Powered By 画RSS


巨大脳みそ「大丈夫かい?」女「ええ、大丈夫です」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 21:40:01.220 ID:rAgrggjH0.net
<通学路>

女「キャー、遅刻、遅刻!」タタタッ

ドンッ!

女「いたたっ……!」

巨大脳みそ「ごめん、大丈夫かい?」

女「ええ、大丈夫です」

女(うわぁ、大きい脳みそ……)





これが、運命の出会いであった――




2 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 21:40:19.474 ID:rl03UEG30.net
想像したらグロイ


10 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 21:43:09.662 ID:rAgrggjH0.net
<学校>

女(今朝、私とぶつかったあの大きな脳みそ、いったい何者なんだろ?)



ガラッ!



教師「みんな、今日からこのクラスに新しい生徒が入ることになった!」


13 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 21:46:13.001 ID:rAgrggjH0.net
巨大脳みそ「皆さん、よろしくお願いします!」

教師「彼は事情があって、脳みそしかないんだが、みんな仲良くしてあげてくれ」



はーいっ!!!



女(えええ~っ!? 私とぶつかった脳みそが……転校生!?)


18 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 21:50:19.364 ID:rAgrggjH0.net
教師「えーと、空いている席は……」キョロキョロ

女「私の隣が空いてます!」

教師「おっ、そうか! じゃあ君はあそこに座ってくれ」

巨大脳みそ「分かりました」ノタノタ



巨大脳みそ「君は今朝の……! よろしく!」

女「こちらこそ!」


20 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 21:53:46.073 ID:rAgrggjH0.net
女「ねえねえ」

巨大脳みそ「ん?」

女「よく、ラスボスっぽいっていわれない?」

巨大脳みそ「あ、いわれるいわれる!」

女「やっぱり!」

巨大脳みそ「前の学校じゃあだ名が“ラスボス”だったし、その前は“メトロイド”だったもん」

巨大脳みそ「“マモー”だったこともあったっけ」

女「アハハ~」


21 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 21:53:59.404 ID:hdJP691f0.net
どうやって歩いてんだ


22 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 21:55:01.794 ID:C69jyfhYa.net
どこでしゃべってるんだ


24 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 21:56:03.790 ID:rAgrggjH0.net
女「ちょっとさわってもいい?」

巨大脳みそ「いいとも」

女「えいっ」ブニッブニッ

女「わぁっ、すごい弾力! 工業用ゴムみたい!」

巨大脳みそ「詩的な表現だなぁ」

女「えいっ」ブニッ

巨大脳みそ「あんっ! 脳幹はらめぇっ!」ビクン


28 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 21:59:28.377 ID:rAgrggjH0.net
昼休み――

女「ねえ、一緒にご飯食べよ!」

巨大脳みそ「いいとも!」

女「脳みそ君は、なに食べるの? なにが好きなの?」

巨大脳みそ「メロンパンと味噌ラーメンが大好物さ!」

女「わぁっ、私とおんなじだわ!」


30 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 22:02:35.776 ID:rAgrggjH0.net
女「だけど、口がないのにどうやって食べるの?」

巨大脳みそ「ボクの下の方を見てごらん」

女「あっ、小さな穴がある!」

巨大脳みそ「ここから食べるんだよ」

巨大脳みそ「こうやって、ね」ズルズル…

女「すっごーい!」

巨大脳みそ「褒められながら食べる味噌ラーメンは格別だね」ズルズル…


32 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 22:06:07.297 ID:rAgrggjH0.net
体育――

体育教師「位置について……」



巨大脳みそ「……」ザッ

陸上部員「へっ、脳みそだからって手加減はしないぜ!」ザッ



女「……」ドキドキ


34 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 22:08:40.398 ID:rAgrggjH0.net
体育教師「よーい、ドンッ!」パンッ



巨大脳みそ「うおおおおおおっ!」ノノノノウッ

陸上部員「ぐっ……!」タタタタッ



女「はっやーい!」



体育教師「素晴らしい! 100mを10秒45とは!」


35 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 22:12:13.259 ID:rAgrggjH0.net
テスト――

女「転校初日から、抜き打ちの小テストだなんてツイてないね~」

女「私は85点だったけど、何点だった?」

巨大脳みそ「……45点」

女「あれれ? 頭はあまりよくないんだ」


36 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 22:15:21.614 ID:rAgrggjH0.net
巨大脳みそ「ガッカリさせちゃったかい?」

女「ううん、むしろ逆よ!」

巨大脳みそ「えっ……」

女「脳みそだけど頭が悪いなんて、ギャップがあって、サイッコーじゃない!」

巨大脳みそ「女さん……」



二人は相性がよく、急速に惹かれあっていった。


38 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 22:18:22.686 ID:rAgrggjH0.net
ある日のこと――

<公園>

巨大脳みそ「メロンパンおいしいね」モグモグ

女「ねー!」モグモグ

女「ところでさぁ、脳みそ君」

巨大脳みそ「なんだい?」


39 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 22:21:29.920 ID:rAgrggjH0.net
女「どうして脳みそだけになっちゃったの?」

巨大脳みそ「実はボク、子供の頃に大きな事故にあってしまってね」

巨大脳みそ「それで、体を失って……脳みそだけになっちゃったんだ」

巨大脳みそ「最初はボクも普通サイズだったんだけど、どんどん脳が肥大化してしまって……」

女「重い!」

女「そんな重い事情が隠されてるなんて思わなかったわ!」


41 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 22:24:55.498 ID:rAgrggjH0.net
巨大脳みそ「事情は重いけど、体重は軽いんだよ。ボク、こう見えて30kgぐらいしかないし」

女「へ?」

巨大脳みそ「ブレーンジョーク!」

女「やだーっ! 脳みそ君ったら! おもしろーい! アハハハハ!」

巨大脳みそ「アハハハハハ!」

女「アハハハハハ!」


43 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 22:27:45.143 ID:rAgrggjH0.net
<脳みその自宅>

巨大脳みそ「ただいま」

女「おじゃまします!」

母「! ……あら、いらっしゃい!」

巨大脳みそ「今日はガールフレンドを連れてきたよ」

女「ガールフレンドでぇっす!」

母「おやまぁ……」


45 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 22:30:07.248 ID:rAgrggjH0.net
母「脳みそだけのお前に、まさか彼女ができるなんて……」

巨大脳みそ「ボクもまだまだ捨てたもんじゃないだろ? 母さん」

母「うん……」

母「これからも息子をよろしくね、仲良くしてあげてね」

女「はいっ!」


48 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 22:34:38.354 ID:rAgrggjH0.net
母「あらやだ、私としたことが涙を……」ポロッ

巨大脳みそ「母さん!」

巨大脳みそ「母さんが涙を出すなら、ボクは脳汁を出しちゃおっかな!」ジワァァァ…

女「え?」

巨大脳みそ「ブレーンジョーク!」

女「アハハハハッ! サイコーッ!」

母「オホホホホ!」

巨大脳みそ「アハハハハ!」



この後、三人はジョーク合戦に花を咲かせた。


51 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 22:37:30.765 ID:rAgrggjH0.net
ある週末――

<遊園地>

巨大脳みそ「ここが遊園地かぁ、初めて来るよ!」

女「さあ、フリーパスを買ったし、今日は楽しもうね!」

巨大脳みそ「そうだね! 脳汁出しまくるよ!」ジワァァァ…

女「ちょっとちょっと! 出すの早いってば!」


53 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 22:41:18.094 ID:rAgrggjH0.net
女「――次はいよいよジェットコースター乗ろうか」スタスタ

巨大脳みそ「うん」ノタノタ

スタッフ「あ、こちらの絶叫マシンは身長130cm以下の方はお乗りになれません」

女「ええっ!?」

女(私は160cmあるけど、脳みそ君、身長高くないもんなぁ……しょうがないか)

巨大脳みそ「ボク脳みそです」

スタッフ「あ、でしたら大丈夫です」

女「大丈夫なんだ!」


57 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 22:44:55.459 ID:rAgrggjH0.net
ゴォーッ!!!





女「きゃーっ! 楽しい~っ!」

巨大脳みそ「脳細胞がメチャクチャに刺激されて、サイコーだよォ!」


58 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 22:47:24.743 ID:rAgrggjH0.net
ところが――

チンピラ「おい、そこのカップル」

女「なによ?」

巨大脳みそ「なんですか?」

チンピラ「脳みその分際でずいぶん楽しんでるじゃねえか。ちょいと金めぐんでくれよ」

女(うう……怖い!)

巨大脳みそ「お断りします」キリッ

チンピラ「断るなら、脳内出血させてやらぁっ!」ブオッ

女「脳みそ君!」


61 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 22:49:32.486 ID:rAgrggjH0.net
巨大脳みそ「脳ッ!」ノウッ!!!



バキィッ!



チンピラ「ぐはぁっ!」ドサッ…





女(すっごーい! 前頭葉でパンチを繰り出して、チンピラをやっつけた!)


62 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 22:52:29.954 ID:rAgrggjH0.net
チンピラ「ち、ちくしょう……相手が悪すぎたぜ……」ヨロヨロ…



女「脳みそ君ってこんなに強かったんだ!」

巨大脳みそ「うん、毎日の脳トレは欠かしてないからね」ムキッ

女「うわっ、すごい力こぶ!」





川島隆太教授(フッ……しばらく見ない間に、腕を上げましたね)


63 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 22:56:57.109 ID:rAgrggjH0.net
巨大脳みそ「今日は楽しかったよ、本当にありがとう」

女「こっちこそ! じゃあねー!」スタタッ





巨大脳みそ「……」

巨大脳みそ(君は……本当にステキな人だ)

巨大脳みそ(だけど、君はもうすぐボクを愛してくれなくなるかもしれない)

巨大脳みそ(なぜなら、君が愛しているのはきっと“ボクそのもの”じゃないから――)


64 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 23:00:47.457 ID:rAgrggjH0.net
遊園地デートから一週間後――

<学校>

女「あれ? 脳みそ君、浮かない顔してどうしたの?」

巨大脳みそ「……」

女「悩みがあるなら、私にも相談してよ!」

女「ほら、“脳”って字と“悩む”って字って似てるしさ!」

巨大脳みそ「うん……」


65 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 23:03:23.859 ID:rAgrggjH0.net
巨大脳みそ「実は……手術することになったんだ」

女「手術? どんな?」

巨大脳みそ「ボクが、ボクの肉体を取り戻す手術さ」

女「えっ!」


66 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 23:06:28.148 ID:rAgrggjH0.net
巨大脳みそ「父さんの知り合いにクローン技術の権威である名医さんがいて」

巨大脳みそ「その人ならボクの失われた肉体を、復元することができるらしいんだ」

巨大脳みそ「しかもボクの今の年齢に合わせることもできる」

巨大脳みそ「ちなみにボクはサイズを縮小されて、新しい肉体に収納してもらえる」

巨大脳みそ「いくら脳トレしてても、今のままむき出しじゃ長生きできないみたいだしね」

女「よかったじゃない!」

巨大脳みそ「だけど……怖いんだ」

女「なにが?」


67 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 23:09:37.294 ID:rAgrggjH0.net
巨大脳みそ「物心ついてから今までボクはずっと、この姿で生きてきた」

巨大脳みそ「それがいきなり肉体を手に入れて、果たして上手くやっていけるかどうか……怖いんだ」

女「そりゃあ、たしかに怖いかもね……。私だってあなたの立場なら怖いわ」

女「なんたって、いきなりガンダムに乗れっていわれるようなもんだしねえ」

巨大脳みそ「そ、それに……」

女「それに?」

巨大脳みそ「ボク、君に嫌われるのが怖いんだ」


69 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 23:12:28.071 ID:rAgrggjH0.net
巨大脳みそ「君がボクと付き合ってくれたのは、ボクが“脳みそ”だったから――」

巨大脳みそ「いわゆる“物珍しさ”もあっただろう?」

巨大脳みそ「だからボクが普通の人間になってしまったら、きっと君はボクのことを……」

女「……」ザッ

巨大脳みそ「ん?」

女「このバカァ!」バシッ

巨大脳みそ「うっ!?」


71 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 23:16:39.542 ID:rAgrggjH0.net
女「私があなたを好きになった理由が、“物珍しさ”ですって!? バカにしないでよ!」

女「そりゃたしかに最初はそうだったかもしれないわ!」

女「ラスボスっぽいとか、工業用ゴムだとか、脳みそなのに頭悪いとか、散々面白がってたしね!」

女「だけど……今はちがう!」

女「あなたのなんかもう、なにもかもが、全部が好きなの!」

女「物珍しさだけで遊園地でデートなんかできるわけないじゃない!」

女「今度そんなことほざいたら、持ち上げてブレーンバスターかましちゃうんだから!」

巨大脳みそ「女さん……」


73 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 23:19:59.501 ID:rAgrggjH0.net
巨大脳みそ「決めた! ボク……手術受けるよ!」

女「アハハ、参ったわね。今日の脳みそ君はいつにもましてイケメンに見えるわ」

巨大脳みそ「それをいうなら、イケブレーンじゃない?」

女「は?」

巨大脳みそ「ブレーンジョーク!」

女「アハハハハハ!」

巨大脳みそ「アハハハハハ!」


75 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 23:23:35.534 ID:rAgrggjH0.net
二週間後、ある大学病院で手術が行われた――



<病院>

父「……」

母「……」

女(脳みそ君……頑張って……!)

母「あなたは待たなくてもいいのよ、だいぶ時間がかかるっていうし……」

女「いえ、待たせて下さい。彼に伝えたい言葉がありますし」

父「息子のために、ありがとう……」



三人はしりとりやトランプなどをしながら待ったが、手術はなかなか終わらなかった。


77 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 23:27:22.069 ID:rAgrggjH0.net
そして、12時間後――



ギィィ……



女「!」





名医「手術は……成功しました」

名医「さあ、こちらへおいで」


79 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/20(水) 23:30:21.623 ID:rAgrggjH0.net
男「やぁ」ザッ

男「これが脳みそじゃない……肉体を手に入れたボクだ」

男「これからも君の彼氏でいて……いいかな?」

女「……」クスッ

女「ノー・プロブレムよ」






おわり


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1461156001/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「オリジナル」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ