Powered By 画RSS


【ミリマス】P「おーい、杏奈ー」

2 : ◆mLDidKKbwk 2016/04/04(月) 04:40:13.44 ID:6UARNc9s0
杏奈「…」ピコピコ


P「おーい」


杏奈「…」ピコピコ


P「こらっ」チョップ


杏奈「!  …なに、プロデューサーさん」ジトー


P「ほら、時計見ろ」ユビサシ


杏奈「あ、もうすぐお仕事に行く時間…」


P「そういうことだ、ほら準備しろ」


杏奈「……」


P「ーーどした、杏奈」


杏奈「…ごめんなさい、ゲームに夢中で…怒ってる、よね…?」ショボン


P「……」


P「別に、怒ってないよ。次から気を付けてくれたらそれでいいさ」


P「それよりも、はたいて悪かったな。痛くなかったか?」ナデナデ


杏奈「!  う、うん。大丈夫…だよ」


P「よかった、じゃあ行くぞ。音無さん、杏奈を送ってきますねー」


杏奈「あ…待って、プロデューサーさん…」






小鳥(プロデューサーさん、杏奈ちゃんには他の子に接するより、少しだけ物腰が柔らかいのよね…無意識かしら?)





4 : ◆mLDidKKbwk 2016/04/04(月) 05:00:05.20 ID:6UARNc9s0
杏奈「プロデューサーさん…」


P「ん、どした杏奈」カタカタ


杏奈「今、忙しい...?」


杏奈「…って、見れば分かるよね。お仕事の、邪魔してごめんなさい…」


P「…っよし、終わった」カタッ、ッターン


P「今やらなきゃいけない仕事は終わらせたから、問題ないぞ。なんだった?」


杏奈「!  あのね、この前百合子さんとねー――」


P「へぇ、そんなことがー――」













小鳥「っと、そろそろいい時間ですね。プロデューサーさんも上がりますか?」


P「いえ、まだ作らなければいけない資料が残ってますので。先に上がっていただいて結構です」カタカタ


小鳥「…ふふっ」


P「??  音無さん?」カタッ


小鳥「いーえ、なんでも。手伝いますよ、資料作り」


P「いえっ、悪いですよ。俺の不手際ですし…」


小鳥「いいんですよ、杏奈ちゃんとのコミュニケーションを優先した結果でしょう?」フフッ


小鳥「アイドルたちとの何気ない会話も、プロデューサーさんのお仕事ですよ♪」


P「…すいません、ありがとうございます」


小鳥「いえいえ、日をまたぐ前に終わらせちゃいましょう♪」


5 : ◆mLDidKKbwk 2016/04/04(月) 05:14:45.75 ID:6UARNc9s0
P「おーい、杏奈ー」


杏奈「どうしたの、プロデューサーさん」トテトテ


P「これ、よかったらあげるよ」


杏奈「…!!  ウサギのぬいぐるみ…!可愛い…!でも、突然なんで…?」


P「息抜きにゲームセンターに寄ってな、UFOキャッチャーでそれが目についたから取ってきたんだ」


杏奈「嬉しい…大事に、するね?」


P「あぁ、杏奈が喜んでくれてよかったよ」


小鳥「……」










小鳥「プロデューサーさん♪」


P「どうしました、音無さん」


小鳥「以前、UFOキャッチャーは苦手だって言ってましたよね?」フフッ


P「…杏奈には言わないでくださいよ」


小鳥「はいっ、もちろんです♪」




6 : ◆mLDidKKbwk 2016/04/04(月) 05:25:50.36 ID:6UARNc9s0
杏奈「プロデューサーさん…」


P「お疲れ杏奈、レッスン終わりか?」


杏奈「うん…今日はダンスをいっぱいやったから…疲れた…」


杏奈「だから、アレ…やってほしい…」












P「――なぁ杏奈」


杏奈「ん…なに?」


P「俺のあぐらの上に座るのはいいんだが、こんなのがいいのか?」


杏奈「うん…プロデューサーさんの近くにいるって感じで、落ち着く…」


P「…まぁ、杏奈がいいならいいんだが…」ナデナデ


杏奈「……♪」


小鳥(仲のいい兄弟みたいね)フフッ




7 : ◆mLDidKKbwk 2016/04/04(月) 05:41:17.72 ID:6UARNc9s0
P「おーい、杏奈ー」


杏奈「あ、プロデューサーさん…お疲れさまです」


P「おう、お疲れ。今日の予定はもう終わったか?」


杏奈「うん、ミッション、オールコンプリート」


P「そっか、じゃあ家まで送ってくよ」


杏奈「え…悪いよ…まだプロデューサーさん、お仕事中だし…」


P「いいんだよ、事務仕事はひと段落してるしな」


杏奈「でも…」


P「子どもがそんなこと遠慮するんじゃありません」


杏奈「じゃあ、お願い…するね?」





8 : ◆mLDidKKbwk 2016/04/04(月) 05:51:30.14 ID:6UARNc9s0
杏奈「プロデューサーさん…」


P「ん、なに頼むか決まったか?」


杏奈「うん、このハンバーグのセット…」


杏奈「…じゃなくて、ごはん、ごちそうになっていいの…?」


P「そりゃ、車の中でお腹の音鳴らされたら、ご飯連れて行かなきゃってなるだろ」


杏奈「あ、あれはっ、たまたまで…!」カァァ


杏奈「…プロデューサーさんの、いじわる…」


P「っ……」


杏奈「?  …どうかした?」


P「―いや、なんでもない。注文しちゃおうか、すいませーん!」


P(赤面しながら上目遣い…ちょっとくるものがあるな…)


20 : ◆mLDidKKbwk 2016/04/10(日) 21:12:02.17 ID:sRTB9RMG0
P「おーい、杏奈ー」


杏奈「んん…」


P「おーい、起きろー。杏奈ー」


杏奈「んみゅ……あ、ぷろでゅーさーさん…」


P「家に着いたぞ。さ、忘れ物ないようにな」


杏奈「うん…大丈夫……ん」


杏奈「スー … スー …」


P「…仕方ないな、杏奈、運ぶぞー」


P「よっ、と。軽いな」












ピンポーン


P「あ、夜分遅くに失礼いたします。杏奈さんをプロデュースさせていただいております、Pと申します―――」




21 : ◆mLDidKKbwk 2016/04/10(日) 21:35:45.59 ID:sRTB9RMG0
杏奈「プロデューサーさん…!!!」


P「お、杏奈おはよう」


杏奈「あ、おはようございます…」ペコリ


杏奈「じゃなくてっ…!」


P「お、おう。どした?」


杏奈「昨日、家まで送ってくれて、寝てた私をプロデューサーさんが車から運んでくれたんだよね…?」


P「そうだけど…あ、俺なんかに運ばれるより、起こしたほうが良かったか。悪い」


杏奈「あっ、ちがくて、運んでくれたのはありがとう……でもなくてっ…!」


P「うん…?結局、杏奈は俺になにを言いたいんだ?」


杏奈「なんで……」













杏奈「なんで、お姫様抱っこを、チョイスしたの……!!!」カァァァァ


P「…えっ」


杏奈「今日の朝、お母さんにニヤニヤしながら、その時の写真見せられて、すごい恥ずかしかったんだから…!!」


P「いや、助手席に座ってる杏奈を運ぶには、それが1番だったし。それに…」


杏奈「それに…なに?」


P「いや、そのなんだ……寝顔、かわいかったぞ?」


杏奈「っ~~~~~~!」カァァァ


杏奈「プロデューサーさんのばかっ、もう知らないっ…!」


小鳥(いちゃつくのは私がいないとこでしてください)カタカタ


22 : ◆mLDidKKbwk 2016/04/10(日) 21:50:02.39 ID:sRTB9RMG0
P「おーい、杏奈ー」


杏奈「杏奈、ここにいるよ…準備も、カンペキ…」


P「よし、じゃあ車の中で段取りを確認しながら行くか」


杏奈「うん、じゃあ行ってきます…」


P「今日はCDショップでのミニイベントで―――」


杏奈「最初に、向こうの人たちに挨拶して―――」


23 : ◆mLDidKKbwk 2016/04/10(日) 22:06:46.37 ID:sRTB9RMG0
杏奈「プロデューサーさん!!」ガバッ


P「うおっ、と」


杏奈「どうだった!?杏奈、キラキラしてた!?」


P「あぁ、最高の歌とダンスだったよ。よく頑張ったな」ナデナデ


杏奈「えへへっ、プロデューサーさんっプロデューサーさんっ」ギュー


P「はいはい、どうした杏奈」ポンポン


杏奈「杏奈ね、こうやってファンのみんなの前で歌ったり踊ったりした後に、いつも思うの!」


杏奈「引っ込み思案だった杏奈を、アイドルにしてくれてありがとうって!」


杏奈「この気持ちがどうやれば伝わるかなって、気持ちがあふれちゃって、それでねっ」ギューッ


P「……」


P「大丈夫。ちゃんと、ちゃんと伝わってるよ」


P「こちらこそ、アイドルになってくれて、ありがとな。杏奈」ギュ


杏奈「!!   うんっ、えへへっ」ギュー




25 : ◆mLDidKKbwk 2016/04/10(日) 22:26:48.12 ID:sRTB9RMG0
小鳥「プロデューサーさん」


P「はい?」


小鳥「プロデューサーさんって、杏奈ちゃんにあまいですよね」


P「そうですか?担当しているアイドルには、平等に接しているつもりなんですが」


小鳥「いやいや、けっこう態度違いますよ?」


小鳥「口で説明するのは難しいんですけど、物腰が柔らかい?って感じですかね」


P「んー、言われてみれば…」


小鳥「なにか思うところはありますか?」


P「あー、なんというか、杏奈は妹みたいな感じなんですよね」


小鳥「ほう、詳しくお願いします」


P「そんなに面白い話でもないですけどね」


P「俺、男3人兄弟の末っ子でして。兄しかいなかったからですかね、妹っていうのに憧れてたんですよ」


P「で、こんな妹がいたらなーって、イメージに杏奈がすごい近いんですよね」


小鳥「なるほど、だからついつい甘やかしてしまうと」


P「そんな自覚はなかったんですけどね」


26 : ◆mLDidKKbwk 2016/04/10(日) 22:32:53.61 ID:sRTB9RMG0
小鳥「私はてっきり、プロデューサーさんが杏奈ちゃんのこと、LOVEな感情で好きなのかと思ってましたよ」


P「いやいや、そんなわけないじゃないですか」


P「そりゃあ、杏奈のことは好きだし、大切にしたいと思っていますが、あくまで親愛の情ですね」


P「あ、もちろん杏奈だけじゃなく、担当しているアイドル全員に言えることですけどね」





















杏奈「……………」


27 : ◆mLDidKKbwk 2016/04/10(日) 22:50:31.54 ID:sRTB9RMG0
杏奈「プロデューサーさん」


P「ん? 誰かと思ったら杏奈か。ずいぶんと早いな、まだ音無さんも出社してないぞ?」


杏奈「…………」


P「??  どうした、なにか用があって早く来たとかじゃないのか?」


杏奈「……」


杏奈「うん、だから、プロデューサーさん、かがんでくれる…?」


P「なんだ、そんなに大事な話―――」


P「!!!」





























杏奈「―――ん、ぷはっ」


P「あっ、杏奈、なにをっ」


杏奈「――妹じゃイヤだからっ」


杏奈「杏奈のほうから、攻略しちゃうからね。プロデューサーさん…♪」




28 : ◆mLDidKKbwk 2016/04/10(日) 22:55:35.93 ID:sRTB9RMG0
これにて完結です。


杏奈の一人称を間違えてしまったことと、更新が大幅に遅れてしまったことが心残りです。もっと精進いたします。


では、読んでくださったすべての人々に感謝を。


29 : ◆mLDidKKbwk 2016/04/10(日) 23:00:02.62 ID:sRTB9RMG0
グリP「赤面する朋花を見てみたい」


朋花をはじめとする15歳組を照れさせるだけのssです。よろしければどうぞ。


では、少ししたらHTML以来を出して来ます。


30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/11(月) 02:41:35.64 ID:ZC1U0DNno
おつ
杏奈はかわいいなあ


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1459711427/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ミリマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ