Powered By 画RSS


モバP「喉が渇いたなぁ……おっ、これは」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 21:15:30.44 ID:jfN54taao
P「試供品の缶ジュースかな、たくさんあるし1本もらおう」プシュッ ゴクゴク

ちひろ「あっ!プロデューサーさんダメですそれは!」

P「えっ?」

ちひろ「の、飲んじゃった……」

P「……えっと……ひょっとして飲んだらダメな奴でした?」

ちひろ「……はい。それは実は>>3する薬でして」




3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 21:16:25.02 ID:gsI95cv/0
3倍の速度で動く


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 21:19:52.61 ID:jfN54taao
P「3倍の……速度で……?」

ちひろ「はい。そろそろ効き目が……」

P「むっ……むむっ!!?」ヒュババババ

ちひろ「ああっ、成功してるっ! どうしましょう!」

P「これはすごい! 身体が軽い! すごいやちひろさん!」

ちひろ「えへへ、それほどでも」

P「しかし3倍速ってことは……」

ちひろ「どうしましたプロデューサーさん? あ、ちなみにですけれど治す方法は――」

P「この3倍の速度を使って>>9しよう!」


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 21:22:40.27 ID:YxaGcmYNo
痴漢


10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 21:26:17.11 ID:jfN54taao
P「この3倍の速度を使って痴漢しよう!」

ちひろ「えっ?」


P(――3倍の速度)

P(そう、3倍だ。人間の限界を、容易く超える)

P「ならば……悪用するしかあるまいて……!」

ちひろ「プ、プロデューサーさん……? 何を……」

P「フフフ、ちひろさん。感謝しますよ……この力をくれたことをね!」

ちひろ「ちょっと! だからダメですってば! それは――」

P「うひょーい!!」

ちひろ「はっ、はやい!」

P「へいねーちゃん、意外と可愛いパンツはいてんじゃねーか!ひょっひょーう!」ペラー

ちひろ「きゃああああっ!!?」


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 21:31:19.17 ID:jfN54taao
P「ハッハッハッハ! あばよちひろさん! 追ってくるならその可愛いピンクのパンティーにへのへのもへじを描いちまうぜ!」

ちひろ「くっ……待ちなさい! うぅ……」



P「よしっ、事務所から出たぞ」

P「不思議だな……ちひろさんのスカートをめくってパンツを見たっていうのに不思議と落ち着いてやがる……」

P「可愛い事務員さんに思わず手が出ちまったっていうのに心はえらく冷静だ……」

P「これが、心頭滅却ってやつか……?明鏡止水だったかな……」

P「まぁ、それはどうでもいい!」

P「まずは痴漢だ! むっ、あれは!」


>>13


13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 21:34:37.40 ID:ye3tpq/no


14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 21:47:12.64 ID:jfN54taao
奏「……ん」


P(あれは……奏!)

P「おや? おやおや? ショーウインドウに身体を映して……おやおや?」

P「待ちあわせか何かかな……ふーむ、大人びとる」

P「まぁ、ここで会ったが百年目、せっかくだからスタンドアップヴァンガードだぜ!」


奏「……? 今、何か声がしたような……」


P(とはいえ、どういこうか? 3倍速とはいえまったく気づかれないのは難しい……)

P(つまり、奏に痴漢するにはこう……いい感じに持っていく策が必要だ)

P「まぁ、最悪まっすぐ行ってぶっ触るっていうのもありだな」

P「よし、ここは>>15だ!」


15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 21:47:55.10 ID:904cMs0zO
挿入


17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 21:57:56.75 ID:jfN54taao
P「そう、1瞬だ――すべては1瞬で終わる」


奏「あっ、Pさ――」


P(3倍の速さを得た)

P(それだけじゃあ、足りない。奏は勘の鋭い子だ)

P(ならば、どうする? 知ってるはずだ、もっと速く、もっと鋭く――)

P(音を追い越せ……すべての関節で加速を行え……!)

P(足の関節が増える想像-イメージ- だ……それだけでも足りない……!)

P(そうか……最も速度が上がる瞬間は振り戻す瞬間――)

P「つまり……挿入れない挿入――!」

P「俺だけのちんちん――!」

  パァン!!


P「そりゃそうだ……」

P「鞭でもない……多関節でもない……そもそも関節が存在しない……」

P「普通の――ちんこだ――」


奏「ひっぐっっ!!?」ビクビクンッ


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 22:04:59.20 ID:jfN54taao
奏「――ッハ……ァッ……」ビクッ ビクッ

P「挿入-イレ-ないまま……挿入た……」

P「音も……感覚さえ置き去りにして……今、奏にはその感覚が襲い掛かっているだろう」

P「そうだ……それでいい……」

P「アイドルである以上、恋愛は禁止だ。だが、奏は初心さだけが求められていたわけじゃない……」

P「だから――挿入た――挿入しないまま、挿入する――」

P「これが俺の見つけたプロデュース……」


ちひろ「プロデューサーさん! いったいどこに……あっ、あれは……!」

P「……」ピュー

奏「ッ……っ、んんっ……!」ビクビクビクッ


ちひろ「なんだこれは! どうすればいいのだ!?」


20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 22:06:15.61 ID:jfN54taao
ちひろ「はっ……呆然としている場合じゃない!」

ちひろ「プロデューサーさん……は局部が消し飛んで……血が……」

ちひろ「奏ちゃんは息も荒く、さっきから細かく痙攣していて……その……」

ちひろ「……ああもう! 悩んでいる場合じゃないんだってば!」

ちひろ「ここは>>21です! >>21します!」


21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 22:07:16.96 ID:Gg0kWP1po
ディープキス


22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 22:10:28.66 ID:jfN54taao
ちひろ「そう、ディープキス……これでプロデューサーさんの薬の効果は切れる……!」

ちひろ「3倍速になるお薬……これがあればもっと時間に余裕ができると思ったのに……」

ちひろ「間違いなくプロデューサーさんがおかしくなったのはあの薬のせい!」

ちひろ(……か、覚悟を決めるのよ、ちひろ! 私だって、プロデューサーさんのこと……)

ちひろ(お薬のせいでおかしくなっているならそれを解消してから目覚めてもらわなきゃ……簡単でも止血を……)

ちひろ「止血……」


P「……」ピュー


ちひろ(下半身まるだしで血を吹き出してる状態じゃなかったら、よかったのになぁ)


24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 22:20:10.01 ID:jfN54taao
ちひろ「……ふぅ……よしっ!」

P「」ピョロロロ…

ちひろ「あっ!? 心なしか血の吹き出す勢いが衰えて……こ、これ体内の血が減りすぎてるとかじゃないですよね!?」

ちひろ「ごめんなさい、プロデューサーさん……! 生き返って……!」

 チュ――

P「……」ピクッ

ちひろ(く、口同士っ……うぅ、ダメ。これだけじゃ足りない……!)

 チュ ― チュ ― チュ ― チュー

  きっすみーちゅっちゅーちゅちゅちゅちゅーりっぷ♪

   きっすみーちゅっちゅーちゅちゅちゅちゅーりっぷ♪

ちひろ「……!」


P「……」パァァァ――


ちひろ「プロデューサーさんの身体が……輝いて……!!」


>>26
どうなった


26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 22:21:24.05 ID:iSMVFREB0
干からびた


27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 22:27:31.86 ID:jfN54taao
P「……」シオシオ…

ちひろ「そん……な……」

ちひろ「輝きといっしょに……『いのち』が消えていく……」

ちひろ「プロデューサーさん! プロデューサーさんっ……!」

ちひろ「いやっ……嫌……! 死なないで、くださいっ……!」

ちひろ「こんな……干からびて……」


Pの干物「」


ちひろ「……間に……あわなかった……」

ちひろ「そんな……」ガクッ


28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 22:33:21.74 ID:jfN54taao
?「それはどうかしら」

ちひろ「……その……声……」

ちひろ「奏ちゃん……!」

奏「そう、私っ……よ……ハァっ……」

ちひろ(ひどく息が乱れている……これは……)

奏「……ちひろさん、Pさんは……」

ちひろ「ごめんなさい……私のせいで、こんな……」

奏「……まだ、生きてる……!」

ちひろ「えっ!?」

奏「なんでかしら、私……わかるの。今、Pさんは……眠ってる……」

ちひろ(まさか……Pさんの消し飛んだ性器……)

ちひろ(いわば、マッハちんちんは……奏ちゃんの……ナカに……!)

奏「そして、もうひとつわかるの……」

奏「Pさんが目覚めるには>>30が必要だって……!」


30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 22:34:21.59 ID:duO1umkLo
宇宙人未来人超能力者


33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 22:38:39.08 ID:jfN54taao
奏「Pさんが目覚めるには宇宙人未来人超能力者が必要だって……!」

ちひろ「宇宙人、未来人、超能力者!?」

奏「……ええ……現実、ばなれしてるわね……」

ちひろ「そんな、そんなの……」

ちひろ「……割と心当たりがあるのでは!?」

奏「ごもっともね」

ちひろ「例えば宇宙人! >>35ちゃんとか!」

ちひろ「それに未来人! >>38ちゃんとか!

ちひろ「超能力者なんて、>>40ちゃんがいますし……」


35 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 22:40:36.15 ID:hP7wrfsYO
ウサミン星人


38 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 22:42:12.16 ID:Z2Es8Xyxo
高峯のあ


40 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 22:42:46.60 ID:oQ6rrDS9o
日菜子


44 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 22:49:41.80 ID:jfN54taao
ちひろ「例えば宇宙人!ウサミン星人……菜々さんとか!」

ちひろ「それに未来人!のあさんとか!」

ちひろ「超能力者なんて、日菜子ちゃんがいますし……」


奏「……え?」

ちひろ「え? 今、何かおかしいことを言いました……?」

奏「いえ……未来人のアテはいまいちなかったのだけど……」

ちひろ「のあさんは実は未来から来たエージェントだって、知らなかったんですか?」

奏「そんなこと、本人に聞いたの……?」

ちひろ「いえ、マキノちゃんが調べた情報を私が暴いたので……」

奏「なるほど……」

ちひろ「まぁ、エージェントってことで何かしらの使命があるのかもしれませんが――」

のあ「――そう。いい勘をしている」スッ……

ちひろ「ひぇっ!」


45 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 22:51:36.79 ID:jfN54taao
のあ「……何を驚いているの? あなたが私を呼んだのでしょう」

ちひろ「え、えーっと……事情はご存じで?」

のあ「……当然。私は、この時のためにここにいた」

奏「……つまり、協力してくれるって解釈でいいのかしら?」

のあ「……」スッ

ちひろ「あの、のあさん……?」

のあ「……>>47


47 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 22:52:58.83 ID:XbEH60TK0
お母さん


49 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 22:58:14.26 ID:jfN54taao
のあ「……お母さん」

ちひろ「えっ……えぇぇぇ!!? こ、これって私が、お母さんにもらった……ペンダント……」

のあ「私は……あなたの娘。母の旧姓は……『千川』……」

ちひろ「そんな、のあさんが……私の娘……?」

のあ「……信じられないなら、それでもいい。私は、貴女に教わったことを……ここで……」

ちひろ「……」

のあ「……?」

ちひろ「のあさん……ううん、のあ、ちゃん。それとも、呼び捨てのほうがいいかしら……」

のあ「……」

ちひろ「私……急に受け入れるのは難しいかもしれない。でも、あなたが……」

のあ「おかあ、さん」

ちひろ「うん……初めて会った時に、他人の気がしなかった……そっか、あなたはプロデューサーさんを助けるために来てくれたのね」

のあ「おかあさん……」

ちひろ「ありがとう……嬉しい、私、ほんとうに嬉しい……」

のあ「……っええ、私、も……」


50 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 23:06:30.24 ID:jfN54taao
菜々「ふぃーっ、ほんとうにまったく、困ったものですよ!」ぷんすこ

ちひろ「あっ……菜々さん!」

菜々「ナナだって、本当は他の星にまで来てそこからタイムジャンプなんてむちゃしたくありませんでしたよ」

ちひろ「じゃあ、どうして……」

菜々「……私は、未来のあなたに頼まれましたから。娘をお願いって」

ちひろ「ありがとう、ございます……!」

のあ「……お母さん。まだよ」

ちひろ「……うん」

のあ「あとは……喜多日菜子……彼女の超能力……」

菜々「そうですね……『現実改変』の力なら……」

奏「ちょ、ちょっと待って?」

菜々「どうしました?」


55 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 23:17:52.54 ID:jfN54taao
奏「その……日菜子が超能力者で……能力が……?」

菜々「現実改変。もともと私はそちらの調査のために地球に来たんです」

奏「現実……改変……」

のあ「……理想を、現実に。夢物語のようだけれど、それは彼女にとっては『日常』よ」

奏「……まさか、あの子の妄想は全部本当のことになる、なんて意味、じゃあ……」

のあ「……」

奏「……その通り、ってことね」

のあ「察しが良くて……助かるわ」

奏「いえ、私にもPさんのカケラが埋まっている……だから、多少は追いつけるみたいね……思考を加速させて、ね」

ちひろ「……じゃあ、あとは日菜子ちゃんですか。えーっと……」


日菜子「……むふ。呼ばれているようですねぇ」

ちひろ「ぴっ!?」

日菜子「ひどいですよぉ、ちひろさん……日菜子は呼ばれたから来たのに……」

ちひろ「お、驚かさないでくださいよぉ……」


57 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 23:23:13.29 ID:jfN54taao
日菜子「むふふ、いいじゃありませんか……刺激的なスパイスもたまには……」

奏「……」

日菜子「事情は知ってますよぉ、Pさんを治すんですよねぇ……それなら日菜子が……」

奏「待って。日菜子……あなた、本当にPさんをただ治すつもり?」

日菜子「……むふふ。いまいち意図をはかりかねますね」

奏「あなたが……望むのなら、全て現実になるのでしょう?」

日菜子「ええ、そうですよぉ」

奏「この状況は……あなたの妄想で……あなたの超能力で生み出したこと、ではないの?」

日菜子「……」

奏「だって、おかしいじゃない? Pさんが、急にあんな……」

日菜子「むふふ。何をいうかと思えば……」

奏「……」

日菜子「……>>59


59 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 23:24:32.18 ID:1Od+/DJn0
Pが変態度を高めて復活


63 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 23:30:30.59 ID:jfN54taao
日菜子「……Pさん、蘇ってください」

P「ウオォォォッォッ!!!」バボォン!!

奏「なっ――」

菜々「プロデューサーさんの身体に……ハリとツヤが……! い、いいなぁ……!」

のあ「……」

ちひろ「プロデューサーさん!? 日菜子ちゃん、あなたいったい!」

日菜子「別に……いいじゃありませんか。たまにこういうお遊びがしたくなるんです」

奏「遊び、ですって……?」

日菜子「いつもは優しいPさんが、野獣のように……なんて、ね。むふふ、たくましい腕に抱きしめられたい、とか」

P「ウゥォォ……ォォオオオ……!」

日菜子「日菜子の『改変』は、時間がかかりますから。そのうえ、あんまりコントロールがよくなくって……」

日菜子「大丈夫ですよぉ、対生物でなければ、そんなに時間はかかりません……だから……」

日菜子「一度、死んでくれますかぁ?」

のあ「――避けて!」ドンッ

奏「きゃっ……!?」


65 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 23:39:00.95 ID:jfN54taao
日菜子「むふふ、おかしいですねぇ……積極的になったPさんが、いろんな人をぎゅうと抱きしめたり……」

日菜子「もう少し、素敵な妄想だったんですけれど……」

P「ウウ……日菜子の帽子コレクションの中に俺のカツラを紛れ込ませたい……!!」

日菜子「……まぁ、失敗は失敗です。だから、やり直ししましょう? 痛くしませんし、今度はうまくしますから――」

菜々「させま、せんっ!」

日菜子「むふっ……」

菜々「日菜子ちゃん! あなたは間違っています! 人の心を直接『改変』しようとしましたね!?」

日菜子「……王子様が、日菜子へ多く愛を注いでくれる妄想をしただけですよぉ」

菜々「そうです、それです。本来ならそれで……あなただけが愛されるはずだった。だが、そうならなかった!」

菜々「プロデューサーさんは、それを望まなかったから! 『なんでもできる王子様』が『改変を否定』したからです!」

日菜子「……っ」

菜々「だから、あなたは――」

日菜子「……日菜子は、愛されることがない、そういいたいんですよねぇ?」

菜々「ちがう!」


69 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 23:46:18.12 ID:jfN54taao
日菜子「だったら、なんで! 王子様は……日菜子だけを見てくれないんですか!」

P「菜々の外したてのウサミミの匂いを一晩中嗅いでいたい……」

日菜子「日菜子は、ただ……!」

ちひろ「日菜子ちゃん……」

のあ「……彼は、あなたを否定してなどいない」

日菜子「慰めはやめてください……だったらどうしてこんなことになるんですかぁ……!」

のあ「彼は、誰のものにもなろうとしなかったから。あなただけではない……私も、菜々もそう……」

P「のあにランドセルを背負ってもらってバッテリーパックごっこしたい……」

のあ「だから、彼は誰のものにもならず……自ら命を絶った」

奏「……本当、不器用ね」

P「奏のリップクリームを人体に悪影響の無い速乾性ののりにすり替えて口が開かなくて慌ててるのが見たい……」

日菜子「……そんなの……」

のあ「私たちは、残らず敗北したということ……彼の心にね」


70 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 23:51:36.98 ID:jfN54taao
日菜子「……むふ、むふふふ……流石は王子様です……日菜子の、負けですね……」

ちひろ「日菜子ちゃん……」

日菜子「元に戻るように……『改変』します。ただ……それを拒否されると困っちゃいますけど……」

菜々「そこら辺はお任せあれ! 一度彼の心の障壁を……すべて破壊します!」

ちひろ「ど、どうやって?」

奏「……ちひろさん」

ちひろ「え? え?」

のあ「……彼の意識を揺さぶれるのは……あなただけ……ね。お母さん」

ちひろ「ちょ、ちょっと待ってください……のあちゃん、ひょっとして私――」

P「ちひろさん……ちひろさん? ちひろさんは……俺は、ちひろさんと――」

日菜子「……むふ。どっちにしろ、勝敗は決してるじゃないですか」

菜々「ハートウェーブ! 全力! 全開! 心のチャンネルをすべて強制解放! さぁ、あなたたちの心を――」

奏「……まったく、わかっちゃったわ。Pさんの、心の奥の――」

のあ「……助けてあげてね、お母さん。だって、なれそめの話はなんども聞いた――」



ちひろ「ああああーーーーっ! もうっ! プロデューサーさん! いえ、Pさん! 私は――」

P「ちひろさん、ちひろさん! 俺は……俺はっ! ちひろさんの――」


71 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 23:54:15.53 ID:jfN54taao
―――――


――


「――と、こういうことがあってあなたが生まれたの」

「……ふーん」

「や、やっぱり信じられない?」

「ううん……お母さん、お父さんのこと……好き?」

「そ、それはもう……でも……ごにょごにょ……」

「………………」

「……あの日に、あなたは送られる。そのあと、こっちに戻ってくる……かかる期間は、おそらく3年」

「……若いころのお父さんに惚れないよう、気を付けるわ」

「ええ、すけこましなんだから。蹴っちゃいなさい」

「はい……いってきます。お母さん」

「いってらっしゃい。のあ――」



おわり


72 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/08(日) 23:55:22.18 ID:rmabLfn+o
訳がわからないよ(褒め言葉)
おつ


77 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/09(月) 00:05:26.45 ID:3koLxTZqo
乙乙
このカオス嫌いじゃないわ


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1462709730/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ