Powered By 画RSS


櫻子「向日葵は私にとって――」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/28(土) 01:12:17.35 ID:xQJMj20R0
~生徒会室~

櫻子「仕事だるぅ」

向日葵「仕方ありませんの。先輩方は別の用事で先生に駆り出されてますから」

櫻子「用事?」

向日葵「確か倉庫の鍵が何とか……」

櫻子「あぁ、なるほどね。じゃあ、今日は先輩来ないのかな」

向日葵「たぶん。後で、私達もこのダンボールをしまいに倉庫に行きますわ」

櫻子「まぁ、いいや。早く終わらせて帰りたーい」

向日葵「お喋りする暇があるのなら、口より手を動かしなさい」

櫻子「むぅ……」




3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/28(土) 01:15:41.86 ID:xQJMj20R0
向日葵「さて、これを先生に提出してきますわ」

櫻子「いってらー」

向日葵「仕事さぼったら……わかりますわね」ニコッ

櫻子「……はい」

向日葵「では、少しの間留守を頼みますわ」ガラッ

櫻子「……」

櫻子「んー、でも、仕事って何すればいいんだっけ?」

櫻子「まぁ適当に書類にハンコ押しとけばいっか」ペタペタ


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/28(土) 01:17:59.28 ID:xQJMj20R0
――5分後

向日葵「ただいまですわ」

櫻子「おかえりんぎー」

向日葵「仕事の方は順調ですの?」

櫻子「ぼちぼちかなぁ」

向日葵「どれどれ…………!?」

櫻子「んーどうかしたー」

向日葵「櫻子、これは判を押してはいけない書類ですわ……」

櫻子「……え」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/28(土) 01:20:57.56 ID:xQJMj20R0
向日葵「ほら、ここ!あなた漢字も読めませんの!?」

櫻子「だ、だって、漢字とか中国語だし!」

向日葵「今までよくやってこれましたわね……って違いますわ」

向日葵「この書類どうするつもりですの?」

櫻子「あ、謝るもん……」

向日葵「まったく……あなたは注意力が人二倍は足りてませんわ」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/28(土) 01:23:40.00 ID:xQJMj20R0
櫻子「て、てかさ、向日葵が仕事やれって、きょーはくしたんじゃん!」

櫻子「だいたい向日葵は私のお世話役なんだから、ちゃんと教えてよ!」

向日葵「いつからお世話役に……って、責任を押し付けるつもりですの?」

櫻子「そんなんじゃないのっ!なんてゆーか……ああ、もう!向日葵の分からずおっぱい!」ダダッ

向日葵「ちょ、櫻子、待ちな……仕方ないですわ」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/28(土) 01:26:33.00 ID:xQJMj20R0



櫻子「言い過ぎちゃったかなあ……明日……ううん、向日葵が帰ってきたら謝ろう」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/28(土) 01:28:29.79 ID:xQJMj20R0
~生徒会室~

向日葵(さすがに一人での作業は疲れますわ)

向日葵(私は櫻子のことわかってるつもりだったけど……)

向日葵(明日……いえ、家に帰ったら櫻子に謝りましょう)

向日葵(あとは、このダンボールを倉庫にしまうだけですわ)


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/28(土) 01:31:28.08 ID:xQJMj20R0
~倉庫~

向日葵(よいしょですの)

向日葵(……ふぅ。終わりましたわ)

向日葵(さて、帰りm……?……あ、あれ)ガチャ ガチャ

向日葵(……開かない!?)


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/28(土) 01:33:16.93 ID:xQJMj20R0
~大室家~

櫻子(向日葵帰ってきたかなあ?)

櫻子(ちょっと行ってみよ)


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/28(土) 01:35:06.14 ID:xQJMj20R0
~古谷家~

楓「あっ、櫻子お姉ちゃん。どうしたの?」

櫻子「あれ?向日葵は?」

楓「一緒じゃないの?まだ帰ってきてないけど……」

櫻子「えっ……」

櫻子(まさか、まだ学校に……?)


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/28(土) 01:36:06.64 ID:xQJMj20R0
~倉庫~

向日葵(はぁはぁ……開きませんわ)

向日葵(肝心なときに携帯電話の電池はなくなるし……)

向日葵(どうしましょう……)

向日葵(……それにしても、寒いですわ)


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/28(土) 01:37:33.89 ID:xQJMj20R0
~学校~

櫻子「はぁ……はぁ」

櫻子(確かこの裏口からなら、セ○ムに引っ掛からなかったはず……)

櫻子(ふっ……ちょろい)


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/28(土) 01:39:03.82 ID:xQJMj20R0
――5分後

櫻子(何とか校舎内に入れたけど……)

櫻子(生徒会室に向日葵はいなかった……)

櫻子(携帯も繋がらないし……)

櫻子(……どこだ)

櫻子(確か今日の予定は……先輩の仕事を代わって、それが終わったら……!?)

櫻子(――倉庫!!!)


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/28(土) 01:40:40.45 ID:xQJMj20R0
~倉庫~

向日葵(……寒い)

向日葵(私、ここで死んじゃうのかな?)

向日葵(明日は土日。暫く助けは来ない……)

向日葵(もし、来てくれるなら……)

向日葵(助けて……櫻子!!)

ドンドン

向日葵「!?」

櫻子「向日葵!!聞こえる?」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/28(土) 01:42:06.04 ID:xQJMj20R0
向日葵「き、聞こえますわ!」

櫻子「はぁ……良かった。ここの倉庫の内側の鍵ぶっこわれてるんだよ」

向日葵「そんなこと、もう知ってますわ。とりあえず、早く開け――」

櫻子「ごめん、向日葵」

向日葵「えっ」

櫻子「さっきは向日葵に酷いこと言っちゃった……」

向日葵「……もう気にしてませんの。私も櫻子の性格を知った上での発言をするべきでしたわ」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/28(土) 01:44:02.98 ID:xQJMj20R0
向日葵「月曜日、杉浦先輩に謝りにいきましょう。私も一緒に頭を下げますわ」

櫻子「向日葵……ありがとう。今開けるね」ガチャ ガチャ

ギィー

向日葵「ふぅ……助かりましたわ」

櫻子「いいって、いいって」

向日葵「心配もかけてしまって……」

櫻子「し、心配なんかしてねーし」

向日葵「でも、なんとなく……櫻子が迎えに来てくれるような気がしてましたの」


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/28(土) 01:45:43.88 ID:xQJMj20R0
櫻子「……だって」

向日葵「……?」

櫻子「だって向日葵は私にとって――」

向日葵「……とって?」

櫻子「わ、忘れたっ!忘れた!忘れた!」

向日葵「ま、まぁ、いいですわ。それより、早く帰りましょう」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/28(土) 01:47:11.68 ID:xQJMj20R0
櫻子「……」ガシッ

向日葵「さ、櫻子!?手……」

櫻子「……向日葵が寒さで死なないように温めてるだけだもん」

向日葵「あ、あありがとうですわ///」

櫻子「あったかい?」

向日葵「もちろんですわ」

櫻子「……ねぇ、向日葵」

向日葵「何ですの?」

櫻子「家につくまで手繋いでていい?」

向日葵「ええ、構いませんわ」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/28(土) 01:48:58.95 ID:xQJMj20R0
櫻子「じゃ、じゃあさ……ずっと一緒にいてもいい?」

向日葵「……まったく、いつまでも甘えん坊ですわね」

櫻子「ち、ちげーし!そんなんじゃねーし」


向日葵「ふふっ、そんなの最初から答えは決まってますわ」

櫻子「えっ」

向日葵「目を瞑って」




チュッ




おわり


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/28(土) 01:49:35.65 ID:ksXC4J1F0

よかったよー


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/28(土) 01:50:28.27 ID:xQJMj20R0
通常より短くてごめん
とりあえず、終わり
また機会があったらひまさくSSつくるわ


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/28(土) 01:50:41.74 ID:s8auJ/8R0

楽しませてもらった


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/28(土) 01:53:11.36 ID:Bo+IwOXz0
良かったよ乙
短いのは短いのですぐ読めていいねまた楽しみにしてる


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/28(土) 01:57:24.02 ID:J4xPYly20

短くても良い物であればいいよ
櫻子カッコいい


ゆるゆり マシュモストラップ D 古谷向日葵&大室櫻子
ゆるゆり マシュモストラップ D 古谷向日葵&大室櫻子

ゆるゆり(7) (IDコミックス 百合姫コミックス)
ゆるゆり(7) (IDコミックス 百合姫コミックス)




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ゆるゆり」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ