Powered By 画RSS


11歳姪「おじさん……どうしよ…………私もう分からないよ………」 俺「え?何が?」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/22(月) 22:34:36.448 ID:MlK1mupc0.net
プルルルルル プルルルルル

俺(ん?妹から?なんだ、昨日から何回もかけてきやがって……どうせめんどくさい用事だ、あいつの電話には出ないからな………)「おっと………すまん姪ちゃん………」
電話ポイッ

俺「で、どうしたんだよ………何かあったのか?」

姪「……おじさん………辛いよ…………」

俺「ん?どういうことだよ………」

姪「……グスン」泣

俺「どうしたんだよ………まさか、い、いじめとか?」

姪「…ううん、ちがう………」

俺「もしかして………お父さんかお母さんに何かされるのか?」

姪「え……えっと…………」

俺「………そうなのか?」

姪「なにかされるってわけじゃ………無いんだけど………」

俺「どんな小さなことでもいい、言ってみな」

姪「えっと………お母さんが………」




3 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/22(月) 22:35:24.484 ID:MlK1mupc0.net
俺「うん………」

姪「もう2度とおじさんに会っちゃダメって言うの………」

俺「ん?」

姪「おじさんと会ったらひどい目に合うとか、酷いことされるとかいつも言ってくるんだよ?」

俺「」

姪「おじさんそんなことしないのに………」

俺「そ、そうだよなぁ」

姪「うん!おじさん、言ってたよね、私のホントの気持ちが分かるんだって」

俺「うん?……ああ…うん」

姪「いつもお母さんとかお父さんに怒られてさ、学校でもいつもひとりぼっちだった私に、いつも優しくしてくれたのおじさんだけだよ」

俺「お、おう」


4 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/22(月) 22:36:03.712 ID:MlK1mupc0.net
姪「最初は、こんな年になってまで~って、恥ずかしかったけどさ、一緒に寝てくれたり、お風呂入ってくれたりするのっておじさんの優しさだったんだよね!」

俺「うん、そうだね」キリッ

姪「最初は気づかなくてごめんね、でも今はちゃんと分かるよ?」

俺「ありがとう、姪ちゃん」ニッコリ

姪「それなのにさ……そのことお母さんに話したら突然おじさんのところに行くなとか、おじさんとは会っちゃいけないって言うんだよ?」

俺「ひ、酷いなぁ」

姪「だよね!だからさ、おじさんからもなんとか言ってよ!」

俺「あー………ぉおう、任せとけ」

姪「ほんと!?じゃあこれから電話してみるね!」

俺「あー、まて、ちょっと待って」

姪「え、もうかけちゃったよ、と言うかお母さんからめっちゃかかってきてるし」

俺「………」


7 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/22(月) 22:37:21.347 ID:MlK1mupc0.net
姪「あ、もしもし?お母さ」

俺の妹(姪の母)『ちょっと!!!いまどこにいるの!!!』

姪「ちょ、ちょっとお母さん……そんなに怒らないでよ………」

妹『怒らないでよじゃないでしょ!!まったくもう!!………ま、さ、か、おじさんのところにいるんじゃないでしょうね!!?』

姪「そ、そうだよ!」

妹『おじさんと代わりなさい!!!』

姪「言われなくてもそうするよ………」

俺「あー、もしもし、お電話代わりま」

妹『おい!!!警察と家の前にいるから!!覚悟しなさい!!!』電話ブチッ………

俺「」

姪「どうしたの?おじさん?」





ピンポーーーン






元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1456148076/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「オリジナル」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ