Powered By 画RSS


池袋晶葉「これで助手は私の物だ!」

2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/02(土) 02:02:37.52 ID:+UPeuEz40
CGプロ事務所

晶葉「出来たぞ! 助手は居るか!」バーン

凛「!?」

凛「お、おはよう晶葉。プロデューサーなら居ないけど……」

晶葉「ああ、おはよう。むむ。助手は居ないのか」

凛「何か用だったの?」

晶葉「いや、助手に協力してもらって作った『もしもテレビ』が完成してな」

凛「『もしもテレビ』?」

晶葉「もしも○ックスとタ○ムテレビを足したようなものだと思ってくれればいい」

晶葉「ただ、用途が限定されていてな」

凛「ふーん」





3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/02(土) 02:04:11.67 ID:+UPeuEz40
晶葉「助手に告白するとどうなるかしか見れないんだ」

凛「ふー……ん!?」

凛「え、ちょ。え?」

晶葉「ん? どうした?」

凛「ね、ねぇ、それを使うとどうなるって……?」

晶葉「? だから助手に告白したらどう返事をされるかが分かるだけの機械だ」

凛(……という事はリスクも無しに告白の練習が出来るって事!?)



4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/02(土) 02:04:45.22 ID:+UPeuEz40
晶葉「ムム、ソロソロレッスンノジカンカー」ボウヨミ

晶葉「アア、ダレカニテストシテモラウツモリダッタノニナー」ボウヨミ

晶葉「シカタナイカラコイツハココニオイテイコー」ボウヨミ

晶葉「というわけで勝手に触らないでくれよ?」ニコ

凛「え? あ、うん。任せて」

晶葉「デハ、レッスンイクヨー」テクテク



5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/02(土) 02:05:23.17 ID:+UPeuEz40
凛「……」

凛「……」キョロキョロ

凛(今なら珍しくちひろさんも居ない……)

凛(丁寧に取扱説明書もついてるし……)

凛「うん。これは晶葉の実験に協力するだけ。うん。これは協力、善意」

凛「何々……? 名前を入力して……」カチャカチャ

凛「ボタンを押すっと」ポチッ




6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/02(土) 02:06:20.15 ID:+UPeuEz40
凛『ねぇ、プロデューサー』

モバP(以下P)『ん?』

凛『私さ。プロデューサーとアイドルやれてよかったって思ってるよ』

P『そうか……そう言ってもらえるとスカウトした甲斐があるよ』

凛『あの……さ』

凛『私……プロデューサーの事、好き……なんだ。付き合ってくれない?』

P『凛……』

P『まさか、凛にそんな風に言ってもらえるとはな……嬉しいよ』

凛『じゃあ……!』

P『ああ!』

凛『プロデューサー!』



7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/02(土) 02:07:02.68 ID:+UPeuEz40
P『いや、無理だわー。だってお前蒼いし』

凛『!?』

P『いやー、風の色まで蒼いとかさ。笑い堪えるのに必死ですわー』

凛『』

P『あと、翼を広げて、とか、残していこうか私達の足跡、とか。ギャグにしか思えないわー』

凛『』

P『だから無理だわー』




8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/02(土) 02:07:30.62 ID:+UPeuEz40
凛「ああああああああ!!!!」ガクガク

凛「そんなバカなことがあっていいわけがない!」

凛「プロデューサーはそんな事言わないもん!」ポロポロ

凛「ふぇっ……うわああああん……!」




9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/02(土) 02:07:58.61 ID:+UPeuEz40
未央「おっはよーございまーす!」ガチャ

凛「うわあああん……!」ポロポロ

未央「うえっ!? し、しぶりん!?」

未央(何故いきなり事務所に入った瞬間に修羅場!?)

未央「え!? わ、私何かした!? ご、ごめん! しぶりん!」オロオロ

凛「ぐすっ……み、みおはわるくないぃ……」フルフル

未央「じゃあ一体何があったの!?」

凛「あれぇ……」ユビサシ

未央「あれ?」

未央(な、なんだこのただのモニターにキーボード取り付けただけみたいな粗末な機械……)



10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/02(土) 02:08:31.38 ID:+UPeuEz40
凛「うわあああん……!」

未央「おおぅ! よしよーし。しぶりんは良い子だねー」ナデナデ

凛「ふえっ……ぐすっ……」スースー

未央「泣き疲れて寝ちゃった……のかな?」

未央「さて、じゃあ問題のあれを見てみますかっと」

未央「何々……」

未央「ぷ、プロデューサーに告白するとどうなるかわかる機械だって!?」



11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/02(土) 02:08:58.66 ID:+UPeuEz40
未央「またまた~そんな都合の良い物があるわけないって」

未央「とは言い切れないなんでもありな我が事務所……」ムムム

未央(しぶりんがこいつが原因で泣いているとすれば、告白が上手くいかなかったとしか思えない)

未央(しぶりんでダメなら、もしかして私にもチャンスあったりするのかな……)

未央「使って……みよっかなー……?」クビカシゲ

未央(いや、でもそんな事してもしフラれたりしたら……)

未央「……ううん! どうせ現実じゃないし、練習だと思おう!」

未央「よーし、そうと決まれば……」ナマエニュウリョク

未央「えいっ!」ポチッ




12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/02(土) 02:09:28.02 ID:+UPeuEz40
未央『ねぇ、プロデューサー!』

P『ん? なんだ?』

未央『あのさ、私こんなキャラだから冗談って思われるかもしれないけど……』

未央『私、プロデューサーが好き! 大好き!』

未央『だから、私と付き合ってください!』

P『未央……』

未央『だ、だめ……だよね……? あははー、そうだよねー。うん、知ってたから!』

未央『知ってたから……』



13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/02(土) 02:10:23.72 ID:+UPeuEz40
P『未央!』

未央『ぷ、プロデューサー!? 急に抱きしめられると照れるよ……』

P『未央、どうしてお前がそこまで自分に自信がないのかは知らないが、俺の答えは最初から一つだ』

未央『え……それって……』

P『ああ』

未央『ふへへ……』

P『未央、お前とは付き合えない』

未央『はへ?』



14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/02(土) 02:11:51.20 ID:+UPeuEz40
P『いやー、無理だわー。友達としてならいいけど付き合うとかないわー』

未央『えっ?』

P『そんなキャラで友達以上になれるとかないわー。身体だけが目当てってとこですわー。身体は良いもんなー』

未央『』

P『付き合うとかマジ無理だわー』




15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/02(土) 02:12:17.12 ID:+UPeuEz40
未央「……」フラッ

未央「はは……これは現実じゃないけど……きっついなぁ……」ポロポロ

未央「そりゃしぶりんも泣くよね……」

未央「にしても身体だけとか……」ジワッ

未央「ははっ……」バタリ




16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/02(土) 02:12:50.76 ID:+UPeuEz40
卯月「おはようございます!」

卯月「あれ? 誰も居ないのかな?」キョロキョロ

卯月「あ、あの見慣れた足は未央ちゃんですね!」

卯月「みーおちゃんっ!」ガシッ

未央「」

卯月「な……し、死んでる……!?」

卯月「ってそんなわけないですよね」コツン

卯月「うーん、疲れて寝ちゃったのかな? 隣に凛ちゃんも寝てるし……」ハテ



17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/02(土) 02:13:36.50 ID:+UPeuEz40
卯月「ん? あれ、なんでしょう……テレビ……?」

卯月「あ、これは取扱説明書ですね」ヒョイ

卯月「何々……ってええええええぇぇぇ!?」

卯月「プププ、プロデューサーさんに告白したらどうなるか分かる機械!?」

卯月「わわわわ……どどどどどうしましょう……」オロオロ

卯月「……」キョロキョロ

卯月「い、今なら誰も見てないですよね……!」カチャカチャ

卯月「えいっ!」ポチッ




18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/02(土) 02:14:02.75 ID:+UPeuEz40
卯月『プロデューサーさん!』

P『おお、卯月か。どうした?』

卯月『あ、あの! ずっと言いたい事があって……』

P『なんだ?』

卯月『す、好きです! わ、私と付き合ってください!』

P『卯月……』

P『まさか卯月が俺の事をそんなふうに思っていてくれたなんて……嬉しいよ』

卯月『じゃ、じゃあ!』

P『ああ!』



19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/02(土) 02:14:32.11 ID:+UPeuEz40
卯月『こ、これからよろしくお願い――』

P『いや、無理だわー。だってお前普通じゃん』

卯月『え……』

P『卯月と付き合うとかないわー。だってなんも取柄ないっしょー?』

P『見た目可愛いだけならうちの事務所一杯いるし、わざわざ卯月選ぶ必要ないわー』

卯月「」

P『卯月とかマジでないわー。頑張りますしか言えないとかほんと無理』




20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/02(土) 02:15:04.63 ID:+UPeuEz40
卯月「……ぴにゃあああああああ!!!」ウワーン

卯月「ぷ、プロデューサーさんはそんなこと言わないもん……!」

卯月「うわあああん……!」

卯月「だって……プロデューサーさんは私の笑顔を褒めてくれたのに……」ポロポロ

卯月「ふぇぇぇぇ……」バタッ




21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/02(土) 02:15:30.32 ID:+UPeuEz40
その後も

加蓮『付き合って!』

P『病弱生意気とか無理だわー』

加蓮『』

美穂『付き合ってください!』

P『私服がクマとかありえないから無理だわー』

美穂『』

藍子『付き合ってください』

P『俺、巨乳派だから無理だわー』

藍子『』



22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/02(土) 02:16:00.96 ID:+UPeuEz40
奈緒『な、なぁ、付き合ってくれないか……?』

P『太眉とかないわ。無理だわー』

奈緒『』

響子『プロデューサー、付き合ってください!』

P『絵心ないやつとか無理だわー』

響子『』

茜『付き合ってください! プロデューサー!!!』

P『なんでもかんでも筋肉で解決するとか無理だわー』

茜『』

死屍累々……




23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/02(土) 02:16:38.98 ID:+UPeuEz40
晶葉「ふっふっふ……」ガチャ

晶葉「私が思った通りだな!」

晶葉「うちのアイドルで助手を狙ってないアイドルは居ないからな」

晶葉「こうやって助手に告白すればどうなるか分かる機械を作ればきっと全員使うと思っていた」

晶葉「まさか何をどうしようが絶対にフラれるとは思ってもいなかっただろう!」

晶葉「はーっはっはっは! 天才とは恐ろしいな!」

まゆ「へぇ……この機械、絶対にフラれるんですねぇ?」ユラリ

晶葉「うむ! いくら天才とは言え、助手がどう受け答えするかなんてわからんからな!」

晶葉「それにこんな悪趣味な事に助手が協力するわけもないだろう!」

晶葉「ふっふっふ。これで助手は私のものだ!」


24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/02(土) 02:17:08.59 ID:+UPeuEz40
晶葉「さて、ラボに戻って助手を落とすための機械でも作るか」クルッ

晶葉「」

まゆ「うふっ。おはようございます、晶葉ちゃん」

晶葉「あ、ああ……お、おはよう、まゆ……!」

晶葉「す、すまないがこれで失礼する! 私は忙しいのでな!」ダッ

まゆ「どこに、行くんですかぁ?」ガシッ

晶葉「ひいっ……!」

まゆ「乙女心をもてあそんで……姑息な手段でPさんを自分の物にしようなんて……」

まゆ「ちょっとお仕置きが必要ですねぇ」ニコッ

晶葉「あ……あああぁぁぁ!!」




25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/02(土) 02:17:39.00 ID:+UPeuEz40
ちひろ「ただいま戻りましたー」

ちひろ「あれ? 何かあったんですか?」

まゆ「いえ、何もありませんよ」ニッコリ

晶葉「」

End


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1459530124/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ