Powered By 画RSS


エリカ「隊長~!」まほ「・・・」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 21:33:15.32 ID:TJZqf1880
エリカ「隊長!今日の練習のことなのですが・・・」

まほ「ああ、そっちは任せる」

エリカ「隊長!この陣形なのですが」

まほ「ああ、そうだな」

エリカ「隊長、今度の休みにもしよければお出かけしませんか?そ、その、二人で///」

まほ「そうだな、いってらっしゃい」


エリカ「はあ・・・」

小梅「そ、そんな溜め息ついてどうしたの?」

エリカ「最近、というか私が副隊長になってから隊長が私に対して冷たい気がするのよね・・・」

小梅「たしかにそんな感じはするけど・・・だれに対してもあんな不器用な感じじゃないかな」

エリカ「だといいけど・・・」

小梅「あんまり気にしすぎると、練習に響いちゃうかも」

エリカ「・・・そうね。気のせいよね、きっと・・・」




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 21:41:41.75 ID:TJZqf1880
まほ「・・・ふう」

エリカ「どうしましたか隊長!お疲れですか?」

まほ「・・・いや、なんでもない。そうだ、赤星を呼んできてくれ」

エリカ「は、はい!了解しました!」スタタ


小梅「お呼びですか、隊長?」ガチャ

まほ「ああ。その前にエリカ、少し席を外してくれ」

エリカ「・・・?わ、分かりました」バタン


小梅「一体どうしたんですか隊長?」

まほ「エリカのことだ」

小梅「逸見さん?逸見さんがどうかしましたか?」


エリカ「気になるわね・・・ちょっと聞き耳たててみようかしら・・・い、いや!それは人間としてのプライドにもかかわるし・・・け、けど」

まほ『エリカの・・・だ』

エリカ「!今、私の名前を・・・?」

まほ『エリ・・・私・・・すこし・・・さけ・・・』

小梅『え・・・ど・・・て・・・』

エリカ「!!」

エリカ「今、なんて・・・?私を、避ける!?」

エリカ「い、いや、聞き間違いよ!も、もう一回だけ」

まほ『あいつ・・・ほんと・・・やくにた・・・い・・・それ・・・』

小梅『う・・・いいこ・・・か?』

エリカ「あいつは本当に役に立たない!?」

エリカ「」フラ


ガチャ

小梅「それでは失礼します。・・・あ、逸見さん」

エリカ「・・・」フラフラ

小梅「い、逸見さん?・・・大丈夫かな、ふらついてたけど」


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 22:13:17.98 ID:TJZqf1880
エリカ「・・・」

まほ『あいつ・・・ほんと・・・やくにた・・・い・・・それ・・・』

エリカ「・・・いつか、いつかあの人に追いつこうって。そう思ってたのに・・・」

エリカ「それに、私を避けるって・・・思えば、私が副隊長になってから態度が・・・」

エリカ「何よ・・・そんなに・・・そんなに妹が・・・西住みほのほうがよかったの・・・?」

エリカ「私が副隊長じゃ不服なの!?」バンッ

エリカ「ううっ・・・ぐすっ・・・」


エリカ「こうなったら・・・いいわよ、私のことを避けなさいよ。私は絶対にあなたと、それとみほを超えてやる・・・絶対に!」


「おはようございます隊長!」 「おはようございます!」

まほ「ああ、おはよう」

小梅「おはようございます、隊長」

まほ「おはよう赤星。朝錬の遅刻者はいないようd・・・ん?エリカは・・・」

小梅「逸見さんなら朝一番に来て戦車の点検など一人でしていましたよ?いつもは私が一番乗りなのに・・・」

まほ「・・・?まあ熱心なのはいいことだ。それでは各自、戦車倉庫へ集合!朝の練習を始める!」


エリカ「・・・」スタスタ

まほ「・・・おはよう、エリカ」

エリカ「!・・・おはようございます。隊長」スタスタ

まほ「・・・?よし、各車両の車長は点呼が終わり次第戦車に乗れ!」


エリカ「ヤクトティーガー車!動きが遅いわよ!こら!どこ狙ってるのよⅢ号!」

ティーガー装填手「副隊長、すごい気合ですね・・・」

まほ「私たちも手を緩めるな」

ティーガー砲手「は、はい!」


まほ「練習終了!・・・エリカ、各戦車の点検を悪いがみんなと終わらせておいてくれ。私は少し早めに学校に行かなければならない」

エリカ「・・・それだけ、ですか」

まほ「・・・なんだ?他にも用があるのか」

エリカ「っ、いえ、なんでもありません。お疲れ様でした、隊長」ギリッ

まほ「・・・」スタスタ


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 22:24:00.09 ID:TJZqf1880
まほ「エリカ、悪いがこの書類を・・・」

エリカ「・・・申し訳ありません。少し忙しいので失礼します」ガチャ

まほ「・・・」


エリカ「砲撃遅い!何やってるの!!」

まほ『エリカ、少し焦り過ぎだぞ。本番を想定した訓練とは言え・・・』

エリカ「以前はそれで大洗に敗れました。私たちがもっと試合展開を早くしようと思えば殲滅でも可能だったはずです」

まほ「・・・」


小梅「ね、ねえ、最近逸見さん変わったよね?」

エリカ「なにがよ?」

小梅「厳しくなったというか、前からまじめだったけどさらに磨きがかかったっていうか・・・それに、隊長に対する態度も・・・」

エリカ「・・・気のせいよ」

小梅「き、気のせいなんかじゃないよ!明らかに逸見さんおかしいよ・・・前は隊長に、その・・・意見とかしたことなかったのに」

エリカ「・・・あの人はね。私なんかを見てくれないの」

小梅「え?」

エリカ「今まであの人を信じて戦ってきたし、がんばって西住流に近づこうと思ってた。けどそれももうたくさんよ!」ガチャ バタン

小梅「あ、ちょ、ちょっと!」



6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 22:37:24.22 ID:TJZqf1880
まほ「今日は解散だ。みんな、お疲れ様」

「はあ~今日もキツかった~」

「最近の副隊長、すごいよね~・・・」

「あっこら!」

エリカ「」ギロ

「す、すみません~・・・失礼します!」

エリカ「・・・なによ。あんたたちも・・・西住みほがいいの・・・?」ボソッ

まほ「エリカ」

エリカ「・・・はい」

まほ「話がある。夜私の部屋に来い」

エリカ「・・・」


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 22:47:41.25 ID:TJZqf1880
エリカ「失礼します」ガチャ

まほ「・・・私の言いたいことが分かるか?」

エリカ「ありません。私がお咎めを喰らうようなことをしたわけではないので」

まほ「最近のエリカはおかしいぞ。少しきつすぎるし、なにかと短気なところも増えてきた。このままでは生徒の育成にも関わる」

エリカ「私は特に問題ないと思います。去年、そして今年の全国大会を逃した今、私たちはさらに成長する必要があります。・・・ついていけないなら、やめればいい」

まほ「本気でそう思ってるのか?エリカ、お前は・・・」

エリカ「だったらっ!!」バンッ

まほ「っ!」ビクッ

エリカ「だったら・・・私を副隊長から降ろせばいいじゃないですか!」

まほ「何を、言っている?」

エリカ「みんな、みんなみほの事ばっかり!そりゃみほの方が優秀でしょうけどね!お陰で・・・誰も!誰も私を見てくれてなんかない!前の副隊長がよかったってみんなそうやって言うのよ!」

エリカ「あなただってそう!私の事なんて見てくれたことないでしょうが!じゃなきゃ私をぞんざいにも扱わないし・・・あんなこと言うはずがない!!」

エリカ「・・・うぅっ・・ぐすっ・・・ふぇえん・・・」ヨロヨロ

まほ「・・・少し、落ち着け。あんなこと、とはなんだ。私が何を言ったんだ?」


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/08(水) 23:20:55.93 ID:TJZqf1880
エリカ「だっだってっ わたしのっわたしっのこと やくたたずって・・・それに、さけるってっ・・・」グスッ

まほ「落ち着け」ギュッ

エリカ「!?なっなにを」

まほ「・・・ごめんな。そんな風にお前を苦しめてたんだな・・・私は」

エリカ「やっやめてください!」

まほ「お願いだ。私の話を聞いてくれ・・・」ギューッ

エリカ「うっ・・・うええ・・・」ブワッ


まほ「・・・落ち着いたか?」

エリカ「・・・はい」グスッ

まほ「それで・・・私がいつ、エリカを役立たずだと?」

エリカ「あ、あの時・・・」

まほ『あいつ・・・ほんと・・・やくにた・・・い・・・それ・・・』

まほ「・・・ああ、あの時か・・・」

エリカ「ほ、ほら・・・!」

まほ「」ピポパポ

エリカ「!な、なにを」

まほ「もしもし、赤星か?すまない夜遅くに。少し私の部屋に来てほしい」

エリカ「・・・!?」


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 00:21:31.85 ID:wcCrP9fl0
小梅「しつれいしまー・・・って、逸見さん!?」

エリカ「あ、あかほしさん・・・」グスッ

まほ「すまないな赤星。エリカが教えてほしいそうだ。あの日話していた内容を・・・」

小梅「あの日って・・・ああ!」

エリカ「・・・?」


小梅『どうしたんですか、隊長?』

まほ『エリカの誕生日のことだ』

小梅『ああ、そういえばもうすぐですね!』

まほ『エリカは・・・いつも私に、その、尽くしてくれてるからな。何度か避けるようにみられたこともあるが・・・』

小梅『ええ、そうですね。エリカさんはそのことに関してかなり落ち込んでるようですが』

まほ『あいつは・・・本当に役に立つ、いや、なんというか・・・それ以外の言葉であらわせない・・・』

小梅『・・・隊長、もしかしなくても不器用ですよね・・・?』


エリカ「た、誕生日・・・?」

まほ「そうだ。聞き耳をするんならもっと確実にするんだな。・・・ほら、これ」

エリカ「えっ・・・こ、これ・・・」

まほ「一日早いが、誕生日プレゼントだ」

小梅「隊長は、不器用だから・・・エリカさんのこと、見てないなんて事はないんだよ?」

エリカ「う、・・・うええぇ・・・けど・・・けど、わたしよりみほのほうが・・・」

まほ「私がお前とみほを比べたことがあったか・・・?」

エリカ「う・・・た、たいちょぉ・・・」




13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 00:34:04.49 ID:wcCrP9fl0
翌日

まほ「おはよう、みんな」

「おはようございます!」「おはようございます!隊長!」

エリカ「お、おはようございます、隊長・・・」

まほ「・・・昨日のことは気にしないでいい。短気な面以外は指導も的確だ」

エリカ「は、はい・・・ありがとうございます」

まほ「・・・ちゃんと見てるさ。お前のことを・・・みんな」

エリカ「え?」


小梅「はいっ!逸見さん、誕生日プレゼント!」

エリカ「えっ・・・」

「副隊長、おめでとうございます!」「わたしたちからも、これ!」

エリカ「あ・・・あぁ・・・」

まほ「みんな、お前が必要だ」

エリカ「・・・はい・・・!」グスッ


エリカ(次は絶対に負けないわよ・・・みほ!)


14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/09(木) 00:34:36.13 ID:wcCrP9fl0
終わり なんか嫉妬するエリカかきたかっただけ
まほエリとみほゆか増えてくれよな~頼むよ~・・・


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1465389195/


このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ガルパン」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ