Powered By 画RSS


真姫「彼女は皮肉」

1 : ラブライブ!要素薄(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 23:17:00.19 ID:tgPBZK6n.net
いつものように座っていた。

在る意味もない、置き物のように。

無機に無慈悲に、一つの風景となって。

存在しない、私。

見えなし私を、彼女は、見つけた。

──風の強い日だった。


──




2 : 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 23:17:37.53 ID:tgPBZK6n.net
綺麗ですね。

そう言うと、ごく自然に、ベンチの隣に腰掛ける。

長い青みがかった黒髪をなびかせながら。

高校生、同い年くらいの子。


「あなたは、誰?」


3 : 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 23:18:11.46 ID:tgPBZK6n.net
「いえ、すみません。つい、その靴が綺麗だったもので」


「…そう。でも、ありふれたスニーカーじゃない」


「と言いますのも一つの口実で、あなたがまるで見えなかったからです」


「…ならどうして私がわかったのよ」


「そうですね、わかりません」


「…」


4 : 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 23:18:44.82 ID:tgPBZK6n.net
「と言いますのも一つの口実で、私が暇だったからです」


「…意味わかんない」


「あなたこそ、どうしてこんなところにいるのです?」


「さあね」


「気になります」


「…忘れたわ、とうの昔に」


「なら、その意味はどこに行ったのでしょう」


「風にでもとばされたのよ」


──


5 : 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 23:19:16.15 ID:tgPBZK6n.net
「こんにちは」


「また来たのね」


「ええ、不思議にもここは落ち着くので」


「…ふうん」


「…砂場が楽しそうですね。

 山にトンネルを掘って、水を通しているのですか」


6 : 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 23:19:43.82 ID:tgPBZK6n.net
「楽しくないわよ、あんなの。それに汚れるじゃない」


「酷いです。私は小さい頃、よくああして遊びましたよ」


「…汚れても?」


「はい。面倒事は気にかけず、子供ながらに思い切り」


「…私も、遊んだ」


7 : 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 23:20:24.19 ID:tgPBZK6n.net
「普通ですよ、子供なら」


「皮肉ね」


「人は、成長しなければならない、皮肉な生き物なんです」


「…人間に生まれてきて損した」


「命さえあるならば、幸せです」


──


9 : 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 23:20:59.27 ID:tgPBZK6n.net
「どこに住んでいるの?」


「把握していません」


「何よそれ」


「どこにも住んでいないのかも知れません」


「意味わかんない」


「家の都合で転々と移住しているので、自分の居場所がわからないんです」


「ああ。大変なのね」


10 : 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 23:21:26.82 ID:tgPBZK6n.net
「随分と他人事ですね」


「他人事じゃない」


「道徳ですよ。
 確かに他人事ですが、人間なら、その場限りでも関係を築くべきです」


11 : 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 23:21:55.15 ID:tgPBZK6n.net
「…うるさい」


「静かです」


「…内容が堅苦しい」


「…おっと、失敬」


──


12 : 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 23:22:20.17 ID:tgPBZK6n.net
「泣いているのですか?」


「…うるさい」


「堅苦しいですか?」


「…別に」


「…」


13 : 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 23:22:48.02 ID:tgPBZK6n.net
「…雨が降っているだけよ。あなたこそこんな天気なのに何で」


「その雨には理由があります」


「…パパに叱られた。それだけ」


「雷が落ちたのですね」


14 : 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 23:23:22.63 ID:tgPBZK6n.net
「はぁ、帰りたくない、いっそこのままここで、無くなりたい」


「駄目です」


「どうしてよ」


「悲しむからですよ。最低でも私が」


「嘘。道徳でしょ?その場限りの関係でも?」


15 : 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 23:23:49.69 ID:tgPBZK6n.net
「悲しみます。絶対に」

 見えなくても、しかし存在しなくては駄目です。私がいる限り」


「…そう。でも、酷く自己中なのね」


「…返せません」


──


16 : 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 23:27:25.92 ID:tgPBZK6n.net
「あ、段差で転んでしまっています」


「あの段差、気付きにくいのよ」


「かなり痛そうです。大丈夫でしょうか」


「大丈夫でしょ。ほら、あの子の友達」


17 : 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 23:28:05.45 ID:tgPBZK6n.net
「なるほど…」


「…」


「私も、同じように人を手当したことがあります」


「……へぇ。

 …でも、馬鹿馬鹿しいと思わない?所詮、うわべだけの友達」


18 : 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 23:28:44.42 ID:tgPBZK6n.net
「私は、そうは思いません。

 うわべだけならうわべなりに、その場だけならその場なりに、想い合える。それを私は目指します」


「なぜ?その意味はどこにあるのかしら、風にとばされたりしてない?」


「ただ、美しいからですよ。意味は、私の心にだって、あなたの心にだってあるのです。

 風にとばされるほど軽いものではありません」


19 : 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 23:29:10.14 ID:tgPBZK6n.net
「…尊敬するわ」


「皮肉ですか?」


「いえ、本音」


──


20 : 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 23:29:41.54 ID:tgPBZK6n.net
「…やっぱりいたのね、この夜中に」


「どうして、わかったのですか?

 自宅からでは私を認識することは出来ないでしょう」


21 : 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 23:30:08.62 ID:tgPBZK6n.net
「綺麗だから…?」


「格好はいつも通りです」


「あなたがまるで見えなかったから…?」


「意味わかんないです」


「…話しに来たのよ、理由を。」


「一体何のことです?」


「私が、ここに居座っていた理由よ」


「…ふむ」


22 : 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 23:30:48.34 ID:tgPBZK6n.net
「私、昔から友達なんていなかったから、よくここで一人遊んだの」


「一人でですか」


「そう。ブランコや砂遊び。

 で、自分で作り上げた立派な砂のお城を見て、虚しさを感じたの」


「見えもらえな事は、辛いことです」


23 : 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 23:31:18.60 ID:tgPBZK6n.net
「だから、虚ろに、まるで姿もなく、ベンチに座っていたら、

 いないはずの私を、彼女は、見つけたの。同い年くらいだったわね」

 『かわいいですね』

 そう言って、砂のお城を指差しながら、風に長い黒髪をなびかせて」


「出会い、ですか」


「そう。彼女との初めての出会い。

 それから、一人ぼっちだった私と毎日のように遊んでくれた。楽しかった。

 でも、その時もつかの間、彼女は突然旅立つと告げて、ベンチから姿を消したの」


「…」


24 : 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 23:31:56.71 ID:tgPBZK6n.net
「…幼い私は、いつか会えることを夢見て、毎日ベンチに座って待ったわ。

 晴れの日も雨の日も。

 でもね、そんなのは妄想だから、何年か過ぎて、夢も意味も欠片も残らず風化して。

 自分を鏡に映した時には、輝きを完全に失ったただの置き物になってた」


「とても儚いです。同時に、とても美しいです」


25 : 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 23:32:41.75 ID:tgPBZK6n.net
「その場限りの関係は、輝いていたのかしら」


「ええ、きっと」


「あなたは、皮肉なのね」


「私だって人間ですから。

 それはそうと、眠いのです」


「最っ低!真面目に心開いて話したのに!

 道徳は?ついに風にとばされた?」


26 : 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 23:33:12.98 ID:tgPBZK6n.net
「…んぅ」


「…はぁ」


「…」


「…ほら、眠らないの、肩に頭が寄ってきてるわよ」


「…」


「…たまにしか、甘えさせてあげないんだから」


──


27 : 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 23:33:44.64 ID:tgPBZK6n.net
「私は、明日には、ここを旅立ちます」


「…」


「…」


「…突然なのね。あの頃と同じ」


「…それでこそ、人間は成長できる、皮肉な生き物」


「もう飽きたわよ」


「…はい」


28 : 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 23:34:15.29 ID:tgPBZK6n.net
「その…元気でやってよね」


「最後まで、どこか他人事で冷静沈着ですね」


「あら、よく理解してるじゃない」


「そのつもりです。だって、数週間の長い付き合いですから」


「ふうん」


29 : 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 23:34:38.53 ID:tgPBZK6n.net
「私からも。健康に気を付けて下さいね。

 では私は急ぎます」


「ありがとう、楽しかったわよ。

 …さようなら」


30 : 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 23:35:07.82 ID:tgPBZK6n.net
「さようなら。

 人間は、果てしなく無駄と無意味を繰り返す、滑稽な、皮肉な生き物ですから」


彼女は、あの深海よりも深く広い大空に、彼女が持つ理由と共に、旅立っていくのだろう。

風にとばされていくのだろう。

彼女と出会うとこは、もう二度と、ないのだ。


──


31 : 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 23:35:40.97 ID:tgPBZK6n.net
──風の強い日だった。


美しいですね。

そう言うと、ごく自然に、ベンチの隣に腰掛ける。

長く青い髪をなびかせながら。

同い年くらいの女性。


「あなたは、誰?」


「いえ、すみません。つい、ベンチのあなたが美しかったもので」




─Fin─


32 : 名無しで叶える物語(魔女の百年祭)@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 23:36:11.71 ID:tgPBZK6n.net
読者感謝


元スレ:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1461593820/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ラブライブ!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ