Powered By 画RSS


女「あ、お、男くん」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 23:43:56.61 ID:7yLnqjHu0
男「ん?」

女「ぐ、偶然だね。お、男くんもここの図書館使うんだ。えへへ」

男「えーと、女さんだっけ?」

女「あ、う、うん。わた、クラスがち、違うし私のことなんてあんまり知らないよね。えへへ」




2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 23:46:22.85 ID:+kzXFdN20
男「えっと……もう良いかな?俺探してる本あるから」

女「あ、あ、ごめんね。じゃ、邪魔しちゃって。ごめんね」

男「いや、別にいいけど」

女「あり、ありがとう。男くんは、へへ、優しいね。えへへ」


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 23:49:33.06 ID:+kzXFdN20
職員「はい、もう借りられますよ」

男「ありがとうございます」

男「ふぅ、見つかって良かったな」

女「あ、あの男くん!」

男「うわ!」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 23:51:48.72 ID:+kzXFdN20
女「ほ、本見つかったんだ。よ、良かったね!」

男「ああ、うん」

女「あ!あ、その本ね、わた、私も好きなんだ!えへ、えへへ」

男「ああ、うん。そうなんだ」

女「一緒だね。えへへ」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 23:54:02.81 ID:+kzXFdN20
男「じゃあ、俺帰るから……」

女「あ、うん。ごめんね。また、邪魔しちゃったね」

男「いや、いいよ別に。それじゃ」

女「うん!ま、またね。えへへ」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/02(木) 23:56:52.76 ID:1dznqu0n0
友「よっ!」

男「おう、おはよう」

友「今日はさみーなー」

男「あのさ」

友「ん」

男「昨日、図書館で女さんに会ったんだけど」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 00:00:45.37 ID:oAAhiNCN0
友「女さんってD組の?お前仲良かったっけ」

男「いや、そういう訳じゃないんだけど。なんか向こうは俺のこと知ってるみたいでさ」

友「なんだ?モテ自慢か?」

男「違うっての。お前、女さんがどういう人か知らない>」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 00:03:08.91 ID:oAAhiNCN0
友「うーん、あんまりだなぁ。D組の奴と話しててもあんま出てこないし 」

男「ふーん。そうか」

女「あ、お、男くん!」

男「うおっ!」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 00:05:56.66 ID:Q5A/F6i50
女「お、おはよっ」

男「あ、ああうん。おはよう」

友「噂をすれば、だな。おはよう女さん」

女「あ、だ、お、おはよ、う、噂って?」

友「男の奴が女さんのこと気になって仕方ないんだってさ」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 00:08:37.83 ID:N3OHCEPs0
女「ふぇっ」

男「お、おい」

友「本当のことだろ?」

女「あ、や、お、男くんが、あ、あ、」

友「ははは。女さん顔赤すぎ」

女「えへ、えへへへへ」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 00:11:51.24 ID:/Agm3KL50
友「じゃ、俺たちの教室こっちだから」

女「あ、うん!ば、ばいばい男くん」

男「あ、ああ」

友「なんだー?男にしか挨拶してくんないの?」

女「あ、や、だ、ちが、ごめんね、ごめんなさい」

友「あはは、冗談だって。じゃあね」

女「う、うん!」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 00:14:19.60 ID:/Agm3KL50
男「……」

友「ん?どした?」

男「いや……」

友「?」

男「……なあ」

友「なんだよ」

男「女さん、どう思う?」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 00:18:15.30 ID:AIZLVYkO0
友「んー、ありゃ完全にお前に惚れてるね」

男「そういうことじゃなくて!」

友「なんだよ。あながち冗談でもないぜ?女さん結構可愛いし、悪い気はしないだろ?」

男「いや、だからさ……」

友「お、もう授業始まるぜ」

男「……」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 00:24:13.34 ID:pcsJ8GT40
教師「であるからして~」

男「……」

男(女さん、あんなんでクラスに馴染めてんのかな……)

男(後でD組の奴に聞いてみるか )


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 00:27:35.73 ID:qGVPTNsl0
友「おーい、帰ろうぜ」

男「悪い、用事あるから先帰っててくれ」

友「なんだよ、付き合うぜ」

男「いや、大したことじゃないからさ」

友「ふぅん?別にいいけど。じゃな」

男「おう、悪いな」


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 00:30:18.18 ID:V8ZPLHNQ0
男「ちょっと良いか?」

D組「んー?男じゃん。どうしたの?」

男「お前のクラスに女さんって居るよな?」

D組「お?おー、まあな」

男「普段どんな感じなんだ?」


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 00:33:43.98 ID:/Agm3KL50
D組「あー……なんつうかな」

D組「女さんってあんま話すの得意じゃない?みたいな感じじゃん?」

男「……そうだな」

D組「そんであんま仲良い人いないっつかさ。ちょっと嫌ってる女子もいるみたいよ」

男「それってもしかしていじめとか……」


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 00:36:49.27 ID:WIfn2jue0
D組「いや、そういうのはないと思うけど。ちょっとハブられてる?みたいのはあるかもなぁ」

男「……そうか」

D組「つか、お前は女さんとどういう関係よ?彼氏彼女とか?」

男「いや、なんていうか……知り合い、だよ」

D組「ほん?」


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 00:41:06.00 ID:CSU2CU/L0
男「じゃ、話それだけだから。ありがとな」

D組「おう」

男「じゃあな」

D組「おう、じゃ……っと」

男「ん?」

D組「そういやもう1つ。詳しくは知らんけど、中学の時は結構ハードないじめ受けてたって聞いたぜ」

男「……そうか」


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 00:46:50.71 ID:jVTYB8jE0
男「……」

女「お、男くん!」

男「うお!」

女「え、えへへ。今帰るとこ?わ、私もなんだ。えへ、えへへ」

男「いや、私もって……ずっと校門で待ってたの?」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 00:49:21.38 ID:jVTYB8jE0
女「あ、ごめ、ごめんね。迷惑だったよね。ご、ごめんなさい」

男「……そんなことないよ。一緒に帰ろうか」

女「あ、う、うん!えへ、えへへ」

男「……」

女「男くんはや、やっぱり、優しいね!えへへ」


52: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 00:52:31.51 ID:2nXTiRih0
男「女さんは、さ」

女「う、ん?」

男「なんで俺のこと知ってたの?」

女「あ……や、あ、えと……えっとね」

男「……やっぱり良いや」

女「あ、あう」


53: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 00:55:05.24 ID:sGNC8gjb0
女「あ、私、こ、家、こっちだから、あの」

男「ああ、うん。じゃあね」

女「……」

男「女さん?」

女「あの、あの、ね」

男「うん?」


54: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 00:58:43.22 ID:CX8B0nQI0
女「わ、私、とろくて、だ、だめだめで、しゃべりかた、へ、変だし、お、男く、くん、に」

男「ゆっくりで良いよ」

女「あ、う、うん。それでね、私、男くんに迷惑かけて、呆れられてるんじゃな、ないかって」

男「……」

女「ご、ごめんね。ごめんなさい」


59: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 01:01:57.83 ID:Iq6B8pf20
男「女さん」

女「あ、は、はい」

男「俺は、女さんのこと、迷惑だなんて思わないよ」

女「あ、う」

男「俺はさ、女さんの味方だから」

女「う、うん。うん」


61: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 01:05:39.07 ID:pqjfzRgq0
女「うっ……ひっく……うぇ」

男「女さん……」

女「ごめんね。ごめんね。私、うっ、ひく、な、泣いちゃって。男くんが嬉しいこと言ってくれてるのに」

男「良いよ。大丈夫だから」

女「ごめんね。ごめんね。ひく、あ、ありがとう。」

男「うん。大丈夫。大丈夫だから」


62: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 01:09:36.20 ID:lWNjS8lu0
女「えへ、えへへ!それじゃ、私、帰るね!」

男「うん」

女「えへ、えへへ」

男「俺は、味方だから。それにさ、朝一緒にいた友の奴、あいつとかさ、女さんの味方はちゃんといるからさ」

女「あ、それは」

男「ん?」


64: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 01:11:47.49 ID:lWNjS8lu0
女「それはね、いいの」

男「え……」

女「私はね、男くんがいればいいの」

男「……」

女「男くんがいれば、それで大丈夫」

女「他は、いらないよ」


66: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 01:13:33.69 ID:lWNjS8lu0
女「えへへ、それじゃ、ま、また明日」

男「あ……」

女「えへへ、じゃあね」

男「あ、じゃあ」

男「また、明日」


67: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 01:16:24.93 ID:j7tsGvHL0
男「……」

男「そういえば……」

男「女さん、なんで俺のこと知ってたんだろう……」

男「……」

男「……まあ、良いか」


69: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 01:18:31.64 ID:j7tsGvHL0
友「おはよーっす」

男「おーす」

女「男くん!」

男「うおっ」

女「えへ、えへへ。い、一緒に学校行こ!」

男「あ、ああ」


71: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 01:21:54.67 ID:pqjfzRgq0
友「おいおい、また俺はスルーっすか」

女「は、早く行こ!えへへ!」

男「ちょ、ちょっと待ってって」

友「……あれー」

男「ちょ、引っ張らないでくれよ」


友「……行っちまった」


75: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 01:26:06.80 ID:IAGrZiZk0
友「よー」

男「ああ、友。さっきは悪かったな」

友「良いけどよ。女さん、急に積極的になっちゃってどうしたんだよ」

男「……どうしたんだろうな」

友「あん?」


79: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 01:30:28.44 ID:IXgsfX500
女「男くん!」

男「……ああ、女さん」

女「あの、あのね。わた、私、お弁当作ってきたんだけど、い、一緒に食べ、食べない?」

男「ああ、ありがとう。一緒に食べようか」

女「う、うん。えへへ。い、行こ」


85: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 01:38:15.37 ID:nE5POGSN0
男「あ、待って。友も一緒に」

女「はや、早く行こ!ね、えへへ」

男「いや、だから友も一緒に」

友「あー、俺は良いよ。二人で食べてきな」

男「あ、友」

女「い、行こ、ね」

男「あ、ああ」


88: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 01:40:49.26 ID:nE5POGSN0
女「お、美味しいかな」

男「ああ、美味しいよ、すごく」

女「えへ、えへへ」

男「……」

女「い、いっぱい食べてね、えへへ」

男「うん……ありがとう」


91: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 01:43:56.87 ID:BUlydIar0
友「男ー、帰ろうぜ」

男「おう」

女「男くん!」

男「あ……」

女「い、一緒に、帰ろ?」

男「えっと……」

友「ありゃ、俺はお邪魔かな?」

男「あ、悪い……友」


92: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 01:48:20.38 ID:pqjfzRgq0
男「……」

女「そ、それでね、えっと」

男「……」

女「あの、男くん……?」

男「あ、何?」

女「あ、あの、私の話つまらない?私と帰るの楽しくない?」

男「いや……そんなことない。楽しいよ」

女「えへ、えへへへへ。そ、そうだよね」


93: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 01:50:50.18 ID:pqjfzRgq0
女「男くん!一緒に学校行こ!」


女「お昼食べよ、男くん」


女「男くん!」


女「男くん」


女「男くん」


女「男くん」


95: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 01:53:53.73 ID:HyahaV9X0
男「……」

友「おい、大丈夫か?」

男「あ、ああ」

友「最近ずっと顔色悪いぜ?」

男「ああ……」

友「たまには女さんの誘い断っても良いんじゃないか?」

男「ああ……そうできたら、良いんだけど」

女「男くん!」


96: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 01:55:59.64 ID:HyahaV9X0
女「一緒に帰ろ!」

男「……ああ」

友「大丈夫か?」

男「ああ、大丈夫。悪いな、友」

友「……」

女「えへへ、行こ!」

男「……」


98: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 01:59:58.00 ID:JSj9GoS50
女「えへへ、それでね」

男「……」

女「……男くん?」

男「……何かな」

女「私の話聞いてる?男くん」

男「ああ」

女「ねえ、男くん」

男「ああ」

女「男くん」

男「……」

女「男くん?」

男「……いい加減にしてくれ」


104: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 02:03:17.88 ID:JSj9GoS50
女「男くん……?」

男「いい加減迷惑なんだよ!ずっと付きまとって!男くん男くん男くん男くん!うんざりなんだ!」

女「……」

男「俺に構わないでくれ!」

女「嘘」

男「はあ?」


106: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 02:07:02.03 ID:sGNC8gjb0
女「さっきの人?」

男「何言ってんだ……」

女「さっき一緒にいた人にそそのかされたんだよね?えへへ、大丈夫だよ。許してあげる。男くんは悪くないもん、」

男「何言ってんだ!おかしいよお前!」

女「嘘だよ」

男「嘘じゃない!」


107: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 02:08:42.36 ID:sGNC8gjb0
女「嘘」

男「だから……!」

女「嘘」

男「な、何を」

女「嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘」

男「ひっ……」

女「嘘だよね?」


110: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 02:12:41.14 ID:AV+kULaf0
男「何なんだよ……いい加減にしろよ……」

女「嘘だよね?」

男「だ、だから」

女「嘘、だよね?」

男「い、いい加減にしろ!俺は一人で帰る!」

女「……」


113: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 02:15:23.32 ID:IAGrZiZk0
男「はっ……はっ……」

男「……」

男「……ここまで来れば」

男「……くそっ」

男「何なんだよ……なんで」

男「……帰ろう」


116: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 02:19:36.87 ID:/Agm3KL50
男「……」

男(なんで俺がこんな目にあうんだ)

男(俺はただ、女さんがクラスに馴染めてないって聞いて)

男(それから、中学の時にいじめに……)

男「……ん?」

男(中学の時……いじめ……)




女「男くん」


118: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/02/03(金) 02:21:09.77 ID:u/IR4akgO
KOEEEEEEEEEEEEE


120: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 02:22:48.66 ID:WIfn2jue0
男「う、わああああ!!」

女「男くん」

男「な、なんで俺の家に」

女「私は知ってるよ」

女「男くんのこと、全部。えへ、えへへ」

男「く、来るな」

女「男くん」



女「男くん」


124: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 02:25:39.40 ID:CX8B0nQI0
男「……ん」

男(どこだ、ここ……)

男(頭がくらくらする……)

男「くっ……ぐっ」

男(椅子に体が縛られて……)


女「男くん」


127: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 02:28:58.28 ID:IAGrZiZk0
男「お、女……さん」

女「ご、ごめんね。びっくりしたよね?ごめんね」

男「ここは……」

女「私のおうち」

男「どうして……」

女「あの、あの、ね。男くんが、変な人にたぶらかされないように、私と、ず、ずっと、ここに居よ?」


128: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 02:31:41.62 ID:hfE6cJhK0
男「……なんで」

女「男くん?」

男「なんで、俺なんだよ……なんで」

女「覚えて、ないの?」

男「何を……」

女「わ、私と、男くんは、同じ中学校に通ってたんだよ?」

男「え……」


132: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 02:35:35.73 ID:2nXTiRih0
女「わた、私が、い、いじめられてた時、男くんが、た、助けてくれたの」

男「た、助けたって、そんなこと俺は……」

女「男くんはね?私の上履きを、一緒に探してくれたの」

男「うわ……ばき」

男(そうだ……俺はあの時)


133: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 02:38:55.77 ID:Ip13S6Nb0
男「……でも俺は」

女「わた、私、ね。嬉しかった。すごく、すごく。だからね」

女「その後で、男くんが私がいじめられるのを、見てみぬふりをしてても、関係ないの」

男「……」

女「だってそんなのは、全部嘘だから」

女「だから男くんは、悪くないよ」


137: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 02:42:42.30 ID:pjhqobit0
女「男くんが私を忘れちゃってたのは、悲しかったけど」

女「でも、男くんは、やっぱり優しかった」

男「俺、は……」

男(俺は、優しくなんかない)

女「男くんがね、言ってくれたとき嬉しかった」

女「私の味方だって」

女「すごく、すごく、すごく」

女「嬉しかった」


139: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 02:46:04.23 ID:Iq6B8pf20
男(俺は……)

男(耳障りの良い言葉ばかり並べて)

男(いつも、自分は傷付かない所にいて)

男「俺は、最低だ」

女「お、男くん?」

男「ごめん」

男「ごめんな、ごめん」

男「守ってやれなくて、ごめん」


141: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 02:48:35.57 ID:Uyho2NFE0
女「えへ、えへへへへ」

女「良いよ、許してあげる」

男「女さん……」

女「男くんは、いつも私のこと、許してくれたもんね」

男「うっ……ひぐ、ごめん、ごめんな。ごめん……」

女「良いよ。全部、許してあげる」


145: ◆adWWillSneLe :2012/02/03(金) 02:51:24.29 ID:nE5POGSN0
女「これからは、ずっと一緒だよ」

男「ああ、そうだな」

女「他の人なんていらない」

男「ああ」

女「ずっと、ずっと傍に居てね」

男「ああ」

女「ずっと、ずっと、ずっと」

男「ああ、ずっと」



終わり


146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 02:51:55.11 ID:LkQoLxBm0



149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 02:54:36.63 ID:e2jfmPVn0
なるほど、受け入れるという選択か
まぁ乙


153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/03(金) 03:00:19.57 ID:gwLP824i0
こういうのもいいかな
おつ





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「男女」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ