Powered By 画RSS


美希「ファンの人と寝るの」伊織「!?」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 23:24:57.13 ID:/OGpTg3t0

伊織「あんた突然なに言ってんの!?」

美希「ミキ、ファンの人と寝るんだ、って言ったよ?」

伊織「なっ……あ、あんた頭おかしいんじゃないの!?」

美希「? なに怒ってるのでこちゃん。これは、仕事なの」

伊織「仕事……? まさかそれって、ま、枕……枕営業ってやつ」

美希「えっとね、……枕投げ営業? じゃーないよ?」

伊織「違うの? じゃあいったいどういうつもりで…………っていうか枕投げ営業ってなによ」

美希「偉い人たちと枕投げしてー、枕を当てたら! その人からお仕事がもらえるの!」

伊織「あほか! そんな営業あるわけなっ………………ない、わよね……?」



美希「とにかくミキは、お仕事でファンの人たちと寝るの」

伊織「」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 23:26:03.41 ID:/OGpTg3t0

伊織「そんなことしていいわけないでしょ!? 私たちはアイドルなのよ!?」

美希「えー? むしろ、アイドルだからするんだって思うな」

伊織「こ、のっ……! ……いいわ。分かったわよ。いったいどこの権力者があんたと寝たがってるのか言いなさい。水瀬財閥の力でそいつを潰して」

美希「あふぅ……でこちゃん、なにか勘違いしてるの」

伊織「勘違い……?」

美希「お仕事で、握手会とか、サイン会とか、チェキ会とかあるでしょ?」

伊織「あるわね」

美希「で、最近は地下アイドルとかだと、ハグ会とか抱っこ会とかもあるらしいの」

伊織「らしいわね。ああいう売り方、下品で好きじゃないけど」



美希「で、ミキはお昼寝会をするの」

伊織「ちょいちょいちょーい!」




4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 23:28:53.98 ID:/OGpTg3t0

伊織「ちょい待ち」

美希「あふぅ……まだお話するの? ミキ、そろそろ眠いの……」

伊織「もうちょい起きてて」

美希「むぅ……」

伊織「あんた、その……お昼寝会? って、なにするの? 内容は……」


美希「お昼寝会の会場で、ミキがお布団でぐっすりおやすみしてるから」

伊織「うん。……うん?」

美希「ファンの人たちは、その隣で添い寝するの」

伊織「…………???」

美希「あ、もちろん~、おさわりは……き・ん・し、だよ?」

伊織「あ、あ……あったり前でしょうがぁ!!!」

美希「今日のでこちゃんうるさいの」




5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 23:29:45.65 ID:/OGpTg3t0

伊織「それ、イベントとして成立するの……?」

美希「ミキ的には、寝てるだけのお仕事なんて、とーっても楽ちんでいい感じだって思うな」

伊織「……でも、最近アイドルのイベントでも事件が起きたり、物騒じゃない。安全面は確保できるんでしょうね」

美希「でこちゃん」

伊織「……なによ」

美希「ミキのこと、心配してくれてるの?」

伊織「! ち、違うわよ、別に私はあんたのことなんてっ……」

美希「……zzZ」

伊織「そりゃ、同じ事務所の仲間だし、あんたの自由奔放なとこ、危なっかしくて、ついつい目にかけちゃうけど……でもそれは…………ってうおぉおい!!!!」

美希「むにゃ……でこちゃん…………ぅるさぁ……」

伊織「こら寝るなぁ!! 人が話してるときにぃっ!!」

美希「ぃっしょに……ねる……の…………でこちゃ……むにゃ……」

伊織「きぃ~っ! もうっ、なんなのよぉあんたはぁ!!!」





6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 23:30:27.85 ID:/OGpTg3t0

……
-イベント会場


律子「はーい。それでは、ただ今より『あふぅ……ミキ、みーんなと一緒にお昼寝したいなぁ……あはっ☆彡』会を始めまーす」

律子「一列に並んだままお進みくださーい。一人あたりの添い寝時間は1分です。必ず係員の指示に従ってくださいねー」


美希「…………むにゃむにゃ……あふぅ」



「ほんとに寝てるぞ……」

「寝顔かわいい……」

「……ノーメイクだ」

「パジャマ……パジャマが」

「あぁ……ちょっとはだけてるな……」

「エロすぎる……」



律子(……既に全員若干前かがみなんだけど、ほんとに大丈夫なのかしらこれ……)





8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 23:31:12.69 ID:/OGpTg3t0

……


律子「はい、時間です」


「っ……!」ダダダッ



美希「んぅ……」ゴロゴロ

律子「…………起き上がった途端、前かがみのままトイレに直行する人ばっかり。……はぁ、やっぱり許可するんじゃなかったかなぁ……こんな企画」


律子「今更言っても仕方ないか……。次の方どうぞー」


「はぁっ……はぁ…………アイドルちゃん……アイドルちゃんと、添い寝っ……!!!」


ゴロン

美希「……zzZ」

「うひゃぁああああああ!! 近い近い近いぃい! そしていいにほいぃい!! んほぉおおおおおお!!」

美希「むにゃ……おにぎりぃ……おぃひそぅ……」

パクッ

「!?!?!? ゆ、ゆびっ……ゆびっくわえられっ」

「あっあっあっあっ」


チュポン


美希「…………あふぅ」

「ふぅ…………アイドルちゃん、最高……」

律子「ちょっと、布団を汚さないでよ?」





9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 23:31:55.37 ID:/OGpTg3t0

……


律子「次の方ー」

「……失礼します」

ゴロン


美希「ふぁあ…………zzZ」

「…………いい、寝顔です」


美希「……」ゴロゴロ

「………………」


美希「んぁ……」ダラー

「……いい…………なかなか、いい企画です……これは一考の価値が」

律子「はい時間でーす。次の方ー」





10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 23:32:22.19 ID:/OGpTg3t0

……


ゴロン

「おぉ……おぉお…………間近で見ると、やっぱり、すごいお山……」

美希「んぅ……?」

「これは登りがいのあるっ……ゴクリ」

律子「お触りは禁止ですよ」




「……」モミモミモミ

美希「んっ、あんっ」ビクンッ

律子「あっ!! こら!!!」


「!?!? こ、この感触っ!!!!」モミモミモミモミ

「つけてなっ」

律子「お触り禁止ってぇ…………言ったでしょうがぁああ!!!」



バチィーン!!!!


ひぎぃいいいいいい!!!!!





11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 23:32:49.34 ID:/OGpTg3t0

……


律子「次の方ー……って」


ガバッ

「美希先輩っ」ギュッ

美希「んぐ……くるし……」

「美希先輩っ! 美希先輩美希先輩美希先輩っあぁっかわいいっかわいいっすごいかわいっ美希先輩の体温っ美希先輩のやわらかさっにおいっ全部っ全部かわっかわいっ美希せんぱっせんっうっ」



「ふぅ……」

律子「……あんたねぇ」

「つ、追加料金払うんでもうちょっとだけ……!」

美希「……」ムクリ

「あっ……美希せんぱ」

美希「帰れ」

「」





12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 23:33:37.83 ID:/OGpTg3t0

……


律子「次のー……」

「べ、別に俺はこんなイベント参加したかったわけじゃねぇけど、おっさんが、偵察してこいって言うから、仕方なくだな」

律子「……」

「……」


ゴロン

美希「……zzZ」

「……お、思ったより、近いんだな……さ、さすがに、ちょっとはかわいい顔して」

美希「んーっ……」ゴロッ


グリッ

「あっ! 足っ星井の足がっあっ太ももっ…………うっ」




「ひ、卑怯な手を、いや、足を使いやがって……765プロめ!! 覚えてろよ!!!」ダダダダッ

律子(めっちゃ前かがみ……)





14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 23:34:16.17 ID:/OGpTg3t0

……


律子「……ふぅ、どうにか、時間内に全員終わったみたいね」

美希「……zzZ」

律子「はぁ……しっかしよく寝るわね。こっちの苦労も知らないで」ツン

美希「ん……りつ、こぉ……」

律子「律子、さん、でしょ。……まったく」

美希「……zzZ」

律子「まだ少し時間あるわよね…………私も、ちょっとだけ寝ちゃおうかしら」


律子「よい、しょ」

ゴロン


美希「……んー」ギュッ

律子「わっ…………もう、この子ったら」ナデナデ



小鳥「律子さーん終わりました? せっかくだから私も少し……ぴょっ!?」

律子「あ、小鳥さ……こ、これはですね……」

美希「むにゃぁ……りつこ……しゃん」ギュー

小鳥「ひょぇええ~! い、イベント会場で大胆なみきりつ……!」パシャッパシャ

律子「ちょっ!? 小鳥さん!? なに撮ってるんですか! やめてくだっ……もう!! やめなさぁあい!!」

小鳥「ぴよよよ~これは、宣伝用ですから、宣伝用」パシャシャシャシャシャ

律子「なおさらダメでしょうがぁあ!! こらぁあ!!」ジタバタ

美希「んへへ……しあわせ……なの…………むにゃむにゃ……」






15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 23:35:41.00 ID:/OGpTg3t0

……
-事務所




美希「律子! さん!」

律子「……なに」ゲッソリ

美希「ミキねーぇ、次はぁ……おにぎり会がしたいなぁ」

律子「……一応聞いてあげるけど、なにそれ」

美希「えっとね、ミキと、ファンのみーんなで、おにぎりを作るの」

律子「へぇ」

美希「で、それを食べるの!」

律子「……」


貴音「でしたらわたくしは、らぁめん会の開催を提案いたします」

律子「貴音!?」ギョッ

響「はいはーい! じゃあ自分は、動物ふれあい会を開きたいぞ!」

雪歩「真ちゃんに壁ドンしてもらえる、壁ドン会は……」

やよい「うっうー! ファンのみなさんともやし祭りを」

亜美「んっふっふ~、ここはやっぱりゲーム大会っしょ~」

真美「町じゅうにイタズラしてまわるイタズラ会なんてのはDo-Dai!」

あずさ「あら~じゃあ私は、婚活会でも」

春香「えっと、えっと、り、リボン会……を?」

千早「まな板会を…………くっ」



律子「じゃー私は、お説教会を、今から開催しまーす」

一同「「」」





アンタラレッスンハドーシタノ マズハジツリョクヲツケテカラデショ
ソンナスキカッテイエルタチバジャ
ダイタイワタシジャナクテプロデューサーニイイナサイヨネ
クドクドクドクドクド……






P「よし! 全部採用だ!!」


律子「こらぁああああああ!!!」






おわり。




16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 23:38:02.63 ID:vpw5YLn4O


ちょいちょい別事務所の人がいますねぇ…


17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/03(金) 23:43:12.67 ID:vdqVjlfrO

おもしろかった。


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1464963897/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ