Powered By 画RSS


女勇者(レズ)「安価で魔王ちゃんとあそびます」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/04(月) 23:58:42.423 ID:/DO5LIwk0.net
女勇者「春なので>>4でもしましょうか!」




4 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/04(月) 23:59:39.675 ID:2P4lsSB50.net
コンビニバイト


6 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:01:42.284 ID:j62tAr+Y0.net
女勇者「コンビニバイトでもしましょう!」

女魔王「嫌よ」

女勇者「えー」

女魔王「どこで雇ってもらうのよ」

女勇者「ほら、魔王城の地下にあるじゃないですか!」

女魔王「ああ……じゃあちょっと聞いてくるわね?」


女魔王「ねえ、バイトしたいんだけど」

店長「>>9


9 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:03:36.445 ID:Zg8pl3hZ0.net
なぜこのバイトを選びましたか?


10 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:07:08.642 ID:j62tAr+Y0.net
店長「なぜこのバイトを選びましたか?」

女魔王「えっ……」

店長「お答えください」

女魔王「……わ、私はアルバイトの経験がなく!今回が初めてとなります!今後社会に出るものとして、いかなる経験を積めるかと考えた時に……」

女勇者「様々な業務内容のあるコンビニエンスストアと言う選択肢を見つけました!接客、品出し、発注、働くためのスキルを多く身につけ、またお客様や仲間達とコミュニケーションを取ることで自己をより高めていこうと思った次第でありますっ!」ヒョコ

店長「ふーむ……じゃあ>>12


12 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:07:55.749 ID:jvkkwwbaa.net
男とセックス


15 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:10:47.820 ID:j62tAr+Y0.net
店長「男とセックス」

女勇者「は?」

店長「今から僕が男とセックスするので見ててください」

女魔王「ええ……」

店長「オークくん!」

オーク「うっす」

店長「頼んだよ」ペロン

オーク「わかったっす」パンパンッ

店長「んほぉ♡」ビクンビクン

女勇者「ま、魔王ちゃんは見ちゃダメです……」

女魔王「も、もうやだぁ……おうちかえるぅ……」


16 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:11:36.034 ID:j62tAr+Y0.net
女魔王「晴れて店員になれたわ……」ゲッソリ

女勇者「がんばりましょう……」ゲッソリ

バイトリーダー「まずは>>18をしてもらうよ」


18 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:11:53.201 ID:FL6457K50.net
陳列


20 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:13:54.745 ID:j62tAr+Y0.net
バイトリーダー「陳列をしてもらうよ」

女勇者「分かりました!」シャキッ

女魔王「どこの棚からやれば?」

バイトリーダー「日用品の検品が終わってるからそれをお願い」

女勇者「はい!」

女魔王「それが終わったら?」

バイトリーダー「声かけてくれるかな」

女魔王「分かりました!がんばりましょう?」

女勇者「はい!」


21 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:15:08.277 ID:j62tAr+Y0.net
女勇者「うへぇ、こんなにあるんですか……」

女魔王「量は多いけど種類はそんなに多くないから大丈夫よ、さっさとやっちゃいましょ?」

女勇者「はーい……」

女魔王「あれ……これ何?」ヒョイッ

女勇者「これは……>>24ですかね?」


24 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:16:27.039 ID:FL6457K50.net
エロ本(レズもの)


27 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:18:26.738 ID:j62tAr+Y0.net
女勇者「これはエロ本ですね」

女魔王「きゃー!なんてもの混ざってるのよ!/////」

女勇者「表紙から見るにレズ物です」

女魔王「れ、れずもの?ってなに?///」キョウミシンシン

女勇者「そんなこと魔王ちゃんは知らなくていいんです」

女魔王「教えて!私ももうオトナだもん!///」

女勇者「はぁ……>>31ですよ」


31 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:20:22.693 ID:FL6457K50.net
未来の私たち


34 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:22:03.105 ID:j62tAr+Y0.net
女勇者「未来の私たちですよ」

女魔王「えっ?」

女勇者「だから、未来の私たちはこういう感じなことをしてるんです!」

女魔王「……えっちなほん、みたいな?」

女勇者「はい、つまりこれは予言書です」

女魔王「……う、うううううそでしょ!?私と勇者ちゃんが!?!?/////」

女勇者「問題ありますか?」

女魔王「え……>>35だよ……/////」


35 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:22:26.593 ID:FL6457K50.net
まだ早いと思うん


36 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:24:42.825 ID:j62tAr+Y0.net
女魔王「ま、まだ早いと思うんだ……私たちほら、今はただのお友達だし……/////」テレテレ

女勇者「だから未来のって……」

女魔王「えっとね、大人になったらこういうことするのも変じゃないのかも……だけど……ほ、ほら、私たちまだ子供だし……こういうのはおあずけ、ね?/////」

女勇者「……まあ、よしとしましょうか……」

女魔王「……お、大きくなったら……しても、いいよ?/////」ギュッ

女勇者「……そ、そう、ですか……/////」ドキッ


37 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:25:51.352 ID:j62tAr+Y0.net
バイトリーダー「じゃあ時間だから上がっていいよ、お疲れさま」

女勇者「お疲れさまでーす!」

女魔王「意外とあっという間だったわね」

女勇者「そうですね、暇ですし遊びに行きましょうか」

女魔王「どこ行くの?」

女勇者「>>41ですっ!」


41 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:27:43.558 ID:FL6457K50.net
魔王の家


42 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:30:22.552 ID:j62tAr+Y0.net
女勇者「魔王ちゃんのおうちです!」

女魔王「えっ!?来るの!?」

女勇者「さっき帰りたいと言っていたので」

女魔王「ちょ、ちょっと待ってね、ママに電話する……」


女魔王「……いいってさ」ムスー

女勇者「なんで怒ってるんですか?」

女魔王「おこってない!いこ!」ギュッ

女勇者「あ、ちょっと……」

女魔王(ママのバカ!なにが彼女連れてくるよ!勇者ちゃんとはまだそんな関係じゃないっつーの!///)プンスコ


43 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:32:19.311 ID:j62tAr+Y0.net
女魔王「どうぞ」

女勇者「おじゃましまーす」

魔王母「いらっしゃい、狭い家だけどゆっくりしていってね?」

女勇者「これで狭かったら私の家は蜂の巣の一室ですよ」

女魔王「私のお部屋わかるでしょ?先上がってて」

女勇者「はーい」


女勇者「はろー魔王ちゃんのお部屋ー」ガチャッ

女勇者「んー!魔王ちゃんの香りがしますね」

女勇者「……あれ?これは>>48です」


48 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:34:25.567 ID:2v+iE4sUp.net
誰かの指紋


51 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:37:05.673 ID:j62tAr+Y0.net
女勇者「……誰かの指紋です」

女勇者「……まさか、魔王ちゃん……」

女勇者「私以外に恋人が!?」ガーン

女勇者「そ、そんなっ……もうだめです……死ぬしかありません……」

女勇者「てっててー!ゆうしゃは でんせつのつるぎドラゴンカリバーを そうびした!」

女勇者「お父様……お母様……勇者は悪い娘でした……どうかお許しください……」フルフル

女魔王「わ、わーっ!!!ちょっと!!!!なにやってんの!?」ドタドタ

女勇者「こ、ここに……魔王ちゃんの彼氏の指紋が……」ガクガク

女魔王「それは>>53よ!!」


53 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:38:02.091 ID:FL6457K50.net
お母さんの指紋だ


54 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:40:15.301 ID:j62tAr+Y0.net
女魔王「マ……お、お母さんの指紋だよ!」

女勇者「えっ?」

女魔王「うちのお母さん勝手に私の部屋に入って掃除してくの……」

女勇者「そ、そうだったんですか」ホッ

女魔王「だいたい私彼氏なんかいないし!……ゆ、勇者ちゃんがいるから……/////」ボソッ

女勇者「へ?」

女魔王「な、なんでもないっ!/////」

女勇者「なんかさっきから隠し事が多くないですか?」

女魔王「きのせいよ……ってあー!!!!」

女勇者「どうしました?」

女魔王「わ、私の大事な>>56がなくなってる!!」


56 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:40:58.097 ID:P0xiz5qt0.net
お財布


57 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:43:05.818 ID:j62tAr+Y0.net
女魔王「お財布がない!!!」

女勇者「ええっ!?」

女魔王「まさか……」キッ

女勇者「ち、違いますよ!今入ってきたばっかりですし!!」

女魔王「……だよねぇ、じゃあマ…お母さんかな?」

女勇者「聞いてきたらどうです?」

女魔王「うん……ママー!じゃないお母さーん!お財布知らなーい!?」

魔王母「>>61


61 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:45:32.441 ID:2v+iE4sUp.net
デート代入れといたぜよ


64 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:48:50.694 ID:j62tAr+Y0.net
魔王母「ごめんごめん、ちょっと借りてた」

女魔王「えー!?お金とったの!?」

魔王母「取るわけないでしょ?あ、中に入ってた勇者ちゃんの写真よく撮れてるわね」

女魔王「ちょ!勝手に見ないでよ!/////」

魔王母「ふふ、デート代入れといたぜよ」ボソボソ

女魔王「ふぇ!?/////」

魔王母「うまくやんなさいよ?応援してるからね」

女魔王「よ、余計なことを……!/////」


女勇者「お財布ありました?」

女魔王「うん、お母さんがもってた……/////」

女勇者「なんで顔真っ赤なんですか?」

女魔王「知らないわよ!////」

女勇者「やっぱりなにか隠してる……」

女魔王「そ、そんなことより!>>67しましょ!ね?」


67 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:50:15.271 ID:FL6457K50.net
お食事


68 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:53:27.713 ID:j62tAr+Y0.net
女魔王「お食事しましょ?お腹減っちゃったわ」

女勇者「そうですね、そういえばバイトしてから何も食べてませんでした」

女魔王「お母さ……はどうせ絶対外で食べてこいって言うし……ね、どこかに食べに行かない?」

女勇者「いいですけど、私あんまりお金ないですよ」

女魔王「……お、奢っちゃうわよ!私が!(ママのお金だけど!!)」

女勇者「ええっ!?そんな悪いですよ!」

女魔王「いいの!たまにはかっこいいとこ見せないと……」

女勇者「そんなことしなくても充分かっこいいのに……」

女魔王「いいからっ!何食べたい?」

女勇者「えーと、じゃあ……>>72が食べたいです!」


72 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:55:38.070 ID:P0xiz5qt0.net
ジャンボパフェ


74 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 00:58:50.142 ID:j62tAr+Y0.net
女勇者「ジャンボパフェが食べたいです!」

女魔王「ジャンポパフェ?」

女勇者「ほら、魔界名物の……なんて言いましたっけ、なんとかいちごの入った……有名な……」

女魔王「らぶらぶいちご?」

女勇者「そうそれそれ!カップルで食べきったら無料のやつ!」

女魔王「ええっ!?か、カップルぅ!?/////」

女勇者「だめですか?」

女魔王「……ま、まぁ、いいけど……/////」

女勇者「わーい!じゃあ行きましょう!」

女魔王「……えっと、私が案内するから……付いてきて、ね?」

女勇者「はい!」

女魔王「はぐれると良くないから……あの、手……つなご……////」

女勇者「あっ、なるほど!よりカップルらしいですね!」

女魔王「うう……/////」


76 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:00:13.217 ID:j62tAr+Y0.net
店員「いらっしゃいませ!」

女勇者「ジャンボパフェひとつ!」

女魔王「スプーンふたつください」

店員「カップルのお客さんですか?」

女勇者「はい!」

女魔王「あ、あの、女同士でも大丈夫ですかね……///」

店員「>>80です」


80 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:02:19.657 ID:2v+iE4sUp.net
ラテン語の「copula コプラ」という名詞や「copulare コプラーレ」という動詞に由来する。 「co」+「apere」が短縮したものであり、「co」は「一緒」、 「apere」はつなぐ、という意味[2]。つながって一緒になっているもの、という意味となったわけである。


82 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:03:52.140 ID:tp4qaxyu0.net
突然カップルうんちくを語り出す店員魔界クオリティ


83 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:05:42.923 ID:j62tAr+Y0.net
店員「カップルの語源は?ラテン語の「copula コプラ」という名詞や「copulare コプラーレ」という動詞に由来する。
「co」+「apere」が短縮したものであり、「co」は「一緒」、 「apere」はつなぐ、という意味[2]。
つながって一緒になっているもの、という意味となったわけである。」

女魔王「え??」

店員「つまり繋がって一緒にいるおふたりさんなら大丈夫ということです」ニコッ

女勇者「ほんとですか?やったー♪」

女魔王「よかったわね!えへへ、つながってる、かぁ……/////」


84 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:08:28.050 ID:j62tAr+Y0.net
店員「おまたせしましたー!特製らぶらぶいちごのジャンボパフェでーす」ドーン

パフェ「やあ」

女勇者「でっか!!」

女魔王「すごいわね……」

女勇者「でも食べますよ!おいしそうです♡」ジュルリ

女魔王「そうね、がんばりましょう!いただきますっ」

女勇者「いただきまーす!……あ、そうだ」

女魔王「ん?」

女勇者「パフェといったらあれですよ!」

女魔王「……ああ、あれ?やる?///」

女勇者「当たり前です!今はカップルなんですから!」

女魔王「そうね……じゃ、しましょうか、>>86……///」


86 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:10:38.929 ID:o52zHfYA0.net
ストロー差してクリームをぶくぶくやる


88 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:14:04.270 ID:j62tAr+Y0.net
女魔王「ストロー刺してクリームをぶくぶくぶくーってやるやつ……///」

女勇者「……え?」

女魔王「まさか勇者ちゃんが魔界のお約束を知ってたなんて……知ってる?この風習は200年前からあるのよ!怪人タツノオトシゴカイザーがはじめて人間界のパフェを食べた時に細長い口でクリームをぶくぶくぶくーってやったのが始まりで……」

女勇者「そ、そうなんですか……知りませんでした……」

女魔王「ね、やる?やっちゃう?」ウキウキ

女勇者「……>>91


91 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:16:09.441 ID:xKu9EEotp.net
スーパーサイヤSEX中だし界王元気玉


94 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:17:55.482 ID:j62tAr+Y0.net
女勇者「スーパーサイヤSEX中だし界王元気玉」

女魔王「え?」

女勇者「私もひとつ人間界の面白い話をしてあげますよ!スーパーサイヤSEX中だし界王元気玉というのがあってですね……」

女魔王「でもパフェ溶けちゃうよ」

女勇者「あっそうだった……じゃあ>>94ですね」


96 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:18:07.925 ID:j62tAr+Y0.net
再安価>>98


98 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:18:45.298 ID:2v+iE4sUp.net
普通に食べさせあいっこ


99 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:21:35.261 ID:j62tAr+Y0.net
女勇者「……普通に食べさせあいっこしましょう」

女魔王「そうね、そもそもぶくぶくさせるの汚くなるからやだし……」

女勇者「じゃあ私から!あーん」

女魔王「……あ、あれ?まって?」

女勇者「はい?」

女魔王「いやなんかさらっと言ったけど!食べさせあいっこって恥ずかしくない!?/////」

女勇者「カップルなのでいいんです」

女魔王「うう、そ、そうかなぁ……わかった////」

女勇者「じゃあはい、改めてあーん」

女魔王「あ、あーん……/////」ドキドキ

女勇者「どうぞ!」

女魔王「はむっ!/////」

女勇者「どうですか?」

女魔王「緊張しすぎてぜんぜん味わかんない!/////」ドキドキ


101 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:23:30.746 ID:j62tAr+Y0.net
女魔王「次は私のばんね!はい、あーん♡」

女勇者「ノリノリですね」

女魔王「うるさい!恥ずかしいの紛らわしてんのよ!/////」

女勇者「そうですか」

女魔王「気を取り直して……はい、あーん♡」

女勇者「あーん……はむっ!んー♡おいしーですっ♡」

女魔王(か、かわいい……/////)ドキドキ

女勇者「おいしいですねっ!」

女魔王「え!?そ、そうね!かわいい!/////」

女勇者「か、かわいい?」

女魔王「間違えたおいしい!/////」


102 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:25:03.470 ID:j62tAr+Y0.net
女勇者「あーん♡」

女魔王「はむ//」


女魔王「どーぞ♡」

女勇者「んー♡」


女勇者「おくちあけてー?」

女魔王「はーい♡」


女魔王「……く、くちうつしも、する?/////」

女勇者「し、しましょうか……/////」


105 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:28:29.498 ID:j62tAr+Y0.net
女勇者「げふっ……」

女魔王「お、お腹いっぱい……」

女勇者「あとちょっとですよ、がんばりましょう……」

女魔王「ううっ、かなり厳しい……」

女勇者「じ、実は私も……」

女魔王「……らぶらぶいちご、最後までとっといてよかったね」

女勇者「へ?」

女魔王「知らない?初恋みたいに甘酸っぱくて味が濃いかららぶらぶいちごって言うんだよ」

女勇者「そうなんですか!」

女魔王「だからね、これをちょっと割ってあげると……」

女勇者「わ!すごい果汁!」

女魔王「はい、あーん」

女勇者「あーん……ん!ぜんぜん違う味です!」

女魔王「ほんと?私にも、あーん」

女勇者「はいっ、あーん」

女魔王「はむっ……ほんとだ!あまずっぱい!」

女勇者「えへへ、初恋ってこんな感じなんですかね?」

女魔王「初恋にしては甘すぎかな?なんちゃって」


106 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:30:39.041 ID:j62tAr+Y0.net
女勇者「こ、これで……最後!」

女魔王「あーん……ぱくっ!」

女勇者「ふぅっ……」

女魔王「ごっくん……ぷはぁっ!」

女勇者「た、食べ終わりました……!」

女魔王「やったー!いえいっ!」

女勇者「いえーい!」パチンッ

店員「おめでとうございます!完食されたカップルの方にサービスがありますよ!」

女勇者「サービス?無料になるだけじゃなくて?」

店員「>>108ですっ!」


108 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:31:25.186 ID:kIw1lPKr0.net
ラブホが無料


109 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:35:19.328 ID:j62tAr+Y0.net
店員「当社が経営しているホテルのペアご優待券でーす!」

女魔王「ほてる?泊まるの?」

女勇者「こ、これ!ラブホじゃないですか!/////」ヒソヒソ

店員「そうですよ?お楽しみください♪」ニコッ

女魔王「私お泊まり好きー!」

女勇者「じゃ、じゃあ、泊まっていきましょうか……/////」

店員「あとこれ、らぶらぶいちごエキス配合のあめちゃんですよ!よかったらどうぞ」ヒソヒソ

女勇者「え、エキス?///」ヒソヒソ

店員「ご存知ないですか?らぶらぶいちごって媚薬の効果があるんですよ」ヒソヒソ

女勇者「えーっ!?/////」

店員「彼女さんもそろそろ疼いてくるでしょうし、早くしてあげてください」ニコッ

女勇者「う……わ、わかり、ました……/////」

女魔王「勇者ちゃんいこいこー♪」


112 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:37:16.668 ID:j62tAr+Y0.net
女魔王「わー!綺麗なお部屋!ねー見て見て!カラオケある!」

女勇者「そ、そうですね……」

女魔王「でもなんでホテルなのかしら?」

女勇者「……あ、あの、魔王ちゃん……」

女魔王「ん?」

女勇者「教えてあげますよ……>>115ってことです!/////」


115 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:38:52.585 ID:FL6457K50.net
お客様にゆっくりしてもらいたい


117 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:40:55.153 ID:j62tAr+Y0.net
女勇者「お、お客様にゆっくりしてもらいたいってことです!お腹いっぱいでしょ?」

女魔王「うん!なるほどね、このまま帰ったら気持ち悪くなっちゃいそう」

女勇者「そ、そういうことなんです……」

女魔王「……ってことは、今日は勇者ちゃんとふたりっきり?」

女勇者「そ、そう、ですね……」

女魔王「……まじ?」

女勇者「まじです……」

女魔王「……やばくない?」

女勇者「やばいです……」

女魔王「……>>120


119 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:41:28.480 ID:FL6457K50.net
あ、飴あるけど食べる?


120 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:42:00.774 ID:FL6457K50.net
>>119


121 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:44:11.879 ID:j62tAr+Y0.net
女魔王「……あ、飴あるけど食べる?さっき貰ったの」ガサガサ

女勇者「あ、それ私ももらいました……」

女魔王「そうなんだ……あーん」パクッ

女勇者「あれ?自分で食べるんですか?」

女魔王「……わかる、よね?///」

女勇者「……ああ……///」

女魔王「……あーん……///」

女勇者「あーん……ちゅっ……///」

女魔王「……はむっ、ちゅ……ぺろ……/////」

女勇者「れろっ、くちゅ、ぷは……はむ、じゅるっ……/////」


123 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:45:17.799 ID:j62tAr+Y0.net
女勇者「…………/////」ボーッ

女魔王「…………/////」ドキドキ

女勇者「……魔王、ちゃん……/////」

女魔王「……なに……?////」

女勇者「……わたし……>>126、したい……です……/////」


125 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:46:27.597 ID:tp4qaxyu0.net
実は魔王ちゃんをめちゃくちゃに


126 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:46:41.802 ID:FL6457K50.net
>>125


129 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:49:40.270 ID:j62tAr+Y0.net
女勇者「……じつは、魔王ちゃんを……めちゃくちゃに、したい、です……/////」

女魔王「……わたしたち、気が合うのかな……?/////」

女勇者「……/////」

女魔王「えへへ、私も……めちゃくちゃにされたい気分なの……/////」カァッ

女勇者「……魔王ちゃんっ……!/////」

女魔王「……きて……おねがい……/////」

女勇者「……ちゅううううううっっっ……//////////」

女魔王「んっ……ん……ん、んっ……//////////」

女勇者「…………はぁっ……/////」タラッ

女魔王「ぷは……あ、いと……ひいてる……/////」

女勇者「つながって……いっしょに……なって、ますね…/////」

女魔王「あはは……カップルだぁ……/////」

女勇者「ええ……カップルです……/////」


130 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:50:24.184 ID:j62tAr+Y0.net
どうする?
>>134


134 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:51:19.908 ID:FL6457K50.net
もっと激しく


138 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:54:53.595 ID:j62tAr+Y0.net
女勇者「……いい、ですか?」

女魔王「うん、私子供だから……勇者ちゃんに、まかせるね?」

女勇者「分かりました……んっ、ちゅ……」

女魔王「ちゅーするの、好きだね……」

女勇者「魔王ちゃんも、好きでしょう?」

女魔王「……うん///」

女勇者「さ……脱がしますよ……」

女魔王「いいよ……」

女勇者「……きれいな肌……白くて……ソフトクリームみたいです……」

女魔王「ふふ、勇者ちゃんも……白玉みたいなほっぺ……」

女勇者「……ブラも、外していいですか……?」

女魔王「うん……見て欲しい……/////」

女勇者「……わかり、ました……んしょっ……」

女魔王「……ん……///」

女勇者「すごい……綺麗で……あったかいです……///」

女魔王「ふふ、ありがと……///」


143 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 01:58:11.628 ID:j62tAr+Y0.net
女勇者「魔王ちゃんのいちご……いただきますっ……はむっ……」

女魔王「ん……///」

女勇者「……おいしい……あまいです……」

女魔王「勇者ちゃん……もっと、つよくして……////」

女勇者「わかりました……ちゅうっ、ちゅっ、ちゅぱっ……」

女魔王「くふぅぅ……っ……/////」

女勇者「……声、我慢しなくていいですよ?魔王ちゃんの可愛い声、聞きたいです……」

女魔王「……うん……///」

女勇者「……はむ、こりっ」

女魔王「んひゅうっ!?/////」

女勇者「ふふ、可愛い……♡」

女魔王「あ、あっ……ん……ぅぁああああ……!/////」


146 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 02:01:27.261 ID:j62tAr+Y0.net
女魔王「ね……こっちも……/////」

女勇者「いいん、ですか……?」

女魔王「うん……がまん、できない……/////」

女勇者「わかりました……さわり、ますね?」

女魔王「いいよっ……さわってぇ……」

女勇者「……わ……すごい、びちょびちょです……///」

女魔王「や、やぁ……うそっ……///」

女勇者「ほら、こんなになってます……」

女魔王「み、みせないでぇ……/////」

女勇者「私で、こんなになってくれたんですね……嬉しい……ちゅっ……/////」

女魔王「ん……ちゅっ……/////」

女勇者「……じゃあ、お返しに……いーっぱい、気持ちよくしてあげます……♡」

女魔王「うん……おねがいっ……/////」


150 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 02:04:33.087 ID:j62tAr+Y0.net
女魔王「…………ぅあああっ……!/////」

女勇者「あは、イっちゃいましたか……?」

女魔王「うん……はじめて……/////」

女勇者「嬉しい……うれしいです……」

女魔王「ね、もっと……めちゃくちゃにして……/////」

女勇者「はい……もう、私も我慢できません……!///」

女魔王「んんんっ……!ぐ、ぐるぐるするぅ……クリーム、みたい……/////」

女勇者「もっと、ほしいですか?」

女魔王「うん……ぶくぶく、あわあわってなっちゃうくらい……おねがい……/////」

女勇者「わかりました……いきますよっ……!」


151 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 02:06:52.761 ID:j62tAr+Y0.net
女魔王「ねぇ……今日、えっちなほん見た時……/////」

女勇者「はい……」

女魔王「私ね、勇者ちゃんと……ああいうことしたい、って、思っちゃった……/////」

女勇者「……私も、ですよ……/////」

女魔王「……だから、いま、こうやって……勇者ちゃんと、一緒になれて……ほんとうに、うれしいの……///// 」

女勇者「……わたしも、うれしいです……えへへ、魔王ちゃん……/////」

女魔王「……だいすき、だいすきだよ……/////」

女勇者「はい……ずっと、一緒にいましょうね……/////」


152 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 02:09:11.051 ID:j62tAr+Y0.net
女勇者「っ……わ、わたしもっ、イきそうですっ……!///」

女魔王「ねえ、いっしょにっ、て、つないで……いっしょに、イこっ……!/////」

女勇者「はいっ……いっしょにっ、いっしょに……!/////」ギュッ

女魔王「ゆうしゃっ、ちゃんっ……!/////」

女勇者「まおうちゃぁぁ……んっ……!/////」

女魔王「ーーーーーー…………♡♡♡♡♡♡♡♡」

女勇者「っっっっっ…………♡♡♡♡♡♡♡♡」


158 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 02:11:51.919 ID:j62tAr+Y0.net
女勇者「……はぁ……はぁ……/////」

女魔王「……ふぅ……ふぅ……/////」

女勇者「……えへへ……/////」ピトッ

女魔王「……勇者ちゃん……/////」

女勇者「はい……?/////」

女魔王「……手、繋いでてくれて……ありがとう……/////」

女勇者「こちらこそ……ありがとう、ございます……/////」

女魔王「あのね……もう、一生離れない……いい、かな……?////」

女勇者「あはは、私が離れないのに……どうやって、離れるつもりですか……?/////」

女魔王「……勇者ちゃん……/////」

女勇者「……魔王ちゃん……/////」


161 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 02:14:00.425 ID:j62tAr+Y0.net
女勇者「……というわけで!結婚することにしました!」

魔王母「まぁ!上手くいったのね?」

女魔王「う、うん……」

女勇者「お義母さん!これからよろしくお願いしますっ!」

魔王母「ええ!娘をどうぞよろしく」ニコッ

女魔王「……あ、あのね、ママ……」

魔王母「なぁに?」

女魔王「……ありがと……/////」プイッ

魔王母「……ふふ♪私は何もしてないわよ?」ナデナデ

女魔王「んっ……/////」


164 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 02:16:13.832 ID:j62tAr+Y0.net
店員「いらっしゃいませー……あっ!」

女勇者「2人です!」

女魔王「カップルで!」

店員「はーい、こちらのお席へどうぞ?」

女勇者「ね、またあれ食べますか?」

女魔王「そうね、お腹いっぱいになっちゃうけど……」

女勇者「決まりですね!すいませーん!」

店員「はーい!ご注文は……」


166 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 02:19:22.020 ID:j62tAr+Y0.net
……

…………

………………


店長「オークくん、彼女ら結婚したそうだよ」

オーク「そうなんすか」

店長「うん……それでね、僕も言いたいことがあるんだ」

オーク「なんすか?」

店長「結婚しよう!」

オーク「やです」

店長「えっ!?」

オーク「てか自分彼女いるんで」

店長「だ、誰だいそれは!?」

バイトリーダー「私です」

店長「ええっ!?」

オーク「なんかスンマセン、あと自分就職決まったんで来月でやめます」

店長「う、うそだろ……」

???「……」ポンポン

店長「ん……?」

怪人タツノオトシゴカイザー「」ニッコリ


おわり


167 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/05(火) 02:20:08.775 ID:tweSPc7fd.net
いい話だった


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1459781922/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「勇者・魔王系」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ