Powered By 画RSS


トゥーナ「起きたら…………飼われてた」(ルーンファクトリー3)

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/15(火) 19:02:28.65 ID:6x1E1VlB0

……早朝
-飼育小屋


トゥーナ「……」

トゥーナ「…………」


トゥーナ「……ぁ、やっと来た」


ガチャッ


「おはよう、トゥーナ」

トゥーナ「……おはよう」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/15(火) 19:03:10.74 ID:6x1E1VlB0

「さ、ブラッシングしようね」

トゥーナ「ん……」

「今日もきれいな毛並みだ」シャッシャッ

トゥーナ「…………ありがと」

「……」シャッシャッ

トゥーナ「……」

「…………」スンスン

トゥーナ「えっ……なにして……嗅がないで!」

「ご、ごめん。つい……あんまりきれいな髪だから」

トゥーナ「…………ばか」

「ほんとにきれいだよ」サワッ

トゥーナ「ぁうっ」

「え?」

トゥーナ「っ…………手で、撫でられると」

「気持ちいい?」ナデナデ

トゥーナ「ぁ………………」

「ね?」サワッ

トゥーナ「…………うん」

「よしよし」ナデナデ

トゥーナ「ん…………」




3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/15(火) 19:03:43.88 ID:6x1E1VlB0

「さて、と。素材を回収……あれ? トゥーナの採取素材は?」

トゥーナ「……そこに、羽が」

「違うでしょ? トゥーナの素材は…………」


「たまご、でしょ」

トゥーナ「…………っ」




4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/15(火) 19:04:20.30 ID:6x1E1VlB0

「ほら、僕を支えにしていいから、踏ん張って」

トゥーナ「ぃ、いや……」

「手伝ってあげるから、頑張って出そう」

トゥーナ「ぃ、いま………………違うのも、出ちゃいそうで」

「あはは、大丈夫だよ」

トゥーナ「?」

「それも肥料に使うから。全部出して」ペシペシ

トゥーナ「っ……おしり、たたかないで……」




6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/15(火) 19:05:01.80 ID:6x1E1VlB0

トゥーナ「んっ……く」

「いいぞ、その調子」

トゥーナ「はぁっ……ふ、っ」

「ひっ、ひっ、ふー」

トゥーナ「ひっ……ひっ……」

「はい! りきんで!」ギュッ

トゥーナ「ふぅーんんんっ!?」

「もう少しだ!」ギュー

トゥーナ「ぁくぅっ!? おなか、おさ、おさなひでっ」

「頑張れ!」ギュッギュッ

トゥーナ「あっ……ぁうんんっぁああっ!!」


コロンッ

「やったぁ!」

トゥーナ「はぁ…………はぁ……」クタリ




7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/15(火) 19:06:00.82 ID:6x1E1VlB0

「なんにしようかな……オムレツ? ケーキ? でも素材の味をそのまま、ゆでたまご……生でもいけるかな。たまごかけごはん……」

トゥーナ「ぇ…………? ま、ま……って」

「? どうしたの、トゥーナ」

トゥーナ「それ、た……たべるの……?」

「あはは! そりゃ、たまごだからね」

トゥーナ「っ……」

「それとも、出荷箱に入れる? トゥーナが今朝産んだたまごです、って、カリンに見てもらう?」

トゥーナ「そ、それはっだめ……」

「あ! そうだ、せっかくだから、トゥーナのたまごで作った料理を、みんなにふるまおうか。カリン、ソフィア……ガジさんも呼んで」

トゥーナ「!? だ、だめっ……だめ!」

「はは、冗談だよ。……これは、僕だけのものだからね」

トゥーナ「………………ばか」




8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/15(火) 19:06:54.79 ID:6x1E1VlB0

「他の子の素材も回収しなくっちゃ。よいしょ」

<がう~!

「あはは、元気だね。まずブラッシングだよ」

<がぶっ!

「いたたたた!」


トゥーナ「……」

トゥーナ「…………」


トゥーナ「なんで飼われてるの、あたし」


トゥーナ「確か……あたしがあの人を飼おうとしてたはず…………なのに」


「ほーらいっぱい出そうね」

<あっや! やぁあ!?

「新鮮な聖水だ! これは高く売れるぞ!」

<やだぁ……ぁぅう


トゥーナ「……昨日までは、あたしが金のふわふわもこもこ毛を素材採取してたのに……なんで……」


……



9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/15(火) 19:07:45.88 ID:6x1E1VlB0

……

モコモコ『モコモコッ』

トゥーナ『ふふ……かわいい』ナデナデ

モコモコ『あのさ……』

トゥーナ『……なに?』

モコモコ『僕はいつまでモコモコでいればいいの?』

トゥーナ『…………ずっと』

モコモコ『ずっと、って……』

トゥーナ『すーっと……ずーーーーっと……』


トゥーナ『あたしが…………死ぬまで』

モコモコ『あはは……』




10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/15(火) 19:08:21.85 ID:6x1E1VlB0

モコモコ『でもそれだとさ、いろいろ不便だよね』

トゥーナ『……そう?』

モコモコ『…………えっちのときも』

トゥーナ『えっ、な、なに』

モコモコ『この姿で、するの?』

トゥーナ『っ…………』

モコモコ『トゥーナって獣姦好き?』

トゥーナ『ちがっ……ちがう、から』

モコモコ『じゃあ人間の姿に戻らないとね。首輪……はずしてくれる?』

トゥーナ『………………ぅ、ん』

カチャッ

『さて、と』

カチャン

トゥーナ『…………え?』

トゥーナ『あ、……あたしの首に…………なんで』

『ちなみにトゥーナ』


『僕は大好きだよ』

トゥーナ『っ!』

『獣姦』

トゥーナ『…………』


……



11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/15(火) 19:09:07.30 ID:6x1E1VlB0

……


トゥーナ「…………そうだった……まんまと逆転されたんだ……」


逃げ出したいか?

トゥーナ「!? だれっ」

私ならば、お前を救いだしてやれる

トゥーナ「すくう……?」

このままでよいのか? このまま、あの者に飼われ……

トゥーナ「あたし…………は……」


……




12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/15(火) 19:09:44.09 ID:6x1E1VlB0


……
-竜玄窟



「トゥーナをかえせ!!」

アクナビート「……それはできない」

「なぜだ!」

アクナビート「認めるわけには、いかないからだ」

「なにっ」

アクナビート「認めぬ……」



アクナビート「飼育プレイケモックスカップルなど……」

「……」




13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/15(火) 19:10:32.61 ID:6x1E1VlB0

アクナビート「この子はお前といると不幸になる。これから先……悩み続けるだろう」

「そんなことっ」

アクナビート「ならば」


アクナビート「ならばお前達は、幸せだったのか?」

「なにをっ」

アクナビート「モンスターと、人との間に生まれ……多くの偏見と差別の目に、晒されては来なかったか」

「そんなことないっシアレンスの町の人達は、受け入れてくれた!!」

アクナビート「……なら、なぜすぐに打ち明けなかった」

「っ!」

アクナビート「自分がモンスターとのハーフであると知って、お前は誰かに相談したのか」

「それは……」

アクナビート「真に信頼していれば、それができたハズだ。そうしなかったのは……」


アクナビート「モンスターと人の子など、気持ち悪い」

「っ……」

アクナビート「そう思われる……いや、お前自身、そう思ってはいなかったか」

「…………」

アクナビート「だから、この子も……これまで誰にも言わなかった……怖かったのだ……拒絶され…………排斥されることが」


アクナビート「故に」

??「それは違うナ」

「!!」




14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/15(火) 19:11:17.84 ID:6x1E1VlB0

ガジ「……トゥーナは、優しい子ダ。……俺達に、心配かけたくなかったのサ」

「……ガジさん」

アクナビート「貴様ら……」

ガジ「もう、おしゃべりは充分ダロ。ここからは……」スラリ

「力づくで…………返してもらう!!」ジャキンッ

アクナビート「愚かな……」

「でやぁあああ!!!」

ガジ「はぁああっ!!」

……




15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/15(火) 19:12:28.47 ID:6x1E1VlB0
……


「はぁっ……は、ぁ……」

ガジ「うグっ……」ガクッ


アクナビート「終わりだ……」


トゥーナ「もうやめて!!」

「……トゥー……ナ」

トゥーナ「もういい……これ以上…………あたし達……だめだったんだよ、最初から……」

「そんなことないっ!!」

トゥーナ「!」

「……僕達は……確かに、この生まれのせいで、苦労もしてきた…………けど」

「この町で……受け入れてもらえて……たくさんの人と出会って」


「大切な人を、見つけられた」

トゥーナ「……」

「それに…………僕たちの両親は、きっと……」

「愛し合って、僕たちを産んだんだ」

「それを、僕らが否定しちゃだめだ」


アクナビート「…………」

ガジ「……お前の、負けダ」

アクナビート「…………そのようだな」

「え?」




16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/15(火) 19:13:20.75 ID:6x1E1VlB0

アクナビート「……これで、シアレンスの花も咲くだろう」

「それって……」

アクナビート「試すような真似をして、すまなかった。……お前達のような者がいれば、いつか、全ての種族が、分け隔てなく……」

「……アクナビート」

アクナビート「さぁ……行け」


アクナビート「存分にケモックスし、この世界を異種姦パラダイスにするがよい!!」

「はい!!!」

トゥーナ「えぇ……?」



……




17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/15(火) 19:14:56.70 ID:6x1E1VlB0

……??年後



トゥーナ「……って」

「あはは、懐かしいなぁ……そんなこともあったね」

トゥーナ「あのとき…………かっこ、よかった……よ」

「そ、そう言われると……必死だったから……でもなんでそんな話」

トゥーナ「……しばらく、帰ってなかったから」

「よその町を巡ってたもんね」

トゥーナ「ガジの武器も……あたしのアクセサリー……あなたの、農具や靴、雑貨……たくさん売れたよ」

「そうみたいだね」

トゥーナ「商品……欲しいって人が、たくさん。都会に……カリンがお店、開くって。あたし達の作ったもの、売ってくれる……」

「ほんと!? すごいや……」

トゥーナ「また……忙しくなりそう」

「この子達も手伝ってくれるし」

トゥーナ「…………忙しく、なる前に…………その、久しぶり、に」

「……起きちゃうよ?」

トゥーナ「だから…………」


トゥーナ「飼育小屋…………行こ? …………昔、みたいに」

「…………うん」




トゥーナ「ずっと…………大好きだよ」

「……僕も」






おわり。






元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1450173748/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ