Powered By 画RSS


王様「なに!?勇者が生まれたのか!?」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/04(金) 10:06:29.969 ID:iC/KoAG00.net
王様「して、属性は?」

大臣「ドMでございます」

王様「ドM…聞いたことない属性だな…」

王様「強いのか?」

大臣「強いかどうかはわかりませぬが…」

大臣「イジメられることに喜びを感じるのだとか…」

王様「打たれ強いということか…?」

大臣「おそらく…」

王様「では、旅立ちの時にはその長所を活かせるよう、守備力の高い鎧を送るとしよう」

大臣「良いお考えですな」

そして月日は流れた…




4 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/04(金) 10:07:52.569 ID:iC/KoAG00.net
大臣「王様、勇者が旅立ち前の挨拶に来ております」

王様「そうかそうか、通すが良い」

勇者「はじめまして」

王様「おお!お主がドMの勇者か!」

勇者「そうですぅ!?」

王様「そうかそうか!期待しておるぞ、そこの箱の中身を持って行くが良い」

勇者「うわぁ、なんだろ」カパッ

宝箱「伝説の鎧」

勇者「…」スクッ

王様「お、おい…なぜ取らぬのだ?」

勇者「いりませんよこんな物」


7 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/04(金) 10:09:33.130 ID:iC/KoAG00.net
王様「伝説の鎧だぞ?守備力高いぞ?」

勇者「こんなの着たら痛くないじゃないですかぁ!!」

王様「なんと…!!痛いほうが良いというのか!?」

勇者「ドMだって言ってるじゃないですか!!」

王様「しかたない…何か他に欲しい物はあるか?」

勇者「皮の鞭でお願いします」

王様(ハハァ~ン、グループ攻撃で敵を一掃するつもりか)

王様(呆けた顔をしていて、なかなか切れ者のようだ)

王様「よろしい、では準備させよう」

数十分後…


10 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/04(金) 10:11:09.051 ID:iC/KoAG00.net
王様「さあ受け取るがよい、伝説の鞭だ」

勇者「痛っそ~」ゾクゾク

王様「よしよし、気に入ったようだな」

王様「それでは勇者よ、行って参れ」

勇者「行ってきまぁ~す」

そして勇者は旅だった
仲間は連れて行かない
仲間を連れて行くと、自分が攻撃される確率が低くなるからである
ドMゆえの決断であった


13 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/04(金) 10:15:47.732 ID:iC/KoAG00.net
勇者「なかなかモンスターに出会わないなぁ」

ゴブリン「へっへっへ」

勇者「おっ、ゴブリンだ!」

ゴブリン「痛い目にあいたくなかったら有り金全部置いてけ」

勇者「痛い目にあいたいんです!」

勇者「いじめられたいんです!」

勇者「あっ、足とか舐めましょうか?」

ゴブリン「えっ…えっ…あの…」

勇者「ねぇこの鞭使って良いですよ!あ、お口でご奉仕しましょうか?ねぇ!ねぇ!」

ゴブリン「あ…いえ…結構です。すいませんでした」ダダダッ

ゴブリンは逃走した
勇者は泣いた
せっかくの機会を逃したことが悔しかったからである
その日のオナニーは今までで最も激しいものになった
そして夜が明けた…


14 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/04(金) 10:18:37.247 ID:iC/KoAG00.net
勇者「もっと強いモンスターじゃないとダメなのかなぁ…」

勇者「あ、あの人詳しそう」

勇者「すいませーん」

旅人「はい?」

勇者「強いモンスター知りませんかぁ?」

旅人「強いモンスター?雑魚にも結構強いのはいるけど…」

旅人「やっぱ魔王が一番強いんじゃないですかね?」

勇者「魔王!」

こうして勇者は単身、魔王城に乗りこんだ
誰も勇者のことを気に留めるモンスターはいなかった
全裸になり正面玄関から堂々と入った勇者を、モンスターは連れて来られた奴隷だと思ったのである
性欲に突き動かされての大胆な作戦が功を奏した結果であった


17 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/04(金) 10:23:16.550 ID:iC/KoAG00.net
勇者「この部屋かな?」

幹部モンスター「オイ、奴隷!!ここで何をしている!!」

勇者「へっ?あ…魔王に会いたいなと思って」

幹部モンスター「魔王様を呼び捨てとは生意気な奴隷め!!」バシッ

勇者「ああ~んっ、もっとぉっ!もっとしてくださいぃっ!」ビンビン

幹部モンスター「なんだこいつ…殴られてチンポビンビンに…」

幹部モンスター「はっ…!さては貴様、魔王様に呼ばれた性奴隷だな?」

勇者「性奴隷…!!」ゾクゾク

幹部モンスター「それならそうと早く言えば良いものを…まったく…」コンコン

幹部モンスター「失礼しまーす」ガチャッ

幹部モンスター「魔王様、性奴隷を連れて参りました」


19 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/04(金) 10:26:27.286 ID:iC/KoAG00.net
女魔王「ふーん…そいつが性奴隷?」

幹部モンスター「はい、ご覧くださいこのチンポ」

勇者「はぁはぁ…いじめてくださいぃ」ビンビン

女魔王「へぇ…結構良い反りしてるじゃない」ニヤッ

幹部モンスター「では…ごゆっくり」

女魔王「こっちへ来なさい」

勇者「はいいい!!」ダダダッ

女魔王「へぇ…人間のチンポも案外立派なのね」ジロジロ

勇者「視姦ですかぁ!!もっと見てください女王様ぁ!!」ビンビン


20 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/04(金) 10:32:00.855 ID:iC/KoAG00.net
女魔王「女王じゃないわ、魔王よ」ドンッ

勇者「ああっ」ドサッ

ガバッ

女魔王「さあ舐めなさい」

勇者「ペ~ロペロペロペロペロペロペロペロ」

女魔王「んっ…なかなか…やるじゃない、そうよもっと舐めなさい」

勇者「ペ~ロペロペロペロペロペロペロペロ」

女魔王「んっ…あ…ふぁ…っ!!」ビクンッ

ボフッ

勇者「う…く苦しい」

女魔王「ふー…結構良かったわ」


21 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/04(金) 10:36:09.615 ID:iC/KoAG00.net
女魔王「さて、じゃあ今度は人間のチンポで遊んでみようかな」スクッ

勇者「も…弄んでいただけるのですかぁっ!!」(四つん這いになりながら)

女魔王「ふふ…行動早いじゃない、わかってる奴隷は好きよ」

女魔王「こんな恥ずかしい格好してアナルまでヒクヒクさせてるじゃない」

女魔王「この変態」ズボッ

勇者「アッー!!」

女魔王「あー、アナル弄られてチンポますますビンビンになってるじゃない」ズボズボ

勇者「チンポもっ…触ってくらはぁい…」

女魔王「だめよ、お尻でイケるようになりなさい」ズボズボ

こういうのが僕の性癖です


22 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/04(金) 10:36:12.476 ID:HhVJeiFx0.net
ドMというと大抵ド変態属性もついてきてしまうのである


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1457053589/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「勇者・魔王系」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ