Powered By 画RSS


勇者「魔王ぶっ殺す!」魔王「ぶっころす!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:00:39.53 ID:6B4h+7ct0

この星の、生きとし生けるものよ……

わが子らよ……

滅びなさい……




滅びなさい……


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:05:24.47 ID:eOHiq71O0
勇者「勇者として生まれてはや15年」

勇者「そろそろいい年齢なので冒険を始めたのはいいけど……」

勇者「まったくモンスターが現れないぞ、どうなっているんだ」

勇者「故郷を離れてもう4ヶ月はたつのに……スライム一匹すらでてこない」

勇者「……」




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:07:46.66 ID:eOHiq71O0
勇者「なんでだろう? なんでだと思う?」

魔王「うーん……」

魔王「……わかんない!」ニコ

勇者「……」

勇者「はあ……お前にきいてもわかんないか」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:09:57.31 ID:eOHiq71O0
勇者(所詮は犬娘だしな……)

魔王「うー! 今しつれいなことかんがえただろ!」

勇者「考えてないよ犬娘」

魔王「しつれいだろ! なんどいったらわかるんだ、わたしはいぬむすめじゃない!」

魔王「ほこりたかき『魔狼』、おおかみのおうさまなんだぞ!」がるるる


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:15:13.53 ID:eOHiq71O0
勇者「……はい、はい」

勇者「……」

勇者(はあ……4ヶ月たって仲間になったのはこの犬娘一人……いや、一匹か?)

勇者(仲間と言うよりペットといったほうがいいかもしれん……変なのになつかれちゃったな……)

勇者(他にも仲間が欲しいんだけど、一緒に行きたいと言ってくれる人が誰もいないし)


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:17:50.84 ID:eOHiq71O0
勇者(というか酒場にいっても客はおろか店主すらいないし!)

勇者(こりゃ想像以上に魔王の手がのびてるんだな、人っ子一人残さないとは……)

勇者(こんな辺境の町にまで……外道め、絶対にぶっ殺してやる!)

魔王「ゆうしゃ、ゆうしゃ」くいくい

勇者「……なんだ」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:20:30.80 ID:eOHiq71O0
魔王「おなかがすいた! ごはん! ごはんがたべたいです!」

勇者「またかよ!」

勇者「……お前はホント食べるか寝るかのどっちかだな……ちょっとは働け! 働かざるもの食うべからずだぞ」

勇者(といったものの、『勇者』として働いてないのは俺も同じか……)

魔王「うー! どっちかじゃない! ゆうしゃがあそんでくれないからだ!」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:22:55.61 ID:eOHiq71O0
魔王「あそぼ、あそぼっていってもぜんぜんゆうしゃがあそんでくれないからだ!」

魔王「あそべ、あそべ! わたしとあそべ!」じたばた

勇者「うるさいぞ、そういう意味じゃない」

勇者「働けといってるんだ! だいたいお前の『職業』はなんなのさ?」

勇者「遊び人か? 違うだろ? 犬ならちょっとはその鼻つかってモンスターの一匹でも探してくれよ!」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:25:32.74 ID:eOHiq71O0
魔王「いぬじゃない! あそびにんでもない! ゆうしゃのばか! ゆうしゃのばか!」

勇者「……じゃあお前って何なのさ」

魔王「……」

魔王「あう……」しゅん

勇者「……」

魔王「……」しゅん


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:27:37.22 ID:eOHiq71O0
勇者(まあ……いいか……付いてきてくれるだけでもちょっとは気が紛れるし)

勇者「はああ……俺も自分が何なのかよくわかんなくなってきたよ最近……」

魔王「あ……」

魔王「ゆ、ゆうしゃ! ゆうしゃは……ゆうしゃなのだ!」

勇者「……」

魔王(ゆうしゃ……わたしの、わたしだけのゆうしゃ……)


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:30:03.97 ID:eOHiq71O0
―――

勇者「うわ、これはひどいな……」

勇者「完全に破壊されてるぞ、これじゃ……住人は絶望的、誰もいなさそうだな……」

勇者「いるには……いるんだよな、どっかに魔王が」ごくり

勇者(じゃあなんでモンスターの姿は見えないんだ……?)

魔王「……」

勇者「……」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:32:12.49 ID:eOHiq71O0
勇者「とりあえず、食べるか……ごはん」なでなで

魔王「……!」

魔王「う、うむ! きゅーん、きゅーん♪」ぱたぱた

勇者「……」

勇者「勝手に厨房に入り食材を使って料理……勇者だからこそ許される特権だよね」じゅーじゅー

勇者「……煙で涙がでてきたぞ……」じゅーじゅー


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:34:40.88 ID:eOHiq71O0
魔王「~♪ ~♪ (ごはん、ごはん、ゆうしゃといっしょにごはん)」ぱたぱた

魔王(わたしはゆうしゃといっしょにたべるごはんがだいすきなのだ)

勇者「……犬娘、そっちにある肉をとってくれないか」

魔王「うむ!(……いぬむすめっていうな!)」とてとて


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:37:43.72 ID:eOHiq71O0
魔王「……」たらたら

勇者「おい、おい犬娘」

魔王「んぶ、じゅるっ……な、なんだゆうしゃよ!?」

勇者「肉によだれが垂れてるんだが……ご飯抜きにするぞ」

魔王「あ…や…きゅ~ん、くぅ~ん(いや、いや、ごはんぬきはいや!)」ふるふる

勇者「……まったく(ばか犬にもほどがあるぞ……)」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:40:20.60 ID:eOHiq71O0
―――

勇者「ふう……腹もふくれたし、今日はもう寝るか」

勇者「かなりの距離を歩いたから疲れたぞ、久々の布団……今晩はぐっすり眠れそうだな」

勇者(次の町まではどのくらいあるんだろう……正直、荷馬車を調達したいんだが肝心のその馬さえいない)

勇者(魔王め……! 馬くらい残しておけよバカ!)

魔王「……」じー


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:45:30.91 ID:eOHiq71O0
勇者「? どうした犬娘」

魔王「いぬむすめって……! う、うぅ……」

勇者「?」

魔王「……いっしょに、いっしょにねてもいいか?」ちら

勇者「え、一緒にって……お前とか?」どき

魔王「う、うむ……だめか?」ちら


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:49:05.93 ID:eOHiq71O0
勇者「い、いや……駄目っていうか……」

勇者「だって、お前一応女の子なんだろ……?(いや、メス……?)」

魔王「……」

魔王「ゆ、ゆうしゃはわたしを……お、おんなとしてみてくれているのか?」

勇者「え」どき


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 02:57:50.95 ID:eOHiq71O0
魔王「……」

勇者「……と、隣の部屋にもベッドがあっただろ、そっちで寝ればいいじゃないか」

魔王「……」

魔王「……ひとりはいや」

魔王「よるは……よるにひとりはいやなのだ……」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:02:58.38 ID:eOHiq71O0
勇者「……半分獣でも夜が怖いのか? 今までどうしてたんだよ」

魔王「……」

魔王「……ははうえが、ははうえがいつもいっしょにねてくれてた……」

勇者「……そ、そうか……(う、う~ん……)」

勇者(犬娘だろうが何だろうが、まだ幼いんだ……一緒に寝てやっても……問題はない……か)


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:06:01.07 ID:eOHiq71O0
勇者「はあ……わかったよ犬娘、今日は一緒に寝るか」

魔王「……!」

魔王「ほ、ほんとうか!? やった! やった!」

魔王「わふ、わふん♪ いっしょに、ゆうしゃといっしょにねる! ねる!」ぬぎぬぎ ぽい

勇者「!?」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:09:42.86 ID:eOHiq71O0
魔王「ねるぞ!」だきっ

勇者「うわああああああああ!?」

魔王「!? ど、どうしたのじゃ、ゆうしゃ」びく

勇者「ど、どどどどどどうしたのじゃないだろ……! なんで、なんで服を脱ぐんだ!?」

魔王「?」

勇者「『?』じゃない! なんで寝るのに服を脱ぐのかときいてるんだ……ふ、服をきろ!」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:15:46.87 ID:eOHiq71O0
魔王「……わたしはねるときはいつもふくをぬぐ」

魔王「ゆうしゃはふくをきたままねるのか」

勇者「ああ、そうだよ! 俺っていうか……人間は寝るときも服を着たまま寝るの!」

勇者(あわわわわわわ、い、犬娘とはいえ……女の子の、は、裸を初めて見てしまった……!)

魔王「……」ぱたぱた じー

勇者「は、はやく!」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:23:12.46 ID:eOHiq71O0
魔王「……」

魔王「ははうえはきょにゅうなのだ」

勇者「え」

魔王「ははうえはきょにゅうなのだ、わたしはははうえにだとみんなにいわれている」

勇者(あわわわわわわわわ……!!)

魔王「いまはちいさいけど、そのうちははうえみたいにきょにゅうになるぞ」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:26:30.24 ID:eOHiq71O0
勇者「……」がたがたがたがた

魔王「くぅん……」

勇者「ふ、服をきないと一緒に寝てやらないぞ!!」

魔王「!?」

勇者「裸で寝るなら一人で寝ろ! 隣の部屋で……さ、さっさと行け! 俺は寝ないぞ!」

魔王「……」しゅん


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:32:16.69 ID:eOHiq71O0
勇者「……」

魔王「……」しゅん

がさごそ

魔王「ねる……いっしょにねる」

魔王「ふくをきたからゆうしゃといっしょにねる……ねたい、の……」

勇者「う……ま、まあそれなら……いい……」

勇者「も、もう遅いから、さっさと寝るぞ……」

魔王「……うむ」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:34:25.66 ID:eOHiq71O0
勇者「……」

魔王「……」

魔王「おやすみなさい、ゆうしゃ」

勇者「……お、おやすみ」

魔王「……」ぎゅ



(ゆうしゃ……)


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:39:24.33 ID:eOHiq71O0
――――――

――――

――

家来「――こうして勇者は世界を救ったのでございます……いかがでしたかお嬢様」

魔王「お、おー……かっこいい、かっこいいぞゆうしゃ、ゆうしゃかっこいいぞ!」

魔王「もっと、もっと! ゆうしゃのはなしがききたい! じい、もっとききたい!」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:43:35.52 ID:eOHiq71O0
家来「……申し訳ございませんがお嬢様、この後まもなく魔王様と大事なお話が控えておりますので」

魔王「うー、ききたい、ききたい! ゆうしゃのはなしがききたい!」

家来「……お嬢様、お話をきかずともお嬢様には……いずれ勇者とお会いになられる日がくるかと存じます」

魔王「? あえるのか? わたしがゆうしゃにあえるのか?」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:48:28.21 ID:eOHiq71O0
家来「……はい、きっとお会いできます」にこ

魔王「そ、そうなのか!? どこでだ? どこにいけばゆうしゃにあえるのだ?」

家来「……お嬢様が出向かれなくとも、ここにいればあえるのです」

魔王「?」

家来「ここでお待ちしていれば、勇者のほうから魔王さ……いえ、お嬢様に会いにこられます」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:53:20.42 ID:eOHiq71O0
魔王「そ、そうなのか! きゅ、きゅん、きゅん♪」ぱあああ

家来「……」ちく

魔王「で、ではゆうしゃがきたときでむかえの用意をしなくてはいけないな!」

魔王「おかし、おかしをいっぱい用意するのだ! 爺、おかしをいっぱい用意するのだ!」

家来「……ええ、そうしましょうお嬢様」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 03:58:04.09 ID:eOHiq71O0
魔王「ゆ、ゆうしゃがきたら、さいしょになんていえばいいのだ?」どきどき

魔王「爺、わたしはさいしょになんていえばいいのだ?」

家来「……勇者は長旅できっと疲れておいでです、まずはねぎらいのお言葉をかけて差し上げればよろしいかと」

魔王「ねぎらい……」

魔王「『よ、よくぞここまできた! ほめてやろう!!』」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 04:02:42.42 ID:eOHiq71O0
魔王「……こ、こんなかんじでどうかの?」ちら

家来「……ええ……ええ、きっと勇者もお喜びになられます、お嬢様」ぽろ

魔王「爺? なんでなくのだ」

家来「……申し訳ございません。なんでも……なんでもござません……お嬢様」ぽろぽろ

魔王「?」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 04:15:30.29 ID:eOHiq71O0
魔王「……へんな爺」

家来「……」

魔王(でも……あえるのか、ゆうしゃ)

魔王(たのしみだな、どんなかおしてるのだ、ゆうしゃ)

魔王(あいたい……はやくあたいぞ……ゆうしゃ♪)


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 04:17:40.68 ID:eOHiq71O0
――――――

――――

――

魔王「……ゆうしゃ……」ぎゅ

勇者「……」

魔王(あ……そうだった、ゆうしゃはいまねているのだ……)

魔王(おこしてはいけない)


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 04:27:59.66 ID:eOHiq71O0
魔王「きゅ……きゅぅぅ……」

魔王(うー、いけない、よなきはいけない、ゆうしゃがおきる)

魔王(ゆうしゃはつかれてる、いっしょに……いっしょにいっぱいあるいてくれてつかれてる)

魔王「……う、うぅ……くぅーん、きゅ、きゅぅう……」

魔王(いけない、いけない、よなきはがまん! よなきはがまん!)


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 07:04:46.55 ID:eOHiq71O0
魔王「よなきは……が、がま……う、うぅ……」

魔王「……!」

ガバッ ダダダダダダダ バタン

勇者「……んん? うるさいなあ、何だ? ……犬娘?」

勇者「……」

勇者(おしっこか? ……まあ、いいや……寝よ……)

勇者「……」


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 07:07:53.15 ID:eOHiq71O0
次の朝

魔王「……」

魔王「ゆ、ゆうべは……おたのしみだったの……」もじもじ

勇者「は?」

魔王「……」ちらちら

魔王「……ね、ねごとで、『いぬむすめ! いぬむすめ!』と、あんなにはげしく……」ぱたぱたぱた

勇者「……!」

魔王「わ、わたしはなんかいはらまされたのだ?」ぽ


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 07:14:48.57 ID:eOHiq71O0
勇者「ぁ……が……!」かぁ~

魔王「……くぅ~ん……ゆうしゃ……」

勇者「う、うるさい! は、ははははははらますってなんだ!」

勇者「俺はただ、お前が……犬娘が粗相して叱る夢を見ただけだ! は、はらますとか……意味がわからん!」

勇者「お、お前なんかと……お前なんかと……!」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 07:22:49.83 ID:eOHiq71O0
だきっ

勇者「……!」

魔王「えへへ♪」

魔王「ゆうしゃ……」

がぶ

勇者「おわっ!? い、痛ってえええええ……!?」

魔王「むー! むー!(いぬむすめじゃない! いぬむすめじゃない! なんどいったらわかるんだ!)」


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 07:32:21.05 ID:eOHiq71O0
―――

勇者「……」

魔王「……」

勇者「……ここもか……(ひどいな……)」

勇者「前の町は建物がギリギリの形で残ってたけど……ここまで破壊しつくされてるとは……」

勇者「魔王……!」ギリ


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 07:42:45.83 ID:eOHiq71O0
魔王「ゆ、ゆうしゃ、ゆうしゃ……きょうは、きょうはどこでねるのだ?」

勇者「ぶっ殺してやる! くそ魔王!!」

魔王「……!!」びくっ

勇者「……はあ、はあ……くそ!(また誰とも会えない……!)」

魔王「……」

勇者「……今日は……今日も野宿だ……」


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 07:49:21.74 ID:eOHiq71O0
魔王「……わ、わたしはすきだぞのじゅく、ゆうしゃといっしょにのじゅくすきだぞ!」

勇者「……」

勇者「……(ふう……犬娘は気楽でいいよな……)」

魔王「……」しゅん

勇者「もう少し歩こう……次の町までたどり着けなくても、どのみち野宿には変わりないしね……」


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 07:56:38.19 ID:eOHiq71O0
魔王「う、うん……!」

勇者「……」

魔王「……」

勇者「……」てくてく

魔王「……」てくてく

魔王(ごめんなさい、ゆうしゃ……)

ごめんなさい――


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 08:00:04.33 ID:eOHiq71O0
――――――

――――

――

先代魔王「……寝たか?」

家来「……はい、泣き疲れたのでございましょう……今はぐっすりと寝ておられます」

先代魔王「……そうか」


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 08:09:43.03 ID:eOHiq71O0
家来「……あの、大王様……」

先代魔王「……何だ」

家来「……差し出がましいとは思うのですが……少し早かったのでは……ないかと」

先代魔王「……」

先代魔王「爺、お前があいつに読んで聞かせてやってた『話』では、勇者は……魔王をちゃんと倒していたのか?」


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 08:15:49.54 ID:eOHiq71O0
家来「……はい、申し訳ございません……」

先代魔王「いや、いい。それでいいのだ……勇者は世界を救うもの……魔王を倒すものでなくてはならん」

先代魔王「……で? あいつはその『話』の、どの登場人物に己を投影していたのだ?」

家来「……はい、お嬢様……いえ、魔王様は……常に勇者の傍らにはべり、自ら勇者の剣と、盾になり……」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 08:21:23.23 ID:eOHiq71O0
家来「……う、うぅ……そ、それはそれは楽しい冒険を……されているようでした」ぽろぽろ

先代魔王「そうか……」

家来「……」ぽろぽろ

先代魔王「……時間がないのだ、ついさっき入った報告だが……『嘆きの森』周辺の村や町が壊滅したそうだ」

家来「……!」


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 08:33:19.88 ID:eOHiq71O0
先代魔王「あそこは我ら魔族も住む地域……それが人間、家畜ともども、すべての生物が息絶えたと……」

先代魔王「その範囲は徐々に狭まってきておる……」

先代魔王「……夢で見た『啓示』通りだ……」

家来「では、やはり……ここ数ヶ月、世界で起きている現象は……」

先代魔王「……」こくり


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 08:44:33.49 ID:eOHiq71O0
家来「なぜ……このような残酷なことを……」

先代魔王「争うからだ」

先代魔王「我らは……人間は……争いすぎたのだ、人間など……同じ種族同士で争うとも聞く」

家来「……」

先代魔王「時間がないのだ……『啓示』にはこう続く……」


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 08:51:27.75 ID:eOHiq71O0
先代魔王「『勇者が魔王を貫くとき、全ては許されるだろう』……と」

家来「……そ、その『魔王』とは……」

先代魔王「魔王の『系譜の儀式』は終えた、今は……あやつよ」

先代魔王「……できれば代わってやりたいのだが……ワシには、ワシにはもう時間が……う!? うぅ……!?」

家来「だ、大王様!!」


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 09:10:05.68 ID:eOHiq71O0
バタン!

魔族「た、大変です! 大王様!!」

家来「ばかもの! 今、大王様は……!」

魔族「お、おじょう……魔王さまが、城をお出になられました!!」

先代魔王「!?」

家来「……な! ば、ばかもん貴様ら!! 目付け役の魔族はどうした!!」


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 09:15:58.46 ID:eOHiq71O0
魔族「そ、それが全員、魔法で……魔王様の魔法で眠らされております!」

魔族「残ったものの話によれば、な、なんでも『勇者に逢いに行く』と……」

家来「……!」

先代魔王「……はぁ……はぁ……」ぜえぜえ

家来「だ、大王様! すぐに追っ手を! 魔王様を保護しなくては!」


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 09:27:49.49 ID:eOHiq71O0
先代魔王「……」ぜえ、ぜえ

先代魔王「……放っておけ」

家来「……! し、しかし……」

先代魔王「遅かれ早かれ……あやつは勇者と逢う運命、『啓示』にすがるなら……その時は早いほうがいい」

先代魔王「なに、あいつのことなら心配いらん、あいつをどうこうできる者などこの世にはおらん……勇者を除いてな……」


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 09:33:47.84 ID:eOHiq71O0
先代魔王「救ってもらうのだ……この世界を……我々魔族も愛してやまないこの世界を……」

先代魔王(ふふ、皮肉なものだ……敵である筈の勇者に『世界を救ってもらう』だの……)

家来「大王様……本当にそれで宜しいのでしょうか……」ぶるぶる

先代魔王「いうな」

(ワシも……魔族として、父として、心からそれを願ってはおらん、願わくば……)


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 09:36:00.39 ID:eOHiq71O0
『神』の慈悲を……!!

――――――

――――

――
 ぱち ぱち ぱち ぱち

魔王「……ん……(あれ、あったかい……)」


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 09:47:40.74 ID:eOHiq71O0
魔王「……ゆうしゃ?」がば

勇者「なんだ、起きちゃったか」

魔王「あ……(ちゃんといる……)」

ぱち ぱち ぱち ぱち

魔王「……ずっとおきててくれたのか?」

勇者「……まあね、火を絶やしたらモンスターに狙われちゃうから」


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 10:05:51.33 ID:eOHiq71O0
魔王「……くぅ~ん……やさしいのだな、ゆうしゃ……」ぱたぱた

勇者「……なあ、犬娘……俺ずっと考えてたんだけど……」

魔王「?」

勇者「このまま旅を続けてても、誰にも会わない……というより会えない気がしてきたんだけど……」

魔王「……」


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 10:08:19.75 ID:eOHiq71O0
勇者「……どうすればいいとおもう?」

勇者「誰にも会えなきゃ、どこに何があるのかも……魔王の城でさえどこにあるのかわからない」

勇者「あてのない旅……このまま旅を続けてていいのかな……って」

ぱち ぱち ぼっ ぱち

魔王「……」


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 10:14:10.00 ID:eOHiq71O0
魔王「……ゆうしゃは、ゆうしゃはそんなこといわない……」

魔王「わたしはしってるのだ、ゆうしゃは、ゆうしゃはどんなときもよわねをはかない」

魔王「せかいをすくう……まおうをぶっころす、このせかいのえいゆうなのだ!」

勇者「……!」

魔王「だ、だから……だからこのままたび……いっしょにたびを……つづけたい」


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 10:22:37.34 ID:eOHiq71O0
魔王「わ、わたしは……ずっと、ずっとゆうしゃのそばにいたい……」

魔王「きゅ、きゅ~ん……ゆうしゃ、ゆうしゃ、ずっとそばに……そばにいたいのだ」パタパタ

魔王「だから……!」

勇者「魔王ぶっ殺す!!」

魔王「……!」


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 10:25:59.83 ID:eOHiq71O0
勇者「……こんな感じでガンガン気持ちを高めることにするか」

魔王「……う、うん! うん!」ぱあああ

魔王「まおうぶっころす! ……えへへ♪」

勇者「……さて、犬娘はもう寝なよ、明日はまたたくさん歩くことになりそうだからね」

勇者「……次の町まで、どれくらいかな……(そもそも無事なのか……?)」


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 10:30:38.09 ID:eOHiq71O0
魔王「ゆうしゃ、ゆうしゃ」くいくい

勇者「? なんだ、さっさと寝ないと……」

がぶ

(いぬむすめっていうな!!!)

(あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛……!!!??)


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 10:49:14.96 ID:eOHiq71O0
ぱち ぱち ぱち ぱち

勇者(いっしょにいたい……か……)ちら

魔王「……すぅ……すぅ……」

勇者「う……」どき

勇者「……! (ふ、不覚にも『また』ドキッとしてしまった……!)」

勇者(い、犬娘があんなこというから! 見た目は、可愛い女の子なのに!!)


124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 13:10:25.08 ID:1ZeZ9mY+0
魔王「……すぅ……すぅ……」

勇者「女の子と二人きりで旅か……」

勇者(何故だろう、このまま……俺もこのままでいい気がして……)

ぱち ぼっ

勇者(!? な、何を思ってるんだ俺は……! さっき犬娘と気合を入れたばっかりじゃないか!)


126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 13:15:12.57 ID:1ZeZ9mY+0
勇者(他の旅の仲間も探して、魔王の情報を集めつつ、いろんな洞窟や森を冒険するんだ)

勇者(今の状況に浸ってる場合じゃないぞ、しっかりしろ勇者!)

勇者「……」

勇者「うん、また明日から頑張らなきゃ……」

勇者(もうすぐ明け方か……火はもつよな、俺も……少し寝よ)


127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 13:18:32.14 ID:1ZeZ9mY+0
勇者(おやすみ、犬娘……)なでなで

魔王「……くふぅん……すぅ……すぅ……」

勇者「……」

勇者「……」

(ゆうしゃのてのかんしょく、なでなでしてくれるてのかんしょく……)

(ゆうしゃのにおい……)


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 13:20:42.95 ID:1ZeZ9mY+0
ぴく

魔王「……!」ぱちっ

魔王「……」

魔王(ま、また……う、うぅ……)

魔王「うぅうぅうう、うううう……」がるるるる

魔王(は、はやく、はやくはなれなきゃ……ゆうしゃからはなれなきゃ!)


129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 13:26:41.96 ID:1ZeZ9mY+0
だっ!!

魔王「……はぁっ……はぁっ……」たったったったっ

魔王「……うぅ、ううう……うー!!」がる、がるるるるる

魔王(また……まただ……もうこれはいやなのに、もういやなのに……!!)

魔王「う、うう……おっ……」

魔王「あ、あお~~~~~~~~~~~~ん!!!!」


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 13:30:25.36 ID:1ZeZ9mY+0
――――――

――――

――

先代魔王「む……今の声は……」ぴく

家来「はい、お嬢様でございます」

先代魔王「またか……この頃回数が増えてきたようだが……」

家来「お嬢様も多感なお年頃ですので……」


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 13:35:36.34 ID:1ZeZ9mY+0
先代魔王「『年頃』……ふふ、爺よ、アレの意味を解った上でそう言っておるのだな?」にや

家来「あ……ち、父上様の前で……こ、これは失礼しました」あせあせ

先代魔王「ふふ……よい、よい。あれの母もそうであったわ……」

家来「……(お后さま……)」


132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 13:40:54.51 ID:1ZeZ9mY+0
先代魔王「アレはな、ストレスなのだ……それも性的な欲求による……」

先代魔王「簡単に言ってしまえば『性欲の発散』よ、ただのな……父として複雑ではあるが……」

家来「……」

先代魔王「后も昔は大変だったぞ、ひどいときは毎日だ」にや

家来「……」


134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 13:49:17.08 ID:1ZeZ9mY+0
家来「……おほん。となれば、お年を召されるごとに『アレ』がなくなる……というわけなのですね?」

先代魔王「……后のことか? いや、后のアレがなくなったのは年をとったからではない」

家来「では……」

先代魔王「契ったからだ、人間で言うところの……『女にしてやった』からなくなったのよ」にやにや

家来「……ご、ごほん。し、失礼しました……」


137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 13:56:01.31 ID:1ZeZ9mY+0
先代魔王「おるのかの……あやつの相手は」

家来「……! ま、まだ早うございます!」

家来「そ、それに、お嬢様にふさわしい相手ともなるとそれなりの者でなければ!」

家来「……爺は未だそのような者の噂を聞いたことがございません」

先代魔王「そうか、そうか、ならばあやつの相手は爺に見つけて貰うとしようかの」くっくっ


142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 14:21:48.80 ID:1ZeZ9mY+0
先代魔王「あやつもいつかは誇り高き『魔王』の名を継ぐもの……伴侶ごとき己で見つけて貰いたいがな」

先代魔王「『英雄色を好む』と言うんだそうだ、先代勇者がそう言っておった」

先代魔王「ワシも若いころは先代勇者と女の奪い合いをしたことがある」

家来「ほう、それではその時奪い合いになられたのが今のお后さまで……?」


144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 14:26:39.54 ID:1ZeZ9mY+0
先代魔王「いや、負けた。……負けたから今の后を伴侶にしたのだ」くっくっ

家来「……」

先代魔王「あやつは……先代勇者は今頃どうしておるのかの……」

家来「……(良く似ていらっしゃる……魔王様……)」

家来(勇者のお話をされるときの眼……お嬢様そっくりでございますよ……)


145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 14:35:52.89 ID:1ZeZ9mY+0
――――――

――――

――



勇者「……今のは……犬娘の声か?」


147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 14:42:57.19 ID:1ZeZ9mY+0
勇者「……」

勇者「……そういえばあいつ、いつも寝てるとき途中でどこかに出歩いてるみたいだよな」

勇者「用を足すのにどこかへ行ってるものだと思ってたけど、今の声はなんだ……?」

勇者「……」

勇者「……様子を見てくるか(あっちの方角からしたよな、声……)」


152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 15:03:27.76 ID:1ZeZ9mY+0
勇者「……」がさがさ

勇者「……(まさに獣道だな……草が鬱陶しい、あいつこんなところで何やってるんだ?)」

勇者「……」がさがさ

勇者「……」がさがs

勇者「!? こ、これは……!!」


153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 15:11:21.30 ID:1ZeZ9mY+0
勇者「……町?」

勇者「こ、こんな場所に町があったなんて……! 気が付かなかったぞ……」

勇者(あれだけ草木に囲われてたんだ、見えなくても不思議じゃないな……)

勇者「……でも、やっぱりここも破壊されたあとみたいだな」

勇者(人もいないか……ん? 人? ……あ、そうだ犬娘!!)


155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 15:24:40.52 ID:1ZeZ9mY+0
勇者(犬娘はどこに……)

ズーーーーーーーン!! ズズズズズズ……!!

勇者「!? ……な、なんだ!?」

チュドーーーーーーン!! ズズズズズズ……!!

勇者「あの建物の向こうか、誰か……いるのか?」だっ


161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 15:47:59.16 ID:1ZeZ9mY+0
タッタッタッタッ

勇者(犬娘……? いや、もしかして他の人かもしれない……!)

勇者(人……犬娘以外で初めて会う人……!)どきどき

勇者(頼む……! 誰か、人間がいてくれ……!!)

バッ

……!!


162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 15:52:51.09 ID:1ZeZ9mY+0
魔王「ウー! ウウー!!」ブン

ズシーーーーーン ガラガラガラ……

魔王「ウウー!! ウウウウーーーーー!!!!」ブン

ッドーーーーーーン メキメキメキ……

魔王「ウー、コワレロ! ミンナコワレロ!!」

勇者「……」

勇者「……犬……娘……?」


165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:19:40.57 ID:1ZeZ9mY+0
魔王「ウウウ……?」ギロ

勇者「……!(い、犬娘なのか、本当に……?)」

魔王「ウウー、ウウウウ……」

勇者「お、おい……どうしたんだよ犬娘、それに……なんだよこの破壊のあとは……」

勇者「……犬娘が、全部やったのか……?」


167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:29:40.86 ID:1ZeZ9mY+0
魔王「ウウウー、イヌムスメッテイウナ……イヌムスメッテイウナ……!」

魔王「ワレハ……ウ、ウウ……ワレハ……」

魔王「イダイナルマゾクヲスベル……ウウウ、マ、マ……」



魔王「『マオウ』ナリ!! オ、ア……アオーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!」


170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:44:15.39 ID:1ZeZ9mY+0
先代魔王「大きな玩具よな……『町』ひとつを好きなだけ破壊できるのだから……」

家来「ですが必要です」

先代魔王「ふむ、まあよい……ちゃんと近隣諸国、周辺の自然などは無事なのであろうな」

家来「抜かりありません」

家来「『町』周辺には常に結界を張っており、また万が一に備えて『回復』を得意とする魔族を周辺に配置しておりますれば……」


171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:50:30.50 ID:1ZeZ9mY+0
先代魔王「『回復』か……あらゆる高等魔法を繰る我ら一族でも、『回復』の呪文だけは終ぞ一人も覚えることができなかったな」

先代魔王「その代わり『破壊』には長けておる、やはり……これも『魔王』の宿命かの」

ズズーーーーーーーン ズズズズズ……

家来「お嬢様におかれましてもそのようで……」

先代魔王「くっくっくっ……」


173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 16:54:54.23 ID:1ZeZ9mY+0
――――――

――――

――


先代魔王「……! ぐはっ、がああ……!!!?」ビチャ ビチャビチャ

家来「だ、大王様!!!」

先代魔王「ぐぅうぅ……! き、きたようだな……時間が」ぜえぜえ


174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 17:01:23.17 ID:1ZeZ9mY+0
家来「何故……なぜ大王様がこのように早く……!」

先代魔王「ぐぅ、ふ、ふふ……『神』からすれば『王』も『家来』もないのだ……」ぜえぜえ

先代魔王「この世に生を受けたものには等しく訪れる……もう、世界には時間がない……」

先代魔王「頼む……急いでくれ、勇者よ……はやく、はやく魔王を貫くのだ」

先代魔王「魔王を……!」


175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 17:05:59.70 ID:1ZeZ9mY+0
先代魔王「魔王を……娘を……!!」つー

先代魔王「頼む……」ぽた

先代魔王「頼む……娘を、イヴを……」ぽたぽた

先代魔王「殺さないでくれ!!!!」

先代魔王「うおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!」


176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 17:13:19.96 ID:1ZeZ9mY+0
先代魔王「いかせるのではなかった!! やはりあのときいかすべきでは……!!!」

先代魔王「とめてくれ!! 頼む、爺!! 止めてくれ!! 止m……ぐはっ!!!」びちゃびちゃ

家来「大王様……!!」ぽたぽたぽた

先代魔王「頼む……げほっ、勇者を……ひゅーっ、む、娘を……魔王を……」

先代魔王「か……み、よ……」


178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 17:16:01.12 ID:1ZeZ9mY+0
先代魔王「と……め……」

先代魔王「……」

先代魔王「……」

家来「お疲れ様でした、大王様……」ぽた

家来「すぐに……すぐに爺もそちらへ参ります……」ぽたぽた


179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 17:23:17.11 ID:BfSLi3qGO
うわああああああ


182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 17:36:30.40 ID:1ZeZ9mY+0
……なんだ、おまえは?

……くぅーん……

……人間? いや、でもこの耳と尻尾は……犬?

……どっからきたの……?

……きゅ、きゅん、きゅん♪ ばっ

うわ! なんだこいつ! 


196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 18:54:30.82 ID:1ZeZ9mY+0
――――――

――――

――

勇者「いぬ……むすめ……え……?」

勇者「……『まおう』?」

勇者「な、何を言って……」


198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 19:02:23.86 ID:1ZeZ9mY+0
魔王「うぅうぅう……」がるるるるる

勇者「……!」ごくり

勇者(し、信じたくないけど、今、実際にこいつが……犬娘が町を破壊してるのを見た)

勇者(あんな……あんな強大な魔法が使えるなんて……! 魔王……?)

勇者(じゃ、じゃあ行く先々で町が壊れていたのも、全部こいつの仕業か!)


199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 19:07:39.24 ID:1ZeZ9mY+0
勇者「犬娘が……魔王だった……魔王……魔王……魔王……」

ほこりたかき『魔狼』、おおかみのおうさまなんだぞ!

勇者「……!」

勇者「魔王……!」ギリッ

魔王「ぐるぅうう、ううううう……」


202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 19:16:46.99 ID:1ZeZ9mY+0
勇者「ずっと騙してた訳か……!」

勇者「ずっと、一緒に旅をするフリをして……バカにしてたのか、俺を! 勇者を!!」

勇者「バカに! バカにして……!!」

ゆうしゃといっしょにねる……ねたいの

勇者「お、俺は……今まで……」

わ、わたしはなんかいはらまされたのだ? ぽ


203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 19:23:12.82 ID:1ZeZ9mY+0
勇者「今まで……ずっと今までしてきた旅が……」

だ、だから……だからこのままたび……いっしょにたびを……つづけたい

勇者「……続くと……ずっと続くって……そう思ってたのに(お前には言えなかったけど…)」

わ、わたしは……ずっと、ずっとゆうしゃのそばにいたい……

勇者「俺も……俺もお前とずっと……」ぎゅ~っ


206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 19:29:58.61 ID:1ZeZ9mY+0
まおうぶっころす! ……えへへ♪

勇者「……魔王の癖に、よく言えたもんだ」

魔王「ウウウウう……コワス……」

勇者(あの森ではお前の言葉に励まされたよ……覚えているか……魔王)

魔王「グルルルッル、ウウウウウウウ……コ、コロス……!!!」

勇者「……」チャキン


207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 19:34:56.77 ID:1ZeZ9mY+0
ゆうしゃは、ゆうしゃはどんなときもよわねをはかない

勇者「……いくぞ、魔王」カチャ

せかいをすくう……まおうをぶっころす、このせかいのえいゆうなのだ!

魔王「ウウウウウウウウウウウ!!!!!!!」

勇者「う、うおおおおおおおおおおおお!!」ダダダダダ




勇者「魔王!! ぶっ殺してやる!!!」


209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 19:40:12.71 ID:1ZeZ9mY+0
パキーーーーーーーーン

カラン カラン ……

魔王「う、ううう……ううううう」ぐるるるる

勇者「……」

勇者「……なんてね」


211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 19:42:15.17 ID:1ZeZ9mY+0
勇者「……」

勇者「殺せるわけないだろ、やっぱり……」

勇者「これ、一度も店で変えなかった……故郷の木で作った剣だから……」

勇者「……ていうか、そもそもモンスター一匹も倒したことないから経験値……ゼロだし」

勇者「魔王に挑むのは早すぎちゃったか……」ニコ


212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 19:47:42.97 ID:1ZeZ9mY+0
魔王「ウウ……! うう、うううう……ユ、ユウシャ……」すっ

勇者「うんうん、流石に降参です。またイチからやり直すよ」

魔王「ユ、ユウシャ……ユウシャ……」キュインキュイン……

勇者「こんな駄目な勇者で悪かったな……魔王、がっかりしたろ……犬娘……」


214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 19:52:58.43 ID:1ZeZ9mY+0
勇者(イチからなんて……そんなことあるわけないんだけどさ……)

勇者(勇者はどんだけ強くなっても……もう、きっと……魔王を倒すことはできない)

勇者(俺の……たった一人の……たった一人『だった』仲間……)

勇者「うん、この冒険は……最高だったなあ!!!」



魔王「……シネ!!!」 

ボッ


215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 19:58:18.30 ID:jOqKAdj90
うわぁぁぁぁ


216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 19:58:31.14 ID:1ZeZ9mY+0
魔王「……」

魔王「……」

魔王「……あれ?」

魔王「……ゆうしゃ?」

魔王「なんでそんなところでねているのだ?」とてとて


218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 20:00:51.87 ID:1ZeZ9mY+0
魔王「ゆうしゃ、ゆうしゃ、おきて、おきて」ゆさゆさ

勇者「……」

魔王「ゆうしゃ、ゆうしゃ、かぜひいちゃう、ここでねてたらかぜひいちゃう」ゆさゆさ

勇者「……」

魔王「うー! おきろ! おきろ! 」ゆさゆさゆさゆさ


221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 20:03:29.59 ID:1ZeZ9mY+0
魔王「おきろ! おきろ! かんじゃうぞ! おきないとまたかんじゃうぞ!」

勇者「……」

魔王「……」

勇者「……」

魔王「ゆうしゃ……おきて……」ポタ


222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 20:09:53.44 ID:1ZeZ9mY+0
魔王「お、おきてくれたらとっておきのじょうほうをあげるのだ」ごしごし

魔王「すごいじょうほう、きっとゆうしゃはよろこぶぞ」

魔王「なんとあのまおうのしろのばしょをおしえちゃいます!」

勇者「……」

魔王「あ、あとあと、まおうのしょうたいもおしえちゃいます!」

勇者「……」


223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 20:12:27.54 ID:1ZeZ9mY+0
魔王「……くぅーん……」しゅん

魔王「……」

魔王「……!(そ、そうだ! 『かいふく』のじゅもん……!)」

魔王「じいにいっぱいおしえてもらったのだ、えーと、えーと……」


224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 20:17:34.52 ID:1ZeZ9mY+0
魔王「すいみんのかいじょ、たいりょくかいふく」

魔王「ど、どれだっけ……あれ? どうすればいいんだったっけ……」

魔王「うー、うー、おもいだせない、おしえてもらったのにおもいだせない……!」

魔王「はやく、はやく、ゆうしゃをおこさなきゃだめなのに……」

魔王「まりょくのかいふく、げどく、そせい……う、うぅ」


225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 20:21:17.10 ID:1ZeZ9mY+0
魔王「……!(だ、だれか……)」

魔王「だれか……ゆうしゃをおこしてくれるひとは……」

勇者「……」

魔王「……おきて……おきてください、ゆうしゃ……」

魔王「……う、ひっく……おぎでぐだざい……ゆうじゃざま……」


227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 20:27:58.33 ID:1ZeZ9mY+0
魔王「わだじをだおじていいですがら……ひっく……まおうをだおじでいいでつがら」

魔王「もうわがままはいいばぜん、いっじょにだびがじだいなんてもういいばぜん」

魔王「いいばぜんがら……おぎで……おぎで……ゆうじゃ、おぎでよゆうじゃ!」

魔王「わだじのだいぜつなひと……ごのよでいちばんだいせつなじと……」

魔王「ゆうじゃああああああああああ」


228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 20:30:05.26 ID:1ZeZ9mY+0





勇者「うるさい! この……っ、ばか魔王が!!」ぽか

魔王「きゅん」






232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 20:35:07.25 ID:1ZeZ9mY+0
勇者「耳元でぎゃーぎゃー喚くな、それはなんかの攻撃か? ぶっ殺すぞ!?」

魔王「あ……あ……」

魔王「ゆうしゃあっ!!!!」だきっ

勇者「……! は、離れろこのくそアホ魔王!! 獣くさいんだよ!!」

魔王「ゆうしゃ! ゆうしゃ! ゆうしゃだ、えへへ♪」ぱたぱたぱた


233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 20:38:23.64 ID:1ZeZ9mY+0
勇者「ぐ……!」

魔王「ゆうしゃ、ゆうしゃ……わたしのゆうしゃ……」

勇者「だ、だれがお前の勇者だ人間の敵め……!(とかいいつつ顔が赤くなってるのが情けない……)」

魔王「てっきり、てっきり、しんでしまったのかとおもった、ゆうしゃがいなくなってしまったかとおもった!」

勇者「……」


234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 20:41:52.10 ID:1ZeZ9mY+0
勇者(……あれは、あのとき俺は確かに死んだはずだ……)

勇者(でも声が聞こえた……どこかで聞いたことのある声……)

勇者「……なんか、『情けない、おお情けない』ってバカにされたし……」ぼそ

魔王「?」

勇者「まああれだ、『勇者は死なん』! 例え死んだとしても『何度でも生き返る』!」


235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 20:44:04.39 ID:1ZeZ9mY+0
勇者「……これが勇者の特権だね」

魔王「お、おー……かっこいい、かっこいいぞゆうしゃ、ゆうしゃかっこいいぞ!」

勇者「……」

魔王「……」

勇者「……」

魔王「……」


236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 20:47:07.44 ID:1ZeZ9mY+0
勇者「……(きゅ、急に黙るなよ、緊張しちゃうだろ!)」

魔王「……」

魔王「ゆ、ゆうしゃ……」

勇者「なんだ、魔王」

魔王「……」

魔王「ゆうしゃがすきです」


237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 20:51:15.30 ID:1ZeZ9mY+0
勇者「……!」

魔王「ゆうしゃがすきなので、いっしょにたびがしたいです」

魔王「……ずっと、ずっと、ゆうしゃのそばでたびがしたいです」

魔王「でも、でも……ゆうしゃはまおうをたおすのだな……」チラ

勇者「……さすが魔王……(今の『攻撃』は効いたぜ……)」

勇者「あー……」


240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 20:54:41.64 ID:1ZeZ9mY+0
勇者「……」

勇者「俺は魔王は嫌いなんだ」

魔王「……」

勇者「だってあいつは人間の敵だし、町を壊すし、馬も残さない気のきかないヤツだし……」

勇者(じゅ、純情な勇者の男心を一度踏みにじったし……!)


241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 20:58:06.96 ID:1ZeZ9mY+0
勇者「そして俺は勇者だし」

勇者「勇者は魔王を倒す旅に出なきゃ……うん、でも仲間も必要なんだよな……」

勇者「……」

魔王「……」

勇者「また一緒に旅に行くか、『犬娘』」

魔王「……! う、うん、うん……!!」


244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 21:01:32.02 ID:1ZeZ9mY+0
たたたたた

魔王「ゆうしゃよ!!!」だきっ

魔王「あいしているぞ!!」

勇者「……俺もだ」

魔王「えへへ♪ うれしい」ぽ

魔王「でも……」

ガブ

いぬむすめっていうな♪


247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 21:04:56.48 ID:1ZeZ9mY+0
数年後

俺たちはまだ旅を続けている
相変わらず人にあうこともモンスターに出くわすこともない
(なので相変わらず経験値はゼロ、しかももはや武器すらない)

変わったことといえば……
こうして手をつないで歩くようになったことと……

勇者「……犬娘、大丈夫か?」


249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 21:09:36.92 ID:1ZeZ9mY+0
魔王「……うむ、すこしみおもになったからといってわたしはへこたれないのだ」

勇者「……お前が大丈夫でも中の子が大丈夫じゃないかもしれないだろ」

勇者「次の町くらいで、しばらく旅を中断しよう」

魔王「えー……きゅ~ん……」しゅん

勇者「そろそろ腰を落ち着かせるのもいいかもしれないしな」なでなで


250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 21:12:43.80 ID:1ZeZ9mY+0
魔王「……」

魔王「くふ、ゆうしゃにはたしかにこしをおちつかせてほしいの」

魔王「まいばんいじめられるわたしのみになってみろ」ニヤニヤ

勇者「な……!」

勇者「お前だって毎回、毎回……!」

ガブっ


252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 21:16:27.30 ID:1ZeZ9mY+0
勇者「いっ痛えええええええええ!?」

魔王「……ばつじゃ」


相変わらずの毎日
終わりのない旅……
だがそろそろ休憩が近づいている

魔王「ゆうしゃよ……ずっとわたしたちはいっしょじゃ」

魔王「あいしておるぞ……ゆうしゃ……」


風の音がきこえる


254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 21:18:40.05 ID:1ZeZ9mY+0
罪深き子らよ……

『最後の二人』よ……

海原を、天空を、大地を征く『最初の子』らよ……


幸せに……



幸せに……


255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 21:20:45.41 ID:1ZeZ9mY+0
終わり

とにもかくにも支援保守サンクス
色々いいたいことあったけど眠いのでもう落ちます でわノシ


258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 21:21:48.23 ID:85IEOC3N0

とりあえず勇者が生き返って良かった


260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 21:22:12.05 ID:TXpAOt4c0

よかった


261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/11(土) 21:26:20.01 ID:9q9rlatB0
おつおつ





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「勇者・魔王系」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ