Powered By 画RSS


男「コールドスリープか……俺もやってみるか!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/23(火) 13:29:22.48 ID:UgLesLT5o
母親『お願いします! 息子を助けて下さい!』

医者『ううむ……しかし、現代医学ではこの子を助けることはできんのじゃ』

母親『じゃあ、私の息子は死ぬしかないんですか……!?』

医者『いや……一つだけ方法がある!』

母親『なんですか!?』

医者『コールドスリープじゃ……』

医者『この子を遠い未来まで眠らせて、医学の進歩に賭けるのじゃ!』




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/23(火) 13:33:40.70 ID:UgLesLT5o
男「いやー……なかなかいい映画だった。借りてよかった」

男「それにしても、コールドスリープか……なかなか興味深い技術だよな」

男「超低温状態で眠ることで、老化せずに遠い未来まで行くことができるんだもん」

男「よし、俺もやってみるか!」


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/23(火) 13:36:43.62 ID:UgLesLT5o
男「ジャーン!」

男「買っちゃったぞ! コールドスリープ装置!」

男「使い方は……どのぐらい眠るかをセットして、装置に入るだけ……簡単だな!」

男「どうしよっかな……100年でいいか。キリいいし」

男「それじゃ100年後まで、おやすみなさーい!」


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/23(火) 13:39:53.40 ID:UgLesLT5o
――

――

――



男「ふあぁ……あーよく寝た」

男「俺は……そういやコールドスリープしてたんだったな。あまり実感ねーや」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/23(火) 13:42:29.50 ID:UgLesLT5o
男「外は……すっかり未来になってるな。さすが100年後」

男「知らない建物が建ってるし、通行人のファッションも俺とはだいぶ違うや……」

男「……」

男「あーっ!!!」

男(俺はなんてバカなことをしてしまったんだ……)

男(コールドスリープなんてするんじゃなかった……!)


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/23(火) 13:45:10.82 ID:UgLesLT5o
店員「映画DVDのご返却ありがとうございまーす!」

店員「延滞料金一日300円×365日×100年で、1095万円になりまーす!」

店員「うるう年分はサービスしときますね!」

男「トホホ……」







おわり


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/23(火) 13:50:32.37 ID:3O1oDmiw0
結構すき


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/23(火) 14:30:53.58 ID:sWL/MUcU0
100年経っても残ってるとかそのレンタル屋凄いな


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1456201762/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「オリジナル」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2016/02/24(水) 21:56:40

    久しぶりに良いSFを読んだぜ


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ