Powered By 画RSS


P「あの超大物がアイドルに殴り込みだって!?」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 23:16:50.97 ID:XrY0S9d00
P「まさか……そんな事が……」

伊織「どうしたの? 顔が真っ青じゃない」

P「い、伊織! 大変なんだよ!」

伊織「だから一体どうしたのよ?」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 23:21:16.97 ID:XrY0S9d00
P「実はだな……とある大物が業界に殴り込みをかけてきたんだ……」

伊織「ふーん、でもそんなのはスーパーアイドル伊織ちゃんには関係ないわね! にひひっ♪」

P「いや、これは伊織だけじゃない……例えSランクアイドルだって太刀打ち出来るかどうか……」

伊織「な、何よ! 私じゃ勝てないってわけ!?」





3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 23:25:27.76 ID:XrY0S9d00
P「もちろん伊織はトップアイドルだ。俺の可愛い大切な人だよ」

伊織「ア、アンタ突然なにを言いだすのよ! バカじゃないの!? でも……ありがと……」

P「だけどな。『彼女』はもっと別次元の存在なんだ」

伊織「アンタがそこまで言うって事は相当の様ね……」





4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 23:28:57.88 ID:XrY0S9d00
P「ああ。何より『彼女』は仕事を選ばないんだ。あらゆる手を使ってくる」

伊織「…………」ゴクリ

P「正直な話、いつかこんな日が来るかも知れないって……心の何処かで思っていたよ……」





5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 23:34:12.64 ID:XrY0S9d00
伊織「そ、それはどうにかならないの?」

P「無理だ。『彼女』はすでに多くのファンがいるからな。いや……ファンというより熱狂的な信者すら……」

伊織「信者……」

P「全国各地でも、『彼女』の姿を見ない事はないからな」

伊織「あ! もしかして観光地とかにあるプロマイドのお店?」

P「…………」

伊織「ああいうのは本当に困るわよね! 一体何処で許可取ってるのかしら!」

P「観光地か……あながち間違いでもないな」





6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 23:36:50.70 ID:XrY0S9d00
伊織「この伊織ちゃんは勿論、765プロの写真もあったわね! 訴えた方がいいんじゃない?」

P「あ! それは追々な!」

伊織「!? いきなり素に戻るんじゃないわよ! びっくりするじゃないの!」

P「ああ、すまんすまん」






7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 23:43:32.47 ID:XrY0S9d00
伊織「で、一体誰なのよ? その大物っていうのは」

P「そう。たぶん日本どころか、世界中にもファンがいるだろう」

伊織「せ、世界にも!?」

P「ああ。そのワールドワイドな『彼女』の名前は……」





8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 23:43:59.25 ID:XrY0S9d00


???「こんにちはー!」





9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 23:49:48.47 ID:XrY0S9d00
P「!?」

伊織「!?」



???「ふふふっ♪」



P「あっ……ああ……」ガクガク

伊織「そ、そんな……『彼女』がその正体だっていうの……か、勝ち目なんてないわ」ガクガク





10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 23:52:33.51 ID:XrY0S9d00
P「そう……彼女がアイドル業界に殴り込みをかけてきた……」



P「ハローキティこと、キティ・ホワイトだ!!」



キティ「よろしくね!」





11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 23:57:13.17 ID:XrY0S9d00
伊織「確かに仕事は選ばないって話は有名だけど……まさかキティちゃんだったなんて……」

P「それにご当地キティなんてものもあるからな……知名度はハンパないぞ……」



伊織「…………」

P「…………」





12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/18(月) 23:59:53.26 ID:XrY0S9d00
伊織「って散々もったいつけて、キティちゃんってどういうことよ!」

P「お、俺に言われても!」

伊織「確かにキティちゃんには勝てないかも知れないけど、私だって!」

キティ「ふ、ふたりともケンカはやめて」オロオロ





13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 00:02:55.99 ID:fa6nIxn20
伊織「だいたいアンタはいつも──」



ガチャ



律子「何よ、騒がしいわね……」

P「あ、律子」

律子「まったく……少しは静かに……って!」



律子「きゃー! キティちゃんじゃない!」

キティ「こんにちはー!」

律子「早速きてくれたのね!」



P「へ?」

伊織「早速?」





14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 00:04:40.98 ID:fa6nIxn20
───




律子「──という訳で、キティちゃんと、我が765プロでコラボする事になったのよ」

P「な、なるほど」

伊織「もう! アンタの早とちりじゃないの!」

P「面目ない……」





17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 00:09:35.53 ID:fa6nIxn20
キティ「これからよろしくね! 伊織ちゃん!」

伊織「こちらこそよろしくお願いね、キティちゃん! にひひっ♪」



律子「あ! せっかくだし一緒に写真いいかしら?」

伊織「ズルい! 私も撮るわよ!」

P「お、俺も……」

伊織、律子「アンタは撮る係!」

P「トホホ……」



キティ「これからは、765プロのみんなと一緒に幸せを届けるから、みんなよろしくね!」



終わり





18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/19(火) 00:11:54.78 ID:fa6nIxn20
おまけ



???「そうか……彼女がアイドル業界に……」

???「我々も後に続くのか?」

???「ああ。時が来れば……いずれ……な」



???「……ハハッ」

???「………ピカァ」



本当に終わり





元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460989010/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ