Powered By 画RSS


少年「赤ちゃんってどうやってできるの?」コウノトリ「え!?」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 19:05:25.241 ID:QWp9v1ZW0.net
少年「ねえねえ、コウノトリさん」

コウノトリ「なんだ、ボウズ」

少年「赤ちゃんってどうやってできるの?」

コウノトリ「え!?」




3 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 19:08:21.340 ID:QWp9v1ZW0.net
コウノトリ「うーん、そりゃあれだ。男と女がセッ……」

少年「せ?」

コウノトリ(いや、早い! いくらなんでも早すぎる!)

コウノトリ(相手はまだ、サンタさんのためにソックスを用意してるぐらいの子供だぞ!)

コウノトリ「……赤ちゃんは、オレが運んでくるんだよ」

コウノトリ「んでもって、母親の腹の中に詰め込むんだ」

コウノトリ「ブタの腸にひき肉を詰め込んで、ソーセージを作るようにな……」

少年「そうだったんだ!」


5 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 19:11:15.134 ID:QWp9v1ZW0.net
少年「赤ちゃんが産まれるのは、コウノトリさんのおかげだったんだ!」

少年「すごいや!」

コウノトリ「へへへ……だろ?」

少年「じゃあ、今連れてきてくれない?」

コウノトリ「え、今!?」

少年「今!」


6 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 19:14:30.119 ID:QWp9v1ZW0.net
少年「もしかして……無理なの?」

コウノトリ(ここで無理だと答えて、とっとと諦めさせるのはEASYだ……)

コウノトリ(だけど、オレには……ッ!)

コウノトリ(ウソを教えちまった責任がある……ッ!)

コウノトリ(ウソを現実にする義務がある……ッ!)

コウノトリ「分かった……いいぜ。連れてきてやる」

コウノトリ「ちょっと待ってろ!」バサバサッ

少年「うん!」


7 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 19:17:08.180 ID:QWp9v1ZW0.net
産婦人科――

女「お~、よしよし、可愛いわねえ。その若さに嫉妬しちゃうわぁ」

赤ちゃん「ばぶぅ、ばぶぅ……」





コウノトリ「いた!」バサッ


8 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 19:20:54.048 ID:QWp9v1ZW0.net
コウノトリ「すんません、奥さん!」

女「なにかしら?」

コウノトリ「実は赤ちゃんをレンタルさせていただきたいのですが、よろしいですか?」

女「……!」





女はこの時のことを、後にこう振り返っている。


「普通なら、そりゃもちろん断るに決まってるわよ。非常識すぎる頼みだもの」

「だけど、なんでか分からないけど、あの時は断るという選択肢はなかったわ」

「なぜなら……あのコウノトリの目は真剣そのものだったから……」


9 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 19:23:18.747 ID:QWp9v1ZW0.net
女「ライオンは我が子をグランドキャニオンに突き落とすという……」

女「ならば生まれてまもない我が子を、コウノトリにレンタルする親がいてもおかしくないわ」

女「持っていきなさいな!」



コウノトリ「ありがとう!」バサバサッ


10 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 19:26:37.910 ID:QWp9v1ZW0.net
コウノトリ「連れてきたぜ!」

赤ちゃん「だぁ~、だぁ~」バブバブ

少年「わぁっ、かっわいい!」

少年「コウノトリさん……ありがとう!」

コウノトリ「へへへ……インディアンとコウノトリは嘘をつかないんだぜ」

少年「じゃあ次の質問ね」

コウノトリ「え」


11 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 19:29:26.066 ID:QWp9v1ZW0.net
少年「サンタさんってホントにいるの?」

コウノトリ(くわっ! まぁ~た答えづらい質問を……)

コウノトリ「どうしてそんなこと聞くんだ? ボウズ」

少年「だってさ、一晩で世界中の子供にプレゼント配るなんて、どう考えても無理があるよ」

少年「トナカイが飛ぶってのもおかしいし」

少年「コウノトリさんなら“真実”を知ってるかもしれないと思って」

コウノトリ「う、う~ん……」


12 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 19:32:36.080 ID:QWp9v1ZW0.net
コウノトリ(サンタさんはお前の両親なんだよ、って教えてやるべきか!?)

コウノトリ(――いや! まだ早い!)

コウノトリ(子供には10歳まではサンタを信じる権利があるんだ! それをブチ壊しちゃならねえ!)

コウノトリ「……いるよ。サンタさんは本当にいる」

少年「いるの!?」

コウノトリ「つうかオレがサンタ」

少年「マジですか!?」


14 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 19:35:35.456 ID:QWp9v1ZW0.net
少年「あのさ……コウノトリさん」

コウノトリ「なんだ?」

少年「お願い! プレゼントちょうだい!」

コウノトリ「え!?」

少年「……ダメ?」

コウノトリ「いいぜ……プレゼントしてやる。なにが欲しいんだ?」

少年「ドローン」

コウノトリ「!?」


15 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 19:38:53.411 ID:QWp9v1ZW0.net
コウノトリ「ドローンって……あの!?」

少年「あの」

コウノトリ「一時期世間を騒がせた?」

少年「そう」

コウノトリ(こ、こいつ……ッ! 二代目ドローン少年にでもなるつもりか!?)

コウノトリ「わ、分かった……ちょっと待ってろ!」バサバサッ


16 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 19:42:41.229 ID:QWp9v1ZW0.net
ドローン専門店――

店員「いらっしゃいませ」



盗撮ドローン ¥1,000,000

爆撃ドローン ¥3,500,000

四次元ドローン ¥5,000,000



コウノトリ(うへぇ~、ドローンってこんな高いのかよ)

コウノトリ(こりゃちょっと手が出せんわ……手作りするしかねえな)


17 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 19:45:14.727 ID:QWp9v1ZW0.net
コウノトリ「えぇっと……枝を短く折って……」パキッ

コウノトリ「もう一本の枝をTの字になるようにくっつけて、と」ペタッ



コウノトリ「完成!」





18 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 19:48:56.035 ID:QWp9v1ZW0.net
コウノトリ「ほれ、タケトンボだ」

少年「うわぁ、ありがとう!」ブルンッ ボトッ

少年「すごい勢いで地面に落ちるから楽しいや!」ブルンッ ボトッ

少年「だけどドローンはどうなったの?」ブルンッ ボトッ

コウノトリ「今はクリスマスじゃないから、多少グレードが落ちちまうんだ」


19 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 19:51:45.366 ID:QWp9v1ZW0.net
少年「じゃあ次ね」

コウノトリ「どんとこいや」

少年「どうして人を殺したらいけないの?」

コウノトリ「はうっ!?」

コウノトリ(赤ちゃん、サンタときて、いきなり重いじゃねーか……)

コウノトリ(こいつぁ……マイク・タイソン級の難問だぜ。一歩間違えりゃ、耳を失う!)

コウノトリ(――だけど、ここは人生の先輩としてビシッと答えねばならん!)


20 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 19:54:47.701 ID:QWp9v1ZW0.net
コウノトリ「どうして人を殺しちゃいけないか? そりゃあ、オレが決めたんだ」

少年「えっ、どういうこと」

コウノトリ「人が人を殺そうとする……するとどうなると思う?」

少年「どうなるんですか?」

コウノトリ「人って結構速いし、頭いいし、抵抗するし、案外難しいんだよ」

コウノトリ「だから……もっと楽な奴を狙うようになる」

少年「いったい誰を!?」

コウノトリ「コウノトリだ」ニヤッ


21 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 19:57:43.884 ID:QWp9v1ZW0.net
コウノトリ「そうなると、ただでさえ数が少ないコウノトリは絶滅しちまう」

コウノトリ「だからオレは“人は人を殺しちゃいけません”って決めたの」

コウノトリ「間接的にオレ自身を守るためにな!」

少年「コウノトリさんってすごいや!」

コウノトリ「だろ?」

少年「じゃあ次の質問ね」

コウノトリ「いいだろう」

コウノトリ(フッ、今のオレならどんな質問にだって答えられる!)


22 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 20:00:15.139 ID:QWp9v1ZW0.net
少年「宇宙ってどうやってできたの?」

コウノトリ「そりゃあ……ビッグバンだろ」

コウノトリ「大爆発が起きて、宇宙が誕生したんだ」

少年「その大爆発を起こしたのは、いったい誰なの?」

コウノトリ「そりゃもちろん、オレよ」ニヤッ

少年「えええええ!?」


23 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 20:02:44.583 ID:QWp9v1ZW0.net
少年「ねえねえ、ビッグバンってどうだった? どうだった?」

コウノトリ「そりゃ、まああれだ……ポップコーンみてえなもんだ。ポポポポーンって」

少年「熱くなかったの!?」

コウノトリ「多少は熱かったがな、まあオレほどになると……微熱みてえなもんさ」

少年「コウノトリさん、すげえ! すげえよ!」


24 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 20:06:11.541 ID:QWp9v1ZW0.net
少年「北極と南極ってあるじゃない?」

コウノトリ「ああ、NとSだな」

少年「地球って基本的に南の方が暑いのに、どうして南極の方が寒いの?」

コウノトリ「ああ、それもオレの仕業だ」

少年「コウノトリさんがやったの!?」

コウノトリ「北はどこも寒くて、南はどこも暑い。これじゃフェアじゃねえだろ?」

コウノトリ「だからオレが……ちょちょいとな。乱数調整みたいなもんよ」ニヤッ

少年「コウノトリさんのフェアプレー精神すげええええ!」


26 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 20:09:21.102 ID:QWp9v1ZW0.net
少年「どうして数学を勉強しなきゃいけないの?」

コウノトリ「コウノトリの数を数えるのに役に立つ」



少年「ピサの斜塔って、どうして傾いてるの?」

コウノトリ「オレのイタズラさ」



少年「フリーメーソンってなんなの?」

コウノトリ「オレのファンクラブだ」


27 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 20:12:26.593 ID:QWp9v1ZW0.net
少年「すごいよ! コウノトリさん、すごすぎるよ!」

コウノトリ「だろ?」

コウノトリ(フッ、遠い将来、全部ウソだったと気づく時が来るだろうが……)

コウノトリ(こうやって夢を見させる時期も必要だろう……)

少年「じゃあこれ、自由研究で発表するね!」

コウノトリ「え……!?」


28 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 20:15:54.942 ID:QWp9v1ZW0.net
コウノトリ「自由研究……? なんだよそれ!?」

少年「ゴールデンウィークの宿題さ!」

少年「今の話を『コウノトリ万能説』として、大々的に発表するんだ!」

少年「もしかしたらノーベル賞取れるかも! むふふふっ! うしゃしゃしゃっ!」

コウノトリ(まさか……暴走!?)


30 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 20:18:33.254 ID:QWp9v1ZW0.net
コウノトリ「ダメだっ! こんなもん発表したら!」

コウノトリ(オボ=ゴーチルートに突入しちまう! まだ若いのに! 子供なのに!)

少年「なんで?」

コウノトリ「なんでっていわれても……そ、そうだ!」

コウノトリ「自由研究は『コウノトリ・グラビア写真集』でいいじゃん!」クネクネッ

少年「ダメだい! 平凡すぎる!」

コウノトリ「そんなことねえよ!? コウノトリって特別天然記念物だし!」

少年「……どうしてそんな必死に止めるのさ」

コウノトリ「だ、だって……だってっ……!」


31 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 20:21:10.350 ID:QWp9v1ZW0.net
コウノトリ「全部ウソなんです! ウソだったんです!」







少年「えっ……」


32 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 20:24:10.838 ID:QWp9v1ZW0.net
少年「ウソだったの……?」

コウノトリ「はい、REDなウソでした」

少年「なんでウソついたんだよ!」

コウノトリ「うぐっ!」

少年「正直に答えたり分からないっていったら、ボクが君に幻滅すると思った!?」

少年「そんなことでボクが君を嫌いになると思った!?」

少年「ボクは……信頼されてなかったんだ! 信じてもらえてなかったんだ!」

コウノトリ「す、すまねえ……」


33 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 20:27:05.210 ID:QWp9v1ZW0.net
少年「ボクを信じてないから、君はウソをついたんだ!」

少年「君は最低の鳥だよ!」

コウノトリ「ううう……(返す言葉もねえ……)」






赤ちゃん「待てや」


35 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 20:30:19.710 ID:QWp9v1ZW0.net
コウノトリ「なんだ、今のバリトンボイスは……!?」

少年「あ、赤ちゃん!?」

赤ちゃん「坊」

少年「ボウ? え、ボク!? ボクのこと……!?」

赤ちゃん「なんで理解してやらへんのや」

少年「理解? なにを?」

赤ちゃん「コウノトリがどんな気持ちでウソをついたかってことや」


37 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 20:33:11.504 ID:QWp9v1ZW0.net
少年「理解もなにも、ウソは悪いことじゃんか! 理解する必要なんかないよ!」

赤ちゃん「ウソが悪いこととは限らへん」

赤ちゃん「相手の気持ちを尊重したからこそ、つくウソもあるんや。方便っちゅうやつや」

赤ちゃん「少なくとも、コウノトリはお前の期待に応えてやろうと必死やった」

赤ちゃん「だからこそ、あれこれと答えをでっちあげたんや」

赤ちゃん「そこに悪意なんて微塵もあらへん」

赤ちゃん「男の子なら、その気持ちをきちんと汲み取ってやれや」

少年「う、うん……。ごめんなさい……」


39 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 20:36:16.609 ID:QWp9v1ZW0.net
赤ちゃん「せやけど、コウノトリもコウノトリや」

コウノトリ「はいっ!」

赤ちゃん「坊のいうとおり、分からんことを知ったかぶりしたらあかん」

赤ちゃん「坊が傷つくのも分かるで」

コウノトリ「おっしゃる通り……です」

赤ちゃん「ぶっちゃけ、お前も楽しんどったろ? 自分のコウノトリ万能説」

コウノトリ「てへへ……」ペロッ

赤ちゃん「どっちもどっちやな。ま、仲良うせえや」



少年「ごめんね……君に気持ちも知らずにひどいこといって」

コウノトリ「いやオレの方こそ悪かった……」


40 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 20:39:01.031 ID:QWp9v1ZW0.net
赤ちゃん「じゃ、ワシはこれで消えるわ。母ちゃんが心配しとるかもしれんしな」



少年「あ、あのっ!」

コウノトリ「ぜひお名前を!」







赤ちゃん「河野や」


41 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/05/06(金) 20:42:08.552 ID:QWp9v1ZW0.net
赤ちゃん「河野兎梨……。生まれたての――ピチピチギャルやで」ニカッ

赤ちゃん「じゃな」ザッザッ





少年&コウノトリ(ありがとう……コウノトリさん)










おわり


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1462529125/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「オリジナル」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ