Powered By 画RSS


魔王「きたか....」「?!」阿部「ウホッ、これはいい魔王」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 23:11:03.98 ID:/rbvxRd+0
魔王「勇、者...?」

阿部「嬉しいこと言ってくれるじゃないの」

阿部「だけど残念、単なるいい男なんだなこれが!」

魔王「そのいい男が我が魔王城に何の用だ」

阿部「いい男レーダーに誘われるままにやって来ただけさ...」

阿部「まさか魔王の居所だったとは思わなかったけどね」

魔王「何を訳のわからないことを...」

魔王「おい!この侵入者を始末しろ!」




3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 23:15:10.28 ID:/rbvxRd+0
シーン

魔王「おい!誰かおらんのか!」

シーン

魔王「...しもべ達がいない?」

阿部「あぁ、道中中々にいい男たちがいたんでね、少しばかり楽しませてもらった」

魔王「この男に倒されたというのか、わがしもべ達が」

阿部「倒したなんて物騒なこと言わないでくれよ」

阿部「ただ愛し合っていただけ、さ...」


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 23:16:41.15 ID:/rbvxRd+0
― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

【城門】

デビルアーマーA「暇だなー」

デビルアーマーB「全くだな」

デビルアーマーA「魔王様が次から次へと勇者を倒してしまうもんだから、勇者の数が随分と減ったようだし」

デビルアーマーB「ははっ、強すぎるのも面白くないよなw」

デビルアーマーA「歴代最強って言われてるくらいだもんなー」

デビルアーマーB「まぁ、そんな魔王様の下で働けるなんて光栄だよw」

デビルアーマーA「平和なのはいいことだけど、こう暇じゃあ体がなまっちまうよな...」

デビルアーマーB「そうそう、なんか骨のある侵入者がいいなwww」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 23:17:23.98 ID:/rbvxRd+0
阿部「激しいのが、お好みかい...」ヌッ

デビルアーマーA・デビルアーマーB「?!」

阿部「激しいのは嫌いじゃないが、最初はソフトに楽しみたいものさ...」

デビルアーマーB「な、何者だ!」

阿部「すまない、セックスの前には名乗るのが礼儀だったな」

デビルアーマーA「(セックスだと...?こいつ、頭がおかしいのか?)」

阿部「男と男が出会ったんだ、頭ん中がセックスでいっぱいになってもおかしくはないだろう」クルッ

デビルアーマーA「なっ」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 23:18:54.07 ID:/rbvxRd+0
阿部「さて、名前だったな...」

阿部「俺は阿部高和、一言で言うといい男だ」

阿部「いい男レーダーによるとどうやらこの城にいい男がいるらしい」

阿部「んで、いっちょヤリにきたってわけだ!」

デビルアーマーB「こ、ここにそんなやつはいない!帰れ帰れ!」

阿部「」

デビルアーマーA・デビルアーマーB「!」ビクッ


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 23:19:39.27 ID:/rbvxRd+0
デビルアーマーA・デビルアーマーB「!」ビクッ

阿部「そうか...それは残念だ...」ハァー

阿部「どうも機械ってものは信用ならんくてな...参った参った」

阿部「だが」

デビルアーマーA「(嫌な予感がする...)」

阿部「目の前にこんな若くていい男たちがいるンでないの!」ニカッ

阿部「据え膳食わぬは男の恥、ってな!」

デビルアーマーA・デビルアーマーB「う、うわぁぁぁぁぁぁー!」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 23:20:37.93 ID:/rbvxRd+0
―合体中―


阿部「なるほど、中々のモノじゃないの...」カチャカチャ

デビルアーマーA「(か、体が動かん...?!)」

デビルアーマーB「(魔法?!いや、もっと恐ろしい何かが...)」ガクガク



阿部「なるほど、これが噂に聞く魔族のケツ...」パンパン

デビルアーマーA「あぁぁぁあああぁぁぁぁー」

デビルアーマーA「」ビクンビクン


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 23:21:15.11 ID:/rbvxRd+0
デビルアーマーB「やめ、やめてくれぇ...」

阿部「こっからが楽しいンでないの」パンパン

デビルアーマーB「」ビクンビクン



デビルアーマーA「(シュゴィィィーコノヒトシュゴイノォォォー)」パンパン

デビルアーマーB「(ゼンブカキマゼラレチャウゥゥゥー)」パンパン

阿部「中々...」


―合体中―


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 23:23:57.76 ID:/rbvxRd+0
デビルアーマーA・デビルアーマーB「アッー!」

阿部「ふぅ...中々楽しめそうなトコロじゃない」

阿部「魔族っていうからどんなものかと思ったが...」

阿部「やはり魔族にもいい男はいるんだな」

阿部「いい男はどこへ行ってもいいもんだ!」

阿部「さて、レーダーによるとこっちか...」

阿部「急がば輪姦せ、ってな!」スタスタ


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 23:26:14.80 ID:/rbvxRd+0
【城内1】

ダークホーン「!」

阿部「お次は獣姦か...」

ダークホーン「(侵入者...?)」

阿部「願わくば君の中に侵入したいもんだな」

ダークホーン「(えっ)」

阿部「獣姦は初めてなんだが...さてどうしたものか」

阿部「そうだな...」

阿部「ここは慎重にシンキングタイムといこう」

阿部「...」

阿部「男は度胸!何でも試してみるのさ!」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 23:27:40.24 ID:/rbvxRd+0
ダークホーン「」ビクッ

ダークホーン「(わからん、わからんがすごくヤバイ気がする)」ブルブル

ダークホーン「(逃げ...)」ダッ

阿部「華麗にブロック」シャッ

ダークホーン「」ガクガク

阿部「口がきけないのかい?困ったもんだ」

阿部「ま、本当にいい男ってのは口なんて使わないんだけどな」

阿部「それにしても...」

阿部「本当に、いいモノじゃないの...」ウットリ


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 23:31:03.34 ID:/rbvxRd+0
―合体中―

阿部「自分のケツを見たことがあるかい...?」

ダークホーン「」

阿部「すごく、魅力的だぜ?」

阿部「それじゃ、少し失礼して...」ズズッ

ダークホーン「」

阿部「あぁ、思った以上にいい感じだ」パンパン

阿部「ところで君は、受け専門なのかい?」パンパン

ダークホーン「」

阿部「それも...悪くない...」パンパン

ダークホーン「」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 23:32:07.61 ID:/rbvxRd+0
阿部「...」

阿部「!」

阿部「いいこと思いついた」

阿部「お前、そのツノで俺とセックスしろ」

阿部「きっと、いい気持ちだぜ」クパァ

ダークホーン「(ワケガワカラナイ...)」

ダークホーン「」ズズッ

ダークホーン「」パンパン


―合体中―


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 23:33:41.69 ID:/rbvxRd+0
ダークホーン「ブモォォォォー!」

阿部「いやはや、獣姦は初めてだったが中々どうして気持ちいいもんじゃないか」

阿部「特にこのツノは...」

阿部「...」

阿部「1本もらっていこう」メキョ

ダークホーン「」

阿部「ポータブル獣姦ってところかな...」

阿部「うーん、ここはいいところだぁ...」スタスタ


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 23:34:29.20 ID:/rbvxRd+0
【城内2】

サキュバス「敵?!」

阿部「黙れ」

サキュバス「」グシャ

阿部「女がいるなんて...ここは地獄か」スタスタ


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 23:36:04.95 ID:8VDizTC50
ひでぇwwwwww


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 23:36:40.03 ID:/rbvxRd+0
【大広間】

サタンジェネラル「待て」

阿部「ウホッ、いい男...」

サタンジェネラル「どうやってここまで来たかはしらんが、これより先に行かせるわけにはいかん」

阿部「つまり、君が攻めてくれるってわけかい...?」

阿部「そいつはエキサイティングだ」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 23:37:41.07 ID:/rbvxRd+0
サタンジェネラル「何を訳のわからないことを、死ねぇ!」ガッ

阿部「そんなチンケな武器よりも、君の武器が見たいんだが...」キンッ

サタンジェネラル「(効いてない...?!)」

サタンジェネラル「(アストロンか?いや、しかし...)」

阿部「」シュッ

阿部「君はいい男レベル4、中々の逸材だ」ボソッ

サタンジェネラル「(いつの間に?!...逃げ...無理...死...)」

サタンジェネラル「(魔王様...!)」

サタンジェネラル「」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 23:41:36.70 ID:/rbvxRd+0
―合体中―


阿部「ほら、ここにぶち込むんだ...」クイッ

阿部「きっと、いい気持ちだぜ」

サタンジェネラル「」ズズッ

阿部「あぁ、さすがだ...」

サタンジェネラル「(魔王様...逃げて...)」パンパン

阿部「いいぞ...次はションベンだ...」

サタンジェネラル「」ジョワー


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 23:42:32.73 ID:/rbvxRd+0
サタンジェネラル「(ラメェェェコノヒトラメェェェェ)」パンパン

サタンジェネラル「(ナンニモカンガエラレナクナッチャウゥゥゥゥー)」パンパン

阿部「かわいい奴だ...」

サタンジェネラル「(ホシイノォォォォォーオチンポミルクホシイノォォォォー)」グッポグッポ

サタンジェネラル「(キテルゥゥゥシュゴイノクルゥゥゥゥー)」

サタンジェネラル「」ビクンビクン


―合体中―


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 23:43:04.39 ID:/rbvxRd+0
サタンジェネラル「アッー!」

阿部「うーん、攻めると言いながら攻めのセンスはイマイチだったかな」

阿部「しかしいい男だった」

阿部「腹ン中パンパンだぜ」

阿部「さて、いい男レーダーの示す位置までもう少し」

阿部「ショウタイムだ」スタスタ

― ― ― ― ―


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 23:44:26.35 ID:/rbvxRd+0
魔王「なんてことを...」

阿部「いい男レーダーが示している場所はここ」

阿部「アンタがいい男だってのはわかってんだ」

阿部「もちろん、自前のレーダーも反応しているけどね」ビンビン

魔王「(恐ろしい武器だ...)」

魔王「だがこの魔王、お前ごときにやられるわけにはいかぬ」

阿部「でも、犯っちゃうんだなこれが!」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 23:45:04.50 ID:/rbvxRd+0
魔王「覚悟しろ、生きてここを出ること叶わぬと思え」

魔王「イオナズン!」ギュイィィィ

阿部「これは...」

阿部「程よい刺激が全身に...これはマッサージの一種かい?」

阿部「おかげでこんなになっちまったよ」ギンギン

魔王「!」

魔王「魔法が効かぬ...アストロンか」

魔王「だがこれでどうだ」

魔王「凍てつく波動!」グアッ


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 23:46:07.04 ID:/rbvxRd+0
阿部「おっと、急に寒気が...」

阿部「人間界にはこんな歌がある」

阿部「『冬が寒くって 本当に良かった』」

魔王「よし、これで...」

阿部「『君の冷えた肉棒を』」

阿部「『僕のアナルポケットに お招きする為の』」

阿部「『この上ない程の 理由になるから』」

魔王「マヒャド!」シュイィィン

阿部「いっそう寒くなってきた、さぁ、早く...」

阿部「や ら な い か ?」クワッ


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 23:47:05.11 ID:/rbvxRd+0
魔王「(全く効いていない...?)」

魔王「(得体の知れない化け物め...とにかく今戦うのは得策ではなさそうだ)」

魔王「(ここは一旦逃g)」スッ

阿部「そうはいかないな」

魔王「なんだ、体がっ...」ズズズ

阿部「アンタみたいないい男とヤるんだったら、俺も本気を出させてもらう」

阿部「アンタとならいけそうだ」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 23:48:31.44 ID:/rbvxRd+0
魔王「な、何を言っているんだ?!」ズズズ

魔王「(なんだ、体が...引き寄せられる...)」

阿部「そう、これがアベ・ザ・マグネット」

阿部「いい男を引きつける俺の能力さ」

阿部「こいつが働くってことはアンタは本物だな!」

魔王「(なんてこと...しかしなぜこいつは私の考えていることがわかるのだ)」

阿部「あぁ、言ってなかったがそれはアベ・ザ・マインドの力だ」

阿部「いい男の考えていることなら何でもわかっちまう便利な能力なんだ」

魔王「(クソッ、こんな非常識な変態と戦っていられるか!何とかしてこの場から脱出しないと...)」

阿部「今日は俺の7つの力、存分に発揮したいと思う」

魔王「(あと5つも...本格的にまずい)」


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 23:50:06.23 ID:/rbvxRd+0
魔王「やめだ」

阿部「どういうことだい」

魔王「お前に力で対抗しようとしても無駄なようだ」

魔王「だから私はもう抵抗しない」

魔王「楽しませてくれるんだろ?」

阿部「嬉しいこと言ってくれるじゃないの!」

阿部「それなら...」

阿部「アベ・ザ・インパクト!」ズアッ

魔王「(服が...!)」

阿部「服を全部すっ飛ばしちまうんだ、便利だろ?」

阿部「ま、脱がしてくのも嫌いじゃないんだが、こうなってしまっちゃ我慢できないってもんさ」ギンギン


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 23:54:03.24 ID:/rbvxRd+0
阿部「それにしても...見れば見るほどいい男じゃないの...」ウットリ

阿部「この厚い胸板」サワサワ

魔王「」

阿部「鍛え抜かれた大臀筋」スリスリ

阿部「そしてこの...」ススス

魔王「(今だ...!)」

魔王「マ ダ ン テ !」グゴゴゴ...

魔王「(いかにこいつでもこれなら...!)」

魔王「(私とて無事では済まぬが、仕方あるまい)」

阿部「こいつはちょっとよくないな」

阿部「!」

阿部「いいこと思いついた」

魔王「死ねぇ!」グアッ


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 23:55:39.02 ID:/rbvxRd+0
― ― ― ― ―

― ― ― ―

― ― ―

― ―





魔王「ふぅ....」


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 23:57:06.18 ID:/rbvxRd+0
魔王「きたか...」

魔王「?!」

阿部「ウホッ、いい魔王」

魔王「勇、sy...」

阿部「相変わらず嬉しいこと言ってくれるじゃないの!」

魔王「(まて、この感じはどこかで...)」

魔王「まさか...」


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 23:58:33.20 ID:/rbvxRd+0
阿部「おや、気付いたのかい」

阿部「そうとも、アベ・ザ・ワールドの力で時間を少し戻させてもらった」

阿部「お楽しみの前に、さ」

魔王「(!!!)」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/25(水) 00:00:11.23 ID:3YZboMsv0
阿部「あんたの技、受けてもなんともないんだが、相手が疲れちまうとこっちも面白くないんでね」

阿部「本来の使い方とは少し違うけど、使わせてもらったよ」

魔王「"本来の使い方"...?」

魔王「(まさか)」

阿部「もちろん何度もプレイするために決まってるじゃないか!」

魔王「(!!!!!)」

魔王「(もう...だめだ...)」ガクガク


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/25(水) 00:06:08.62 ID:wRqlCglN0
魔王「殺せ」

阿部「おいおい、なんか勘違いしてるんじゃないのかい?」

阿部「俺はアンタみたいないい男とホモセックスを楽しみたいだけなんだが...」

魔王「同じ事だ、殺せ」

阿部「そうか...」

阿部「アンタほどのいい男がまだホモセックスのよさを知らないとは...」

阿部「すまない、アンタを誤解していた」

魔王「殺せ」

阿部「お詫びと言っちゃなんなんだが、」

阿部「アンタにホモセックスの良さを教えよう」

魔王「」


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/25(水) 00:07:17.46 ID:s9tXJtI/0
ひどすぎるwww


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/25(水) 00:07:31.32 ID:wRqlCglN0
魔王「(部下たちよ、すまない、こんな指揮官を、魔王を許してくれ)」

魔王「(デビルアーマー、ダークホーン、サキュバス...そして、サタンジェネラル...)」

魔王「(さらばだ)」スッ

魔王「メガn...うっ」

阿部「おいおい、これからって時に死んでもらっちゃあ困るってもんさ」

阿部「人生、いやホモセックスが素晴らしいってこと、知ってもらわないとな」

魔王「(体が...)」

阿部「アベ・ザ・パラライズ」


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/25(水) 00:08:35.68 ID:wRqlCglN0
阿部「少しの間体をマヒ状態にさせてもらった」

阿部「すまないが、少しだけ我慢してくれ」

魔王「(あぁ、ぁぁぁ...)」

阿部「なぁに、すぐに良くなるさ」

阿部「アベ・ザ・センシティブ」ブォ...ン

魔王「(体が...何だ...?!)」

阿部「アンタの性感をちょいと増幅させてもらった」

阿部「この能力は...」

阿部「ソーエキサイティングだぜ!」ニッ

魔王「」


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/25(水) 00:10:16.56 ID:wRqlCglN0
―合体中―


魔王「(アナダ...アナダ...)」ズズッ

阿部「あぁ...」

阿部「さすが魔王さんだ、他の奴らとはモノが違うぜ...」

阿部「腰を打ちつける度に魔力をケツの穴に注ぎ込んでくるとは...クレイジーだぜ」

魔王「」パンパン


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/25(水) 00:11:23.73 ID:wRqlCglN0
阿部「さて、これまで披露した能力は6つ」

阿部「あと1つある」

阿部「こいつを使うのは久しぶりだ...」ドクン

魔王「(ハヤク...ハヤク...)」ドキドキ

阿部「アベ・ザ・ディビジョン」ズッ

魔王「(ケハイガ...)」

阿部「わかるかい?」

阿部「この通り、阿部『分裂するんだ』」

魔王「(エクセレント...)」

阿部「ここからが本当の」

阿部『ショウタイムだ』


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/25(水) 00:13:40.44 ID:vTTKHZmd0
エクセレント じゃねぇよwwww


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/25(水) 00:16:02.76 ID:wRqlCglN0
阿部「さて、こいつを頼むよ」スッ

魔王「(アァ....アァァァ....)」

魔王「(シュゴイィィィィー)」グッポグッポ

阿部「んっ、いい感じだ...」

阿部『おいおい、こっちにも集中してくれよ』パンパン

魔王「(ヒギィィィィッ)」ビクンビクン

阿部『こんなセックスは久しぶりだ...』

阿部『最高だ、最高だよ...』パンパン

魔王「(マエモウシロモカンジチャウノォォォォー)」パンパン


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/25(水) 00:18:25.09 ID:wRqlCglN0
阿部「そろそろか...」

阿部『あぁ、体中にビンビン感じる...』

阿部「いくぞ」

阿部「『アベ・ザ・クロス・センシティブ!』」

魔王「(!!!)」

魔王「(カラダガ...アツイィィィィッ!!!)」

魔王「(イグッ、イッチャウノォォォォォー!)」


―合体中―


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/25(水) 00:20:28.57 ID:wRqlCglN0
魔王「(アッー!)」

阿部「ふぅ、楽しませてもらったよ」

阿部『あぁ、また呼んでくれよな』

阿部「もちろんだ、愛棒」スッ

阿部「さて、お次は...と」

阿部「こっちかな」

阿部「犬も歩けば棒に当たる、ってな!」スタスタ



勇者「」ビクッ

END


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/25(水) 00:21:53.97 ID:5+a92dpa0
乙!
勇者編期待


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/25(水) 00:22:56.01 ID:H29w7Xc50
勇者ニゲテー!


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/25(水) 00:24:56.92 ID:wRqlCglN0
やっぱり全然字数なかった。
申し訳ない。

・阿部さんにいい男レーダーを渡したマッドサイエンティスト
・阿部さんが7つの能力を身につけた経緯
・勇者の末路

とかネタはあるんですが今ひとつまとまりませんね。

思いつくままに書いた短いSSでしたが、読んでいただきありがとうございました!


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/25(水) 00:26:27.74 ID:H29w7Xc50
>>1
乙。久々に大笑いしたわ


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/25(水) 00:35:24.95 ID:DSgiYaP70
面白かったよ



84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/25(水) 00:59:58.97 ID:s9tXJtI/0

いい男だった


ウホッ!!いい男たち~ヤマジュン・パーフェクト
ウホッ!!いい男たち~ヤマジュン・パーフェクト




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 名無しさん 2012/01/26(木) 00:16:44

    やっぱ無双するならアベさんかTさんだな


  2. 名無しさん 2013/06/15(土) 19:44:13

    怖ぇえ!!
    やっぱりホモは恐ろしいでぇ!!


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ