Powered By 画RSS


少年「お父さん、お父さん! 魔王がいるよ!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/28(木) 20:06:53.62 ID:9qCv1E/uo
ある霧の濃い夜、幼い息子を胸に抱え、馬を走らせる父親の姿があった。



パカラッ! パカラッ!



少年「お父さん、お父さん!」

父「どうしたんだい、坊や?」

少年「魔王がいるよ!」




3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/28(木) 20:09:18.39 ID:9qCv1E/uo
魔王『フフフフ……。これはこれは、可愛い坊やを見つけたぞ……』





少年「魔王が! 魔王がいるよぉ!」

父「ハハハ、なにを言ってるんだい。あれはただの霧だよ」


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/28(木) 20:11:56.31 ID:9qCv1E/uo
魔王『坊や、私と一緒に遊ぼうじゃないか。楽しい場所に連れていってあげよう……』





少年「お父さん! 魔王がしゃべってるよ! 恐ろしい声だよ!」

父「大丈夫、あれは枯れ葉のざわめきさ」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/28(木) 20:14:42.25 ID:9qCv1E/uo
魔王『ほらご覧、私の娘もいるよ。坊やに美しい舞いを披露したがっているよ』

魔王娘『オホホホホ……』





少年「うわぁぁぁ! 魔王の娘だ! お父さん、魔王の娘もいるよぉ!」

父「あれは枯れた柳の木だよ。魔王の娘なんかじゃないんだよ」


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/28(木) 20:16:10.74 ID:9qCv1E/uo
少年「ホントだよ! 魔王がいるんだよぉ! 怖いよぉぉぉ!」





魔王『なんと可愛らしい悲鳴だ。こうなれば、力ずくで連れていくことにしよう』


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/28(木) 20:19:02.05 ID:9qCv1E/uo
少年「お父さん、お父さぁん! 魔王が、魔王がぁぁぁ!」





魔王『無駄だよ、坊や』

魔王『君のお父さんは私に気づくことができないんだよ……さぁ、おいで……』


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/28(木) 20:21:03.52 ID:9qCv1E/uo
少年「覇ァッ!!!」



ドゴォッ!!!



魔王『ぶっ!?』


15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/28(木) 20:24:07.26 ID:9qCv1E/uo
魔王『な、なんだと……!? 人間の子供がこれほどの打撃を……!?』



少年「お父さん、ごめん……ぼく、やっと分かったよ」

少年「お父さんは魔王に気づいてないんじゃない……気づかないふりをしてるだけ……」

少年「お父さんはこう言いたいんだよね」

少年「“魔王くらい自力で倒せないと、一人前の男になれない”って!」



父「……」ニヤッ


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/28(木) 20:27:11.39 ID:9qCv1E/uo
少年「来いよ、魔王! 一対一だ!」ビシッ

魔王『ふ、ふざけるなよ……! このクソガキが!』

魔王『可愛いから連れ去ろうと思ったが、もういい! 肉体ごと滅してくれるわァ!』

魔王『キエェアアアアアアッ!!!』

少年(お父さんから伝授された奥義……今こそ使わせてもらうよ!)キッ


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/28(木) 20:30:41.72 ID:9qCv1E/uo
少年「蹴ゥッ!!!」



ドドドドドドドドドドッ!!!



魔王『ぐごあぁぁぁっ……!』







父(敵の腰回りに蹴りの連打を浴びせ、まるでベルトを巻いたような傷を残す奥義――)

父(その名も“蹴(しゅう)ベルト”)

父(初めて使うにしては、上出来の威力だ……見事!)


21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/28(木) 20:33:40.56 ID:9qCv1E/uo
魔王『ガ、ガハッ……! バカな……魔界の王である私が、こんな子供に……!』

魔王娘『……』

魔王『おおお……む、娘よ……私の傷を回復してくれえ……』

魔王娘『イヤよ』

魔王『え……』

魔王娘『負け犬はとっとと魔界に消えなさいな、このショタコン親父。キモイのよ』シッシッ

魔王『!!!』ガーン



魔王『ウギャアァァァァァ……』ボシュゥゥゥゥゥ…


22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/28(木) 20:35:47.74 ID:9qCv1E/uo
サァァァ……



少年「霧が晴れていく……」

少年「お父さん……ぼく魔王に勝ったよ!」

父「よくやったな、坊や」

父「だが、まだまだ甘い。私なら最初の一撃で魔王を仕留めていただろうからね」

少年「ちぇっ、お父さんには敵わないや」


23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/28(木) 20:39:34.67 ID:9qCv1E/uo
魔王娘「あ、あのっ……」

少年「あっ、魔王の娘! どうしたの?」

少年(霧の中じゃよく分からなかったけど、あらためて見るとこの子すごく可愛いな……)

魔王娘「今のあなたの戦いぶりを見て、惚れちゃいました……」

魔王娘「あたしと……お友達になって下さい!」

少年「う、うん……ぼくでよかったら!」

魔王娘「キャーッ! 嬉しいっ!」

父「これはこれは、とんだ戦利品だな」


24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/28(木) 20:42:28.61 ID:9qCv1E/uo
父「ところで、君のお母さんも美人なのかい?」

魔王娘「はい、魔界一の美人ですよ! あのショタコンクソ親父にはもったいないくらい!」

父「そりゃあいい! ぜひ今度、紹介してくれないか!」

魔王娘「いいですよ!」

少年「!」

少年「お、お父さん……お父さん……!」ガタガタ…

父「――ん?」


25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/28(木) 20:44:38.75 ID:9qCv1E/uo
少年「お母さんがいるよぉ!」

父「ハハハ、まさか……こんなところにいるわけないよ」クルッ



母「あぁ~……なぁ~……たぁ~……?」



父「ヒエエエッ!!?」


26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/28(木) 20:48:01.00 ID:9qCv1E/uo
母「君のお母さんも美人? 紹介してくれ? 今のは一体どういうことかしら?」ゴゴゴ…

父「ちっ、違うんだ! 落ち着くんだ! 話を聞いて――」



ウギャァァァァァ……!



少年「あの二人はほっといて、この馬に乗ってどこか遊びに行こっか!」

魔王娘「うん!」

馬「ヒヒィ~~~~~ン!」







<おわり>


27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/28(木) 20:53:09.27 ID:HPUwD+Ti0

いい疾走感だった


29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/28(木) 20:57:00.83 ID:JpJLzmqXO
笑ったよ


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1461841613/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「勇者・魔王系」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ