Powered By 画RSS


【モバマス】乃々「まゆさんへの感謝の気持ちに幸子さんを贈りたい……」

1 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/10(火) 23:48:23.87 ID:4qH8qYS+0
乃々「私たちはいつも、まゆさんのお世話になっています」

小梅「アンダーザデスク、人気だよね」

輝子「お、おかげさまでな」

乃々「これもひとえに、公私共に、まゆさんに支えてもらったおかげでして……」

輝子「だから、その感謝の気持ちを、伝えたいんだ」

美玲「それで幸子を贈りたいってワケか……なるほどな」

乃々「はい」

乃々「それはもう、活きのいい新鮮な幸子さんを贈りたいんです」

輝子「そこで、幸子を梱包して、宅急便で送ることは決まったんだが……」

輝子「冷蔵だと幸子が風邪ひくし……」

輝子「れ、冷凍はもってのほか……」

輝子「だからと言って、生身で贈るわけにもいかなくて……」

小梅「そうだね、どうしよっか……」

美玲「……」









美玲「真空パックしたら?」

4人「「それだ!!!!」」




3 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/10(火) 23:49:45.47 ID:4qH8qYS+0
手順01:幸子を確保します



幸子「今日もカワイイボクが来ましたよ!」バーン

乃々「あ、来ました」

小梅「電話、いらなくなったね」

輝子「手順が省けて良かった、フヒヒ……」

美玲「それに、電話での呼び出しじゃ、新鮮さが失われるからな」

乃々「私たちの目を意識しておしゃれされたら、それはもう養殖物なので……」

美玲「贈り物はやっぱり天然物だろッ!」

幸子「?」


4 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/10(火) 23:50:26.33 ID:4qH8qYS+0
手順02:幸子を気絶させます



美玲「でも、どうやって気絶させるんだ?」

輝子「当身だと、あざが残るな……」

小梅「私に任せて」ズイッ

小梅「幸子ちゃん、動かないで」

幸子「え、どうしてですか?」

小梅「今……あの子が抱きついてるから」

幸子「」バターン

美玲「……」

美玲「ちょろいなぁ」

輝子「だが、それがいい」

乃々「では皆さん、始めましょう」


5 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/10(火) 23:51:30.18 ID:4qH8qYS+0
手順03:膀胱内の尿を全て排泄させます



美玲「よいしょっと!」ドサッ

乃々「ちゃんと便座に座ってますか?」

小梅「大丈夫」

美玲「じゃあパンツ脱がすぞ」ヌガセヌガセ

小梅「預かるね」

美玲「はい」

美玲「乃々はスカートを汚さないよう押さえといて」

乃々「任せてください」グイ

輝子「えっと……確か、ここのツボを刺激すれば……」ドスッ!!





幸子「」シャージョロロロロ...!!





小梅「たくさん出てるね」

美玲「コイツ、ちょっと我慢してたな?」

乃々「最後の一滴まで絞り出してください」

輝子「心得てる」ドスッ!! ドスッ!! ドスッ!!





幸子「」ジョロッ!! チョロッ! チロッ...


6 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/10(火) 23:52:30.79 ID:4qH8qYS+0
手順04:腸内を浣腸させます



乃々「浣腸液をたっぷり流し込みまして……」チュー...

輝子「そして、こっちとこっちを同時に刺激すれば……」ドスドスッ!!





幸子「」ブボッ!! ブリュリュリュ...!!





小梅「わっわっ」アワアワ

美玲「落ち着けって! ただ全部出てきてるだけだから」

乃々「少し便秘気味だったようですね」

輝子「だがそれも、今日で終わりだな……」

美玲「便秘を治してあげるなんて、ウチら優しいよな」

3人「「うんうん」」


7 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/10(火) 23:53:06.62 ID:4qH8qYS+0
手順05:下半身を綺麗に清掃します



美玲「おい、間違えてアルコール消毒なんてするなよ?」フキフキ

輝子「分かってる……」フキフキ

小梅「幸子ちゃん、アルコールに弱いもんね」フキフキ

乃々「これは赤ちゃん用おしりふきですから、問題ありませんよ」フキフキ


8 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/10(火) 23:54:02.70 ID:4qH8qYS+0
手順05・補足:脱がせた下着を穿かせるのを忘れずに



美玲「薄紫色の花柄か……」ハカセハカセ

乃々「私の勝手な意見なんですけど……」

乃々「幸子さんはフルバックなんかより、ローレグとか紐とか、そういう大人っぽい下着を穿いてほしいですね」

小梅「分かる」

美玲「分かる」

輝子「分かる」


9 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/10(火) 23:57:52.43 ID:4qH8qYS+0
手順06:贈り物を入れられるラバーバック(ゴムでできた袋)を用意します



輝子「袋は、これを使う」バサッ

美玲「でっか!! これどこで手に入れたんだ?」

輝子「フヒ……晶葉経由で譲ってもらった」

美玲「マジでッ!? 高級品じゃんッ!!」

輝子「丈夫で、簡単に破けない上に……」

輝子「汗で蒸れないよう、都合のいい換気を行う……す、優れもの」

小梅「やっぱり、速乾だよね」

乃々「汗で蒸れると、ラバーの内部で結露して、贈り物が見えにくくなりますからね」

美玲「あと、汗で汚れるのも防ぐぞ」

美玲「鮮度を保つのに大事なことだ」

輝子「やっぱり、袋にはこだわらなきゃ……だな」

3人「「うんうん」」


10 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/10(火) 23:58:50.49 ID:UYnfBtWk0
手順07:贈り物をラバーバックに入れます



輝子「よいしょっと……」ズルズル

美玲「おい、傷つけるなよ?」

小梅「ポーズと服装は?」

乃々「鮮度が命なので、服装はこのままでいきます」

乃々「ポーズは、最も味を損なわない、直立ポーズでお願いします」

小梅「両手を伸ばして、体に添えて……」ヨイショ


11 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/10(火) 23:59:39.87 ID:UYnfBtWk0
手順08:口に呼吸用チューブを咥えさせ、ラバーバックの専用穴から外へ出します



乃々「少し細すぎませんか?」

美玲「大丈夫。細いけど、強度は十分あるから」

美玲「自分で試してみたけど、ちゃんと息できたぞ?」

乃々「なら何も言いません」

小梅「チューブ穴って、これだよね?」

輝子「そこから出したら、専用テープで隙間を埋めるんだ……」

美玲「難しいところだけど、手伝おうか?」

小梅「ううん、もうできたよ」ピッピッ

乃々「さすが小梅さんですね」


12 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/11(水) 00:00:40.15 ID:ARaFzlLq0
手順09:ラバーバックをとじます



美玲「おい、熱いから気をつけろよ」ジュゥ...

小梅「この機械は何?」

輝子「真空パックを作る機械だ」

美玲「この細い金属はな、数百度にまで熱せられてるんだ」

美玲「それをラバーにあてがうと――」ジュゥ...

美玲「ホラッ! 溶接されて袋状になるんだッ!」

小梅「すごい……!」

乃々「しばらく熱いですから、触らないよう気を付けてくださいね?」

小梅「分かった」

美玲「……」ジュゥ...


13 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/11(水) 00:01:10.91 ID:ARaFzlLq0
手順09・補足:接合部分が完全に冷えたら、空気漏れがないか確認してください



輝子「……10分経ったぞ」

小梅「もう触って大丈夫なんだよね?」

美玲「あぁ」

乃々「袋を軽く押し付けて、空気の漏れている場所が無いか、確認しましょう」グイッグイッ

美玲「どうだ?」

乃々「完璧です」

輝子「いよいよ仕上げだな」


14 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/11(水) 00:02:24.82 ID:ARaFzlLq0
手順10:専用口から吸引器を差し込み、内部の空気を完全に抜きます



美玲「輝子ー頼んだー」

輝子「頼まれた、フヒ……」ズボッ

輝子「吸引開始だヒャッハアァアァァァアアァァ!!!!」ブオォー!!

小梅「わぁ……!」

乃々「ラバーが、幸子さんの形になっていきますね」

美玲「プフッ……おい、この顔見ろよ!」

美玲「コイツ、こんなになってもカワイイぞ……ククク」





幸子「」ビッタアァ...!!





小梅「本当だ、カワイイね」

乃々「幸子さんが新鮮な証拠ですよ」

輝子「アァァアァァァァアアアアァアァァアァァ!!!!」ブオォー!!

小梅「あれは良いの?」

美玲「終わるまでは自由に叫んでいいって約束だからな」


15 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/11(水) 00:03:20.11 ID:ARaFzlLq0
手順11:吸引完了後、吸引器を引き抜き、すぐに専用口を閉じます



輝子「ほい……」ズボッ

美玲「これで、最後……っと」ジュゥ...

乃々「空気が入ってくる様子は……ありませんね」

小梅「ということは……?」

輝子「これで、真空パックが完成……」

小梅「お疲れ様」

美玲「これからが本番だぞ?」

乃々「センスが問われる梱包作業のお時間ですよー」


17 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/11(水) 00:05:15.26 ID:ARaFzlLq0
作業12:贈り物を入れる箱を用意します



乃々「幸子さんの体型にピッタリ合う木箱を用意しました」

乃々「運びやすいように、重量はギリギリまで軽量化しています」

美玲「うわッ! スゴいなオマエ!?」

乃々「ちひろさんに格安で用意してもらいました」

小梅「ちひろさんに言うと、安く手に入るよね……?」

輝子「信頼できる謎の流通経路、フヒヒ……」

乃々「これがあるから、アイドルは辞められませんねぇ」

美玲「全く、現金なヤツだなッ!」

4人「「HAHAHAHA」」


18 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/11(水) 00:06:43.85 ID:ARaFzlLq0
作業13:箱に緩衝材を敷き詰めます



乃々「それではみなさん、緩衝材を箱に敷き詰めてください」

乃々「今回は綿を使用します」

乃々「幸子さんの重みでかさが減るので、山盛りにしてくださいね」

小梅「わざわざ綿を用意したの?」

美玲「幸子の体を傷付けないことが目的だからな」

美玲「他のじゃ、幸子の体に悪いと判断したんだろ」

小梅「奥が深いね……」


19 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/11(水) 00:07:27.74 ID:ZvlGykuZ0
作業14:贈り物を箱に納めます



輝子「よいしょ……っと!」ズン!

美玲「ふぅー……入ったぞー」

乃々「ありがとうございます」

小梅「2人とも、力持ちだね」

輝子「フヒ……私は、メタルやってるからな……」

美玲「ウチは、この2人を連れまわってるから、鍛えられたんだよ」

小梅「ちゃんとお仕事頑張らないと……」

輝子「が、頑張る……」

乃々「善処します……」


20 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/11(水) 00:08:48.51 ID:ZvlGykuZ0
作業15:残りの緩衝材を敷き詰めます



美玲「残った綿は、幸子の上にかけとくか」

小梅「だいぶ少ないけど、大丈夫なの?」

輝子「天地無用で送るから……た、多少は大丈夫」

乃々「ここでは、大事なところを重点的に守るのがセオリーです」

美玲「じゃあ顔か」パラパラ

輝子「二の腕だな」パラパラ

小梅「足だね」パラパラ

乃々「皆さんのフェチを知ってしまったんですけど……(お腹に綿をまきながら)」パラパラ


21 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/11(水) 00:12:58.29 ID:ZvlGykuZ0
作業16:添え状をしたため、同梱します



美玲「添え状は用意してるのか?」

乃々「はい、この通り」



『佐久間まゆさんへ
拝啓
若葉萌える好季節となりました。
まゆさんには、アンダーザデスクとしてひとかたならぬお世話になり、まことにありがとうございます。
おかげさまで、アイドルとしての心構えが身に付き、以前にも増して楽しく仕事ができるようになりました。
これも、ひとえにまゆさんの温かいお人柄と、熱意に満ちたご指導のおかげと、心から感謝しております。
つきましては、私たちにできる最大のお礼として、新鮮な幸子さんの活き締めをお送りいたしましたので、ご笑納いただければ幸いです。
敬具

森久保乃々
星輝子
平成○年○月○日』



乃々「文面はこれで大丈夫でしょうか?」

輝子「わ、分からない……」

小梅「こういうの、誰が詳しいかな?」

輝子「幸子なんだが……お、贈り物だから……」

美玲「……まぁ、大丈夫だろ」

美玲「こういうのは贈る気持ちが大事なんだから」

美玲「それにまゆなら、そんなことで怒らないだろ?」

輝子「そう……だな」

乃々「念のため、皆さんもチェックお願いします」


22 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/11(水) 00:15:24.61 ID:ZvlGykuZ0
作業17:箱と蓋をしっかり固定させます



美玲「えっと……木箱ってことは、釘が必要か?」

乃々「いえ、この木箱には、蓋を閉める機構が用意されていますので」

乃々「蓋を、この隙間に差し込み、半回転させると……」グッグッ

乃々「この通り、釘なしで蓋を固定させることができます」

美玲「スゲーッ!!」

乃々「いやぁ……良いブツを用意してくれましたよ、ちひろさんは」

小梅「ちひろさんにも、お礼した方が良いんじゃ……?」

乃々「私もそう思いましたが……」

乃々「『アイドルの皆さんが求めるものを用意するのは事務員の仕事』だからって、丁重に断られました」

輝子「さすが、ちひろさんだ」


23 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/11(水) 00:16:09.26 ID:ZvlGykuZ0
作業18:贈り先と注意事項を漏れなく書きます



乃々「えっと、まゆさんの住所は……」カキカキ

輝子「今のうちに、シールを貼っておこう……」

美玲「ウチも手伝うぞ」

小梅「私も」

輝子「『冷蔵厳禁』『冷凍厳禁』『高温厳禁』『多湿厳禁』……」ペタペタ

美玲「『ナマモノ』『天地無用』……」ペタペタ

小梅「『輿水幸子』……」ペタペタ

美玲「こうしてみると、取扱いが難しいんだな、幸子って」

輝子「上流で採れた高級品、だからな」


24 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/11(水) 00:18:16.71 ID:ZvlGykuZ0
作業19:業者を呼び、発送します



業者「森久保さーん! お荷物の受け取りに参りましたー!」

乃々「あ、この箱です」

業者「えっと、このサイズと重量ですと――」ピッピッ

輝子「あと、幸子割で……」

業者「あ、はい、了解しましたー!」ピッピッ

小梅「幸子割って?」

輝子「幸子を贈るときの割引サービスだ」

乃々「最大10%引きになるんですよ」

美玲「へぇ、覚えておこっと」


25 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/11(水) 00:19:19.37 ID:ZvlGykuZ0
業者「では荷物お預かりしますねー」

業者「フンッ!!」グワァッ

業者「それでは、失礼しましたー!!」タッタッタ





小梅(軽々と持ち上げた……)

輝子(幸子だけで37kgもあるのに……)

美玲(さすがプロだなー)

乃々(うぅ……知らない人と喋ったから、あと少しで泣くところでした……)グスッ


26 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/11(水) 00:20:07.98 ID:ZvlGykuZ0
乃々「さぁ、これで終了です」

乃々「あとは無事届くのを待ちましょう」

小梅「お疲れ様」

輝子「それまで何しよう……?」

美玲「それなら、幸子のうろ覚え似顔絵大会するぞッ!」

輝子「フヒ……良いな」

小梅「私、筆記用具準備するね」タタタ

美玲「紫色忘れるなよー!?」

乃々「あれ……幸子さんの外ハネ、外ハネでしたっけ、内ハネでしたっけ……?」オモイダセナイ...

美玲「そうそう、案外難しいんだよな」

輝子「カワイイ以外思い出せない、フヒヒ……」


27 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/11(水) 00:20:49.52 ID:ZvlGykuZ0
後日



業者「佐久間さーん! お届け物でーす!」ピンポーン

まゆ「あら、お疲れさまです」ガチャリ

業者「荷物重いんで、玄関まで運びましょうか?」

まゆ「本当ですね……では、お願いします」









業者「フンッ!!」ドサッ

業者「またのご利用お待ちしておりまーす!!」タッタッタ


28 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/11(水) 00:22:10.48 ID:ZvlGykuZ0
凛「……」ヌッ...

凛「……どう? もう帰った?」

凛「Pさんを賭けた、まゆとの決闘……そろそろ再開したいんだけど?」ゴゴゴゴゴ

まゆ「……凛ちゃん」ドドドドド


29 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/11(水) 00:23:23.96 ID:ZvlGykuZ0
まゆ「一時休戦にしませんか?」

凛「……は?」

まゆ「今届いた荷物……輝子ちゃんと乃々ちゃんからなんです」

まゆ「中身は幸子ちゃんみたいですので、再開すると、きっと傷んでしまいます」

まゆ「彼女たちの気持ちを、彼女たちと関係ないことで踏みにじるのは……私が許せないんです」


30 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/11(水) 00:24:19.88 ID:ZvlGykuZ0
凛「……なら、条件があるよ」

凛「私にも開封作業を手伝わせて」

まゆ「そんな……凛ちゃんはあくまでもお客さんですし……!」

凛「あの子たちの気持ちを踏みにじりたくないのは……私も同じだから」

まゆ「凛ちゃん……」

凛「さ、早く開けよう?」

まゆ「……はい!」


31 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/11(水) 00:25:22.49 ID:ZvlGykuZ0
箱「ガパァ!」



まゆ「わぁ……!」

凛「すごく新鮮……しかも活き締めだね」

まゆ「私なんかに、こんなに気を遣わなくても良いのに……」

凛「でもこれが、あの子たちの気持ちだから」

凛「ちゃんと受け止めてあげて?」

まゆ「えぇ……ふふ、分かっていますよぉ?」

凛「ハサミある? 私が開けてあげる」

凛「実家の手伝いで、ハサミの扱いには慣れてるから」

まゆ「分かりました」

まゆ「はい、どうぞ」

凛「ありがと」


32 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/11(水) 00:26:22.09 ID:ZvlGykuZ0
袋「ビリビリィ!!」

袋「くぱぁ」ムァ...



まゆ「あ、この匂い……」スンスン

凛「適度な汗の匂いと、幸子特有のカワイイ匂いが混ざり合って、独特の幸福感を醸し出してる……」クンカクンカ

凛「産地直送ならではだね」

まゆ「それに、袋や緩衝材にもこだわってますよ」

まゆ「これは……最高レベルである5つ星級の幸子ちゃんですね」


33 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/11(水) 00:27:36.38 ID:ZvlGykuZ0
凛「この後はどうするの?」

まゆ「ちょっと待っててください」スタスタ

凛「?」

まゆ「お待たせしました」スタスタ

凛「そのコップの水は?」

まゆ「幸子ちゃんのお顔にかけるんです」バシャッ!!





幸子「……ぷはぁっ!! はぁ……はぁ……!!」

幸子「ぅぅ……ここは……ぁ、袋が……開いて、る……?」ハァ...ハァ...

まゆ「ね?・こうして気絶している幸子ちゃんを起こすんですよ」

凛「新鮮さを損なわないために、外部からの力を加えず、水だけで自発的に起きてもらう……」

凛「徹底した品質管理を心がけているんだね」


34 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/11(水) 00:28:25.22 ID:ZvlGykuZ0
幸子「ぁの……すみません……」ハァ...ハァ...

幸子「ここ、どこですか……?」ハァ...ハァ...

まゆ「私の家ですよぉ」

幸子「あぁ……まゆさん……」

まゆ「少し息苦しかったんですねぇ……お布団用意しますから、そのまま横になっていてください」スタスタ

まゆ「……あ、凛さんも来ていただけますか?」

凛「え……うん、分かった……」スタスタ





幸子「はぁ……ょ、ようやく動けます……」グッタリ


35 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/11(水) 00:29:52.29 ID:ZvlGykuZ0
まゆ「……よし、布団はこれで良いでしょう」バサッ

凛「それで? 私も呼んだ理由は?」

まゆ「思い出したんですけど、私、凛さんにお茶の1つも出していませんでしたよねぇ?」

凛「え? うん、そうだね……」

凛「まゆが扉を開けた瞬間に私が斬りかかったから、そんな時間が無かっただけだけど……」


36 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/11(水) 00:30:45.45 ID:ZvlGykuZ0
まゆ「よろしければ、一緒に幸子ちゃんをいただきませんか?」

凛「私と……まゆが?」

まゆ「贈られた幸子ちゃん、活きが良かったですよね?」

まゆ「でもまゆは、あんなにたくさん食べられないんですよぉ」

まゆ「だってまゆは、昔から小食ですから」

まゆ「だから、お客さんの凛ちゃんにもお出ししようと思いまして……」


38 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/11(水) 00:31:23.64 ID:ZvlGykuZ0
まゆ「まゆと凛ちゃんは、これからも永いお付き合いになるでしょう」

まゆ「そんな人生のライバルだからこそ、こういう場では仲良くしたいんです」

まゆ「……如何ですかぁ?」

凛「バカにしないで」

凛「ここはまゆのホーム。そこで出される食べ物に手を出すほど、私は単純じゃないよ」


39 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/11(水) 00:32:33.67 ID:ZvlGykuZ0
凛「でも……」

凛「輝子たちの贈り物を疑ったり、まゆの懇意を踏みにじったり――」

凛「そこまで私は無粋じゃないよ」

まゆ「ありがとうございます」

凛「……ホラ、停戦協定の握手」ス...

まゆ「はいっ」ス...









凛「ふふっ……」ギリギリ...!!

まゆ「うふふ……」ミシミシ...!!


40 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/11(水) 00:34:10.41 ID:ZvlGykuZ0



幸子「……ぁ……驚かせて、ごめんなさぃ……」

幸子「先日出社したら、突然気絶しまして……」

幸子「多分、輝子さんたちのイタズラだと思います……」

幸子「途中目が覚めたんですが、指一本動かすことが出来ず……」

幸子「そのまま丸1日拘束されるのは……さすがにしんどくて……」

幸子「途中から考えるのをやめたのは、正解でした……」


41 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/11(水) 00:34:45.01 ID:ZvlGykuZ0
幸子「……あれ、凛さんじゃないですか? どうしてここに?」

幸子「え、あれ……そんな、悪いですよ、2人がかりでお姫様抱っこなんて……」

幸子「あぁ……でも、嬉しいです……本当は、歩けるかどうかも怪しかったので……」

幸子「わざわざベッドまで……ありがとうございます……」


43 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/11(水) 00:36:49.68 ID:ZvlGykuZ0
幸子「……あれ、どうして扉に鍵をかけるんですか……?」

幸子「えっ……まゆさん、どうして脱いでるんですか……!?」

幸子「わわっ!? 凛さんまで……!?」

幸子「ひっ……こ、恐いですよ2人とも……」

幸子「こ、来ないでください! ニヤニヤ笑わないでください!」

幸子「ここはダメです……早く逃げないと……!」

幸子「ぁ……まだ、体が言うことを……!」


45 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/11(水) 00:37:40.27 ID:ZvlGykuZ0









幸子「や、ゃら! またキちゃぅ! あっ、あっ……んんっ……!!!!」ビクンビクン!!

幸子「ひっぐ……ひぐっ……またいっちゃ……んっ……っ……っ!!!!」ゾクゾクゾクゾクッ!!

幸子「~~~~っ!!!!」ビグッ!! ビグッ!! ビクンッ!!









※CV:竹達彩奈


46 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/11(水) 00:39:11.28 ID:ZvlGykuZ0





乃々(後日、まゆさんからお便りが届きました)

乃々(私たちの贈った幸子さんは、美味しくいただいたそうです)

乃々(風のうわさでは、この贈り物がきっかけで、凛さんと仲直りしたとか)









乃々(贈り物は、皆を笑顔にします)

乃々(大切な人へ、お世話になった人へ)

乃々(日頃の感謝と真心を込めて……)





乃々(さぁ、皆さんも是非、幸子さんを贈りましょう――!)



終わり


48 : ◆1EQMASWfsI 2016/05/11(水) 00:42:52.88 ID:ZvlGykuZ0
以上です



よく見ると『キャラ崩壊注意』を書き忘れていたことに気付きました

でもまぁ、1レス目を見て気付かないヤツがいるワケ無いですよね?

別に問題ないですよね?



最後までお読みいただき、ありがとうございました


49 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/11(水) 00:50:47.77 ID:M/2eU74xO
おつ、カオスすぎてわらえた


57 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/11(水) 11:28:28.74 ID:1H5ObjHxO
アイドル、アイドルってなんだ
おつ


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1462891703/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ