Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【白猫プロジェクト】カティア「研究室に客人?」

1 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/15(日) 16:17:09.36 ID:NqT3IJRm0
ヨシュア「ここは飛行島にある空き部屋を借りたカティアさまの研究室」

ミレイユ「私たちはそこでカティアさまのお手伝いとして日々頑張っています♪」




2 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/15(日) 16:17:43.09 ID:NqT3IJRm0
ヨシュア「そんな研究室には時々カティアさまを訪ね、お客様がお見えになります」

ミレイユ「カティアさまは研究に忙しくて快くは思っていないようですが…そんなお話です」


3 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/15(日) 16:18:13.26 ID:NqT3IJRm0
コンコン

ヨシュア「どうぞー開いてますよー!」

リリエル「はあ……はあ……」

ミレイユ「どうしました!?顔色悪いですよ!?」

リリエル「お、お気遣いなく……私は、だいじょ……ゴハッ!」


4 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/15(日) 16:19:18.56 ID:NqT3IJRm0
ヨシュア「うわあああああ!!吐血ううう!?」

ミレイユ「お兄ちゃん落ち着いて!!と、とりあえず中に…」

リリエル「あ、ありがとうございます……でも平気ですので…」

ヨシュア「平気ってレベルじゃないですよコレ…」

カティア「むっきィ――――!!うるさいわよ双子たち!!!研究が進まな…ってアラ、いつぞやの吸血鬼さん」


5 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/15(日) 16:20:01.29 ID:NqT3IJRm0
リリエル「お、お久しぶりです。カティアさん…」

ミレイユ「えっ、カティアさまのお知り合いなんですか?」

カティア「知り合いっていうかクライアントね。その点滴台、私が作ったモノだし」

リリエル「この点滴台は、どれだけ乱暴に扱っても絶対に壊れないのでとても重宝しています…」

ヨシュア「す、すごい…」

カティア「あっっったりまえよ!この天才に不可能なんてないわァ!!んで、今日は何の用なの?」

リリエル「はい…どうしてもこの虚弱体質というか貧血を治したくて…お力を貸していただけませんか?」


6 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/15(日) 16:20:39.09 ID:NqT3IJRm0
カティア「うーんと、ムリ」

ヨシュア(さっき不可能はないって言ってたのに!?)

リリエル「そ、そんなあぁ……」

カティア「待ちなさい、今はムリってことよ!時間とお金さえあれば天才に不可能はないのっ!!」

カティア「吸血鬼自体のデータも少ないし、思うように進まないのよねェ…」

ミレイユ「確かに…カティアさまの研究資料に吸血鬼のことは少なかった気がする…」


7 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/15(日) 16:21:09.38 ID:NqT3IJRm0
カティア「とりあえず今日は身体検査と採血。ヨシュアは吐血の掃除!ミレイユは私の部屋にある文鎮を消毒して頂戴。」

双子「は、はい!!」

リリエル「文鎮…?」


8 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/15(日) 16:22:09.60 ID:NqT3IJRm0
------------------------------------------------------------------------



カティア「とりあえず一通り終わったわね。ハイ、これ処方箋の代わり」

リリエル「これは…文鎮ですよね?」

カティア「そうよ。鉄でできた文鎮。料理するときに具材と一緒に入れるの」

カティア「文鎮からの鉄分で気休めの貧血予防くらいになるでしょ。何回も使えるからちゃんと使いなさいよォ?」

リリエル「あ、ありがとうございますぅ…!!」


9 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/15(日) 16:22:48.12 ID:NqT3IJRm0
ヨシュア「文鎮にそんな使い方があったとは…」

ミレイユ「驚きだね、お兄ちゃん…」

カティア「その体質を治すのはまだ時間かかりそうだから、忘れた頃に来て頂戴」

リリエル「はいっ…!では今日はこれで…これはお代です…」ポンッ

カティア「ハイッ♪毎度ありー!!」


10 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/15(日) 16:23:26.49 ID:NqT3IJRm0
ミレイユ「…お兄ちゃん、私たちの元の家は結構裕福だったけど…」コソコソ
ヨシュア「ああ…あんな大金は見たことないな…」ヒソヒソ

カティア「このくらいの小銭じゃ研究費ですぐになくなるわよ」

双子「」

カティア「さ、検査の後片付けを手伝って」

双子「はーい!」


13 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/15(日) 18:11:40.75 ID:NqT3IJRm0
またある日

コンコン 

ヨシュア「はーい、開いてますよー」

ガチャ

フローリア「失礼いたします」


14 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/15(日) 18:12:09.46 ID:NqT3IJRm0
ヨシュア(うわぁ…綺麗な人だなあ…)

ミレイユ「お兄ちゃーん!見とれてないで案内してあげてー!」

ヨシュア「っ!わ、わかったよ!!」

フローリア「ふふ……♪」


15 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/15(日) 18:12:57.01 ID:NqT3IJRm0
ミレイユ「どうぞ、ローズヒップのハーブティーです」

フローリア「ありがとうございます。ローズヒップティーは好物なんです」

ミレイユ「それは良かったです♪もうすぐカティアさまが来れれると思います…あっ」

カティア「はいはーい、定期健診のフローリアさんねェ~。準備できてるからこちらにいらっしゃ~い」

ミレイユ「ではこちらに…」

フローリア「はい」


16 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/15(日) 18:15:47.71 ID:NqT3IJRm0
------------------------------------------------------

カティア「はいはい、目に異常なしっと。次、視力検査はヨシュアに頼むわねェ」

ヨシュア「はーい!任せてください!」

イキマスヨ!コレハ! ミギデス


17 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/15(日) 18:16:11.68 ID:NqT3IJRm0
ミレイユ「…カティアさま」

カティア「なに?」

ミレイユ「この島にはビートさんというお医者さまがいらっしゃると聞きました」

カティア「それで?」

コレハ! ウエデス


18 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/15(日) 18:16:38.96 ID:NqT3IJRm0
ミレイユ「先日もそうですが、どうしてカティアさまが医者まがいのことを…」

カティア「簡単よォ、この私が天才だから!!私にしか治せないものがあるのよ」

コレ! シタデス


19 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/15(日) 18:17:08.24 ID:NqT3IJRm0
カティア「フローリアも吸血鬼も、あの熱血ポンコツロボが私に泣きついてたから仕方なくやってんのよ」

カティア「あいつが手術して、私が投薬してってカンジね」

ミレイユ「…ふふ♪お優しいんですね」

コッチ! シタデス


20 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/15(日) 18:20:20.59 ID:NqT3IJRm0
カティア「なーに言ってんのよ。お金のため、研究費のためよ」

カティア「それに私の研究成果のその後は私が診てあげないとね。ヤブ医者ロボに渡すものですか」

ヨシュア「カティアさまー!終わりましたー!両目2.0以上で問題ありません!」

カティア「はいはい、ありがとね、ヨシュア。フローリアもお疲れさま」


21 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/15(日) 18:20:57.32 ID:NqT3IJRm0
フローリア「いえいえ、いつもお世話になっております。ではこちらを…」スッ

カティア「おっほォーーー!ありがとうございますゥ!!これでまた研究できるわァ~~~!」

フローリア「それでは失礼します」

カティア「ハ~~イ!また忘れた頃にくるのよォ~!!」

ヨシュア「…話してみるとフローリアさんは元々貴族の庭師として仕えてたみたいなんだ」コソコソ
ミレイユ「ああ…それであんな大金…もしかしてカティアさまはお金持ちしか診ないかな…?」ヒソヒソ


22 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/15(日) 18:21:26.28 ID:NqT3IJRm0
カティア「聞こえてるわよ」

ミレイユ「っ!す、すいません!!」

カティア「金持ちしか診ないじゃなくて、バカを診ないだけよ」

カティア「ときどきいるのよねェ~ここを病院かなんかと勘違いして来るバカが」


23 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/15(日) 18:22:02.65 ID:NqT3IJRm0
ヨシュア「大変なんですね…いろいろと…」

カティア「むっきィ――――!!思い出すだけで腹が立つ!!今度来るバカは私のオモチャにしてやるゥ――――!」

ミレイユ(カティアさまがおっしゃるバカってどんな人が来るんだろう…?)


26 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/17(火) 03:17:32.71 ID:YGjC0NxQ0
ある日

カティア「…」イライライライラ

ヨシュア「…」

カティア「…」イライライライライライライライラ

ミレイユ「…」


27 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/17(火) 03:17:59.46 ID:YGjC0NxQ0
ヨシュア「なあミレイユ…今日のカティアさま、どうされたんだ?貧乏ゆすり半端ないんだけど…」コソコソ
ミレイユ「うん…なんか今やってる研究の内容がうまく進んでないみたい…」ヒソヒソ

ヨシュア「こういう日は静かにしておいてあげたほうが良さそうだね…」

ミレイユ「そうだね。3日もすれば「おっほォーーー!素晴らしいアイデアが浮かんだわァ!!」で解決しちゃうから」

ヨシュア「それもそうだね」

カティア「…」イライライライライライライライライライライライラ


28 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/17(火) 03:18:30.71 ID:YGjC0NxQ0
コンコン


クライヴ「失礼する」
ゼロキス「し、失礼しま~す…」

ヨシュア「! あ、あのっ!今日は…」アセアセ

クライヴ「わかっている。お金だろう?」

ヨシュア「へ?」


29 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/17(火) 03:19:41.44 ID:YGjC0NxQ0
クライヴ「ここは大金さえ払えばどんな病や悩み事を解決してくれるとウワサで聞いた」

ミレイユ(アレ…この人たち…)

カティア「…」イライライライライライライライライライライライライライライライラ


30 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/17(火) 03:20:11.63 ID:YGjC0NxQ0
ヨシュア「え?いや、そうじゃなくて…」

クライヴ「俺たちは今、ひっっっじょうに苦しい病を抱えているのだッ!」

ミレイユ(もしかして、前にカティアさまが言ってた…)

ヨシュア「えっと…そ、それは…?」


31 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/17(火) 03:20:42.32 ID:YGjC0NxQ0
クライヴ「恋の病だッ!!彼女ができんッ!!!」ドンッ!
ゼロキス「イヤ…、あの…正確には僕は彼女が欲しいんじゃなくて…なんというか恋愛っていうか、そうというか…」ゴモゴモ
ヨシュア「……はい?」

ミレイユ(バカなのかな…?)

カティア「」プチン


32 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/17(火) 03:21:14.13 ID:YGjC0NxQ0
カティア「おっっっっっほおおおオオオォォォォォーーー!!!!」

ヨシュア「」ビクッ!
ミレイユ「」ビクッ!
クライヴ「」ビクッ!
ゼロキス「」ビクッ!


33 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/17(火) 03:22:11.47 ID:YGjC0NxQ0
カティア「まさかそんな私利私欲のために、この崇高なる天才の私のラボを訪れたってワケねェ~いい度胸だわァ~。まあ!、いいわ!今回は特別に!そのバァカげた恋の病ってヤツを!この天才の私が!無料で!バァカげた凡人のために!治してあげるわァ~~!!」ウットリ

ゼロキス「ほ、ほ、本当ですか!?」
クライヴ「タダでか!?それは有り難い!!」

ヨシュア「…カティアさまのあの目」
ミレイユ「…うん。新しい動物実験体、もといオモチャを見つけた目だね」


34 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/17(火) 03:22:42.24 ID:YGjC0NxQ0
カティア「それじゃ、善は急げよォ~!この紙にちゃっちゃとサインして頂戴」

クライヴ「この紙は…?」

カティア「んもう!薬打つんだから診断書みたいなものよォ~!さあ! は!や!く!」

クライヴ「そ、そうか…そういうものか…」カキカキ

ミレイユ(絶対違う…後で何があっても責任を取らない同意書だ…)


35 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/17(火) 03:23:20.49 ID:YGjC0NxQ0
ゼロキス「え、薬打つんだ…」

カティア「なによ、聞き分けの悪い患者には一生モテない薬打つわよ」

ヨシュア(正しくは聞き分けの悪い実験体ですね…)

ゼロキス「あ、す、すいません」カキカキ


36 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/17(火) 03:23:46.24 ID:YGjC0NxQ0
カティア「ちゃ~~~んと書いたわねェ~!ちゃ~んと!!早速投薬するわァ~~~!!!」

カティア「まずは銀髪のバァカの方~♪竜を宿した少年の生き血を配合したモテまくる新薬よォ~!」

ヨシュア「え」
クライヴ「おお!なんかカッコイイなそれ!」


37 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/17(火) 03:24:15.51 ID:YGjC0NxQ0
カティア「ヘタレバァカインキュバスには不死鳥を宿した少女の涙を配合しとくわァ~!」

ミレイユ「え」
ゼロキス「この人さっきからバァカバァカ言い過ぎじゃないかなあ…今日はもうダメかもしれない…」


38 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/17(火) 03:24:47.24 ID:YGjC0NxQ0
カティア「じゃ、それぞれの薬をこの極・エリクシルメイカーにセットして…」

ミレイユ(カティアさまの餅がさらに進化してる…)

クライヴ「うんうん」
ゼロキス「うんうん」


39 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/17(火) 03:25:28.22 ID:YGjC0NxQ0
カティア「ケツ出しなさい」

クライヴ「へ?」
ゼロキス「へ?」
ヨシュア「へ?」
ミレイユ「へ?」

カティア「へ?じゃなくて、座薬だから。コレ」

クライヴ「あ、ああ、そうなのか…少しビックリしただけさ…」


40 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/17(火) 03:25:56.81 ID:YGjC0NxQ0
ゼロキス「あ、あのぉ~…」

カティア「なによ」

ゼロキス「コレ、今からキャンセルってのは…」

カティア「却下よ」

ゼロキス「ですよね~」


41 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/17(火) 03:26:35.78 ID:YGjC0NxQ0
カティア「さ、2人ともその台に乗ってケツをこっちにだしなさい」

クライヴ「お、おう…」ヌギッ
ゼロキス「はい…」ヌギッ

カシャッ

クライヴ「お?」
ゼロキス「ん?」


42 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/17(火) 03:27:02.45 ID:YGjC0NxQ0
カティア「ああ、動かないように手足固定しといたから」

クライヴ「」
ゼロキス「」


52 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/19(木) 04:54:58.41 ID:hLQEBREV0
ヨシュア「ここから先は僕が話します」


53 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/19(木) 04:55:41.30 ID:hLQEBREV0
ヨシュア「カティアさまはまず
     ①極・エリクシルメイカーは毎秒10発のカプセル型座薬を打てること
     ②投薬数は100発ということ
     ③薬の効果は3日間ということ
     を説明しました」


54 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/19(木) 04:56:06.92 ID:hLQEBREV0
ヨシュア「その時点でお二方は怖じ恐れる顔をしていました」

ヨシュア「やっと気づいたのでしょう。自分たちが今いる状況に…」


55 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/19(木) 04:56:44.98 ID:hLQEBREV0
ヨシュア「最初の犠牲者は騎士の方でした」

ヨシュア「2mほど騎士の方から離れた所でカティアさまは銃…もとい投薬器を構えました」

ヨシュア「騎士の方は「ま、待ってk」と言いかけましたが、カティアさまの耳には届かず、容赦なく引き金を引かれました」

ヨシュア「放たれた座薬は弾丸となり、彼のお尻の穴を襲います」

ヨシュア「正確に、ひとつ残らず…」


56 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/19(木) 04:57:25.06 ID:hLQEBREV0
ヨシュア「とてもとても長く感じた10秒間でした」

ヨシュア「室内に響きわたる銃声、薄暗い部屋を照らす銃口からの火花、硝煙の匂い」

ヨシュア「彼の体は衝撃なのか痛みなのか、座薬がお尻に入るたびにビクン!ビクン!と跳ねていました」


57 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/19(木) 04:57:51.52 ID:hLQEBREV0
ヨシュア「恍惚の顔
     絶望の顔
     「俺の秩序がああぁぁ!!!」と叫び、白目を剥いた顔
     さまざまな顔がありました」


58 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/19(木) 04:58:32.19 ID:hLQEBREV0
ヨシュア「すべての弾を打ち終えたカティアさまは無言で、手際よく、次の座薬を投薬器にセットします」

ヨシュア「インキュバスの方は頭を抱え、「今日はもうダメだ今日はもうダメだ…」と呟いていたのを覚えてます」

ヨシュア「ミレイユも泣き出し始め、自室に戻る姿をチラッと確認したカティアさまは引き金に指をかけました」


59 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/19(木) 04:59:00.66 ID:hLQEBREV0
ヨシュア「優しく引き金を引いたのとは裏腹に、銃口からの爆音」

ヨシュア「彼もまた体を跳ねらせ、「今日はもうd」と言いかけて気を失いました」

ヨシュア「動かなくなった体になおも打ち続ける姿は、死体撃ちそのものです」


60 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/19(木) 04:59:44.17 ID:hLQEBREV0
ヨシュア「すべての投薬が完了したカティアさまは


    「おっっっっっっほおおおおオオオオォォォォォーーー!!!!」
     

     と首を真上に曲げ、高らかに叫びました。この上ない歓喜の声でした」


61 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/19(木) 05:00:21.66 ID:hLQEBREV0
ヨシュア「その後の2人はカティアさまによって近くの暗い路地に捨てられたそうです」

ヨシュア「薬の効果?元々投薬されていたのは”起きた時、初めて見る相手を恋人とみなす薬”だったようです」

ヨシュア「効果は3日ほどで切れるそうですが、今頃あの2人は…」ゾクッ

ヨシュア「まあ、恋人が欲しかったそうなのでよしとしましょう!」ニッコリ


62 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/19(木) 05:00:48.78 ID:hLQEBREV0
ヨシュア「あ、僕らの血とか涙は全部嘘っぱちでした。カティアさまの粋なジョークだったみたいです」

ヨシュア「…今でもカティアさまを見ると冷や汗とお尻の穴がキュッとなるのがが続いています…」

ヨシュア「”怒ったカティアさまは怖い”改めてその事実を確認させられた僕ら双子でした」


71 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/20(金) 00:19:02.16 ID:notUriCv0
またある日

ヨシュア「ぬおお…重いい…あ、ミレイユだ」ズルズル
エドガルド「ケ…ハ…」

ミレイユ「あ、あとちょっと…」ズルズル
マイ「」


72 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/20(金) 00:19:50.67 ID:notUriCv0
研究室にて

カティア「双子に別々のお使い頼んだけど…2人とも帰りが遅いわねェ…」


73 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/20(金) 00:20:29.59 ID:notUriCv0
研究室入口前

ミレイユ「や~っと帰れた~…あ、お兄ちゃんも?」ハアハア

ヨシュア「ただいま、ミレイユ…ってその女の人は?」ハアハア

マイ「」

ミレイユ「お兄ちゃんこそ…その海賊風の人は…?」

エドガルド「ふ…風じゃねェ…」


74 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/20(金) 00:21:08.06 ID:notUriCv0
ヨシュア「なんか帰りに道端で見つけて…倒れてて…」

ヨシュア「見過ごすことも出来なかったから、引きずってカティアさまに診てもらおうかと…」


75 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/20(金) 00:22:25.93 ID:notUriCv0
ミレイユ「あー…私と同じだ…」

ミレイユ「この人もう死にそうだし…」

マイ「」


76 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/20(金) 00:23:11.98 ID:notUriCv0
ヨシュア「拾ってきたこと、カティアさまに怒られちゃうかな…」

ミレイユ「怒るだろうけど、ちゃんと診てくれるよ。きっと」

ヨシュア「そうだね。カティアさまだからね」


77 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/20(金) 00:23:49.68 ID:notUriCv0
ヨシュア「…怒られたら一緒に謝ろうか」

ミレイユ「…うん!♪」


78 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/20(金) 00:24:18.04 ID:notUriCv0
ガチャ

ヨシュア「た、ただいまで~す…」

カティア「あら、お帰りなさい2人ともって…え、えェ~…」

カティア「お使いは確かに頼んだけど…実験動物までは頼んでないわよォ…?」

ヨシュア「ごめんなさい!!カティアさま!!」
ミレイユ「ごめんなさい!!カティアさま!!」


79 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/20(金) 00:25:57.38 ID:notUriCv0
-----------------------------------------------------

カティア「ふ~ん…それでこの死にぞこない2人を連れて来たってワケ」

ヨシュア「はい…」
ミレイユ「はい…」


80 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/20(金) 00:28:14.53 ID:notUriCv0
エドガルド「ま、まだ死んでねェぞ…」

カティア「黙りなさい」ゲシッ

エドガルド「ゴハァ!」


81 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/20(金) 00:29:18.34 ID:notUriCv0
カティア「ハァ…呆れて「むっきィ―!」にもならないわ…」

ヨシュア「すみません…」

カティア「前にも言ったでしょ。ここは病院じゃないって」

ミレイユ「はい…」


82 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/20(金) 00:29:57.87 ID:notUriCv0
カティア「そんなにポンポン患者が来ても困るの!研究も進まないし!!」

ヨシュア「はい…」

カティア「…まあ、今回は初犯ってことで許しましょ」

ミレイユ「あ、ありがとうございます!」


83 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/20(金) 00:30:28.14 ID:notUriCv0
カティア「た だ し!今回の治療費は来月分のアンタたちのお小遣いから引かせてもらうわねェ?」

ヨシュア「うぐ…わ、わかりました!」


84 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/20(金) 00:30:54.79 ID:notUriCv0
カティア「ちゃんと反省しなさいねェ♪」

マイ「」


86 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/21(土) 02:20:51.31 ID:zDTxHWVR0
----------------------------------------------

カティア「さ、とっとと死体たちの診察でもしちゃいましょ。このままでも邪魔だし」

カティア「ヨシュア!聴診器!」

ヨシュア「はいっ!」

エドガルド「だから死ンでねェって…」


87 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/21(土) 02:21:49.61 ID:zDTxHWVR0
カティア「ウルッサイわねェ…少し黙って頂戴。音が聞こえないでしょ」

カティア「…」

カティア「………?」

カティア「…」

カティア「???」


88 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/21(土) 02:23:06.91 ID:zDTxHWVR0
カティア「…心臓、動いてないケド」

エドガルド「あ、悪ィ、オレ死ンでるから心臓動かねェのを忘れてたわ。ケハハ!」

ヨシュア「」
ミレイユ「」


89 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/21(土) 02:24:08.48 ID:zDTxHWVR0
カティア「ミレイユ、すぐさまこのバァカを火葬させてあげて」

エドガルド「アア?ちょっとやそっとの炎じゃァ、オレにすれば海風より涼しいぜェ?」

カティア「あら、この子には不死鳥とその力が合成されてるケドォ?」


90 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/21(土) 02:24:59.37 ID:zDTxHWVR0
エドガルド「…なにィ?たとえ火ィ出す力があっても、そんなガキがオレにかなうはずがァ」

ミレイユ「試してみます?」ゴゴゴゴ

エドガルド「アア!?……!」ビクッ


91 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/21(土) 02:25:44.57 ID:zDTxHWVR0
エドガルド(い、今…オレ、どうした…?こんなガキ相手にビビっちまったってェのか!?)

エドガルド(……イヤ、勘違いじゃねェ。大海賊であるこのオレの身体が、逃げろって叫んでやがる…)

カティア「ガキ相手に冷や汗をかいてんじゃないわよ。わかったならおとなしくしてなさい」

エドガルド「……チッ」


92 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/21(土) 03:40:54.77 ID:zDTxHWVR0
カティア「んで?どうして自分が道端にブッ倒れることになったのか海賊サマは当然知っているでしょ?」

エドガルド「ケッ…ンなもん解ってらァ…生きてた頃に何度も見た光景…壊血病だァ」

カティア「ご名答。歯茎からの出血、皮下出血、この衰弱ぶり。ただの壊血病よ」


93 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/21(土) 03:41:31.56 ID:zDTxHWVR0
ヨシュア「か、壊血病…?」

カティア「野菜を食べないバカな船乗りがかかる、ビタミンC不足が原因の病気よ」

ミレイユ「え…なら病気を知ってた海賊さんは予防できたハズなのでは…?」


94 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/21(土) 03:42:06.40 ID:zDTxHWVR0
エドガルド「あン?予防どころか死んだ体に病気がかかるワケねェと思ったからなァ」

ヨシュア「た、確かに…」

ミレイユ「死体でも病気にかかるんだぁ…」

エドガルド「おう。二日酔いにだってなるぜェ」

ミレイユ「えー…」


95 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/21(土) 03:42:52.69 ID:zDTxHWVR0
エドガルド「調子に乗って毎日肉と酒しか口にしなかったのがこのザマよ」

エドガルド「ハッ!赤髪の小僧に野菜食えって言った本人が壊血病になるとはザマァないぜ」

カティア「あーはいはい。後悔はいいから。ウザイから。早く出てきなさい。ビタミンC剤のボトルあげるから」ポーイ


96 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/21(土) 03:47:37.01 ID:zDTxHWVR0
エドガルド「おお、ありがとよォ。そこのボウズも拾ってくれて助かったぜェ」

ヨシュア「そんな…ってその身体で外に出るんですか!?」

エドガルド「ケハハ!あとは自分でなンとかするってなァ!」


97 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/21(土) 03:48:05.34 ID:zDTxHWVR0
エドガルド「じゃァな!世話になったわァ!ケハハハハハッ!」

ヨシュア「え、え~…」

カティア「放っときなさい、どうせ不死身なんだから」


98 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/21(土) 03:48:34.59 ID:zDTxHWVR0
カティア「それにしてもアンタたち、生きる屍にあんまり反応なかったわねェ」

ヨシュア「ま、まあ、自分たちには竜やら不死鳥やら合成されてますので…」

ミレイユ「不死身の人間がいてもおかしくはないかな~って」

カティア「それもそうね。さ、次々ィ~」

マイ「」


104 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/21(土) 19:07:47.89 ID:zDTxHWVR0
ミレイユ「結構放置してましたけど…この方は大丈夫でしょうか…?」

ミレイユ「最初見つけた時より呼吸が浅くなってる気がします」

カティア「そうねえ…心臓もこのままだと心不全になりそうな勢いだわ」


105 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/21(土) 19:08:15.12 ID:zDTxHWVR0
ヨシュア「えっ!?じゃあ早くなんとかしないと!」

カティア「落ち着きなさい。たとえ心臓が止まってもこの天ッ才の手にかかれば3日後に治療しても復活するわァ~」

ヨシュア「マジですか…」


106 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/21(土) 19:08:42.10 ID:zDTxHWVR0
カティア「それにしても足がひどく浮腫んでるわねェ…ミレイユ、ちょっとこのお嬢ちゃんの足が浮くぐらいまで太ももを持って頂戴」

ミレイユ「は、はい!」グググ…

カティア「はーい、そこでストップ。ヨシュア、嬢ちゃんの膝を思いっきり一発殴りなさい」


107 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/21(土) 19:09:07.09 ID:zDTxHWVR0
ヨシュア「え?膝を殴ればいいんですか…?しかも思いっきり…」

カティア「そう。これも診察なんだから、はよしなさいな」

ヨシュア「よーし、わかりました!いきますよぉ!


108 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/21(土) 19:09:35.81 ID:zDTxHWVR0
ゴンッ

マイ「」

カティア「…やっぱりね」

ミレイユ「…これでなにかわかったんですか?」

カティア「見ててわからなかった?膝を殴っても足が動かなかったことに」


109 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/21(土) 19:10:01.73 ID:zDTxHWVR0
カティア「足を上げたまま自分の膝を叩いてみなさい。通常なら足が勝手に跳ねるはずよ」

ガンッ
ヨシュア「あ、ホントだ」ビクン
ミレイユ「面白ーい!」ビクン

カティア「深部腱反射ってヤツね」


110 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/21(土) 19:10:35.74 ID:zDTxHWVR0
ヨシュア「じゃ、じゃあこの反応がない着物の方は…」

カティア「足の末梢神経が機能してないことになるわねェ」

カティア「おそらくこの嬢ちゃんの病気は脚気でほぼ確定だわァ~」


111 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/21(土) 19:11:03.32 ID:zDTxHWVR0
ミレイユ「脚気…?」

カティア「ビタミンB1の欠乏によって心不全と末梢神経障害をきたす病気よ」

カティア「ここまで重症化した脚気は稀に見る存在ねェ~」


112 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/21(土) 19:11:30.21 ID:zDTxHWVR0
ヨシュア「治療法はあるんですか…?」

カティア「ンなモン、不足したビタミンB1を体に入れればすぐに治るわよ」

カティア「とりあえずビタミンB1と特製強心剤でも注射で適当に入れときましょ」


113 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/21(土) 19:11:57.67 ID:zDTxHWVR0
カティア「あとヨシュア、メモに書いたこれを買ってきて頂戴」

ヨシュア「お使いですか?わかりました!」


115 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/22(日) 18:45:04.58 ID:/1Ef4Trh0
ヨシュア「それじゃあ、いってきまーす!」

カティア「いってらっしゃい、気をつけてね」

ミレイユ「いってらっしゃい!お兄ちゃん!」


116 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/22(日) 18:45:32.59 ID:/1Ef4Trh0
カティア「さて、ミレイユは私と昼食の準備をして頂戴」

ミレイユ「はい!今日は何にしますか?」

カティア「そうねえ…カレーにして夜の分のも作っときましょうか」


117 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/22(日) 18:46:00.53 ID:/1Ef4Trh0
ミレイユ「カレーですか!?やったあ♪ ね?ね?カティアさまぁ!辛口のカレーにしましょうよ!!」

カティア「えー…あなたの辛口はもはや料理とは呼べない域を超えるのよねェ…」

ミレイユ「ちょっとだけ!ちょっとだけでいいんです!!少し!!辛く!!」


118 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/22(日) 18:46:29.46 ID:/1Ef4Trh0
カティア「はいはい、ヨシュアでも食べられるぐらいの辛さにまでにしとくから」

ミレイユ「えーお兄ちゃん、舌は子供だしなぁ…」

カティア「まあまあ、私も食べるんだしィ、それで許して頂戴」


119 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/22(日) 18:46:56.51 ID:/1Ef4Trh0
ミレイユ「う~…今日は我慢しますからね!今日は!!」

カティア「はいはい、明日は何か辛いの別に作ってあげるから」

ミレイユ「本当ですか!?ありがとうございます♪」


121 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/30(月) 02:46:56.88 ID:6zfv5pvY0
---------------------------------------------------

ヨシュア「ただいま帰りましたあ!!ってあれ、また着物の患者さん診てるんですか?」

カティア「あらおかえりヨシュア。ついに心臓止まっちゃたわァ」

カティア「まあ、お昼食べてからでも治療は遅くはないしィ、先に食べちゃいましょ」

ヨシュア「え、え~…」

カティア「メニューはカレーよ」

ヨシュア「やったあ!!」


122 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/30(月) 02:47:30.93 ID:6zfv5pvY0
ミレイユ「あ、お兄ちゃんおかえり~って何それ」

ヨシュア「コレ?なんかね、おひつって言うらしいよ」

ミレイユ「おひつ?」

ヨシュア「要するにご飯を入れる容器だってさ」

ミレイユ「へえ~!でも、なんでおひつ?」


123 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/30(月) 02:48:45.99 ID:6zfv5pvY0
ヨシュア「ああ、カティアさまから頼まれたのが炊き立ての麦飯だったんだ」

ヨシュア「買ったときにお店の人から「拾ったから」って麦飯をこのおひつに入れてくれたんだ」

カティア「へえ、おひつねェ。聞いたことはあるケド、見たことはなかったわ。珍しい物が落ちてたのねェ」


124 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/30(月) 02:49:12.72 ID:6zfv5pvY0
ミレイユ「カティアさま、なんで白米じゃなくて麦飯なんですか?」

カティア「たまに食べたくなるのよ麦飯。それにこの際、脚気の予防にも知っておいて欲しいのよ」

ヨシュア「麦飯と脚気ってなにか関係あるんですか…?」

カティア「んー…白米と麦飯とビタミンB1と脚気の関係ってとこかしら」


125 : ◆5b7tIIGd8c 2015/11/30(月) 02:49:38.35 ID:6zfv5pvY0
カティア「むかしむかしあるところに白米を主食とする島がありましたー」

カティア「おかず少なく、白米を大量に食べて生活をしていた人々は昔から脚気でバッタバッタと死んでいきましたー」

カティア「白米を麦飯にしたところ、脚気が治まり、その後脚気はビタミンB1不足が原因だとわかったの」

カティア「白米にはビタミンB1がほとんど含まれなかったケド、白米よりビタミンB1が多い麦が不足分を補えるらしいわァ」


127 : ◆5b7tIIGd8c 2015/12/02(水) 05:05:19.15 ID:T9BI+2ur0
カティア「そんなことより、お腹減っちゃったから早く食べましょ。ヨシュア、アナタを待ってたんだから」

ヨシュア「はいっ! んじゃあ、とりあえずこのおひつを机に置いといて…」トテトテ

マイ「」ムクッ

ミレイユ「あ、起きた」


128 : ◆5b7tIIGd8c 2015/12/02(水) 05:05:50.12 ID:T9BI+2ur0
ミレイユ「…でも、生気が感じられないですよ?」

カティア「そうねェ…ちょっと首筋失礼」

マイ「コメ…ホシイ…」

カティア「やっぱり脈ないわねェ…こーゆーワケワカンナイの一番イライラするわァ~~!」

ミレイユ「す、すみません…」


129 : ◆5b7tIIGd8c 2015/12/02(水) 05:06:17.76 ID:T9BI+2ur0
マイ「マイ、オヒツ…」スタスタ

ヨシュア「えっ?こ、これですか?ダメですよ!これは僕たちのお昼ごは」

マイ「ドケ」スッ…

ヨシュア「え?」


130 : ◆5b7tIIGd8c 2015/12/02(水) 05:17:45.40 ID:T9BI+2ur0
ヨシュア「」

ミレイユ「お兄ちゃん!?お兄ちゃん!!」

カティア「見事に土に埋まったわね」

マイ「」ガツガツ

カティア「こっちはこっちでおひつのご飯だけ食べてるし…」

マイ「メシ…ウマ…」


131 : ◆5b7tIIGd8c 2015/12/02(水) 05:18:34.80 ID:T9BI+2ur0
-------------------------------------------------------

カティア「ハイハイ、そろそろ起きなさいよ。完食したらイキナリ倒れるんじゃないわよ」

マイ「う、うーん…こ、ここは?」

ヨシュア「カティアさまの研究室です。道端で倒れてたのを妹が拾ったんですよ」


132 : ◆5b7tIIGd8c 2015/12/02(水) 05:19:03.25 ID:T9BI+2ur0
マイ「そ、そういえば家を出てからの記憶が…助けて下さりありがとうございます!」

ミレイユ「いえいえ、ご無事でなりよりです♪」

カティア「そ!れ!よ!りィ!」


133 : ◆5b7tIIGd8c 2015/12/02(水) 05:19:29.56 ID:T9BI+2ur0
カティア「アナタ、ここ最近の食事の内容。このカレンダーに書いて頂戴」

マイ「は、はい…?いいですけど…正確な量とかは忘れてしまいまして…」

カティア「あーもう、だいたいでいいのよ早くして!!」

マイ「は、はいぃ…!」


134 : ◆5b7tIIGd8c 2015/12/02(水) 05:20:01.17 ID:T9BI+2ur0
-------------------------------------------------------------

マイ「できました!」

カティア「ふんふん………」


135 : ◆5b7tIIGd8c 2015/12/02(水) 05:20:28.10 ID:T9BI+2ur0
ミレイユ「…朝白米5合 昼白米8合 夜白米10合」

ヨシュア「朝たくあんと白米7合 昼おにぎり3個 夜5合分のおかゆ」

マイ「その日は風邪気味で…」


136 : ◆5b7tIIGd8c 2015/12/02(水) 05:21:11.62 ID:T9BI+2ur0
カティア「むっっっきいいいいぃぃィィィ――――!!!!!!」

カティア「1ヵ月、ほぼ!米だけじゃないの!!!」

マイ「だってお米おいしいですから…ちゃんと梅干しとかたくあんとか食べてましたよお」


137 : ◆5b7tIIGd8c 2015/12/02(水) 05:22:39.00 ID:T9BI+2ur0
カティア「微々たるものだわッ!!よくこんなんで他の病気にならなかったわねェ…」

マイ「オーマイガッ」

カティア「焼き殺したろか」


138 : ◆5b7tIIGd8c 2015/12/02(水) 05:23:05.60 ID:T9BI+2ur0
カティア「とにかく、栄養の偏りによって脚気を含めたいろんな欠乏症で倒れたの」

カティア「これからはご飯に玄米か麦混ぜて、おかずもキチンとバランスよく食べること」

マイ「はあい…」


139 : ◆5b7tIIGd8c 2015/12/02(水) 05:23:33.28 ID:T9BI+2ur0
ミレイユ「カティアさまの薬のおかげでもう足も大丈夫そうですね!」

カティア「おっほォ―!!あったりまえよォ!効果の高い特製薬なんだから!!」

マイ「ありがとうございます…この御恩はまたいつかに…」


140 : ◆5b7tIIGd8c 2015/12/02(水) 05:23:59.85 ID:T9BI+2ur0
カティア「あーはいはい、テキトーに炊いたお米でももらえれば結構よ」

マイ「はい!ぜひともおいしいお米を!!それではお邪魔しました…」

ヨシュア「あの、これもしかしてアナタのおひつですか?」

マイ「これはこれは!はい、間違いなく私のおひつです!」


141 : ◆5b7tIIGd8c 2015/12/02(水) 05:24:30.06 ID:T9BI+2ur0
ヨシュア「食べる前にマイおひつと言ってましたので…」

マイ「ありがとうございます!たぶん家を出たときに持って、そのまま落としていたのでしょう…」

ミレイユ(いつも持ち運んでるのかな…?)


142 : ◆5b7tIIGd8c 2015/12/02(水) 05:30:59.73 ID:T9BI+2ur0
マイ「今日は本当にありがとうございました」

カティア「食事のこと、守るのよ」

マイ「肝に銘じておきます…それでは!」


143 : ◆5b7tIIGd8c 2015/12/02(水) 05:32:00.27 ID:T9BI+2ur0
ヨシュア「そう言って彼女は研究室を後にしました」

ミレイユ「今度美味しいお米食べられるの楽しみ!」

ヨシュア「そうだね!また会えるのも楽しみだよ」


144 : ◆5b7tIIGd8c 2015/12/02(水) 05:32:29.59 ID:T9BI+2ur0
---------------------------------------------------

またある日

ヨシュア「カティアさまー!またお客様ですよー!!」

カティア「むっきィ―――!!研究が進まないじゃあないのォ!!」


145 : ◆5b7tIIGd8c 2015/12/02(水) 05:33:06.48 ID:T9BI+2ur0
ミレイユ「お客様は快くは思ってないようですが…」

カティア「はあぁ…しょうがないわねェ~」

ミレイユ「拒むことはしないようようです♪」


146 : ◆5b7tIIGd8c 2015/12/02(水) 05:33:48.71 ID:T9BI+2ur0
ミレイユ「次に研究室を訪ねるのは………アナタですか?♪」

カティア「ちゃんちゃん♪」







元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1447571829/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。