Powered By 画RSS


妹「お姉ちゃんの中きもちいいよお」パンパンッ

18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 13:42:14.57 ID:h4B9xVHA0
生まれた時から私の股間には女には無いはずのものが付いていた

親はそんな私を気持ち悪がった

普通の生活は出来ているが、私に対して親は基本的に放任主義をとる

親にとっては3つ上の姉だけが自分の子供だったのだろう

私には目もくれず、姉だけを可愛がっていた

私は別にそれを妬んだりはしなかった

10になる頃には仕方の無いことと割り切れるようになった

ただ、姉だけはそんな私と普通に接してくれた




19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 13:47:18.25 ID:h4B9xVHA0
お世辞にも良い環境で育ったとは言えない

内気で人を避けるような性格になるのもまた仕方のないこと

学校ではクラスに馴染めず、早くもいじめの対象となった

幸いだったのは私の異物が見つからなかったこと

それを指摘されていたら、もしかしたら自殺していたかもしれない

いずれにせよ、私の心は既に折れていた

小学校卒業前には既に不登校である


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 13:55:31.64 ID:h4B9xVHA0
そんな私にいつも明るく接してくれていたのが姉だ

姉だけはこんな私に構ってくれる優しくしてくれる

最初は嬉しかった。そんな姉を尊敬した

学校に通っているなら中学2年の年

私の体に異変が起きた

朝起きると、私の股間の異物がはち切れんばかりに膨らんでいた

痛い。いや、いっそこんなもの弾けて消えてしまえ

そんなことを思ってベッドで悶々としていた時

姉がいつも通り私を起こしに来た


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 14:01:22.11 ID:h4B9xVHA0
姉はすぐに私が何か堪えていることに気付いたらしい

「どうしたの?」と優しく問いかける

当然姉は私の体のことを知っているし、体について愚痴ったこともある

だからこの異変を告白した

すると姉は優しく微笑み、私のベッドに頭を入れてきたのだ

何事かと思うも、その時姉は既に私の寝巻きと下着を一緒に下ろし手で握っていた

股間の異物から伝わる姉の手の感触が気持ちいい


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 14:06:48.61 ID:h4B9xVHA0
そんなことを思っていると姉が手を上下に動かし始めた

今まで感じたことの無い感覚が体に走る

それと同時に何か恐ろしさも感じる

「お、お姉ちゃ……やめっ」

怖くなり姉を止めようとするも、聞こえていないのだろうか

その手が止まることはなかった

だんだんと変な感じがしてくる。何かが出そう……おしっこ?

とにかくベッドの上で出してしまうのは何かと不味い

「お姉ちゃん!何か出ちゃう……やめて!」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 14:14:47.77 ID:h4B9xVHA0
「そのまま出して!」

ベッドの中からくぐもった声が聞こえてくる

出せって?流石にこの時は姉の頭がおかしくなったのかと思った

が、股間の異物が何か温かいモノに包まれる感じがした

ああ気持ちいい。姉の言うとおり出してしまおうか

気持ちいいのと出しそうな感覚がさらに増してくる

「出る……出ちゃう!」

言うと同時に異物はビクンビクンと痙攣するように震えた


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 14:19:31.90 ID:h4B9xVHA0
何か出そうな感じはしなくなった

しかし実際に何かが出たわけではない。何も出てはいない

布団がもぞもぞと動く

そこから出てきた姉も不思議そうな顔をしていた

「な、何やってたの?」

戸惑いつつも一応聞いてみる

しかし姉は未だに何か考えているのかうーんと唸っている

やがて姉の知識に当てはまるものがあったのかハッとした顔

「そっか。妹はまだ精通してなかったんだ」

何のこと?


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 14:25:04.80 ID:h4B9xVHA0
いろいろ聞きたいこともあったが、姉は高校生

既に通学時間だったらしい

慌てた様子で部屋を出て行った

部屋のドアを見つめて姉のやっていたこと考える

気持ち良かった。そう思い股間に手を伸ばす

未だやや膨らんでいる異物。先端は湿っている気がする

しかし朝から何か疲れた。姉が帰ってきたらまたその時にでも聞こう

そのまま私は二度寝することにした


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 14:36:44.14 ID:h4B9xVHA0
夕方

そろそろ姉が帰ってくる

今日はいつも以上に早く姉に会いたい

朝の行為が一体何だったのかが気になって仕方ない

玄関ドアの開く音。ただいまーと姉の声。帰ってきた

しかし出迎えには行かない。親とはあまり顔を合わせたくはない

階段を上る音。そろそろだ

部屋のドアを開けて顔を出す。ポニーテールの姉の姿が目に映る

「お姉ちゃんちょっといい?」

姉の了承の返事を聞いて部屋に入れる


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 14:56:15.46 ID:h4B9xVHA0
私はベッドに、姉は椅子にそれぞれ腰掛ける

気になっていたことを単刀直入に聞く

「今朝のアレは何?」

「アレって何のこと~?」

白々しい。あの顔は絶対に分かっている

「アレはアレだよ。その……私の股間に何かした……」

コンプレックスなのだ。異物のことはあまり考えたくは無かった

「あぁアレね~。気持ちよかったでしょ?」

いやまぁ、うん


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 15:02:30.26 ID:h4B9xVHA0
どうやら今朝やったのは手コキというらしい

学校に通っていないのでそういう知識すら欠けていた為

その後も姉から性教育(講義)を受けた

「大体分かったかな?」

「とりあえず大体の事と、私の体が変だってことは」

つまり私は男と女の物があるってこと

それは分かりきっていたが異質だということ

「はぁ……」

自分の体に対してため息しか出ない


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 15:11:08.64 ID:h4B9xVHA0
ガタ、と音がしたのでそちらを見ると姉が近づいてきた

目の前で止まった姉を見上げると、不意に抱きしめられた

「確かに妹の体は、常識的に見れば異常だよ」

分かっていた事だが、姉にそれを言われると何だか胸が苦しい

「でも私はそんなこと気にしないよ?私の可愛い妹だもん」

ああ、何だかとても幸せな気分だ。さっきの苦しさもどこかへ行った

嬉しくて私も姉を抱きしめた

しばらく抱擁していると下から夕食との旨が伝えられる

姉が私の体から離れていく。何だか寂しい

また後で、の一言で自然と笑顔になった


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 15:19:09.59 ID:h4B9xVHA0
夕食、風呂を済ませたので残ることといえば寝ることぐらい

姉は「後で」と言ったにも関わらず姉の部屋に篭りっぱなしだ

おそらく勉強でもしているのだろうが

期待させられたので私は落胆していた

後でとは何時のことなのだろう、姉と一緒にいられる時が楽しみで

迂闊に寝ることも出来ない

しかし、気がつけば日付が替わってしまっていた

やはり姉に騙されたのか

諦めて寝ようとした時、私の部屋のドアをノックする音が聞こえた


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 15:24:33.15 ID:h4B9xVHA0
ドアを開けるとそこには姉の姿

焦らされたこともあってムッとした顔をしてしまう

「そんな怒らないでよ~」と

普段と変わらない調子の姉にため息をついて部屋に入れる

私がベッドに座ると姉も隣に腰掛けた

普段椅子に座るので少し戸惑ったが気にしないようにした

気にしないようにしたにも関わらず姉は私を押し倒したので

もはや意味が分からなかった

とりあえず姉の体を退けようと抵抗するも

姉は私を抱きしめて離さなかった


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 15:30:59.55 ID:h4B9xVHA0
「ちょっと、お姉ちゃん!?」

力では無理だと判断し、抗議の声を出した

が、すぐさま塞がれた。姉の唇で

「ん、んんぐ……」

息苦しい。そう思っていると舌が入ってきた

姉の舌が私の口内を舐め回す

わけが分からない。されるがままだった

ようやく口が解放されたときには、姉の顔は真っ赤だった

おそらく私も赤いだろう。ああ苦しかった


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 15:35:45.49 ID:h4B9xVHA0
はぁはぁ、と私と姉の息をする音だけがしばらく響いていた

「ごめんね。妹が可愛いから……」

姉が言うが、もう何も分からない

完全に混乱していた

姉に押し倒されて、抱きしめられて、キスされて……

考えていたらまたキスされた

さっきほど荒くはない。優しい口付けだった

しかし今度は姉の手が私の胸を弄った

「んっ……!」

突然の感覚に驚くが姉は止めない


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 15:45:13.02 ID:h4B9xVHA0
姉が唇を離す

「可愛いよ」

そんな甘い言葉を放ちながら私の胸を揉む

「最近膨らんできてるよね?私の時より少し小さいかな?」

年相応なのかは分からない。私は比べることが出来ない

姉が胸を回すように揉む。その内乳首を指で弄くってきた

「あはは。乳首硬くなってるよ~?」

何だか恥ずかしい。しかし何だろう気持ちいい

今朝のあの感覚に似ている気がする

「あ……ん」

声が漏れ出した


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 15:51:36.94 ID:h4B9xVHA0
そんな私の姿を見て姉がクスクスと笑う

姉の手が今度は私の股間を触った

私でも気付かないうちにアレが大きくなっていた

「こんなに大きくしちゃって、苦しそうだね~」

指で突きながら楽しそうに言う

「ふ、ぁ」

指が当たるたびにアレが気持ちいい

しかし物足りず、次を求める。焦れる

「はぁ……はぁ……」

「もっと触って欲しい?」

分かってるくせに。意地悪な姉だった


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 15:58:37.44 ID:h4B9xVHA0
「……うん」

恥ずかしい。しかしこの欲求には勝てそうにない

「じゃあまずは脱ごうね」と

早速下を脱がし始める姉

外に曝け出すなんてトイレと風呂に入る時くらいなもの

ましてやこの状態で外気に晒すのは初めてで、何か開放感がある

「朝は布団の中だったからよく分からなかったけど、おっきいね~」

早く、早く、早く

私は姉を見つめる

そんなに急がなくても大丈夫、と言い握る

「は……あぁ……」

ヤバイ気持ちいい


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 16:05:56.17 ID:h4B9xVHA0
今朝と同じように手を上下に動かす

それだけで十分なのだが、姉が私の胸を吸う

「んん……や、ぁ……」

だめだおかしくなる

アレを握っている姉の腕を掴んだがそんなことで止めはしない

「出そうなら言ってね?」

胸から口を離すとそう言い、手の早さを上げていく

ああ、今朝と同じだ。何か出そうだ

「ぁ、あ……だめ、出ちゃうよぉ」

「うん、出しちゃって」

姉がアレの先端に口を付ける。あの暖かい感覚


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 16:12:56.22 ID:h4B9xVHA0
「あぁ、んん……ぅ、出るぅ!」

今度こそ何かがアレから出て行った

ビクンビクンと痙攣する

しかし尚も姉は手を上下に動かしていた

さらには口でアレを吸っている

どうにかなりそうだ

「あ、ぅ……ダメ、だめぇ……」

力の抜けた声でそう言うが、姉は続ける

しばらくすると姉はようやくその行為を止めた


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 16:18:55.95 ID:h4B9xVHA0
姉は何かを口に含んでいるようだった

考えれば当たり前だ。アレから何かが出て行って

その時姉は先端に口を付けていたのだから

姉が口から白いドロドロしたものを吐き出す

それを手で受け止めて私に見せる

「これが妹から出てきたのよ」

うふふ、と笑いながらまたそれを口に運ぶ

ゴクン、と喉を鳴らす。飲んだのか

考えたら何か気持ちが悪い。自分のだからか?

「ねぇ、私のも触って?」

見たら既に脱ぎだしていた


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 16:24:56.92 ID:h4B9xVHA0
「妹のを弄ってたら濡れちゃってさ……」

そういいながら私の手を姉の股間に持っていく

指が触れると湿った感触が伝わる

「筋に沿って手を動かしたり、してみて」

言われたとおりにする

指をスライドさせていると何か穴のようなものに指が入った

「あん」

姉が反応したのでそこを攻めてみる

指を入れて、出して、入れて、出して

「ん、上手よ」

ご褒美と言わんばかりにキスをしてくる


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 16:32:32.25 ID:h4B9xVHA0
「ここも弄ってみて?」

姉の手に導かれた先にあるのは小さな突起

ああ、これが

ちょん、と触ると姉がぴくっとする。あ、面白いかも

「焦らさないでよ~」と不満を漏らす姉

じゃあ、と思い摘んでみる

「や、ぁん」

いい反応をするので楽しくなった。

穴に指を入れたり、突起を弄ったりしていると

不意に姉が立ち上がる

「もう、一人で楽しまないでよ」

私の顔の上に姉が跨る


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 16:38:26.70 ID:h4B9xVHA0
見上げていると姉の股間が急接近する

それからまもなく私のアレが握られる

「妹もまた気持ちよくしてあげる」

今度はアレが全体的に暖かく包み込まれたような感覚

見てみると姉が私のアレを咥えているようだ

目の前にある姉の股間。私も舐めるべきだろうか

ええい、舐めてしまえ

「ん……んふ」

姉が息を漏らしたのでどうやら良いらしい

先ほど指で弄ったように今度は舌で弄くる

吸ったり、穴に入れたり、突起を舐めたり


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 16:43:20.64 ID:h4B9xVHA0
姉が動きを止め、口を離した

気持ちよくなってたのに

そんな私の気持ちを知ってか知らずか

姉は楽しそうに微笑む

「そろそろいいよね?」

何が?と聞き返す

「もっと気持ちよくしてあげる」

私は横になったまま、私のアレに跨るように膝立ちする姉

そのまま腰を落としていき

私のアレが姉の中に入った


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 16:51:22.00 ID:h4B9xVHA0
凄いきつい。締め付けられる。

でもそれはそれで気持ちいい

「ん……は、おっきい……」

姉は姉で凄く幸せそうである

「動くよ?」

返事をする間もなく姉が腰を上下に動かし始めた

何これすごい。手や口も良いけどこれは凄い気持ちいい

「は、あ、あぁ」

姉の出す嬌声が私を酷く興奮させた

「妹のおっきいよ……これ、すぐイッちゃう」

「お姉ちゃん、気持ち……いいの?」

姉の腰を動かすペースが早くなる

「うん。いいの……いいのぉ!」


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 16:58:29.30 ID:h4B9xVHA0
「ぁ、ダメ!イく……イッ・・・…!」

姉が海老反りになる。体が痙攣しているようで

私のアレにもそれが締め付けとして伝わってくる

しばらくして姉が前のめりになる

私の両脇に手をついて荒く息をする

ああ、私ももう抑えられないや

体を起こし姉を押し倒す

姉も驚いた顔をしているが、抵抗は出来ないようだ

「ごめん。お姉ちゃん可愛い……可愛い」

私は姉に腰を強く打ちつけ始めた


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 17:09:00.61 ID:h4B9xVHA0
「あ……い、妹ま、ぁん……待ってぇ」

「お姉ちゃんの中きもちいいよお」

パンパンッ、と腰を打つ音と二人の嬌声

気持ちいい、お姉ちゃん可愛い、気持ちいい、お姉ちゃん可愛い

「お姉ちゃん、お姉ちゃん!」

ああ気持ちいいもう出そう

そういえばあの白いのって中に出したらダメなんだっけ?

「妹、はぁ……んう、出して……中にぃ」

お姉ちゃんが出していいって言ってるんだからいいよね

「あぁ、出るよ!お姉ちゃん出る!」

「私も、はぁ……イ、くぅ」

お姉ちゃんを抱きしめて中に出す

しばらくそのままでいた

凄い幸福感。もうお姉ちゃんさえいれば何もいらないくらい


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 17:12:32.78 ID:h4B9xVHA0
お姉ちゃんからアレを引き抜く

そこからあの白い液体がドロッっと漏れてくる

「えへへ、妹に中出しされちゃった……」

そう可愛らしく笑う。我慢できずキスをする

今後どうなるかは分からないが、お姉ちゃんと一緒にいられればそれでいいか

そのまま抱き合って寝てしまった



おわれ


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 17:13:18.43 ID:dNkD2eAh0



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 17:14:20.39 ID:MUlg54Q+0
おつ


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 17:22:18.27 ID:Igq2wysWO

よかったよ





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「兄姉弟妹」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 名無しのドーパント 2012/01/29(日) 19:26:11

    続編は書かないでくれ
    鬱になるのが目に見えている


  2. 2012/01/29(日) 21:48:29


    ふたなりって後が鬱になる物が多いのか?
    もしそうなら例をください


  3. 2012/02/03(金) 19:18:22

    中田氏したからだろjk


  4. 2012/03/22(木) 02:55:45

    この人の他の作品も読みたい


  5. 2012/04/10(火) 14:21:09

    姉は処女じゃないのか


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ