Powered By 画RSS


P「今井加奈とチョコレートフォンデュ」

1 : ◆JFOdixEv5g 2016/02/14(日) 01:19:46.82 ID:50XvLH7m0
加奈「むー……」

P「ずいぶん真剣な顔して何読んでるの」

加奈「わああ、プロデューサー!? いつからいたんですか??」

P「別に通りかかっただけだよ。そしたら加奈がいたからさ」

加奈「こ、これは、その朋さんが貸してくれて……
   それでみんなでいっしょに読んでたんですけど、みんな先に出ちゃって」




2 : ◆JFOdixEv5g 2016/02/14(日) 01:21:12.77 ID:50XvLH7m0
P「なんか驚かせちゃったみたいでごめんね。邪魔するつもりはなかったんだけど」

加奈「そうだレッスン! わたしこの後レッスンなんでした。それじゃあ行ってきますね!」

P「うん。気をつけてね」

加奈「はい! 頑張ります!」


3 : ◆JFOdixEv5g 2016/02/14(日) 01:23:08.37 ID:50XvLH7m0
P「何をそんなに慌てて……? しかも雑誌忘れてるし」

P「『バレンタイン大特集』この冬イチオシのお店……」


P「……こりゃあ本当に悪いことしたな」


4 : ◆JFOdixEv5g 2016/02/14(日) 01:24:17.58 ID:50XvLH7m0

・・・・・・・・・・・・


加奈「今日の営業はどうでしたかね」

P「感触は悪くないよ。加奈のいいところは伝わったはず」

加奈「またわたしドジしちゃって……」

P「あれくらい愛嬌のうちだって。先方も笑ってたでしょ」


5 : ◆JFOdixEv5g 2016/02/14(日) 01:25:19.80 ID:50XvLH7m0
加奈「でもわたしから連れてってほしいって言ったのに」

P「そうそう、加奈がそう言ってくれて嬉しかったよ」

加奈「えっとそういうことじゃ……」

P「はい。この話はおしまい。加奈はこの後レッスンあったよね」

加奈「あっはい。でも時間にはまだ早いかも」

P「そっか。ならカフェにでも寄って一息つこうか」


6 : ◆JFOdixEv5g 2016/02/14(日) 01:26:51.21 ID:50XvLH7m0
加奈「本当ですか? そしたら行ってみたいお店があるんですけど」

P「お、さすが。下調べしてたんだ」

加奈「たまたまです! たしかこの近くだった気がして……あった! ちゃんとメモしてありました!」

P「よし。じゃあそこに行こう」


7 : ◆JFOdixEv5g 2016/02/14(日) 01:28:04.89 ID:50XvLH7m0
・・・・・・

加奈「中もファンシーなお店ですよね。かわいい~」

P「ここにスーツはちょっと場違いじゃない?」

加奈「そんなことないですって」

P「入ったとき妹さんの付き添いですかって聞かれたよ」

加奈「えへへ」

P「笑ってごまかしてもだーめ」

加奈「ごめんなさい」


8 : ◆JFOdixEv5g 2016/02/14(日) 01:28:46.63 ID:50XvLH7m0
P「それにしてもよくこんなお店知ってたね」

加奈「期間限定メニューが気になってたんです。ほら、あれ見てください」

P「あーここチョコフォンデュのお店か。たしかに載ってたね」

加奈「そうなんですよ! あの特集読んでからすっごく気になって……て?」

P「どうかした?」


9 : ◆JFOdixEv5g 2016/02/14(日) 01:29:37.21 ID:50XvLH7m0
加奈「わたしこのことプロデューサーに話したっけ??」

P「いや、初耳」

加奈「じゃあどうして特集のこと……あー! この前のときですねプロデューサー!」

P「あれは申し訳なかったと思ってるよ」

加奈「なら何を読んでたかチェックしないでくださいよ、もう」


10 : ◆JFOdixEv5g 2016/02/14(日) 01:30:47.29 ID:50XvLH7m0
P「それはあそこに雑誌を置き忘れた加奈も悪い」

加奈「ええ!? 本当ですか」

P「そうだよ。だから目に入っちゃったの」

加奈「うう……ならしかたないかも」

P「まあせっかく来たんだから満喫しなよ」

加奈「そうですね」


11 : ◆JFOdixEv5g 2016/02/14(日) 01:31:58.31 ID:50XvLH7m0
加奈「プロデューサーはいいんですか」

P「うーん、コーヒー頼んだからいいかな」

加奈「やっぱり大人ですよねプロデューサー」

P「あれ? 加奈も前にコーヒー飲んでたよね」

加奈「えっとあれは……えへ☆」

P「笑ってごまかさないの」

加奈「いいんです! 今日はチョコフォンデュなんですからっ!」

P「はいはい」


12 : ◆JFOdixEv5g 2016/02/14(日) 01:33:57.87 ID:50XvLH7m0
P「それで、お味はいかが」

加奈「チョコいっぱいで夢みたいです!」

P「それはよかった」

加奈「あっでもチョコがすぐ固まっちゃってちょこっとびっくりしました」

P「チョコだけに?」

加奈「?」


P「……なんでもない。忘れて」


13 : ◆JFOdixEv5g 2016/02/14(日) 01:35:54.06 ID:50XvLH7m0
加奈「ひとつ思ったんですけど」

P「なに?」

加奈「バレンタインなのにわたしがチョコを食べてるのって変じゃないですか」

P「別にいいんじゃない。女の子がチョコ食べても」

加奈「でもプロデューサーは食べてないですし」

P「大丈夫だよ」

加奈「うーん……」


14 : ◆JFOdixEv5g 2016/02/14(日) 01:38:00.07 ID:50XvLH7m0
加奈「やっぱりプロデューサーも食べてください」

P「そんな気にしないでいいのに」

加奈「わたしの気がおさまらないんです! イチゴとバナナどっちがいいですか!」

P「えっええ? じゃあイチゴ」

加奈「わかりました! たっぷりチョコつけますからね。はい、あーん」

P「むぐ……うん、美味しい」

加奈「えへへ、よかったです」


15 : ◆JFOdixEv5g 2016/02/14(日) 01:39:59.65 ID:50XvLH7m0
P「加奈って時々すごい大胆なことするよね」

加奈「それってどういう……? あっ……」


加奈「あ、あの、これは……日ごろの感謝の気持ちというか……それでチョコを食べてほしくて」


加奈「…………」


P「気持ちは伝わったよ。ありがとう」


16 : ◆JFOdixEv5g 2016/02/14(日) 01:42:06.30 ID:50XvLH7m0
・・・・・・

加奈「バレンタイン当日にはちゃんとプレゼント用意しますね」

P「さっきので十分だよ」

加奈「あっ、あれはもう忘れちゃってください!」

P「あはは、あんなの忘れられないよ」

加奈「も~プロデューサーってば……えへへっ」


17 : ◆JFOdixEv5g 2016/02/14(日) 01:46:08.69 ID:50XvLH7m0
以上でおわりとなります。
チョコレートフォンデュって響きにすごい都会っぽさを感じました。


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1455380386/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ