Powered By 画RSS


織莉子「こっちにいらっしゃい、キリカ!」

2:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 13:22:56.05 ID:rrz5BaBaO
キリカ「うぅ…本当に叩くの…?」

織莉子「当然です!私がどれほど心配したか…分からないキリカじゃないでしょう?」

キリカ「…っ!で、でもどうしてお尻を叩くのさ!?他にもやりようがあるんじゃ--」

織莉子「昔から、悪い事をした子にはお尻叩きと決まっています!」

織莉子「さぁ、お尻を出して!こっちにいらっしゃい!」

キリカ「う、うぅ…」




3:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 13:26:31.55 ID:rrz5BaBaO
キリカ(は、恥ずかしい…織莉子の前でお尻を出すなんて…!)ペロン

織莉子「早く来なさい!」

キリカ「わ、わかったよ織莉子…」トテトテ

キリカ(…どうしてこうなった)


---
--



6:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 13:33:39.57 ID:rrz5BaBaO
<数時間前>


キリカ「今日の魔獣も楽勝だね!やっぱり織莉子が一緒だと、とっても心強いや!」

織莉子「うふふ。ありがと、キリカ」

織莉子「まぁ、それはそれとして…キリカ、あなた突っ込み過ぎよ?」

織莉子「あなたの時間遅延魔法は範囲が限定されるのだから、思わぬ所から奇襲を受ける可能性も…」

キリカ「大丈夫、大丈夫!私の愛は無限に有限だからね。どんな相手でも、不覚をとる事なんてありっこないよ!」

織莉子「だと良いのだけれど…」


9:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 13:38:52.99 ID:rrz5BaBaO
織莉子(今のところ悪い予知は見えていない。心配のし過ぎかしら…)

キリカ「よし!どんどん行こう!どんどん!」ダッシュ

織莉子「ああ、もう!キリカったら、あんまり先行しないで!」ワタワタ

キリカ「あっと、ごめん、ごめんよ!ついつい気ばかり急いてしまっていたよ」

織莉子「まったく…貴女ったら、せっかちさんなんだから…」


11:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 13:47:58.04 ID:rrz5BaBaO
キリカ「ヒッフッハッセイハットウッヤァッ!」

魔獣「オノレイレギュラーメグァァァァァ」

織莉子「お見事よ、キリカ」

キリカ「えへへっ、私の織莉子への愛の力があればこんなものさ!」

織莉子「…ただ、やっぱり先行し過ぎだと思うわ。私ではカバーしきれないくらい、先に行ってしまうんだもの」

キリカ「それは分かってはいるけれどね…どうしても身体が先に--」


魔獣「ワレハメシアナリ!ハッハッハッ!」

キリカ「獲物はっけーん!」ダッシュ

魔獣「フハハハハハハハハ」ダッシュ

キリカ「待てー!」ダダダダ…

織莉子「ああ、キリカったらまた先に…!」


12:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 13:54:38.22 ID:rrz5BaBaO
……


織莉子「やっと追いついたかしら…」ゼーゼー

織莉子(もう、言うことを聞かない子なんだから。帰ったらお説教ね)

キリカ「ぐぁあ!」ザシュッ

織莉子「キリカ!?」

キリカ「に、逃げてくれ織莉子…コイツら、ただの魔獣じゃない…!私の遅延魔法が通用しなぃ…」ガクリ

織莉子「キリカっ!」


13:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 14:00:26.36 ID:rrz5BaBaO
織莉子「……」

織莉子「…よくも」

織莉子「よくも私のキリカに傷をっ!」ギロリ

織莉子「許さない!水晶球炸裂弾!」

ドドドドドド!

魔獣たち「ソンナモノカイレギュラー」ニヤニヤ

織莉子(全弾回避された!何故!?)


14:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 14:07:38.49 ID:rrz5BaBaO
織莉子(キリカの魔法が通用せず、私の予知とは違った動きをする、と言うことは…)

織莉子(間違いない。この魔獣、時間操作の能力を持っているわ!)

織莉子(これは強敵ね…でも、)チラ

キリカ「」

織莉子(ひどい出血…早くしなくちゃ!)

織莉子「…悪いけれど、これで終わりにするわ!」

織莉子「水晶球、拡散爆雷!」ズドドド…

ドカーン!


15:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 14:12:09.35 ID:rrz5BaBaO
魔獣たち「グァァァァメガ、メガァァァァ」

織莉子(…今のはフェイクよ。閃光による、ただの目眩まし)

織莉子(今は…キリカの救助が最優先…!)ダッ

織莉子「逃げるわよ、キリカ!」オヒメサマダッコ

キリカ「う、ぐぅ…」


---
--



16:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 14:15:52.55 ID:rrz5BaBaO
キリカ(それで、さやかに傷の手当てをしてもらって)

キリカ(織莉子が、マミの厳重注意を受けて…)

キリカ(それは、怒るよね…)ズーン

キリカ(お尻を叩かれるのも、しょうがない…)グスン



織莉子「……」


17:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 14:19:08.16 ID:rrz5BaBaO
織莉子「いくわよ」

キリカ「…うん」

パァン!

キリカ「ひぃっ!」

パァン!

キリカ「くぅうっ!」

キリカ(痛い!痛いよ!お尻叩かれるのって、こんなに痛いの!?)


18:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 14:23:42.96 ID:rrz5BaBaO
織莉子「みっともない声を出すんじゃないの!まだ手の平で叩いてるだけなのよっ?」

パァン!

キリカ「ふくぅっ!」

パァン!パァン!パァン!パァン…

キリカ「ひっ、くぅっ、あぁっ、はぁっ!」

キリカ(痛い、痛いよ!)


20:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 14:30:09.99 ID:rrz5BaBaO
織莉子「なんでお仕置きされているのか、考えなさい!」

パァン!パァン!

キリカ「ひぎっ、くぅっ!…お、織莉子の言うことを聞かなかったから…」

パァン!!

キリカ「あぐぅぅっ!?」

織莉子「違うわ!もっと良く考えなさい!」

パァン!!パァン!!パァン!!

キリカ「あぐっ、ぎぃっ!」

キリカ(違う!?何が違うの!?)


21:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 14:36:09.40 ID:rrz5BaBaO
<掌打60回終了>

キリカ「はぁ、ふぅ…」ポロポロ

キリカ(お尻、熱い…じんじんする…)ヒリヒリ

キリカ(あと、何回残ってるんだろう…)

織莉子「…そろそろ痛みに慣れてきたと思うから、これを使う事にするわ」

キリカ「!!(羽子板!?それも二枚重ねた…)」


22:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 14:41:53.78 ID:rrz5BaBaO
キリカ「ちょ、ちょっと待ってよおり--」

バシン!

キリカ「!はぐぅぅぅぅぅぅぅ…!」

キリカ(痛い痛い痛い痛い痛い痛い…!さっきなんかと比較にならない位--)

バシン!バシン!バシン!バシン!

キリカ「きゃんっ!やらっ、痛い!痛いよぉっ!」ジタバタ


24:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 14:47:58.34 ID:rrz5BaBaO
織莉子「お仕置きなんだから、痛くて当然です!」

バシン!バシン!バシン!

キリカ「やらっ、ひゃらぁっ!」バタバタ

キリカ「ごめんなさいっごめんなさいぃ!」

キリカ「もうっ(バシン!)織莉子のっ(バシン!)言い付けをっ(バシン!)破らないからぁっ(バシン!)」

キリカ「もおっ(バシン!)許してよぉっ!」


25:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 14:54:11.35 ID:rrz5BaBaO
織莉子「許しを乞えるのは反省してない証拠ですっ!」

織莉子「もっともっとお仕置きが必要なようね!」

キリカ「しょんなぁっ!」

バシン!

キリカ「ふぐぅぅぅっ…!」

バシン!バシン!バシン!バシン!バシン!バシン!……

キリカ「やだぁっ!やらぁっ!ひゃらぁっ…!」ジタバタ

キリカ「おひりぃ…こわれちゃうよぉ…!」

バシン!

キリカ「ぎぃっ!?」


26:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 14:58:49.74 ID:rrz5BaBaO
<羽子板40回終了>

キリカ「ふ、くぅ、うぅ…」ボロボロ

キリカ「おしりいたい、いたい、いたいよぉ…」

キリカ「もう、はんせい、したから、ゆるして…」

織莉子「……」

織莉子「…ねぇ、キリカ。どうして私がこんなに怒っているか、分かる?」


27:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 15:05:18.39 ID:rrz5BaBaO
キリカ「…おりこの言うことやぶったから…」

織莉子「違うわよ!」

織莉子「私が怒っているのは、キリカが自分の命を軽んじている事なのよ!」

キリカ「……!」

織莉子「言うことを聞かなかったのは仕方がないわ。貴女だって、好きに動きたい事もあるでしょうし…」

織莉子「ただし調子に乗って、自分自身の命を危険に晒した事だけは許せないわ」


28:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 15:09:54.81 ID:rrz5BaBaO
織莉子「もし貴女が死んでしまったら…キリカの居ない世界なんて、想像もしたくない…!」

織莉子「貴女は、私にとっての全てなのよ?それなのに…こんなに危ない目に遭って…」

織莉子「これが怒らずにいられますか!?」


キリカ「…ごめんなさい、織莉子」


29:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 15:13:26.95 ID:rrz5BaBaO
織莉子「分かって、くれた…?」

キリカ「うん…私が浅はかだった」

キリカ「一番大事な人を心配させて、調子に乗って…」

キリカ「危うくキミを、悲しませる…悲しませてしまった」

キリカ「……ごめんなさい、織莉子…」


31:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 15:20:45.16 ID:rrz5BaBaO
織莉子「…さてと、納得したところで、お仕置きを続けましょうか」

キリカ「ふぇえ!?まだ続けまるの…」

織莉子「だって、ちゃんとキリカに刻み込んでおかなくてはならないもの…」

織莉子「キリカは私の物だっていう事を、徹底的に」

キリカ「…い、いや。私は最初からキミの物でしか…」

織莉子「それとこれとは話が別よ?これはお仕置きですもの」

キリカ「あ、あぁ…」ガクガク

織莉子「あと100回も叩けば良いかしら…?」

キリカ「ひぃっ!」


32:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 15:26:27.64 ID:rrz5BaBaO
その後、少女の泣きじゃくる声と何かを叩く音が一晩中響き、
道行く人々は本能的に尻を押さえ、足早に通り過ぎたという。
途中から泣き声が鳴き声に変わった事に気付いた者は、本人も含めて誰もいなかった。

取り逃がした魔獣は、なんだかやたらとコンビネーションスキルの上がった美国織莉子と呉キリカによって撃破され、
一応、今回の件についてはケリがついたのだった。


おわり。


33:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 15:30:13.87 ID:rrz5BaBaO
短いけどおわり
キリカちゃんマゾ開花の様子をじっくり描写しても良かったけど、指が痛いから止めた
台詞だけで表現するのって難しいね
見てくれた方はありがとう


あぁ、キリカちゃんのお尻を赤むくれになるまで叩きたい…


34:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 15:32:40.94 ID:Ba+gf9cz0

でも逆のパターンなら既に見たことある


35:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 15:34:28.00 ID:rrz5BaBaO
それも私だ
突発的に書きたくなったから…


36:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 15:37:04.76 ID:Ba+gf9cz0
貴方だったのか
ぜひ次も書いてくれ


37:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 15:41:28.08 ID:g1Nowm9nO

おりキリにこんなことさせる人はまさかと思ったがやはり
相変わらずえちい


魔法少女おりこ☆マギカ (1)
魔法少女おりこ☆マギカ (1)

魔法少女おりこ☆マギカ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
魔法少女おりこ☆マギカ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「まどかマギカ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2012/01/24(火) 22:29:37

    魔獣がレプリロイドなんだが


  2. 2012/02/07(火) 01:57:10

    生えたの人だったか


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ