Powered By 画RSS


モバP「友紀と同郷」

1 : ◆2QfXBkV1Yr70 2016/03/03(木) 17:02:13.41 ID:nIbonlsq0
友紀「よっしゃあぁぁ!!逆転場外ホームラン!!キャッツ最高ー!くぅぅー!」

友紀「さーってビール♪ビールっ♪」カシュ

友紀「いっただっきまああああああ……あ?」

モバP「こら友紀!!なんしちょっとや!」

友紀「げっ、あにい、いつからそこにおったとや!?」

モバP「最初から仕事しちょったわあほ!全く、酒を飲むなと何べんもいっちょうわぁ!」

友紀「いいわぁこんぐらい飲んでも!ビールなんて酒のうちに入らんし!」

モバP「またお前はそんなこといって!減量に苦しんでもしらんかいね!」

友紀「うぐっ、それを言われるとなんともいえん……」

モバP「ほんと、お前というやつは計画性というものがなっちょらん。アイドルになったのも『おにい、行ける大学がないから助けてー』なんて泣きついてきたっちゃかい、もうちょっと頑張らんね」

友紀「ぐぬぬ、返す言葉もない……でも、そんな前なこといまさら言わんでいいわぁ、今うれちょっちゃかい」

モバP「だぁから計画性がない言っちょっとよ!!いつ売れなくなるかわからんっちゃかい、精進せんかい!!」

友紀「へいへーい、昔っから口うるさいっちゃかい。そんなんやから若い子からすかん(嫌い)いわれっとよ」

モバP「やかましい!!」

凛「あの、ぷ、プロデューサー?」

モバP「り、凛!いたのか」

凛「今の言葉は……」

モバP「いや、友紀とは同郷だからな。二人で話すとついつい方言が出ちまった。隠すつもりはなかったんだが、田舎者だし、恥ずかしくてな」

凛「……ふーん」




2 : ◆2QfXBkV1Yr70 2016/03/03(木) 17:21:48.41 ID:nIbonlsq0
凛「それにしても、なかなか独特な言葉遣いだね」

モバP「ああ、宮崎弁は鹿児島ほどじゃないにしても独特かもな」

凛「そっか、友紀と同郷ってことは宮崎出身なんだねプロデューサー」

友紀「そうだよ!そしてプロデューサーはあたしの隣んちだったんだー!」

凛「っ!?……なるほど、仲がいいのはそういうことだったんだ」

モバP「そうなんだよ……隣がこいつのせいでどれだけ苦労かけられたことか」

友紀「んな!そんなこと言っていいのかなぁ?こっちは誰にも知られたくないプロデューサーの秘密を一つや二つではきかないほどあるんだよ!」

モバP「俺はお前の秘密を100も200も把握してるがな」

凛(プロデューサーが26歳で友紀が20歳だから、六歳差なんだよね……お隣同士とはいえ、こんなに仲良くなるものかな……意外なダークホースだよ、友紀)

凛(……あとプロデューサーの秘密知りたいな)

友紀「Pさんは中二の時におしっこもらしとったわー!」

モバP「ありゃお前がトイレに行かせないようにとおせんぼしたんっちゃろうが!野球中継の録画せんかっただけで!」

友紀「頼んでたのに録画失敗してくれんかったPさんが悪いとよ!」

モバP「そんなこと言い出したらお前、高一のときおもらししとったやんけ!」

友紀「わー!わー!あんときはお茶と間違えてビール飲んで酔っ払ってたからノーカン!!ノーカンやかい!!」

凛(友紀に期待した私がばかだったのかな……)



5 : ◆2QfXBkV1Yr70 2016/03/03(木) 17:37:25.54 ID:nIbonlsq0
凛「こほん、話変えるけど、さっき友紀がすかん?とか言ってたけど、なにかな?」

モバP「ああ、あれは宮崎弁で『すかん』は嫌いって意味なんだ。ほかにも『てげ』はすごい、『てげてげ』は適当にって意味だな」

凛「え、てげとてげてげは意味が違うの?」

友紀「そういや違うねー。なんで違うのかは知らないけど」

モバP「てげは大阪弁の『バリ』みたいな感じだな。たいていの物事を強調できる」

友紀「てげうまいとか、てげ多いとか、てげだりぃみたいな感じで使うよねー」

凛「へぇ……てげレッスンした、みたいな?」

モバP・友紀「いや、それは違うわ」

凛「えっ、違うの?」

友紀「なんていうんだろ……そこらへんは感覚?ていうかなんというか」

モバP「まあなんとなく違うんだが……違うという事しか言えないな」

凛「???……まあいいや、それで『てげてげ』っていうのは?」

モバP「てげてげは、まあてげてげだな」

友紀「うんそうだね、てげてげはてげてげだね」

凛「?????」



7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/03(木) 17:42:44.08 ID:Zs8DX0lHo
宮崎って広いけど、どのあたりの方言をイメージしてるの?
最近話題になったフランス語に聞こえる方言も宮崎だったよね


9 : ◆2QfXBkV1Yr70 2016/03/03(木) 17:51:50.91 ID:nIbonlsq0
>>7
それは小林弁ですね。私の祖母がそれですがもはや宇宙人語といってさしつかえません。孫の私も半分ぐらいしか話が理解できません
一応一般的な宮崎市県央の方便を意識しています


10 : ◆2QfXBkV1Yr70 2016/03/03(木) 18:04:59.30 ID:nIbonlsq0
モバP「いや、別に煙に巻こうとかそんなんじゃなくてだな、こう、わかるだろ?」

凛「わかんないよ……適当って意味なんじゃないの?」

モバP「うーん、ちょっと違うんだよなぁ……」

友紀「じゃあさ!標準語に混ぜてみようよ!」

モバP「うん?」

友紀「『この仕事は適当にやっても構いません』の適当をてげてげに変えると?」

モバP「『この仕事はてげてげにやっても構いません』」

モバP・友紀「うーん、違うなぁ」

凛「何が違うのかわかんないよ!!」

モバP「こう、適当よりかももっと放り投げた感じなんだよな」

凛「放り投げる?」

友紀「そうそう!もうほっといていっちゃが!ぐらいな感じよ!」

モバP「おお!まさしくそれやな!どんげでんなっとよーみたいな」

友紀「じゃーね!いやぁ解決解決!」

モバP・友紀「わっはっはっは!」

凛「わかんないってば!もう!!」


11 : ◆2QfXBkV1Yr70 2016/03/03(木) 18:24:39.20 ID:nIbonlsq0
凛「全く、もう方言はいいよ。終わりがなさそうだし、いっそ住むぐらいしないと理解できそうにないし」

凛(プロデューサーともしその、あれになれば宮崎に住まなきゃいけなくなるかもしれないし)

モバP「おー、宮崎はいいところだぞー」

凛「何があるの?」

友紀「キャンプ!!」

モバP「は、置いといて、山と川と海と牛と豚と鳥と爺と婆がいるな」

凛「……ほかには?」

モバP「えーっと、オーシャンドームは潰れたし、シーガイアは、宮崎じゃ有り難がられてるがたかだか40階そこそこのホテルだし、フェニックス自然動物園はトラもライオンもいない……」

友紀「さすがにトラもライオンもいるよ!最近までいなかったけどね!」

モバP「あとは神話の舞台だなんだって言われてるところかな。実際行ってみないとわかんないだろうがめちゃくちゃすごいぞ」

友紀「軒並みアクセスが悪いけどねー」

凛「……なんだか、こうやって聞くとあんまりよくなさそうなんだけど」

モバP「まあ一番いいところがなんといっても飯がうまいことだからな」

友紀「何食べてもおいしいからねー。炭火焼にチキン南蛮、冷汁に肉巻きおにぎり、がねをつまみながらの焼酎……くぅ!たまんないよ!!」

凛「えっと、いろいろ出てきたけど……がね?」


14 : ◆2QfXBkV1Yr70 2016/03/03(木) 18:37:42.12 ID:nIbonlsq0
モバP「がねは郷土料理っていうよりどちらかというと方言だな」

凛「また方言……」

モバP「いや今回のはちゃんとはっきりとした意味があるぞ。ごぼうのかき揚げだな」

凛「ごぼうのかき揚げ?」

友紀「うん、そうだよ!ごぼうオンリーのかき揚げって感じかな!」

凛「……それはおいしいの?」

モバP「まあそれに塩をまぶしたり、うどんにつけてふやかしたり、いろいろ食べ方もあっておいしいぞ」

友紀「あーもう、おにいが言うから宮崎のうどん食べたくなってきたっちゃけんど」

凛「え、宮崎のうどんはふつうのと違うの?」

モバP「そうだなー、宮崎のうどんはぐずぐずだな」

凛「え、ぐずぐず?」

モバP「麺がものすごい柔らかいんだ。きっちょううどんとか、奥野うどんとか、豊吉うどんなんかだな」

凛「へぇ……」

モバP「ちなみに、奥野うどんと豊吉うどんは創業者の息子二人が決裂して出来上がったうどん屋だ」

友紀「宮崎県民じゃないと絶対いらない情報だよね、それ」

モバP「せからしいわ!」



16 : ◆2QfXBkV1Yr70 2016/03/03(木) 18:58:22.78 ID:nIbonlsq0
凛「えっと、他の郷土料理は?」

モバP「炭火焼とチキン南蛮は、いいか。もはや全国区といっても過言じゃないだろう」

凛(なんで誇らしげなんだろう……)

友紀「あたしは『おぐら』のチキン南蛮がおすすめだよ!石ちゃんも大好きだし、なんといっても王道だし!本店のあの昭和初期を感じる小ささも可愛くて好きだし!」

凛「本店?ていうことは本店以外があるの?」

モバP「ああ。本店は山形屋っていう百貨店の裏路地にひっそりと建ってる店だ。チキン南蛮のみを扱っているぞ。ちなみに裏路地の名前が『猫の足跡通り』っていうかわいらしい名前だったりする。石ちゃんとか有名人がよくいくのは瀬頭店だな。瀬頭店ではチキン南蛮のほかにもハンバーグやエビフライ、ちゃんぽんなんかも扱っているぞ」

凛「ちゃんぽん?」

モバP「なぜかは知らんが、ちゃんぽんもやってるんだよ。しかもそれが絶品でかつ数に限りがあるから、お昼までに食べれなかったら、もうその日はちゃんぽんはあきらめたほうが賢明だな」

凛「へぇ……なんだか意外だね、そういうの」

モバP「ちなみに俺のおすすめする店はクレイトンハウスだ。普通のチキン南蛮に加え、梅、カレーなどいろんなチキン南蛮を取り扱っているし、セットで頼めばケーキや本格的なカフェが付いてくるから、お得だぞ」

友紀「どれもおいしいし、量も多いしねー」

モバP「この前なんか友紀がセットを二つも頼んでなぁ」

凛「あ、一緒に行ったんだ」

友紀「いいわぁ別に!どっちも食べたかったっちゃかい!」

モバP「男の俺ですら一つでお腹が苦しかったとに、食い切っちゃってたし。太ってもしらんかいね」

友紀「おにいが食べなさすぎなだけやかい!」

凛(外食も一緒にするんだ……仲いいなぁ)


31 : ◆2QfXBkV1Yr70 2016/04/05(火) 12:23:15.99 ID:ewp4dKQQ0
友紀「そういえば、こっちで食べたチキン南蛮は全く持って別物だったね」

モバP「そうだな、あれは許せんな」

凛「え?この前のロケ弁のやつ?おいしかった気がするけど……」

モバP「まずくはなかったんだが……あれはただのチキン龍田タルタルソース掛けだ」

友紀「せやね、ちっともチキン南蛮じゃなかったし、許せんとよ!!」

凛「そんな怒るほど……何が違うの?」

モバP・友紀「タレにつけこんでない!」

凛「タレ?」

モバP「チキン南蛮の南蛮っていうのは、南蛮漬けって意味なんだが……」

友紀「こっちやと漬けちょらんことが多いとよねー」

モバP「チキン南蛮だと思って楽しみにしてたら、すごい肩透かされた感がするんだよな」

友紀「タレに漬け込まれた揚げ鶏肉の柔らかい衣とジューシーな肉汁、甘辛いタレがさらに舌を刺激する中やさしく包み込むようなタルタルの味……くぅー!!食べた―い!!!」

モバP「やかましいわ!確かに、こんな話してたら食いたくなっては来るが」

凛(確かに別物だし、食べてみたい……)




32 : ◆2QfXBkV1Yr70 2016/04/05(火) 12:43:39.16 ID:ewp4dKQQ0
礼「あら、なんだか美味しそうな話してるじゃない」

モバP「姉さん」友紀「おねぇ!」ガバッ

凛(姉さん!?今プロデューサー姉さんって……)

礼「ちょっともう友紀ちゃん、昔みたいにちっちゃくないっちゃかい、思い切り抱き着かんといてよ」

友紀「えへへー、やっぱおねぇはいい匂いがするわぁ」

モバP「やっぱり友紀はまだまだ小学生やなぁ」

友紀「違うし!!おねぇは特別やっとよ!」

凛「ねぇプロデューサー、もしかして礼さんも……」

モバP「ああ、姉さんも俺の隣の家だったんだ」

凛「……え??」

モバP「友紀が右隣で、姉さんが左隣だな」

凛「ええ……」

凛(もしかしてプロデューサー、手当たり次第にスカウトしていってるんじゃ……)

凛「……ということは千佳ちゃんも?」

モバP「ん?千佳は真向いの家のお孫さんだよ」

凛「なんとなくそんな気はしてたよ……」


33 : ◆2QfXBkV1Yr70 2016/04/05(火) 12:56:09.34 ID:ewp4dKQQ0
礼「友紀ちゃん、抱き着いてくるのはうれしいちゃけんど、飛びつくのだけはやめてくれんかぁ?もう歳やとよねぇ」

友紀「ええー!?おねぇに抱き着くのは日課だし、飛びつくのはあたしのポリシーやし……でもおねぇ困ってるし……うぐぐぐ」

モバP「あほなことしちょらんで、とっとと姉さんから離れんかい」

友紀「むむむ……しょうがない、おねぇの香りが惜しみがたいけども……スゥー」

礼「ちょ、谷間嗅がんといてよ!レッスンしてきたっちゃかい!」

友紀「これがいい匂いやとよ……ああ、落ち着く……ぐぅ」

モバP「寝るな」パカーン

友紀「いったあ!?なんすっとや!!」

モバP「いや、いい形の木魚があったかい、つい」

友紀「あたしの頭が空っぽだでも言いたいとや!!」

モバP「似たようなもんやかい」

友紀「むきー!!」

礼「まあまあ、そげに喧嘩せんとよ」ギュ

モバP「……なんで俺が抱きしめられちょっと?」

礼「んー?なんとなく?」

友紀「あー!ずるーい!!あたしもー!」ギュ

凛「……なにこれ」


42 : ◆2QfXBkV1Yr70 2016/05/05(木) 12:11:50.13 ID:k7Pqbti20
礼「んー、やっぱPちゃんはいい匂いするとよねぇ」

モバP「ちょっと姉さん、やめてぇや……」

友紀「やーい、甘えんぼ―」

モバP「じゃかしい!!」

礼「はーい、喧嘩しないのー」

モバP「むぐっ……」

友紀「あはは、あにい子どもみたーい」

凛(プロデューサーがこうやってみると本当に子どもみたい……い、いや、プロデューサーはそりゃかっこいいけど、さすがに子どもみたいな扱いを受けるのは嫌……だよね?)

モバP「……全くねえさんは」

凛(満更でもない!?)

凛「ね、ねえ礼さん!礼さんから見た宮崎のいいところ教えてよ!」

礼「宮崎のいいところ?……ああ、それでおいしそうな話していたのね」

凛「そ、そうそう。それで、何かないかな?」

礼「うーん、そうねぇ、ただ教えても面白くないし、クイズなんてどうかしら?」

凛「ク、クイズ?」


43 : ◆2QfXBkV1Yr70 2016/05/05(木) 12:31:44.73 ID:k7Pqbti20
礼「そうねぇ……サメはサメでもお空を飛べるサメさんはなんでしょうか?」

凛(なんか始まっちゃったし!?)

友紀「わかった!レイ・シャーク!!」

礼「ぶっぶー、友紀ちゃんは外れやね。残念ながら100年前に現役だった殿堂入りキャッチャーではないとよ」

友紀「えー!?二度もホワイトソックスのリーグ優勝に貢献した立役者なのにー!?」

礼「そういう問題やないとよ友紀ちゃん……」

友紀「えー!おねぇ、納得いかんっちゃけんどぉ!」

凛「えーっと、ヒントもらってもいいですか?」

礼「もちろん♪ヒントその1、動物さんやね」

凛「動物……」

友紀「ほらー!やっぱりレイ・シャークじゃん!」

礼「友紀ちゃん……なんだか友紀ちゃんがこの先うまくやっていけるかすごい心配になってきたっちゃけんど……」

モバP「姉さん、もっと言ってやってーや。あと離して」

礼「んー、じゃあ凛ちゃんが正解したら♪」

凛(ええ!?礼さんの気をそらすために話をふったのに、逆効果だった!?)

モバP「……凛、頼んだぞ」

凛「う、うん、任せといてよ……」

凛(なんかちょっと責任重大?になっちゃったな……)


44 : ◆2QfXBkV1Yr70 2016/05/05(木) 12:48:19.38 ID:k7Pqbti20
凛「うーんと、もう一つヒントもらっても大丈夫ですか?」

礼「もちろんいいわよ、第二のヒントは、おひげが付いてるってことね」

友紀「ほらぁ!!やっぱりレイ・シャークじゃん!!おねえのうそつき!!!」

礼「友紀ちゃん、レイ・シャークの顔をみたことあるの?」

友紀「そんなのもちろん……っは!?」

礼「そう、レイ・シャークの顔はネットには転がってないのよ!」※注(作者しらべ)

友紀「あ、あたしも日本プロ野球が中心だからメジャーリーガー名鑑なんて持ってない……」

礼「つまり、いまここにレイ・シャークにおひげがあったかどうかを確認する術なんてないとよ!!」

友紀「が、がびーん……」

モバP「どうでもいいから開放してくれんかぁ……仕事したいっちゃけんど」

凛(動物……おひげが生えている……サメ……うーん)

凛「ごめん、礼さん。もう一個ヒントもらってもいいかな」

礼「ええ、いいわよ。ぜひ正解して、プロデューサーを開放してあげてね」

モバP「いまここで離せばいい話じゃないとや」

礼「それは言わない約束やろ?」

モバP「……はぁ」


45 : ◆2QfXBkV1Yr70 2016/05/05(木) 12:58:21.70 ID:k7Pqbti20
礼「三つ目のヒントは、サメだけど、サメじゃない」

友紀「サメだけど?」

凛「サメじゃない??」

モバP「……俺はわかったぞ」

礼「おおー!さすがやねぇPちゃん。ご褒美になでちゃるかい」

モバP「姉さん、仕事場で下の名前はやめてっていったやろ。あとなでなではいらん」

礼「およよ、昔はあんなに喜んだのに……」

モバP「そんなキャラじゃないやろ」

友紀「ああーーー!!」

礼「どうしたの友紀ちゃん」

友紀「サメだけどサメじゃない、おひげが生えている、空を飛ぶサメ……いますべてのピースががっちりあたしの頭でくみこまれたかいね!!」

礼「あら?それならもう一回解答権を友紀ちゃんにあげるー、ささ、答えをどうぞ!」

友紀「答えはずばり……」

礼「ずばり?」

友紀「レイ・シャーク!!!」

礼「……友紀ちゃんにクイズ番組のお仕事もってきちゃだめよPちゃん」

モバP「これはこれで面白そうやけん、とってくるわ」

礼「親戚から文句言われるのは最年長のあたしやっちゃかいね……」


58 : ◆2QfXBkV1Yr70 2016/06/04(土) 19:03:46.93 ID:5Swz/+od0
凛(サメ……空を飛ぶ……ヒゲ……サメだけど、サメじゃない……はっ!?)

デデデ↑デデデ↓デデデ↑デデ↓デン
https://www.youtube.com/watch?v=YUHTQziRriM



友紀「り、凛ちゃんが例のあのポーズに……!?」

礼「まさか……あっ!?ホワイトボードに無言で書き始めた!」

モバP(ネタが古い……)

デレデ↑ッデデーレ↓デレデ↑ーン!

凛「わかったよ……礼さん」

友紀「おおっ!?」

礼「……んふふ、それなら答え、聞かせてちょうだい」

凛「正解は……『チョウザメ』、だね」

礼「ファイナルアンサー?」

凛「ファイナル……アンサー……」

友紀「ごくり」

モバP(いちいちタメが長いうえにノリが古い、あとでみんなレッスンだな)

礼「せーいかーい♪」


59 : ◆2QfXBkV1Yr70 2016/06/04(土) 19:14:31.17 ID:5Swz/+od0
凛「ふぅ、よかった、正解だったんだね」

友紀「……チョウザメ?」

モバP「姉さん、馬鹿のために解説したってぇや」

友紀「だーれが馬鹿やってぇ!!」

モバP「お前じゃ野球馬鹿」

友紀「むきー!」

礼「はいはーい、お姉さんのか♡い♡せ♡つ♡」

チョウザメとは!!
チョウザメとは、いわゆるサメ(フカ)の仲間とは全く違う種類の魚で、チョウザメ科に属しています。世界最大の淡水魚(半淡水魚)で、最も大きいものになると6メートルにもなります。チョウザメという名前は、体表にある硬いウロコが蝶の形をしていることと、全体的な形がサメに似ている事に由来しています。チョウザメは体内に腎臓を持っているので、魚肉にアンモニア臭がなく、白身で淡泊な美味しい魚です。(宮崎チョウザメホームページより)

友紀「お空を飛ぶっていうのは?」

礼「名前に『チョウ』ってあるじゃない」

友紀「おひげがあるっていうのは?」

礼「ヒゲはサメにはないのよ。見た目でチョウザメとサメが一番違う部分ね」

友紀「ほえー、なーんか一杯食わされた感じぃ」

モバP「……で、いつ離してくれっと?」

礼「あら、そんなにお姉さんが嫌やったと?」


60 : ◆2QfXBkV1Yr70 2016/06/04(土) 19:25:23.99 ID:5Swz/+od0
モバP「うるさいなぁ、仕事させてぇや」

礼「あらあらごめんなさいねぇ、友紀ちゃん、私、Pちゃんに嫌われちゃったっちゃけんど……およよ」

友紀「あー!おにいがおねえ苛めたぁー!いかんっちゃけんねー!」

モバP「ええい、うるさいうるさい!」

凛「ねぇ、プロデューサー、なんであんなにすぐにチョウザメだってわかったの?」

モバP「チョウザメは宮崎で完全養殖が成功した稀有な例なんだよ。30年かけて完全養殖化出来たから、『1983』なんていうキャビアまで売り出したし、結構宮崎じゃ有名なんだよ」

凛「へぇ……(サメじゃないのに、キャビアとれるんだ……)」

モバP「だというのに、このアンポンタンは……」

友紀「あ、アンポンタンなんかじゃないやい!」

モバP「この前野球でこけて青じんたんつくっちょったアンポンタンよ」

友紀「そ、そんなん一週間前やかい、ノーカン!ノーカウント!」ノーカウントナンダ!

モバP「どこの班長や」

凛「……青じんたん?」

モバP・友紀・礼「「「え?」」」


61 : ◆2QfXBkV1Yr70 2016/06/04(土) 19:34:10.90 ID:5Swz/+od0
凛「青じんたんって、なに?」

モバP「いや、青じんたんよ。青じんたん。友紀」

友紀「これこれ!」

凛(そうして友紀が見せつけてきたひじには、立派な青あざが出来ている)

凛「……青あざじゃん」

モバP・友紀・礼「「「青あざ……!?」」」

凛「なんでそんな反応になるのさ」

礼「いやだって……ねぇ?」

モバP「いままで当然のように標準語だと思ってたから、なんかショックだな……」

友紀「言われてみれば確かに、青あざの方が都会の風があるもんね……」

モバP「何言っっちょっとやお前」

凛「へぇ、やっぱりなんにでも方言ってあるもんだね……ってプロデューサー」

モバP「どうした?」

凛「友紀とあたし、そろそろレッスン」

モバP「うわ、ほんとだ!全然仕事が……ええい!とりあえず送って行くから、二人とも乗れ!」


62 : ◆2QfXBkV1Yr70 2016/06/04(土) 19:43:18.37 ID:5Swz/+od0
友紀「えー?今日もレッスンー?」

モバP「当たり前やろが!てか今気づいたがお前レッスン前に酒入れようとしてたとや!?」

友紀「いやほら、ボーカルレッスンだし飲んだ方が調子出るかなって……あ痛っ!!」

モバP「飲みすぎで脳みそ腐ってんのかアホ!ほら、とっとと行くから支度せい!」

友紀「あーい」

モバP「姉さん、ちょっと留守番お願いすっかい、よろしく!」

礼「はいはーい」

モバP「じゃ、いってきまーす!」

凛・友紀「「いってきまーす!!」」

礼「いってらっしゃい」



礼「暇だし、友紀ちゃんの開けたビールでも飲もっと」

礼「はてさて、凛ちゃんはうまくいくっちゃろうか……友紀ちゃんもいつになったら気づくのやら」

礼「若い子の惚れた腫れたほど、酒のつまみもないとよねー」ゴクゴク

礼「いつになったら私のSレアは出るのかしら」クスン


63 : ◆2QfXBkV1Yr70 2016/06/04(土) 19:46:40.71 ID:5Swz/+od0
以上で終わりになります。礼さんオチに使ってごめんなさい
なんか自分でも予想外のトラブルが続いてこんなに長い間期間が空いちゃいましたけど、無事?完結できてよかったです。
HTML依頼してきます。読んでくださってありがとうございました


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1456992133/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ