Powered By 画RSS


飛鳥「ボクが『ボクっ子』じゃなくなるドッキリ?」ちひろ「はいっ♪」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 00:02:44.68 ID:2aieDcjh0
※スレタイと内容が一致しない可能性があります。ご了承下さい。


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 00:03:49.79 ID:2aieDcjh0
飛鳥「……そんなことをして何の意味があるんだい?」

ちひろ「意味はありませんが、反応が見たくて」

飛鳥「反応……ということは、何かの番組かい? しかし、それならちひろさんじゃなくてPが……そう言えば、Pはどこだい?」

ちひろ「ターゲットです」

飛鳥「……ん?」

ちひろ「今回のターゲットはプロデューサーさんたちです。つまり、何かの番組の企画ではありません」

飛鳥「……ますます、意味がわからないな。そんなことをしてどうなる?」

ちひろ「プロデューサーさんたちの面白い姿を見ることができる……じゃあ、ダメですか?」

飛鳥「それは……いや、そうか。確かに、それは面白いかもね」

ちひろ「それじゃあ、まずは練習をしましょうか。これから凛ちゃんが来るので、飛鳥ちゃんは……そうですね。一人称は『私』。『ですます』口調で話して下さい」

飛鳥「凛さんに? ……わかった。フッ、こういうこともまた一興、か……」

ちひろ「ノリが良くて助かります。それでは、私は隠れておきますね」

飛鳥「ああ」





4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 00:08:23.04 ID:2aieDcjh0
1.渋谷凛の場合


凛「おはよう……ん、飛鳥だけ? 珍しいね。プロデューサーとちひろさんは?」

飛鳥「さあ……? 私にはわかりません」

凛「そっか……ん? 飛鳥、今、なんて?」

飛鳥「わからない、と言ったんですが……何か、おかしかったですか?」

凛「……いや、なんて言ったらいいんだろう。おかしい。確かにおかしいんだけど、その答え自体はおかしくなくて……」

飛鳥「答え自体がおかしくない……ということは、私がおかしいということでしょうか?」

凛「……まあ、そうだね」

飛鳥「えぇっ!? わ、私、何か変なことしましたか……?」

凛「現在進行形でしてるね。というか、飛鳥……それ、演技だとしたらよくやるね」

飛鳥「んっ……え、演技って、何のことですか?」

凛「……飛鳥、変わったね」

飛鳥「私は昔からこうですよっ♪」



5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 00:12:37.72 ID:2aieDcjh0
凛「ノリノリ過ぎる……というか、これ、ドッキリだよね。プロデューサーかちひろさんか……誰の差金かはわからないけど、一つだけ言っておくよ。もしプロデューサーならこれ絶対録画されてるから飛鳥のこの姿が映像として残ることになるよ」

飛鳥「……凛さん」

凛「何?」

飛鳥「すまない。ちょっと用事ができた。もしちひろさんがここに来たら捕まえてくれ」

凛「あ、ちひろさんだったんだ。わかった。任せて。行ってらっしゃい、飛鳥」

飛鳥「ああ。それじゃあ、行ってくる」

ガタッ

ちひろ「ストップストップ! 録画なんてしてませんから! 大丈夫ですから! だから、二人でクールに私を捕まえる算段なんて立てないで下さい!」

凛「あ、出てきた」

飛鳥「……ちひろさん。これはドッキリ失敗、じゃないのかな?」

ちひろ「……確かに相手が悪かったですね。次は蘭子ちゃんだと思うので、凛ちゃんも一緒に、お願いします」

凛「……え?」

飛鳥「よし。頑張ろうか、凛さん」

凛「……ん? それ、ちょっとおかしくない? 私まで? というか、これが何のドッキリなのか私まだわかってないんだけど。ねぇ、聞いてる? ねぇって」



6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 00:17:02.14 ID:2aieDcjh0
2.神崎蘭子の場合


蘭子「闇に飲まれよ! ……む? 二人だけ、か……?」

飛鳥「はぁ~い♪ 今は私たち二人だけ、だよっ☆」

蘭子「!?」

凛「そうだりんっ! 今はりんりんとあすあすの二人だけなんだりん♪」

蘭子「!?!?!?!?」



8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 00:19:12.06 ID:2aieDcjh0
飛鳥「あれぇ~? らんらん、どうしたの~? 調子でも悪いのかな~?」

蘭子「あ、飛鳥ちゃん? え? 何? どうして? あ、飛鳥ちゃんがどうしちゃったの?」

凛「あすあすはどうもしてないりんよ~? もちろん、りんりんもだりんっ♪」

蘭子「り、凛ちゃんまで……な、何が……? ぷ、プロデューサー……」

凛「プロデューサーがどうしたりん? 今は関係ないりんよ?」

飛鳥「そうだよぉ~。いーまーはー……私たちと三人で遊ぼうよ☆」



9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 00:21:49.35 ID:2aieDcjh0
蘭子「……ふぇ」

凛「あ、ヤバい」

飛鳥「まずいね」

蘭子「ふぇぇぇぇぇぇぇん!」

凛「……ちひろさーん。ドッキリのプラカード持ってきてー」

飛鳥「蘭子。大丈夫だ。ボクはボクだし、凛さんは凛さんだよ。これはドッキリだ。落ち着いてほしい」

蘭子「あ……飛鳥、ちゃん?」

飛鳥「ああ。ボクだ」

蘭子「り……凛、ちゃん?」

凛「うん。私だよ」

蘭子「……良かった。良かったよぉ……」

飛鳥「すまなかった、蘭子……しかし、ちひろさんはいったい何を」


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 00:23:54.33 ID:2aieDcjh0
――その頃

ちひろ「ンフッ……フフフフフフフ」

ちひろ「飛鳥ちゃんと……フフッ、凛ちゃ、凛ちゃんが……フフフフフッ、こんな、こんな……フフフフフフフフフフフ無理無理笑いがこらえきれない無理無理無理無理フフフフフ」



12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 00:26:31.65 ID:2aieDcjh0
3.一ノ瀬志希の場合


飛鳥「無理だと思うね」

凛「絶対無理でしょ」

蘭子「この世には不可能という言葉があるわ」

ちひろ「いやいや、志希ちゃんももしかしたらこういうドッキリには弱いかもしれないじゃないですか。試してみなくちゃわかりませんって」

飛鳥「……無駄だと思うが」


13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 00:31:50.29 ID:2aieDcjh0
――

志希「おっはよー。……あれ? 三人だけ? プロデューサーとちひろさんは? というか、どうして三人とも眼鏡をかけてるの?」

飛鳥「……フッ、それはいつものことでございますでしょう? おいらたちが眼鏡をかけているなんて……NE!」

志希「ん? ……にゃはは、確かにそうかも。それで、凛ちゃんは何をしているのかな?」

凛「あたくしですか? あたくしはもちろん勉強でヤンス」

志希「そうなんだー……フフッ、あ、ごめん無理笑うね面白すぎるよにゃははははははははは! 何それ! 二人とも面白すぎるよー! もうちょっと見ておこうと思ったけどたえられなーい! にゃはははははははは!」

飛鳥「……ちひろさんに責任をとってもらおうか」

凛「うん」

蘭子(……私、何もしなかった……)



14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 00:38:29.21 ID:2aieDcjh0
4.プロデューサーの場合


飛鳥「やっとか……」

凛「志希絶対いらなかったよね?」

志希「えー? それってひどくなーい? ねぇ、蘭子ちゃん? あたしも必要だったよねー?」

蘭子「……我には言える言葉はない」

ちひろ「……とにかく! プロデューサーさんが本題です! プロデューサーさんなら絶対面白い反応を見せてくれるはずですから! だから、あと一度だけ!」

飛鳥「……まあ、ここまでくれば、ね」



15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 00:42:27.09 ID:2aieDcjh0
――

P「ただいまー……っと、ん? 志希? お前、そんなもじもじしてどうした?」

志希「あの……実は、プロデューサーさんに言わなければいけないことがあって」

P「……は? 志希、お前、本当にどうしたんだよ。何だ? 俺をからかってるのか?」

志希「いえ……からかっているつもりはありません。ただ、私がつくった薬が何かの拍子で事務所中に飛散してしまったようで……その時事務所に居たアイドルたちの性格が、変わってしまったんです」

P「……信じ難い話だが、お前のつくった薬なら本当になりかねないのがこわいところだな。それで、そのアイドルっていうのは誰なんだ? 人によっては、やっぱりドッキリじゃ――」

飛鳥「あ! 先輩っ、来てくれたんですね!」

凛「Pちゃん……? あ、本当だ! Pちゃんだ! もー、遅いよー。凛お姉ちゃん、ずっと待ってたんだゾ?」

P「あ、これ絶対ドッキリじゃねえわ」



16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 00:52:05.78 ID:2aieDcjh0
蘭子「……プロデューサー」

P「……ってことは、蘭子も? 何か、変わっているのか?」

蘭子「……お、おれを蘭子と呼ぶんじゃねえ! おれのことは蘭子サマと呼びな!」

P「うわかわいい」

蘭子「かわっ……!?」

P「ん? 『かわいい』も言ったらダメなのか?」

蘭子「……お、おう! おれのような男らしいやつに『かわいい』なんて侮辱だからな!」

P「そうか……わかった。じゃあ言わないことにするよ」

蘭子「……おう」



17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 00:52:44.25 ID:2aieDcjh0
P「それで……志希。これはいったいどうすれば治るんだ?」

志希「治療法……ですか。……すみません。それはまだわかっていません」

P「そうか……効果時間とか、そういうのはないのか?」

志希「えぇっと……確か、数時間もすれば治るはずです」

P「数時間、か……それなら仕事には支障がないな。だが……」


飛鳥「先輩? どうかしましたか?」

凛「Pちゃん? そんなにお姉ちゃんのことを見て……どうしたの?」

蘭子「ふっ……仕事か? おれの準備はできてるぜ?」


P「……これ、なかなかにひどいな」

志希「確かに、いつもの皆さんとは少し違いますよね……」

P「お前もかなり違うけどな……」


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 01:00:29.96 ID:2aieDcjh0
飛鳥「せーんーぱーいー! 無視しないで下さいよー」

P「先輩って……いつ俺は飛鳥の先輩になったんだよ」

飛鳥「何言ってるんですか? 先輩は生まれた時から私の先輩じゃないですか」

P「えぇ……」

飛鳥「そう……言うなれば、運命共同体ですよ」

P「微妙に飛鳥要素残ってるのかよ……と言うか、運命共同体っていうのはちょっと違わないか?」

凛「Pちゃん? 後輩には優しくしなきゃダメだよ?」

P「……凛はいったいなんなんだよ」

凛「? お姉ちゃんはお姉ちゃんだよ?」

P「凛……飛鳥も飛鳥だが、凛も凛でどうしてそうなってるんだよ。もう意味がわからないんだが……」



19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 01:05:20.66 ID:2aieDcjh0
志希「……確かに、ドッキリにしてもこの二人がこんなことにここまで付き合うのは不思議だね」

P「……ドッキリ?」

飛鳥「なっ……!」

凛「ちょっ、志希、何言って……!」

志希「いや、だっておかしくない? あたしもなぜか最初は気付かなかったけど……『ドッキリ』という名目があっても、飛鳥ちゃんや凛ちゃんがこんなことをするとは思えないんだけど」

蘭子「……我は」

志希「蘭子ちゃんもあんまりするタイプじゃないけど、やらされたらやりそうではあるからね。飛鳥ちゃんと凛ちゃんはやれって言われてもやらなさそう」

飛鳥「……ボクたちはどう思われているんだ」

凛「……まあ、確かに考えてみるとその通りなんだけど」

P「……よくわからないが、そもそもこれを提案したのって誰なんだ?」

飛鳥「これを提案した人物……まさか」



20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 01:06:10.91 ID:2aieDcjh0
――その頃

ちひろ「……ふぅ。ここまで来れば大丈夫かしら」

ちひろ「でも、良いものが撮れたわ……ふふっ、あの四人の秘蔵映像をゲットしちゃった♪」

ちひろ「えーと、今の、四人の様子は……っと。あれ? もう居ない……ということは、もうバレたのかしら。やっぱり志希ちゃん?」

ちひろ「でも、志希ちゃんですらすぐには気付かなかったし……この催眠薬、思った以上の効果ね。『ちょっと騙されやすくなる』という程度のものだけど、これはこれからも色々と使えそう……ふふっ。次は何をしようかなー♪」

ちひろ「まずは今回の記憶をどうにかして消して……それから? いや、でも、それより先に、今回の映像をじっくり堪能して……」

飛鳥「……堪能して、どうするのかな?」

ちひろ「……え?」


21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 01:07:01.38 ID:2aieDcjh0
凛「今回はさすがにやり過ぎじゃないかな、ちひろさん」

ちひろ「……ちょ、ちょっと早すぎじゃないですか? 私、絶対に追いつかれないタイミングで逃げたつもりなんですけど……」

蘭子「我らが手を逃れることなどできぬ」

志希「まあ、あたしがあれやこれやして追いついたと言うか?」

ちひろ「あれやこれやってなんですか……」

志希「あれやこれやはあれやこれやだよ? ギフテッド的なあれ?」

ちひろ「いや、ギフテッドってそんな万能ワードじゃ」

P「まあまあ、そんなことはどうでもいいと思いますよ。……ちひろさん」

ちひろ「どうでもいいって……どうでもよくなんか」

P「飛鳥と凛」

ちひろ「……へ?」

飛鳥「……ちひろさん。ボクたちは少しだけあなたにお話したいことがある」

凛「大丈夫。さっきの映像を消すことと……さっきの映像で私たちがやったことを、ちひろさんにやってもらうだけだから。その『薬』とやらを使って……ね」

ちひろ「え、えっと……その……それは、ちょっと」

飛鳥「それは?」

凛「ちょっと?」

ちひろ「……なんでもありません」


22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 01:08:13.86 ID:2aieDcjh0
――

P「……ちひろさん、連れて行かれたな」

蘭子「ああ。……しかし、どうしてこのような」

P「そうだよな。ちひろさんにしては詰めが甘すぎるというか……効果を確認するためと言っても、志希を巻き込むなんてしたらこうなる可能性は考えられるだろうに」

蘭子「……む。そう言えば、彼の者は何処に?」

P「ん? 確かに、いつの間にか居なくなったな。……待てよ? 『薬』? それに、わざわざ志希を巻き込んだ理由……アイツ」

蘭子「? どうかしたか?」

P「いや……ちょっと、ちひろさんが気の毒だな、と」

蘭子「……?」


23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 01:08:51.80 ID:2aieDcjh0
「……にゃはは」




24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/06(月) 01:09:22.38 ID:2aieDcjh0
終わりです。ありがとうございました。


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1465138964/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ