Powered By 画RSS


芳乃「気になる殿方がおりましてー」  芳乃父(なに!?)

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:08:21.05 ID:3cB42tDo0
・モバマス依田芳乃SSです
・公式外のキャラも出ます
・書き溜めをバンバン投下していきます
・誤字脱字がありましたらすみません




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:08:52.51 ID:3cB42tDo0
芳乃父(以下、父) (もしや、プロデューサーという男か?)

芳乃「はいー」

父(人間の子ではないか・・・)

芳乃「それはわたくしも同じかとー」

父(芳乃が人間・・・まぁ、よい)

父(芳乃もそういう年だからな)


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:09:26.20 ID:3cB42tDo0
芳乃「そこで、とと様にお聞きしたいことがありましてー」

父(言ってみろ)

芳乃「殿方に対するあぷろーち? の方法をお聞きしたいと思いましてー」

父(・・・)

父(それを私に聞くのか・・・)

芳乃「殿方はどのようなご婦人が好きなのでしょうかー?」


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:10:04.00 ID:3cB42tDo0
父(う~む・・・)

父(女というものは男の数歩後ろを歩くものだ)

芳乃「なぜー?」

父(なぜって・・・数歩後ろを歩き、男を立てろということだ)

芳乃「後ろを歩くだけでいいのでしょうかー?」

父(いや、そういうわけでは・・・)

芳乃「やってみましょー」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:10:36.15 ID:3cB42tDo0
~事務所~

芳乃「・・・」

芳乃P(以下、P)「・・・」

P(芳乃がずっと空を眺めたまま微動だにしないんだが・・・)

芳乃「」スッ

P(あ、動いた)


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:11:18.18 ID:3cB42tDo0
P「芳乃、ずっと空を見てたけど何かいたのか?」

芳乃「いえー、お話をしておりましたー」

P(え、誰と?)

芳乃「そろそろお務めに行くお時間かとー」

P「あ、もうこんな時間か! 準備してくれ、今日は歩いていくぞ」


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:12:05.28 ID:3cB42tDo0
~外~

P「―――という撮影のあと・・・って芳乃どこ!?」

芳乃「こちらにー」

P「な、なんだ後ろにいたのか・・・横に来てくれないか?」

芳乃「歩くときは縦に並んだ方が皆様の邪魔にならないかと思いましてー」

P「確かにそうかもしれんが・・・喋りづらいよ」

芳乃「構わずどうぞー」

P「えぇ~・・・」


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:13:20.81 ID:3cB42tDo0
― 翌日 ―
~事務所~

P「」カタカタカタ・・・ブルッ

P(トイレ行くか・・・)スッ

芳乃「・・・」スッ

P・芳乃「「・・・」」テクテクテク


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:14:08.83 ID:3cB42tDo0
P「・・・芳乃?」ピタッ

芳乃「なんでしょうかー?」ピタッ

P「いや、なんでピッタリ後ろにいるのかなって・・・」

芳乃「特に意味はございませんのでどうぞー」

P「そ、そうか・・・」

ガチャン・・・カチャ!


10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:15:00.66 ID:3cB42tDo0
P(芳乃の様子がおかしい・・・なにがあったんだ?)

P(・・・ふぅ~)

芳乃「・・・」(⊃ω⊂)

P「!」クルッ!

芳乃「」シュン!

P「・・・気のせいか・・・ふぅ~」

芳乃「・・・」(⊃ω⊂)


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:16:12.85 ID:3cB42tDo0
― また翌日 ―
~車内~

P「芳乃ー! こっちだ、こっちー!!」

芳乃「お迎え感謝いたしますー」

P「おつかれ芳乃! 事務所戻るから乗りなさい」

芳乃「はいー」

パタン・・・


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:16:48.25 ID:3cB42tDo0
P「・・・」

P(後部座席!?)

芳乃「・・・」

P(いつもは助手席に来てくれるのに・・・)

P(そういえば最近よく後ろに・・・俺、嫌われた!?)

芳乃「そなたー?」


13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:20:24.70 ID:3cB42tDo0
P「芳乃正直に言ってくれ・・・俺の事が嫌いなのか・・・?」

芳乃「そのようなことはありませんがー」

P「・・・だって最近俺の横に来るのを嫌がるじゃないか」

芳乃「それは・・・ご婦人は殿方の数歩後ろを歩くものだとお聞きしましてー。いかがだったでしょうかー?」

P「な、なんだ・・・心臓に悪いから止めてくれ・・・」

芳乃「・・・そうでしたかー」



芳乃「とと様の嘘つき・・・」

父(私が思ってるのと違うんだよ・・・もういい、かか様に聞きなさい)

芳乃「かか様ー?」


14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:20:57.20 ID:3cB42tDo0
―――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――
―――――――――――――

~砂浜~

ザザーン・・・ザザーン・・・

芳乃「」チャップ、チャプ

ボチャン!


「あれ、さっきそこに女の娘いなかった?」
「帰ったんじゃね?」


15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:21:33.38 ID:3cB42tDo0
ボゴボゴボゴ・・・

芳乃「かか様ー」

芳乃母(以下、母) (どうかしたのですか?)

芳乃「かか様にお聞きしたいことがありましてー」

母(なんでしょうか?)

芳乃「殿方を魅了するためにはどうすればよいのでしょうかー?」

母(ふふっ、芳乃もそういう年頃なのですね。嬉しいような、悲しいような・・・)


16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:22:10.04 ID:3cB42tDo0
母(・・・殿方を魅了ですか・・・そうですね、やはり全てを包み込むような『包容力』が大事なのではないでしょうか?)

芳乃「包容力ですかー?」

母(えぇ、殿方はいくつになっても母が好きだと聞いたことがあります。なので母のような包容力を持てばいいのではないでしょうか?)

母(膝枕をしてあげたり・・・添い寝をしてあげるのも効果的かもしれませんね)

芳乃「なるほどー」

―――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――
―――――――――――――


17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:22:49.98 ID:3cB42tDo0
~事務所~

P「ん~っ・・・ふぅ」ノビーッ

P「ちょっと仮眠取るか・・・」

P「ちひろさーん、仮眠室いるんで何かあったら起こしてくださーい!」

ガチャ

P「ふぅ・・・ん?」


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:23:22.65 ID:3cB42tDo0
モゾモゾ・・・

P(誰か寝てるのか?)

芳乃「zzz」スヤスヤ・・・

P「おい」

芳乃「むにゅ・・・」

P(ここは社員専用なんだが・・・)


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:24:01.09 ID:3cB42tDo0
P「芳乃ー・・・」

芳乃「zzz」

P「・・・」

P(ソファで寝よう・・・)




芳乃「失敗しましたー」

母(あらあら)

母(でしたら、ばば様に聞いてみたらどうですか?)

芳乃「ばば様ー?」


20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:24:32.26 ID:3cB42tDo0
―――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――
―――――――――――――

~森の奥~

芳乃「」テクテク

鹿「~♪」スリスリ

芳乃「よしよしー」


21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:25:34.33 ID:3cB42tDo0
熊「・・・」ズンッ!

芳乃「ほー・・・」

熊「・・・」クイッ、クイッ

芳乃「乗ってもよろしいんですかー?」

熊「・・・」コクン


22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:26:06.79 ID:3cB42tDo0
のっし、のっし・・・

芳乃「楽ちんでしてー」

サワサワ・・・サワサワ・・・

大木「」

芳乃「ばば様ー?」


23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:27:05.31 ID:3cB42tDo0
芳乃祖母(以下、祖母) (久しぶりだね、芳乃・・・お仕事はどうだい?)

芳乃「とても順調でしてー」

祖母(それは良かった・・・それで、どうしたんだい?)

芳乃「実は魅了したい殿方がおりましてー」

芳乃「何か良い方法はないでしょうかー?」

祖母(そうだねぇ・・・私の時代では楽器を奏でる女性というのは魅力的だったねぇ)

芳乃「楽器・・・なるほどー」
―――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――
―――――――――――――


24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:27:35.68 ID:3cB42tDo0
~事務所~

P「・・・」

ちひろ「・・・」

芳乃「」ぶおおおおおおおん!!

P「・・・芳乃」

芳乃「」ぶおおおおん!ぶおおおおおん!!


25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:30:14.24 ID:3cB42tDo0
P「ちょ・・・芳乃」

芳乃「~♪」ぶおおおおおおおおおおおおおおおおん!!

P「うるさい」ペシッ

芳乃「あぅ・・・」



芳乃「怒られましてー」

祖母(事務所で法螺貝吹くなんてダメに決まってるでしょ?)


26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:30:48.83 ID:3cB42tDo0
祖母(・・・それだったら、芳乃のお兄さんに聞いてみれば良いんじゃないかい?)

芳乃「・・・兄様はまたの機会にー」

祖母(そう言わないで行ってあげなさい・・・一応若い? 男性なんだから)

芳乃「・・・」


27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:31:17.35 ID:3cB42tDo0
―――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――
―――――――――――――

~山頂 火口付近~

芳乃「・・・」

ドドドドドドド・・・

芳乃兄(以下、兄) (久しぶりだな、我が妹よ!)


28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:32:36.64 ID:3cB42tDo0
芳乃「・・・兄様にお聞きしたいことがありましてー」

兄(言ってみろ!)

芳乃「魅了したい殿方がおりましてー・・・兄様はどのような奥方に魅力を感じるでしょうかー?」

兄(身体に決まっている! 男は女の身体に魅了されるものだ!)

芳乃「・・・やはり、聞く相手を間違えましたかー」


29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:34:10.13 ID:3cB42tDo0
兄(長い美脚に華麗な立ち姿!)

芳乃「」チンチクリーン

兄(豊満な胸!)

芳乃「」ストーン

兄(どちらも男を虜にするものであるが・・・芳乃、お前には・・・)

兄(童のような身体で・・・男を・・・ふふっ・・)

芳乃「」ブン! ブン!

兄(いたっ・・・や、やめろ! 火口に物を投げるんじゃない!)


30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:35:26.12 ID:3cB42tDo0


兄(か、身体が無理なら・・・仕草で魅了すればいいんじゃないか?)

兄(例えば・・・目が合った時にウィンクするとか)

芳乃「うぃんく、ですかー?」

兄(女にウィンクをされると男はたちまち魅了されてしまうとか・・・俺も一度はされてみたいものだ)

芳乃「・・・では、それを試してみましょー」

―――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――
―――――――――――――


31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:36:01.38 ID:3cB42tDo0
~事務所~

P「」カタカタカタ・・・

芳乃「こほん・・・」

P「?」

芳乃「(´・ω‐`)」パチン・・・

P「・・・」


32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:36:53.34 ID:3cB42tDo0
芳乃「(´・ω・`)」

P「・・・」

芳乃「(´・ω‐`)」パチン・・・

P「・・・え?」

芳乃「・・・」

P「目にゴミでも入ったのか・・・?」



芳乃「」ブン! ブン!

兄(やめろ! 投げるんじゃない!)


33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:37:41.28 ID:3cB42tDo0
芳乃「・・・」

兄(あんな無表情のまま、ゆっくりと片目を閉じるのがウィンクなわけないだろ!)

芳乃「慣れないことゆえ、多少の違いは仕方ないかとー」

兄(・・・俺にはお手上げだな)


34 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:38:46.54 ID:3cB42tDo0
―――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――
―――――――――――――

― 数日後 ―
~事務所~

芳乃(・・・やはり、わたくしには早すぎたのでしょうかー?)ムムム・・・

P「芳乃、どうかしたか?・・・そんな難しい顔しちゃって」

芳乃「そなたー、わたくしには難儀なことでしてー」

P「なにがだ?」

芳乃「それはとっぷしーくれっとでするー」

P「無理して横文字なんか使っちゃって・・・テレビの影響か?」


35 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:39:41.05 ID:3cB42tDo0
芳乃「そなたが心配することは何もございませんー」

P「そうは言ってもな~・・・そうだ! これから一緒に飯食べに行かないか? この前、芳乃の喜びそうな店を見つけたんだ」

P「美味しいものでも食べれば、きっと気分も軽くなるって!」

芳乃「それはいわゆる、おとなのでぃなーというものでしてー?」

P「う~ん・・・和食の場合もディナーでいいのかな?・・・とにかく雰囲気も良いし、期待してくれていいぞ」


36 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:40:58.19 ID:3cB42tDo0
芳乃「ふむー・・・」

P「芳乃?」

芳乃「わたくしはどうやら事を急ぎすぎておりましたー」

芳乃「一歩ずつ確実に進むことがー、一番の近道なのかもしれませんねー」ニコッ

P「?」


37 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:41:53.70 ID:3cB42tDo0
P(何の話だ?・・・)

P(ま、いっか・・・笑ってくれてるし)

P「じゃあ、行くか」

芳乃「いざ、参りましょー」

終り


38 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:43:02.95 ID:3cB42tDo0

おまけ

~とある月の島根県~

父(みんな駄目だったようだな・・・)

母・祖母・兄(・・・)

女性(皆様お久しぶりです・・・あら、どうかされましたか?)

父(いやね・・・今時の恋愛というのは良く分からんって話をしていたんだ)


39 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:43:30.74 ID:3cB42tDo0
女性(今時の恋愛・・・あ、それでしたら良い人をご紹介しましょうか?)

父(な、なに!?・・・ぜひ会わせてくれ!)

女性(その人に直接会うことはできません。悩み事を文にしたためるのです)

父(文だと・・・?)


40 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:44:00.63 ID:3cB42tDo0

― 数日後 ―

加蓮『城ヶ崎美嘉の恋愛相談コーナー! 【困ったときのミカ頼み】~ 』

ワー!  パチパチパチ!

加蓮『このコーナーは今をときめくカリスマJK城ヶ崎美嘉が色んな恋愛のお悩みを聞いちゃうコーナーでーす!』

美嘉『美嘉だよー♪ みんなからのお便り待ってるから★』

加蓮『さすが美嘉、余裕だねー』

美嘉『ま、まぁねー!』

加蓮『では、最初のお便り・・・【父神】さんからのお悩みです!』


41 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:45:47.26 ID:3cB42tDo0

加蓮『最近娘に好きな男性ができたようなのですが、恋愛経験もないため相手へのアプローチの仕方がわからないと
相談されてしまいました。家族でも色々と提案はしてみたものの、どれも不発に終わっているとのことです。
私は仕事柄、人様の悩み事や願いなどを聞く立場にあるのですが、どうもこのような話題については的確な助言ができません。
最近の女性は男性に対して、どのようなアプローチをするものなのでしょうか?・・・とのことです』


加蓮『・・・人様の悩みや願い事を聞く仕事って何だろう?』

美嘉『う~ん・・・悩み事を聞く仕事なら思いつくけど、願い事・・・?』

加蓮『あ、名前が【父神】さんだから神父さんとか!?』

美嘉『あぁ! なるほどね~』


42 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:46:45.96 ID:3cB42tDo0
加蓮『それで・・・美嘉はどうなの?』

美嘉『え?』

加蓮『好きな人へのアプローチの仕方だよ』

美嘉『ア、アタシ!?』

加蓮『うん、美嘉なら経験あるでしょ?』

美嘉『あ、当たり前じゃん★』


43 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:47:18.97 ID:3cB42tDo0
加蓮『カリスマギャルだもんね!』

美嘉『そうそう!』

加蓮『それで、どうだったの?』

美嘉『えーっと、アタシは・・・相手の目を見て自分のキモチを伝えたよ★』


44 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:47:55.77 ID:3cB42tDo0
加蓮『・・・結構普通じゃない?』

美嘉『こ、これは初恋の時だから!』

加蓮『あぁ~、なるほど・・・じゃあ、今はもっと過激なカンジ?』

美嘉『も、もち! でも、ここじゃ言えないかな~?』


45 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 11:49:48.85 ID:3cB42tDo0
加蓮『それは残念だな~』

美嘉『そういう加蓮はどうだったの?』

加蓮『私?・・・私はそういう経験ないから』

美嘉『ズルくない!?』



P「ほぉ~、神父さんがねぇ・・・」

芳乃「・・・」

P「神父さんだったら神様に聞いたほうが的確で早いんじゃないか?・・・なんてな」アハハ

芳乃「・・・」

芳乃「きっと神様にもお手上げだったのでしょー」


本当に終り


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1465351700/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ