Powered By 画RSS


まどか「レズって知ってる?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 00:04:28.90 ID:ApwUfBLE0
ほむら「そ、それくらいしってるわ」

まどか「なら、どう思う?」

ほむら「どう思うって……」

まどか「やっぱおかしいよね、気持ち悪いよね」

ほむら「そ、そんなことはないわ」

まどか「ほ、ほんと?」

ほむら「え、えぇ。 ほんとよ!」




3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 00:06:12.17 ID:ApwUfBLE0
まどか「じゃ、じゃぁさ、ひかないで、聞いてよね?」

ほむら「え、えぇ」


まどか「私、実は仁美ちゃんのこと好きなんだ!」

ほむら「……え?」

まどか「だーかーら、仁美ちゃんだよ」

ほむら「いつも一緒にいるクラスメイトの子?」

まどか「そうだよ」


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 00:06:55.00 ID:8ayAdXaA0
まど仁とか新しいな


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 00:08:07.06 ID:ApwUfBLE0
まどか「あの子さ、いつも習い事で忙しいし、あんまり遊べないんだ」

ほむら「そ、それで?」

まどか「だけど、なんか……会ったときから好きなんだけどね」

まどか「最近は会えない分、どんどん想いだけが増えて言っちゃうの」

ほむら「そうなの。 でも、たしか上条くんと付き合ってるのでは?」

まどか「あー あれはね、噂だよー。 確認したら、振られたって言ってたしねー」

ほむら「そう、知らなかったわ」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 00:09:57.67 ID:ApwUfBLE0
まどか「あ、噂をすれば、きたよ!仁美ちゃん!」

まどか「おっはよー仁美ちゃん!」

仁美「ええ、おはようございます、鹿目さん」

ほむら「おはよう」

仁美「あら、暁美さんまで、一緒に登校されるようになったんですね」

ほむら「えぇ、まどかさんに誘われて」

仁美「美樹さんは?」

まどか「あー、おやすみらしいよ。 なんか、風邪ひいちゃったんだって」

仁美「あの人が風邪をひくとは、意外ですわね」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 00:12:07.73 ID:ApwUfBLE0
ほむら(本当に風邪なの?)

まどか(そうだよ、心配しなくて平気)

まどか「それじゃ、一緒にいこっか?」

仁美「はい」


まどか「それでねー昨日のテレビがさー」

ほむら「そうね、あれは面白かったわ」

仁美「そうですわね」

わいわいほのぼの

放課後

まどか「仁美ちゃん、今日は……」

仁美「今日も習い事ですの」

まどか「そっか……」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 00:14:12.46 ID:ApwUfBLE0
ほむら「あら、今日はマミさんとお約束があったのよ?」

まどか「あ、そうだった!」

仁美「その、マミって人、会ってみたいですわ」

ほむら「なら、仁美も今度暇な時があったら会いましょうね」

仁美「そんな時間が作れるかどうか……ほんと、大変ですわ」

まどか「うぅー たまには休まないとだめだよ?」

仁美「ありがとうございます」

ほむら「それでは、いきましょう」

仁美「はい」

まどか「うん」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 00:17:05.43 ID:ApwUfBLE0
マミホーム

マミ「そろそろあの子たちが来る頃ね」

さやか「そうですね」

マミ「いいのかしら?学校お休みまでして……」

さやか「大丈夫ですよっ」

マミ「ま、飾り付けはすんだわね……」

さやか「ほんと、誕生日会の準備ってうきうきしますね」

マミ「そうね」

さやか「なんでまどか呼ばなかったんですか?」

マミ「それはね、二人ともおやすみしたら、ほむらちゃん怪しがっちゃうでしょ? だからよ」

さやか「ま、それもそうですね!」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 00:19:16.93 ID:ApwUfBLE0
杏子「おーい!買ってきたぜ!」

マミ「あら、おかえりなさい」

杏子「ったく、量が多いよ。 疲れたぁ」

マミ「おやつパーティなんだから、仕方ないわ」

さやか「それに、ほとんどあんたが食べるんだから、当然でしょ?」

杏子「そんなことねーって」

マミ「やすんでていいから、つまみ食いだけはだめよ?」

杏子「はいはい」

マミ「それでは、ケーキをとってきてくれるかしら?美樹さん」

さやか「はい、わかりました! どこのお店ですか?」

マミ「今、地図を書くから待っててね」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 00:20:42.13 ID:ApwUfBLE0
さやか「じゃ、いってきまーす!」

マミ「早めにお願いねー」

マミ「さ、私は料理の続きを」

杏子「お菓子だけじゃないのか?」

マミ「それも考えたんだけど、やっぱりほしくない?」

杏子「んーまぁ、そうだな」

マミ「手伝ってもらえる?」

杏子「わかったよ」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 00:22:43.71 ID:ApwUfBLE0
ほむホーム

ほむら「ふぅ……さ、制服着替えてマミのところにいきましょ」

ほむら「……あの様子じゃまどか、私の誕生日覚えてなさそうね。 仁美を誘ってたりしてたし」

ほむら「話したのは1カ月まえだし、仕方ないのかな……」グスッ

ほむら「な、ないちゃだめよ……いまから……遊ぶんだから……」

ほむら「ほむぅ……」グスン


ほむら「うん、大丈夫よ。きっと」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 00:26:21.23 ID:ApwUfBLE0
まどホーム

まどか「仁美ちゃん、誘えなかったなぁ……」

まどか「あ、プレゼントプレゼント、どこ置いたかな~? あったぁ」

まどか「ほむらちゃん、喜んでくれるかな~?」


マミほーむ

マミ「あなた、プレゼントは用意してるわよね?」

杏子「当然だよ」

マミ「何を買ったのかしら?」

杏子「秘密」

マミ「ふふっ、私もなんか頼みになってきたわ」

杏子「そうだな、なんか……いいな、こういうのって」

マミ「そうね、私も久しぶりだから、浮かれちゃうわ」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 00:29:52.66 ID:ApwUfBLE0
マミホーム

ぴーんぽーん!


マミ「はいはい、誰かしら?」

ほむら「暁美ほむらです」

マミ「あ、ちょっとまっててね」

マミ「杏子」

杏子「なんだよ?」

マミ「うまいこといって、ほむらちゃんを公園とかに連れてって」

杏子「なんでそんなこと」

マミ「サプライズを完成させたいのよ」

杏子「わかったよ」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 00:34:41.80 ID:ApwUfBLE0
杏子「よーほむら」

ほむら「あら、杏子、来てたのね」

杏子「公園でもいかない?」

ほむら「え?」

杏子「ちょっと、大事な話があるんだよ」

ほむら「別にいいけど……マミは?」

杏子「もう話してあるから、ほらいこうぜ」


公園

ほむら「それで、話って何かしら?」

杏子(くー……何も考えてなかった! どうしよう)

杏子「そ、それはだな……」

ほむら(……改まってどうしたのかしら? も、も、もしかして!告白………かしら!?)

ほむら(いえ、そんなはずないわ、私は達は女の子同士よ)

杏子「あのさ、あたし、お前のこと好きなんだよね(友達として)」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 00:37:52.57 ID:ApwUfBLE0
ほむら(えぇ!!!??? ほ、ほんとうに!??)

ほむら「そ、それで?」

杏子「あんたと会った時はさ、そりゃお互いぶつかってたけど……一緒にワルプルギスの夜を超えようって時、なんか仲間ができたって感じたんだよ」

杏子「そっから、みるみるお前のこと好きになってさ……」

ほむら(え、そんな//)

杏子「な、なぁ。 付き合ってくれないか?(これからも)」

杏子「一緒に、仲良くしてさ、お互い助けあおうぜ!(仲間として)」

ほむら「……うん///」

杏子「ど、どうしたんだよ? 顔真っ赤じゃねーか」

ほむら「きょ、きょうこがそんなこというから……」

杏子「え、そうだな。 ちょっと照れ臭かったな」

ほむら「で、でもうれしい……」

杏子「これからずっと一緒だぜ?」

ほむら「うん!」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 00:41:29.62 ID:ApwUfBLE0
マミホーム

マミ「美樹さん、鹿目さん」

まどか「は、はい」

さやか「なんですか?」

マミ「ほむらちゃんと杏子ちゃんが帰ってきたら一斉にクラッカーを鳴らすのよ!」

まど&さや「はい!」

マミ「そろそろ帰ってくる頃よ」


マミの玄関前

杏子(もしかしたら、このままはいってサプライズ始まるんじゃないか。 なんかそんな気するし……)

杏子「ほむらが先に入りなよ」

ほむら「え、なんでかしら?」

杏子「ほ、ほら。 こういうのってかわいいもんから先に入るんだろ? レディーファーストってことだよ」

ほむら(間違ってるけども……かわいいってほめてくれてるのね///)

ほむら「わ、わかったわ」

ガチャ


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 00:44:04.09 ID:ApwUfBLE0
マミまどさや「誕生日おめでと!!!!!!!!」パァァァン

ほむら「ほむっ!?」

マミ「おめでとー、暁美さん」

まどか「おめでとうね、ほむらちゃん」

さやか「おめでと、ほむら!」

ほむら「み、みんなぁ」パァァ

杏子「おめでと、ほむら」

ほむら「う、うん!」

それから楽しくパーティは開かれて……プレゼント交換

まどか「プレゼント交換ターイム!」

さやか「待ってました!」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 00:46:52.60 ID:ApwUfBLE0
マミ「交換じゃなくて、渡すのよ」

まどか「ティヒヒ、間違っちゃいました」

まどか「ほむらちゃん、まず私からね。 はい」

ほむら「ありがとう! な、なにかしら?」

まどか「いつもつけてるカチューシャ、似合ってるけどやっぱり地味かなって」

まどか「だから、ママと一緒に選んだんだ!」

ほむら「あ、ありがとう。 赤ね……ちょっと派手だけども……うれしいわ、ありがと」

まどか「さっそくつけてみてよ!」

ほむら「う、うん……」装着

ほむら「ど、どうかしら……?」

まどか「似合ってるよー!ねぇみんな!」

マミさや杏「うん!」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 00:50:47.53 ID:ApwUfBLE0
さやか「次は私の番だねー! はい、これ」

ほむら「な、なにかしら?」

さやか「まぁまぁ、あけてみてあけてみて!」

ほむら「こ、これは?」

さやか「ネックレスだよ。 ほむらってさ、おしゃれにぜんぜん気をつかってないから」

ほむら「……あ、ありがと……」

さやか「ほらほら、つけてみてよ!」

ほむら「ど、どうかしら……?」

さやか「かわいいよ!ほむら!」

杏子「おう、すごい似合ってるよ」

マミ「今日だけでかなりのイメチェンね」

まどか「ティヒヒ、そうだね」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 00:54:13.98 ID:ApwUfBLE0
マミ「じゃぁ、私の番ね」

ほむら「あなたも何かおしゃれのやつかしら?」

マミ「それも考えたんだけどね。 今回は違うものよ、はい」

ほむら「な、なにかしら」

ほむら「紅茶のパック?」

マミ「そう! 紅茶って、一人で飲んだら落ち着くのよね。 同じ一人暮らしだからわかってもらえると思うの」

ほむら「あ、ありがとう。 家に帰ったら早速飲ましてもらうわ」

マミ「あとで淹れ方教えるわ♪


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 00:57:11.03 ID:ApwUfBLE0
杏子「最後はあたしだな、はいこれ」

ほむら「な、なにかしら?」ドキドキ

杏子「こんなもんしか買えなくてごめんな」

ほむら「小さいわね……何かしら」パカ

ほむら「ゆ、ゆびわ!?」

杏子「やっぱほむらに似合うと思ってさ。 べ、べつに盗んだわけじゃねぇよ。 安物だからさ……」

ほむら「いえ、それでもうれしいわ! つ、つけていいかしら?」

杏子「いいぜ」

さやか(……え、なんで左薬指につけてんの?)

まどか(あれ?へ?そういう意味なの?

マミ(ま、まさか……)

杏子「ちょ、そこは違うだろ」

ほむさやマミまど「え?」

杏子「え、って、そこは結婚の時の……」

ほむら「ち、ちがうの!?」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 01:00:07.01 ID:ApwUfBLE0
杏子「……まさか、さっきの」

マミ「何かあったの?」

杏子「ご、ごめん。ほむら、誤解だ」

ほむら「え? え?」

杏子「あ、あたしは……その。 友達として、好きだって言ったんだよ」

ほむら「え……」


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 01:04:39.52 ID:ApwUfBLE0
ほむら「……そ、そうよね。 ごめんなさい」

ほむら(一瞬でも勘違いしてた私が恥ずかしいわ)

杏子「いや、私のせいだ。ごめん」

ほむら「……指輪、中指に」

杏子「いや! く、薬指でいいよ」

ほむら「え?」

杏子「あたし、本当にそう思ってるし。 まぁ、友達としてってのもそうだけど、ほんとはずっと……」

ほむら「本当に?」

杏子「あ、あぁ」

ほむら「あ、ありがと」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 01:11:30.32 ID:ApwUfBLE0
その後パーティは続き、そして夜になり、各自家へと帰った。

後日……

ほむら「昨日は楽しかったわ、まどか」

まどか「うん、まさか杏子ちゃんとほむらちゃんがなんて思いもよらなかったよ」

ほむら「そうね、自分でも意外だわ」

仁美「どうも、おはようございます」

ほむら「あ、おはよう仁美」

まどか「おっはよー」


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 01:14:51.60 ID:ApwUfBLE0
まどか「仁美ちゃん、今日こそ……」

仁美「えぇ、今日は習い事はないから、大丈夫ですわ」

ほむら「ならマミのとこに」

まどか「あ、あの!」

ほむら「な、なにかしら?」

まどか「二人きりがいいな」

仁美「え?」


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 01:19:31.76 ID:ApwUfBLE0
ほむら「へ?」

まどか「ちょ、ちょっときて、ほむらちゃん」


ほむら「な、なにかしら?」

まどか「私さ、昨日のほむらちゃんと杏子ちゃんみてさ、憧れちゃって……」

まどか「だから、少しだけでも仁美ちゃんと親密になりたいの」

ほむら「ふふっ、わかった、応援するわ。 さやかには?」

まどか「さやかちゃんには話したよ」

ほむら「ならいいわ。 がんばってね」

まどか「う、うん!」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 01:24:54.49 ID:ApwUfBLE0
仁美「どうしたんですの?」

ほむら「いえ、なんでもないの。 私は用事を思い出したし、今日はやめとくわ」

まどか「そっかーざ、残念だねー」

仁美「そうですわね」

まどか「じゃ、いこっか」

さやか「おーい! まどかー、仁美ー、ほむらー!」

まどか「あ、さやかちゃん!」

仁美「おはようございますですわ」

ほむら「おはよう、さやか」

さやか「はぁ……はぁ……朝から走って疲れたよ」


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 01:31:28.70 ID:ApwUfBLE0
まどか「はは、どうしたの?寝坊?」

さやか「ま、まぁね」

さやか(それで、仁美とはうまくいってんの?)

まどか(ま、まぁね)

仁美「早く行きましょう?おくれますわよ」

まどか「はぁい!」

さやか「う、うん……」


放課後

まどか「それじゃ、またねさやかちゃん、ほむらちゃん」

ほむら「えぇまたね、まどか。仁美」

仁美「さようならですわ、ほむらさん、さやかさん」

さやか「ばいばーい!」


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 01:38:21.73 ID:ApwUfBLE0
さやか「それで、あの後どうだったの?杏子とは」

ほむら「そ、それは……」

さやか「ま、まさか、もう初体験しちゃったとか!?」

ほむら「ま、まだよっ///」

さやか「そっかそっかー」ニヤニヤ

ほむら「な、なによ?」

さやか「いや、なんか友人同士のカップルってさ、いじりたくならない?」

ほむら「わ、わからないわ」

さやか「ふふーん♪」

ほむら「ま、まぁいいわ。 この後どうするのかしら?」

さやか「私はマミさんの家かなー」

ほむら「そう、じゃぁ、私も杏子とそっちに向かうわ」


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 01:43:41.60 ID:ApwUfBLE0
仁美「え、でも、帰る方向、こっちじゃありませんでしたよね?」

まどか「仁美ちゃんも、こうやって上条くんに告白したんだよね」

仁美「え?」

まどか「私……悔しかった。 上条くんに仁美をとられたの……」

まどか「なんで、もっと早くに仁美に……好きって言ってたらって」

仁美「それはどういう?」

まどか「仁美ちゃん、私、好きなんだよ」

仁美「……」

まどか「仁美ちゃんのこと、大好きなんだよ」

仁美「う、うれしいですわ」

まどか「ほ、ほんと!?」パァァ

仁美「私でもよろしいんですか?」

まどか「当然だよ!」


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 01:48:07.99 ID:ApwUfBLE0
仁美「私は……本当に暇なんていつとれるか、わからないですし……そういう性的な行為も……できないんです……多分、それで上条さんとも……」

まどか「仁美ちゃんのこと、大好きだって言ったでしょ?」

仁美「そ、そうですけど」

まどか「だから、えっちなんてしなくてもいいし、いつまでも仁美のこと待ってていれると思う」

まどか「寂しいのも……ちゃんと……我慢するから、だめかな?」

仁美「いえ、だめじゃないありませんわ。 ありがとうございます、鹿目さん……いえ、まどか」

まどか「ティヒヒ、名前で呼んでもらうのうれしいな」


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 01:50:08.83 ID:ApwUfBLE0
仁美「それでは……今日はこれから本当に何もないですし、初デートといたしましょうか?」

まどか「う、うん!」

仁美「じゃぁ、ここで別れて、家に戻りましょう?」

まどか「へ?」

仁美「そ、その……いろいろと準備がかかりますの。 まどかもそうでしょう?」

まどか「そうだね!うん、じゃぁ、4時に集合だからね!」

仁美「わかりましたわ。 いっぱいいっぱいおしゃれしてきますわ」

まどか「うん!私も!」


えんど


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 01:52:39.42 ID:ApwUfBLE0
仁美とまどかという初カプ+一つの作品に2個カプ作る
という挑戦をしたら、いつのまにやら同人進行とかになってて死にそうなりました。

まぁ、なんとか、終わらせました。ちょい、はっしょってしまったように見えるかもしれませんが

妥協せずに書きましたんで、ご心配なく。


それでは誤字脱字と展開の早さに謝罪しつつ、感謝を述べます。

こんなくだらないものを読んでくれてありがとう


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 01:53:36.07 ID:tCQ1lr+V0



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 01:54:26.67 ID:uDB4JwTk0
まど仁は確かに新しい
お疲れ様


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 01:56:54.56 ID:pWcmjbY/0
乙カレー


魔法少女まどか☆マギカ 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
魔法少女まどか☆マギカ 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ BOX (ABS&PVC 塗装済みトレーディングフィギュア)
ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ BOX (ABS&PVC 塗装済みトレーディングフィギュア)




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「まどかマギカ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2012/01/14(土) 15:02:17

    まど仁・・・・・・まじで新しい


  2. 2012/01/14(土) 15:26:06

    新しいのはいいけど…ところどころ呼び方が違うとこうも気になるものなんだな


  3. 2015/09/05(土) 01:05:46

    仮に新しかっても需要無いよね


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ