Powered By 画RSS


トラック「幼女だ!!」 幼女「トラックだ!!」 俺「このままでは!!」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/03(木) 11:25:32.642 ID:HSrG7qut00303.net
トラック幼女俺「人身事故だ!!」

俺「危なーー!!」バッ

トラック「うわあああああ!!!!!」

幼女「ひあああああ!!!!!」

俺「おあーーーーー!!!!!」

グチャッ

俺「…気持ち良いな…死んだかな…俺」ムクリ

幼女「んぎぃいいいい!!!お兄ちゃんのおちんちんがお股に入ってるよぅぅう!!!」




4 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/03(木) 11:27:14.766 ID:HSrG7qut00303.net
俺「あ、あれ?ごめん!!すぐ抜くね!!」ギチチ…

幼女「はやくぅぅぅ!!はやくしてぇぇぇ!!!」

俺「…へへっ…参ったな…抜けねぇや…」

トラック「よ、ようし、俺が引っ張ってやるぜ!!」

俺「すまない、頼む」

幼女「はやくぅぅぅぅっ!!!」

トラック「アクセル全開!!」ブオオオ

幼女「痛いぃぃぃぃやだやだ止めてぇぇぇっぇ!!!」

俺「くっ…チンコに直接刺激が…!!」

幼女「いやぁぁぁぁぁぁっ!!!」

俺「こりゃたまらん」ブビューッ


7 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/03(木) 11:29:28.967 ID:HSrG7qutH0303.net
トラック「ダメだ…抜けねぇ」

幼女「ううっ…ぐす…なんかお腹に熱いの出てるよぅ…」

俺「チクショウ!!精液だ!!出しちまった!!」

トラック「出しちまったって…まさか……!!膣内にかい!?」

俺「…そのまさかだよ」

トラック「そいつはやべぇ!!妊娠しちまう!!」

幼女「妊娠…?」

俺「赤ちゃんさ…ママになっちまうってこと」

幼女「ママ…?ママいやぁぁぁ!!まだママになりたくないよぉぉっ!!」


8 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/03(木) 11:30:47.901 ID:HSrG7qut00303.net
トラック「二人とも乗りな!!病院へぶっ飛ばすぜ!!」

俺「おう!!」

幼女「ぐすっ…」

トラック「行くぜ…しっかり掴まってろよ?これが本当の…スピード違反だァァァッ!!!」ズギューン

俺「一番近い病院までどのくらいで着く?」

トラック「10分くらいかな」

ウーッウーッ

幼女「な、何か聞こえるよ?」

トラック「チィッ!!パトカーだ!!ったくこんな時に…!!」

パトカー「そこのトラック!!止まりなさい!!」

トラック「今はそれどころじゃねぇんだ!!見逃してくれ!!」


10 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/03(木) 11:32:51.012 ID:HSrG7qut00303.net
パトカー「そういうわけにはいかん!!止まりなさい!!撃つぞ!!」パンパン

トラック「…っ!!野郎、マジで撃って来やがった!!」

幼女「ううっ…怖い、怖いよぅ…」

俺「運転に集中しろ!!」

トラック「だ、だけどあいつら」

俺「あいつらは俺がなんとかする…!!」スクッ

パトカー「なんだあの男…?」

俺「ハァッ!!!」

パトカー「うわあああああ!!!!」ドカーン


11 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/03(木) 11:33:48.811 ID:HSrG7qut00303.net
幼女「す、凄い」

トラック「たった一発であれだけのパトカーを…!?」

トラック「しかも中の人は無事…動いているトラックの上から動いているパトカーのタイヤだけを狙ったのか…」

トラック「なんなんだあんた!?」

俺「わからねぇ…でも…」

トラック「でも?」

俺「……ごめん、何も思いつかねぇ」

トラック「へへっ、そっか…あんたらしいな」

トラック「そいじゃぶっ飛ばすぜ!!」ズギューン


14 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/03(木) 11:40:46.822 ID:HSrG7qut00303.net
病院着

トラック「俺はここで待ってる!!二人とも急ぎな!!」

俺「おう!!」シュタッ

幼女「うん!!」

病院「初診ですか?なら問診票に…」

俺「ハァッ!!」

病院「うわああああ!!!!」ドカーン

幼女「凄い…また問診票だけ狙って…!?」

俺「急ぎなんだ、頼む…」

病院「どうぞこちらへ」


15 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/03(木) 11:43:08.378 ID:HSrG7qut00303.net
レントゲンピーッ

俺「どうですか…先生…」

病院「う、うーん…」

病院(難しい手術になるし、結果的に幼女の膣にINしてるわけだから通報して誤魔化そう)

病院「そうですねぇ…」(机の下の通報装置に手を伸ばす)

コリッ

ブイーッブイーッ

俺「な、なんだこの音!?」

幼女「怖い…怖いよぅ」

俺「…っ!!まさか…!!あんた通報したのか!?」

病院「ククッ…そのまさかだ」

俺「チクショウ!!」ダダダツ


16 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/03(木) 11:46:25.159 ID:HSrG7qut00303.net
幼女「ううっ…」

俺「トラック!!まずいぞ!!通報された!!」

100人の警官隊「手を挙げろ!!」カチャッ

トラック「へへっ…すまねぇ…やられちまった…」(血まみれで笑いながら)

俺「…っ!!」

幼女「トラックのおじちゃん…!!」

100人の警官隊「幼女をこちらに引き渡せ」

幼女「ぐすっ…ふぇぇ…お兄ちゃん…」

俺「大丈夫……行って」

幼女「ううっ…」テクテク


20 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/03(木) 11:51:13.048 ID:HSrG7qut00303.net
100人の警官隊「よし、幼女確保!!射殺GOーッ!!」

ババババババッ
ババババババッ
ババババババッ

トラック「やーーーーーめーーーーろーーーーー!!!」

ババババババッ
ババババババッ
ババババババッ

幼女「いやぁぁぁっ!!お兄ちゃん!!お兄ちゃーーーーん!!!!」

ババババババッ
ババババババッ
ババババババッ

100人の警官隊「やめ!!」

俺「グフッ…」ドサッ


23 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/03(木) 11:54:13.249 ID:HSrG7qut00303.net
トクントクン…

幼女「えっ…?」

100人の警官隊「よし、主犯の射殺完了、共犯のトラックは持ちかえってサンドバックだ」

トクントクン…

幼女「…赤ちゃん?」

トクントクン

――パパ……生きて…――

――ドクンッ

俺「…」クワッ

100人の警官隊「幼女はどうします?」

100人の警官隊「どうせ中古だ、オナホにしちまえば良いさ」

幼女「い、いや!!嫌だよぅ!!オナホいやぁぁぁ!!」


27 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/03(木) 11:57:56.161 ID:HSrG7qut00303.net
100人の警官隊「うるせえオナホだ!!」シュッ

ガシッ

100人の警官隊「えっ?」

俺「その子がオナホならてめぇは指サックだ」指ズボッ

100人の警官隊「指やめーーーッ!!?」ビクンッ

ドサッ

幼女「お、お兄ちゃん…ううっ」

俺「ありがとう、幼女…君と繋がっていることで膣からの栄養をチンコで吸収することが出来た」

俺「おかげでこの通り無事ってわけだ」

幼女「ううん、私だけじゃないの…お腹の中の…赤ちゃん」

俺「そうか…ありがとう」お腹ナデナデ

トラック「へへっ…心配して孫したぜ」

俺「すまんな、心配かけた」


33 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/03(木) 11:59:38.299 ID:HSrG7qut00303.net
100人の警官隊「う、撃て!!今度こそ撃ち殺せ!!」

ババババババッ
ババババババッ
ババババババッ

俺「…」銃弾の隙間ヒョイヒョイ

100人の警官隊「う、嘘だ…なんで当たらねぇんだ!?」

俺「…ハァッ!!」ボンッ(指が99本に増える)

俺「タァッ!!」ズボッ

100人の警官隊「んぎッ!!?やめ…お尻に指や…め…っ!!」

俺「前立腺…」前立腺コリコリ

100人の警官隊「あっ、あっ、あっ、あーーーーー!!!」

俺「爆破ァッ!!」カチッ

100人の警官隊「えっ…?」

ドカァァァァァァン


35 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/03(木) 12:05:28.157 ID:HSrG7qut00303.net
煙の中から生き残りの警官隊「うぐっ…!!き、貴様一体何者なんだ!?」

俺「…俺か?」

俺「こういう話を聞いたこと無いか?」

生き残りの警官隊「…?」

俺「昔々あるところにおじいさんとおばあさんが住んでおりました…」

俺「おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ選択に行きました」

俺「そして下された選択…」

俺「おばあさんが命を賭けてでも守りたかったもの…」

俺「人類最後の希望」

俺「唯一にして絶対、究極の存在」

俺「属性は…光」

生き残りの警官隊「まさか…それが…っ!?」


38 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/03(木) 12:08:46.395 ID:HSrG7qut00303.net
俺「そう、俺だよ」ズボッ

生き残りの警官隊「あっ、ちょ…指ィィンッ!!」ビクン

ドサッ…

俺「めでたしめでたし…っと」ヌポン

幼女「お兄ちゃん!!」ダダダッ

俺「大丈夫だったかい?」

幼女「うん!!凄いね!!また前立腺だけ狙ってなんて…」

俺「へへ、どうってことないさ!」

俺「おっとそれより…ハァッ!!」(チンコがみるみる小さくなる)

幼女「あ、あれれ?抜けた!抜けたよお兄ちゃん!」

俺「これでよしっと」

幼女「ふぇ…でも、もうちょっと繋がっていたかったかも」

俺「ハハハ、それはまた後日改めて」


43 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/03(木) 12:11:06.279 ID:HSrG7qut00303.net
俺「お前のほうは…無事…じゃないみたいだな」

トラック「ああ、体中痛てぇよ、へへっ…」

俺「よーし次は俺が運転する、お前を病院へ連れてくぞ」

トラック「すまねぇな」

俺「気にすんなカス」

幼女「あっ…待って!!でも赤ちゃん産まれるかも!!」

俺「えっ!?」

トラック「そいつはいけねぇ!!あんた、俺は我慢出来る!!産婦人科が先だ!!」

俺「い、良いのか?お前血が出過ぎて死ぬかもしれんぞ!?」

トラック「良いですとも!!」

こうして俺達はあての無い旅に出た
それは出産にも通ずることなのかもしれない
真っ暗な膣の中を手さぐりで進み光が射した時
赤ちゃんは何を想い泣くのだろうか

願わくば…
幸せの涙であることを祈るのみである

~TO BE CONTENYU~


44 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/03(木) 12:11:34.686 ID:Cz6XIB1p00303.net
感動した


45 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/03(木) 12:12:11.066 ID:aEAkvsDv00303.net
涙が止まらない


46 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/03(木) 12:12:22.508 ID:WXqFCeSZd0303.net
トラック良い奴ワロタ


53 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/03(木) 12:15:51.566 ID:BLOeRVhPa0303.net
これはひどい早く何とかしないと


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1456971932/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「オリジナル」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ