Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奴隷少女「新しい奴隷です…ご主人様のお好きにして下さい」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 02:35:51.411 ID:5bnXYsRx0.net
奴隷商「こいつは従順ですしいたぶりがいがありますぜドS伯爵!」

奴隷商「いい買い物をしましたね。最高の嗜虐用奴隷ですぜ」

奴隷商「報酬はうけとってますんであとは煮るなり焼くなりお好きにして下さいよ」

奴隷商「調教拷問グッズも一緒につけときますんで! それではまた!」


奴隷「…どうぞお好きにいたぶってください。醜く泣きわめいてご主人様を満足させます」

主人(まずは軽めにいっておくか)

1.平手打ち
2.全裸にむく
3.逆吊

主人公「>>4をしてみるか」




4 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 02:37:24.399 ID:Ds+qnhdZ0.net
主従逆転


10 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 02:40:49.651 ID:/xHuLHrfK.net
主従逆転はよ


12 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 02:42:19.221 ID:5bnXYsRx0.net
奴隷「主従逆転…?」

奴隷「私が主人でご主人様が奴隷ですか? そ、そんなことは…」

奴隷「は、はい……わかりました…精一杯やります」

奴隷「あひゃひゃひゃひゃ!おらぁこのクソ奴隷がてめぇは私のものなんだから抵抗せずぶったたかれろよww」

奴隷「泣いても喚いてもやめねぇからな!!」

奴隷「早速てめぇに」

奴隷「……えと、なにすればいいですか?すいません奴隷をいたぶる方法わからなくて…」

主人「>>15


14 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 02:43:06.770 ID:sckpaPdW0.net
性処理


15 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 02:43:07.797 ID:s9uz314jp.net
kskst


16 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 02:43:38.488 ID:LzEU+kIUa.net
>>14


21 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 02:48:03.512 ID:5bnXYsRx0.net
奴隷「せ、性処理してあげます!ふふふ、こんな小さな女の子ご主人様にされるなんて屈辱的でしょう」

奴隷「うう……///」

奴隷「さ、さぁさっさとごしゅ…じゃなくて奴隷の汚いものをだしなさい」

ぬっ

奴隷「ひぃう!? こ、これが…男の人の…?本物はこんなに……」

奴隷「ど、奴隷の分際でご立派なことですね!」

奴隷「どうやって処理してあげましょうか」

①手で
②口で
③おまたに挟んで

主人「>>24


24 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 02:49:02.447 ID:h9ym649O0.net
ケチャップとマスタードを添えて食べる


33 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 02:53:55.352 ID:5bnXYsRx0.net
奴隷「は!?」

奴隷「……ケチャップとマスタードをそえておいしくフランクフルトみたいに食べちゃいます」

奴隷「いきますよ。にゅるー」

奴隷「うわ…ほんとにフランクフルトだ…ちょっとおいしそ…」

奴隷「お腹空いたので食べちゃいますね」

奴隷「はむ……あむ」

奴隷「か、から…マスタードが…けほ」

奴隷「はむ…むぐっむぐ」

奴隷「ど、どうです。大事な男性器がただのジャンクフードのように扱われて屈辱的ですか!?」

奴隷「ふふ…悔しそうな顔をしていますね」

奴隷「ええ。もっといじめてあげます。あむ…れろ…れろ」


37 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 02:57:06.479 ID:5bnXYsRx0.net
びゅるっ

奴隷「んんぅ? んっ!?」

奴隷「えほ…えほ…」

奴隷「し、しろいソースが…口の中に…まず…ぅぇ」

奴隷「奴隷の分際で……ご主人様にこんなことするなんて許せません」

奴隷「もっとひどいおしおきをしてあげます」

奴隷「……と啖呵を切ったはいいものの。こんなこと慣れてないのでなにすればよいかわかりません…」

主人「>>40


40 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 02:57:49.763 ID:suZbiJsGa.net
足コキ


43 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 03:01:37.523 ID:5bnXYsRx0.net
奴隷「えっ!?そんなことを!?」

奴隷「あ、足でご主人様をふむなんて…」

奴隷「そ、そうでした今は汚らわしい薄汚い奴隷男でしたね」

奴隷「ふふ。主である私に白いのかけた罰として、踏み潰してあげます。くすくす」

ぐにっ

奴隷「あら。ご主人様の足で踏まれてどうしてこんなになっちゃうんですかぁ?」

ぐりぐり

奴隷「それにしても無駄におっきいですねぇ。私の足のサイズくらいあるんじゃないですか?」

奴隷「一生使うことのない底辺奴隷のくせに♪」

ぐりぐりぐりぐり


48 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 03:04:32.638 ID:5bnXYsRx0.net
奴隷「ご主人様の足はきもちいいですかぁ?」

奴隷「下着もつけないで男性器まるだしで踏みつけられてすりすりされてガチガチに大きくしちゃうなんて」

奴隷「まるで変態そのものですねぇ」

奴隷「そろそろ白いのでるんじゃないですか?でますよねぇ?」

奴隷「でも足が汚れちゃうのでだめですよー」

ぐりぐり

びゅるっ

奴隷「うわっ!?あっ!? あぁまたっ!」

奴隷「ご…ど、奴隷のくせに!我慢もできないなんて!」


50 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 03:05:53.903 ID:5bnXYsRx0.net
奴隷「これは更なるお仕置きな必要ですね」

奴隷「私もだんだん楽しくなってきましたよ」

奴隷「さてどうしてくれましょうか…くすくす」

主人「>>53


53 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 03:07:00.346 ID:I1PKOv/Dd.net
切断


63 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 03:11:10.682 ID:5bnXYsRx0.net
奴隷「そうですね…では」

奴隷「とりあえず私の手の鎖を切断してくれませんか?」

奴隷「すごく邪魔なので」ジャラジャラ

奴隷「お願いします。これ切ってもっと自由に手を動かせるようになればもっともっともーっといじめてあげます」

スパッ

奴隷「す………すご。剣の達人ですか?」

奴隷「あれ? 最初から鍵をつかえばよかったのでは?」

奴隷「まぁいいでしょう。これで自由です」


68 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 03:14:05.269 ID:5bnXYsRx0.net
奴隷「さて。ではそろそろ私が直々に考えてさしあげましょう」

奴隷「もちろん、ご主人様を苦しめる残酷な拷問の数々ですよ…くすくす」

奴隷「……んーっと…」

奴隷「んーっと……まってください今考えてるんです!」

奴隷「奴隷はおとなしく餌を待っててください!」

奴隷「おや、そういえばご飯まだでしたね」

奴隷「お腹を好かせた奴隷にもご飯をあげる時間かもしれませんね」

奴隷「でも、まともな食事を与えられると思わないことですね…くすくす」


75 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 03:17:56.919 ID:5bnXYsRx0.net
奴隷「食事の中に何が入ってるって?」

奴隷「そんなの。わかるでしょ?」

奴隷「①おしっこ ②う○ち ③つば」

奴隷「自虐奴隷のたべものなんてこれで十分です。くすくすくすくす」

奴隷「さぁ史上最悪な3択の中から選んでください。どれも屈辱の極みですね!あはははは!」

主人「>>79


79 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 03:18:48.624 ID:jxN/hHaz0.net
1


89 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 03:22:29.783 ID:5bnXYsRx0.net
奴隷「きまりましたか?そうですかおしっこですかぁ……うわぁ、かわいそうですねぇ」

奴隷「わたしならぜ~ったい嫌ですね。吐いちゃいそう」

奴隷「では早速ご飯つくってきますねぇ」

奴隷「~♪」トントン

奴隷「あ、私の一応奴隷ですのでなんでもできるように調教されてるんですよ」

奴隷「ご飯つくるのは大好きです。いまは家にあるものでシチューです!」

奴隷「きっと普通に食べたらおいしーですよ」

奴隷「…っとと、薄汚い奴隷男と話すことなんてないですね。くすくす」

奴隷「さぁできました…」コトリ


92 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 03:25:45.400 ID:5bnXYsRx0.net
奴隷「あぁまだ入ってないですよ。食べちゃだめです…」

奴隷「私がまず目の前でおいしいシチューを食べちゃいます。はむ」

奴隷「くす…おいしい。こんなに贅沢に食材使えるなんてはじめてです」

奴隷「それで、あなたの分は…おしっこ入りぃ♪………なんですけどおしっこどうやって調達しますか?」

奴隷「出そうですか無理ですか? え…わたしの………?」

奴隷「え…………」

奴隷「わたしのおしっこなんですか……?」


97 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 03:30:05.409 ID:5bnXYsRx0.net
奴隷「……そ、そんな」

奴隷「ふ、ふふ!いいでしょう!!!あははは!このご主人様のおしっこ入りのシチューを惨めったらしくすすってください!」

奴隷「もちろんスプーンなんてつかっちゃだめですよ!!」

奴隷「犬のように這いつくばって!皿をぺろぺろなめるんです!!」

奴隷「さぁおしっこしますよしますよしますよ!!」 

奴隷「ほかほか絶品シチューが史上最悪の食べ物に生まれ変わる瞬間です! …うう」

奴隷「んうぅ……ぁ……」チョロ


ちょろろろろ……
びしゃびしゃびしゃ

奴隷「はぅぁぁ……///」

奴隷「奴隷の分際でおしっこ出すとこ見るなんて……」

奴隷「ひっく……んぅ、とまらなっ…うぅああ///」


108 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 03:33:43.116 ID:5bnXYsRx0.net
数分後

奴隷「……普通にたべてますし。なんなんでしょうこの人」

奴隷「お、おいしいですか…?」

奴隷「ひどく屈辱的な味? そうですか…そ、それはよかったです」

奴隷「私も恥を忍んで出したかいがありますね!ふははこの充足感!奴隷をいじめるのは最高の娯楽です!!」

奴隷「はぁ……」

奴隷「いつまでいじめたらいいんですか…」

奴隷「お次は何をされたいですかねぇ」

主人「>>112


112 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 03:34:58.331 ID:sckpaPdW0.net
さんぽ


117 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 03:39:22.517 ID:5bnXYsRx0.net
奴隷「散歩ですか…」

奴隷「奴隷の首輪をつけてということですか」

奴隷「あ、あのっ。外でもこの奇妙な関係のままでいるんですか!?」

奴隷「そんなぁ……私にできるかな」

奴隷「外では奴隷犬のフランソワと呼ぶんですか?」

奴隷「わかりました……フランソワと呼びます」

奴隷「ではいきますよ」グイッ

奴隷「ご、ごめんなさい。首輪強く引っ張りすぎましたか?痛かったですか?」

奴隷「え、もっとつよく? ええ……」


123 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 03:44:08.878 ID:5bnXYsRx0.net
街中

町民「おやぁ伯爵! ついに伯爵も奴隷購入したんですかい」

奴隷「……」

町民「あれ、なんで伯爵のほうが鎖つながれてるんですか」

奴隷「こいつは私の奴隷犬のフランソワです」

奴隷「伯爵などという尊き方ではありません」

町民「へ?」

奴隷「ほらフランソワ!早く歩いてください!!」グイッ

奴隷「そ、そっちにいったら人がいっぱいいるからだめです!」グイグイ

町民「な、なにがおきてるんだ?」
 

奴隷「こんな姿で人前なんて……逆に恥ずかしいです」

奴隷「これなら私が裸でひきまわされるほうがましですよ」


128 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 03:49:01.344 ID:5bnXYsRx0.net
奴隷「おしっこしたい?」

奴隷「では公衆トイレを探してきます」

奴隷「ちょっ、なに勝手にそこらでしてるんですか!」

奴隷「や、やめてください! あぁもうっ!」グイグイ


町女「やぁねぇあの子……変な趣味」

町男「通報するか?」

少女「ママー女の子がおっさんを犬みたいに連れ回してるよ」

母親「きっと複雑な事情があるのよ」


奴隷「うぅぁぁ……これじゃ変質者ですよ。この先街を出歩けなくなってしまいます」

奴隷「もうやめましょ?ね?」

奴隷「せめてどこか違う場所へ行きましょう!考えてください!」

①公園でボール遊び
②商店街で買い物
③家に帰る
主人「>>132


132 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 03:50:01.450 ID:R2kWjpqB0.net
おまんこprpr


143 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 03:53:26.926 ID:5bnXYsRx0.net
がばっ

奴隷「うわぁぁちょっと!じゃれつかないでください!」

ぺろり…

奴隷「ひゃっ!?」

奴隷「どこなめてるんですか!」

奴隷「だ、だめ…そんなとこ汚いですよ」

奴隷「そこまで犬になりきらなくていいんです!」

奴隷「ごめんなさいごめんなさい!もう偉そうにするのやめますから!」


ぺろぺろぺろぺろ


奴隷「ひ~~っ!!?」

奴隷「こらー!この駄犬!」べしっべしっ

奴隷「そこは……んっ、あっ…あっ!」


152 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 03:56:35.150 ID:5bnXYsRx0.net
五分後

奴隷「はぁ…はぁ」

奴隷「最悪ですね。下着べたべたですよ」

奴隷「ご主人様…まさかこれをしたいがために?」ジトー

奴隷「いいえ。私は嗜虐奴隷ですので断りはしません。抵抗もしません」

奴隷「回りくどいことをせず、最初からそういう目的のために物のようにお使いくださればよいのです」

奴隷「では家に帰ってご主人様のしたいことをしましょう」

奴隷「わかってるんですよ…」


157 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 04:00:59.887 ID:5bnXYsRx0.net
自宅


奴隷「もう主従逆転など終わりにして、あとはご主人様のお望みのままに私をいじめてください」

奴隷「…何でも受け入れます」

奴隷「どんな欲望のたけをぶつけてくださってもかまいません」

奴隷「おふざけで今まで働いた無礼の数々をおゆるしください」

奴隷「性器にマスタードを塗られても足で踏んづけられても」

奴隷「おしっこを飲まされても」

奴隷「裸で市中を引きずり回されても文句は言いません」

奴隷「どうぞ……」

主人「>>160


160 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 04:01:49.072 ID:thPHsDQu0.net
構わん続けろ


168 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/01(月) 04:06:28.103 ID:5bnXYsRx0.net
 

奴隷「いまの関係を続けろとおっしゃいますか」

奴隷「……わかりましたそれがご主人様のお望みなら」

奴隷「私が叶えてさしあげます」

奴隷「では覚悟してくださいね。私もいよいよ本気で腹をくくります」

奴隷「あなたを最低の奴隷伯爵へと調教してあげますよ」

奴隷「……くす」

奴隷「せいぜいいい声で鳴いてくださいね?あははは!」


ドSの目覚めEND


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1454261751/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「オリジナル」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。