Powered By 画RSS


社長「新しいプロデューサーだよ」 響「おお!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 00:27:11.14 ID:tcgnogxT0
P「ヨロシクオネガイシマース!」

響「自分、我那覇響って言うんだ!よろしく!」

P「ガナハ?メズラシイミョウジデスネ」

響「自分沖縄出身なんだ!」

P「オキナワ!?ワタシモオキナワニスンデマシタ!」

響「え!そうなのか!?どうして沖縄に住んでたんだ?」

P「ワタシネイビーシールデシタ!」

響「・・・」

我那覇「米軍はかえれー!」

P「エ・・・!?ドウシタンデスカ!?」

我那覇「沖縄をかえせー!」



こんな感じで頼む




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 00:32:25.28 ID:k07O56Kb0
誰かはよ


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 01:00:18.32 ID:zE0dMYKi0
P「HAHAHA!ヒビキーレッスンノジカンデスヨー?」

響「メリケンは帰れ」ボソッ

P「オーウ、ワタシ、ココロハサムラーイ」

響「うわ、うざい」

P「ナカヨクシマショー」

響「…」

P「サァ、ボイストレーニングデスヨー」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 01:03:45.58 ID:tcgnogxT0
キタァァァアアアアアアアアア

頑張ってくれ!!!


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 01:05:31.17 ID:zE0dMYKi0
-レッスン中

響「♪~」

P「…」

響「♪~♪♪~」

P「(キャサリン、君を超える逸材がここに…)」

響「(プロデューサーがずっと見てる…)」

響「(真剣な表情…きちんと見てくれてるのかな)」

P「(この島国で私の為せることを見つけました)」





14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 01:06:52.08 ID:HbMnD4nK0
おい、カタカナになってないぞ


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 01:08:31.68 ID:tcgnogxT0
>>14
独白だからきっと英語で考えてるんだろ


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 01:11:58.50 ID:zE0dMYKi0
>>16
そんな感じで頼む


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 01:10:42.78 ID:zE0dMYKi0
-レッスン終了

P「HAHAHA!オツカレサマデース!」

響「…お疲れ様です」

P「(ふむ、まだ私を疑ってるような気がするな)」

P「ヒビキー、チョットイイデスカー?」

響「はい、なんですか?」

P「アナター、レッスンヲタノシンデマスカー?」

響「レッスンを楽しむ?」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 01:17:02.29 ID:zE0dMYKi0
P「ソウデース、レッスントハ、ツミカサネルコト」

響「そんなのわかってます…」

P「ンー、アナタ、イヤイヤノヨウナカンジガシマース」

響「…」

P「ソレデ、アナタヲヒョウゲンデキマスカー?イエ、デキマセン」

響「ッ!」

P「コエヲダスノデハアリマセン、コトバデ、ヒョウゲンスルノデス」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 01:23:24.21 ID:zE0dMYKi0
P「アナタハ、マダマダノビマス。コンナモノジャナイハズデース」

P「アナタノココロヲ、アナタノキモチヲ、コトバデヒョウゲンシテクダサーイ」

響「プロデューサー…自分…」

P「ワタシハ、プロデューサー、アナタヲイッショウケンメイプロデュースシマス」

P「ワタシハアナタヲシンジマス、アナタモワタシヲシンジデクダサーイ」

響「自分、貴方のこと勘違いしていたよ」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 01:27:08.82 ID:zE0dMYKi0
響「さっきは失礼なこと言って悪かったさー」

P「HAHAHA!キニシナイデクダサーイ」

P「チガウクニノニンゲンデス、カンガエモチガイマース」

響「プロデューサー…」

P「サァ、キモチヲキリカエテ、オーディションのジカンデース」

響「うん!」

P「HAHAHA!(少しは打ち解けた…かな)」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 01:34:31.92 ID:zE0dMYKi0
-オーディション会場

響「すぅ…はぁ」

P「(緊張しているのか、ここは一つアメリカンジョークでも)」

P「ハーイ、ヒビキ!」

響「ん?」

P「トナリノイエニ、カコイガデキタッテネ!」

P「ヘーカッコイイ!(どうだ!)」

響「…」

P「(スペった…だと?)」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 01:38:23.64 ID:zE0dMYKi0
響「プロデューサー、センスなさすぎだぞ…」

P「…HAHAHA!ワザトスベル、コウトウギジュツデース」

響「ふふっ、少しは緊張がとけたぞプロデューサー」

P「アタリマエデース」

P「サァ、アトハヒビキノチカラヲミセテクダサーイ」

響「ああ!なんくるないさー!」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 01:43:50.02 ID:zE0dMYKi0
-オーディション終了

審査員「合格は765プロ、我那覇響さんです」

響「やった!プロデューサー自分やったぞ!」

P「HAHAHA!オメデトウゴザイマース」

響「素直に嬉しいぞ!」

P「ワタシハシンジテイマシタヨ、ヒビキナラヤッテクレルト」

響「プロデューサー…」

P「(キャサリン…この子を導けばいいのだね?トップアイドルに!)」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 01:48:29.03 ID:zE0dMYKi0
-数ヵ月後

P「ヒビキ、オシゴトノジカンデスヨー?」

響「今行くぞプロデューサー!」

P「(この数ヶ月間で響の知名度はうなぎ登りだ、順調すぎて怖いな)」

響「何ぼけっとしてるの!気合いれるさー」

P「HAHAHA!スミマセーン、イマイキマース」

響「ふふっ」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 01:53:04.99 ID:zE0dMYKi0
そう、私は油断していたのだ

何もかも順調にいっていた

あともう少し、もう少しでこの子をトップアイドルにしてやれる

それだけを考えていた私に神様は試練を与えたのだ

自分自身を取るか、響を取るか

あぁ、神様!あなたはなんて無慈悲なのでしょうか

私は初めて貴方を恨みますよ



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 01:57:27.74 ID:zE0dMYKi0
結論から言おう

私は響を取った

私は元軍人だ、人の命を奪う者がこんな事をするの滑稽だろうか?

しかし私は後悔していない

私はプロデューサー

響を、こんなところで終わらせるわけにはいかない

あぁ、キャサリン…

私は間違っていたのだろうか



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 02:01:22.03 ID:zE0dMYKi0
P「HAHAHA!ヒビキ、ハシャギスギデース」

響「そんなことないぞ」

P「ウソデース、ソワソワシスギデース」

響「あははっ!アイドルの登竜門と言われる番組に初出演…」

響「テンション上がっちゃうぞ!」

P「コロバナイデクダサイネー」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 02:05:39.56 ID:zE0dMYKi0
時間を巻き戻せるなら…切に願う

ああ、母国よ

タイムマシンでも開発してくれないか?

ああ、青い猫型のロボットでもいいか

頼むよ誰か

時間を巻き戻せるなら…あの子にあんな悲しい顔をさせずに済むのに


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 02:12:22.32 ID:zE0dMYKi0
P「HAHAHA!ヒビキ、ッ!響避けろ!」

響「えっ?」

おいおい、信号無視で車が突っ込んでくるとか漫画か?

そんなの1ページの中で起これば良い

現実でそんなの望んじゃいない

自分の叫びと共に体は動いていた

俺もまだまだ捨てたもんじゃないな

響には手が届いた

だが、俺は駄目かもな

ああ、そんな悲しい顔をしないでおくれ


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 02:20:55.50 ID:zE0dMYKi0
一瞬の出来事だった

日本語で走馬灯と言うらしい

今までの記憶が流れるように思い出される

驚くことに、響の笑顔が多くを占めている

ああ、そうか…俺はようやく気づいたみたいだ

俺はプロデューサーだが一人の人間、男でもある

つまりはそう言う事だ

俺の視界は、響の悲しそうな顔を最後に何も見えなくなった



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 02:26:36.63 ID:zE0dMYKi0
プロデューサーごめんなさい

謝って済むことではないけれど、ごめんなさい

うかれていた自分が悪かったんだ、そう自分が…

ふふ、プロデューサーの必死そうな顔、初めて見たぞ

いつも飄々としていて、片言なのに…ちゃんと日本語喋れるんじゃないか

あはは、あははは、涙が止まらない…プロデューサー、ごめんなさい

プロデューサーの手…大きかったなぁ


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 02:32:26.01 ID:zE0dMYKi0
-数年後

響「プロデューサー…自分トップアイドルになったぞ」

響「皆に認められるアイドルに…」

響「ねぇプロデューサー」

流れる涙が止まらない…

あれから数年経った後でも、昨日の事のように思い出せる

貴方にも見てほしかった、今の私の姿を

貴方が望んでいた、私の進むべき道を


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 02:37:36.08 ID:zE0dMYKi0
今思えば最悪の出会いだったろう

米軍は帰れ!沖縄を返せ!

何でこんな事を言ってしまったのだろう

過ぎたこととはいえ、悔やまれる

貴方がくれた優しさに私は何を返すことができたのだろう

貴方と私の目標だったトップアイドルになった今

傍に貴方はいないのに

ああ、プロデューサー

私は貴方のことを…


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 02:43:28.85 ID:zE0dMYKi0
?「はい、カットー!」

?「いやー響ちゃん良い演技だったよ」

響「ありがとうございます、監督さん」

監督「思わず俺も見入っちゃったよ!すごく気持ち入ってたねー」

響「はい、私が経験したことに似ていましたからね」

響「最愛のプロデューサーを失くしたアイドルのお話…」

響「本当に…」



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 02:48:58.55 ID:zE0dMYKi0
P「HAHAHA!スバラシイデース、サスガデスネー」

響「プロデューサー!どうだった自分の演技?」

P「ナミダガチョチョギレマシター」

響「そうか、ふふっ」

P「ワタシノジマンノアイドルデース」

響「もう、片言は止めてって言ってるのに…」

P「クセニナッテマース」

響「…プロデューサー、大好きだぞ!」

P「ああ、俺もだよ、響」



終わり


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 02:50:55.80 ID:1Wfcmg8F0
乙!


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 02:58:52.08 ID:naRq3WlM0
乙乙


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 03:00:31.42 ID:zE0dMYKi0
ありがとう!
やっぱり響は可愛いね!


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/19(日) 03:03:53.81 ID:CeFmTXPL0
さらっと終わらせやがって、この野郎!
乙!!


THE IDOLM@STER 我那覇 響 (1/10スケール PVC塗装済み完成品)
THE IDOLM@STER 我那覇 響 (1/10スケール PVC塗装済み完成品)




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ