Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なの「どうしよう……遭難しちゃった」

1:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 17:03:38.70 ID:FSNZAGXF0
――山小屋



ビュオオ…


なの「………」チラッ

なの(駄目だ……まだ吹雪いてる)

ゆっこ「はあ……はあ……」

なの「相生さん……」ピタッ

なの(……熱が下がらない)

なの(このままじゃ……)


なの「……どうしてこんなことに」


―――――――――




3:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 17:07:28.50 ID:FSNZAGXF0
――前日 東雲研究所


はかせ「ねーなのー」トテトテ

はかせ「どこー?」キョロキョロ

なの「はいはい、ここに居ますよ」ヒョイッ

なの「なんですか?はかせ」

はかせ「おかし……って、何してるの?」


6:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 17:12:36.95 ID:FSNZAGXF0
なの「あー……これですか?」ゴソゴソ

なの「明日の修学旅行の準備ですよ」

はかせ「しゅうがくりょこう? なにそれ?」

なの「言ってませんでしたか? おかしいな……」

なの「保護者の同意書のプリント、渡したじゃないですか」

はかせ「えーっと……なんかそういう紙に判子は押したけど」

なの「読んでなかったんですね……」


7:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 17:15:29.54 ID:FSNZAGXF0
なの「まあ簡単に言えば、学校の皆で行く旅行ですよ」

はかせ「旅行……? どこか行っちゃうの?」

なの「はい、今年はスキー場に」

はかせ「えーっ……いっちゃやだー!」ギュムッ

なの「い、今言われても……」アセアセ


9:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 17:20:16.09 ID:FSNZAGXF0
なの「阪本さんとビスケットさんが世話してくれますから……」

はかせ「なのじゃないとやだーっ!」

なの(一週間前に聞いた時はあっさり承諾したのに……)

なの(……まあ聞いてなかったんだろうなあ)

はかせ「やだやだやだやだ! 修学旅行行っちゃダメっ!」

なの「えーっと……困ったな」


阪本「まったく……またガキが騒いでんのか?」トテトテ


10:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 17:24:44.11 ID:FSNZAGXF0
なの「あっ、阪本さん!……すみません、助けてください」

阪本「おう、何があった?」

なの「それが……」カクカクシカジカ

阪本「……ふむふむ、修学旅行ねぇ」

なの「今から変更してもらうことはできないし……」

なの「どうしましょうか?」

阪本「…………」

阪本「……よし、俺に考えがある! ちょっとまかせろ」

なの「本当ですか!? ありがとうございます!」


12:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 17:30:37.62 ID:FSNZAGXF0
阪本「おいガキ! ちょっとこっちこい」チョイチョイ

はかせ「………?」

阪本「良い事教えてやるから、ほら」グイグイ

はかせ「う、うん……」テッテッテッ


――廊下


はかせ「……良い事って何なの?」

阪本「まあ聞けよ」

はかせ「うん……」

阪本「良いか、ガキ……お前は修学旅行を嫌なものだと思ってるだろ」

阪本「……だがそれは間違いだ」


13:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 17:35:42.77 ID:FSNZAGXF0
はかせ「どういうこと?」

阪本「考えても見ろ、娘が留守にするんだぞ?」

はかせ「…………」


阪本「……お菓子食い放題だぞ」


はかせ「!!」パアアア

阪本「そりゃあちょっとは寂しいかもしれないが、すぐに帰ってくるさ」

はかせ「そうなの?」

阪本「ああ、修学旅行っていうのはだいたい3日くらいなんだよ」


14:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 17:44:25.40 ID:FSNZAGXF0
はかせ「そうなの!? わーい!」ダダッ

阪本(……まあ、出発させちまったらこっちのもんだろ)


――居間


はかせ「なのー! 修学旅行行っていいよー!」ガロッ

なの「えっ! 良いんですか!?」

はかせ「うん!」


15:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 17:49:15.49 ID:FSNZAGXF0
なの「ああ……良かった」

なの(……ありがとうございます阪本さん)ヒソヒソ

阪本さん(良いってことよ)ヒソヒソ

はかせ「それでそれで? 何持ってくの? 手伝う?」

なの(なんか急に協力的に……まあ良いか)

なの「えーっと……着替えとしおりと……」

はかせ「……ぷぷぷ、忘れ物があるんだけど」


16:ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 17:53:52.38 ID:FSNZAGXF0
なの「え? なんですか?」

はかせ「ふふふ……それはね」


はかせ「スニッカーズ!」ビッ


なの「はかせ!……ってそれはもう良いですよ」

はかせ「? なんで?」

なの「何でって……お菓子は持っていっちゃいけないんです」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 17:59:54.09 ID:FSNZAGXF0
はかせ「そうなの? ……学校の先生ってバカだな~」

なの「そこまで言いますか」

はかせ「遭難とかした時に、甘いものを持ってるとすごく便利なんだよ?」

なの「そんなまさか……遭難なんてするわけないじゃないですか」

はかせ「わかんないよ? 山の天候は変わりやすいんだけど」

なの「大丈夫ですって、考え過ぎですよ」

はかせ「むー」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 18:04:28.32 ID:FSNZAGXF0
はかせ「まあ、もしそうなっても大丈夫だけどね」

はかせ「……なのにはこれがあるから!」ポチッ

なの「え?」


ウィイイイン…ガコッ


なの「」

はかせ「甘食もあるよ!」ポチッ


ウィイイイン…


なの「や、やめてくださいよ!」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 18:11:31.25 ID:FSNZAGXF0
なの「もう……まだ入ってたんですかこれ」スポッ ガション

はかせ「ちゃんと新しいの買ってきたよ?」

なの「そういう問題じゃありません!」

はかせ「えーっ……嫌?」

なの「嫌に決まってるじゃないですか……これは冷蔵庫にしまっときますね」

はかせ「あーあ……何でそんなに嫌なの?」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 18:18:33.83 ID:FSNZAGXF0
なの「普通の人は頭の中に甘食が入ってたりしません!」

はかせ「わかんないよ? 入れてる人もいるかも」

なの「わかります!……そもそも、私の頭に入るのも変じゃないですか」

なの「頭にはその、考える所とかが入ってるんですよね?」

はかせ「それも入ってるけどね……色々配置を変えてスペースを作りました」

なの(なんて無駄なことを……)


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 18:21:08.61 ID:FSNZAGXF0
はかせ「とりあえず思考の中枢は後頭部に配置して……」

なの(……しかもなんか解説始めちゃった)

はかせ「感覚の中枢はまとめて右目の後ろに、他はまとめて左目の……」ペラペラ

なの(ああ……スイッチが入っちゃったのかな)

なの(明日は早いから、早く眠らなきゃいけないのに……)


なの「ふわあ……」


―――――――――――――


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 18:27:38.36 ID:FSNZAGXF0
――翌日 スキー場



ゆっこ「ひゃー、すっごいなあ……」

ゆっこ「ねえねえ麻衣ちゃん、真っ白だよ!」

麻衣「……? 真っ黒……」

ゆっこ「麻衣ちゃん、それゴーグルじゃなくてアイマスクだよ」

みお「ゆっこ……あんたはしゃぎ過ぎじゃない?」

みお「……中学生じゃあるまいし」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 18:31:01.00 ID:FSNZAGXF0
ゆっこ「えー? やだなあ、心が荒み過ぎだよみおちゃん」

みお「だって雪くらいなら普通に見られるし……」

麻衣「……沖縄が良かった?」

みお「当然!」

ゆっこ「ああ、まだそれ気にしてたんだ」

みお「だって沖縄からスキーだよ!? 天と地だよ!」

ゆっこ「仕方ないじゃん、ホテルが燃えちゃったんだから……」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 18:36:07.75 ID:FSNZAGXF0
みお「でも……でも……!」

ゆっこ「まあまあ、もう沖縄のことはわすれて楽しみなよ」

みお「スキーでそんなに楽しめるほど純粋じゃない……」

ゆっこ「もう……ほら、見なよあれ」ピッ

みお「?」スッ


なの「…………」ポケーッ


ゆっこ「あんなに感動してる人も居るんだからさ」

みお「……うん、ごめん」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 18:45:15.19 ID:FSNZAGXF0
桜井「み、みなさーん……集まってくださーい……」ピョンピョン


ゆっこ「あ、いよいよだね」

みお「……ま、今日は楽しみますか」

ゆっこ「そうそう!……あ、なのちゃんまだぽーっとしてる」

ゆっこ「おーい! なのちゃん、もう始まるよー!」

なの「……へ? あ、はいっ!」タッタッタッ


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 18:52:36.41 ID:FSNZAGXF0
…………………

――スキー場


桜井「えーっと……初心者コースと、中級者、上級者コースがありますので……」

桜井「自分のレベルに合わせて、コースを選択してくださいね!」


ハーイ


桜井「それじゃあ……自由行動にします!」


ワーイ!


…………………


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 19:00:06.99 ID:FSNZAGXF0
高崎「さっ、桜井先生!」

桜井「あっ、はい! なんでしょう?」

高崎「えっと、その……ええっとですね」

高崎(落ち着け高崎学……まずは向こうのコースを確認するんだ!)

高崎「その……桜井先生は、スキーの経験ありますか?」

桜井「はい、ありますよ」

高崎(ホイキタ―――!!)


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 19:05:37.35 ID:FSNZAGXF0
高崎(経験があるということは中級! これは……行ける!)

高崎「さ、桜井先生!」

桜井「は、はい!」

高崎「その……僕はこれから中級者コースで滑ろうと思うんですけど……」

桜井「そうなんですか?」

桜井「私は前やったときに転んでばっかりだったし、初心者かなあ……」

高崎「!!? ……ぼっ、僕なんかスキー履くと骨折しちゃうんですよ!」


…………………………


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 19:13:41.34 ID:FSNZAGXF0
ゆっこ「ふう……やっと履けたよ」

ゆっこ「あ、そういえばみんなはどのコースに行くの?」

みお「私は中級かなー」

ゆっこ「やったことあるんだ……良いなあ」

なの「わ、私は初心者で……」

ゆっこ「私も初心者かな」

ゆっこ「麻衣ちゃんは?」

麻衣「……私は上級に」


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 19:21:30.36 ID:FSNZAGXF0
ゆっこ「相変わらず凄いね……難しそうなのに」

麻衣「……板に足をのせて滑るだけ」

麻衣「簡単」ステステ

ゆっこ「…………」

みお「まあ、慣れれば楽勝だよ……それじゃ」ステステ

ゆっこ「…………」

なの「そ、そうなんですか?」

ゆっこ「なのちゃん……私たちは大人しく初心者コースに行こうね」ポン

なの「あ、はい……・」


……………………………


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 19:28:57.72 ID:FSNZAGXF0
ボフッ!


ゆっこ「ぶへっ!……あー」ノソノソ

ゆっこ「やっぱり上手く滑れないねー」

なの「そ、そうですね……きゃっ!」ボフッ!

ゆっこ「あ、なのちゃん大丈夫!?」

なの「…………」

ゆっこ「……なのちゃん?」


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 19:32:54.44 ID:FSNZAGXF0
なの「…………」

ゆっこ「なのちゃん!? どこか痛いの?」モソモソ

なの「……てます」

ゆっこ「え?」


なの「私今……仰向けに寝てます!」パアアア


ゆっこ「え……あ、うん……」


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 19:39:54.64 ID:FSNZAGXF0
なの「すごい……夢みたいです」

ゆっこ「そんなに?」

なの「はい!」

ゆっこ「そう……」

なの「空ってこんなに青かったんですね……」

なの「良いきぶ……ん……」ウツラウツラ

ゆっこ「ちょ、ちょっとなのちゃん? 寝ちゃだめだよ」

なの「へっ? あ、すいませんつい……」


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 19:47:48.25 ID:FSNZAGXF0
なの「ふわあ……」ムクッ

ゆっこ「もしかして寝不足?」

なの「あ……はい、ちょっと」

なの「はかせの話が長くて……」

ゆっこ「大変だねー」

ゆっこ「向こうの方で休む?」

なの「いえ、いいです……せっかく来たんだから、滑れるようになりたいですし」

ゆっこ「……そうだね!」


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 19:55:01.80 ID:FSNZAGXF0
ゆっこ「じゃあ、一緒にがんばろうか!」

なの「はいっ!」


……………………………


――中級者コース


シュウウウ… ビッ!


みお「あー気持ちいいなあ!」

みお「やっぱりスキーは滑ってナンボだよね……」

みお「ゆっこ達、今頃どうしてるのかな?」


57: ◆T4SUG8REFC3M :2012/01/22(日) 20:06:53.52 ID:FSNZAGXF0
みお「その点麻衣ちゃんは心配無いけどねー……」

みお「……お姉と同じレベルだったりして」

みお「…………」ゾクッ

みお「そ、それは流石に無いか……あはは」


……………………


――上級者コース


麻衣「…………」キリッ


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 20:11:04.90 ID:FSNZAGXF0
麻衣「…………」キュッキュッ

麻衣「…………」クッ クッ

麻衣「……よし」スッ…


ボフッ


麻衣「…………」

麻衣「……ボケだったんだけど」


………………………………


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 20:14:41.72 ID:FSNZAGXF0
――初心者コース



ゆっこ「……おっ」スイー…

ゆっこ「おっ、おっ、おっ……」フラフラ

なの「…………」ゴクッ

ゆっこ「うあっ!」ボフッ

なの「ああ……残念ですね」

ゆっこ「うへー……やっぱり難しい」


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 20:18:22.82 ID:FSNZAGXF0
なの「じゃあ、私の番ですね……」モソモソ

ゆっこ「うん、頑張って!」

なの「はい!」ザッ


なの「……よし」グッ グッ

なの「そーっと……」スッ…

なの「……あ」スイーッ…

ゆっこ「おお! 結構安定してる!」

なの「うわ……すごい、滑れてる」スイーッ…


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 20:24:17.27 ID:FSNZAGXF0
なの(ああ……風が気持ちいいなあ)スイーッ…

なの(このまま……ずっと滑ってたい……くらい……)スイーッ


ゆっこ「おおお……滑れてる滑れてる!」

ゆっこ「……あれ? でも……ちょっとスピード出すぎじゃない?」


なの(あ……なんか、ねむ……く……)ウツラウツラ


スイーッ…


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 20:29:55.61 ID:FSNZAGXF0
ゆっこ「うわ……どんどん早くなってる」

ゆっこ「もしかして止まれないのかな……なのちゃーん!」ダッ


ボフッ


ゆっこ「ああもう……滑れなかったら邪魔なだけじゃんこれー!」ヌギヌギ



なの「…………」スイーッ


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 20:36:14.19 ID:FSNZAGXF0
ゆっこ「なのちゃーん! 待ってー!」タッタッタッ

ゆっこ「なのちゃん!? 聞こえないのー!?」


なの「すう……すう……」スイーッ


ゆっこ「なのちゃ……うわっ、やばっ!」


ゆっこ「なのちゃん!!そっち崖になってるよー!!」


なの「……ふえっ? あ……」パチッ


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 20:44:29.31 ID:FSNZAGXF0
なの「……えっ? あ、うわあっ!」バタバタ

ゆっこ「あ、暴れちゃ駄目だよ、落ち着いて!」

なの「わっ、わっわっ……きゃーっ!」ゴロゴロ…

ゆっこ「落ちっ……こなくそー!」ガシッ!

ゆっこ「掴んだ! セー……」


ボロッ…


ゆっこ「……フ?」グラッ

ゆっこ(あ……ここ、もう……)


ゆっこ「雪だけ……だ」



ズザザザザザザザ……


…………………………………


74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 20:51:47.62 ID:FSNZAGXF0
………………………


――雪山


ゆっこ「……うっ、うあ……?」パチッ

ゆっこ「あ……生き、てる……」

ゆっこ「……そうだ、なのちゃんは?」ムクッ

ゆっこ「なのちゃーん……大丈夫ー?」キョロキョロ

ゆっこ「あれ……居ない?」


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 20:59:22.86 ID:FSNZAGXF0
ゆっこ「なのちゃん……なのちゃーん」モソモソ

ゆっこ「どこに行っちゃったんだろう……」キョロキョロ

ゆっこ「……あれ?」


キラッ…


ゆっこ「今の……」ザクザク…

ゆっこ「……! やっぱり!」

ゆっこ「なのちゃんのネジだ……!」


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 21:05:31.44 ID:FSNZAGXF0
ゆっこ「この下に埋まってるんだ……」

ゆっこ「早く掘り返して、助けを呼ばないと……!」ザクザク


……ヒラッ


ゆっこ「………?」ザクザク

ゆっこ「雪……」

ゆっこ「そんな、さっきまで晴れて……って、え?」

ゆっこ「……曇ってる……」


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 21:10:52.45 ID:FSNZAGXF0
ハラハラハラ…


ゆっこ「うわ……どんどん強くなってる」

ゆっこ「早く……早くしないと……っ!!」ザックザック



ハラハラハラハラ…



フオオオオオ…



ビュオオオオオオオ…



……………………


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 21:17:32.26 ID:FSNZAGXF0
――山小屋


ビュオオオオ…



なの「う、ううん……」パチッ

なの「……? ここは……」

ゆっこ「あ……なのちゃん」

ゆっこ「目……覚めたんだね」

なの「あ、相生さん?……どうしたんですか!?」


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 21:21:09.06 ID:FSNZAGXF0
ゆっこ「良かった……本当に」

なの「相生さん……?」

ゆっこ「……ごめん……」

ゆっこ「ちょっと……疲れた……だ、け……」


バタッ


なの「!! 相生さん!」タッ


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 21:28:59.64 ID:FSNZAGXF0
なの「まさか……熱っ!」ピタッ

なの「すごい熱……!」

なの「早く手当てをしないと……」

なの(……でも、外は……)


ビュオオオオオオ!



―――わかんないよ?


―――山の天候は変わりやすいんだけど


なの「…………」ヘタッ


なの「どうしよう……遭難しちゃった」



……………………


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 21:35:50.58 ID:FSNZAGXF0
――山小屋


ゆっこ「はあ……はあ……」

なの「…………」ゴソゴソ

なの「……駄目だ、使えそうなものは何も持ってない」

なの「何か、お菓子とかだけでも……」

なの「……そうだ、抜き取っちゃったんだっけ……」

ゆっこ「はあ……はあ……」

なの「……とりあえず、温めないと」


91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 21:44:39.20 ID:FSNZAGXF0
なの「えーっと……そうだ!」

なの「……虫歯にならないんだから、風邪もひかないよね」ヌギッ

なの「うっ……寒い……」ブルッ

なの「……でも、我慢しないと……」


バサッ


なの「これでちょっとは暖かいかな……」

ゆっこ「……な、なの……ちゃん……?」

なの「相生さん!?」


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 21:51:37.48 ID:FSNZAGXF0
ゆっこ「どしたの……そんな、薄着で……」

なの「え、あ、えっと……」

ゆっこ「風邪……ひい、ちゃうよ……?」

なの「だ、大丈夫ですから……」

なの「……私は、大丈夫ですから」

なの「安心、してくださいね」ニコッ

ゆっこ「……そう、なの……?」

なの「はい、だから今は静かにしてましょうね……あ、そうだ」


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 22:00:55.55 ID:FSNZAGXF0
ゆっこ「………?」

なの「……はい、これでよし」

ゆっこ「……ひざ、まくら?」

なの「はい……これで、少しは楽になったら良いんですけど」

ゆっこ「うん、ありがと……」

ゆっこ「……ひんやりしてて、気持ちいい……」

なの「……良かった」

なの(寒い……やっぱり、私の体は寒いと冷たくなっちゃうんだ)

なの(……でも)


なの(今は、役に立ってよかった)ナデナデ


ゆっこ「……すう……すう……」


100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 22:06:12.63 ID:FSNZAGXF0
…………………………………


ビュオオオオオ…


なの(吹雪、ちょっとはマシになってきたかな……)

なの(……でも)

ゆっこ「はあ……はあ……」

なの(相生さんの体調が、どんどん悪くなってる……)

なの(早く、病院に連れていかないと……!)


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 22:12:24.25 ID:FSNZAGXF0
なの(……そういえば、落っこちてからどれくらい経ったのかな?)

なの(時計は腕に……)シャコッ


なの「……え?」


なの「……っ!」バッ

なの(そうだ……曇ってるから、暗いのが当たり前だと思ってた……)

なの(……もう、夕方だったんだ……!)


105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 22:21:04.99 ID:FSNZAGXF0
なの(どっ、どうしよう……もうすぐ真っ暗になっちゃう)

なの(そしたら、助けなんてこれないんじゃ……ただでさえ吹雪いてるのに)

ゆっこ「はあっ……はあっ……」

なの(……駄目、一晩もつかわからない……!)

なの「……っ」チラッ


ビュオオオオオ…


なの「今なら……かなり、弱まってきてる」


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 22:29:11.15 ID:FSNZAGXF0
ビュオオオオオ…


なの「…………」

なの(……私はロボットだから、寒さで死ぬなんてことは無いよね)


ビュオオオオオ…


なの(……でも、Tシャツと下着だけで戻ったら)

なの(確実に……人間じゃ無いってわかる)


ビュオオオオオ…


112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 22:37:34.25 ID:FSNZAGXF0
なの「……だけど」

ゆっこ「はあっ……はあっ……」


ビュオオオオオ…


なの「……すみません、相生さん」スッ

ゆっこ「はあっ……はあっ……」

なの「ちょっとだけ、待っててくださいね」


なの「……すぐに、戻ってきますから!」



ダッ!


……………………………………


117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 22:47:31.84 ID:FSNZAGXF0
――雪山


ビュオオオオオ…



なの「はあっ、はあっ」ザッザッザッ…



ビュオオオオオオ…



なの(さむいさむいさむいさむいつめたいつめたいつめたい……)ザッザッザッ…

なの(……でも、止まっちゃいけない……!)ザッザッザッ…

なの「……うあっ!?」ズッ


ドサッ…


119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 22:52:53.65 ID:FSNZAGXF0
なの「いっ……た、い……」

なの「は、早く……立ち上がらなきゃ……っ!」ググッ


ドサッ


なの「……あれ?」

なの「ど、どうして……立ち上が、れない……?」ググッ


ドサッ


なの「っ!?」


121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 23:00:31.09 ID:FSNZAGXF0
なの(関節が、凍りついてる……? いや、違う)


なの(……セーブがかかってるんだ)


なの(人間が痛みを感じるのは、無理しすぎないためだって……聞いたような)

なの(なら……私にそういう機能があるのも)ググッ


ドサッ


なの(こういう時に……壊れないように、動きを制限するため……?)


124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 23:05:52.99 ID:FSNZAGXF0
なの「…………」

なの「……あはっ」

なの「あは、は、あはははっ……」

なの「そんな……バカなことって……」

なの「無い……ですよね、はかせ……!」ググッ


ドサッ


なの「私は……ロボットなのに!」

なの「人間を死なせて……自分は生き残るなんて!」ググッ


ドサッ


なの「そんなこと……無いですよね……?」


127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 23:13:12.08 ID:FSNZAGXF0
なの「……駄目、動かない」

なの「助けがくるまで……このままだったら」

なの「私は……生き残るのかな?」

なの「でも、相生さんは……」

なの「…………」


ホロッ…


なの「嫌……そんなの……」

なの「私……相生さんが居ない世界で生きたくない……っ!」


128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 23:18:10.34 ID:FSNZAGXF0
なの「……あ」

なの「………っ」ズズッ… ガシッ

なの「何これ……折れた、ストック?」

なの「…………」ジーッ

なの「……これで」


なの「これで、首のあたりを刺せば……私でも、死ぬのかな」


ビュオオオオオ…


130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 23:23:51.61 ID:FSNZAGXF0
なの「…………」ジーッ

なの「…………」

なの「……違う」

なの「死ぬんじゃなくって……壊れるんだよね」

なの「……でも、それでも良い」ググッ


なの「……うあああああああっ!!」ブンッ



ザクッ!


132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 23:27:38.84 ID:FSNZAGXF0
なの「っあ……う、ああ……」ボタボタ

なの「たり、なかったかな……」ググッ


グイッ!


なの「ひっ……っあ! っうあああっ!!」

なの「くううっ……! 右目の……」


――感覚の中枢は、まとめて右目のうしろに……


なの「……うしろっ!」グイッ!


メキメキメキッ…!


134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 23:31:10.30 ID:FSNZAGXF0
なの「っああああああ……っ!」ググググッ…


……ピシッ!


なの「っ!……はあっ、はあっ……」ズボッ…

なの「……良かった、目も、耳も、動いてる」ググッ


フラッ…


なの「もう、何も痛くないし……寒くない」


なの「まだ……走れる!」


136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 23:35:45.87 ID:1/pD3MHw0
見た目どんな状況だよ…


138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 23:38:11.96 ID:FSNZAGXF0
タッ タッ タッ タッ タッ タッ タッ タッ


なの「はあっ、はあっ…・!」

なの「早く……早くしなきゃ……!」


タッ…


なの「……崖だ!」

なの「結構、急斜面だけど……」

なの「……登るしかない」


ググッ


140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 23:42:49.45 ID:FSNZAGXF0
ガシッ!


なの「はあっ、はあっ……」グググッ


ガシッ!


なの「はあっ……うあっ!」グググッ…


ズザザザッ…


なの「くっ……ああ、あああっ!」グググッ


ガシッ!


143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 23:48:09.72 ID:FSNZAGXF0
なの「はあ……はあ……」

なの「これ以上、進めない……何か、使えるものは……」ゴソゴソ

なの「……あれ?」

なの「左の、指……折れてるや」プラッ

なの「やだ……このままじゃ、先生たちの所まで……辿りつけない」

なの「なにか、無いのかな……手足以外で、折れそうな所」

なの「……こんな、こんな所で終わりたくないのに……!」


ピカッ…


なの「……今のは」


ピカッ…


なの「懐中、電灯……?」


144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/22(日) 23:55:16.10 ID:FSNZAGXF0
…オーイ


なの「………っ!」


シノノメー… アイオイー… ドコニイルー…


なの「……ここです!!」

なの「ここに居ます!!」


ム、ムコウノホウカラ… ソウカ! チョットミテクル…


ザッザッザッザッザッザッ!


高崎「東雲! ……そこにいるのか!?」ザッ


147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:02:02.71 ID:npfVn9z+0
なの「はい! ここです!」

高崎「……手、掴めるか!?」ググッ

なの「……はいっ!」ガシッ


グイッ… ドサッ


高崎「おお、良かった……って東雲! お前その格好はどうしたんだ!?」

高崎「スキーウェアは……いや、それよりその目は何があった!」

なの「私のことはいいんです!」


148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:08:50.20 ID:npfVn9z+0
なの「そんなことより……相生さんが」

なの「相生さんが、大変なんです!」

なの「すぐに、助けに行ってください! お願いします!」

高崎(……あっ)

高崎(右目から……殆ど血が流れていない……)

高崎「…………」

高崎「……わかった、場所は?」

なの「後ろの崖を降りて行って、まっすぐ行った所にある小屋です……!」

高崎「よし……他の先生に伝えてくる」


150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:14:54.07 ID:npfVn9z+0
高崎「ちょっと寒いが……ここで待っていられるか?」

なの「はい……全然平気です」

高崎「……よし、わかった」

なの「先生……」

高崎「ん?」

なの「相生さんのこと……お願いします」

高崎「…………」


バサッ


なの「……え?」


151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:19:44.36 ID:npfVn9z+0
高崎「……上着一枚じゃ大して暖かくないだろうが、無いよりマシだろ」

なの「……あの、私は……」

高崎「じゃあ行ってくる」スック


高崎「……安心しろ、絶対に相生を連れてきてやるから」


タッ タッ タッ タッ タッ…


なの「…………」


152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:21:11.97 ID:B/SAS1HJ0
高崎先生かっけえ


155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:26:57.03 ID:npfVn9z+0
なの「…………」フラッ


ドサッ


なの「……あれ」

なの「もう……寒くも痛くもないけど」


なの「眠くなってきちゃった……」


なの「相生さん……きっと、助かりますよね」

なの「すみません……それまで」

なの「ちょっと、だけ……」


なの「すう……すう……」



ビュオオオオ…


………………………………………


156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:35:08.19 ID:npfVn9z+0
―― 一週間後 東雲研究所


はかせ「なのー、どこー?」トテトテ

なの「はいはい、ここに居ますよ」ヒョイッ

なの「何ですか?はかせ」

はかせ「……また、なのに電話が来てるよ」

なの「っ!……あー」

なの「すみません……今は、まだちょっと出られないって、伝えてください」


157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:43:12.33 ID:npfVn9z+0
はかせ「いいの?……学校の先生だけど」

なの「……すみません」

なの「今は……その、学校に行き辛くて」

はかせ「……わかった」トテトテ…

なの「…………」

なの「……はあ」

なの(もう、何日くらい行ってないんだっけ……)


161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 00:54:08.06 ID:npfVn9z+0
なの(高崎先生は心配して毎日電話かけてくれるけど……)

なの(……でも、こんな顔だし)サワッ


コツッ…


なの「…………」

なの(……あの後、感覚を直すことは簡単に出来たけど)

なの(私の目は特殊な素材が必要とかで……)

なの(今は、この四角い代用カメラが付いてる)

なの(そこまで大きいわけじゃないから、眼帯で隠すこともできるけど……)


164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:01:24.50 ID:npfVn9z+0
なの(……多分、もう知られちゃってるよね)

なの(片目がぐしゃぐしゃになってるのを見た生徒も居るかも……)

なの「…………」


なの(……気持ち悪いって、思っただろうな)


なの「…………」

なの「ふふ……当たり前か」

なの(でも良いや……ロボットだったおかげで、相生さんを助けられたんだし)

なの(相生さんが幸せにしてくれれば、それで……)


165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:06:17.78 ID:npfVn9z+0
カンカン


「ごめんくださーい」


なの「あ、はーい!」

なの「……? 宅配便かな」


テッテッテッ… ガロッ


なの「はい、なんでしょう……」


ゆっこ「あ……良かった、元気そうだね」


ガロロロロ ピシャッ!


ゆっこ「えーっ!?」


167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:11:58.44 ID:npfVn9z+0
――玄関 内側


なの(えーっ!?)

なの(ま、まあ……そうくるとはなんとなく予想してたけど)

なの(こんないきなり……!)

なの(どうしよう……帰ってもらおうかな?)

なの(でもなんて言おうか……)

なの(……それにしても、相生さん元気そうでよかったなあ)


ガロッ


ゆっこ「あ、こっち側から入れるんだね」

なの「えーっ!?」


169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:16:45.33 ID:npfVn9z+0
――居間



なの「ど、どうぞ……」コトッ

ゆっこ「あ、どうも」

なの(……やっぱり追い返せないよ……)

ゆっこ「…………」ズズー

なの「あ、あの……それで、今日は何の用で……?」

ゆっこ「ん? ああ……色々、話したいことがあったからさ」


171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:23:17.35 ID:npfVn9z+0
なの「話したい、こと?」

ゆっこ「うん……まずは、お礼が言っときたくて」

なの「え……」

ゆっこ「その、助けてくれてありがとうね!」

なの「そんな……あんなことになったのは、私のせいなのに……」

ゆっこ「でも、なのちゃんが頑張ってくれたから私は生きてるんだよ?」

ゆっこ「だからありがとうって……どうしても言いたかったんだ」

なの「…………」


174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:31:51.35 ID:npfVn9z+0
ゆっこ「それと……学校のことなんだけどさ」

なの「っ!……そ、それは」

ゆっこ「あんまり色々言えないから、はっきり言うけど」


ゆっこ「……学校、来てよ」


なの「その……えっと」

ゆっこ「目のこととか、体のこととか気にしてるのはわかるよ」

ゆっこ「でも……それでも、なのちゃんが来ないと嫌だよ」

ゆっこ「……寂しいよ」

なの「……っ」


176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:37:34.57 ID:npfVn9z+0
ゆっこ「だから……明日は来てね」

なの「…………」

ゆっこ「今日はそれを言いに来たから……もう帰るね」スクッ

ゆっこ「お茶美味しかったよ……じゃあね」ステステ

なの「…………」


ガロロロロロ… ピシャッ


なの「…………」

はかせ「……なの?」

なの「……すみません、すぐに、行きますから」

なの「ちょっと……待っててください」

はかせ「うん……」


阪本「…………」


…………………………


178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:44:27.79 ID:npfVn9z+0
――翌日 朝 東雲研究所



なの「…………」ボー…

はかせ「……あれ? なの?」

なの「へ?」

なの「ああ、はかせ……もう起きてきたんですか?」

はかせ「うん……」

はかせ「……ねえ、学校行かなくていいの?」

なの「……それは、その」

はかせ「ゆっこが来いって言ってたよ……?」


179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:48:39.45 ID:npfVn9z+0
なの「そうですけど……でも」

はかせ「………?」

なの「…………」

阪本「……おい、娘」トテトテ

なの「あ、阪本さん……」

阪本「その……何だ」ポリポリ


阪本「行ってやれよ、あいつの所に」

阪本「……自分の体よりも大事な奴なんだろ?」


なの「………!」

阪本「だったら行けよ……俺からも頼む」ペコッ

なの「…………」


なの「……わかりました、ちょっと、行ってきます……」


……………………………


180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:54:04.85 ID:npfVn9z+0
――時定高校 教室前



なの(……ついに来ちゃった)

なの(どうしよう……今更引き返せないし)

なの(でも……)


麻衣「……何してるの?」


なの「ひっ!……み、水上さん?」


181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 01:58:12.52 ID:npfVn9z+0
なの「えっと、これは、その……」アタフタ

麻衣「…………」

麻衣「……ねえ」ズイッ

なの「は、はい!」


麻衣「……ありがとう」


なの「……へ?」

麻衣「友達を……助けてくれたから」

なの「あ……」

麻衣「…………」スッ

なの「え? あの……」

麻衣「……握手」

なの「え、あ……はい」ギュッ

麻衣「………」ニコッ


183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 02:00:49.33 ID:npfVn9z+0
麻衣「……じゃあ、そろそろ教室に入ろうか」グイッ

なの「えっ……ちょっと、あの……」ズルズル


――教室


麻衣「……おはようございます」

高崎「ん? 水上、お前遅刻……って、東雲?」

なの「あ……えっと」

ザワザワ… ザワザワ…


184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 02:02:43.88 ID:npfVn9z+0
なの(ううう……やっぱり来るんじゃなかった……)

みお「……ねえ!」

なの「え」

みお「な、なのちゃん……」


187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 02:08:40.41 ID:npfVn9z+0
なの「長野原さん……」

みお「…………」

なの「あ、あの……」


みお「……本当に、無事だったんだね」ブワッ


なの「……えっ?」

みお「ご、ごめんなんか……安心、しちゃって……」ホロホロ

なの(……泣い、てる……・)

田中「っていうかお前、本当にもう平気なのか?」

なの「え……あ、はい」


188:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 02:16:17.72 ID:npfVn9z+0
中之条「見たところ目にケガをしたままみたいだいし……」

中之条「何か手伝って欲しいことがあったら、遠慮なく言ってね?」

なの「……はい」

安中「ぐすっ……みんな、心配してたんだよ?」

なの「はい……すみません」

高崎「……もう、二度とあんな無茶するなよ」

なの「は……はい」ウルッ


ホントシンパイシテタンダゼー ダイジョウブー マアゲンキダセヨ…


なの「………っ」ホロッ…

なの「皆さん……ありがとう、ございます」ホロホロ


192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 02:23:32.37 ID:npfVn9z+0
なの(私……なんてバカだったんだろう)

なの(みんな、こんなに私のことを……)


……ギュッ


なの「!?」

ゆっこ「……だーれだ」

なの「……相生さんですか?」

ゆっこ「えへへ、正解」


193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 02:32:38.03 ID:npfVn9z+0
なの「……相生さん」

ゆっこ「何?」

なの「私……傷のこと、もう気にしないことにしました」

なの「というか、嬉しいんです今では」

なの「相生さんのために……この傷を負ったこと」

ゆっこ「……それでいいの?」

なの「はい……相生さんは、私の一番大事な友達ですから」

なの「だから……もう二度と悩んだりしません」



なの「これからも……ずっと一緒にいてくださいね、相生さん」



ゆっこ「……うん、そうだね」







194: ◆T4SUG8REFC3M :2012/01/23(月) 02:36:07.55 ID:npfVn9z+0
以上 軽い気持ちで立てたスレがここまで長引くとは……もう寝る


195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 02:39:49.74 ID:/2gpQEFO0
乙!
何だか久々に感動した


196:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/23(月) 02:43:41.55 ID:ojqyDZ1a0
おお、乙
感動したよ


「日常」の合唱曲
「日常」の合唱曲

WEBラジオ 日常のラヂオ テーマソング
WEBラジオ 日常のラヂオ テーマソング




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「日常」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。