Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スネーク 「…こちらスネーク、挿入に成功した」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 02:18:07.75 ID:RIxaKuKB0
久しぶりの休日、スネークは街をフラフラしていた



ピピッ!

大佐『スネーク、応答してくれ』


スネーク「こちらスネーク、大佐か。せっかくの休日に何の用だ?」


大佐『すまんが緊急のミッションがある、頼めるか?』


スネーク「いや、だから休日なんだが」


大佐『これから予定でもあるのか?』


スネーク「…いや、特に無いが」



スネークは言えなかった、これから「けいおん」を映画館で観る予定だということを




6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 02:29:48.82 ID:RIxaKuKB0
大佐『ならばぜひミッションを遂行して欲しい。実は君の為に用意したミッションなのだよ』


スネーク「俺の為?どういうことだ、詳しく聞かせてくれ」


大佐『いいかスネーク、よく聞いてくれ。今からある場所に潜入して欲しい』


スネーク「スニーキングミッションか、毎度の事だな。で、その場所とは?」



少し間をおいて、キャンベルはこう伝えた



大佐『ソープランドだ』


スネーク「っ!! なん…だと…!?」



ソープランド、その言葉にスネークは戦慄した。 ス ネ ー ク は ま だ 童 貞 だ っ た か ら だ


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 02:41:02.27 ID:RIxaKuKB0
スネーク「大佐!正気か!?俺はまだ!」


大佐『童貞を卒業する、それが今回のミッションの内容だ』



キャンベルは冷たく言い放った、そしてこう続けた



大佐『スネーク、君はもういい大人…というかおっさんだ』


スネーク「だぁがっ!!」


大佐『もう二次嫁やアイドルにうつつを抜かすのはやめろ、現実と向き合うんだ!』


スネーク「ぐっ!!」


大佐『マップに店の位置情報を転送しておいた、早速任務を遂行してくれ』



手元の情報端末にデータが転送されてきた、スネークは戸惑いながらも店の情報を確認した


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 02:50:58.90 ID:RIxaKuKB0
スネーク「…ソープランド、【アウター★ヘイブン】だと!?」


大佐『店内に潜入後、もう一度無線で連絡する。分かっていると思うが銃器類は持ち込み禁止だぞ』

ピシュン!


通信が切れた、スネークは呆然としていた


スネーク(童貞を卒業する?この俺が?今まで男の純潔を守りぬいてきたというのに…)


タバコを取り出し火を点ける、紫煙が立ちのぼった


スネーク(だが、俺は今までどんな困難なミッションも成功させてきた。戦士の意地が俺にはある!)


一服を終えたスネークは覚悟を決めた

素早くステルス迷彩を装着すると、匍匐で【アウター★ヘイブン】へと向かった


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 02:52:08.49 ID:GJftCbsU0
匍匐やめろwww不審者だぞ


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 03:01:15.97 ID:RIxaKuKB0
スネーク「ここか…」

繁華街の外れにある小さな雑居ビル、入り口に【アウター★ヘイブン】のネオンが輝いていた

スネーク「階段を昇って行くのか、トラップは… 無いようだな。よし」

慎重に階段を昇って行くスネーク、数々の潜入任務を遂行してきた男が、ついに大人の社交場へと潜入する

ピピッ!

大佐『スネーク、状況はどうだ?』


スネーク「店内への潜入に成功した。大佐、指示をくれ」


大佐『よし、店には私が事前に予約を入れておいた。大塚と名乗ればいい』


スネーク「大塚だな、了解した」


ステルス迷彩を取り外し、スネークはカウンターへと向かった

スネーク「予約していた大塚だが」


ボーイ「大塚様ですね、お待ちしておりました。こちらへどうぞ」

スネークは待合室へと通された


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 03:10:24.64 ID:RIxaKuKB0
スネーク「ふむ、入浴料8kか。案外安いものだな」

ソファに座りながらスネークはひとりごちた

大佐『スネークよ、勘違いするな』

スネーク「っと、通信中だったな。大佐、どういうことだ?」

大佐『その店は入浴料とは別に、嬢にサービス料を支払うシステムなのだ』

スネーク「そういうものか、大佐は詳しいな」

大佐『伊達に年をくっちゃいない。今だってアッチのほうは現役だ、ハハハ』

スネーク「まったく… メリルが愛想を尽かすわけだ。で、この後はどうしたらいい?」


大佐『うむ、後は嬢とのプレイを楽しむだけだ。健闘を祈る』

ピシュン!


スネーク「楽しむ、か…」

-----------------10分後----------------------

ボーイ「お待たせしました大塚様。嬢の準備が整いましたのでこちらへどうぞ」


スネークはエレベーター前へと案内された


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 03:21:25.81 ID:RIxaKuKB0
嬢「初めまして、新人の嬢っていいま~す☆」

エレベーターから現れたのは水商売風の女だった

嬢「わぁ、シブいオジサマ!あたしの好みカモ☆」


スネーク「……」(若いな、25くらいか。見たところ筋肉は発達していない、CQCなら俺に分がある)

いつものクセで冷静に相手の戦力を分析するスネークだが、実は軽く勃起していた。その辺はやはり童貞である


嬢「さ、行きましょ!」

嬢が腕を絡めてきた


スネーク「!」ババッ

スネークは反射的にCQCで嬢の背後をとり、首に腕を回してしまった!


嬢「ちょっ! まだ早いよオジサマ/// お部屋にいってからね☆」

スネーク「す、済まない。つい…」

危うく嬢を絞め落とすところであった、馬鹿である

そんなこんなでスネークは個室に通された


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 03:31:12.26 ID:RIxaKuKB0
8畳ほどの個室の中、部屋の中にはベッド、バスタブ、小さな冷蔵庫などが置いてあり清潔感が漂っている

嬢「じゃあ早速脱ぎ脱ぎしようか?」

そういうと嬢はスネークの服を脱がせ始めた

スネーク「///」(これは… 興奮する!)

性欲を持て余していたころのスネークがそこには居た

嬢「あ、もうおっきくしてるwww うれしいなぁ☆」

スネークのスネークはすでに膨張し屹立していた、さすがは童貞だ


あっという間にスネークは全裸にされた

嬢「さ、一緒にお風呂入ろ?」チャポン

スネーク「う、うむ」チャポン

嬢「湯加減どうかな?お客さんこういうトコはよく来るの?」

スネーク「ちょ、ちょうどいい湯加減だ。…こういうトコは初めてなんだ」

嬢「えー、そうなんだ。真面目なんだね☆ 奥さん一筋って感じ?」

スネーク「いや、妻は居ない… 実は童貞を捨てに来た」

嬢「そうなんだ………… えっ!?童貞?」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 03:40:06.74 ID:RIxaKuKB0
スネーク「そうだ、俺は童貞だ。こんなオジサンが可笑しいだろ?」

嬢「ううん、そういうお客さん結構いるよ。全然可笑しくないよ」

………

嬢「じゃあ、あたしがオジサマの初めての人なんだね☆ 今日は張り切っちゃおうかな!」ニコッ


嬢はそう言うと風呂から上がり、スネークを手招きした


嬢「次は身体を洗いましょ☆」


スネークをスケベ椅子に座らせると嬢は自分の身体に泡を塗り付け、スネークに抱き着いた

嬢「ほら~、ぬるぬるだよ~、気持ちいい?」ヌルヌル

スネーク「あ、ああ…」(これは… いいものだ!)

嬢「オ○ンチンこんなに固くしちゃって… カワイイッ☆」クリクリ

スネーク「うおぉ…///」

嬢「これくらいでいいかな?じゃあ泡流すね☆」

嬢はシャワーでスネークの身体の泡を流し、バスタオルで全身を丁寧にふきあげた

嬢「じゃあ、ベッドに行こっか☆」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 03:52:10.62 ID:RIxaKuKB0
スネークはベッドに仰向けに寝かされた、いよいよ童貞を卒業する瞬間が近づいている

嬢「…ふふ、じゃあ挿れよっか?」

スネーク「いや、ちょっと待ってくれ」ゴソゴソ

スネークはバンダナを取り出し、頭に巻いた

嬢「?」


スネーク「やはりこれが無いと落ち着かん、では頼む!」


嬢「挿れるね…」


嬢はスネークにまたがり、屹立した肉棒を自分の秘所にあてがった


嬢「ぅんっ、…あぁ///」ヌルッ


スネーク「ぉおっ///」(温かい、これが現実の女か…)


嬢「入ったね… じゃあ動くよ☆」


そう言うと嬢はゆっくりと腰を上下させた


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 04:00:07.34 ID:RIxaKuKB0
スネーク「あ、ぁあっ、あっ///」ハァハァ


嬢が腰を動かすたびにスネークの口から吐息が漏れる


嬢「気持ちいい?カワイイ声出しちゃって☆」グイグイ


伝説の英雄はされるがままだった、戦場では蛇だがベッドの上ではマグロである。だが童貞なので仕方ない


スネーク(このままではマズイ、すぐにイってしまいそうだ/// なんとかせねば負ける!)


SEXに勝ち負けなどないのだが、スネークはそう思った。男のプライドというものだろうか

スネーク「あのだな、バックでしてみたいんだが///」ハァハァ

嬢「いいよ☆ 好きなように動いてみて☆」

嬢は四つん這いになると尻を振ってスネークを誘った、スネークは嬢の尻を鷲づかみにするとすぐさま挿入した

スネーク「うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!」パンパンパンパン!

嬢「あっ! んっ! ぁあっ!!///」

スネーク(これはイイ! 興奮する!!)パンパンパンパンパンパン!!

スネークは気付いた。自分は尻フェチなのだ、と


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 04:10:56.56 ID:RIxaKuKB0
嬢「あぁんっ、そんなに激しく動くと///」ハアハア

スネーク「イクぞぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!」ドビュルリッ! ドクドクッ!!

スネークはあらん限りの精を放った…


--------------------------------事後処理中------------------------------------


嬢は冷蔵庫から飲み物を取り出し、スネークに差し出した

嬢「童貞卒業オメデトウ! どうだったかな、初めてのHは?」

スネーク「うむ、現実の女もいいものだな」ゴクゴク

嬢「現実の女? あ、オジサンもしかしてアニメの女の子とか好きなんでしょwww?」

スネーク「い、いや、そんなことはないぞ///」(何故わかった… さてはこの女、サイコマンティス!? だが奴は死んだハズだ!)

嬢「また来てね、今度はマットプレイで気持ち良くしてあげるよ☆」

スネーク「う、うむ。そうだな、また来る」

嬢「ホント? また指名してね☆  あ、そろそろ時間だね。お見送りします」


こうしてスネークは童貞を卒業し【アウター★ヘイブン】を後にするのだった


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 04:12:45.58 ID:GJftCbsU0
よかったよかった


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 04:18:01.02 ID:RIxaKuKB0
店を後にしたスネークはファミレスでダラダラしていた

ピピッ!
大佐『スネーク、無事に任務を遂行したようだな。どうだったかね、初体験は?』

スネーク「大佐か、ああ、悪くなかった。現実の女もいいものだな」

大佐『そうだろう? スネーク、余生を楽しめ。お前に残された時間は少ない』

スネーク「ああ、そうだったな。思えば闘いばかりの人生だった、だがそれも終わったからな」

大佐『そうだ、闘いは終わった。どうだ?今度は一緒に遊ばないか? もっと高級な店もあるんだが…』

スネーク「大佐、メリルが泣くぞ。ほどほどにしておけ」

大佐『…わかった、じゃあキャバクラに行こう。ではスネーク、また連絡する』
ピシュン!

スネーク「大佐はだいぶ性欲を持て余しているようだな、アレは長生きする」

カプチーノを飲みながらスネークは今日の出来事を思い返していた

スネーク(確かに俺は童貞を捨てた、だがなんなのだろう、この虚しさは?)

スネーク(そうだ、俺はまだ素人童貞じゃないか)

スネークはカプチーノを飲み干し、こう呟いた 「今度、JKでもナンパしてみるか…」

                        ~完~


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 04:19:43.59 ID:B7C3n1780
乙www
必死なスネークが可愛かった


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 04:20:50.04 ID:GJftCbsU0
おつ!
素人童貞が卒業できたスネークもみたいな


53:1:2012/01/24(火) 04:22:58.57 ID:RIxaKuKB0
以上です、ありがとうございました

初めてSSを書いてみましたがいかがだったでしょうか?

もし良かったら今後の参考にするのでアドバイスなどお願いします




ちなみにこのスネークはMGS4のオールドスネークというイメージで書いてみました


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 04:26:57.34 ID:9Jf7ReUl0
>>53おじいちゃんじゃん…


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 04:32:57.56 ID:PUUnBQRc0
よかったぞ
おもしろかった


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 04:40:32.34 ID:WRAogEtG0
>>53
次回作も期待しとくわ


57:1:2012/01/24(火) 04:44:26.22 ID:RIxaKuKB0
読んでいただいた方々、ありがとうございました

勢いだけで書いたので、自分で読み返してみるとやっぱり粗いですね

次回はもう少し構想を練って書いてみます


メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット PLAYSTATION 3 the Best
メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット PLAYSTATION 3 the Best

Real Action Heroes メタルギア ソリッド4 SOLID SNAKE(MGS4 Ver.)
Real Action Heroes メタルギア ソリッド4 SOLID SNAKE(MGS4 Ver.)




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「メタルギア」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2013/05/27(月) 23:51:49

    スネークには生殖機能がなかったはずだが


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。