Powered By 画RSS


仁美「あたしも人気欲しーい!」まどさや(またかよ…)

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 21:43:40.46 ID:yXyXERvl0
 マック

仁美「いやだからね?聞いてって!おかしいでしょ!何この完璧悪女的扱い!」バン

さやか「落ち着けって…」

まどか「い、いいじゃないですか。少しでもファンが居るんなら…」

仁美「まどっちは主人公役だからそんなこと言えるのー!」




4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 21:45:25.68 ID:yXyXERvl0
遡ること30分前…

私、鹿目まどかは「魔法少女まどか☆マギカ」の共演で仲良くなったさやかさんと一緒にマックでお昼ご飯を食べようとしたところ…

まどか「さやかさんすごい食べるんですねーいつも思ってたけど」トコトコ

さやか「役が結構リアルに近いからねー」トコトコ

仁美「ん?」

まどさや「あ」

というわけで仁美さんに捕まり、何度も聞かされた愚痴をまたこれから聞かされるとこなのです…


仁美「いやさーあ?だってさ?この見た目で出してさーあ?お嬢様設定?百合っ気あり?」

まどさや「…」

仁美「そりゃ人気出るかなって期待するじゃああん!!」ゴンン

まどか「だって虚淵作品ですし、普通にはいきませんって…」

さやか「元気だせよ。アタシもそんな人気無いし、魔法少女なのに」

仁美「ほらそれー!その余裕あるセリフー!前まであんたそんなこと言わなかったー!余裕出てきたしょ・う・こー!」

さやか(うぜえ…)


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 21:48:00.26 ID:yXyXERvl0
仁美「どういうことなんだよー!?前は一緒に不人気同士傷の舐め合いしてたじゃあん!」

さやか「いや…」

仁美「何?」

さやか「ぶっちゃけ最近はアタシも人気が安定してきたというか…世間の荒熱が取れて…」(これとまるっきり同じ会話前したわ…)

仁美「くっそおおおお!!こんの~!!」ガシ

さやか「や~め~ろ~」グアングアン

まどか「お、落ち着いてくださいって!」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 21:51:20.99 ID:yXyXERvl0
仁美「はああ~あ…あんたも最初あたしに引けをとらないくらいだったのになあ…」モグモグ

まどか「そうでしたよね…ネット見てガチ凹みしてましたよねw」チュー

さやか「だあ~って皆ホント心無いこと書くよ~?特にtwitter?あれ放送当時「早く死ね」とか普通に言ってたよ!」

まどか「前聞きました。散々…w」

さやか「あれ?w」

仁美「あんたもやっぱかわんねーわw」

さやか「うっせw」パシ

仁美「いったいwやめろw」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 21:54:14.32 ID:yXyXERvl0
因みに
まどか・ほむら・杏子 → さやか・仁美 → マミ・恭介
後輩                       先輩

仁美「ん、いやそういってもね?あんた何だかんだでギャラだけならかなりもらったじゃん!」

まどか「4話から9話ははさやかさん中心でしたからねえ。全体の半分。最終的に私の次にもらってますよね?」

さやか「まあね。当時『貰ってる…一番金貰ってる…』って精神の均衡図ってたしw」

まどか「暗ーいwちょっと引きますw」

さやか「それぐらい辛かったんだよーこの~w」グリ

まどか「あ、ちょwやめてくださいってw」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 21:57:18.27 ID:yXyXERvl0
ちょっと分かりづらいかも知れないけど役者設定での話

仁美「…ってそう!あたしの話だよ!あ・た・し・の~!」

まどさや(ああ、自然の流れで遠ざけようと模索してたのに…)

仁美「まずさ?この見た目で出してさーあ?お嬢様設定?百合っ気あり?」

まどさや「…」

仁美「そりゃ人気出るかなって期待するじゃああん!!」ゴンン

まどか「ま…ったく同じ台詞ですね。見事に」

さやか「酔っ払いか」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 21:59:46.68 ID:yXyXERvl0
仁美「もうなんだよ!この設定にムカついてきたわwもはやw」

さやか「そこかよwww」

まどか「確かにベタですねw」

仁美「なんだよピアノのお稽古~ってw弾けねえw弾けねえからw」

まどさや「www」

仁美「あ、チャルメラの奴なら弾けるわw」

さやか「はっはっはwちゃらら~らら~ww」

仁美「そそそwそれそれw」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 22:03:18.36 ID:yXyXERvl0
仁美「はあ…んでえ…あ、まずコーラ飲むわ」チュー

まどさや(やっぱ続けんのか)

仁美「まずさ?魔女に操られるじゃん?」

さやか「んあ」

仁美「はい腹パーンwここでまず腹パンキャラの称号手に入れる~w」

まどさや「www」

仁美「あたしがさあ、親と晩御飯ん時話すじゃん?」

さやか「うん」

仁美「で、あたしがあ、親に『あたし、どうだった?』って聞くわけよ。したらあ」

まどか「はい」

仁美「『ああ、あの塾通いで頭おかしくなって友達に腹パン食らわす役だろ』ってwwwwwww」

まどさや「wwwwwwwww」バンバン


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 22:06:57.09 ID:yXyXERvl0
仁美「せめてw話ちゃんと見wろwよwってwww」

まどか「はあ~それはめっちゃ…w」

さやか「やっばいw」

仁美「ねえ?」

仁美「んで、まああたしはしばらく役は特に無くなるわけでえ」

まどさや「…」

仁美「はいさやかさーん!安定のさやかさん来るー!」ビシ

さやか(うぜえ…)イラ


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 22:10:36.41 ID:yXyXERvl0
まどか「まあ今考えても相当酷い役やらされてますよね」

さやか「うんそれはね。最初にここまでだと言われてたら絶対受けなかったよ」

仁美「魔法少女ものであれはないよねえ?」

まどか「ないないw」

さやか「まあおいしいと言えばおいしいんだけど。今考えれば」

まどか「まどマギのイメージを決定づけた様な役ですしね」

さやか「うんそう」

仁美「いい~なあ~!あたしはそういう意味づけ薄いもーん!ただのズルい女で終わったもーん!」ゴンン

まどか「大丈夫ですよ…あれはタイミングの問題だったって感じでそこに関してはちゃんと見てる人なら納得してますから…」

さやか「そーだよー。それ言うならそげぶさんの役の方が今だに言われてるじゃん」

仁美「いや、そりゃそうだろね。あそこまで尽くしてきた女ガン無視で他の女とくっつくとか」

まどか「ないっすよねー」

さやか「ないな~実際のあたしだったら助走つけて殴るわw」

仁美「はははwマジ切れたガンジー状態w」

さやか「いやw実際のガンジーはやらねえからw」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 22:14:58.50 ID:yXyXERvl0
仁美「あれ?つーか今そげぶさんどうしてる?」

まどか「ああなんか、巴さんと旅行行って来るって言ってました」

仁美「うわーやっぱ付き合い始めたかあの二人ー!」

さやか「まあー途中からツーショット多かったもんなーそんな気はしてた」

仁美「乳か!やっぱり男は乳か!」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 22:18:57.48 ID:yXyXERvl0
仁美「んで、安定のさやかさん談義に戻りま・す・が~」

さやか「戻んのかよ!いいよ別に!」

仁美「いいじゃあん。不幸を分かち合おうよお~」スリスリ

さやか「やめろお~この日本人め~」グイー

仁美「おおバリバリの日本人ですわ!天皇陛下万歳!」

まどか「ていうかその「安定のさやか」っていうフレーズにすら半ギレしてましたよね当時w」

さやか「うんだってかなり余裕無かったし。役にのめり込み過ぎててw」

仁美「ウケるマジw」

仁美「…はあ、なんだっけ、どんな感じに酷かったっけ?」

さやか「あーと、魔法少女になるけどお、その後で真実知らされて動揺ー。理想と現実のギャップー、みたいな」

仁美「ああそうだ。QBとか実際目の前にいたらあたし引き裂くわw」

さやか「あれって無限にいんのかね?在庫切れるまで殺しまくれば大丈夫なんじゃね?」

まどか「どーなんでしょ…w」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 22:22:24.19 ID:yXyXERvl0
仁美「あ、そういやアンソロにはQBの死体食うやつあったな」

さやか「ああ、マヨつけて食うやつ…」

仁美「そそw」

まどか「『結構イケるわねー』ってw」

仁さや「wwwwww」バンバン

仁美「はあー…と笑い疲れ…」

さやか「あーちょっとあたしナゲット食いたい。ちょっと注文してくる」ガタッ

まどか「え?今のQBのくだりで食べたくなったんですか?w」

さやか「いや違う違うwさっきから思ってたのw」

仁美「バーベキューソースねー」

さやか「お前に食わせるわけじゃねーよ!w」

仁美「ww」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 22:26:56.88 ID:yXyXERvl0
さやか「ういー」ガタ

仁美「ひょーナゲットー」ヒョイ ツケツケ

さやか「あ、おいてめえ!」

仁美「うーまーいー」モグモグ

さやか「買った奴の前に食うとか!この野郎吐け!」

仁美「ええ~間接キス~?ここで仁さややる~?」クネクネ

さやか「うわうっざいコイツ!」

まどか「まあまあ…」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 22:30:07.85 ID:yXyXERvl0
さやか「で、話の続きか。どんどん闇落ちしてー」

仁美「あたしが『上条恭介君のこと、お慕いしていましたの』キリッって言ってー」

さやか「うわ似てるw」

仁美「本人w本人w」

まどか「www」

さやか「wwんwでw『こんな体で抱きしめてなんて言えない…』って言ってw」

仁美「なんだかんだで魔女倒してそのあとまどっちに八つ当たりw」

まどか「で、私がこのポーズっすねwww」ガタ クイ

仁さや「wwwwwwwwww」バンバン

仁美「すっごいよねそのポーズwww」

さやか「やばいやばいw」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 22:32:24.86 ID:yXyXERvl0
まどさや「…」

仁美「…ん?ああ!ちょっとまて!ちょっと戻って!」

仁美「そうだよ!『お慕いしていましたの』キリッのとこだって!」

まどさや(くっそ上手い感じに愚痴忘れてくれるかと思ったのに…)


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 22:34:05.09 ID:yXyXERvl0
仁美「そうなんだよー!ここでさあ、なんか弱ってるとこに付け込んで男奪ったみたいな感じにされたのー!」

仁美「いやね?最初は情報混乱するからそりゃ叩かれるかもしんないけどー!」

まどか「でも弱ったとこに付け込んだってちょっとはホントですよねあれ?」

仁美「うおおまあそうっぽいけど!少しは!少しはね!?」

さやか「でも予想以上に当時魔法少女さやかは弱ってて、魔女化の原因を作ったと」

仁美「つーか知らないことになってるから!魔法少女のことおー!」

まどか(…メンドくさい)

さやか(すげー帰りたい)


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 22:36:24.32 ID:yXyXERvl0
仁美「はあ~なんなんだよーもー!あんたら知ってるー?」

さやまど「?」

仁美「まどマギのキャラの名前でググるとさあ…」

さやか「うん」

仁美「あたしとそげぶさんの名前の時だけ1p目にアンチスレ出てくんの…」

まどさや「うわあ…」

仁美「…」

まどか「ど、どんまいです…」

仁美「あ、因みに「美樹さやか」だと関連ワードに「美樹さやかアンチ」って出てくるよ。魔法少女唯一」ニコ

さやか「おおおおおいいいい!?それ言うのかよ!?引きずり込むんじゃねえ!」ドン

まどか「www」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 22:38:43.09 ID:yXyXERvl0
仁美「もお~これは運命だわー。不人気キャラの運命!」スリスリ

さやか「すりよんなキモい~」グイグイ

仁美「もお結婚しよう!結婚!仁さやが正解やったんや!トゥルーエンドやったんや!」

さやか「離せー!」

仁美「さやかはあたしの嫁になるのだー!w」

さやか「ぶふぅwww」

まどか「はははwww微妙に似てない!w」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 22:41:44.51 ID:yXyXERvl0
仁美「あ、そーだ二人揃ってんだからそれやってよ。『嫁になるのだー』『やめてよさやかちゃんー』のやつ」

まどさや「ええ~?」

まどか「マジですか?マックの店内ですよ?」

仁美「生で見たい~」

さやか「嫌だね!ハズい!」

まどか「はい!」

仁美「なんか一個おごるからー。お願い!」

さやか「な、なんでそこまで見たいんだお前」

仁美「いいからー。あたし今テンション変なの!」

まどか「コーラに酒入ったりしてませんよね?」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 22:44:38.26 ID:yXyXERvl0
さやか「はあ…しょうがねえなあ…じゃあ一回」

仁美「ひゅーひゅー」パチパチ

まどさや(うぜえ…)


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 22:47:17.30 ID:yXyXERvl0
さやか「よーし…じゃあやるか」

まどか「あ、はい」

仁美「…」ドキドキ

さやか「…」

まどか「…」

さやか「まーどか~!///」ガバ!イチャイチャ

まどか「きゃ、ちょっとさやかちゃん!///」イチャイチャ

さやか「ええ~い!まどかはあたしの嫁になるのだ~!///」イチャイチャ

まどか「もう~さやかちゃん~!やめて!///」イチャイチャ

仁美「……」

さやか「……」

まどか「……」

仁美「…ご免。せっかくの二人っきりの休日、愚痴で邪魔しちゃって。帰るわ」ゴソゴソ

さやか「いやいやいやいやいや違う違う違う違う違う違う!!」ガタッ!

まどか「演技です演技演技演技演技演技!」ガタッ!


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 22:49:55.51 ID:9M0eT7Y20
勝手に盛り上がっておいて、勝手にテンション爆下げすんなよ


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 22:51:21.09 ID:yXyXERvl0
仁美「いや~ちょっと悪かった。茶化す感じで言って。キツかったっしょ?」

さやか「違うっつーの!」

まどか「座って!座ってください!」

仁美「気合入りすぎでしょ…あんたらそれ二人の時の素なんじゃないの?」

まどか「役者魂ですよ!」

さやか「ノーマル!あたしらノーマル!」


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 22:54:52.49 ID:yXyXERvl0
仁美「あ~で、あと何言おうとしてたっけ…」

さやか「別に思い出そうとするぐらいなら言わんでいいって」

まどか(コーラウマー)チュー


こうして…仁美さんの愚痴はこの後も30分少し続き…


仁美「まずそもそもだよ?この見た目で出してさーあ?お嬢様設定?百合っ気あり?」

まどさや「…」

仁美「そりゃ人気出るかなって期待するじゃああん!!」ゴンン

さやか(あ、メール来てたわやっべ)ポチポチ

まどか(眠くなってきたな…)

仁美「聞けってええええええ!!」

さやか「あー分かった分かった。ほむほむ呼ぶから」

まどか「あ、いいっすね。どうせ暇だろうし」

仁美「お前ら少しはメンドくさいの隠せよ…」


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 22:59:39.61 ID:yXyXERvl0
まどか「んじゃ電話しますわ」

さやか「よろ」

プルルルルル…プルルルガチ

ほむら「うあーい。どうしたーまどっちー?」

まどか「あーうんほむほむー?今何してた?」

ほむら「んー?ゼル伝ー」

まどか「やっぱねwスカウォやってみたら面白いってこの前メールしてきたし」

ほむら「で、何?クリアしたら貸してあげるけど」

まどか「いやちょっと面白いの見れるから来て見ない?マック」


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 23:01:53.72 ID:yXyXERvl0
ほむら「えー何面白いのってー?」

まどか「いやいいから来てみってー」

ほむら「何?スカウォを放り出す価値アリ?」

まどか「アリアリw」

ほむら「んーじゃあ行ってみるかあ…いつも居るマック?」

まどか「うーんじゃあなるべく早くねー」

ほむら「はーいバイバーイ」プチ


ほむら「…」

まどさや「ほむほーむ!」ブンブン

仁美「ほむ久しぶりー!」イェーイ

ほむら「どうもです」ペコ(騙されたチクショオオオ!!!仁美さんの愚痴聞かされるパターンじゃねえかこれええ!!!)


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 23:05:28.55 ID:yXyXERvl0
まどか「いやあ来てくれて助かったぞほむちゃあん!」

ほむら「この淫乱ピンクうう!よくも!これ!」

まどか「まあまあまあ」

さやか「まあまあまあ」

ほむら「うわーもっとよく考えておくべきだったー!」


今更逃げれないとほむほむも諦めて席に着きました…


ほむら(ああ、今日一気に進めるつもりだったんだけどなあ…)

仁美「ねえ聞いて!?アタシの扱いさあ、さすがにちょっと酷いんじゃね?て思うわけあ・た・し・は!」

ほむら「はあ…そうですね…」

まどか「いやー良かった助かった…」

さやか「かいほーかん!かいほーかん!」ノビー

ほむら(こいつら…)ギリ


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 23:08:51.33 ID:yXyXERvl0
仁美「んねー?まずしっかり皆見ろってー話をーって話ー」

ほむら「はい…そっすね」ゲッソリ

まどか「あたしは実はモスの方が好きだったりするんですけどー」

さやか「あ、そうなの?あたしはこのマックのジャンクな感じがいいんだよね」


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 23:11:39.95 ID:yXyXERvl0
さやか「はあ~つーか出ようもう。混んでないとはいえいい加減迷惑っしょ」

まどか「まじですね。かなり時間たってます」

仁美「誰のせいじゃ!w」

さやか「お前じゃw」ポカ

仁美「いってえっつーのw」

ほむら「ちょい淫乱!ふざけんなこの!」ガシ

まどか「淫乱言うなしw」


 外

仁美「はあ~」ノビー

さやか「どうしよっか」

仁美「カラオケ行きたいでーす!」

まどか「ああ~いいんじゃないですか」(愚痴も尽きただろうしいいかな…)

ほむら「んじゃあんこも呼びましょう」

さやか「一人ぼっちは寂しいもんな」キリッ

ほむまど仁「wwwwww」


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 23:14:56.52 ID:yXyXERvl0
さやか「はいまどっちかけてー」

まどか「了解でーす」(あたしっていつも電話かける係になるんだよな…自然の流れで)

ピリリリリ…ピリリリリ…ピリリリリ…ピプチ

杏子「………うい」

まどか「え?寝てた?」

杏子「まあうん…絶賛昼寝中でした…」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 23:18:07.88 ID:yXyXERvl0
まどか「あちゃあ悪いことした~」

杏子「まあいいよ…休日寝て終わらせるとこだったしぃ…何?」

まどか「いやカラオケ行こうと思うと思ってさ~来る?」

杏子「ああ~めんどいな…」

まどか「あっそう…んじゃあいいやー」

杏子「ああーちょい待ち!やっぱ行くわ!後で。「一人後で来ます」的な感じにしといて」

まどか「え?じゃあちゃんと来るのね?」

杏子「ああうん行く行く…行くからもうちょい寝る…」

まどか「じゃあ来るってことにしとくからね!いいね!」

杏子「おお。じゃあ」プチ

杏子「…ああ~寝とこ…」


まどか「なんか来るっつってますけど微妙ですね」

さやか「そうやって宙ぶらりんな約束して後々メンドくさい事態になるパターンですねえ~」

仁美「あるあるw」


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 23:23:08.07 ID:yXyXERvl0
 カラオケ

仁美「ああ、はい。四人…ああいや後で一人来て五人です…はい一人。後で」

まどか「ほむって必ず最初演歌歌うよねw」

ほむら「いや良いんだってw喉が開くの~w」

さやか「迷わず津軽海峡いくからねwひゅひゅってこの動きw」ヒュヒュ

ほむら「いいじゃないすか別にw」

仁美「ほい行くぞーい」


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 23:27:19.03 ID:yXyXERvl0
ほむら「上野発の夜行列車降りたときから~♪」

まどか「そして上手いというw」

さやか「魔法少女えんか☆ほむらwww」

ほむら「ぶふっwwwちょっとwww」

さやか「すまんwすまんw」

仁美「はいまどっち。頼んで」スッ

まどか「あ、どうもーえーと、な・に・に・し・よ・お・か・な~と…」


仁美「いやしかしね~?」

さやか「おいマジか」

仁美「いや違うw愚痴じゃないから今度はw」

まどか「www」

ほむら「はい次仁美さんですよ」

仁美「マジか!タイミーング!w」

ほむら「www」


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 23:29:31.88 ID:yXyXERvl0
king crimson!

さやか「ああ~一旦ここで曲切ろう!休憩たーいむ!」

仁美「いえー」

まどか「うあちょっと横になります…」グデ

仁美「うおおまどっち~そんな姿見せられると野獣が目覚めちまうぜ~」ガバ

まどか「ちょちょwやめてくださいってw」

仁美「よいではないかよいではないかw」

ほむら「なんか食い物頼みましょー」

さやか「おおピザ頼んで皆で食おう」


69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 23:32:27.48 ID:yXyXERvl0
仁美「はあ…じゃあまどマギ談義しますかー」モチャモチャ

さやか「愚痴は勘弁ですけどー」モチャモチャ

仁美「いやwだからもう愚痴言わないってw」

まどか「じゃあ何なんです?」

仁美「それはヒットの要因の一つ!百合だー!」

ほむら「ああーまあ確かに百合厨にもウケましたねーでも…」

ほむまどさや「……」

仁美「分かってる…分かってる…」

仁美「君らが百合カプの話の後ちょっと関係が気まずくなるということは十分分かってる…w」

まどか「んじゃなんでやるんすか!w」ビシ

仁美「いやwあたしは百合カプにあんまノミネートされないからw痛くも痒くもw」

さやか「こいつw」バシ

ほむら「最低っすよw」パシ

仁美「痛い痛いw」


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 23:34:42.56 ID:yXyXERvl0
仁美「んでじゃあ、まず「ほむまど」ですね最初は」

ほむまど「…」

仁美「はい既にちょっと気まずそうーwうけるーw」

まどか「もううっざいこの人!」

さやか「変態ほむらさん?ピザ食わんの?w」

ほむら「変態じゃないですって!二次創作っすよ!」

仁美「パンツwパンツ盗めw」

ほむら「もうやだー!次行きましょうよ次ー!」


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 23:37:29.21 ID:yXyXERvl0
仁美「いやで、これが実際一番人気?」

さやか「だろうね。公式のツーショット絵多いし」

まどか「まあ…はい…」

ほむら「…」モチャモチャ

さやか「何あんた食うのに専念してんの?www」バシ!

仁美「時が過ぎ去るの待ってる感じ?www」

ほむら「もういいからー!構わないでー!」ウワァァ!


74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 23:40:29.95 ID:yXyXERvl0
仁美「えーと?次はやっぱ杏さや?」

さやか「…」

まどか「どうして黙ったんですかー?w」イェーイ

ほむら「どーしたんすかー?wどーしたんすかー?w」イェーイ

さやか「うぜえええお前ら!うぜえええええ」

ほむまど「wwwwww」


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 23:42:25.28 ID:yXyXERvl0
仁美「これは主にあれですね。あんこがさやかを死姦する感じw背徳感www」

ほむまど「wwwwww」バンバン

さやか「やーめろって!「一緒にいてやるよ」とかあるじゃん!まどマギの感動シーンの一つじゃん!杏子ちゃんマジ聖女!」

ほむら「えー?w好きなんすか?w聖女とか言っちゃう位www」

まどか「うわああリアルレズっ娘すかーwww」

さやか「ほむお前ええ!悪かったって変態とか言ってー!謝るから!」

ほむら「いや関係ないっすけどwいやあリアルとはーw」

さやか「くっそお…」

まどか「元気だして下さいよw『一緒に居てやるよ』キリッって言ってみたらどうですか?w」


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 23:44:49.72 ID:yXyXERvl0
仁美「wwwで、やっぱり『ほむまど』、『杏さや』の二強ですな」

「…w」

仁美「やっぱり巴さん余るんだねえw」

「ぶふぅwwwwww」


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 23:46:41.64 ID:yXyXERvl0
まどか「徹底したボッチキャラっすねw」

さやか「先に死んだから他キャラとの絡み少ないしw」

仁美「そうそうw」

まどか「『もう何も怖くない!』キリッwwwwww」

さやか「結構似てるんだけどwww」

仁美「はあ~ウケるwww」

ほむら「ま、リアルだとあの人だけ彼氏(そげぶ)ゲットして一人勝ちですけどねw…」

まどか「…」

さやか「…」

「………」

仁美「…頑張ろうぜ」

「…ういっす」


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 23:49:13.40 ID:yXyXERvl0
仁美「んで次?主なカプの最後は~『まどさや』ですねw」

まどさや「…」

仁美「さっき二人っきりだと一話のようにイチャついてるのが判明しましたが~」

まどか「だから!役者魂ですって!」

さやか「誤解!誤解!」

ほむら「…」スト

さやか「おいなんで今ちょっと距離とった!?」

ほむら「あ、いや触らないでください。あたしノーマルなんで」

さやか「あたしだってノーマルだわ!」

ほむら「はあ~ピザ最後食っていいですか仁美さん?」

仁美「おっけーw」

さやか「聞けよ話いい!!」


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 23:51:55.06 ID:yXyXERvl0
仁美「まあ劇中ではまどっちはヤンデレの如くさやかを付回し」

ほむら「あげくフられ」

仁美「思い人は魔女化&ポッと出と心中」

まどか「言い方酷くないっすか…」

仁美「しかーし!それを上回るヤン百合少女!暁美ほむら!コイツの必死すぎるアプローチに折れるう!!」

まどか「だから言い方!」

ほむら「あたしがイジられる時間は過ぎたと思ってた…」

仁美「私はあなたを助けたいわけじゃない…あなたが破滅していく姿をまどかに見せたくないだけ…」キリリィ

さやか「あんたQBの次に酷いこといっぱい言ってたね。劇中で」

ほむら「いやすいません…」

まどか「つーかあれですよね。まどマギって過去かなりアレでも許されてるキャラ多いっすよね。まあ主にほむとあんこ」

さやか「なんかDBのべジータみたいな。まあアレは暗い過去みたいの無いけど」

仁美「んじゃあ一方通行みたいな感じ?w」

まどか「ちょっとwそれはw」

ほむら「ぶっ飛んでますよwあれはw」


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 23:54:24.71 ID:yXyXERvl0
プルルルルル、プルルルルル…

まどか「え?」

仁美「おわー!5分前じゃん!」

さやか「話しすぎたなー。んじゃ出るか」

ほむら「あ、はい。はい、じゃあ出ますんで」ガチャ

仁美「よし片付けー」

さやか「うーい…」

まどか「…」

ほむら「…」

仁美「…」

「「「「あんこ来てねーし!」」」」


杏子「ぬわー!!ミスったあああ!!寝てたあああ!!」ダダダダダ


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 23:56:21.83 ID:yXyXERvl0
 外

まどか「あー…解散ですかあ~」

さやか「せやなー」

仁美「結局あんこの分あたしの払いだし!つーか来てない奴の分も払えってどういうことだよ!」

ほむら「理不尽っすねえ…」

杏子「すいま…っせええええん!!」タッタッタ…

仁美「ああ!てめえ!」

杏子「す、すいま…せ…うええ…」ゼェゼェ

まどか「どんだけ本気の走り見せてんのww」

杏子「だっw…だって…w」ゼェゼェ

ほむら「迷ったら断っておけば良かったんだって」

さやか「ま、あたしの予感は的中ーと」


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/04(土) 23:58:49.08 ID:yXyXERvl0
杏子「ああ~ホントスイマセン…」

仁美「まあいいよ。代わりに今度あたしの愚痴に付き合え」

杏子「ぬえええ?」

さやまどほむ「www」

さやか「ま、皆分かれるとこまで一緒に行きますか」


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/05(日) 00:01:03.53 ID:CM4LdykA0
スタスタスタ…

仁美「あたしはさ」

さやまどほむ杏「?」

仁美「なんだかんだ文句言うけど、この作品出演出来て良かった…」

さやか「…そっか。あたしも」

仁美「本編見直すとさ、『あーこういうビックタイトルの一部分になれてるんだよなあ』って」

まどか「なるほど」

仁美「ま、劇場版もあるし、そんときはまた現場で顔つき合わせて頑張るべ!」

ほむら「そうですね!」

杏子「よろしくです!」ピシ


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/05(日) 00:03:37.86 ID:CM4LdykA0
ピタ…

さやか「あ、ここで皆お別れか」

仁美「おーう!また今度集まろう近いうちにw」

まどか「愚痴は勘弁っすよw」

ほむら「ま、今度は巴さんも呼んで鍋でもしましょうよ」

さやか「いいねえ鍋。カキ食いてー」

仁美「冬はチゲって決まってんよー?」

ハハハ…

仁美「んじゃバイバーイ!」

さやか「バイビーwなーんてw」

ほむまど杏「さよならー!」


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/05(日) 00:07:55.20 ID:C6mt7k4c0
仁美「ふう…」

さやか「まどマギメンバー殆ど集まったねー偶然ながら。今日はさ…」

仁美「まあねー…」

仁美「しかし…いい仲間出来たなー」

さやか「そーだねえ…皆言い奴だ…」

仁さや「…」ニヤ

仁美「…明日からも、心機一転。がーんばりますかー」ンー

さやか「そーやね。がーんばりましょ!」

終わり








仁美「この後あたしんちでサシで愚痴り合うかあ?」

さやか「ああそれはいいわw」

仁美「なーんでだよーw」


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/05(日) 00:12:15.99 ID:3GHUPmX60

仁美ちゃんマジ姉御


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/05(日) 00:13:23.87 ID:PZ75/7LWO

面白かった


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/05(日) 00:29:02.05 ID:s3rcZKq20
乙乙乙


魔法少女まどか☆マギカ 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
魔法少女まどか☆マギカ 3 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

魔法少女まどか☆マギカ アンソロジーコミック (1)
魔法少女まどか☆マギカ アンソロジーコミック (1)




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「まどかマギカ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2012/02/08(水) 00:28:30

    悪い子じゃないけどタイミング最悪トリオが仲良いと和む。


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ