Powered By 画RSS


伊織「我那覇響特別番組?」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 12:58:57.499 ID:qXm3n1VC0.net
伊織「いやー、最近のテレビはボタン一つで番組名と番組表が出てくるから楽ね~」ピッピッ

伊織「ついつい興味無くても見ちゃうわ~」ピッピッ




5 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 13:03:13.166 ID:qXm3n1VC0.net
伊織「ん?『週刊アイドル!我那覇響スペシャル』?何これ?見てみようかしら」ピッ

司会『…というわけで今日は我那覇響さんに造詣が深く、同じユニットでもある星井美希さんにお越しいただきました』

美希『今日はよろしくおねがいするの…』

伊織「え?何?この真剣な表情、あいつこんな顔できたの?」


6 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 13:07:03.682 ID:qXm3n1VC0.net
司会『なるほど…本日は響さんの魅力を思う存分語っていただけたらと思います』

美希『ちゃんと5時間枠とってくれた?』

伊織「取るわけないでしょ!?」

司会『はい、今日はたっぷり5時間語っていただけたらと思います』

伊織「頭おかしいんじゃないの!?」


7 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 13:11:36.462 ID:qXm3n1VC0.net
司会『さて、響さんと言えば沖縄出身ということが強調されておりますが…』

美希『うん、響を語る時に外しては語れないところだね!』

伊織「一応真面目な番組なのかしら…」


10 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 13:14:32.460 ID:qXm3n1VC0.net
美希『沖縄は暑いから響が自然と薄着になるの、響にホットパンツを履かせ、ノースリーブを着させた時点で沖縄は尊いの…』

伊織「って思ったらこれよ!」

美希『沖縄の価値はあの脇と太ももにあると言っても過言ではないの!』

伊織「沖縄県民に怒られろ!」


11 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 13:17:24.902 ID:qXm3n1VC0.net
美希『はぁぁぁ…響の脇…太もも…ペロペロ…』

伊織「いやいやいやいや…こういうのは大体貴音の役割でしょ?何してんのよこいつ…」


13 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 13:19:56.710 ID:qXm3n1VC0.net
司会『しかし我々も意外でしたよ、響さんと言えば大体同じフェアリーの四条貴音さんとセットで扱われることが多いですからね、実際公私ともに仲が良いらしいですが…それだけに星井さんが来られるのは意外で…』

美希『ケッ!』

伊織「!?」


14 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 13:22:10.489 ID:qXm3n1VC0.net
美希『ほんと、周りはくだらないことばっかり言ってるの…口を開けばやれ「たかひびわっほい!」とかやれ「たかひびピヨォ!」とかうっさいの!』

伊織「それほぼ小鳥じゃない…」


15 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 13:24:23.172 ID:qXm3n1VC0.net
美希『たしかにミキは貴音のことも大好きだし、たかひびにはたかひびの良さがあるの、それは否定しないの、
でもね?貴音に比べると幼いミキが響の等身大の姿を見れるし、何よりミキにいいとこ見せようとして大人ぶる響超かわいいの!その後調子に乗って失敗するまでがセットなの!』

伊織「意味わかんないわね…付き合ってられないわ、チャンネルを変えましょう」ピッ

貴音『はい、世の中にはやれがなはるだみきひびだという輩もおりますが、らぁめんが二十郎に集約されるように、結局はたかひびに集約されるのです』キリッ

伊織「いや、あんた裏に出てたんかい!だから出てなかったんかい!」


17 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 13:26:18.375 ID:qXm3n1VC0.net
貴音『響の性感帯は脇の下です。ここをくすぐると力が抜けて抵抗できなく…』

伊織「どさくさに紛れて何言ってんのよ!?もういいわ!チャンネル変えるわよ!」ピッ


18 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 13:27:38.507 ID:qXm3n1VC0.net
雪歩『確かに、私といえば真ちゃん…みたいなイメージがあるかもしれないですけど、古来から真ちゃんと響ちゃんの親和性が高いことはご存知ですよね?』キリッ

伊織「あんたもか!?あんたも変態の仲間入りか!?」


21 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 13:31:08.348 ID:qXm3n1VC0.net
雪歩『むしろ真ちゃんの前で響ちゃんを、響ちゃんの前で真ちゃんを辱めることによって羞恥の相乗効果が生まれて…』

伊織「なんで放送できてんのよ!?バッカじゃないの!?」


23 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 13:32:32.059 ID:qXm3n1VC0.net
雪歩『はい、2人ともドMなんでそれは…』

伊織「しかし雪歩まで…あれ?ってことは…」ピッ

春香『みなさん、「たかひびが王道」とか言ってますけどね?SPのことを考えたらがなはるこそ元祖ですよ!元祖!』キリッ

伊織「やっぱりね!もうむしろそんな気はしてたけどね!」


25 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 13:34:07.022 ID:qXm3n1VC0.net
春香『響ちゃんの孤独な氷を溶かしたのは誰なのかって話なんですよ、みなさん響ちゃんを765プロの太陽とかって言ってますけど、じゃあその765プロの太陽にとっての太陽って誰なのよ?って話なんですよ』

伊織「少なくともあんたじゃないわよ、多分あいつはやよいを太陽にしてるわよ」


26 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 13:36:31.868 ID:qXm3n1VC0.net
春香『まぁ、多分やよいだと思いますけどね』

伊織「じゃあなんだったのよ!?」


27 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 13:38:51.931 ID:qXm3n1VC0.net
伊織「はぁ…もうこのチャンネルしか残ってないけど、どうせこのチャンネルも…」ピッ

千早『はぁ…はぁ…はぁ…高槻さん…んっ!?…はぁ…んっ…あっ…』

伊織「あんたは唐突に何してんの!?いや、いつも通りだけども!?流れ読みなさいよ!」


28 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 13:42:56.462 ID:qXm3n1VC0.net
伊織「大体なんでこの時間帯、一局除いて全部響関連の番組しかしてないの!?どんな時間帯!?」

千早『あっ…あっ…あっ…高槻さん!…高槻さんんんんん!!!』

伊織「いつまでやってんのよ!」ピッ


29 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 13:45:44.349 ID:qXm3n1VC0.net
美希『ミキはね、響におにぎり握ってほしいの!』

伊織「ふぅ、まさか美希の番組が一番マシだったなんてね…」


30 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 13:48:26.820 ID:qXm3n1VC0.net
美希『まぁ普通の人は脇で握ってもらいたいとかありがちなこと言うんだろうけど…』

伊織「あら?違ったかしら?」

美希『ミキはあえて普通に手で握ってもらうの!』

伊織「『あえて』の意味がわからないわ…」


31 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 13:51:51.946 ID:qXm3n1VC0.net
司会『しかし、普通に手で握ってもらったおにぎりと脇で握ってもらったおにぎりなら脇で握ってもらった方がいいのでは?』

伊織「あんたも何を考えてたらクソ真面目な顔してそんなこと聞けるのよ?」

美希『甘いの…いちごババロアより甘い考えなの…』


33 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 13:56:31.200 ID:qXm3n1VC0.net
美希『いい?脇で握ってもらったおにぎりは食べちゃったらお終いなの、むしろおにぎりの味と響の脇の味が同居して純粋に楽しめないの…』

伊織「急にしっかりしたグルメ番組みたいなコメントしだしたわ…」


34 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 13:59:15.894 ID:qXm3n1VC0.net
美希『普通に手で握ってもらった方がおにぎりの味も楽しめるし、握ってもらってる最中も響の小さな手がコロコロ動いてるのが見れて目でも味わえるの』

伊織「内容がおかしいという点に目を瞑れば食レポの才能があるわね」


35 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 14:02:43.090 ID:qXm3n1VC0.net
美希『食べ終わった後も、響のちっちゃな指に付いたお米をチュパチュパ食べて「も、もー!何する…ひゃい!?」って言われたいの!』

伊織「ちょっと?大丈夫?ってかギリギリアウトじゃない?」

美希『その後は響を食べるの(意味深)!』

伊織「はい、アウトォォ!ギリギリじゃなくて余裕でアウトォォ!」


36 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 14:05:01.231 ID:qXm3n1VC0.net
美希『裸エプロンの良いところはそこにあってね…』

伊織「その前提先に聞いとくべきだったわ!そしたら見なかったわよ!」ピッ

貴音『響が入ったお風呂の残り湯でラーメンのスープを…』

伊織「このチャンネルがあんたってこと忘れてたわ!」ピッ


37 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 14:07:55.644 ID:qXm3n1VC0.net
春香『響ちゃんを食べたい!(迫真)』

伊織「何があったらそれを絶叫することになんのよ!」

春香『もちろん性的な意味で!』

伊織「わざわざ言い直すことか!?」ピッ


40 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 14:11:28.441 ID:qXm3n1VC0.net
雪歩『響ちゃんの性感帯ですか?…うーん、一般的には脇の下とされていますけど、私はお尻もイケるんじゃないかと思ってるんですよ』

伊織「せめて料理の流れは守りなさいよ!あれか?『私が響ちゃんを料理(意味深)しちゃいますぅ!』とでも言うっての?やかましいわ!」


41 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 14:14:05.487 ID:qXm3n1VC0.net
雪歩『私が響ちゃんを料理(意味深)しちゃいますぅ!』

伊織「当たっちゃった!?ちょっとは捻りなさいよ!」ピッ


42 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 14:17:59.329 ID:qXm3n1VC0.net
千早『その時…我らが主…高槻さん…いえ、聖天使ヤヨイエル様は…仰りました…』

伊織「賢者タイム!?」ピッ


43 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 14:20:11.943 ID:qXm3n1VC0.net
美希『だから…ミキは響と約束したの…いっしょにトップアイドルになろうね…って』

司会『なるほど…まさかそんな感動的な話が…』

伊織「嘘つけぇぇぇぇえ!?どうやったらこの短時間でそこまでの軌道修正ができるのよ!?」


44 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 14:22:58.934 ID:qXm3n1VC0.net
司会『しかし、我那覇響さんの特集を組むと放送した途端電話を頂いたことには正直驚きを隠せませんよ』

美希『そりゃそうなの、早くしないと貴音にとられちゃうの』

司会『なるほど、それで…』

伊織「全然納得できないわよ、視聴者置いてけぼりじゃない…」


45 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 14:24:48.814 ID:qXm3n1VC0.net
美希『まぁ、貴音は別のテレビ局にお願いして時間取ってもらってたからいいんじゃないかな?春香や雪歩もそうするって言ってたし』

伊織「それがあの痴女大集合ってわけね…」

伊織「でもなんやかんや私がつっこんでない部分はちゃんと響の魅力を語ってるのよね…」

伊織「もう少し見てみましょうか…」


46 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 14:28:13.828 ID:qXm3n1VC0.net
5時間後

司会『…そろそろお時間になって参りました』

美希『え?もう?まだまだ語り足りないの…』

伊織「どんだけよあんた」


47 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 14:29:53.047 ID:qXm3n1VC0.net
伊織「でもなんやかんやで最後まで見ちゃったわね…」

美希『続きはWebにあげとくの』

司会『勝手に決めないでください』

伊織「あんた、今日初めて仕事したわよ?」


48 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 14:32:06.571 ID:qXm3n1VC0.net
伊織「でも、曲がりなりにもこんなに語ってもらって…好きって言われるなんて…ちょっと羨ましいわね…」

司会『さて、次回の「週刊アイドル!」は「水瀬伊織スペシャル」です!』

伊織「へ?わ、私?」


49 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 14:33:45.764 ID:qXm3n1VC0.net
美希『へ~、デコちゃんか~、デコちゃんはああ見えて優しいから色んな魅力が見えると思うの!』

伊織「デコちゃん言うな!で、でも…褒められるなら悪くないかも…」

司会『それでは次回の予告とともにお別れしましょう』


50 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 14:36:23.644 ID:qXm3n1VC0.net
伊織(でも誰かしら…もしかしてやよい?…いやぁ、照れるわね…)

あずさ『え?伊織ちゃんですか?』

伊織「あ、あずさぁ!?」


51 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 14:37:00.032 ID:qXm3n1VC0.net
あずさ『うふふ、伊織ちゃんって、とっても可愛いんですよ?いつも2人になったら膝枕してもらいたがるんです』

伊織「ちょっ!?それは言わない約束でしょ!?」

あずさ『頭をナデナデしてあげるとすぐに眠くなっちゃいますし…』

伊織「だから言うなって…ってまさか他のチャンネルでも!?」ピッ


52 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 14:37:37.290 ID:qXm3n1VC0.net
亜美『いおりんと言えばおもらしだよね!』

真美『いおりんのオレンジジュース(意味深)』

伊織「はっ倒すわよあんたら!?」ピッ


53 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 14:38:07.477 ID:qXm3n1VC0.net
P『ですからこう…オレンジジュースに利尿剤をですね…』

伊織「あんたそんなことしてたの!?死ねばいいのに!」ピッ

小鳥『正直おもらしした後の顔はそそりますね』キリッ

伊織「さっきからなんで話が繋がってんのよ!?バカが織りなす奇跡か!」ピッ


54 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 14:39:01.562 ID:qXm3n1VC0.net
千早『それでは今週の「高槻さんチャンネル」はここまで、来週も見てくださいね』

伊織「ほんとブレないわね!?というか毎週やってんの!?」

伊織「でも良かった…安心してる私がいるわ…」


55 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/12/18(金) 14:39:22.373 ID:qXm3n1VC0.net
千早『来週は「高槻さんの親友水瀬さんスペシャル」です』

伊織「結局私じゃない!?」

千早『いっしょにやよいおりではぁはぁしましょう』

伊織「…私もうアイドル辞めたい」

終わり


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1450411137/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ