYA2 2015/11/30(月) 22:54:34.83 ID:MbPUjI560


まどか「パパ、おはよー」

知久「おはよう、まどか。ママは起きた?」

詢子「起きてるよ…おはよ…」

まどか「おはよっ…テレビつけよ」プチッ

キャスター「今年の流行語候補は「アベ政治を許さない」「戦争法案」「自民党、感じ悪いよね」など、政府批判を含む言葉が数多く選ばれ…」

知久「コーヒーいるかい?」

詢子「濃いのお願い」

キャスター「では次のニュースです。若者たちで構成された学生運動団体、28ALDsの中で内部抗争があり…」

まどか「ほらタツヤ、あーん」

タツヤ「あーん」

キャスター「ある大手セキュリティ会社が顧客の情報を意図的に流出させていたとして…」

詢子「あ、これ取引があった会社だわ」

まどか「え!大丈夫なのママ!」

詢子「平気平気…営業来てしつこく政治の話ばっかりするヤツが居て鬱陶しかったから、丁度切るところだったし」

まどか「そうなんだー…良かったぁ」


34 : ◆HU7XfvOYA2 2015/11/30(月) 22:58:06.31 ID:MbPUjI560
詢子「あ、ところでまどか、ちょっと聞くけど」

まどか「うん、何?」

詢子「「ぱよぱよちーん」ってなんの挨拶なんだ?」

まどか「え…!」

詢子「うちの会社で使ってるヤツが多くてさあ」

まどか「うーん…悪い人が使ってたけど」

詢子「ふん」

まどか「良い人が使うには悪いものじゃないよ!」

詢子「なんだそれ」

まどか「ふふっじゃあ行ってくるねー」

詢子「それじゃ、私も行ってくるかな」

知久「行ってらっしゃーい」

タツヤ「行ってらったーい」


35 : ◆HU7XfvOYA2 2015/11/30(月) 22:58:50.58 ID:MbPUjI560
さやか「おはよーまどか!」

まどか「おはよーさやかちゃん杏子ちゃん!」

杏子「おはよー」



さやか「昨日は散々だったねー」

杏子「だよな、後片付けで時間かかっちまった」

まどか「うう…ごめんね、私のせいで」

さやか「あんなことになるなんて、誰も思わないってー」

杏子「そうそう、気にしない気にしない」

まどか「うん…あ、ほむらちゃん!」タタッ

ほむら「あら、まどか。大変だったみたいね、大丈夫?」

まどか「うん…ごめんね。あの時、忠告してくれてたのに…」

ほむら「世の中には常軌を逸した危ない人間が存在するの」

まどか「よく分かったよ…」

ほむら「とにかくまどかが無事で良かったわ…」ダキッ

まどか「え?ほ、ほむらちゃん?」

さやか「あ!こらーまどかに何をするんだー」ダー

ほむら「ふふ…では先に行くわね」

まどか「あ…うんっ!」


36 : ◆HU7XfvOYA2 2015/11/30(月) 23:00:09.62 ID:MbPUjI560
QB「今度の事件はイレギュラーだったけど、よく未然に世界の崩壊を食い止めてくれたね」

ほむら「…まどかに害を及ぼす者を排除しただけよ」

QB「そうだね。さて一味は全員逮捕されたけど、首謀者はどこに行ったんだい?」

ほむら「世界線の旅の最中よ。先ほど覗いてみたら、トロツキーと仲良く亡命してたわ…何百回繰り返したのか分からないけど、だんだん上手に立ち回れるようになったみたいよ」

QB「君が言うとなかなか考えさせてくれるね」

ほむら「そう…様子を見てたらいい暇つぶしになるわ」

ほむら「彼が、まったく今とは違う世界を築ける可能性も0ではない」

ほむら「そう思ったら、ロマンがないかしら?」クス

QB「やれやれ。あまり良い趣味とは言えないよ」

ほむら「ふふ…「ぱよぱよちん」は悪趣味だったから、丁度いいんじゃないかしら…」

QB「何が丁度なのか疑問だよ」





37 : ◆HU7XfvOYA2 2015/11/30(月) 23:06:02.69 ID:MbPUjI560
さて、これにてこの物語は終了です!
最初に書きましたとおり、特定の思想や団体とは全く関係ない、まどかマギカの世界の日常を何の変哲もなく淡々と書かせていただきました。
それ故にまったく刺激がなく、何の面白味もない作品に仕上がり、皆様のお眼目汚しになりましたこと深くお詫び申し上げますと共に、拙文にお付き合い頂き、またコメントをいただきました皆様に厚く御礼を申し上げ、ご挨拶とかえさせていただきます。
どうもありがとうございました!
では、また後日、別の拙稿でお会いできる日を楽しみにしております。


39 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 00:58:58.71 ID:DJB6btLMO
カッコいい悪魔ほむ見れてよかった


40 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/01(火) 08:39:54.44 ID:o/QbgsV40
どこが日常かとwwでもおもしろかった乙


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1446987764/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「まどかマギカ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ