Powered By 画RSS


ジ・オーダー・グランデ「ボーイズラブ?」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/19(木) 12:06:20.75 ID:+9Wx7p190
ゾーイ「ふぅ…。ルリアは本当に顎の下を撫でるのがうまいな」


ルリア「えへへ!それほどでもないですよ!」


ゾーイ「他の団員にも撫でられてもらったが、特にキミの愛撫は優しさを感じるな」


ゾーイ「次もまた撫でてくれ」


ルリア「はい!喜んで撫でさせていただきますね!」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/19(木) 12:15:17.81 ID:+9Wx7p190
ゾーイ「さて、次は何をしよう」


ゾーイ「騎空艇の旅は確かに楽しいが、こうも退屈過ぎると駄目になってしまいそうだ」


ディ(リボンがついているワイバーン)「………!」


ゾーイ「ん?趣味を見つけたらどうだって?」


ゾーイ「趣味…趣味か、確かに何か楽しいことをやれば退屈も紛らわせるかもしれないな」


ゾーイ「しかし、趣味と言われてもそう簡単には…う~ん…」


リィ(リボンのついてないワイバーン)「………!」


ゾーイ「…そうだな、他の団員の普段やっているところを一通り見て、その中で興味が沸いたものを趣味にしよう」


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/19(木) 12:20:22.33 ID:+9Wx7p190
ビィ「ヘイヘイ!ドリブルドリブル!サイドががら空きだぜ!」ドドドドドド


ビィ「させるかよぉ!このゴールだけは最後まで守り切ってやる!」ズッ


ビィ「甘いぜビィ!このオイラがなんにも考えずにゴールに進んでいたと思っていたのか!」


ビィ「何!?はっ…まさか…」


ビィ「そうだ!いけ!オイラ!このボールをお前に託すぜ!」バン!


ビィ「とりゃあ!シュート!」バシュン!


ビィ「Gooooooooooooool!!!やったぜ!ついにオイラはビィに勝ったぜ!」



ゾーイ「ビィは一人で何をしているんだ?」


ディ「………」


ゾーイ「…ああ、確かにあれをやる気には起きないな。次に進もうか」




ビィ「だが段々一人サッカーは飽きてきたな…よし!次は一人バレーに挑戦するぜ!」


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/19(木) 12:26:33.76 ID:+9Wx7p190
ゾーイ「うーむ、一通り見てみたが、みんな空の上で自分たちの趣味を持っているんだな」


ゾーイ「結構充実しているみたいだ。まだまだ人の世界は学ぶことがたくさんあるな」


ディ「………?」


ゾーイ「ああ、そのことなんだが…まだ決まらないんだ」


ゾーイ「こうもたくさんあると、どれにしようか迷うな」


リィ「………!」


ゾーイ「ん?それはスケッチブックか?どうしてこれを?」


リィ「…!」


ゾーイ「なるほど、絵を描くことを趣味にしたらいいのか。それでこれを持ってきてくれたんだな」


ゾーイ「確かに、空の旅は果てしなく長い。その長い時間の中で見てきた物を絵に収めるのも悪くないな」


ゾーイ「よしよし、いい子だ」ナデナデ


リィ「………♪」


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/19(木) 12:32:07.40 ID:+9Wx7p190
ゾーイ「じゃあまずは…そうだな、ディ、君がモデルになってくれないか?」


ディ「………!」


ゾーイ「はは、そうか。それじゃあそこに止まってくれ」


ゾーイ「よし、それじゃあ早速絵を…」パラリ


ゾーイ「………?」


リィ「………?」キョトン


ゾーイ「こらリィ、このスケッチブックはすでに誰かが描いているじゃないか」


ゾーイ「他人の私物を勝手に持ち出したのか?」


リィ「………」シュン…


ゾーイ「すまないディ、スケッチはまた後だ。これを返しに行かないと」


ディ「………!」ガーン


ゾーイ「それにしてもこの絵は一体?なんで二人の裸の男が絡み合っているんだ?」


14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 20:56:30.09 ID:zoFpFl7n0
ルナール「ない…ない!ない!!!」


ルナール「うっかり置き忘れて急いで戻ってきたけどないじゃないの!さっきまでここにあったのに!」


ルナール「まさか誰かが持って行ったとか?だとしたらもしあれを見られたら…」


ルナール「私は…私はぁ…ああああぁぁあ…!!!」


ゾーイ「そこで何をしているんだ?」


ルナール「はっ!い、いや…ちょっと探し物をしてて…」


ゾーイ「探し物というのは、これのことかい?」つスケッチブック


ルナール「キャアアアアアアアアアアアア!!!」


15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 21:01:38.45 ID:zoFpFl7n0
ルナール「なななななななんであなたがそそそそれをぉぉぉぉ!!!」


ゾーイ「私のドラゴンが黙ってこれを持って行ってしまったんだ、これはキミのものだったんだな」


ゾーイ「黙って持って行ってすまなかった。ほらリィ、謝るんだ」


リィ「………」ペコッ


ルナール「あ、ありがとう…」


ルナール(見た?もしかして見た?見られた?中身…)


ゾーイ「それにしてもキミは随分と変わった絵を描いているんだな。男同士が絡み合う絵など初めて見た」


ルナール「イヤアアアアアアア!!!」


16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 21:14:00.61 ID:zoFpFl7n0
ルナール「うぅ…見るなんてひどいじゃない…」


ゾーイ「すまない、悪気があったわけではないんだ。ただ絵を描こうと思って開いてみたら既に使われていて」


ルナール「ああ…そうなの…」


ゾーイ「…?なぜ、恥ずかしがっているんだ?」


ルナール「いや、だって……ん?」


ルナール「ちょっと、さっきのセリフ、もう一度言って?」


ゾーイ「ん?なぜ恥ずかしがっているんだ?」


ルナール「その前の前よ!」


ゾーイ「悪気があったわけじゃないんだ」


ルナール「その前!」


ゾーイ「えっと、男同士が絡み合う絵など初めて…」


ルナール「そうそれよ!」


ゾーイ「ん?」


17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 21:40:39.87 ID:zoFpFl7n0
ルナール「あなた、ゾーイだったかしら?あなたが初めてよ!この耽美絵の良さをわかってくれたのわ!」


ルナール「今までたくさんの人が私の絵を見て怖いだの殺し合ってるだの言ってきてちゃんと絵の良さを分かってくれた人は誰もいなかったのよ…はぁ…」


ゾーイ「そうだったのか。だが、私にはキミの絵は素晴らしいと思う」


ゾーイ「私は人の美術に関してはまだまだ学んでいるところだが、キミの絵は生命の神秘と情熱を感じた、胸の中で、熱いものが流れてくるようだった」


ルナール「そ、そう…」


ルナール(流石にここまで褒めてくれる人はいなかったわ…。美術に関しては素人って言ってたけど、これってある意味私色に染めるチャンスじゃない?)


ルナール(ちょうど欲しかったのよ!耽美絵師の仲間が!これを機会にBLの世界へ連れて行ってあげるわ!)


ルナール「ゾーイ、あなた絵は描いたことはないの?」


ゾーイ「恥ずかしい話だが、まだなんだ。だからさっき絵の練習をしようとしたんだ」


ルナール「ふ~ん、ねぇもしよかったら、私があなたに絵の描き方を教えてあげましょうか?」


ゾーイ「いいのか?」


ルナール「ええ、私の絵を褒めてくれたお礼にね」


ルナール(それにやっとこのニッチな話についていける同士ができたんですもの!このチャンスを逃すわけにはいかないわ!)


ゾーイ「ありがとう。確かに誰かから教わったほうが上達が速いからな。それじゃあ、よろしく頼む」


ルナール「任せて、だけど、美術の道は甘くはないわよ。気を引き締めることね」


ゾーイ「ああ、わかった」


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 21:50:28.18 ID:zoFpFl7n0
しばらくして…


ゾーイ「できた。これでいいか?」


ルナール「ちょっと見せて?……っ!!!」


ゾーイ「どうだ?私の初めて描いた団長の絵の出来は?」


ルナール(う、うまい…少なくとも私が描いた絵より優しい表情をしているわ…!)


ルナール「ふ、ふ~ん。なかなかうまいじゃないの…初めてにしてはいいほうね」


ゾーイ「そうか。初めてにしては、私の絵はうまいのか」


ルナール「だけどうまいだけじゃ耽美は語れないわ。重要なのは誰と誰がどんな切っ掛けで絡むかよ!」


ルナール「次はそれに気を付けて書きなさい!」


ゾーイ「誰と誰が…かぁ…むぅ……」


ルナール「どうしたの?」


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/21(土) 22:00:34.05 ID:zoFpFl7n0
ゾーイ「いや、描けと言われても、誰を絡ませればいいのかわからないんだ」


ゾーイ「ルナール、キミは絵を描くときは誰を絡ませているんだ?」


ルナール「えぇッ!?」


ルナール「えぇ…えっと……その……ゴニョゴニョ」


ゾーイ「ごにょごにょ?」


ルナール「っ…だから!気になっている男の絵を描けばいいって言ってるのよ!」


ゾーイ「気になってる男か…。キミは気になっている男を思い浮かべて書いているのか?」


ルナール「!?」ドキッ


ルナール「そ、そんなの今はどうでもいいでしょ!」


ゾーイ「確かにそうだな。よし、次は思い浮かべて描いてみるとしよう」


ゾーイ「それにしても芸術というのは本当に奥が深いな。嵌ってしまいそうだ」


23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 14:11:53.73 ID:9mA0bhFZ0
ゾーイ「しかし…妙だな……」


ルナール「どうかしたの?」


ゾーイ「いや、あの絵を見てずっと気になってていたんだが…」


ゾーイ「なぜ男同士で絡まなければいけないのかわからないんだ」


ルナール「え?」


ゾーイ「あの絵は人同士の行為を示しているのはわかる。だがなぜそれが同性なんだ?」


ゾーイ「普通は異性じゃないのか?」


24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 14:12:31.82 ID:9mA0bhFZ0
ルナール「……愛に性別なんて関係ないわよ」


ゾーイ「ん…?」


ルナール「愛し合っていれば性別の壁なんて関係ないわ。あなただって同性に対して好意を抱いたことはあるでしょ」


ルナール「それがちょっとオーバーになっただけのことよ。別に変でも何でもないわ」


ゾーイ「なるほど。言われてみれば確かにそういう感情を抱いたことはある。この絵はそれが過剰になっただけに過ぎないのか」


ゾーイ「そうか、これもまた愛だったのか。確かに見てると愛が心の中に伝わってくる」


ゾーイ「うん、まだまだ奥が深いな、人の愛は私もまだ学ぶことがたくさんあるな」


ルナール(あら?意外と聞き分けがいいのね)


ゾーイ「よし、わかった。引き続き描き続けよう」


ルナール「その調子よ。絵は地道な努力が大事だわ」


25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 14:16:07.12 ID:9mA0bhFZ0



ゾーイ「むぅ…どうしても肝心の部位が描けない…直接見たことはないから仕方ないか」


ゾーイ「やはりモデルなしでは絵は描けないな。自分の頭の中だけで表現するというのはこんなに難しいことだったのか」


ゾーイ「一体どうしたら……ふむ、そうだ。いい方法を思いついた」


26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 14:19:00.24 ID:9mA0bhFZ0
ゾーイ「というわけで裸になってくれないか?」


グラン「ハァ!?いや意味わかんねぇよ!」


ゾーイ「意味がわからないって…さっき説明をしたじゃないか」


グラン「その説明が意味わからないんだっつーの!恥ずかしすぎるわ!」


ゾーイ「どうしても駄目か?」


グラン「ああ!どうしてもだ!」


ゾーイ「どうしても?」


グラン「あっ…いや……」


ゾーイ「…」ジーッ


グラン「そ、そんなにせがまれると…なぁ……」


ゾーイ「………」ジーッ


グラン(こ、こんな可愛い顔してせがまれたら…断るわけにはいかない……よなぁ//)


グラン「う~ん…」


27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 14:22:22.98 ID:9mA0bhFZ0
グラン「…み、みんなには内緒だぞ…」


ゾーイ「よし、じゃあ早速脱げ」


グラン「はぁッ?ちょっ、切り替えはやっ」


ゾーイ「この下にあるんだな」ガシッ


グラン「やめろ!やめろって!やめて!」ジタバタ


ゾーイ「話が違うじゃないか。見せてくれるんじゃないのか?」


グラン「確かに言ったけど、こんなに強引にやるなんて思わなかったぞ!ムード無視かよ!やめろ!この強姦魔!」


ゾーイ「今更往生際が悪いぞ。黙ってさらけ出すんだ!」


グラン「やめてェ!ルリア助けてくれぇ!!」


28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 14:40:19.46 ID:9mA0bhFZ0
ルリア「駄目ですよ!ゾーイちゃん!」


グラン「ルリアッ!」


ゾーイ「むぅ……あと少しだったのに……」


ルリア「無理やり脱がそうとするなんてそんな…それはいけないことですよ!グランが嫌がってるじゃないですか!」


ルリア「それじゃあまるで変態です!」


29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 14:44:17.07 ID:9mA0bhFZ0
ゾーイ「変態か……そう言われると、少し心が痛むな」


ルリア「はい!だから…」


ゾーイ「わかった…だったらこうしよう」ヌギッ


グラン「わわわっ!?」///


ルリア「はわっ!ちょっとゾーイちゃん!なんで脱ぐんですか!?」


ゾーイ「既に変態だったら別に変態と言われても気にならなくなるだろ?」プルン


ゾーイ「これで私を引き留める方法はなくなったというわけだ」


ルリア「そ、そんな無茶苦茶な///」


グラン「ち、ちち…ち///ちゃいろい…茶色いパイが…!」


ゾーイ「パイ?確かに私はパイが好きだが?」


グラン「いやそっちのパイじゃなく…」


30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 14:47:53.57 ID:9mA0bhFZ0
ゾーイ「ついでにルリアも」


ルリア「グ、グラン!ごめんなさい!!!」シュン


グラン「あっ!おい!逃げるな!」


ゾーイ「ルリアは逃げたか、まあいい」ジロッ


グラン「ひぃ…!」


ゾーイ「さあ、大人しくするんだ」


グラン「ルリア!助けて!助けてルリ……」


アッーーーー!!!


31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 14:49:37.90 ID:9mA0bhFZ0
その夜、素っ裸の褐色星晶獣は俺の身ぐるみを剥がし同じく俺を素っ裸にし


手を無理やりどかして隠していたバハムートを顕現させる


ゾーイ「ふむ、これが男の」


俺のバハムートに興味津々の彼女は何度も観察する


彼女が恥じらいを感じない分、さらにこっちが恥ずかしくなり、俺はまともに彼女の顔を直視することができなくなっていた


そして無意識に俺のバハムートは今にもカタストロフィしそうになるほど硬直する


ゾーイ「ほう、こうなるのか。なるほど」


もしこの状況で誰かが入って来たらどう思われるのだろうか


素っ裸の男女が乳繰り合っている様子に見えるのだろうか


少なくともルリアにはそう見えているだろう


明日はどんな顔してルリアに会えばいいんだ


死にたい…


32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 14:51:22.11 ID:9mA0bhFZ0
グラン「うぅ//」


ゾーイ「うん!よし、大体わかった」


ゾーイ「ありがとうグラン。おかげでいい絵が描けそうだ」


グラン「え?絵?あ、いや…力になれて、よかったよ…」


ゾーイ「それでは、私は戻って仕上げに取り掛かるとする。出来上がったら見せに行くから楽しみにしていてほしい」


グラン「あ、ああ…わかったよ」


ゾーイ「それじゃあお休み。今日は本当にありがとう」


グラン「ああ、お休み…」


ゾーイは着替えて立ち去った


グラン「……見るだけ?」


見るだけだった


33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 14:52:25.01 ID:9mA0bhFZ0
翌日


ルナール「ちょっと動かないで、絵がうまく描けないじゃない」


ビィ「けどオイラ、モデルなんて初めてだし…それにここにジッとしていたらカタリナがぁ…」


ルナール「言い訳しないで、あなたはただ銅像のように固まればいいのよ」


ビィ「オイラは銅像じゃねぇ!」


グラン「ルナールッ!」


ルナール「わわっ!?グ、グラン!?どうしたの急に!」


グラン「てめぇ!ゾーイに何を吹き込みやがった!」


ルナール「え?な、何のことかしら?」


グラン「何のことかしら?じゃねぇよ!これ見ろこれ!」


ルナール「え?」


ビィ「何だぁ?」


34 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 14:53:03.59 ID:9mA0bhFZ0
アグニス『覚悟しろ!お前は俺が倒す!』


グラン『あ、熱い///アグニスのバーナー…とっても熱い///』



サジタリウス『Stand ready.』アポロン


グラン『My Bahamut is standing already.』


サジタリウス『Good job.』



ティターン『ティタノマキアッ――――♂』


グラン『アッ!俺もイフ!イフリ――――ト!!!』ゼピュロス!



ルナール「」


ビィ「な、なんだよこれぇ!」


35 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 14:58:02.38 ID:9mA0bhFZ0
グラン「これゾーイが俺にプレゼントと言ってきて渡しにきたんだよ!」


グラン「正直貰って複雑だったよ!恥ずかしかったよ!このためにあんなことをされたのかってがっかりしたよ!」


グラン「でも文句言うわけにはいかなかったからよく描けてるじゃないかって言ったらまた書き始めたんだ!その結果がこれだよ!」


グラン「どうしてくれるんだ!ゾーイに変な属性身に着いちまったじゃねーか!」


ルナール「え…えっと……」


ルナール『何考えているのよあの子は!?裸の絵をモデルにした人に見せる普通!?』


グラン「それだけじゃねぇ!ゾーイがみんなに見せびらかしたせいで団員の見る目が一晩で変わりやがったんだ!」


ルナール「ええええぇえええぇええ!?」


グラン「責任取れよバカヤロー!」


36 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 15:00:35.59 ID:9mA0bhFZ0
ルナール「しぃぃぃらない!私しぃぃぃらなぁぁぁぁい!!!」ダッ


グラン「こら逃げるなルナール!……ん?」


ビィ「………!」ビクッ!


グラン「ビ、ビィ?」


ビィ「え?あ、ああ…あの絵はよく描けていると思うぜ…」


グラン「お前は、お前だけは信じてくれるよな?」


ビィ「当たり前だ!どれだけ一緒に過ごしてきたと思っていやがるんだ!」


ビィ「大体オイラが信じなかったら誰がグランを信じるんだ!」


ビィ「グランがそんなことしないのは……しないのは、わ、わかっているぜ!」


37 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 15:02:07.98 ID:9mA0bhFZ0
グラン「ビィ………ビィィィィィ!!!」ダキッ


ビィ「うわぁ!ヤメロォ!!!勘弁してくれよ!オイラはホモじゃねぇ!」パタパタ


グラン「」


ミツケタ!ゲェ!ガシッ!グェ!


ザリザリザリザリザリザリザリザリ…


グラン「………」


グラン「うぅ…」グスン


この日、グランは一日中泣いた


38 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/28(土) 15:03:05.16 ID:9mA0bhFZ0
ゾーイ「むぅ…。グランに耽美禁止令をだされただけでなくこっ酷く叱られてしまった…」


ゾーイ「困ったな。まさか数日足らずで趣味が禁止されるとは…」


ゾーイ「仕方ない、別の趣味を探そうか。だが一体何にしたら…ん?」




ソシエ「あ……あかんてユエルちゃん……!もし誰かに見られたら……あっ///」


ユエル「大丈夫やでソシエ、誰も見てへんから安心せぇ」サワサワ


ソシエ「だ、だからってこんな///んぁ!」ビクン!




ゾーイ「…ふむ、なるほど」


ゾーイ「ガールズラブか」


終わり


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1463627180/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「グラブル」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ