Powered By 画RSS


泰葉「ヤンデレって?」李衣菜「加蓮のことだよ」

1 : ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/13(日) 12:30:45.74 ID:5ws2K5UEO

―――事務所


加蓮「!?」


泰葉「そうなの?」

李衣菜「『ヤン』ってあれでしょ、病的な、って意味」

泰葉「ああ、『病ん』?」

李衣菜「病的と言えば?」

泰葉「なるほど、加蓮」

李衣菜「うん、そういうこと!」

加蓮「なんだか色々と失礼なんだけど」




2 : ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/13(日) 12:33:51.93 ID:5ws2K5UEO
李衣菜「あれ? 違った?」

加蓮「全然違うでしょーが。病的ってなによ」

泰葉「病的、とは?」

李衣菜「すごくなにかに執着してる、とかそんな感じ?」

加蓮「私がなにに執着してるって言うの?」

泰葉「うーん、ファストフード……?」

李衣菜「それだ!」

加蓮「…………それだ」ガクッ


3 : ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/13(日) 12:36:11.68 ID:5ws2K5UEO
李衣菜「って認めるんだ?」

加蓮「た、確かにそれは認めざるを得ないというか……」

泰葉「まぁ、控えめに言って食べ過ぎかな……。隙あらば、だもの」

李衣菜「なんで太らないのか不思議すぎる……」ツンツン

泰葉「ね」プニプニ

加蓮「やんっ! つ、つつかないでよっ」

泰葉「あ、その『やんっ』?」

李衣菜「それか!」

加蓮「そこに戻るの?」


4 : ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/13(日) 12:39:07.22 ID:5ws2K5UEO
李衣菜「その『やんっ』だとして、じゃあ『デレ』ってなんだろう」

泰葉「順当に『デレデレ』?」

李衣菜「それじゃつまんないよ。もっと面白いのないかな」

泰葉「デレ、デレ……シンデレラ?」

李衣菜「『やんっ! シンデレラガール』?」

泰葉「ガッとやってちゅっと吸いそう」

李衣菜「きっとこれだよ!」

加蓮「分かった、暇なんだ。ねぇ暇なんでしょ?」


5 : ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/13(日) 12:44:11.86 ID:5ws2K5UEO
李衣菜「バレたかー」

泰葉「バレたところで加蓮はどう思う? 『ヤンデレ』とは」

加蓮「……付き合わなきゃダメ?」

泰葉「うん、ダメ」

李衣菜「加蓮も暇でしょ?」

加蓮「暇なのになんで事務所来ちゃうんだろ」

泰葉「だって……」

李衣菜「来れば二人ともいると思ったから」

「「ねー」」

加蓮「仲が良いのはいいこと、だよね。いいことなんだけどなぁ、はぁ……」


6 : ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/13(日) 12:46:21.73 ID:5ws2K5UEO
加蓮「で、ヤンデレだっけ? とりあえず面白いこと言えばいいの?」

李衣菜「とびきり面白いこと、だよ?」

加蓮「どうしてハードルをあげるの?」

泰葉「困難に立ち向かう。それこそ芸能界で生きていくために必要なこと……」

李衣菜「高い壁を乗り越えていく! まさにロックの精神そのままっ!」

泰葉「そう、つまりアイドルとしてヤンデレを超えていかなければならないの……!」


加蓮「お願い助けてPさん」

P「俺に振らないでくれ、仕事中だ。なんだよヤンデレを超えるって」カタカタ…


7 : ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/13(日) 12:48:51.33 ID:5ws2K5UEO
泰葉「Pさんはヤンデレ、好きですか?」

李衣菜「Pさん的にはどのくらい病んでたほうがいいんですかね?」

P「ほら見ろこっちに流れ弾が……」

加蓮「だ、だって!」

泰葉「レベル1、『暗い部屋で想い人の名前を付けたドールと独り会話している』」

李衣菜「レベル2、『ヘッドホンで音楽聴いてると思ったら盗聴だった』」

P「」

加蓮「それ二人のことじゃないよね? ねぇ?」


8 : ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/13(日) 12:54:33.32 ID:5ws2K5UEO
李衣菜「あっはっは、やだなぁ。そんなこと……」

泰葉「あるわけないじゃない。ふふっ……」


李衣菜「あはっ……♪」

泰葉「ふふふ……♪」


P「ひぃぃいいい」

加蓮「Pさん逃げてー!」


9 : ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/13(日) 12:58:00.64 ID:5ws2K5UEO
李衣菜「えへへ、まぁそれは冗談として」

P「ほ、ほんとに冗談か……!? 俺が昨日食べた夕飯は!?」

李衣菜「もちろん知りませんけど。ロールキャベツですか?」

P「良かったラーメンと餃子だ! 嘘だったー!」

加蓮「……ていうか泰葉、ドール持ってたっけ?」

泰葉「ううん。だって高いし、うちも狭いもの……ミニチュア作るくらいしか出来ないよ」

加蓮「シルバニアは持ってるのに?」

泰葉「あ、あれは小さいしかわいいから……!」カァ

P「泰葉かわいい」

李衣菜「かわいい」


10 : ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/13(日) 13:00:38.62 ID:5ws2K5UEO
泰葉「と、ともかく! 新しいヤンデレ、考えてみましょう!」

李衣菜「お、てさぐってるね!」

加蓮「新しいって……」

P「俺も巻き込まれるやつなの?」

泰葉「一緒にやってくれないと……病みます」

P「お、脅し方が新しいな……ちょっとだけだぞ?」

李衣菜「へへっ、さっすがPさん! ノリがいいですねー♪」

P「不本意だからなっ、不本意!」

泰葉「ふふ♪」


11 : ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/13(日) 13:03:35.90 ID:5ws2K5UEO
P「まずは李衣菜から、新しいヤンデレ言ってみろっ」

李衣菜「ふむっ。えーっと、ヤンキーがデレる! とか?」

泰葉「……うーん普通……」

加蓮「割りとメジャーじゃない?」

李衣菜「えっ、だって前一緒にお仕事した藤本さんが向井さんのことを――!」

泰葉「また他の女の子の話してる……!」ギリッ

加蓮「李衣菜には私がいるのに……なんで……!?」ギリッ

李衣菜「ちょ、病むの!? ここで!?」

P「ふふ、面白いなぁお前ら」


12 : ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/13(日) 13:05:15.06 ID:5ws2K5UEO
李衣菜「へ、ヘルプですPさーん!」

泰葉「待ちなさい李衣菜。二度と出歩けないように手足を……ふふふ」

李衣菜「目が! 泰葉目が死んでるよ!? ノリノリじゃん!」

P「おう、モテる女はつらいな李衣菜」ニヤニヤ

加蓮「あははっ♪」


14 : ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/13(日) 13:07:41.26 ID:5ws2K5UEO
加蓮(……ま、確かに。病院のベッドでいつまでも『病んでる』より――)


李衣菜「Pさんの役立たずー! 加蓮でもいいから助けてよぉ!」

加蓮「じゃあ私は、ベッドの下でおはようからおやすみまで監視してあげる。ふふっ!」

李衣菜「」

泰葉「つ、か、ま、え、たっ♪」ギュッ

P「はいバッドエンド~」

加蓮「李衣菜先生の次回作にご期待くださーい」

李衣菜「いやだああああ!」


加蓮(今のほうが、ずっとずっと楽しいかな♪)



おわり


15 : ◆5F5enKB7wjS6 2015/12/13(日) 13:08:23.57 ID:5ws2K5UEO
というお話だったのさ
安心してください、病んでませんよ


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1449977445/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ