Powered By 画RSS


まどか「私の心は明鏡止水」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 17:59:17.76 ID:6a0AT0nL0
登校中

まどか「でね。ラブレターでなく直に告白できるようでなきゃ駄目だって」

さやか「う~ん。相変わらずまどかのママはカッコいいなあ」

仁美「そんな風にキッパリ割り切れたらいいんですけど…はぁ」

さやか「うやましい悩みだねえ」

まどか「いいなぁ。私も一通ぐらいもらってみたいなぁ…。ラブレター」

さやか「ほーう?まどかも仁美みたいなモテモテな美少女に変身したいと?」

さやか「そこでまずはリボンからイメチェンというわけですかぁ~」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 18:02:52.52 ID:6a0AT0nL0
まどか「え?ちち、ちがうよ!これはママが…」

さやか「さては、ママからモテる秘訣を教わったな?」

さやか「けしからーん!そんなハレンチな子は……こうだぁっ!」ダキッ

まどか「ひゃっ!ちょっと…やめて…や…め…」

さやか「可愛いやつめ!でも男子にモテようなんて許さんぞー!まどかは私の嫁になるのだー!」グイグイ

まどか「やめてって言ってるでしょッ!?」バッ シュバッ



さやか「え?」

仁美「まどかさんのツインテールが逆立ちましたわッ!」


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 18:06:08.32 ID:6a0AT0nL0
まどか「私のこの手が真っ赤に燃える…」グググ…

さやか「じ、冗談だよね…?」

まどか「勝利を掴めと轟き叫ぶ…!」ギュッ

さやか「私が悪かったから機嫌直して…」

まどか「ばあああく熱ッ!」キッ

さやか「仁美ッ!た、た、助けっ」ダッ

まどか「逃さんッ!」バッ

さやか「ひいいいいッ!!」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 18:09:54.36 ID:6a0AT0nL0
まどか「まどかッ!!フィンガァァァッ!!」グワァッ

さやか「うぐうッ!?」ズンッ

まどか「まどか条約第一条…」

まどか「『度を過ぎた悪ふざけは罰する』ッ!!」

さやか「あ…が…が……」

まどか「ヒートォッ!!」

さやか「た…たす…」

まどか「エンドォッ!!」グシャァッ

さやか「うぎゃあーーー!!」ドガーン

仁美「決まりましたわッ!!」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 18:13:27.34 ID:6a0AT0nL0
資材置き場

キュゥべえ「うぅ…助けて……」

まどか「ひどい…」

ほむら「そいつから離れて」

まどか「だ、だって…この子…怪我してる…」

まどか「駄目だよ!ひどいことしないで!」バッ

ほむら「貴女には関係の無いことよ」

まどか「だってこの子、私を呼んでた!聞こえたんだもん!助けてって!」

まどか「いくらほむらちゃんでも許さないよッ!」シュバッ



ほむら「…え?」

ほむら(な…何?このBGMは…?)


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 18:15:24.44 ID:X6Cmr2UsO
Gガンかよと思ったらGガンだった


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 18:16:26.36 ID:6a0AT0nL0
まどか「私のこの手が真っ赤に燃える…」グググ…

さやか「や、やばい!」

まどか「勝利を掴めと轟き叫ぶ…!」ギュッ

ほむら「まどか…あなたは一体何をしようと…」

さやか「転校生!逃げてェーッ!」

ほむら「え」

まどか「ばあああく熱ッ!!」キッ


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 18:19:44.01 ID:6a0AT0nL0
さやか「ちッ!」ドンッ

ほむら「きゃあっ!」ドサッ

まどか「まどかフィングァアアアッ!!」ドバシュウ

さやか「ぐひぃッ!?」メリッ

まどか「まどか条約第二条…」

まどか「『弱い者いじめをしてはならない』ッ!!」

まどか「ヒートエンドッ!!」ズガァッ

さやか「うぎゃあーーー!!」ドガーン

ほむら「さやかァーッ!!」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 18:22:23.12 ID:6a0AT0nL0
まどか「……ふぅ」シュゥン…

まどか「ほむらちゃん。もうこの子をいじめちゃ駄目だからね」

まどか「もう大丈夫だよ」ガシッ

QB「ひっ」ビクッ

まどか「さやかちゃん行こっ」ガシッ

さやか「ぐふぅ……」ズルズル

ほむら(何なの…あのまどかの力は……!?)


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 18:25:21.56 ID:6a0AT0nL0
マミホーム

マミ「改めて自己紹介するわね。私は巴マミ」

マミ「あなた達と同じ、見滝原中の3年生」

マミ「そして、キュゥべえと契約した魔法少女よ」

さやか「何でも願いが叶うのか~……」

まどか「あんな化け物と戦えるなんて、マミさん凄いです!」

マミ(魔法少女じゃないのに戦ってたあなたの方が凄いと思うのだけれど…)


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 18:28:41.36 ID:6a0AT0nL0
シャルロッテの結界

マミ「言ったはずよね。二度と会いたくないって」

ほむら「今回の獲物は私が狩る。あなた達は手を引いて」

マミ「そうもいかないわ。美樹さんとキュゥべえを迎えに行かないと」

ほむら「…その二人の安全は保証するから」

マミ「信用すると思って?」ドンッ 

ほむら「……!?」シュルシュル

ほむら「ば、馬鹿!こんなことやってる場合じゃ……あぐっ!」ギュウウ

マミ「もちろん怪我させるつもりはないけど、あんまり暴れたら保障しかねるわ」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 18:33:24.17 ID:6a0AT0nL0
ほむら「こ…今度の魔女は…これまでの奴らとはわけが違う……」

ほむら「このままじゃ……あなたが……ぐうぅッ!」ギシッ

マミ「おとなしくしていれば帰りにちゃんと解放して…」

まどか「…はぁッ!」シュバッ



ほむマミ「え?」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 18:36:58.70 ID:6a0AT0nL0
まどか「私のこの手が真っ赤に燃える…」グググ…

まどか「勝利を掴めと轟き叫ぶ…!」ギュッ

マミ「か、鹿目さん…?」

まどか「ばあああく熱ッ!!」キッ …ダダダダ

さやか「危ない!」ドンッ

マミ「きゃあっ!」ドサッ

まどか「まどかフィンガァアアアッ!!」ドズッ

さやか「げぼぉッ!?」ズブッ

ほむマミ「ひっ!」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 18:38:28.97 ID:kxa5fJE00
さやか…


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 18:40:23.91 ID:6a0AT0nL0
まどか「まどか条約第三条!」

まどか「『人の話は聞かなければならない』ッ!!」

さやか「あ…あ…」パクパク

まどか「ヒーィトォ!!」キュイイン

マミ「み…美樹さ…」

まどか「エンドッ!!」ズガァッ

さやか「うぎゃあーーー!!」ドガーン

ほむマミ「ひいいーーー!!」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 18:44:44.40 ID:6a0AT0nL0
まどか「マミさん駄目ですよ?問答無用で縛り上げちゃ」ズル…

さやか「がはっ…」ドサッ

ほむマミ「ひいっ!」

まどか「同じ魔法少女なんだから、話し合いで解決できるはずです」

まどか「マミさんも、ほむらちゃんも、落ち着いて話し合わなきゃ」

まどか「ね?」ウェヒッ

ほむマミ「はいいッ!!」ガタガタ


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 18:47:41.36 ID:6a0AT0nL0
シャルロッテ撃破

シュワワーン

さやか「魔女の結界が解けた…」

まどか「ほら、みんなで協力して正解だったじゃないですか」

まどか「ほむらちゃんがいなかったら、マミさん危なかったですよ」

マミ「そ…そうね……」

さやか「というか、まどか一人で魔女倒せるんじゃ…」

まどか「えー…?それは買い被り過ぎだよ…」

ほむら「町にまでまどかの攻撃の余波が……」アワワ

マミ(鹿目さんが……怖い!)ガタガタ


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 18:50:14.97 ID:6a0AT0nL0
ほむら「…巴マミ」

マミ「はっ。な、何かしら」

ほむら「私はあなたの敵じゃないわ」

ほむら「キュゥべえを襲った理由は話せないけど……信じて欲し」

マミ「信じるわ!!」ガシッ

ほむら「ひっ」ビクッ

マミ「信じるから鹿目さんから私を守ってえええええッ!!」サッ

ほむら「え…ええ…」ビクビク

まどか「もー。おイタしなければ何もしませんよー…」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 18:53:42.49 ID:6a0AT0nL0


第4話

まどか「ヒートッ!!エンドッ!!」ズガァッ

さやか「ぐぎゃあーーー!!」ドガーン


第5話

まどか「ヒートッ!!エンドッ!!」ズガァッ

さやか「ひぎいーーー!!」ドガーン


第6話~第11話

まどか「ヒートオオオッ!!エンドオオオオオッ!!」ズガグシャァッ

さやか「ぎゃぴいーーー!!」ドガボガーン

さやか「死ぬ……死ぬ……」ピクピク

ほマ杏Q「ひいいい……!」ガタガタ


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 18:54:53.89 ID:8KxxXT690
さやさや……


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 18:57:03.22 ID:6a0AT0nL0
ワルプルギス戦

杏子「ちくしょう…」ギリッ

マミ「もう魔力が…」ヨロ…

ほむら「みんな!」

ほむら「くっ…やはりワルプルギスの夜は強過ぎる……!」

ほむら(一人だけ違う理由でボロボロだけど)

さやか「……うぅ」ピクピク


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 19:00:01.67 ID:6a0AT0nL0
まどか「はッ!はッ!」ドガッ バキッ シュバッ ゲシッ

ワルプルギスの夜「キャハハハハハハハハハハ!」ブンッ ブンッ

杏子「まどかは良く戦ってるが……最初より拳のキレが悪くなってるような…」

マミ「鹿目さんも時間の問題かもしれないわね…」

ほむら「まどか……」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 19:02:19.13 ID:6a0AT0nL0
QB「じ…じゃあ……」

QB「ぼ…僕が…まどかに契約持ちかけてこようか……?」ビクビク

マミ「キュゥべえ!?何を言ってるの!?」

杏子「今度こそまどかに殺されるぞッ!!」

QB「ううっ……でも、母星の連中が『千載一遇のチャンスを無駄にするな』ってうるさいんだ……」シクシク

杏子「キュゥべえ…」

マミ「中間管理職って大変なのね…」

ほむら「……」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 19:05:12.10 ID:6a0AT0nL0
ほむら(あのまどかの魔女化を防いでも……あまり達成感がないような気が……)

ほむら(い…いいえ!あれも正真正銘まどかなんだから!)

ほむら(……)

ほむら(まどか……よね?)

ほむら(うぅ……どうしてこんなことに……)ポロポロ


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 19:08:15.16 ID:6a0AT0nL0
シュッ

まどか「よっと」スタッ

ほむら「まどか!」

まどか「さすが超ド級の魔女…。私一人で倒すのは無理かもしれないね」ハアハア

ほむら「そんな…」

杏子「まどかでも勝てないなんて…」

マミ「どうしたらいいの…?」

まどか「……」

まどか「みんな……聞いてくれる?」

ほむマミ杏子「は、はい!!なんでしょうか!?」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 19:10:46.14 ID:6a0AT0nL0
まどか「私のこの力はみんなにもあるの」

杏子「え!?」

まどか「何度も夢で見たんだ」

マミ「わ…私は化け物なんかじゃ…」

まどか「みんなの力を合わせれば……きっと、ワルプルギスの夜も倒せる」ピシピシ

さやか「うう~ん…………うん?」モゾモゾ パチッ

まどか「みんな力を貸してッ!!」

ほむマミ杏子「はいッ!!」ビシッ

さやか「はひゃいッ!?」ビシッ


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 19:13:50.39 ID:6a0AT0nL0
まどか「強く念じて!あの魔女を絶対に倒すと!」カァッ…

さやか「うぅ…」カァッ…

杏子「こ…これは…?」カァッ…

マミ「手の甲に紋章が…」カァッ…

ほむら「力が…みなぎってくる……!!」カァッ…

まどか「魔法少女同盟拳、行くよッ!!」

ほさマ杏「応ッ!!」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 19:17:41.12 ID:6a0AT0nL0
さやか「この魂の炎…!」

マミ「極限まで高めれば…!」

杏子「倒せないものぉなどお…!」

ほむら「ないッ!!」キッ

まどか「はああああッ!!」

キュイイイイイイン


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 19:19:59.05 ID:6a0AT0nL0


まほさマ杏「私のこの手が真っ赤に燃える!!」グググ…

まほさマ杏「勝利を掴めと轟き叫ぶ!!」 ギュッ

まどか「ばあああああああく熱ッ!!」カッ

ほさマ杏「魔法少女ッ!!」シュバッ


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 19:22:21.27 ID:6a0AT0nL0
ガッ

さやか「あうっ」パタッ

まほマ杏「どおめえけええええええんッ!!!」ズバギュシュシュシュシュ

さやか「うぎゃあーーー!!」バシュウウウウン

ほむら「さやかァーッ!?」

ワルプルギスの夜「キャハハハハハハハハハハハ…」シュバアアアアアアッ 

カッ

……



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 19:27:37.16 ID:6a0AT0nL0
数ヵ月後

マミ「はあッ!」ドンドンッ

さやか「杏子!向こうに追い込むよ!」ズバッ ズバッ

杏子「ああ!」ギンギンッ

魔女「ぎいいいい!」ズズズ…

QB「うーむ。さすがのコンビネーションだ!」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 19:30:42.60 ID:6a0AT0nL0
ほむら「まどか…」

ほむら「あなたは魔法少女じゃないんだから、無理に私達に付き合わなくてもいいのよ…?」

まどか「いいの!私もみんなの役に立ちたいもん!」

ほむら「もう……無茶しないでね」

まどか「ほむらちゃんは心配性だなあ」

まどか「私の心配をしたいなら、一度でも私に勝ってから言いなさい!」ウェヒヒヒ

ほむら「そ…そうね」

ほむら(心配なのは私達や町への被害なのだけど…)


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 19:33:42.25 ID:6a0AT0nL0
まどか「…あっ、来たよ!」

ほむら「ええ……一気に決めるわよ…!」キュッ

まどか「うん…!」キュッ



ほむら「二人のこの手が…!」キュイイーン

まどか「真っ赤に燃える…!」キュイイーン

ほむら(これも……一つの幸せの形なのかな……)


魔法少女武闘伝Gまどか 終


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 19:34:11.57 ID:6a0AT0nL0
ありがとうございました
たぶんさやかちゃんは、まどほむのラブラブ天驚拳に巻き込まれてると思います


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 19:36:53.03 ID:GWZJ8dxg0
テンポよくておもしろかった
乙です


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 19:41:07.41 ID:WLo8F7TH0
うむ、なかなか面白かった、乙


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/13(月) 19:44:44.30 ID:S+/hiEHx0
最近では珍しく、早めに綺麗に終わったな乙


figma 魔法少女まどか☆マギカ 鹿目まどか
figma 魔法少女まどか☆マギカ 鹿目まどか

機動武闘伝Gガンダム 4
機動武闘伝Gガンダム 4



このエントリーをはてなブックマークに追加

 「まどかマギカ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2012/02/18(土) 13:40:15

    ゴッドガンダム見るたびに笑うwwww


  2. 2012/03/06(火) 22:52:11

    ゴッドまどか。ゴッドつながりか


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ