Powered By 画RSS


【ガルパン】みほ(あ、車内なのにオナラが出そう)

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 23:35:56.29 ID:nXInkoHTo

みほ(あ、車内なのにオナラが出そう)

みほ「」ブゥー!



みほ(出ちゃった)

沙織・華・麻子・優花里「!?」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 23:36:41.69 ID:nXInkoHTo
沙織「も、もー!誰、オナラしたの!?」

麻子「くさい」

華「うっ、に、臭いが……」

みほ「……///」プルプル

優花里「」ハッ

優花里「はい!私です!みなさん失礼しました!」

みほ「えっ」


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 23:37:17.84 ID:nXInkoHTo
沙織「もー!ゆかりん勘弁してよ狭いんだからー!」

麻子「きつい」

優花里「てへへ、つい力んでしまいまして」

華「も、申し訳ありません、ハッチ開けさせて下さい……ごほっ」

麻子「訓練中だが仕方あるまい。止めるぞ西住さん」

みほ「あっはい」

ピタッ ガチャガチャ


カエサル「あんこうチームが突然止まったぞ」

エルヴィン「ラッキーチャンス」

ズドォンッ!


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 23:42:27.93 ID:nXInkoHTo
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


エルヴィン「どうしたんだ西住隊長。訓練中に突然止まったりして」

みほ「そ、それは、わた

優花里「いやーすいませんエルヴィン殿!私がオナラをしてしまったんです!」

麻子「換気した」

カエサル「おいおい……」

沙織「ゆかりんったら、もっと女の子らしくしないと。恥じらいを持たなきゃだめよ!」

エルヴィン「はは、グデーリアンらしいな」

優花里「らしいってどういうことでありますか!?」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 23:43:04.10 ID:nXInkoHTo
桃「なんだお前たち。オナラごときで何を騒いでる」

沙織「ごときって何ですか!?うちの華は嗅覚が強いからオナラでもすごいダメージなんだから!」

華「」

柚子「会長はいつも干し芋を食べてるから。……ね?」

沙織「あっ……」

杏「まー車内でもブーブーやっちゃうよねえ」

華「私では耐えられそうもありません」

桃「会長は今日も快腸だったぞ」

杏「座布団いちまーい!」


ハハハハハハハ…



みほ「……」


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 23:50:44.01 ID:nXInkoHTo
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


優花里「何ですか西住殿?呼び出したりして」

みほ「優花里さん、あのね。訓練の時の、その、オナラの……」

優花里「ああ、あれなら気にしないでください。私が勝手にやったことですから」

みほ「気にするよ!?やっぱり、私を庇ってくれたの?」

優花里「西住殿は皆の憧れですから。万が一にでも変な噂がたったりしたら大変です」

みほ「そんなこと……私のせいで、優花里さんが笑いものになっちゃうよ」

優花里「不肖秋山優花里、西住殿のためなら喜んで笑いものになりますよ!」


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 23:51:35.57 ID:nXInkoHTo
おりょう「それだ!」


みほ・優花里「!?!?」

おりょう「話は聞かせてもらったぜよ」

みほ「聞いてたんですか!?///」

おりょう「秋山さんの献身的な行い、まさに屁負比丘尼(へおいびくに)ぜよ」

優花里「へ、へおいびくに??」

おりょう「江戸時代、良家の娘が公共の場で屁をこいてしまった時、代わりに名乗りでて責任を負う仕事があったぜよ。
それが屁負比丘尼」


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 23:52:04.72 ID:nXInkoHTo
みほ「そ、そんな職業が」

おりょう「オナラの罪を被り、我々の大切な西住隊長の面子を守った秋山さんは現代の屁負比丘尼ぜよ!」

優花里「おりょう殿、照れちゃいますよぉ」テレテレ

みほ「……とにかく、ありがとう。優花里さん」

優花里「そんな。お礼を言っていただくようなことでは!」

みほ「ううん。ちょっと恥ずかしいけど、私のためにしてくれたことだもん。本当にありがとう」

優花里「西住殿……!私がいる限り、どんなにオナラをしようと西住殿に恥はかかせません!」

優花里「私が西住殿の屁負比丘尼になります!」

みほ「あ、あはは……」


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 23:55:00.28 ID:nXInkoHTo
桃「会長」コソッ

杏「なるほどー。これはいい宣伝になるかもね」モグモグ ブーッ

杏「おっとしつれーい」

桃「お見事です!」

柚子「もう嫌このチーム」




10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 23:56:29.88 ID:nXInkoHTo


―――こうして、優花里が身を挺してみほを放屁から庇った噂は瞬く間に全国に広まった





11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 23:58:08.16 ID:nXInkoHTo
・継続高校

アキ「ねえねえ、大洗の話聞いた?」

ミカ「風の噂でね」

アキ「すごいよねー普通は恥ずかしくてできないよ」

ミカ「そうだね」ブーッ!

アキ「……」

ミカ「……」



13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 23:58:37.98 ID:nXInkoHTo
アキ「ねえ、今」

ミカ「今日は風が騒がしいね」

アキ「したよね?オナラしたよね?」

ミカ「……」ズンチャズンチャ♪ブー

アキ「いやズンチャズンチャじゃなくて。演奏しながらやってもごまかせないから」

ミカ「人の心は時としてオナラよりも香るものだね」



14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/25(水) 23:59:33.77 ID:nXInkoHTo
・聖グロリアーナ女学院


ローズヒップ「ダージリン様!!もしダージリン様がお放屁なさっても私がしたことにしますわ!!」

ダージリン「ローズヒップ。お下品よ」

ローズヒップ「ダージリン様のおっ放屁はすべて私が背負いますわ!」

ダージリン「ローズヒップ」

ローズヒップ「ダージリン様は安心しておっっ放屁なさってくださいませ!」

ダージリン「口を慎みなさいローズヒップ」


15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 00:01:13.09 ID:slFzF/wSo
ダージリン「いついかなる時も優雅。紅茶は決してこぼさず、放屁は決してしない」

ダージリン「それが聖グロリアーナの戦車道よ」

ローズヒップ「さすがはダージリン様ですわ!!」

ダージリン「だけどもしもの時は、お願いするわね」

ローズヒップ「任せろですわ!!」



16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 00:01:41.53 ID:slFzF/wSo
ダージリン「これより模擬戦を開始します。全車、前進」

オレンジペコ「はい、どうぞダージリン様」コポコポ

ダージリン「ありがとうペコ。いただくわ」ゴクゴク

ダージリン「ふう」ブブゥー!

オレンジペコ「」

ダージリン「」

アッサム「」



17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 00:02:09.29 ID:slFzF/wSo
ダージリン「ろ、ローズヒップ、出番よ」

ローズヒップ『かしこまりですわ!皆様!今のお放屁は私がやりました!』

ダージリン「そういうことよ」

オレンジペコ「どういうことですか!?」

アッサム「なんで別の車輌でいけると思ったの!?」



18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 00:04:00.24 ID:slFzF/wSo
・プラウダ高校


カチューシャ「カチューシャがオナラしたら、わかってるわね?」

ノンナ「もちろんです。私が全て受け止めます」

カチューシャ「受け止めなくていいわよ!?代わりに名乗り出なさいってこと!」

カチューシャ「ミホーシャ達にできてカチューシャ達にできないことなんてないんだから!」

ノンナ「知ってます」

クラーラ「私もカチューシャ様のお役に立ちたいです」

カチューシャ「いい心がけね!クラーラにも頼むわ!」

ノンナ「」ムムッ


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 00:04:36.05 ID:slFzF/wSo
ノンナ「私のほうが早くカチューシャのオナラを察知できます」

クラーラ「私だって、嗅覚には自身がありますよ!」

カチューシャ「え?なに?何を争ってるの?」

ノンナ「カチューシャ、今すぐオナラしてください。クラーラと私、どちらが屁負に優れているか勝負です」

カチューシャ「無茶言うな!」

クラーラ「」ブゥー!!

ノンナ「!」


20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 00:09:28.66 ID:slFzF/wSo
クラーラ「ふふ、私は特殊な訓練を受けているのでいつでもオナラが出せるのです」

カチューシャ「どんな訓練よそれ」

ノンナ「クラーラの、オナーラ……」

カチューシャ「!?」

ノンナ「クラーラのオナーラ!」

カチューシャ「これが……」

クラーラ「ブリザードのノンナ……!」



21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 00:10:24.18 ID:slFzF/wSo
・黒森峰女学園


エリカ「まさかそんな方法で忠誠心を示すだなんて……侮れないわね大洗」

エリカ「私も負けてられないわ。なんとしても隊長のオナラを肩代わりしなきゃ」


まほ車操縦手「ふんふーん」


エリカ「そこのあなた!」

まほ車操縦手「副隊長?なんですか?」

エリカ「今日、あなたがティーガーⅡの車長やりなさい。隊長車の操縦は私がやるから」

まほ車操縦手「ええ!?」

エリカ「いいから!これも戦車道よ!」



22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 00:12:58.23 ID:slFzF/wSo

まほ「そろそろ訓練を始めるが……なぜエリカが私の車輌に乗ってるんだ?」

エリカ「将来を見据えた訓練の一環です!隊員に様々なポジションを経験させることによりより柔軟な対応を育むのです!」

通信手(絶対に何か企んでる……)

まほ「なるほど。だがそれならそれで事前に言ってほしい」

エリカ「う、すいません」

まほ「まあいい。エリカなら操縦も問題なく出来るだろうし。行くぞ、パンツァー・フォー」

エリカ「はい!」

エリカ(ふふふ。あとは隊長がオナラをしたら私が名乗り出るだけ!)

エリカ(隊長は感動して私のことがますます好きになってしまうに違いないわ!)


23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 00:13:40.94 ID:slFzF/wSo
ブロロロロロ ガタンガタン

まほ「エリカ、少し運転が荒いぞ。揺れがかなり強い」

エリカ「すいません」

エリカ(ふふふ、わざとよわざと。強い揺れで隊長のおしりを刺激してオナラを誘発するのよ!)

ガタンガタン

まほ「……」

エリカ(ほら!そこよ!オナラしなさい!)


24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 00:14:10.24 ID:slFzF/wSo
ガタンガタン

まほ「……」

エリカ(くっ、顔色ひとつ変えないなんて流石だわ。もう一息のはずなのに!)

エリカ(いけ!屁を!屁を放つのよ!!こけ!!!)

エリカ「」ブゥーーー!!


エリカ「」


25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 00:16:00.15 ID:slFzF/wSo
まほ「……」

エリカ(やってしまったわ。つい力が入りすぎて……)

通信手「……ぷっ!あはは!」

装填手「くすっ、副隊長、お、おなら……ふふふ!」

砲手「逸見マジぱないっ!!ははは!!」

エリカ「~~~~う、うるさい……///」


26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 00:16:40.13 ID:slFzF/wSo
まほ「……」

エリカ(隊長にも軽蔑されたわね。もう駄目死にたい)

通信手「赤くなってるしっ……あはは、ひーっ!」

砲手「ちょっともうお腹痛い、きゃはははは!」


キャハハハハ ワハハハハ アハハハハ


まほ「いい加減にしないか!!」バンッ!

「「「!?」」」


27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 00:18:13.27 ID:slFzF/wSo
エリカ「た、隊長……?」

まほ「なぜエリカを笑う!真剣に戦車道に取り組んでいる者を笑うなど、恥を知れ!!」

通信手「う……」

まほ「エリカは常に黒森峰の将来を考えて、誰よりも頑張ってくれているんだぞ!オナラくらい何だというんだ!?」

装填手「ご、ごめんなさい副隊長」

砲手「ふざけすぎたわ……」

エリカ「え、あ、うん、別に……」

まほ「すまなかったなエリカ、お前には負担をかけ過ぎたのかもしれない。所詮はオナラ。気にしなくていいわ」

エリカ「は……はい!!」

エリカ(隊長……好き)キュン



28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 00:19:06.60 ID:slFzF/wSo
・大洗女子学園


沙織「なーんだ。あのオナラってみぽりんだったんだ」

みほ「うん……//ごめんね優花里さん、せっかく庇ってくれたのに知れ渡っちゃって」

優花里「いえいえ、うちの生徒会がすることですから」

華「私はわかってましたよ。あの時は気絶してしまいましたが、あの香りはみほさんのものでした」

みほ「ええっ華さん!?//」

麻子「匂いは知らんが、西住さんと秋山さんの態度で大体わかってた」

優花里「冷泉殿もですか!?」

沙織「なにそれ!じゃあ騙されたの私だけ!?」

みほ「うぅ……//」


31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 00:23:10.70 ID:slFzF/wSo
沙織「でも、他人事じゃないよねー。女の子とはいえ、出ちゃう時は出ちゃうし」

みほ「そうなんだよね……」

華「やはり、正直に言うのが一番よろしいのではないでしょうか」

麻子「早めに言えば対策もできる」

みほ「うん。そうだね。これからは我慢しないではっきり言うことにします」

沙織「女子として何か間違ってる気はするけどね」

優花里「西住殿がそう言うなら!」

みほ「それでは、今日も訓練を初めます!」


32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 00:23:39.75 ID:slFzF/wSo
みほ「!!」ピクッ

みほ「麻子さん、止まって下さい!」

みほ「車長からオナラが出ます!換気の準備を!」

「「「了解!!!」」」

みほ「それでは出します!」

みほ「パンツァー・フォー!」

ブゥーーーー!!!



おわり


33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/26(木) 00:25:04.79 ID:slFzF/wSo
読んでくれた皆さんありがとうございました。職場でオナラをして思いつきました


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1464186956/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ガルパン」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ