Powered By 画RSS


あかり「かくれんぼ!」

2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 18:49:47.84 ID:XOhfIzgu0
~茶道部室~

あかり「京子ちゃんと結衣ちゃん、遅いな~」

あかり「ちなつちゃんは家の用事で先に帰っちゃったから、1人だけなんだよね」

あかり「・・・もしかして、京子ちゃんたち先に帰っちゃったんじゃ」ズ-ン

あかり「ま、まあ、さすがにそんなこと無いよね」



あかり「ふぁ~、来るまで少し寝てよっと」

あかり「・・・・・・」Zzz




3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 18:50:39.02 ID:XOhfIzgu0














5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 18:51:33.57 ID:XOhfIzgu0
~七森公園~

あかり「結衣ちゃん、京子ちゃん、おはよう!」

結衣「あかり、おはよう!」

京子「あかりちゃん、おはよう」

あかり「今日は何して遊ぼうか」

結衣「かくれんぼとかどう?」

京あか「さんせーい♪」

結衣「じゃあ決まりだね」


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 18:52:19.37 ID:XOhfIzgu0
結衣「じゃあ、じゃんけんするよ」

あ結京「最初はグー!じゃんけんぽん!」

あかり「」パー

京子「」パー

結衣「」グー

あかり「結衣ちゃんが鬼だ!」

結衣「じゃあ数えるよ。いーち、にー・・・」

京子「わ、わたしはあそこに隠れよう」

あかり「あかりは・・・そうだ、ここにしよう!」



あかり「ここなら、結衣ちゃんに見つからないね」

あかり「えへへ、結衣ちゃん、あかりを見つけられるかな」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 18:52:55.28 ID:XOhfIzgu0
結衣「・・・きゅう、じゅう!」

結衣「もういいかい?」

あか京「もういいよ!」

結衣「さて、あかりと京子はどこかな?」



~5分後~

結衣「京子、みーつけた」

京子「あ、見つかっちゃった・・・」

結衣「あとはあかりか。あっちのほう探してみよう」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 18:53:46.12 ID:XOhfIzgu0
あかり「結衣ちゃん、あかりはそっちじゃないよ」クスクス

あかり「あかりってなんですぐに見つからないんだろ?」

あかり「京子ちゃんが隠れるのが下手なのか、それとも結衣ちゃんが探すのが下手なのか」

あかり「もしかして、あかりってかくれんぼの達人だったりして!」(←ある意味正解)

あかり「・・・ふぁ~、見つかるまで寝てよう・・・」

あかり「・・・・・・」Zzz


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 18:54:23.46 ID:XOhfIzgu0
~???~

??「あとはここをこうして、こうすればっと」

??「できたぞ!自動で場所いれかえ~る君8号だ!」

??「こんどこそ、このワカメと校長のヅラを入れ換えさせてやる」

??「では早速このボタンを押してみるぞ」

??「ポチッとな」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 18:55:14.30 ID:XOhfIzgu0
                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´

??「ああ、私の努力の結晶が・・・」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 18:56:13.21 ID:XOhfIzgu0














15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 18:57:11.11 ID:XOhfIzgu0
~????~

あかり「ふわぁ・・・そろそろ起きないと・・・」

あかり「あれ?」

あかり「あかり、こんなところに隠れてたっけ?」キョロキョロ

あかり「いつの間に移動してたんだろ?」

????「」ガサガサ

あかり「ん?結衣ちゃんかな?」

????「さーちゃん、やっとみーつけた!」

あかり「へ?」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 18:58:40.59 ID:XOhfIzgu0
????「・・・」

あかり「・・・」

????「さ、さーちゃんじゃない」

????「さーちゃん・・・どこに行ったの?」グスッ

あかり「ど、どうしたの?」

????「あ、あのね、さーちゃんと一緒にね、かくれんぼしててね」

????「わたしが鬼になって、さーちゃんが隠れることになったの」

????「だけどね、どこを探してもね、見つからないの」

????「そしたらね、誰かのあくびが聞こえてきたから、さーちゃんだと思って・・・」グスッ


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 18:59:29.66 ID:XOhfIzgu0
あかり「あ、あかりも一緒に探してあげようか?」

????「い、いいの?」

あかり「うん!あと、ハンカチ貸してあげる!」

????「ありがとう。後で洗って返すから」

あかり「別に気にしなくていいよ。そういえば、あなたの名前は?」

????「ふ、ふるたに ひまわりです」

あかり「あかりはあかざ あかりだよ。よろしくね、ひまわりちゃん」

ひまわり「うん!よろしくね、あかりちゃん!」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 19:01:37.33 ID:XOhfIzgu0
あかり「そういえば、さーちゃんってどういう子なの?」

ひまわり「えっとね、明るくて面白い子でね、わたしの一番の友達なの」

ひまわり「それでね、家が隣だから、小さい頃からよく遊んでるんだよ」

あかり「へえ~、あかりも会ってみたいな~」

ひまわり「見つかったら紹介してあげるよ!すぐに友達になれるから!」

あかり「うん、わかった!」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 19:03:15.14 ID:XOhfIzgu0
あかり「ところでここってどこなの?」

ひまわり「ここは八森公園だよ?」

あかり「え?あかり、さっきまで七森公園にいたんだけど・・・」

ひまわり「あかりちゃんがワープしちゃったのかな?」

あかり「えへへ、信じられないけどそうかもね」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 19:06:58.15 ID:XOhfIzgu0
~八森公園~

あかり「見つからないね、さーちゃん」

ひまわり「本当にどこ行ったんだろう・・・」

あかり「公園の外に行ったのかな?」

ひまわり「公園の外には出ないって、約束したし、出てないと思うけど・・・」

ひまわり「それにさーちゃんは約束を破るような子じゃないから」

あかり「じゃあ、もう少し探してみよっか」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 19:10:13.77 ID:XOhfIzgu0
あかり「」グ-

あかり「ご、ごめんね、こんな時に」

ひまわり「クッキーならあるけど、食べる?」

あかり「え、いいの?」

ひまわり「うん!わたしも少しお腹すいてたから」

あかり「ありがとう!じゃあいただきます」

あかり「」モグモグ


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 19:13:50.86 ID:XOhfIzgu0
あかり「おいしい!」

ひまわり「本当!?さーちゃん以外に食べさせたこと無かったから」

あかり「お姉ちゃんのクッキーと同じくらいおいしいよ!」

あかり「そういえば、これってひまわりちゃんの手作り?」

ひまわり「うん、わたしね、大人になったらお菓子屋さんになるんだ」

あかり「ひまわりちゃんならきっとなれるよ!」

ひまわり「あ、ありがとう・・・///」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 19:19:25.54 ID:XOhfIzgu0
あかひま「ごちそうさまでした!」

ひまわり「あっ!さーちゃん探すの忘れてた!」

あかり「あかりもすっかり忘れてたよぉ」

あかり「じゃあ、さーちゃん探すの再開しようか」

ひまわり「うん!」

???「ちょっと!」

あかひま「?」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 19:23:18.52 ID:XOhfIzgu0
???「この公園はチーのなわばりなんだからね!今すぐにここから・・・」

???「あー!あんたはあの時男女と一緒にいた!」

あかり「あ!あの時のいじめっ子だ!」

ひまわり「だ、だれ?」

あかり「あかりの友達をいじめてた悪い子だよ!」

???「いじめたとは人聞きの悪い!人質にしただけよ!」

あかり「それをいじめって言うんですよーだ!」

???「キ-!1度ならず2度までも!」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 19:28:56.67 ID:XOhfIzgu0
???「とにかく!ここはチーの縄張りなの!さあここから出ていきなさい!」

あかり「やーだよ」ベ-

ひまわり「公園はみんなのものだよ!」

???「このチー様に向かって、なんて口の利き方よ?」

???「まあいいわ。出ていく気が無いならコテンパンにするまでよ!」

あかり「この前逃げたのに、まだ懲りないの?」

???「逃げたんじゃないんですー!呼ばれたから仕方なく帰ったんですー!」

あかり「こんな奴、とっとと倒して・・・」

ひまわり「あ、あかりちゃん」


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 19:33:18.71 ID:XOhfIzgu0
ひまわり「もう放っておこうよ。わたしたちは今さーちゃん探してるんでしょ?」

あかり「そ、そういえばそうだった!ごめんね、ひまわりちゃん」

ひまわり「あっちのほうとか探してみようよ」

あかり「うん、そうd「こらー!」」

???「人を無視して勝手に話すすめてるんじゃないわよー!」

あかり「あかりたちは大事な用があるから、あんたに構ってる暇は無いの!」

ひまわり「そうだよ!」

???「生意気な小娘どもめ・・・!」


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 19:39:10.58 ID:XOhfIzgu0
???「こうなったら・・・」

水飲み場の蛇口「」ヒネリ

蛇口「プシャアアアアアアアア」

あかり「!?」

ひまわり「や、やめてよぉ」

???「このまま風邪を引いて寝込んでしまうがいいわ!」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 19:44:22.43 ID:XOhfIzgu0
あかり「ひまわりちゃん、ごめん!」ドンッ

ひまわり「きゃっ」

あかり「あかりは濡れてもいいけど、関係無いひまわりちゃんまで巻き込むなんて許せない!」

ひまわり「あかりちゃん・・・」

???「あんたたちには関係無くても、チーにはかんk」

あかり「アッカリ-ンキ-ック!」

???「びでぶっ!」ド-ン


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 19:49:17.33 ID:XOhfIzgu0
???「よ、よくもやってくれたわね・・・!」

???「さっき言ったわよね?あなたは濡れてもいいんでしょ?」

あかり「えっ?」

???「だからこうするまでよ!」

蛇口「」ヒネリヒネリヒネリ

蛇口「プシャアアアアアアアアアアアアアアアア」

あかり「ち、ちょっと!」

???「このチー様に逆らったのが悪いのよ!さっさと風邪を引いてしまうがいい!」

あかり「そんなのお断りだy、うわあ!」コケッ


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 19:54:55.64 ID:XOhfIzgu0
あかり「」ズテン

あかり「うぅ・・・もうやめてよぉ・・・」グスッ

???「おーほっほっほ!いい気味ねえ」

???「さーて、さっきの子は・・・・・・あれ、いったいどこにいったのかしら」

???「もしかして、あんたを見捨てて逃げた?うわー最低な子ね」

あかり「ひ、ひまわりちゃんがそんなことするわけ・・・」

???「ほんとにそうかしらね?まわりに見あたらないんだけど」

???「ま、これで今回は私のしょうr」

ひまわり「ヒマワリキ-ック!」

???「あべしっ!」ド-ン


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 20:17:13.92 ID:XOhfIzgu0
蛇口「」キュッキュッキュッ

蛇口「・・・」

ひまわり「あかりちゃん、大丈夫!?」

あかり「あ、ありがとう、ひまわりちゃん・・・」グスッ

???「あんた逃げたんじゃなかったの?」

ひまわり「友達を見捨てて逃げたりなんかしないよ!」

あかり「ひまわりちゃん・・・」

???「それに不意打ちとは卑怯じゃないの!」

ひまわり「あなたも卑怯なことしたんだからやってることは同じでしょ!?」

ひまわり「あかりちゃん、ちょっと耳貸して」

あかり「え、なになに?」


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 20:21:47.46 ID:XOhfIzgu0
ひまわり「(ここから助走をつけて・・・)」ヒソヒソ

あかり「(そしておもいっきり・・・)」ヒソヒソ

???「キ-ッ!チー完全に怒っちゃったもんね!」

ひまわり「(じゃあはじめるよ?)」ヒソヒソ

あかり「(うん、わかった)」ヒソヒソ

???「こうなったら、2人まとめてギッタギタのメッタメタにしてやr」

あかひま「ダブルパ-ンチ!」

???「たわばっ!」ドッカ-ン


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 20:25:21.19 ID:XOhfIzgu0
???「うう・・・」グスッ

???「お、覚えてなさいよおー!」ウワアアアアアアアアアン

あかひま「・・・」

ひまわり「や、やったね、あかりちゃん!2人で悪い子をやっつけたんだよ!」

あかり「う、うん!ひまわりちゃんのおかげだよぉ」

ひまわり「そ、そんなことないよ!あかりちゃんがいてくれたから・・・///」

あかり「えへへっ」


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 20:30:49.50 ID:XOhfIzgu0
~???~

??「修理に手間取ったが、今度は間違いなく成功するだろう!」

??「さあ動け、自動で場所いれかえ~る君8号君改!」

8改「・・・」

??「・・・」

??「あっ、起動ボタンを押してなかった」

??「ポチッとな」


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 20:34:09.92 ID:XOhfIzgu0
                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                   \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                      ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙      .'                            ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:               ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙i|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´
(※爆発の威力を増大させただけでした)


<旧校舎が爆発したぞー!

??「まずい!一時、退散だ!」


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 20:37:31.53 ID:XOhfIzgu0
~八森公園~

あかり「さて、さーちゃんを探しに・・・」

ひまわり「あ、あかりちゃん、足が透けてる・・・」

あかり「えっ?」

あかり「ほんとだ・・・」

ひまわり「どういうことなの・・・」

あかり「きっとあかりね、あかりが住んでる場所に帰らないといけないんだね」

ひまわり「・・・」


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 20:41:12.67 ID:ItGTMpF80
おおう…切ない


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 20:41:42.21 ID:XOhfIzgu0
ひまわり「・・・どうしてなの?」

ひまわり「せっかくあかりちゃんとお友達になれたのになんで、なんで!」グスッ

あかり「あ、あかりだって、わかんないよぉ・・・」グスッ

ひまわり「あかりちゃん、消えちゃいやだよ・・・」ポロポロ

あかり「あかりだって、いやだよぉ」ポロポロ

あかり「だ、だけどね、これはもう、運命だから仕方ないと思うんだ」ヌグッ

あかり「だから、ひまわりちゃん、笑ってくれないかな?」ニコリ


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 20:46:59.22 ID:XOhfIzgu0
ひまわり「あかりちゃん・・・」ゴシゴシ

ひまわり「うん!」ニコッ

あかり「あとね、また会えた時には今よりも強くなってほしいな」

ひまわり「わかったよ」

あかり「約束だよ?」

ひまわり「うん!」


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 20:50:39.35 ID:XOhfIzgu0
あかり「もうそろそろお別れだね」

ひまわり「そうだね」

あかり「ひまわりちゃん、今日は本当に楽しかったよ」

あかり「ひまわりちゃんのこと、ずっと忘れないから」

ひまわり「わたしも、あかりちゃんのこと、忘れたりしないから・・・」

ひまわり「あかりちゃん、今日は本当にありがとう!」

あかり「うん、こちらこそありがとね、ひまわりちゃん」


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 20:56:17.02 ID:XOhfIzgu0
あかり「それじゃまたね、ひまわりちゃん!」

ひまわり「うん、またね!」

ひまわり「・・・」

あかり(ひまわりちゃんの顔が遠ざかってく・・・)

あかり(ほんとうにまた会えるのかな・・・)

ひまわり「あかりちゃん!」

あかり(!?)

ひまわり「わたし、あかりちゃんのこと、ずっとだいすきだから!」

あかり「・・・」

あかり(そんなことない!絶対に会える!これでお別れなわけないよ!)ニコッ


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 20:58:36.38 ID:XOhfIzgu0














73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 21:04:09.97 ID:XOhfIzgu0
あの後、あかりは目覚めたらベッドにいた。

どうやら、結衣ちゃんと京子ちゃんがズブ濡れで倒れているあかりを見つけて、お母さんを呼んで家まで運んだらしい。

おかげで、1日中、風邪を引くことになってしまった。

あと、あかりが見つかるまでさくらこちゃんって言う子と一緒に遊んでたみたいだけど、いつの間にかいなくなっちゃったんだって。

もしかして、ひまわりちゃんが言ってた「さーちゃん」って、そのさくらこちゃんだったのかなあ・・・


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 21:07:37.19 ID:XOhfIzgu0















77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 21:08:33.97 ID:745N4rxT0
黒いお団子が気になる


78:>>77んん!?:2012/02/06(月) 21:10:46.15 ID:XOhfIzgu0
あかり「ふぁ~、よく寝たよぉ」

あかり「結局、『ひまわりちゃん』にはあれから会えてないんだよね」

あかり「向日葵ちゃんの自己紹介の時に会えたと思ったけど、あのことはもう覚えてないみたい」

あかり「しかも、容姿も喋りかたもあの時と全く違うし」

あかり「ん?」

あかり「こんなところに置き手紙が」


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 21:13:15.97 ID:XOhfIzgu0
手紙「\アッカリ-ン/へ。
   あまりにも気持ちよさそうに寝てたし、ちなつちゃんは休みみたいなので、結衣と一緒に帰った。
   あと戸締まりよろしくね☆ 京子」

あかり「もう、京子ちゃんと結衣ちゃんてば!先に帰るなんてひどいよぉ!」プンプン

あかり「うぅ・・・、しょうがないから戸締まりして帰るよぉ・・・」

手紙「」ピカァ

あかり「て、手紙が光ってる!?」

手紙「」シュッ

あかり「そして手紙が消え・・・!?」

向日葵「」ドンッ(←机の音)

あかり「」


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 21:16:25.03 ID:XOhfIzgu0
向日葵「え、あ、赤座さん!?」

あかり「ひ、向日葵ちゃん、どうしてここに?」アセアセ

向日葵「西垣先生が生徒会室で実験をしてまして、それに巻き込まれて・・・」

向日葵「自動で場所いれかえ~る君38号がどうのこうのって・・・」

あかり「あははは・・・」

あかり(どんな実験だったんだろ・・・)


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 21:19:50.57 ID:XOhfIzgu0
向日葵「あ、そうだ、歳納先輩は・・・いないみたいですわね」

あかり「京子ちゃんたちなら、先に帰っちゃったよぉ」

向日葵「杉浦先輩が歳納先輩がプリント提出してないと騒いでたもんですから」

あかり「京子ちゃん、またプリント出し忘れてたんだ」

向日葵「期限今日までですのに・・・」

あかり「あとで京子ちゃんに伝えておくよぉ」

向日葵「ありがとうございますわ」


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 21:23:45.48 ID:XOhfIzgu0
向日葵「それじゃ、私は生徒会に戻りますので」

あかり「あの、向日葵ちゃん、ここで何かお話しない?向日葵ちゃんのこといろいろ知りたいから」

あかり(それに、あのことも聞いてみたい・・・)

向日葵「赤座さん、私にはまだ生徒会の仕事がまだ残って」

あかり「ごめんね、無理に引き留めちゃって」

向日葵「い、いえ・・・」

向日葵「・・・」


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 21:27:27.46 ID:XOhfIzgu0
向日葵「やっぱり、私ここで赤座さんとお話することにしますわ」

あかり「え、いいの?」

向日葵「どうせあんな状況で仕事ができるとは思えませんし、別に構いませんわよ」

あかり「ありがと、向日葵ちゃん」

向日葵「・・・」

あかり「どうしたの、向日葵ちゃん?」

向日葵「な、なんでもありませんわ」アタフタ


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 21:31:24.31 ID:XOhfIzgu0
あかり「向日葵ちゃんって小さい頃に誰と遊んでたの?」

向日葵「私はよく櫻子と遊んでましたわ。おままごとをしたり、鬼ごっことかしてたり・・・」

向日葵「あと、かくれんぼも」ボソッ

あかり「へー、向日葵ちゃんって意外とそういうことして遊んでたんだ♪」

向日葵「ええ、まあ・・・///」


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 21:34:02.12 ID:XOhfIzgu0
向日葵「そ、そういえば、櫻子にあげたクッキーが余ってたんでしたわ」アタフタ

向日葵「これ、赤座さんにさしあげますわ」

あかり「ありがとう♪」

あかり(わざわざ袋に包んである・・・本当に余りなのかな?)

あかり「ここで食べてもいい?」

向日葵「ええ、どうぞ」ニコッ

あかり「それじゃ、いただきます」


96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 21:37:18.71 ID:XOhfIzgu0
あかり「」サクッ

あかり(これ、あの時と全く同じ味・・・)ツ-

あかり「あれ、なんでわたし泣いてるのかな」ゴシゴシ

あかり「向日葵ちゃんのクッキーは前にも食べたことあるのにね」

向日葵「・・・赤座さん・・・いえ、あかりちゃん」

向日葵「あの時のこと、覚えてませんの?」

あかり「えっ?」


97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 21:39:48.05 ID:XOhfIzgu0
向日葵「一緒にさーちゃん探してくれたり!クッキー一緒に食べたり!」

向日葵「2人でいじめっ子やっつけたときのこと!覚えてませんの!?」グスッ

あかり「覚えてるよぉ。あかり、『ひまわりちゃん』のこと、忘れたことなんて一度もないよぉ」グスッ

向日葵「あかりちゃん、ごめんね。今まで気づかなくてごめんね」ブワッ

あかり「あかりも、気づかなくて、本当にごめんね」ブワッ

あかひま「うわあああああああああん」


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 22:10:46.39 ID:XOhfIzgu0
~しばらくして~

あかり「向日葵ちゃん、落ち着いた?」

向日葵「うん。あかりちゃんは?」

あかり「あかりももう大丈夫だよぉ」

あかり「それにしてもあかりたち、なんで自己紹介のときに気がつかなかったんだろうね」

向日葵「本当ですわね。あかりちゃん、容姿が以前と違ってましたし、それに・・・」

あかり「それに?」

向日葵「あのときと比べて、影が薄くなって・・・」

あかり「それは言わないでよ、向日葵ちゃん!」プンプン

向日葵「ご、ごめんなさいですわ」


112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 22:14:25.39 ID:XOhfIzgu0
向日葵「あかりちゃんはどうして気づかなかったのですの?」

あかり「あかりが向日葵ちゃんに気づかなかったのは、容姿も変わったのもあるけど」

あかり「なんでお嬢様っぽく喋ってるのかなって思って」

向日葵「そ、それは・・・」

向日葵「あかりちゃん、強くなってって言ったでしょう?」

向日葵「だから、肉体的な意味だけではなく、精神的にも強くなろうと思いまして」

あかり「・・・約束、守ってくれたんだね」

向日葵「うん、またあかりちゃんに会えた時のために」

あかり「ありがとう、向日葵ちゃん」


114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 22:19:59.79 ID:XOhfIzgu0
向日葵「それでね、あかりちゃん」

向日葵「私、最後にだいすきって言いましたわよね?」

あかり「うん」

向日葵「あのときは友達として大好きだったんですの」

向日葵「でも、中学生になってあかりちゃんに会えて本当にうれしくて」

向日葵「今ではあかりちゃんといるとなんだか胸がドキドキするのですわ・・・///」ドキドキ

あかり「え?」ドキッ

向日葵「だから・・・!」ス-ッ


115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 22:21:49.74 ID:XOhfIzgu0






向日葵「あかりちゃん、あなたのことが大好きです!私とつきあってください!」







116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 22:25:11.83 ID:XOhfIzgu0
あかり「・・・あかり、まだつきあうって言うのがどういうのかよく分からない」

向日葵「そうですわよね。いきなりこんなこと言ったところで・・・」

あかり「だけどね、つきあってみれば、そういうことがわかるかなって思ったんだ」

向日葵「じ、じゃあ!」

あかり「よ、よろしくね、向日葵ちゃん///」

向日葵(キマシタワ-!)


121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 22:28:44.27 ID:XOhfIzgu0
向日葵「ね、あかりちゃん、私達恋人同士なんですし、キ、キスしてもよろしいんじゃないかと・・・///」

あかり「う、うん、そうだね///」

向日葵「じゃあいきますわよ、あかりちゃん///」

あかり「うん///」



あかひま「」チュッ


126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 22:34:27.33 ID:XOhfIzgu0
あかひま「」プハッ

向日葵「甘い味でしたわね・・・///」

あかり「うん///」

あかり「向日葵ちゃん」

向日葵「なんですの?」

あかり「これからもずっと、よろしくね!」

向日葵「ええ、こちらこそよろしくですわ、あかりちゃん!」



おわり!


128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 22:36:33.05 ID:XOhfIzgu0
俺よ、なぜ初SSでマイナーカプ書いたし
そして、ひまあかもっと増えろ


129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 22:36:58.45 ID:SsyN7CvPO
おつ!


130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 22:38:46.86 ID:+jI3nal20
櫻子;;


132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 22:39:27.68 ID:DdmRN0ra0
乙やでぇ


133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/06(月) 22:44:16.87 ID:Wy2iSUWs0
いいひまあかに出会えた乙


ゆるゆり ブックカバー A (ごらく部)
ゆるゆり ブックカバー A (ごらく部)

ゆるゆり ブックカバー B (生徒会)
ゆるゆり ブックカバー B (生徒会)




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ゆるゆり」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ